【比較】とにかく高性能な15.6型ノートPCは?「G-Tuneとドスパラがほぼ互角の勝負!?」(~¥392622)10H,Core i7 7700HQ/8750H,メモリ16G/32G/64G,SSD256G-NVMe/500G-M.2/960G/1T(NVMe),HDD1T,GTX1060/GTX1070,15.6型フルHD

【メーカー別順位推移グラフ】

※同レベルな性能の場合はコストパフォーマンスの高い方を上位とします。


【性能比較】
・CPU:Core i7 8700K>Core i7 7700K>Core i7 6700K>Core i7 7700>Core i7 6700=Core i7 4790K>Core i7 4790>Core i7 8750H>Core i7 7700HQ>Core i7 6700HQ>Core i7 4910MQ>Core i7 4710MQ>Core i7 4720HQ=Core i7 4710HQ>Core i7 6500U>Core i7 4510U
・グラフィック:GTX1070>GTX1060>GTX980M>GTX1050 Ti>GTX970M>GTX965M>GTX870M≧GTX960M>GTX860M>GTX950M≧GTX850M
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARECOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPCOMEN by HP(ノートブック)
G-Tune NEXTGEAR-NOTE
ドスパラGalleria(ノート)
パソコン工房LEVEL∞シリーズ
フロンティア(ノートPC)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年6月19日更新】

 2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD グラ 液晶 価格(税・送込)
OMEN by HP Laptop 15-ce015TX 必殺!Gaming祭! 10H 7700HQ 16G 256G-NVMe 1T GTX1060 15.6F ¥169,538
G-Tune
NEXTGEAR-NOTE i5730GA1
64G 256G-NVMe+960G GTX1070 ¥324,432
ドスパラGALLERIA GCF1070GF 8750H 32G 500G-M.2+1T 1T ¥392,622
工房LEVEL-15FX095-i7-RNRVI-HVR 1T-NVMe+960G GTX1060 ¥344,703
フロンティアFRXN770/C XNシリーズ 7700HQ 64G 1T-NVMe+1T ¥305,856

今回は比較がかなり難しかったです。 まず1、2位のG-Tuneとドスパラですが共にGTX1070を搭載しつつ、G-Tuneはメモリ容量とSSDの質で勝り、ドスパラはプロセッサ性能で勝ります。 どちらが上とも言いがたいのですが、2点で勝るG-Tuneを上位としました。

GTX1060を搭載した3、4位のフロンティアとパソコン工房は、プロセッサ性能で勝るパソコン工房とメモリ容量で勝るフロンティアと言った感じです。 ほぼ互角なので価格で圧倒的に勝るフロンティアを上位としてあります。


【2018年4月30日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


今回は前回と全く同じ順位でしたが、比較は結構難しかったです。 まず、G-Tune・ドスパラ・パソコン工房の首位争いですが、それぞれ一長一短あったので、総合的に考えて順位付けしてあります。 しかしドスパラとフロンティアも難しいですね。 ほとんど管理人の独断と偏見で決めましたが自信無いです・・w ちなみに今回新たに登場したプロセッサCore i7 8750Hの性能は下記の通りです。

Core i7 4790>Core i7 8750H>Core i7 7700HQ>Core i7 4910MQ

4790:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=4790&sort=multicore_score
8750H:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=8750H&sort=multicore_score
7700HQ:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=7700HQ&sort=multicore_score
4910MQ:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=4910MQ&sort=multicore_score

ノート向け初の6コアプロセッサということで期待されている模様ですが、実力も備わっています。


【2018年3月10日更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


今回はパソコン工房が首位に返り咲きました! まぁ、以前までずっと工房が1位だったので不思議は無いのですが、前回1位のドスパラは4位へと転落しておりますw

パソコン工房で注目したいのはプロセッサの性能の高さでして、なんと最新のCore i7 8700Kを採用しています。 7700Kでも7700HQとの性能差は大きかったですが、これで更に差は広がりました。

Intel Core i7-8700K @ 3.70GHz 6コア・・・16,119
Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz 4コア・・・12,075
Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz 4コア・・・8,880
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2874&cmp[]=3098https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2874&cmp[]=2906

そしてグラフィックはこの中で最高峰のGTX1070を搭載し、ストレージには高速なNVMe SSDをなんと2基、さらに960GBまで付いて容量も全く心配入りません。 メモリ容量こそやや少なめですが、それを補って余りある性能を備えているのではないでしょうか。


【2018年1月19日更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回は全5メーカーとなっております。


最も高性能だったのはドスパラとなりました。 昨年10月からグングンと順位を上げ、最下位からあっと言う間にトップへと上り詰めましたが、メモリ容量で他に劣るもののプロセッサとグラフィックの性能では最高レベルのものを搭載しています。

他メーカーはプロセッサが同じなので、その他のスペックで比較しましたが、メモリ・ストレージ・グラフィックとバランス良く高性能だったG-Tuneが2位、グラフィックのワンランク劣るフロンティアが3位となりました。 前回トップのパソコン工房は大幅に順位を下げ、4位に転落しております。


【2017年11月28日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回は全5メーカーとなっております。


最も高性能だったのはパソコン工房、2位はG-Tuneとなりました。 このワンツーフィニッシュはここ1年近く続いていますね。 今回難しかったのは3位に急上昇したドスパラと4位のフロンティアくらいでしょうか。 ドスパラはNVMe SSD容量で劣るもののグラフィックの性能で勝るので、微妙な差かもしれませんがフロンティアより上位としてあります。 でも性能差は結構ありそうです。

GeForce GTX 1060・・・8,768
GeForce GTX 1050 Ti・・・5,752
PassMark:https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+GTX+1050+Ti&id=3595


【2017年10月2日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回は全6メーカーとなっております。


今回もあまり順位に変動はないですが、下位のHPとドスパラは順位が入れ替わりました。 HPは新モデルになってドスパラと全く同じ構成です。 しかしHPの方がずっと安いので上位としてあります。 HPはデザインも凝っていて格好良いですね。 役立つソフトウェアも搭載されていて、非常に魅力溢れる内容となっています。 しかも格好良いゲーミングマウスとゲーミングパッドが特典で付いてきます。

前評判でも性能とデザインに評価が集中していましたが、価格について批判的な声はあまり聞こえませんでした。 比較もしているので、是非参考の一つにして下さい。


【2017年8月4日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も前回と同様の全7メーカーとなっております。


今回は順位に全く変動が見られませんでした。 スペックもパソコン工房のSSDが容量変更になっただけです。 最も高性能だったのはそのパソコン工房でして、プロセッサの性能ではダントツ、グラフィックも全体の中で最高のものを採用しています。 ただ、メモリ容量ではG-Tuneやフロンティアに劣るもののトータルの性能で一番としました。 特にストレージ容量は大きいですが、最速のNVMeには敵わないもののM.2を1TBx2も搭載しています。

2位になったのはG-Tuneですが、こちらはプロセッサ以外最高のパーツを詰め込んでいます。 メモリ64GBにNVMe SSD搭載なので用途によってはこちらの方がマシンスピードは上になるのではないでしょうか?


【2017年6月2日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回は全7メーカーとなっております。


今回は上位3メーカーに変動はありませんでした。 最も高性能だったのはパソコン工房で、特にプロセッサの性能で他を寄せ付けません。 2位にはG-Tuneが入り、メモリ64GBやGTX1070などが魅力です。 3位はフロンティアですが、4位のeX.computerにグラフィック性能で劣るもののメモリ・SSD容量を重視しました。

そして今回からASUSはゲーミングブランドの「ROGシリーズ」を取り上げたわけですが、これまでと比べて特にグラフィック性能が大きくアップされています。 その結果、HPとドスパラを抜き去りましたがSSDの性能では劣っているので、この点には注意が必要です。


【2017年3月31日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回は東芝が無くなって合計8メーカーとなっております。


最も高性能だったのは今回もパソコン工房となりました。 プロセッサとグラフィックの性能が最も高く、ストレージはNVMe SSDとHDDがたっぷり搭載できてスピードと大容量を両立しています。 2位はG-Tuneですがメモリ容量は最も大きいです。 前回3位だったeX.computerは対象モデル(高性能モデル)の販売終了によって順位を大きく落としました。 代わって3位に入ったのはフロンティアで1TBもの大容量NVMe SSDを搭載していますが、それでいて価格が安いところも魅力です。


【2017年2月1日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回も前回と同様の全9メーカーになります。


