【比較】12.5型以下のコンバーチブル型PC(2 in 1)はどこがお薦め?「東芝dynabook VZがスペックダウンで過去最安値!」(¥24624~¥285984)10H/10P,Atom x5-Z8350・Core i3 7100U・Core i5 7300U/7Y57,メモリ2G/4G/8G,eMMC32G,SSD128G/256G,タッチパネル:10.1型(WUXGA)/12型QHD/12.5型フルHD,バッテリ4時間~17時間駆動,質量0.75kg~1.099kg


⇒ 12.5型以下2in1      ⇒ 13.3型以上2in1


【メーカー別価格推移グラフ】

【メーカー別駆動時間&質量グラフ】

※メーカー名に付加されている数字はJEITAバッテリ動作測定法のバージョンです。 2は1より厳しくなっています(1/2~2/3程度)。


【性能比較】
・CPU:Core i5 7300U>Core i5 6300U>Core i3 7100U≧Core i5-7Y57>Core i3 6100U=Core m7-6Y75>>>Atom x5-Z8350>Atom x5-Z8300
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARECOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
フロンティアFRT(2in1)
東芝dynabook Vシリーズ
Let’snote RZシリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2017年12月1日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回も全3メーカー4モデルになります。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD 液晶 バッテリ 質量 価格(税・送込)
フロンティアFRT103(D) 四半期決算セール 10H Atom x5-Z8350 2G eMMC32G 10.1-T(分離) 4時間-? 0.904kg ¥24,624
東芝dynabook VZ42/B・会員価格 Core i3 7100U 4G SSD128G 12.5F-T(一体) 17時間-2 1.099kg ¥96,660
Let’snote RZ6・CF-RZ6WDFPP 10P Core i5-7Y57 8G 10.1WUXGA-T(一体) 11.5時間-2 0.75kg ¥212,544
Let’snote XZ6・CF-XZ6WDDQP Core i5 7300U SSD256G 12Q-T(分離) 9時間-2 1.029kg ¥285,984

今回の注目はスペックダウンで大幅値下げされた東芝です。 Core i5からCore i3へとダウンされ、さらにSSD容量も半減されて、価格が31644円もダウンしています。 これは過去最安値でしてついに10万円を切る9万円台を実現しているので、できるだけ安く購入したい方はチャンスです。 またフロンティアも若干値下げされており、こちらも過去最安のレベルになると思います。 ちなみにプロセッサの性能差はかなり混沌としていました。

Intel Core i3-7100U @ 2.40GHz(2コア)・・・3,787
Intel Core i5-7Y57 @ 1.20GHz(2コア)・・・3,706
Intel Core i3-6100U @ 2.30GHz(2コア)・・・3,572
Intel Core m7-6Y75 @ 1.20GHz(2コア)・・・3,550
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2879&cmp[]=2956https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2623&cmp[]=2956https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2641&cmp[]=2623


【2017年10月6日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 12型のモデルが減ってきたので、今回より12型以下は全てこちらで更新していきたいと思います。 全3メーカー4モデルです。


最も安いのは10.1型のフロンティアですが、こちらはここしばらくキャンペーンでの取り扱いのみです。 いつ無くなるか分からないのでご注意下さい。 唯一の11.6型だったNECは無くなってしまいました。 次期モデルでの復活に期待したいところです。

今回全てのモデルが価格ダウンしましたが、最も大きく下がったのは東芝dynabook VZ62でして、メモリ半減、SSD倍増、Office無しとなって24516円のダウンとなっています。


【2017年8月8日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回は「ASUS Chromebook Flip C302CA-F6Y30」が追加されて、合計4メーカー5モデルとなっております。


まず、ThinkPad・東芝共に性能が上がったため価格も上昇してしまいました。 そして新登場の「ASUS Chromebook Flip C302CA-F6Y30」ですが、これまで最安だった「 ASUS TransBook T304UA-7100」をさらに上回る安さでして、なんと2万円以上もダウンしています。 しかしその分性能は低く、Core m3にストレージはeMMCの64GBと容量の少なさも気になるところです。 一方でモビリティはなかなでして、性能が低いためか10.2時間もの駆動時間を実現します。 ただし、今のところ計測方法は不明です。

ASUS Chromebook Flipは同シリーズで久々に出た新モデルでして、他にも10.1型・11.6型を当時発表しています。 最大の特徴はやはりChrome OSを採用している点でして、Googleコンテンツに連動しつつ動作の軽い点が特徴だそうです。 前評判はこちら


【2017年6月6日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回は全4メーカーになります。


今回はスペック・価格ともに全く変動は見られませんでした。 ASUSは2ヶ月立ってもまだバッテリ駆動時間が不明ですし、販売もされていませんw 最も安いのはそのASUSですが、ほぼ同スペック・同価格帯のThinkPadは一体型、ASUSは分離型なので、用途や好みに合わせて選べそうです。 ASUSの方が若干内容は良いかもしれませんが・・・。 東芝は価格的に若干劣りますが、軽くてバッテリ駆動時間がかなり長いので、内容的には一番魅力的です。


【2017年4月4日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回は全4メーカーになります。 前回取り上げたドスパラはメーカーサイトでタブレットに分類されているので、やはり「2in1 PC」の比較からは除外したいと思います。 m(._.)m


今回の注目は価格ダウンした東芝とASUSです。 東芝は前回と同じ機種ですが、スペックダウンにOffice無しとなって34560円もダウンしています。 ASUSは発売前の新モデルを取り上げましたが、こちらもスペックが大幅にダウンしています。 その割には価格差が1万円しかないので、古い方が良いかも・・と思ったら既に売り切れていましたw 残念。 ちなみに新モデルはバッテリ駆動時間がまだ不明でした。 旧モデルはその駆動時間の短さが最大の弱点となりましたが、新モデル(上位モデル)では3時間ほどアップされています。 ですのでこちら(下位モデル)もおそらくそれなりの長さは実現するのではないでしょうか?


【2017年2月5日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回はドスパラとLet’snoteが追加されて、合計5メーカーとなっております。 ちなみにどちらも分離型です。


まず今回追加された「ドスパラDiginnos DGM-S12Y」ですが、限り無くキーボード付きタブレットに近い2in1PCと言った感じですw こちらで取り上げるかどうか迷ったのですが、ニュース記事なんかでも「PC」と紹介されていたので・・・。 その為、非常に価格は安く、ここ2年間での最安となる7万円台を実現しています。 その代わり性能は低く、Core m3に4GBメモリ、そして何よりSSD容量が64GBと一番少ないです。 ただ、液晶はWQHDと高精細ですが、一方でバッテリ駆動時間は4.7時間に質量1.57kgとモビリティは低く、この辺は値段相応かなという感じがします。

そしてもう一つの新モデル「Let’snote XZ6」は、Let’snote初の分離型2in1です。 相変わらず性能も価格も飛び抜けておりますが、バッテリ駆動時間は東芝の方がずっと長いですね。 まぁ、液晶の解像度が違うこともありますが、こうして各モデルをザッと見渡してみるとどれも価格相応の内容なのかな?と言った感じがしました。

価格と言えば、「ASUS TransBook 3 T303UA」がスペックはそのままで5万円以上もの超大幅値下げを実施しました!! 同シリーズの他モデルも同様に値下げされていますので、興味のある方は是非チェックしてみて下さい。 また、「東芝dynabook VZ42/B」も8千円以上の値下げです。


 昨日ブログのテンプレートを変更しました。 古いテンプレートは更新情報があったので、更新したところ、色々と問題が発生しまして・・・。 うかつにアップデートなどするものじゃないなぁと後悔していますが、勉強になったと納得させておりますw こっちは現在色々と手を加えてる最中ですし、タイトルバナーも無くなってしまいましたが、割と気に入っていますので今後末永く使っていきたいです。


【2016年12月4日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回は「Let’snote MX5」が無くなりましたが、代わりに「ASUS TransBook 3」が追加されて、前回同様の全3メーカーとなっております。


