【比較】各メーカーのAndroidタブレットってどんな感じ?「全く変化無し、NECのみ。」(¥25704~)Android6.0/7.1,APQ8017/8053,メモリ2G/3G,ストレージ:16G,タッチパネル:8型(WUXGA)/10.1型WUXGA,質量:0.321kg~0.485kg,バッテリ駆動:7時間~8.8時間


⇒ Windowsタブレット     ⇒ Androidタブレット


【メーカー別価格推移グラフ】

【メーカー別駆動時間&質量グラフ】

※メーカー名に付加されている数字はJEITAバッテリ動作測定法のバージョンです。 2は1より厳しくなっています(1/2~2/3程度)。


【お薦めパソコンレビュー】
ドスパラDiginnos DG(タブレット)
NEC LAVIE Tab E ※管理人レビュー


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年5月7日更新】

 2ヶ月半ぶり21度目の更新です。 今回も前回と同様の全1メーカー3モデルとなっています。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ ストレージ 液晶 バッテリ 質量 価格(税・送込)
NEC LAVIE Tab S A6.0 APQ8053 3G 16G 8WUXGA-T 7時間-? 0.321kg ¥31,104
NEC LAVIE Tab E・8型 A7.1 APQ8017 2G 8-T 0.34kg ¥25,704
NEC LAVIE Tab E・10.1型 APQ8053 3G 10.1WUXGA-T 8.8時間-? 0485kg ¥36,504

メーカー・モデル・スペック・価格、全てまったく変化ありませんでしたw やはり更新する意味は無いのかもしれません。 今後他メーカーが復活する可能性も薄そうですし、あってもNECの新モデルくらいですかね? と言うわけで、新モデルが出るまで当コンテンツの更新は一時休止したいと思います。 有り難う御座いました。


【2018年3月16日更新】

 2ヶ月半ぶり20度目の更新です。 今回はドスパラが無くなって、ついにNECのみとなってしまいました。 タブレットとしてのAndroidはもはや完全に廃れていく方向に入ったと思われます。 今後はスマホ専用OSとして生き残っていくのではないでしょうか。

管理人が初めて買って今も愛用しているタブレットがNECのAndroid搭載モデルなのですが、なんだか色々と複雑な気分ですw でもAndroidが触れたのは良かったかな・・。 残念ですが当コンテンツは本日をもって更新を終了したいと思います。 ※人気があるので、やはりもうしばらく更新を続けたいと思います。


一番高価で一番大画面な「NEC Tab E」の10.1型が3240円値下げされました。 なかなか値下げされないシリーズなので購入希望の方はチャンスです。 やや重いですが大画面と高画質を求める方にお勧め。


【2018年1月25日更新】

 2ヶ月半ぶり19度目の更新です。 今回はNECが1モデル品切れとなって合計2メーカー4デルとなっております。


今回の注目は前回新登場したばかりの「ドスパラDiginnos Tablet DG-A97QT」です。 なんと前回に比べて9820円も値下げされました! 元から価格の安いタブレットでここまで大幅値下げされるのは珍しいですし、ドスパラとしてもあまり無いような気がします。 ただ、これまで2万円ジャストの価格帯が多かったので、それに近づいた感じですかね。 これにより全体の中でも最安値となりました。


【2017年11月16日更新】

 2ヶ月半ぶり18度目の更新です。 今回はドスパラが新たに追加されて、合計2メーカー5モデルとなっております。


NECはまったく変化ありませんでしたが、新たに登場したドスパラは性能が高く、液晶も9.7型QXGAを採用するなどひときわ目立つ内容です。 QXGA(Quad-XGA)なんてあまり耳にしませんが、かなり解像度は高く、2048×1536ドットはWQHD(2560×1440)に匹敵するレベルでしょうか? メモリ容量やストレージ容量も最も大きいですが、質量の最も重いのが難点です。


【2017年9月20日更新】

 2ヶ月半ぶり17度目の更新です。 本日からAndroidタブレットは10型以上も含めて全てこちらで取り上げていきたいと思います。


上位2モデルは新モデルになった為か値上げが目立ちますが、スペックアップもなされている模様です。 最も安いのは7型のEシリーズでして、相変わらず2万円台を切る安さを実現しています。

管理人はEシリーズの8型を10ヶ月ほど使用していますが、とても便利でもう手放せません。 夜はベッドの中で動画を見たりアマゾンのプライムミュージック(聞き放題)でジャズを聞きながら寝たりしています。 また、エアロバイクで運動をする時は前のパネルにタブレットを引っかけて、音楽やミュージックビデオを見たり映画を見たりしながらするのであっと言う間に時間が過ぎて楽です。