今回はかなり順位の変動がありました。 最高峰は前回同様のパソコン工房ですが、こちらはまぁまぁ順当かなと思います。 プロセッサとグラフィックの性能で最高峰を実現していますが、メモリとSSDの容量ではG-Tuneに劣ります。 2位はそのG-Tuneですが、3位のeX.computerにはグラフィック性能で劣るもののメモリ・SSD容量で勝るので総合的に判断しました(でも際どいです)。 そしてそのeX.computerも4位のフロンティアと比べてスペックに部分的な優劣があるなど、どこも順位付けはかなり難しかったです。 いつものように管理人の独断と偏見で決めましたので、その点を踏まえた上でご覧下さい。 m(._.)m

NVMeなど高速SSDの大容量化が進み、さらにGTX1000シリーズの採用も増えてきましたね。 より高性能化が進んでいますので、性能を重視される方は要チェックです。 一方でKabylakeプロセッサは思ったよりまだ普及していない模様ですが、次回更新時にはガラリと変わっているかもしれません。


【2016年11月30日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回も前回と同様の全9メーカーになります。


最も高性能だったのは、ダントツでパソコン工房となりました。 パソコン工房はここ2年間でも2度だけ2位に陥落した以外は全て1位を獲得しています。 今回もプロセッサとグラフィックで最高峰の性能を発揮し、さらに凄いのがストレージでしてNVMe-SSD512Gを2つも搭載しつつ通常のSSD512Gを2つ使ってRAID0仕様も実現するという凄まじさです。 2位ドスパラと3位G-Tuneの差はメモリ容量とストレージ内容になりますが、メモリの多いG-Tuneより全てのストレージにSSDを採用するドスパラを上位としました。 用途によってはG-Tuneの方が良いかもしれません。

4位のフロンティアと5位のeX.computerはSSDとグラフィック性能で秀でています。 非常に難しかったのが6位~8位でして、NVMeを搭載するHPにSSDオンリーのASUS、SSDオンリーに高性能プロセッサを搭載するEndeavorとそれぞれ秀でている部分があるので、もう完全に管理人の独断と偏見で順位付けしましたw 最下位は前回よりさらに性能の落ちた東芝です。


【2016年10月2日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回はフロンティアが追加されて、合計9メーカーとなっております。


今回も最も高性能だったのはパソコン工房となりました。 メモリ容量こそG-Tuneに劣りますが、プロセッサ・ストレージ・グラフィックでトップの性能を誇ります。 2位と3位にはドスパラとG-Tuneが入りましたが、メモリ容量で勝るG-Tuneに対し、ドスパラはSSD容量とグラフィック性能で勝るのでこちらを上位としました。

新たに追加されたフロンティアはNVMe M.2 SSDを採用するなど、なかなかの高性能で4位の大健闘となっております。 その他順位は前回の通りで、一つずつ下げました。


【2016年8月4日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回も前回と同様の全8メーカーになります。


今回は非常に順位付けが難しかったです。 まず1位から3位ですが、G-Tuneはメモリ64GBを搭載しつつもプロセッサの性能でドスパラと工房に大きく劣る為、3位にせざるを得ませんでした。 グラフィックの性能も最も高いのですが、やはりCore i7 6700Kは単純にパフォーマンスを向上させてくれそうです。

また、4位以下も大混戦でして、かなり恣意的な順位漬けとなっているので、その点をご了承の上でご覧下さい。 唯一東芝だけはドンケツと胸を張って言えそうですw

【比較】とにかく高性能な17.3型ノートPCは?「パソコン工房が31320円大幅値下げ!!!HPも37800円の大幅値下げ!!!高速なNVMe SSD2TB搭載のパソコン工房が最高峰!!」(~¥660895)10H/10P,Core i7 7820HK/8750H/8700K,メモリ32G/64G,SSD512G(M.2/NVMe)/960G/1T(NVMe),HDD1T/2T,GTX1070/GTX1080(x2 SLI),17.3型(フルHD/クアッドフルHD)

【メーカー別順位推移グラフ】

※性能が同レベルな場合はコストパフォーマンスの高い方を上位とします。


【性能比較】
・CPU:Core i7 8700K>Core i7 8700>Core i7 7700K>Core i7 6700K>Core i7 8750H>Core i7 7820HK≧Core i7 4940MX>Core i7 4910MQ>Core i7 4860HQ>Core i7 7700HQ≧Core i7 6820HK>Core i7 6700HQ≧Core i7 4720HQ>Core i7 4700HQ≧Core i7 4700MQ>>Core i7 5500U
・グラフィックカード:GTX1080 SLI>GTX980M SLI(?)GTX1080>GTX1070>GTX980M>GTX970M>GTX880M>GTX965M>GTX870M>GTX770M≧GTX960M=GTX860M≧GTX850M≧GTX950M>R9 M265X(HD8850Mリネームモデル
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPCOMEN by HP(ノートブック)
G-Tune NEXTGEAR-NOTE
ドスパラGalleria(ノートパソコン)
パソコン工房LEVEL∞シリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年6月18日更新】

 2ヶ月ぶり42回目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなります。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD グラ SLI 液晶 価格(税・送込)
OMEN X by HP Laptop 17-ap008TX 必殺!Gaming祭! エクストリームモデル 10P 7820HK 32G 512G-NVMe 1T GTX1080 17.3F ¥289,224
G-Tune
NEXTGEAR-NOTE i71130GA1
10H 8700K 64G 512G-M.2+960G x2 17.3QF ¥638,712
ドスパラGALLERIA GCF1070NF 8750H 32G 512G-M.2+1T GTX1070 17.3F ¥403,422
工房LEVEL-17FG110-i7K-WNRVI 8700K 64G 1T-NVMex2 2T GTX1080 x2 17.3QF ¥660,895

今回はまたまたパソコン工房がG-Tuneを追い抜いて1位となりました。 決め手はSSDの内容でして、G-TuneはNVMe非対応となってしまっています。 その点パソコン工房はNVMeを2基に加えてHDDも2TB搭載するなど十分な容量です(多すぎな気もしますが)。

ちなみにそのパソコン工房は前回と同構成で31320円値下げ、HPも37800円値下げと共に価格大幅ダウンしています。


【2018年4月29日更新】

 2ヶ月ぶり41回目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなります。


今回も最も高性能だったのはG-Tuneとなりました。 パソコン工房とほぼ似た構成ですが、NVMe SSDの容量が若干多いということで上位としてあります。 ただ、価格は高いですね・・・w

次いで3位はHP、4位はドスパラとなっていますが妥当な結果だと思います。 気になるノートPC向けプロセッサ初の6コアである「Core i7 8750H」についてですが、下記の様な性能差になると思います。

Core i7 6700K>Core i7 8750H>Core i7 4940MX

6700K:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=6700K&sort=score
8750H:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=8750H&sort=multicore_score
4940MX:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=4940MX&sort=score

7700HQや4910MQなど歴戦の勇者達をごぼう抜きし、4940MXでなんとかシングルコアでのスコアは並びましたが、やはりマルチコアではまだ大きな差が開いております。 そしてデスクトップ向けのプロセッサ6700Kでやっと食い止めたと言った感じでしょうか。 現在のところドスパラのみ?の取り扱いみたいですが、今後の活躍が期待できそうなプロセッサです。


【2018年3月9日更新】

 2ヶ月ぶり40回目の更新です。 今回はG-Tuneが復活して合計4メーカーとなっております。


最も高性能だったのは文句無しで復活したG-tuneとなりました。 プロセッサ・メモリ・SSD・グラフィック・液晶と全てが最高峰です。 どれも凄いのですが、特に唯一グラフィックのSLI仕様を採用しているところは見逃せません。 4K液晶搭載で高精細な映像をトコトン満喫できるのではないでしょうか。

その他も比較は結構簡単でして、新タイプのプロセッサも登場しましたが順位に変動はありませんでした。

Intel Core i7-8700K @ 3.70GHz 6コア・・・16,120
Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz 6コア・・・15,295
Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz 4コア・・・12,076
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2874&cmp[]=3099https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3098&cmp[]=3099


【2018年1月18日更新】

 2ヶ月ぶり39回目の更新です。 今回G-Tuneの17.3型が全て売り切れていた為、合計3メーカーとなっております。


今回最も高性能だったのはパソコン工房となりました。 プロセッサの性能は最も他価格、メモリ容量・ストレージ容量共に最大、グラフィックは唯一の2枚組等、非の打ち所が無い内容です。 2位以下の順位付けも割と簡単でして、全メーカーにてハッキリとした性能差が確認できました。 ちなみにHPが前回と同構成で44064円の超大幅値下げとなっていました!!