まず新たに追加された「ASUS TransBook 3 T303UA」ですが、コンバーチブル型と言うよりタブレットに近く、キーボード分離型になっております。 しかし性能はとても高く、プロセッサ・メモリ・ストレージ・液晶と満遍なくハイスペックになっています。 ただ、バッテリ駆動時間の短い点がマイナスポイントとなりそうですが、その点を補う為か発売当初から「T303UAをご購入の方全員に超大容量モバイルバッテリーをプレゼント!」というキャンペーンを実施中です。

また、今回は東芝の対象モデルがRZ82(完売)からVZ42へと変更されました。 こちらは特徴は「ASUS TransBook 3」とは対照的に、バッテリ駆動時間が非常に長いです。 なんと17時間もの長時間駆動を実現しますが、質量も一番軽いなどハイモビリティが魅力となっています。 また、たった30分の充電で7時間駆動が可能な「お急ぎ30分チャージ」という機能も大変便利です。

最も安いのは「ThinkPad Yoga 12」で最もハイモビリティなのは「東芝dynabook VZ」、最も高性能なのは「ASUS TransBook 3」と言った位置づけになります。 ちなみに、「東芝dyanbook VZシリーズ」には高性能な上位モデルも用意されているのですが、そちらはハイスペックとハイモビリティを両立した高価なモデルです。


【2016年10月5日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回も全3メーカーになります。


今回の注目は低価格モデルが購入可能となった「東芝dynabook RZ82/A」です。 前回取り上げたモデルと比べて大幅にスペックがダウンしており、Officeも非搭載ということで価格が8万円近くも下がっております。 非常に購入し易い価格帯となり、いつも安いThinkPadと最安を競い合うレベルです。 共に非常にスペックが似ているので、良いライバルとなるのではないでしょうか?

ちなみに東芝は頻繁にモデルの入れ替えを行っているみたいなので、次回更新時にまたこのモデルがあるかどうかは分かりません。 過去にこのモデルが購入可能だったのは約9ヶ月前でして、東芝は今より4万円近くも高かったです。 一応在庫切れにご注意下さい。


 現在、ITmediaのPCUSER_にて「インターネット・オブ・ペット(IoP)」が連載中です。 飼い主がいつも使っているPCなどに興味津々なペットを紹介しているのですが、どれも面白くて可愛いです。

管理人も猫飼いたいのですが、生き物は世話が大変ですし、過去に二匹の犬を事故で亡くしているのでトラウマです。 やはり可愛がるだけじゃダメですからね。 責任感と愛のある人じゃ無いとこーゆー相棒を飼うのは難しいと思います。 でも羨ましい・・・。


【2016年8月8日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回も全3メーカーになります。


今回は残念ながら値上げされたところがありました。 まず東芝ですが、前回と同構成で8000円ほど値上がりしています。 また、Let’snoteもクーポンの適用外となって11000円ほど上昇してしまいました。 Let’snoteはともかく東芝の値上げは気になりますね・・・。

最も安いのはThinkPadで、最もモビリティが高いのはLet’snoteとなっております。 東芝はそれらの丁度中間に位置しそうです。 どれも立ち位置がハッキリしているので、選びやすいのではないでしょうか。


【2016年6月10日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回は全3メーカーになります。


今回は全機種が値下げされた模様です。 特に値下げ幅が大きかったのは東芝でして、前回と比べてなんと37800円もダウンしています!! 在庫処分でしょうか? また、Let’snoteでも割引クーポンが復活して10000円OFFとなりました。

最もモビリティが高いのはLet’snoteですが、性能が高いのは東芝になるでしょうか? 唯一異なるプロセッサの性能はCore m7-6Y75>Core i5 6300Uとなりそうです。 DVDドライブ搭載でハイモビリティなLet’snoteか、Office搭載でハイパフォーマンスな東芝かという選択肢になりますが、共に12.5型フルHDの液晶は一体型と分離型に分かれます。


【2016年4月1日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回はThinkPadと東芝がそれぞれ1モデルずつなくなって、合計3メーカーとなっております。


今回は値上げされた機種が多かったです。 Let’snoteは全てクーポンの対象外となってしまいました。 そんな中、唯一値下げされたのがThinkPadでして、前回と同構成ながらクーポン適用によって¥8424ダウンしています。 新登場のモデルでスペックは低いですが、価格を抑えたい方にお薦めです。 Core i5/Core i7搭載モデルも用意されていますが、それでも最大15万円程度となっているので、非常にお手頃なのではないでしょうか。


【2016年1月26日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 数が増えてきた為、今回から10.1型・11.6型・12.5型・13.3型で分けて更新していきたいと思います。 こちらは12.5型です。


12型以上となるとかなり高価なものばかりですね。 最も安いのはThinkPad Yoga 12ですが、それでも10万円以上します。 比較的リーズナブルな東芝でも15万円前後しますが、ビジネス向けのLet’snoteは1万円割引のクーポン適用でも20万円以上です。 現在Let’snoteでは、全てのモデルにて10000~15000割引のクーポンキャンペーンを実施中ですのでお見逃しなく。

モビリティが高いのはやはりそのLet’snoteでして、駆動時間・質量共にトップレベルです。 次いでThinkPadや東芝などとなっていますが、これらはどっこいどっこいな勝負。 価格の高い東芝はペンやOfficeが付いていて、また唯一の分離型というのが特徴になります。

【比較】とにかく高性能な13.3型ノートは?「Core i7 8550U搭載のパソコン工房が最高峰!?」(~¥388044)10H/10P,Core i7 5500U/6567U/7500U/8550U,メモリ8G/16G/20G,SSD512G-NVMe/960G/1T(M.2/NVMe),着脱DVD/Blu-ray,13.3型(フルHD/タッチパネル)

【メーカー別順位推移グラフ】

※比較する性能はマシンスピードや描画性能のみです。 モビリティや機能については考慮していません。
※同レベルの性能な場合は価格の安い方を上位とします。


【性能比較】
・CPU:Core i7 4910MQ>Core i7 8550U≧Core i7 4710MQ>Core i7 6567U>Core i7 7500U>Core i7 6267U>Core i7 6500U=Core i7 5557U>Core i7 5500U>Core i7 4510U≧Core i7 4500U
・グラフィック:GTX960>GTX860M
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HP Spectre
G-Tune NEXTGEAR-NOTEマウスLuvBook
パソコン工房ノートPC
東芝dynabook RZシリーズ
富士通FMV-LIFEBOOK SHシリーズ
NEC LAVIE Direct HZ
VAIO Z フリップモデル / クラムシェルモデル


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2017年11月29日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回は全7メーカーとなります。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD 液晶 その他 価格(税・送込)
HP Spectre 13-af000 パフォーマンスモデル 10P 8550U 16G 512G-NVMe 13.3F-T マカフィー ¥197,424
マウスLB-J771S-S5 10H 5500U 1T-M.2+1T 13.3F ¥185,112
工房STYLE-13FH053-i7-UHSVI 8550U 1T-NVMe+960G ¥211,615
東芝dynabook RZ83/C・会員価格 7500U 512G Blu-ray・Office ¥174,960
FMV-LIFEBOOK WS1/B3(SHシリーズ) 8550U 20G 着脱DVD・マカフィー ¥238,882
NEC LAVIE Direct HZ・メルマガ会員限定クーポン 7500U 8G 13.3F-T ¥181,224
VAIO Z クラムシェルモデル 6567U 16G 1T-NVMe-Pro 13.3WQ ¥388,044

今回最も高性能だったのはパソコン工房としました。 VAIOでも良かったのですが、新プロセッサの性能が思いの外高かったので、今回は独断と偏見でこちらを上位としてあります。 ちなみに性能差は下記の通りです。

Intel Core i7-8550U @ 1.80GHz(4コア)・・・8,040
Intel Core i7-4710MQ @ 2.50GHz(4コア)・・・7,987
Intel Core i7-6567U @ 3.30GHz(2コア)・・・5,620
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3064&cmp[]=2713

