【比較】Pentium搭載のデスクトップで最安は?「激安4万円台!80PLUS GOLD搭載のパソコン工房SOLUTIONが最安!!」(¥49658~)10H,Pentium G3250/G4560,メモリ4G,HDD500G/1T,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※OS・メモリ4GB・光学ドライブ搭載で統一してあります。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスLUV MACHINES
ドスパラ・ミニタワーパソコン
パソコン工房デスクトップPC
eX.computer AeroStream
フロンティアGXシリーズ(マイクロタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2017年10月10日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回も前回と同様の全2メーカーになります。

メーカー別比較表 OS Pentium メモリ HDD ドライブ 電源 ケース 価格(税・送込)
工房iiyama SOLUTION-S008-P-HEM-OEM 10H G3250 4G 1T DVD 300W-G スリムタワー ¥49,658
フロンティアFRFSH117 FSシリーズ G4560 500G 300W-B ¥58,968

今回の注目はパソコン工房でして、これまでのSTYLEではなくビジネス向けのSOLUTIONを取り上げました。 しかも即納モデルのためか非常に価格が安く、なんと久々の4万円台を実現しています。 さらに電源は80PLUS GOLDを採用するなど、コストパフォーマンスもアップしました。


【2017年8月14日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も前回と同様の全2メーカーになります。


フロンティアは価格が数百円上がっただけですが、パソコン工房はついにWindows 10搭載モデルが無くなってしまいました。 残ったのはWindows 8.1とWindows 7なのですが、Windows 7は何故かProfessional搭載モデルが1つだけとなっています。 サポート期限はWindows 7が2020/1/14迄で、Windows 8.1が2023/1/10迄となっているので、Windows 8.1を購入した方が良いのではないでしょうか(安いですし)。 8.1になって使いにくさは多少改善されたのでしょうかね? 設定によっては使いやすいとの声も聞きますが、少なくともWindows 8よりは良くなっているみたいです。


【2017年6月12日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回は全2メーカーになります。


今回の注目は先日から「夏のボーナスセール」が開催されているパソコン工房です。 スペックは電源の性能が落ちたものの、その分価格も下がっており、フロンティアを抜いて最安となりました。 内容的にもなかなか良く、電源の性能では劣りますがHDD容量では勝っています。

また、パソコン工房にはWindows 8.1を搭載して更に3千円ほど安いモデルも用意されているので、価格を重視される方はそちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。 更に安い「OSなしモデル」や更に更に安い「組み立てキット」もあるなど、選び甲斐のある豊富なラインナップとなっています。


【2017年4月10日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回は全2メーカーになります。


今回残念ながら全て値上げされていました。 しかも低価格モデルにしては結構な値上げ幅でして、5千円から1万円も上昇しています。 おまけにフロンティアなんてメモリが半減していますが、電源の性能は共に上がっているので、その点はせめてもの救いでしょうか・・。 ちなみにパソコン工房はスリムタワーとミニタワーが同価格でラインナップされています。

安いのはフロンティアですが、内容を見るとパソコン工房の方がHDD容量と電源容量・性能で勝っているので、コストパフォーマンスはこちらの方が高そうです。


【2017年2月11日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーになります。


今回の注目はキャンペーンモデルとなって1万円近くも値下げされたフロンティアです。 目玉商品としてトップに掲載されているだけあって非常にお買い得でして、4万円台半ばというダントツの低価格でありながら8GBメモリを搭載して内容も良く、非常にコストパフォーマンスが高くなっています。 残り15台で、+5千円にてWindows 7 Professionalも選択可能です。


【2016年12月10日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが無くなって、合計3メーカーとなっております。


今回は残念ながら値上げされたところが多かったみたいです。 最も安かったのはパソコン工房でして、HDD容量も大きく、電源の性能も高いなど魅力的な内容となっています。 ただし、Pentium搭載モデルはこの1モデルしかないので、品切れにご注意下さい。 フロンティアはキャンペーンにもっとお買い得なモデルがあったのですが、残念ながら完売していました。 今後また再販されるかもしれませんので、複数開催されているキャンペーンは要チェックです。


【2016年10月12日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回はフロンティアが追加されて、合計4メーカーとなっております。


今回最も安かったのはパソコン工房となりました。 しかし、2位・3位との価格差は1000円もなく、3メーカーが僅差でバトルを繰り広げています。 その中でも特に注目なのがフロンティアでして、メモリが唯一8GBもありHDD容量も多くて電源の性能も高いなど、隙の無い構成です。 しかもいまだにWindows 7 Homeが選択出来るので、ご希望の方は有り難い存在になるのではないでしょうか? ただし、現在開催中のオータムセール限定モデルですので、期間・台数限定となっています。 お求めの方はお早めに。