【2017年11月27日更新】

 2ヶ月ぶり38回目の更新です。 今回は全4メーカーになります。


今回も前回と順位は変わりませんでした。 ただ、最も高性能だったのはG-Tuneですが、パソコン工房がかなり同レベルまで迫ってきております。 プロセッサとグラフィックが全く同じ内容なものの、メモリとSSDの容量で劣りました。 液晶も同じクアッドフルHDですね。 HPとドスパラは順位が入れ替わりましたが、ほとんどのパーツでHPが勝っている模様です。


【2017年10月1日更新】

 2ヶ月ぶり37回目の更新です。 今回は全4メーカーになります。


相変わらずG-Tuneの性能はスゴいですね。 前回見たのにまたビックリしてしまいましたw 次いでパソコン工房が続きますが、今回の注目は3位のHPです。 HPは「OMEN by HP 17」から「OMEN X by HP 17」へと若干名称が変わりましたがが、中身はさらにハイスペック化されました。 ストレージ以外は全てパワーアップされており、逆にドスパラは最高峰のモデルが在庫切れとなってしまってスペックを下げております。 その結果順位が入れ替わったわけですが、それでもHPの性能は高い為、ドスパラは更なるハイスペックモデルが登場しないと次回もビリは免れそうにありません。


【2017年8月3日更新】

 2ヶ月ぶり36回目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回はかなりハイスペック化がなされている印象です。 順位は前回と変わらず1位はG-Tuneなのですが、なんと久々のSLI仕様です。 さらにSSDはNVMeの3TBとなっています。 3TBなんて初めて見ると思うのですが、それだけに価格は凄いことに・・・w さらにHDDはRAID0仕様、メモリは最大の64Gにプロセッサは7700Kとこれでもかと高性能化を図っています。 グラフィックはGTX1080ですし、液晶は4K対応と至れり尽くせりな内容です。

しかし、2位のパソコン工房も負けてはいません。 まるでG-Tuneと競い合うようにこちらもGTX1080のSLI仕様を採用。 プロセッサも同じですがメモリ容量は半分、ストレージもSSDオンリーで頑張っているのですが、あと1~2歩G-Tuneには及ばない感じです。 60万円、70万円のノートブックなんて一度持ってみたいものですね。


【2017年6月1日更新】

 2ヶ月ぶり35回目の更新です。 今回はASUSが復活して合計5メーカーとなっております。


今回の注目は復活したASUSです。 ASUSはROGと言われるゲーミングブランドを取り上げていますが、カスタマイズ不可なもののなかなかのハイスペック構成でして、ついにこの2年間で初めての3位に上昇しました。 プロセッサの性能や(特に)ストレージの性能で劣るので、まだ上位には食い込めませんが、近い将来上がってくるかも知れませんね。 注目のシリーズです。 ちなみに前評判はこちら


【2017年3月30日更新】

 2ヶ月ぶり34回目の更新です。 今回はASUSが無くなって合計4メーカーとなっております。


今回も最も高性能だったのは文句無しでG-Tuneとなりました。 しかもコレ、似たような構成のパソコン工房と比べても滅茶苦茶安いですね。 それでいてメモリ容量は大きいし、SSDも1TBのNVMeで言うことありません。 ただし、前回あったSLI仕様のモデルは現在無くなっていました。

2位はパソコン工房、3位はG-Tuneと特に悩むこと無く順位付けすることができたので、性能差はハッキリしていると思います。 ちなみに今回は全モデルにてKabylake採用となりました。 あとパソコン工房は前回の4位から2位へと大躍進ですが、その前はずっと2位だったので元に戻っただけな感じです。


【2017年1月31日更新】

 2ヶ月ぶり33回目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


最も高性能だったのはダントツでG-Tuneとなりました。 最も性能の高いグラフィックを2基も搭載している時点でもう手が付けられませんが、さらにメモリは唯一の64GBで最大容量、ストレージは高速なSSD NVMeとノーマルSSDをたっぷり2TB近く搭載しています。 さらにプロセッサはデスクトップ用を採用し、おまけに液晶は4Kとまるで異次元のノートパソコンです。

2位以下は妥当な順位だと思いますが、パソコン工房が大きく性能を落としています。 また、4位のASUSとどちらが上か悩みましたが、単純にマシンスピードだけ考えればNVMe SSD+SSD搭載のパソコン工房の方が上です。 しかし、メモリ容量とグラフィックの性能で劣るので総合的に判断しました。


【2016年11月29日更新】

 2ヶ月ぶり32回目の更新です。 今回はパソコン工房が追加されて、合計5メーカーとなっております。


今回最も高性能だったのはG-Tuneになりました。 ただ気になるのはグラフィックの性能についてでして、ノート向けのGTX1070/GTX1080はデスク向けとさほど変わらない性能を備えている模様です。 それに対してG-TuneのGTX980M SLI仕様はどの程度の性能を発揮するのか調べたところ、「GTX TITAN Z」より高性能であることが分かりました。

GeForce GTX 980M & GeForce GTX 970Mの性能はどれくらいデスクトップに近づいたのか
https://www.pc-koubou.jp/blog/gtx900m_bench.php

パソコン工房調べなので間違いないと思いますが、デスク向けのGTX1070/GTX1080はGTX TITAN Zより50%ほど高性能です(COMPARE調べ)。 そうなるとGTX980M SLIとGTX1070/GTX1080の性能差はかなり接近しているのかもしれませんが、それが分かるベンチマークなどは見当たりませんでした。 仮に五分と考えても、G-Tuneはプロセッサの性能で2位のパソコン工房と五分になりますが、メモリ容量が倍ありますし、SSDもNVMeのRAID0仕様ということでトータルでは最も高性能と考えて良いのではないでしょうか?


【2016年10月5日更新】

 G-TuneにてGTX1080を搭載した17.3型4K液晶ノート「NEXTGEAR-NOTE i7900」が登場しました。 最安モデルで約30万円し、16GBメモリやSSD480GBを標準装備しています。 また、最高峰のハイエンドモデルではCore i7 6700K・64GBメモリ・M.2 NVMe SSD512G x2 RAID0を搭載し、更にカスタマイズで960GB SSDも選択可能と、圧倒的な高性能マシンです。

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7900BA1
 Core™ i7-6700を搭載したゲーミングスタンダードモデル
 10H,Core i7 6700,16G,SSD480G,GTX1080,17.3型クアッドフルHD,¥299800

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7900PA1
 搭載ストレージの容量をアップグレードしたハイエンドモデル
 10H,Core i7 6700K,64G,M.2 NVMe SSD512G x2R0,HDD2T,GTX1080,17.3型クアッドフルHD,¥429800

これまでもG-Tuneが最高峰でしたが、今回はさらに高性能なグラフィックを搭載しSSD&HDD構成もSSD&SDD構成に変わるなど、更に隙の無いスペックに生まれ変わりました。 もう他メーカーは追いつけない領域に入ったのではないでしょうか? 性能をとことん追求するならG-Tuneに限ります!


【2016年10月1日更新】

 2ヶ月ぶり31回目の更新です。 今回はパソコン工房と東芝が無くなって、合計4メーカーとなっております。


最も高性能だったのはダントツでG-Tuneとなりました。 これまでもG-Tuneがずっと1位を維持してきましたが、今回も相変わらずその性能の高さが際立っています。 プロセッサ・メモリ・SSD・グラフィック・液晶と全てにおいて最高峰のレベルを実現して、他メーカーは太刀打ちできそうにありません。

次いで高性能だったのはドスパラです。 G-Tuneと比べて劣る部分が多いものの単独のグラフィック性能では勝っているのではないでしょうか。 ただ、G-TuneはSLI仕様なので、それに比べると流石に劣りそうですが、実際の性能差は定かではありません。


【2016年8月3日更新】

 2ヶ月ぶり30回目の更新です。 今回も全6メーカーになります。


今回も最も高性能だったのはG-Tuneとなりました。 プロセッサは最高峰、メモリは最大、SSDは唯一RAID0仕様を採用し、グラフィックも唯一SLI仕様を採用するなど隙がありません。 おまけにクアッドフルHDですが、光学ドライブ非搭載な点が唯一の弱点でしょうか?