やはり4コアというのが効いてますね。 でもシングルコアでも高い数値を叩き出していました。

8550U:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=8550U&sort=score
6567U:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=6567U&sort=score

3位はややSSD容量の少ないHPとして、5位はこちらも最新プロセッサにメモリは最も大きい20GBを搭載した富士通としてあります。 ただ、SSDはノーマルタイプです。 今回は今まで以上にかなり恣意的な順位付けとなっておりますが、それだけどこも高い性能を備えていて難しい判断を迫られております。


【2017年10月3日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなって合計6メーカーとなっております。


今回は順位にほぼ変動はありませんでした。 パソコン工房が無くなった分、それぞれ順位を上げただけですね。

最も高性能だったのは今回もVAIOでして、通常のNVMe(第二世代ハイスピードSSD)を超える第三世代ハイスピードプロSSDを搭載して圧倒的なハイパフォーマンスを発揮してくれそうです。 ただ、他メーカーではこのSSDを採用しているところは見当たらないので、本当なのかいまだに懐疑的ですw その度に調べ直すのですが、やはり存在はしている模様。 あと第二世代ハイスピードSSDにNVMeと書かれていないので不安になります。 仕様書には書かれているのに・・。

ちなみにHPは8640円の値下げ、富士通は4990円の値下げ、NECは9072円の値下げとなっています。


【2017年8月5日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回も前回と同様の全7メーカーになります。


今回は順位に全く変動が見られず、最も高性能だったのはVAIOとなりました。 プロセッサ・メモリ・ストレージと万遍なくハイスペックで文句無しです。 次いで高性能だったのはHPですが、こちらは前回と比べて8640円安くなっています。 このモデルに限った話ではありませんが、HPは日に日に安くなっていく感じですね。 VAIOと比べてプロセッサの性能で劣りますが、その他の部分では五分となっています。 もちろん、モビリティなど全体を見ればVAIOの方がずっと勝っていそうですが・・・。


【2017年6月3日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回はASUSが無くなったもののパソコン工房が追加されて、前回同様の全7メーカーになります。


今回の注目は新たに追加されたパソコン工房LEVEL-13FH052-i7-VNSVIです。 外付けGPU BOX(グラフィックボックスが標準で付属しGTX1080が使えるのですが、外部接続ですのでこの点は性能比較に考慮しませんでした。 それでもVAI Zに次ぐ高性能でしてモビリティも高く、据え置きとして使えばグラフィック性能も飛躍的に高めることができるなど、2パターンでの使い方ができる優れものです。 スペックを抑えて価格を下げたモデルも用意されています。


【2017年4月1日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回は全7メーカーになります。


前回とほぼ順位は変わりませんでした。 HPは今回いつもの「Spectre 13」ではなく、より高性能な「Spectre x360 13」を取り上げたのですが、それでもVAIOに一歩及ばず。 Core i7 6567Uって7500Uより高性能なんですね・・・。 ちなみに「Spectre x360 13」のパフォーマンスモデルは人気のため発送まで少々時間がかかるみたいです。 また、NECが新モデルとなってプロセッサアップグレードで順位を一つ上げております。


【2017年2月2日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回も前回と同様の全8メーカーになります。


今回はあまり順位に変動は見られませんでした。 ただ、東芝がKabylake搭載やメモリ倍増などによって性能をグッと上げてきております。 順位も二つ上げて4位です。 最も高性能だったのは今回もVAIOでして、プロセッサ・メモリ・SSDと満遍なくハイスペックな構成になっています。 特に1TBもの大容量なNVMe SSDが魅力的ですが、オプション価格は125000円ですww


【2016年12月1日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回はASUSが追加されて、合計8メーカーとなっております。


最も高性能だったのは、今回もVAIOとなりました。 HPと同じNVMe SSDですが、従来のNVMeより更に高速な「第三世代ハイスピードプロSSD」を採用し、なおかつ容量が大きいです。 2位以下のHP・マウス・Endeavorは割と妥当な順位付けになりましたが、5位以下の富士通・東芝・ASUS・NECはかなり性能が接近しており、同じ性能のものは価格の安い方を上位としてあります。 新たに追加されたASUSは7位とあまりふるいませんでした。


【2016年10月3日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回も前回と同様の全7メーカーとなっております。


最も高性能だったのはVAIOとなりました。 VAIOはメモリが最大の16GBもありますし、さらになんと言ってもNVMe M.2 SSDを採用しているので、ハイスピードなPC動作が期待できそうです。 次いで2位となったのはHPでして、こちらもNVMe M.2 SSDを採用しメモリ容量は少なめなもののプロセッサの性能は高いです。 そしてマウスもNVMeよりは劣るもののM.2 SSDを採用し、メモリ容量も多いです。 その他はほぼ同じ無い様なので、主にメモリ容量で順位を決めました。


【2016年8月5日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回も前回と同様の全7メーカーとなっております。


今回は順位に全く変動が見られませんでした。 最も高性能だったのはVAIOでして、プロセッサの性能の高さが目立ちます。 2位以下は主にメモリ容量と価格で順位付けしましたが、マウスコンピュータはプロセッサ性能の低さとSSD容量の少なさを考慮し最下位としました。


【2016年6月7日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回はHPとマウスコンピュータが追加されて、合計7メーカーとなっております。


今回も最も高性能だったのはVAIOとなりました。 2位には前回同様にEndeavorがつけておりますが、共にプロセッサの性能・メモリ/SSD容量で最も秀でていると思います。

悩んだのはマウスコンピュータなのですが、メモリ16GBあるもののプロセッサの性能が低く、更にSSDも容量が少ないものを2つ搭載しているので、残念ながら最下位と判断しました。 用途によっては安くて使い勝手も良さそうです。

意外にもHPは初登場でしたが、なかなか手堅く高い性能を備えています。 見た目のゴージャスな話題のラグジュアリーモバイルです。 ちなみに前評判はこちら


【2016年3月29日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 今回は圧倒的な高性能を誇ってきたG-Tuneからついに13.3型が無くなってしまい、合計5メーカーとなっております。


今回最も高性能だったのは、ここ2年間で初のVAIOとなりました! ほとんどプロセッサの性能とメモリ容量で順位付けしましたが、VAIOのCore i7 6567Uは6500Uと比べてかなり高性能みたいです(COMPARE調べ)。 更にメモリ容量も最大なので文句無しといったところ。 前回上位に付けていたEndeavorを抜き去りました。

その他メーカーはG-Tuneが無くなった為に、一つずつ順位を上げております。


【2016年1月23日更新】

 2ヶ月ぶり24度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなって合計6メーカーになります。


今回も最も高性能だったのはG-Tuneとなりました。 しかし、G-Tuneも13.3型の取り扱いが少なくなってきており、先行きがやや心配です。 次いでこれまで下位になることが多かったEndeavorが2位につけています。 Endeavorは新モデルになってプロセッサがより高性能なものに変更されました。 メモリ・SSD容量もたっぷりあって文句無しの内容です。

3位以降は主にメモリ容量で順位をつけていますが、パソコン工房が無くなったこともあって、順位がかつてないほど大幅に変更されました。 東芝は初の最下位となっております。

【比較】各メーカーのCore i5/Core i7搭載13.3型ノートはどんな感じ?「東芝dynabook UZ63/Dが2万円の大幅値下げ!!!」(¥87264~)10H,Core i5 5200U/6267U/7200U/8250U,メモリ4G/8G,SSD128G/256G(NVMe)・HDD500G,着脱DVD,13.3型フルHD(タッチパネル),質量1.09kg~1.58kg,バッテリ5.6時間~20.9時間駆動