困ったことと言えばボリュームボタンが押す場所によって反応しないことぐらいですかね。 不具合ではないみたいですが、真ん中寄りではなく端っこの方を押さないとダメです。 買って良かったですが、より安全かつ使いやすくする為にはカバーは必須だなと思いました。 ちなみに管理人が買ったのはコレの色違い。 ちと堅いですがその分丈夫です。


【2017年7月15日更新】

 2ヶ月半ぶり16度目の更新です。 今回は「NEC LAVIE Direct Tab E」の2モデルが復活して、合計2メーカー10モデルとなっております。 また、ASUSは若干モデルの入れ替えがあった模様です。


今回は珍しく値上げされた機種が多かったです。 一方値下げされたものもいくつかありまして、例えば復活した「NEC LAVIE Direct Tab E」の7型は約2千円ダウンで、ついに2万円を切りました。 最も軽くてモビリティもなかなかの魅力的なモデルです。 同じ機種の8型を持っていますが、初心者に最適で日々なんの不満もなく使いこなしています。


【2017年5月16日更新】

 2ヶ月半ぶり15度目の更新です。 今回はNEC LAVIE Direct Tab Eが2モデルとも無くなり、ASUS ZenPad 7.0 Z370Cが追加されて、合計2メーカー8モデルとなっております。


今回の注目は、新たに会員クーポンが摘要されたASUSの3モデルです。 ASUS ZenPad 8 Z380KLが2千円ダウン、ASUS ZenPad S 8.0 Z580CAが4384円ダウン、ASUS ZenPad3S 10 Z500Mが5184円ダウンとなっております。 さほど大きな値下げではありませんが、価格が安いのでこれだけでも非常にお得感が出てきますね。 会員クーポンはASUS Shopに会員登録してログインすることで、すぐに使うことが可能です。


【2017年3月17日更新】

 2ヶ月半ぶり14度目の更新です。 今回は「ASUS ZenPad 7.0」が無くなったものの「ASUS ZenPad3 8.0」と「ASUS ZenPad3S 10」が追加された為、前回より1モデル多い全2メーカー9モデルとなっております。 「ASUS ZenPad3S 10」は10型と思いきや9.7型でして、ギリギリこちらに入りました。


まず今回の注目は最安の「ASUS ZenPad C7.0」でして、前回と比べて3240円も値下げされました。 2万円を切る低価格モデルなので、3千円ダウンでもかなりお得度が上がった印象です。 また、高性能な「ASUS ZenPad S 8.0」も5400円値下げしました。 こちらは最安の倍高いですが、メモリ容量は4倍、ストレージは倍あり、液晶もより高精細など価格なりの性能を備えています。 プロセッサの性能差は分かりませんが・・・。

そして新たに追加された「ASUS ZenPad3S 10」ですが、やはり画面の大きさが目立ちますね。 質量も唯一0.4kg台と重いですが、その分性能は高いです。


 つい先日、iPhoneを購入しました。 初めてのスマホですが、VRというのをどうしてもやってみたくて、でも専用ゴーグルは高いのでスマホ向けのVRゴーグルを購入することに・・・。 色々試してみてましたが、正直言ってまだ早すぎたかなぁというのが率直な感想です。 確かにこれまでにないリアリティというか立体感が感じられるものの、いまいちコンテンツの出来や品揃えに不満を感じます。 画質の低いものが多いですし、今のところ「コレッ!」といった作品にはまだ出会ってないのが現状です。 専用ゴーグルならまた違ったのかなぁ・・。 安物買いの銭失いをしちゃったのかもしれませんw

でもこれを切っ掛けに光ファイバの導入へ踏み切れましたし(3D動画重いw)、4K動画だと2Dでもすごく臨場感が味わえました。 環境は色々と整ってきたので、今後「4K3D」とか出たら買って良かったと思える日が来る様な気がします。 まぁ、4K動画自体まだまだ少ないので、どちらにしろ時間がかかりそうですが・・・。


【2017年1月17日更新】

 2ヶ月半ぶり13度目の更新です。 今回はASUSの最新モデル「ASUS ZenPad3 8.0」が在庫切れとなったものの、旧モデル「ASUS ZenPad 8」が復活して、前回同様の全2メーカー8モデルとなっております。


今回は全く変動が見られませんでした。 最も安いのは「ASUS ZenPad C7.0」でして、税・送料込みで唯一の1万円台を実現しています。 しかし、全体的にはNEC・ASUS共にほぼ同レベルの価格帯です。 性能やモビリティなどでもそんなに大きな違いは無いのでしょうか?