そして今回注目したいのは「ASUS ROG G752VY-GC300T」です。 いつの間にか販売されていましたが、何故かASUSサイトのノートカテゴリには掲載されておらず、検索することで出てきます。 前回までやや低スペックが目立ちましたが、このモデルの登場によって4位へと浮上しました。 高性能なマシンを2つの大型ファンで効率よく冷却し、見た目もなかなか格好良いゲーミングノートです。 ちなみにこちらの箱破損品が84784円OFFという凄まじい安さで販売されているので、そちらも是非チェックしてみて下さい。

【比較】AMD Ryzen 7 2700XにGTX1080搭載でお買い得なデスクトップは?「夏のボーナスSALEのフロンティアがダントツで最安!!」(¥206712~)10H,AMD Ryzen 7 2700X,メモリ16G,SSD240G/275G,HDD1T,GTX1080,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※基本構成はメモリ16GB・SSD&HDD・光学ドライブ搭載とします。
※2018/5/27よりプロセッサのAMD Ryzen 7 1700XをAMD Ryzen 7 2700Xに変更しました。


【性能比較】
・CPU:AMD Ryzen 7 2700X>Core i7 8700K>Ryzen 7 1800X=Core i7 8700>Core i7 7800X≧Ryzen 7 1700X>Ryzen 7 1700>Core i7 6800K>Core i7 7700K
・グラフィック:GTX1080=GTX1070 Ti>GTX1070>GTX1060>GTX1050(?)RX480
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
マウスコンピュータLUV MACHINESG-Tune NEXTGEAR-MICRO
ドスパラMonarch・ThunderStorm(タワーパソコン)
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアGA・GX・GZシリーズ(ミドルタワー)


【最新特価パソコン情報】 ※税・送料込み
フロンティアFRGAX370/M GAシリーズ 夏のボーナスSALE
 10H,AMD Ryzen 7 2700X,16G,SSD320G,HDD1T,GTX1080,DVD,850W-G,¥190944,在庫:5,2018/7/12-15:00迄


【2018年5月27日更新】

 2ヶ月ぶり7度目の更新です。 今回はG-Tuneとフロンティアが追加されて、合計4メーカーとなっております。 今回より、プロセッサのAMD Ryzen 7 1700Xを新プロセッサのAMD Ryzen 7 2700Xに変更したいと思います。 性能については下記の通りです。

AMD Ryzen 7 2700X・・・17,081
Intel Core i7-8700K @ 3.70GHz・・・16,037
Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz・・・15,287
AMD Ryzen 7 1700X・・・14,634
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+Ryzen+7+2700X&id=3238https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+Ryzen+7+1700X&id=2969https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8700+%40+3.20GHz&id=3099https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8700K+%40+3.70GHz&id=3098

メーカー別比較表 OS AMD メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
G-Tune
NEXTGEAR-MICRO am540PA2
10H Ryzen 2700X 16G 240G 1T GTX1080 DVD 700W-B ¥206,712
ドスパラGALLERIA AG 700W-G ¥227,490
工房LEVEL-C0B3-R72X-TXR 500W-S ¥207,295
フロンティアFRGAX370/B GAシリーズ 275G 850W-G ¥235,872

新プロセッサがかなり高性能なので価格もかなり上昇するかと思いましたが、さほど大きな変動は見られませんね。 むしろ値下げされているところがあるのには驚かされますが・・。

最も安かったのはG-Tuneとなっております。 しかし、パソコン工房がほぼ同価格で続いており、しかも電源の性能がワンランク上なので、こちらも十分検討の余地はありそうです。 ただし、パソコン工房はコンパクトゲームパソコンと言って、ちょっと特殊な筐体になりますので、その点は注意する必要があります。 G-Tuneの方はミニタワーですので、購入後の増設などを考えている方はそちらの方が良いかもしれません。


【2018年4月7日更新】

 2ヶ月ぶり6度目の更新です。 今回はフロンティアが無くなって合計2メーカーとなっております。


ついに2メーカーのみとなってしまいましたが、このプロセッサの取り扱いは急減している模様です。 品切れにご注意下さい。

全くの同スペックになりましたが、安いのはマウスコンピュータとなりました。 マウスコンピュータは前回のゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO」から「LUV MACHINES」に変わってHDD容量が半減されましたが、価格も6696円ダウンしています。 パソコン工房との価格差は7千円もあるので、迷わずこちらを選択したら良いのではないでしょうか。


【2018年2月15日更新】

 2ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回はドスパラが無くなって合計3メーカーとなっております。


今回はかなり価格が上昇してしまいました。 やはり前回は年末ということでお得度は高かった模様です。 そんな中最も安かったのはG-Tuneでして、価格も内容も前回と変わりありません。 他メーカーと比べてHDD容量が大きくて、お得度も高いのではないでしょうか。


【2017年12月26日更新】

2ヶ月ぶり4度目の更新です。 今回はフロンティアが追加されて合計4メーカーとなっております。


最も安いのは前回と同構成で6480円値下げされたパソコン工房です。 現在実施中の「RYZENプレミアムフェスタ」対象モデルなので、期間限定のセール特価となっています。 この機会をお見逃しなく。

他メーカーと比べて圧倒的な低価格を実現していますが、HDD容量や電源性能ではやや劣る部分もあります。 まぁ、それでもSLIVER電源なのでなかなかだとは思いますが・・。


【2017年11月1日更新】

2ヶ月ぶり3度目の更新です。 今回は全3メーカーになります。


最も安いのはパソコン工房となりました。 前回と比べて構成はそのままに価格が2721円値下げされていますが、前回最安を競ったG-Tuneが1080円値上げされた為、順位が逆転しております。 ただ2メーカーの価格差はわずか3413円程度ですし、G-TuneはHDD容量ば倍もあるので、コストパフォーマンス的にはどちらも良い勝負です。


【2017年9月4日更新】

1ヶ月ぶり2度目の更新です。 今回はフロンティアが無くなって、合計4メーカーとなっております。


今回最も安かったのはeX.computerとなりました。 eX.computerは前回と同構成で17280円も価格がダウンしております。 他メーカーと比べても25000円近くも安くなっており、他メーカーが軒並み21万円台の中、eX.computerは18万円台を実現するなどまさに破格の値段です。 特にキャンペーンと言うわけではなさそうですが、凄まじい安さですね。 電源の性能はやや低いですが、この価格差を考えたら大したことではなく、+5500円で650W-GOLDを選択するのも良いかと思います。


【2017年7月25日更新】

 先日更新したばかりですが、週刊アスキーの記事によるとRyzen 7 1800XとRyzen 7 1700Xの性能差はほとんどなく、それでいて前者の方が1万円以上も高価だということが分かりました。 ですので、当コンテンツは価格の安いRyzen 7 1700Xを取り上げていきたいと思います。


かなり価格が落ち着きましたね。 性能がさほど変わらないのであれば、こちらの方がずっとコストパフォーマンスは良さそうです。

最も安いのはeX.computerでして、2位以下を割と引き離しています。 ちなみにeX.computerではチップセットの異なるモデルがそれぞれ取り揃えられているのですが、「AMD X370」より「AMD B350」の方がずっと安いです。 ちなみに「G-GEAR GA7A-B92/T」ではワンランク下のプロセッサ「RYZEN 7 1700」が無償アップグレード中でして、かなり安く購入することもできます。


【2017年7月23日更新】

 本日よりAMD Ryzen 7 1800XにGTX1080を組み合わせたデスクトップPCを取り上げていきたいと思います。 基本構成はメモリ16GB、SSD&HDD、光学ドライブ搭載とします。


最も安いのはマウスコンピュータのゲーミングPC「G-Tune」となりました。 マウスコンピュータが最安になるのは、なんだか久しぶりの様な気がします。 2位にはドスパラが約2千円差でつけており、その他メーカーも23万~24万円台に集中するなど、かなり価格は接近している模様です。

気になる内容としては、G-TuneとフロンティアのHDD容量が多くて電源の性能が高く、特にフロンティアはこの中で最高性能の電源を搭載しています。 ただ、G-Tuneとの価格差は12000円近くもあるので、特に電源にこだわりが無ければG-Tuneで良いかなと思いました。


 各メーカーの高性能PCをさらにハイスペックへとカスタマイズして比較します。 メモリ容量を最大まで積み、さらにSSD+HDDを選択、グラフィックカードも最高峰のものを搭載!