⇒ Core i3/Core M他搭載13.3型      ⇒ Core i5/Core i7搭載13.3型


【メーカー別価格推移グラフ】

【メーカー別駆動時間&質量グラフ】

※()内の数字はJEITAバッテリ動作時間測定法のバージョンです。 Ver.2.0はVer.1.0の半分から約2/3程度になっています。


【性能比較】
・CPU:Core i5 6267U>Core i7 5500U>Core i5 6200U≧Core i5 5200U>Core i5 4200U
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARECOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPC
マウスLuvBook
パソコン工房ノートPC
東芝dynabook RZシリーズVシリーズ
富士通FMV-LIFEBOOK SHシリーズ
NEC LaVie Direct HZ [Hybrid ZERO] 軽量モバイルノート
NEC LaVie Direct HZ タッチパネル液晶搭載モバイルノート
VAIO Z フリップモデル / クラムシェルモデル


【最新特価パソコン情報】 ※税・送料込み


【2017年11月15日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回は7メーカー9モデルとなっております。

メーカー別比較表 OS Core i5 メモリ ストレージ 液晶 その他 バッテリ 質量 価格(税・送込)
HP Pavilion 13-u180TU 10H 7200U 8G SSD256G 13.3F-T 8.5時間-? 1.58kg ¥102,924
HP Spectre 13-v107TU 祝!Spectreセット!大盤振舞キャンペーン SSD256G-NVMe マカフィー・マウス・バッグ 10時間-? 1.11kg ¥143,424
HP Spectre x360 13-ac000 祝!大盤振舞キャンペーン マカフィー 15時間-? 1.31kg ¥147,744
マウスLB-J520B2 5200U HDD500G 13.3F 5.6時間-2 1.5kg ¥87,264
ドスパラAltair F-13 7200U SSD256G マカフィー 7.7時間-? 1.35kg ¥88,538
工房STYLE-13FH053-i5-UHE 8250U 4G HDD500G 6時間-2 1.52kg ¥88,538
東芝dynabook UZ63/D・会員価格 7200U SSD256G 17時間-2 1.09kg ¥116,424
FMV-LIFEBOOK SH75/B1(SHシリーズ) HDD500G 着脱DVD・Office H&B 10.6時間-2 1.38kg ¥134,800
VAIO Z クラムシェルモデル 6267U SSD128G 20.9時間-2 1.17kg ¥169,344

今回の注目は新登場のHP Pavilionに大幅値下げの東芝です。 まずHPですが、これまでのSpectreと同様にタッチパネル搭載の2in1ノートになります。 しかし価格が非常に安いのが特徴でして、その分SSDの性能やモビリティなどが削られました。 レベルを下げて安いモデルを購入したい方にお勧めです。

東芝は前回と同構成で21600円の超大幅値下げとなっています! 高いモビリティを備えつつ価格は低い部類に入りましたので、非常にコストパフォーマンスの高い魅力的なモバイルです。


【2017年9月19日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回は東芝が追加されて合計7メーカー9モデルとなっております。


まず対象モデル変更でHDD500GBからSSD256GBへとスペックが変わったパソコン工房ですが、価格が14040円もダウンしました! マウスコンピュータやドスパラと並んでほぼ最安レベルとなりましたが、唯一Core i7を搭載してコストパフォーマンスは一番高いのではないでしょうか? ただ、駆動時間が長くて質量の軽いドスパラにはモビリティで劣りますし、おまけにマカフィーまで搭載しているので、パソコン工房と良い勝負になりそうです。

そして久々復帰の「東芝dynabook UZ63/D」は中頃の価格帯でモビリティは上位につけております。 性能的にもSSD搭載でパフォーマンスは良さそうですが、総合的に高次元でバランスが取れている印象です。 また、「HP Spectre x360 13-ac000」がキャンペーンによってマウスなどが付属しつつ価格が4536円ダウンしました。


【2017年7月14日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回はドスパラが復活してパソコン工房が新たに追加され、さらにASUSが1モデル増えて富士通もCHシリーズが再登場し、合計7メーカー10モデルとなっております。


今回はいくつかモデルの入れ替えがありましたが、ASUSはかなり増えた印象です。 ただ、似たようなスペック・内容なものが多いので、安いモデルを取り上げてあります。

最も安いのは今回もマウスコンピュータですが、ほぼ同価格帯にドスパラとASUS ZENBOOKが並びました。 内容的にはドスパラとASUSの性能が秀でていますので、1000~3000円程度という価格差を考えるとこれらの方がコスパは良さそうです。

モビリティではなんと言っても富士通FMV-LIFEBOOK UHシリーズの『軽さ』が目立ちます。 13.3型で0.787kgですからね・・・。 間違いなく世界最軽量なのではないでしょうか。


【2017年5月15日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回はいくつか減って、全5メーカー6モデルとなっております。


今回の注目は新登場のASUS ZenBook Flip UX360UA-C4142TSです。 と言っても半年以上前から市販されていますが・・。 液晶ディスプレイを360度回転させてタブレットのように使うこともできるコンバーチブル型ノートパソコンでして、高い性能とモビリティも兼ね備えて様々な用途に対応できます。 フルHDで12.3時間駆動というのは素晴らしいですね。 またデザインも美しく品があって、仕事にもプライベートにも、また男性にも女性にも使えるのではないでしょうか。


【2017年3月16日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回は東芝のBZシリーズが無くなり、RZシリーズやNECのHZシリーズもロースペックな13.3型とかぶってるので除外しました。 合計7メーカー9モデルとなっております。


最も安かったのは今回もマウスコンピュータですが、前回と同構成で5千円値下げされたドスパラが約千円差まで迫ってきています。 内容的にはほぼ五分な印象ですが、KabylakeにSSDを搭載したドスパラの方がマシンパフォーマンスは良さそうです。 また、マカフィー12ヶ月分が無料で付属する点も魅力的ですね。

モビリティが高いのは圧倒的な駆動時間を実現するVAIOでして、その他はぐっと駆動時間が下がりますが、HPもなかなか良いのではないでしょうか。 HP Spectre 13-v107TUは ギフトセットキャンペーンXになって、価格が24732円もダウンしました! タブレットとしても使える2in1ノートでして、それでいて性能・モビリティ・デザインと三拍子揃ったプレミアムなパソコンです。


【2017年1月16日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回はドスパラが追加されて、合計9メーカー12モデルとなっております。


今回は半分近くのモデルが2000~5000円ほど値下げされました。  HP・東芝・富士通・NECなどになりますが、HPは年末年始のキャンペーンモデルがさらにお買い得なものの、現在は残念ながら販売終了となっている模様です。 東芝は配送料無料が効いているのでしょうかね? 丁度送料分くらいがお安くなっています。

そして今回追加されたドスパラですが、最新プロセッサのKaby LakeやSSD256Gなどハイスペック構成が特徴です。 モビリティ的にはそこそこと言った感じですが、10万円を切る安さとマカフィー付属な点が魅力になります。 全体的にすごくバランスが取れている感じです。


【2016年11月16日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回は東芝の対象モデルがVZシリーズからBZシリーズへと変わっただけで、その他は前回と変わりませんでした。 全8メーカー11モデルとなります。


まず今回追加された「東芝dynabook RZ63/A」ですが、意外にもRZシリーズは初登場でした。 SSD搭載に14.5時間という長時間駆動が特徴でして、東芝ならではの耐久性の高さも魅力の一つになりそうです。 また、「HP Spectre 13-v006TU」が5400円値下げ、「東芝dynabook RZ63/A」が機種変更でスペックアップにもかかわらず7560円値下げ、さらに富士通のSHシリーズが10680円の大幅値下げとなっています。

最も価格が安いのはダントツでマウスでして、そこへ今回値下げされた東芝のRZシリーズがじわりと近づいております。 価格差は15000円ほどありますが、内容を考えるとコストパフォーマンスは東芝の方が同等以上になるのではないでしょうか? モビリティが高いのはダントツでVAIOですが、一つだけ別の世界にいる様ですね。

そのVAIO Zですが、カスタマイズオプションに第3世代の高速SSDが追加されました。 これまではNVMe>M.2>SSDといった順にハイスピードでしたが、これらを更に上回る「ハイスピードプロSSD」の登場です。 こちらもNVMe対応なので、なんと呼べば良いのやら・・・プロSSD?w ただ、価格はNVMe(第2世代)と比べて5000円しか違わないので、検討する余地は十分ありそうです。 ちなみに1TBでは125000円なりwww


【2016年9月18日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回は東芝が2モデル無くなったもののNECが追加されて、合計8メーカー11モデルとなっております。


今回特に大きな変動などは見られませんでした。 東芝が2モデル無くなりましたが、最近取り扱いがまばらで今後の成り行きに不安を覚えます。 一時は統合・再編などが囁かれましたが、自力再生するという結論に至った模様です。 ただ、将来的な再編には含みを持たせているので、疑いの目で見ておりますw 今のラインアップはどれも似た様に見えて、愛着が持てないですよね~。 一昔前はもっとデザインにも力を入れていたのですが、またそんな日は来るのでしょうか?