フロンティアのFSシリーズはシンプルなスリムタワーでして、いかにも激安メーカーな地味な外観です。 前面にカードリーダ・2つのUSBポートなどが備わっており、背面には4つのUSBポートや3つの映像出力端子(DVI-D・D-Sub(15Pin)・Display Port)が装備されています。 カスタマイズの幅は広く、プロセッサはCore i7まで選択できメモリは最大16GBを選ぶことが可能です。 特にストレージのオプションが豊富に用意されていて、HDD・SSDはもちろんのことHDDでは高耐久仕様の「WD Red HDD」もあります。 最大6TBを2基積むことも出来るので、スリムタワーながら超大容量なストレージタンクにすることも可能です。

このハイコストパフォーマンスなモデルを元にして色々カスタマイズするのも面白いのではないでしょうか。 ただし、プロセッサは旧タイプの第4世代Haswellプロセッサのみとなっています。 ちなみに最新版は第7世代のKaby Lakeで、ここ最近少しずつ採用するメーカーが増えてきているところです。


 最近、手が荒れて仕方ありません。 原因不明でどうしようもなかったのですが、もしかしたらマウスに関係があるかもと考えました。 大手のロジクールとは言え中国製ですし、なにか変な薬品でも使ってるんじゃないか?と心配になりましたが、どうやらプラスチックが手の水分(脂?)を吸収するらしく、それで乾いてしまうみたいです。 現在はティッシュをかぶせて使用していますが、マウスカバーが欲しいですね。 探したのですが意外にも見つからず困っております・・・。 仕方ないのでタオルに穴開けて改造して使ってみようと思っています。 ホイール部分をどうするかが難しいですw


【2016年8月14日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回も全3メーカーになります。


今回の注目は、20736円ダウンの大幅値下げとなったマウスコンピュータです。 メモリが8GBから半減され、電源もSILVERからBRONZEへとダウンしていますが、それ以上に価格が下がっています! マウスコンピュータを取り上げ始めてから最安値となっていますが、残念ながら最安のパソコン工房には5000円ほどまだ届きません。 しかもマウスコンピュータはHDD容量が倍の1TBもあるわけですが、電源の性能ではマウスコンピュータの方が高いです。


【2016年6月17日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回も全3メーカーになります。


今回も最も安かったのはパソコン工房となりました。 しかも、現在実施中の夏のボーナスSALEによって前回と比べて5400円値下げされており、なんとパソコン工房の過去2年間での最安値を記録しています! 価格を重視される方は是非この機会をお見逃しなく。

ちなみにマウスコンピュータは10800円の値上げとなってしまいましたが、こちらはメモリが4GBから8GB標準搭載(固定)となったのでやむを得ないところでしょうか? また対象モデルが変わったため、ストレージはSSDからHDDに変わっております。


【2016年4月8日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回も全3メーカーになります。


今回は残念ながら値下げされた機種は皆無でした。 逆に値上げされたところがいくつかあり、最安のパソコン工房も価格が若干上がっております。

価格を抑えるのであればパソコン工房がお薦めですが、HDD容量も大きく電源も80PLUSを採用するなど内容も良いです。 次いでマウスコンピュータが安いですが、こちらはSSDを搭載している点が特徴でして、よりパフォーマンスを重視される方に向いています。 また、マウスコンピュータで採用されている電源はパソコン工房のものより更に2段階上なので、ここも魅力の一つです。 一方パソコン工房はCPUの性能が高い点も魅力ですので、どちらも一長一短あります。


【2016年2月2日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回は全3メーカーになります。


最も安かったのは「プレミアムウィンターセール」で5000円OFF実施中のパソコン工房となりました。 しかも、プロセッサやHDD容量など内容も良いですね。 しかし、約1万円差で2位につけるマウスコンピュータもなかなか良さそうです。 HDDではなくSSDを搭載しているのでマシンスピードは速そうですし、電源の性能も一番高いなど侮れない内容となっています。 ちなみにパソコン工房には同スペックのスリムタワーも用意されていて便利です。


【2015年11月29日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 今回はASUSがなくなったもののマウスコンピュータが追加されて、前回同様の全4メーカーになります。 マウスコンピュータはSSD標準搭載のモデルでして、HDDも選択できますがSSDを外すことはできません。 電源の性能も高いですし、よりパフォーマンスを重視されたい方にお勧めです。


今回は全く価格に変動が見られませんでしたw 最も安かったのはLenovoでして、次いでパソコン工房になります。 この二つが特に安いですが、新登場のマウスコンピュータはこれらとEndeavorの丁度中間になりそうです。 ちなみにマウスコンピュータはこの2年間で初の登場になります。 過去にあったことはあると思うのですが、本当に久しぶりですね・・・。 一時はなくなってしまうのでは?と思ったPentium搭載モデルですが、しぶとく生き残っていきそうです。

コメントする