【メーカー別順位推移グラフ】

※スペックがほぼ同じな場合はコストパフォーマンスの高い方を上位とします。


【お薦めパソコンレビュー】
パソコン工房ゲーミングデスク
フロンティアデスクトップPC


【2014年1月18日更新】

 IvyBridge搭載モデルは取り扱いが無くなってきたので、当コンテンツは終了したいと思います。 今後の高性能なセパレート型デスクトップはHaswell搭載モデルまたはIvyBridge-E搭載モデルにご期待下さい。


【2013年12月21日更新】

 2ヶ月ぶり7度目の更新です。 今回ついにIvyBridge搭載モデルの取り扱いが激減してしまいました。 残すはパソコン工房とフロンティアのみですが、これらもごく一部のモデルの取り扱いにとどまっている模様です。 近々この2メーカーも販売終了するものと思われますので、ご希望の方はお急ぎ下さい。


パソコン工房が最も高性能となりました。 ちなみにグラフィックカードも「GTX TITAN」より高性能な「GTX780 Ti」という製品が登場した為、当スペックは色々と古くなっております。 また、「Core i7 3770K」は選択できませんでした。


レビューを10件追加しました。 国産ノートが相変わらず多いですが、今回は更に法人向けPCがいくつか加わっております。 富士通FMVのAHシリーズはサウンドが素晴らしいみたいですね。 もちろん個人差はあるのでしょうが、概ね高い評価を得ている模様です。 「VAIO Fit 15」にて五つ星が出ました! デザインや処理速度の他に、OfficeやAdobeといったソフトの付属が高く評価されている模様です。 これらのソフトはプリインストールされているのを嫌がる人も多いのですが、管理人も重宝しています。 特にOffice(Word・Excel・Outlook)は仕事に欠かせません。

そして新たに追加されたのが「lenovo IdeaCentre Kシリーズ」です。 なかなか格好良い外観をしておりますが、上部にマシンパワーを切り替えるボタンが付いているのが個性的で良いと思いました。 NECの法人向け「Mate J」も初登場ですが、こちらも五つ星です!


【2013年9月16日更新】

 2ヶ月ぶり6度目の更新です。 IvyBridge-E搭載モデルが登場しましたが、あちらはSandyBridge-E搭載モデルの後継らしいです。 しかし、IvyBridge搭載モデルもかなりHaswell搭載モデルへの移行が進んでいる模様で、取り扱いが徐々に減っている感じが致しました。 HPの新モデルにIvyBridgeはありませんし、パソコン工房は2モデルのみ採用、フロンティアは低スペックなモデルのみの取り扱いになり、Stormもゲーム推奨モデルにしか見当たりませんでした。 まともにガッツリ取り上げているのはG-Tuneのみでして、いずれ近いうちに全て無くなる可能性がありますのでご注意下さい。


取り扱いの減少と共に性能も下がってきました・・・。 「Core i7 3770K」の選択できないところが多数ありますw ただ、「GTX TITAN」搭載モデルは増えたんですね~。
前回最下位の「Storm」が2位へと躍進していますが、その他の順位に変動はありませんでした。 それにしても1位「G-Tune」のコスパは高いw さて次回更新時はどれだけ残っていることやら・・・。


【2013年7月11日更新】

 2ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回は第四世代インテルプロセッサHaswell登場に伴い、ドスパラとeX.computerから第三世代インテルプロセッサIvyBridge搭載モデルが根こそぎ無くなってしまいました。 随分思い切った処置ですね・・・。 またStormでも高性能なモデルは全てHaswellに変更されていますし、他のメーカーでも新モデルではIvyBridgeを採用しないところがあるなど、新旧プロセッサの移行はゆっくりとではありますが確実に進んでいる模様。 IvyBridge搭載モデルは安いので今後もしばらくは残ると思っていたのですが、近い将来全て消えゆく運命なのかもしれませんね(わかりませんがw)。


特に高性能な2メーカーが取り扱いをやめてしまったのに加えてその他のメーカーでもスペック内容に変化があったため、今回順位がかなり入れ代わっております。 まず最も高性能だったのはG-Tuneでして、2位のパソコン工房と同じく「GTX TITAN」を搭載していますが、RAID仕様のSSDが選択可能な分だけ一歩秀でています。 また、その他のメーカーではHaswell搭載モデルの登場でIvyBridge搭載モデルはより低性能な部類へと仕分けされているらしく、かなりスペックダウンされたのが目立ちました。 その結果、これまで最下位ばかりだったHPがなんと3位につける結果となっておりますw う~む・・・、今後のIvyBridge搭載モデルは意義は?とも思いましたが、やはり価格はHaswell搭載モデルより安いので、まだしばらくは需要があるのかもしれません。


【2013年5月2日更新】

 2ヶ月ぶり4度目の更新です。 今回も前回と同様の全8メーカーとなりますが、グラフィックのSLI仕様が若干減ってしまいましたかね? 代わりに新たなハイエンドグラフィックカードの「GTX TITAN」を採用するところがいくつか出てきましたが、さすがに単品では「GTX680」2枚組のSLIには敵いませんしデュアルGPUの「GTX690」にもやや劣る様です(3D性能では勝るみたいですが)。 オマケに価格も超高いので、お金に糸目を付けず純粋にシングルGPUでの最高峰を希望される方のみにお薦めです。 ベンチマークは下記サイトにてご確認下さい。

4Gamer.net「2688基のCUDA Coreを搭載して999ドル」の第2世代Keplerは速いのか?
GeForce GTX TITAN(GeForce GTX TITANリファレンスカード)
http://www.4gamer.net/games/204/G020420/20130220002/


パソコン工房の「GTX690」SLI仕様が無くなってしまったのは残念ですね。 割と構成変更の激しいメーカーです。 よって今回は「GTX680」のSLI仕様を採用するドスパラとeX.computerが特にハイスペックとなっておりますが、ビデオメモリ容量の差でドスパラが一歩リードと言った感じ。 こちらは水冷システムになっていますが、空冷(静音パック)も選択できるみたいです。

そして難しいのが3位以下の単品グラフィックカード搭載モデルでして、一応ベンチマークを元に「GTX690>GTX TITAN>GTX680」という位置付けで順位を決めましたが、「GTX690>GTX TITAN」は用途によってまた違った結果になるのかもしれません。 Stormが順位を上げてきていますが、SandyBridge-Eでも4位から2位にアップするなど最近はより高性能化が進んでいる模様です。

【比較】Core i7 7700にGTX1060を組み合わせたモデルはどこがお薦め?「夏のボーナスSALEのフロンティアがダントツで最安!!」(¥143380~)10H,Core i7 7700/8700,メモリ16G,SSD240G/256G/320G,HDD1T/2T,GTX1060,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ16GB・SSD&HDD・GTX1060 3GB(無い場合は6GB)を基本構成とします。
※2017/10/24よりメモリ8GBから16GBに変更しました。
※2017/2/22よりCore i7 6700から7700に変更しました。
※2016/10/25よりCore i7 6700Kから6700に、メモリ16GBから8GBに、HDDをSSD&HDDに変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i7 8700>Core i7 7700K>Core i7 7700
・グラフィック:TITAN X>GTX1080>>GTX1070≧GTX TITAN X>GTX980 Ti>GTX980=GTX1060>GTX TITAN Black>GTX TITAN
PASSMARKGeekbench BrowserGPUBoss4Gamer.netドスパラ・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスLUV MACHINES
ドスパラGalleriaドスパラMagnate・Knight・Lightning・Regulus(ミニタワーパソコン)
パソコン工房デスクトップPCパソコン工房LEVEL∞シリーズ
フロンティアGXシリーズ(マイクロタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み
フロンティアFRMXH270/M2 MXシリーズ 夏のボーナスSALE
 10H,Core i7 7700,16G,SSD320G,HDD1T,GTX1060,DVD,600W-B,¥131749,在庫:19,2018/7/12-15:00迄


【2018年5月17日更新】

 2ヶ月ぶり13度目の更新です。 今回はフロンティアが復活して、合計5メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
HP Pavilion Power 580 パフォーマンスモデル 売り切れ御免!キャンペーンA 10H 7700 16G 256G 2T GTX1060 DVD 300W-B ¥149,580
マウスLUV MACHINES iG440B2N 240G 1T 500W-B ¥152,280
ドスパラMonarch XT 7700 ¥143,380
工房STYLE-M037-i7-RNJR 8700 500W-S ¥150,616
フロンティアFRGA750/WS2 GAシリーズ 台数限定セール 7700 320G 600W-B ¥142,344

復活したフロンティアですが、大幅に値上げされて、2位のドスパラとたったの千円差まで迫っております。 ただ、内容としてはSSDと電源の容量が多いので、まだフロンティアが一歩リードと言ったところでしょうか。

最近ドスパラは調子良さそうですが、既にこの組み合わせのモデルはラインナップから消えており、上記モデルは検索で探したミドルタワーになります。 結構大きいのでご注意下さい(メンテはし易いです)。


【2018年3月28日更新】

 2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回はフロンティアが無くなって合計4メーカーとなっております。