富士通FMVのSHシリーズが5千円程値を下げてきました。 こちらは不況の最中でもお馴染みのラインナップを頑として守り続けているので好感が持ています。 このSHシリーズも他には無い着脱ドライブという仕組みを採用しており、光学ドライブや増設バッテリ、そして何も付けずに質量を軽くするなど、用途に合わせて使い分けることが出来る優れものです。 また性能も高く、モビリティもなかなか良いので、非常に使い勝手の良いモバイルPCだと思います。

そう言えば最近、このSHシリーズのレビューがいくつか入りましたので、興味のある方は是非そちらをチェックしてみて下さい。 なかなか使いやすいらしいですが、人によっては扱いづらい部分もあるらしいので、長年他のノートを使ってきた方は注意が必要です。 また、意外にも音質が良いという声が多く聞かれました。 モバイルにサウンド性能とかあまり求めないと思うのですが、これは嬉しい誤算ですね。 マイク内蔵というのも珍しいかもしれませんが、音声アシスタント機能とかあったら面白いと思います。 話題の「コルタナ」とか入ってたら良いのですが、残念ながらコレにはない模様。 その代わりにジェスチャーで操作する機能が付いているみたいですが、それはそれで凄いですw 内蔵のWebカメラを利用して行うらしいですが、使いたくない場合は機能をオフにすることもできます。

結構前からある機能ですが、あまり話題になりませんね・・・。 また、他メーカーでも搭載しているモデルは多々ある模様です。


【2016年7月21日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回はNECが無くなったもののHPと東芝に1モデルずつ追加されて、合計7メーカー12モデルとなっております。


まず今回追加された新モデルですが、「HP Spectre 13-v006TU」は旧モデルと比べてタッチパネルが無くなっています。 そしてバッテリ駆動時間は3/4程度に落ちて、質量は0.34kg減りました。 見た目のゴージャスさは変わりませんが、新モデルは「世界最薄」というのを実現しかたったみたいです。 2in1では無くなったので用途はせばまりそうですが、よりスマート感は出てきたのではないでしょうか。 あと、付属のマウスとレザークラッチバッグもお洒落で良いと思います。

「東芝dynabook BZ」はWindows 7にHDD1T搭載と、東芝の中では異色の存在です。 しかし、モビリティはそれなりに高いですし、それでいて価格は安いので、スピードよりストレージ容量を重視される方にとっては一考の価値があるのではないでしょうか?

そして今回、東芝の3モデルがそろって2~3万円もの大幅値下げとなりました。 とは言ってもOfficeが無くなるなどスペックダウンによるものなのですが、価格を抑えたい方にとっては朗報です。


【2016年5月20日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回は8メーカー10モデルとなります。


今回は残念ながら値上げされた機種が多かったです。 特に東芝は取り上げられるモデルが高性能なものばかりで価格を大幅に上昇させています。 NECやVAIOについても同様です。

最も安かったのはマウスコンピュータでして、ここのところ立て続けに値下げされていて今回も5000円ほど値下げされました。


・2016/5/25追記
 HPより「HP Spectre 13」が新たに追加されました。 大人気だった2in1の「HP Spectre 13 x360 Limited Edition」と同じでゴージャスな見た目が魅力ですが、こちらは通常のモバイルになり薄さや軽さもパワーアップしています。 性能や機能もアップしていますが、内容の割に価格も安いと評判はかなり良いです(前評判:4.5)。


【2016年3月14日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回はなくなった機種、新たに追加された機種が多々有り、内容がかなり変わりました。 全7メーカー11モデルとなります。


最も安かったのは唯一10万円を切る富士通UHシリーズとなりました。 Celeron搭載で性能は低めですが、モビリティはそこそこあるので使い勝手は良さそうです。 マウスコンピュータやパソコン工房などから13型がなくなってしまった今、価格を重視されるのであればコレに限ります。

最もモビリティが高いのはVAIOでして、駆動時間は20時間を超えます。 また、東芝のV63もそれに次ぐ駆動時間の長さですが、価格が安くてお買い得です。 一方、最も質量が軽いのはNECになりますが、唯一1kgを切るなど驚異的な軽さを実現しています。

※誤ってCeleron搭載モデルを取り上げてしまいましたw 失礼しました m(._.)m


【2016年1月8日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回は8メーカー13モデルとなります。


今回は富士通が大幅に値上げされていました。 取り扱いも残り僅かですし、そろそろモデルチェンジか無くなるのかも知れません。

最も安かったのはマウスコンピュータやパソコン工房で、モビリティが高いのはNECや東芝、VAIOやHPなどとなります。 「HP Spectre 13-4100 x360」は非常に人気が高く、発売後あっと言う間に売り切れてしまいましたが、今は在庫も充実して購入可能です。 内容・外観ともに非常に魅力的なノートですので是非チェックしてみて下さい。

【比較】各メーカーのCeleron/Core i3等搭載13.3型ノートはどんな感じ?「ロースペック&低価格モデル続々登場!」(¥42984~)10H,Celeron 3215U/3855U/3865U・Core i3 7100U,メモリ4G,SSD32G/128G/256G-NVMe・HDD500G,13.3型(フルHD/タッチパネル),質量0.831kg~1.5kg,バッテリ5時間~16.5時間駆動


⇒ Core i3/Core M他搭載13.3型      ⇒ Core i5/Core i7搭載13.3型


【メーカー別価格推移グラフ】

【メーカー別駆動時間&質量グラフ】

※()内の数字はJEITAバッテリ動作時間測定法のバージョンです。 Ver.2.0はVer.1.0の半分から約2/3程度になっています。


【性能比較】
・CPU:Core i3 6100U>Core i3 5005U>Pentium 3825U>Celeron 3865U>Celeron 3855U≧Celeron 3215U
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARECOMPARE・その他で調査。


HP ProBook
マウスLuvBookシリーズ
パソコン工房ノートPC
東芝dynabook RZシリーズ
富士通FMV-LIFEBOOK UHシリーズ
VAIO S13


【最新特価パソコン情報】 ※税・送料込み


【2017年11月14日更新】

 2ヶ月ぶり15度目の更新です。 今回はHPが1モデル追加されて、合計5メーカー6モデルとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ ストレージ 液晶 バッテリ 質量 価格(税・送込)
HP ProBook 430 G3/CT Notebook PC (DDR4) 300台限り!エントリーパッケージキャンペーン 10H Celeron 3855U 4G HDD500G 13.3 5.4時間-2 1.5kg ¥49,464
HP ENVY 13-ad000 祝!OSアップグレード半額!大盤振舞キャンペーン Core i3 7100U SSD256G-M.2 13.3F 14時間-? 1.24kg ¥99,144
マウスLB-J321E2-SSD32 Celeron 3215U SSD32G 13.3 5時間-2 1.5kg ¥42,984
東芝dynabook RZ33/D・会員価格 Celeron 3865U SSD128G 16.5時間-2 1.27kg ¥63,504
NEC LAVIE Direct HZ・メルマガ会員限定クーポン 13.3F-T 10時間-2 0.831kg ¥112,104
VAIO S13 13.3F 11.5時間-2 1.06kg ¥113,184