管理人は「NEC LAVIE Tab E・8型」を使っていますが、さすがにここへきて動作の鈍さを感じます。 使い始めこそキビキビ動いていましたが、最近はちょっと遅いなという感じです。 でも、プロセッサを見てもどれが秀でているのかイマイチ分かりませんね。 ベンチマークなども見当たりませんし・・・。 ただ、ASUSのAtomは少し速そうな気もします(なんとなくw)。


【2016年11月17日更新】

 2ヶ月半ぶり12度目の更新です。 今回はドスパラが無くなったものの、NECとASUSが1モデルずつ追加されて、合計2メーカー8モデルとなっております。


まず今回追加されたNEC LAVIE Tab Eの7型モデルですが、8型よりサイズが小さい以外はハイスペックな感じです。 プロセッサの性能差については分かりかねますが、メモリが倍の2GBもあります。 また、液晶サイズが小さい為か駆動時間も1時間長く、当然のことながら質量も軽いです。 この質量の軽さは8型と比べて約0.1kgの差が開くのですが、これはちょっと羨ましいかも・・・。 管理人はつい最近同機種の8型を購入しましたが、手に持って利用することが多いので、重さが30%ほど軽くなるのは魅力的です。 でも液晶サイズがこれ以上小さくなるのはちと不便かもw 結局、どれを捨てどれを得るかという選択の問題になりそうです。

【管理人レビュー】NEC LAVIE Tab E TE508/BAW PC-TE508BAW
https://pasogohikaken.com/?page_id=29491

ちなみにASUSの方は結構機種の出入りが激しく、新機種も出ましたが、一時無くなったものがまた再登場するなどしています。 管理人も迷いましたが、やはりこのタイプはNECとASUSの独壇場ですね。 管理人は品質を重視してNECを選びましたが、ASUSも品揃えが豊富で魅力的です。 スペックも価格もそんなに変わらないですかね? あとNECのサウンド性能にも惹かれましたが、実際良い音出していると思いました。 しかし、液晶はWXGAでも満足してしまったのですが、WUXGAとかQXGAとかそんな高解像度が必要なのでしょうかね? まぁ、見てみたい気もしますがw

今回の注目は復活した「ASUS ZenPad S 8.0」でして、前々回と比べて5400円も値下げされています。 それでも3万円台と高価なタブレットですが、より性能を重視される方にお勧めです。 ちなみに激安の箱破損品アウトレットには対象モデルが一つもありませんでした。 最近品薄な感じがします。


【2016年9月19日更新】

 2ヶ月半ぶり11度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカー7モデルとなっております。 ただし、ASUSの8型と7.9型は新モデルです。


今回は価格に変動は見られませんでした。 しかし新たに追加されたモデルが2つあるので、そちらをチェックしたいと思います。

まず、ASUS ZenPad 8.0(Z380KNL)ですが、色はブラック・ホワイト・ローズゴールドの3色から選べます。 旧モデルと比べて最も変わったのはプロセッサとバッテリ駆動時間でして、プロセッサはSnapdragonという聞いたことの無い名前です。 ググったらスマートフォンなんかに使われてるものらしいですが、性能的に大丈夫なんでしょうか? バッテリ駆動時間は2時間も延びていますが自社調べなので、目安程度にしかなりそうにありません。 2in1PCもキーボード付きタブレットとの境目が分からなくなってきましたが、このタブレットとスマートフォンも近づいている様な気がします。 と思ったら、通話機能が搭載されていましたww 現在、期間限定・数量限定でもれなくIIJmio音声通話SIMがプレゼントされます。 想像以上にスマートフォンへ近づいていましたね・・。

そしてもう一つがASUS ZenPad3 8.0(Z581KL-BK32S4)ですが、こちらは現在在庫切れですので購入できません。 一応チェックしてみると、こちらも前回まであった「ASUS ZenPad S 8.0」と比べて、上記と同様にプロセッサとバッテリ駆動時間が変更されていました。 そして嬉しい価格約3千円ダウンです。 こちらも通話機能は付いているみたいですが、特にプレゼントなどはありません。 また、カラーは黒一色のみとなっております。


【2016年7月22日更新】

 2ヶ月半ぶり10度目の更新です。 今回は「ASUS ZenPad C7.0」が追加されて、合計3メーカー7モデルとなっております。


まず今回追加された「ASUS ZenPad C7.0」ですが、メモリ容量が少なくなった分価格が安くなって、ついに1万円を切りました。 また、質量も0.265kgと唯一0.3kgを切る軽さを実現するなど、魅力あるモデルです。

そして「ASUS ZenPad 8.0」はモデルチェンジによって内容が変わっています。 まずAndroid5.0から6.0へと変更され、プロセッサもAtom x3-C3200からMT8163へと変わりました。 モビリティに変更はありませんが、価格が4320円もダウンしているので、その辺はプロセッサの性能ダウンが気になるところです。

コメントする