今回は低価格モデルが揃って若干値上げされました。 最も安いのは今回もHPでして、HDD容量も大きくて魅力的な内容となっています。 ただし、電源の容量は少なめですので、購入後の増設などを考えている方は注意が必要です。 次いで安いのはドスパラですが、こちらも電源がノーマルタイプなところは知っておいた方が良いと思います。


【2018年2月5日更新】

 2ヶ月ぶり11度目の更新です。 今回も全5メーカーなっております。


今回の注目はキャンペーンモデルで大幅値下げとなったフロンティアです。 他メーカーと比べて非常に価格差が大きく、ダントツの安さを実現しています。 電源の容量がやや大きいところも特徴です。 残り15台となっているのでお早めに。


【2017年12月18日更新】

 2ヶ月ぶり10度目の更新です。 今回は全5メーカーなっております。


なんだか価格の上昇が目立ちますが、Core i7 7700の取り扱いが減ってきており、Core i7 8700への移行が進み始めた模様です。 価格的にも良さそうなので、次回更新時は当コンテンツも対象プロセッサを変更するかもしれません。

最も安いのはHPでして、激安のフロンティアを2376円ほど上回る安さです。 あと意外にもドスパラが安いですね。 この3メーカーが特にお買い得となっています。

気になるので試しに8700もチェックしてみました。


まだこの構成が選択出来ないところもありますし、価格の高いところも目立ちますが、唯一パソコン工房だけは非常に魅力的な価格帯となっています。 それでも7700搭載モデルの最安と比べて高いのですが、性能差を考えると十分検討の余地はあるのではないでしょうか? 下記、ご参考までに。

Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz 6コア・・・15,444
Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz 4コア・・・12,097
Intel Core i7-7700 @ 3.60GHz 4コア・・・10,806
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3099&cmp[]=2905https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3099&cmp[]=2874


【2017年10月24日更新】

 2ヶ月ぶり9度目の更新です。 今回は全5メーカーなっております。 また、メモリ16GB搭載が多いので、今回より16GBを基本構成にしました。


最も安かったのはフロンティアとなりました。 スペックを合わせたところ、ドスパラがかなり上昇してしまいましたね・・。 でもこの方が比較しやすいですし、正しいお得度が理解できると思います。

フロンティアは現在実施中の台数限定セールモデルでして、残り5台となっているのでお早めに。 でも他にも似たような構成でお買い得なモデルが多々ありました。 ちなみにHPのOS「Windows 10 Pro」とパソコン工房のCPU「Core i7 7700K」は無償アップグレードです。


【2017年8月27日更新】

 2ヶ月ぶり8度目の更新です。 今回はHPが追加されて、合計6メーカーとなっております。


今回最も安かったのはドスパラとなりました。 しかし、たった約5百円差で2位につけるフロンティアの方がメモリ・SSD・HDD・電源・と全て容量で勝るので、こちらの方がずっとお買い得です。 現在実施中のキャンペーンモデルで残り16台となっているので、お求めの方は在庫切れにご注意下さい。

そして新たに追加された「HP Pavilion Power 580」ですが、今期から登場した新モデルでして、ゲームや動画編集なども可能とするハイパフォーマンス・デスクトップです。 黒一色のボディに緑色のロゴ等が光っているので、一見するとゲーミングPCの様な外観ですが、こちらはスタンダードPCになりゲーミングPCは別に「OMENシリーズ」があります。 USBは3.0も用意されていますが全部で6つと数は少なめです。 最大の特徴はやはりその性能の高さでして、普段使いでワンランク上の性能を求める方に向いていますし、HPならではの信頼性の高さも魅力のひとつかと思います。

・追記
 同じフロンティアの半期決算月末祭にもっと安いモデルがありましたw 性能は比較のものより劣りますが、価格はさらに1万円も安いです。 価格を重視される方はそちらも要チェック! ちなみに同じスペックにしたらこちらの方が2千円ほど安かったです。 こっちを「目玉商品」にすれば良いのにと思いましたが、あちらには先着10名「WPS Officeプリインストールライセンスカード」プレゼントが付いているなどの特典もあります(残り6名)。


【2017年6月22日更新】

 2ヶ月ぶり7度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回は多数のメーカーが値下げされています。 その中で最も安かったのは今回もeX.computerとなりました。 しかし2位フロンティアとの価格差は3千円程度ですし、内容を見るとメモリとSSDが倍あるので、そちらの方がコストパフォーマンスは良さそうです。

またフロンティアは旧プロセッサ(6700K)搭載の「夏のボーナスセール」モデルも非常にお買い得でして、最安の123768円で購入することもできます。 と言うわけでフロンティアのキャンペーンモデルが要チェックです。


【2017年4月21日更新】

 2ヶ月ぶり6度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回はフロンティア以外全て値下げされました。 フロンティアは前回の激安から急激に価格が上昇してしまいましたね。 全体の半ばあたりになっています。

最も安いのは2160円ダウンのeX.computerですがSSDは半減しております。 2位には3千円差でドスパラが入り、3位に5千円差でフロンティアがきました。 フロンティアはメモリとSSD、電源の容量が多いので、コストパフォーマンス的には上位とあまり差は無いかもしれません。


【2017年2月22日更新】

 2ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。 今回よりプロセッサをCore i7 6700からCore i7 7700へと変更したいと思います。 ほぼ入れ替わっているメーカーが多いですが、中には旧プロセッサを搭載したモデルを購入可能なところもあるみたいです(パソコン工房)。 価格を抑えたい方はそちらもお薦めですが、いずれ無くなると思うので購入はお早めに。


今回はプロセッサがアップされたこともあって、全メーカー値上げとなってしまいました。 しかしそんな中さほど値上げ幅も大きくなく、他メーカーと比べて圧倒的な安さを実現したのがフロンティアです。 現在実施中のキャンペーンモデルになりますが、2位以下を1万円以上も引き離す激安な特価モデルになります。 期間限定、在庫18台となっているのでお早めに。


【2016年12月24日更新】

 2ヶ月ぶり4度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


最も安かったのはパソコン工房となりました。 電源の性能も高くなかなか良い内容です。 しかし、約3千円差で2位につけるフロンティアは、メモリが16GB、SSDがM.2を採用するなど、パソコン工房よりハイスペックとなっています。 コストパフォーマンス的にはこちらの方が上ではないでしょうか。 ちなみにフロンティアはもっと安い「歳末大感謝祭」モデルがあったのですが、割と多めに在庫を取り揃えていたものの、現在は完売となっていました。 もしかしたらいずれ補充されるか、新たなキャンペーンで激安モデルが登場する可能性もありますので、そちらも要チェックです。


【2016年10月25日更新】

 2ヶ月ぶり3度目の更新です。 今回からプロセッサをCore i7 6700KからCore i7 6700へと変更し、メモリも16GBから8GBへと変更。 さらにHDDもSSD&HDDへと変更したいと思います。 そちらの組み合わせの方が多いみたいなので・・・。 また、今回からフロンティアを追加して、合計5メーカーとなっております。


今回最も安かったのはドスパラになりました。 2位パソコン工房との価格差は約8000円もありますが、パソコン工房の方がHDD容量が倍あり、さらに電源の性能がずっと上なのでコストパフォーマンス的には逆転するかもしれません。 ドスパラはより価格を重視される方にお勧めです。

ちなみにドスパラがこれだけお買い得なのは珍しいですが、これは現在実施中のキャンペーン「おかげさまで24周年 ドスパラ周年祭」の「24周年記念特価モデル」だからです。 期間は11/13迄とまだ余裕がありますが、送料無料(2160円OFF)は10/28-10:00までですのでご注意下さい。


【2016年8月27日更新】

 1ヶ月ぶり2度目の更新です。 今回はG-Tuneがマウスに変更され、更にeX.computerが追加されて、合計4メーカーとなっております。 eX.computerはSSDキャンペーン中なので、それぞれの容量を比較してみました。


今回は全メーカー値下げされました。 値下げ幅も6000円~12000円となかなか大きく、かなりお得度が出てきております。

最も安いのは今回新たに追加されたeX.computerです。 eX.computerは同メーカーのAeroStreamとG-GEARを比較しましたが、AeroStreamの方が安かったです。 ハイスペックになるとG-GEARの方が安くなるのですが、このスペックではAeroStreamの方が安くなっています。

価格的には唯一13万円台を実現するeX.computerに軍配が上がりますが、他メーカーはより大容量のSSDを固定スペックで搭載しています。 まぁ、それでも仮にeX.computerでより大容量なSSDを選択してもほぼ最安をキープしました。 これは現在実施中の激安SSDキャンペーンによるものなので、この機会をお見逃しなく。