まず、今回追加されたHP ProBookですが、これは通常法人向けのビジネスPCとして販売されているものです。 たまに法人向けが個人向けに顔を出す事があるのですが、以前あったものも今は見当たりませんので、一時的なことなのかもしれません。 まぁ、通常でも法人向けの個人購入は可能ですし、法人向けもなかなかスタイリッシュで質が高く価格もお値打ちで魅力的だなと感じていましたのでお勧めです。

そして今回の注目はここ2年間で初の値下げとなったVAIOです。 ただ、スペックはCore i3からCeleronへと変わりましたし値下げ幅も1万円程度なので、この分が下がっただけなのかもしれません。 また東芝は常に価格が上下していますが、こちらもスペックダウンで過去最安値を更新しました。 より買いやすい価格帯のモデルが増えてきております。


【2017年9月18日更新】

 2ヶ月ぶり14度目の更新です。 今回はHPが追加されて合計5メーカーとなっております。


今回の注目は新登場のHPと値下げされたNECです。 まず「HP ENVY 13」ですが、前評判ではスゴく好評でした。 HPらしく見た目が美しくてコストパフォーマンスの良いところが魅力的ですが、モビリティも高くて実用性もありそうです。 SSDには高速なNVMeを標準装備しているのでパフォーマンス面も期待できそうですが、下位モデルでメモリ4GBが固定という点はちょっと残念なところ。 しかも増設・交換不可ということで購入後の増強もできないのですが、この点に我慢できればとても良いお買い物になると思います。

そしてNEC LAVIE Direct HZですが、前回と同構成で12636円も値下げされています! 珍しい大幅値下げによる過去最安値なので在庫処分かもしれません。 まだ夏モデルが発売されてから2ヶ月しか経っていませんが、HZシリーズは春モデル以降に新モデルが出ていなかったので、そろそろ・・かも?


【2017年7月13日更新】

 2ヶ月ぶり13度目の更新です。 今回はASUSが無くなって合計4メーカーになっております。


今回は価格の順位に変動は見られませんでした。 ただ、東芝がここ2年かけてじわじわと値を下げてきています。 今回も一応最安値を叩き出していますが、東芝得意の13型モバイルもかなり購入し易い価格帯になりましたね。 この価格で12.5時間駆動というのは驚きです・・・。

最も安いのは今回もマウスコンピュータで、安い東芝を上回る低価格を実現しています。 ストレージ容量は少ないですがSSDですし、マシンパフォーマンスは良さそうです。


【2017年5月14日更新】

 2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回は富士通が無くなって合計5メーカーになっております。


今回は特に大きな変動などは見られませんでした。 最も安いのはマウスコンピュータでして、まさに圧倒的な低価格を実現しています。 しかしその分スペックは低く、ストレージ容量はかなり少ないのでこの点は注意が必要です。 また、液晶解像度が低めにもかかわらずバッテリ駆動時間は最低ですし、質量もASUSと同じですけど最も重いなど、色んなところで劣る部分が多々あります。 それでも価格を重視される方にはお勧めです。

一方、モビリティが高いのは東芝・VAIO・NECでして、特にVAIOはバランスが取れてますし内容も充実していて魅力的だと思います。 ただし、価格は一番高いですが・・・。


【2017年3月15日更新】

 2ヶ月ぶり11度目の更新です。 今回も前回と同様の全6メーカーになります。


今回の注目は新たに春モデルとなって新登場した東芝dynabook RZシリーズです。 プロセッサをダウンして光学ドライブは非搭載、さらに液晶はフルHDからHDへと変更されましたが価格が2万円も下がりました。 一方でバッテリ駆動時間は1.5時間伸びて質量も0.04kg下がるなど、モビリティは上がっています。 価格的にもモバイルPCとしても、よりお手頃・お手軽なモデルになりました。

NECも新モデルになりましたが、こちらもスペックダウンでモビリティアップ、価格上昇とコストパフォーマンス的にはあまり魅力を感じません。 いずれ価格が下がってくれば、お得度も上がってくると思います。 ASUSは対象モデルが変更されましたが、スペックが大幅にアップされ(特にモビリティ)価格約2千円ダウンです。

最も安いのは今回もマウスコンピュータでして、ここ2年間でずっと最安をキープし続けています。 価格はここ1年くらい変化ありませんが圧倒的な低価格ですので、価格を重視するのであればコレに限ります。 2位には今回新モデルとなった東芝が食い込んでいますが、マウスコンピュータとの差は26136円もあり、その代わりバッテリ駆動時間とストレージ容量では圧倒的に東芝が勝ります。 モビリティが高いのは東芝・VAIO・NEC等です。


【2017年1月15日更新】

 2ヶ月ぶり10度目の更新です。 今回も前回と同様の全6メーカーになります。


今回も最も安いのはマウスコンピュータとなりました。 もう、ここ2年間ずっと最安をキープし続けていますが、価格差もダントツなので価格を抑えるのであればコレに限ります。 そして最もモビリティが高いのは東芝・VAIO・NECなどですが、どれも駆動時間と軽さで秀でており、その中でもバランスが取れているのがVAIOです。 その為か、価格も一番高いですが・・・。

そして今回は、東芝・富士通FMV・NECの国内大手3メーカーが揃って値下げされました。 値下げ額は3千円~5千円程度でして、スペックはそのままなので結構お得度は上がっています。


【2016年11月15日更新】

 2ヶ月ぶり9度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなってNECが追加され、前回同様の全6メーカーとなっております。


NECは初登場ですね。 今までCeleron搭載モデルって無かったんでしょうか? それでも全体の中では高価な部類に入りますが、SSDにWQHD液晶搭載、そして最軽量0.779kgという質量の軽さが魅力です。 ただし、バッテリ駆動時間は5.9時間と短めになっています。

最も安いのは今回もマウスで、最もモビリティが高いのはVAIO・東芝・NEC等です。 バランスが取れているのはVAIOですが、性能も高く価格も高くなっています。 お手頃価格な東芝・富士通・ASUSは全てHDD等搭載なのが残念です。 SSDへのカスタマイズもできませんでした。


【2016年9月17日更新】

 2ヶ月ぶり8度目の更新です。 今回も前回と同様の全6メーカーとなっております。


今回は値下げされた機種が多々ありました。 全て前回と同構成でパソコン工房が2160円値下げ、東芝が8640円値下げ、富士通が9752円値下げとなっております。 丁度、中程度の価格帯の3モデルが揃って価格ダウンしたことになります。 最も安かったのは前回同様にマウスで、最もモビリティが高いのはVAIOです。

そのVAIO S13についてですが、早速レビューが1件入りました。 かなり評価は高く、特にその軽さには驚愕している模様です。 軽すぎて心配になるレベルみたいですが、ものも薄くて快適に持ち歩ける模様。 ただ、やはり心配なので耐久性のあるケースを使用しているのだとか。 品質試験動画を見る限りいらぬ心配だとは思いますが・・・。 また液晶を閉じる際、キーボードとの間に付属の布を挟まないと、キーの跡?みたいなものが液晶に付いてしまうみたいです。 いちいち挟まなくてはならないのは確かに面倒臭そうですね・・・。  ⇒ レビューはこちら


 先日、HPのニューモデルが怒濤のごとく登場しました。 今回はいつものマイナーチェンジではなく、目を疑う様な個性的なモデルも発売されております。 その筆頭はなんと言っても「HP Pavilion Wave 600-000jp」です。 これは三角柱の形をしたデスクトップPCなのですが、内部にスピーカーを内蔵しており、360度サウンドが広がることで部屋のどこにいても同じ様な音場で音楽が楽しめます。 まるでパソコンと言うよりサウンド機器と言った感じですが、外観もファブリック素材を採用するなどどんな部屋にもフィットしそうな柔らかくてスタイリッシュなデザインです。 もちろん音質は素晴らしく、一般的なノートPCの3倍ものワット数を誇る出力のスピーカーですので、これまでのPCサウンドとはひと味違うレベルを体感できるのではないでしょうか。 また、二画面対応や音声アシスタント機能「コルタナ」を搭載している点も魅力的です。

そして液晶一体型の「HP Pavilion 24-a100jp」は標準で二画面出力に対応します。 今まで一体型は多数有りましたが、デュアルディスプレイに慣れている管理人は2画面対応モデルを探していました。 もちろんこれまでも可能なものは可能だったのでしょうが、公式に二画面出力を謳うモデルは無かったと思います。 これなら安心してマルチディスプレイを楽しめますし、仕事にも趣味にも広く役立てられそうです。 また、限り無くゼロに近いベゼル「ネロベゼル」を採用している点も特徴でして、別売のHPベゼルレスフレームのディスプレイと接続する事で、まるで巨大な1枚のモニターの様に使用することが出来ます。 まぁ、他の液晶でも良いのですが、このネロベゼルや一体感にこだわるのでしたら、HP製の方が良いかもしれません。 また、収納可能なWebカメラというのも新しくて良いですね。

ノートブックでは素晴らしい外観の「HP ENVY 15-as100」が登場しましたが、細部までこだわっていますし性能も高くてコストパフォーマンスは良さそうです。 更に昔販売していた「HP Stream 11」も復活! 相変わらず青いボディが目を惹きますが、色合いが薄くなって明るくなった分、旧モデルより目立つ様になっていますw 価格は非常に安いのですが、ストレージ容量の少なさが弱点です。

以上、4つのモデルが新たに登場しましたが、どれも個性的なものばかりで、この不況の最中にもかかわらず果敢に攻めるHPのチャレンジ精神が垣間見えます。 また、HPらしいコストパフォーマンスの高さも魅力的です。 興味のある方はそれぞれ前評判を掲載しているので、是非参考の一つにして下さい。


【2016年7月20日更新】

 2ヶ月ぶり7度目の更新です。 今回も前回と同様の全6メーカーとなっております。


今回は特に大きな変動などは無かった模様です。 最も安いのはマウスコンピュータで、次いでパソコン工房が安くなっています。 最もモビリティが高いのはVAIOですが価格も一番高くなっています。 また、駆動時間では東芝に劣るものの、質量の軽さは圧倒的なレベルです。

【比較】12型のモバイルはどんな感じ?「Let’snote SZ6が9720円ダウン!XZ6が14040円ダウン!!」(¥91120~)10H/10P,Core i3 7100U/Core i5 7300U/Core i7 7500U,メモリ4G/8G,SSD128G/256G,HDD1T,DVD,12型QHDタッチ/12.1型WUXGA/12.5型(フルHD・タッチ)/12.6型WU+タッチ,質量1.029kg~1.32kg,バッテリ9時間~17時間駆動

【モデル別価格推移グラフ】

【メーカー別駆動時間&質量グラフ】

※()内の数字はJEITAバッテリ動作時間測定法のバージョンです。 Ver.2.0はVer.1.0の半分から約2/3程度になっています。


【性能比較】
・CPU:Core i5 7300U>Core i5 7200U>Core i5 6300U>Core i5 6200U≧Core i5 5300U≧Core i5 5200U>Core M-5Y71>Core i3 6100U≧Core M7-6Y75>Core M5-6Y54≧Core i3 5005U>Core M-5Y10
PASSMARKGeekbench BrowserGPUBossCOMPARE4Gamer.netドスパラ・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
ThinkPad Xシリーズ
東芝dynabook RZシリーズ
Let’s note SXシリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2017年11月13日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカー4モデルとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ ストレージ ドライブ 液晶 バッテリ 質量 価格(税・送込)
ThinkPad X270:スタンダードプラス 10H Core i3 7100U 4G HDD1T 12.5 11時間-2 1.32kg ¥91,120
東芝dynabook VZ62/B・会員価格 10P Core i7 7500U 8G SSD128G 12.5F-T 17時間-2 1.099kg ¥129,060
Let’snote SZ6・CF-SZ6WB5QP Core i5 7300U SSD128G+HDD1T DVD 12.1WUXGA 12時間-2 1.03kg ¥244,944
Let’snote XZ6・CF-XZ6WDDQP SSD256G 12Q-T 9時間-2 1.029kg ¥285,984

ThinkPadはHDD倍増で1万円くらい値下げされていますね。 東芝も安いモデルは完売となり、Core i7搭載の高価なモデルのみとなっております。 これでもOfficeを外したりして価格を下げた構成にしたのですが、前回より1万円以上も高くなっています。 OSはHome搭載モデルが完売しているのでProを選択しました。

そんな中、Let’snoteは前回と同構成で値下げされています。 SZ6は9720円ダウン、XZ6は14040円ダウンとなかなか値下げ幅は大きいです。


【2017年9月17日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回は全3メーカー4モデルとなっております。


今回は多数のモデルが値下げされました。 まずThinkPad X270ですが、前回と同構成で16513円もダウンしています! 前々回から最安でしたが、ここへきてさらに値を下げました。 東芝dynabook VZ42/Bも4320円の値下げです。 Let’snote SZ6は低スペックなモデルを購入できるようになった為、70200円もダウンしています。 Let’snoteは割と在庫切れが起こりやすいみたいです(復活もしますが)。


【2017年7月12日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回はThinkPad Yogaが無くなって、合計5メーカー7モデルとなっております。


今回はLet’snote SZ6で品切れとなっていたモデルが多々あったため、より高性能で高価なモデルを取り上げてあります。 また、東芝は前回と同構成ですが、18360円もダウンしました。

最も安いのはThinkPad X270ですが7128円値上げされて、2位のASUS TransBookと1447円差、3位のHPと3823円差と、3メーカーがかなり接近しています。 どれも一長一短あるので、選ぶのはかなり難しそうですが、HP EliteBook Folio G1/CTがCPU以外の性能で秀でている感じなので、この点をどう考えるかで選択肢は決まってきそうです。


【2017年5月13日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカー8モデルとなっております。


今回の注目は前回と同構成で10735円も値下げされたThinkPad X270です。 これにより久々の最安になりましたが、程良い性能を備えた12型の入門用と言った感じになります。 もう少し性能を求めるのであれば、8GBメモリにM.2 SSDを搭載したHP EliteBookが魅力的です。

ちなみにASUS TransBookはT303UAからT304UAとモデルチェンジされました。 まだ予約中ですが、スペックと価格が下がって購入し易くなっています。 ただ、大幅スペックダウンの割には価格がさほど下がってない印象ですね・・。 また、バッテリ駆動時間はまだ計測中で不明です。


【2017年3月14日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカー8モデルとなっております。


今回の注目は、6万円近い超大幅値下げとなったASUS TransBook 3 T303UAです。 スペックは非常に良いのですが、やはり発売当初から問題視されていたバッテリ駆動時間の短さが売り上げに響いたでしょうか? これだけ大幅に価格を見直すのはあまり聞いたことがありません。 この値下げにより、一気に低価格競争へ突入してきましたが、9~10万円台の間に4メーカーがひしめき合っています。

また、東芝dynabook VZ42/Bも2万円もの大幅値下げとなっていますね。 こちらはバッテリ駆動時間が17時間と最長ですので、安心して使いこなせそうです。 プロセッサはCore i3ながら最新のKabylakeを採用していますし、8GBメモリにSSD、さらにはフルHD対応液晶となかなか充実しています。 また、ThinkPad XシリーズはX260からX270へと対象を変更し、スペックダウンされたため価格も大幅にダウンしました。 残念ながらバッテリ駆動時間はまだ不明ですが、旧モデルを考えるとそれなりの長時間駆動を実現してくれそうです。


【2017年1月13日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回は東芝・Let’snote・ASUSが増えて、合計5メーカー8モデルとなっております。


まず今回新たに登場したLet’snoteの新モデルXZシリーズですが、Let’snote初の分離型2in1だそうです。 標準でCore i5/Core i7やSSD、大容量メモリなどハイスペック構成になっており、液晶は2160×1440ドットのQHDを採用しています。 相変わらずの高い堅牢性に使いやすさ、豊富なインターフェイスなどビジネス用途に最適な内容です。 最安でも税込みで30万円近くになる価格の高さが購入最大のネックになります。