ちなみにパソコン工房は超大容量SSDに加えて高性能な80PLUS SILVER電源も搭載しているので、コストパフォーマンス的にはこちらが一番高いかもしれません。


【2016年7月21日更新】

 本日より新グラフィックカードGTX1060とCore i7 6700を組み合わせたモデルを比較していきたいと思います。 性能的にはGTX980とほぼ同レベルでありながら、消費電力はグッと抑えられている優れものです。 大人気のGTX1080/GTX1070と合わせてご検討下さい。 その他詳しい情報やベンチマークについては下記に掲載されています。

249ドルの新世代ミドルクラスGPUも,絶対性能と消費電力対性能比がインパクト大
GeForce GTX 1060(GeForce GTX 1060 Founders Edition)
http://www.4gamer.net/games/251/G025177/20160718008/


eX.computerもありましたが、残念ながらCore i5との組み合わせのみですので比較からは除外しました。 Core i5はパソコン工房にもありますので、価格を抑えたい方はそれらがお薦めです。

今回比較してみて驚いたのは、ドスパラのコストパフォーマンスの高さです。 価格はパソコン工房より8000円以上高価ですし電源の性能も劣りますが、ストレージの容量が倍あります!! 特にSSD480GBは大きな魅力になりそうですが、なんとコレ無料プレゼントですw ドスパラというとやや割高なイメージがありましたが、これだけお買い得なものは久しぶりなのではないでしょうか? 是非、選択肢の一つに加えてみて下さい。

【比較】CoffeeLake搭載でとにかく高性能なセパレート型デスクトップは?「新プロセッサCore i7 8086K搭載モデル登場!!しかし1位は・・。」(~¥641000)10H,Core i7 8700K/8086K,メモリ32G/64G,SSD500G/512G-NVMe/960G/1T(NVMe),HDD1T/2T,GTX1080 Ti(x2 SLI),DVD

 各メーカーのハイスペックモデルをさらにハイスペックへとカスタマイズしたものを比較しています。 メモリ容量を最大まで積み、さらにSSD+HDDを選択、グラフィックカードも最高峰のものを搭載しているので、その性能の高さを見比べてみてください。 ストレージ容量や光学ドライブなどはパフォーマンスに影響を与えない範囲で変更し価格はできるだけ抑えます。

【メーカー別順位推移グラフ】

※スペックがほぼ同じな場合はコストパフォーマンスの高い方を上位とします。
※2017/11/19よりKabylakeからCoffeeLakeへと変更しました。
※2017/1/23よりSkylakeからKabylakeへと変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i7 8700K>Core i7 8700>Core i7 7700K>Core i7 6700K>Core i7 4790K≧Core i7 7700>Core i7 6700
・グラフィックカード:GTX1080 Ti x2 SLI=TITAN X x2 SLI>GTX1080 x2 SLI>>GTX1070 x2 SLI≧GTX TITAN X x2 SLI>GTX980 Ti x2 SLI>GTX1080 Ti>GTX980 x2 SLI>GTX1080>GTX780 Ti x2 SLI>GTX970 x2 SLI>R9 290X x2 CF>GTX1070>GTX TITAN X>GTX980 Ti>GTX980>GTX1060
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
G-Tune NEXTGEAR
ドスパラGalleria(フルタワー)ドスパラGalleria(ミドルタワー)
パソコン工房LEVEL∞シリーズ
フロンティアGBシリーズ(フルタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年6月11日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD グラボ SLI ドライブ 電源 価格(税・送込)
OMEN by HP 880-100jp ハイパフォーマンスモデル 売り切れ御免!キャンペーンA 10H 8700K 32G 512G-NVMe 2T GTX1080 Ti DVD 750W-P ¥279,828
G-Tune
MASTERPIECE i1630PA3-SP2
8086K 64G 1T-NVMe+1T 700W-B ¥491,616
ドスパラGALLERIA ZZ-SLI 8700K 512G-NVMe+1T+1T x2 750W-P ¥641,000
工房LEVEL-R03A-LCi7K-XNVI-40TH 8086K 1T-NVMe+500G-NVMe+960G 700W-B ¥469,713
フロンティアFRGB8086/D GBシリーズ 1T-NVMe+1T 1T 850W-G ¥401,760

今回は新プロセッサの「Core i7 8086K」搭載モデルが登場しました。 旧プロセッサの「Core i7 8700K」より順当に性能アップがなされており、今後はCoffeeLake世代の最高峰となりそうです。 オーバークロックではなんと5GHzを実現するみたいですが、現時点ではまだその潜在力を発揮させるのは難しいと言われています(参考サイト)。

最も高性能だったのは唯一SLI仕様のドスパラとなりました。 プロセッサこそ旧タイプですが、やはりグラフィック性能の差は大きいです。 次いで高性能なのはG-Tune・パソコン工房・フロンティアの三つ巴となりましたが、ほぼ内容は同じなのでSSDの質と量で順位付けしています。 その結果、高速なNVMe SSDの容量が最も大きいパソコン工房を2位とし、G-Tuneとフロンティアは内容が同じなので価格の安いフロンティアを上位としました。


【2018年4月22日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。


最も高性能だったのは唯一SLI仕様のドスパラとなりました。 SSDがノーマルタイプなのが残念ですが、その他のスペックはほぼ全て最高峰です。 次いで高性能なのはG-Tuneとパソコン工房ですが、ほぼ同じスペックなので、HDD3TB搭載なのに価格が4万円以上も安いG-Tuneを上位としてあります。


【2018年3月2日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回はHPが追加されて合計5メーカーとなっております。


最も高性能だったのは今回もドスパラとなりました。 SSDがNVMeでないのが残念ですが、唯一SLI仕様のグラフィックを搭載しています。 次いで高性能だったのはフロンティアとパソコン工房でほぼ同レベルです。 久々登場のHPはSSD容量の少なさが響いて最下位となっています。


【2018年1月11日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


最も高性能だったのは今回もドスパラとなりました。 唯一SLI仕様なのでダントツでハイスペックですが、NVMe SSDの容量が少ないのは残念なところ。 他メーカーはストレージ以外ほぼ同スペックなので、価格の安い順番にしてあります。 フロンティアは安いですが、電源の性能が高いところも魅力的ですね。 ちなみにG-Tuneでは珍しいSSD2TBも選択できます。


【2017年11月19日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回より第7世代Kabylakeから第8世代CoffeeLakeへと変更したいと思います。 世代間で過去最大の性能向上と言われているので、これからパソコンを購入される方は是非新プロセッサの導入を検討してみて下さい。 全4メーカーです。


最も高性能だったのは、唯一SLI仕様を採用したドスパラです。 その他メーカーは違いがストレージのみですが、SSDが1TBのみのG-Tuneは最下位とし、パソコン工房とフロンティアはほぼ同スペックなので価格の安いパソコン工房を上位としてあります。 ちなみにパソコン工房も+4980円で700W-G電源を選択可能です。 新旧プロセッサの性能差は下記の通りです。

Intel Core i7-8700K @ 3.70GHz(6コア)・・・16,309
Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz(6コア)・・・15,530
Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz(4コア)・・・12,106
Intel Core i7-7700 @ 3.60GHz(4コア)・・・10,821
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2874&cmp[]=3098https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2874&cmp[]=3099https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2874&cmp[]=2905

下記ではシングル・マルチ共にスコアは勝っていました。

Core i7 8700K:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=8700K&sort=score
Core i7 7700K:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=7700K&sort=score
Geekbench 4 CPU Search ※要並び替え


【2017年9月24日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 今回も前回と同様の全6メーカーになります。


今回は過去二年間で初のパソコン工房が1位となりました。 前回の最下位から急上昇ですが、SLI仕様でドスパラ・eX.computerと並び、さらにNVMe SSD搭載でeX.computerと一騎打ちになり、最終的には価格の安さ(コスパの高さ)で勝利しました。 一方でドスパラは唯一のノーマルSSDなのが残念なところです。

また、HP以下の順位である4~6位は自信ありませんw 唯一SLI仕様のHPを上位としましたが、SSDもメモリも他2メーカーの半分しかないので・・。 まぁ、グラフィックの性能に重きを置いた順位付けにしました。


【2017年7月20日更新】

 2ヶ月ぶり24度目の更新です。 今回も前回と同様の全6メーカーになります。 新プロセッサのKabyLake-X「Core i7 7740X」が登場しましたが、まだ取り扱いがeX.computerのみなので、現時点では今まで通りKabyLakeの最高峰を取り上げていきたいと思います。


最も高性能だったのは今回もドスパラとなりました。 ただ、SSDはノーマルタイプですのでNVMe搭載で大容量なG-Tuneやフロンティアなどの方が単純なマシンスピードは速いかもしれません。 あくまで総合的なスペックを踏まえた順位です。

次いで高性能だったのはeX.computerで、ドスパラと同じくSLI仕様のグラフィック性能で高い能力を発揮します。 次はHP、G-Tuneと続き、最後はパソコン工房とフロンティアの順位が入れ替わりました。 グラフィックは工房の方が上ですが、フロンティアはメモリ容量とSSD容量で勝るので、独断と偏見で順位を入れ替えております。


【2017年5月21日更新】

 2ヶ月ぶり23度目の更新です。 今回も前回と同様の全6メーカーになります。


最も高性能だったのはドスパラとなりました。 SSDがノーマルタイプなのが惜しいですが、最高峰のグラフィックカードを2枚組で搭載して、圧倒的な描画性能を発揮してくれそうです。 同じくGTX1080 Ti x2 SLI仕様のeX.computerですが、SSD容量の差で2位としました。

次いで高性能なのはGTX1080のSLI仕様を採用するHPです。 メモリやSSDの容量が少なめなのが気になりますが、ここはやはりSLIを重視してあります。 上位は以上ですが、下位に高速SSDのNVMeが大容量で搭載されているのが気になりますね。 基本的なマシン動作では下位の方が速そうな気もします。 グラフィックもマシンスピードも・・・と言うのはなかなか無さそうです。


【2017年3月22日更新】

 2ヶ月ぶり22度目の更新です。 今回はHPが追加されて合計6メーカーとなっております。


最も高性能なのはドスパラとなりました。 人気の最新グラフィックGTX1080 Tiを早くもSLI仕様で販売しています。 次いで2位だったのはHPですが、eX.computerとかなり悩みました。 eX.computerの方がメモリ容量は多いですが、やはりNVMe SSDの方を重要視しました。 ちなみにeX.computerでもNVMeは選択出来ますが、256Gと少ないのでより容量の多いノーマルタイプを選択しています。

5位のパソコン工房と6位のフロンティアも難しくて、メモリとSSD容量でフロンティアが勝るものの、グラフィックの性能を重視しパソコン工房を上位としました。 それにしてもフロンティアは安いですね・・・w


【2017年1月23日更新】

 2ヶ月ぶり21度目の更新です。 今回より、プロセッサを第6世代Skylakeから第7世代Kabylakeへと変更します。 プロセッサはCore i7 7700Kです。 HPがなくなって、合計5メーカーとなります。


最も高性能だったのは、TITAN XのSLI仕様を採用するドスパラとなりました。 ただ、SSDはNVMeではないので、この点は他メーカーの方が秀でています。 2位にはGTX1080のSLI仕様を採用したeX.computerが入りましたが、やはりこちらもNVMeではないですね・・・。 3位のG-Tuneの方が高性能な気もしますが、グラフィックも含めたトータルでの性能重視ということで、管理人の独断と偏見でeX.computerを上位とさせて頂きます。

4位のフロンティアもNVMe SSD搭載ですが価格も安くて魅力的です。 ここへきてやっとデスクトップでもNVMeが普及してきたでしょうか。 高価なSSDですが、スピードを求めるのであればコレに限ります。


【2016年11月22日更新】

 2ヶ月ぶり20度目の更新です。 今回も前回と同様の全6メーカーになります。


今回は大幅に順位が変動しました。 まず、前回も言及したHPの新たなハイエンド・ゲーミングPC「OMEN X by HP」ですが予想通り順位を上げており、2位に食い込んでおります。 構成的にはeX.computerと悩みましたが、メモリ64GBを搭載するeX.computerに対して話題の高速SSD「NVMe」を搭載するHPを上位としました。 同様にメモリ64GBを搭載するフロンティアに対してNVMe SSDを搭載するパソコン工房を上位としてあります。

最も高性能だったのはドスパラでして、最新のグラフィクカード「TITAN X」が早くもSLI仕様で登場です。 ちなみに4位のG-Tuneですが、1TBのNVMe SSDというのも珍しいかもしれません。 フロンティアは更にSSD500Gを搭載することが可能です。


【2016年10月21日追記】

 HPのハイエンド・ゲーミングPC「OMEN X by HP 900」が販売開始されました! 独特の個性的な筐体ですが、HPにしては珍しく性能を追求したデスクトップパソコンになります。 そのレベルは他メーカーをも凌ぐ程でして、特に上位モデルの「OMEN X by HP 900-070jp GTX1080デュアルグラフィックスモデル」は最新・最高峰のパーツを惜しげも無く採用し、性能を重視される方必見のマシンです。

OMEN X by HP 900-070jp GTX1080デュアルグラフィックスモデル
 10H,Core i7 6700K(水冷),32G,SSD512G-NVMe,HDD3T,GTX1080 x2 SLI,Blu-ray,¥487080


【2016年10月7日追記】

 ドスパラにて「TITAN X」搭載モデルが登場しました。 TAITAN X??と思われる方もいるかもしれませんが、これは従来品のリニューアルモデルになります。 ちなみに名称は「NVIDIA GeForce GTX TITAN X」から「NVIDIA TITAN X」へとすっきりシンプルになりました。 旧タイプより60%ほど高速になったと言われていますが、まだベンチマークなどは見当たらないので真の性能の程は未知数です。 ドスパラでは「GTX1080」より高性能なグラボとして取り扱っていますが、CUDAコア数やメモリ容量・インターフェイスなどのスペックはGTX1080を上回っています。 ベンチマークが待ち遠しいですね。 現在のところ、ドスパラ以外での搭載モデル販売は確認できませんでした。 メモリ・SSD・HDDの無料アップグレード実施中です。

ドスパラGALLERIA ZK
 10H,Core i7 6700K,32G(無料UP),SSD256G-M.2 NVMe(無料UP),HDD3T(無料UP),TITAN X,DVD,800W-G,¥329980


【2016年9月24日更新】

 2ヶ月ぶり19度目の更新です。 今回はフロンティアが追加されて、合計6メーカーになっております。


ドスパラがSLI仕様となってeX.computerと競いましたが、ストレージの分だけ勝って1位となりました。 3位にはフロンティアが入りましたが、ストレージに高速のVNMe SSDを採用しており、マシンスピードのみであればダントツの1位になりそうです。 ただ、グラフィック性能は他に劣るので、3位に甘んじております。 今後、GTX1080のSLI仕様に対応すれば圧倒的な高性能モデルとなりそうですが、他メーカーがNVMe SSDに対応することも、もしかしたらあるかもしれません。

4位以降はスペックがハッキリ分かれているので妥当な順位です。 最下位のHPには更に高性能な「OMEN X by HP Desktop 900」というモデルもあるのですが、残念ながら販売開始前でカスタマイズもできませんでした。 実はこちらが現在唯一のGTX1080 SLI仕様&M.2 SSD(NVMe)搭載モデルでして、もし現在販売されていたら、HPが初の性能1位ということになりそうです。 HPは昔からさほど性能を追求したモデルは無かったのですが、今期からはこれまでとはひと味もふた味も違います。 筐体も菱形という超個性的な形をしていますし、ゲーマー注目のハイエンド・ゲーミングタワーです。 ただ、メモリは最大32GBと惜しいところもあるのですが、それを踏まえても最も高性能と言って良いのではないでしょうか? 10月初旬販売開始予定となっております。

ちなみに今回【性能比較】のグラフィックカードを大幅に刷新しました。 SLI仕様も含めて、新グラフィックGTX1080/GTX1070/GTX1060を加えましたが、やはりその性能はダントツの高さです。 特にGTX1080はシングルでもGTX980の2枚組と良い勝負をしていますが、それに次ぐ性能を持つGTX1070もR9 290Xの2枚組に次ぐレベルとなっています。 今回調べたのは主にドスパラの「グラフィックボード別性能比較 – ベンチマークテスト」です。 かなり取り扱い製品も多く、数字で細かくスコアが表示されているので、とても参考になります。


【2016年7月27日更新】

 2ヶ月ぶり18度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回は順位に全く変動がありませんでした。 最も高性能だったのは唯一SLI仕様のeX.computerでして、最新のGTX1080搭載モデルも敵いそうにありません。 GTX1080のSLI仕様が出てくれば、また順位は変わってくるのではないでしょうか? 2位~4位まではメモリ容量とSSD容量で順位付けしました。 最下位はHPですが、8月中旬販売開始予定のゲーミングPC「OMEN by HP Desktop 870」がどこまで食い込んでくるか楽しみです。