東芝dynabook VZ42/BはそのLet’snoteに次ぐ長時間駆動を実現しますが、性能はやや低め設定で価格はかなり抑えられています。 ASUS ZenBook3 UX390UA-256Gは最新のKaby Lakeを採用しつつ程良い性能とモビリティで値段も手頃です。

ちなみにこれまで最安だったThinkPad X260はスペックアップによって価格が大幅に上昇しています。 代わりに最安となったのが1万円以上値下げされたHP EliteBook Folio G1でして、全体的にバランスの折れたスペックや高い堅牢性、シャープなデザイン等が特徴です。


【2016年11月14日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回は東芝とLet’snoteが1モデル無くなって、合計4メーカー5モデルとなっております。


まず、Let’snoteのSZシリーズですが、SZ5からSZ6へと変更されました。 2016年秋冬モデルとなって第7世代のプロセッサを採用し、過去最高のSSD2TBを搭載するモデルも用意されています。 また、女性向けに新色スモーキーピンク登場です。

最も安いのはThinkPad X260でして、スペックダウンによって価格を7万円台へと大幅に下げております。 12型の過去最安値に近いですので、価格を抑えたい方にお勧めです。 また、Let’snoteは新モデルにもかかわらず価格が17280円もダウンしました! 日本はまだまだデフレってことなんでしょうかね・・・。


【2016年9月16日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回は「ASUS TransBook 3 T303UA」が追加されて、合計5メーカー7モデルとなっております。 ASUSはまだ発売前ですが、下記の他にOffice搭載モデルも選択可能です。


今回は、東芝がまたスペック変更によって価格が大幅に情報してしまいました。 相変わらず落ち着かないメーカーです。 また、ThinkPad Xもスペックアップで7千円アップし、HPは前回と同構成で1万円程値下げされております。 HPは現在開催中の「モバイルPCキャンペーン」によって48200円OFFとなっている模様です。 2000台限定ですのでお早め?に。

そして今回追加された「ASUS TransBook 3 T303UA」ですが、10月上旬に発売される予定です。 割と発売日は変更されることがあるので、今後の予定も流動的になりそうです。 非常に高価なモデルですが、12型全体としては中程度の価格帯に入ります。 性能は高め設定ですが、何よりSSD512Gに驚かされました。 まさにスピードと容量の両立と言った感じですが、モバイルPCとして軽さと堅牢性にも貢献しています。

モビリティと言えば、薄型(8.35mm)・軽量(タブレット-キーボード付き:0.79kg-1.1kg)ですが、唯一気になるのが5時間というバッテリ駆動時間の短さです。 JEITAバッテリー動作時間測定法 (Ver2.0) に基付いたものなので、底堅い数値だとは思いますが、それにしてもこのレベルのモバイルとしては残念と言わざるを得ないレベルです。 その為か、このシリーズを購入した方には、全員に超大容量モバイルバッテリーがプレゼントされることになっています(確か早い者勝ちだったような・・・?)。 日本では売っていないらしく、詳細は不明なのでどれくらい時間がアップするのかも分かりませんが、25704円相当もする代物なんだそうです。 ちなみに検索したところ台湾?のASUSサイトに辿り着きましたが、そこにも時間らしきものは書かれておらず、ただ「26800mAh(容量?)」とだけ書かれていました。 日本のASUSサイトにも同じ様に書かれていますが、どのくらいこのモデルの使用時間が延びるのかを書いて欲しいものですね・・・。

その点を我慢すればデザインも格好良いですし、2in1で使い勝手も良いのではないでしょうか。 あと液晶の解像度がWQHDという点も魅力の一つですが、ここがまたバッテリーを食ってしまうんでしょうね。 なんとも悩ましいPCです。


【2016年7月19日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回も全4メーカー6モデルとなっております。 若干取り上げるモデルの変更がありましたので、「メーカー別駆動時間&質量グラフ」は内容を更新しました。


今回まず注目したいのはHPの新モデルでして、前回取り上げたモデルに比べて、プロセッサ・メモリ・ストレージ・液晶・モビリティ全てがパワーアップしています。 その分価格も高くなっていますがLet’snoteほどではありませんし、それでいて内容は良いので非常に魅力的です。 「世界で最もコンパクトなボディ」を謳っていながら米軍調達基準をクリアするなど高い堅牢性も備えています。

もう一つの注目は東芝でして、低スペックモデルが復活したため価格が7万円以上も下がって購入し易くなりました。 東芝をご希望の方は是非この機会に!


【2016年5月18日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回も全4メーカー6モデルとなっております。 ThinkPadは新モデルになり、スペックが大きく変わりました。 HDDがSSDになり、またバッテリ駆動時間や質量がより長時間&軽量になってモビリティが向上した模様です。


残念ながら今回値下げされた機種は皆無でした。 逆に値上げされたところばかりですが、スペックがアップしているのでやむを得ないところです。 特に東芝は安価な低スペックモデルがなくなり、高価なハイスペックモデルを取り上げてあります。 近々このモデルも無くなるかもしれませんね・・・。

また、昨日【最新特価・激安パソコン情報】にてDell Latitude 12 7000のキャンペーンモデルを掲載しました。 法人向けの2in1でして、程良く高い性能に3年保証が付いて、通常より3万円近くも安くなっています。


・2016/5/25追記
 「HP EliteBook Folio 1020 G1」の新モデル「HP EliteBook Folio G1」が発表されました。 名前が似てるのでややこしいですがデザインはよりスタイリッシュになりましたし、4K対応やUSB Type-C端子搭載など、内容もかなりパワーアップしている模様です。


【2016年3月12日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 今回も全4メーカー6モデルとなっております。


今回は値下げされた機種が多々ありました。 また、Let’snoteが新モデルによって若干内容が変わっております。

最も安かったのは今回もThinkPad X250でして、前回と同構成で¥4795安くなりました。 次いでHP・ThinkPad Yogaとなっておりますが、これら3メーカーが特に安いです。 ThinkPad Yogaはクーポン適用によって¥10908も安くなっています。 東芝も前回と同構成で¥9180も安いです。

モビリティが高いのはLet’snoteの2モデルでして、他メーカーとは次元の違う性能を備えています。 それ以外で軽さを重視するのであればHP、駆動時間を重視するのであればThinkPadや東芝などがお薦めです。 ちなみに、最近はほとんどのモデルが「JEITAバッテリ動作時間測定法」のVer.2.0で駆動時間をチェックしているみたいですので、比較がし易くなりました。


【2016年1月6日更新】

 2ヶ月ぶり24度目の更新です。 今回はASUSが在庫切れとなって、4メーカー6モデルになっております。

今回の注目は「HP EliteBook 725 G3」でして、旧モデルに比べてなんとプロセッサがインテルからAMDへと変わりました。 また、メモリ容量は半減し液晶もフルHDからHDになるなど、かなりスペックが落ちております。 バッテリ駆動時間は7.6時間から8.5時間にアップしていますが、JEITAバッテリ動作時間測定法では無くなったみたいです(不明)。 質量も0.06kgアップしています。 内容がかなり劣化している様なのですがその分価格は大幅にダウンし、7万円も安くなりました。 つまりこれはまるで違う機種の様になってしまったみたいなのですが、自慢の「米軍調達基準をクリアする圧倒的な耐久性」は維持している模様です。

そして、今回「Let’snote MX5」が大幅に値上げされていますが、こちらはほとんどのモデルが売り切れとなっている為、現在残っている高性能で高価なモデルを取り上げてあります。 近々新モデルが登場するのではないでしょうか? そして東芝もより低スペックで低価格なモデルが登場して購入し易くなっております。

最も安いのは今回も「ThinkPad X250」ですが、「HP EliteBook 725 G3」が約7千円差まで迫ってきました。 モビリティが高いのはLet’snoteでして、HPの質量やThinkPadの駆動時間も侮れません。