【比較】各メーカーのWindowsタブレットってどんな感じ?「arrows Tab WQ2/C1がMy Cloud優待クーポンでお買い得♪」(¥25272~)10H/10P,Atom x5-Z8350/x5-Z8550/Z3735F・Core i5 7260U,メモリ2G/4G/8G,ストレージ:SSD512G-NVMe・eMMC32G/64G,タッチパネル:8型/10.1型(WUXGA)/12.3型3K2K,質量0.4kg~0.775kg,バッテリ駆動4時間~12時間


⇒ Windowsタブレット    ⇒ Androidタブレット


【メーカー別価格推移グラフ】

【メーカー別価格推移グラフ(安値拡大版)】

【メーカー別駆動時間&質量グラフ】

※メーカー名に付加されている数字はJEITAバッテリ動作測定法のバージョンです。 2は1より厳しくなっています(1/2~2/3程度)。
※キーボード付属のものは本体のみの数値を掲載しています。


【お薦めパソコンレビュー】
HP Spectre
マウスコンピュータ・タブレットPC
ドスパラDiginnos DG(タブレット)
iiyama 10P1000-C-VGM(パソコン工房)
フロンティアFRT
富士通arrows Tab QHシリーズ
Vaio Z Canvas


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年5月6日更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカー6モデルとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ ストレージ 液晶 その他 バッテリ 質量 価格(税・送込)
HP Spectre x2 12-c001TU ハッピーギフトキャンペーンA 10P Core i5 7260U 8G SSD512G-NVMe 12.3-3K2K-T マカフィー、キーボード、ペン 8時間-? 0.775kg ¥154,332
マウスMT-WN1003 10H Atom x5-Z8350 2G eMMC64G 10.1-T Office、キーボード 8.2時間-2 0.593kg ¥42,984
ドスパラraytrektab DG-D08IWP 4G 8-T マカフィー、CLIP STUDIO PAINT DEBUT 4時間-? 0.4kg ¥51,960
ドスパラDG-D10IW3SLi 10.1WUXGA-T マカフィー 6.5時間-2 0.59kg ¥39,744
フロンティアFRT102@AA 春の大総力祭 Atom Z3735F 2G eMMC32G 10.1-T Office、キーボード 5時間-? 0.595kg ¥25,272
FMV-arrows Tab WQ2/C1(QHシリーズ)・My Cloud優待クーポン Atom x5-Z8550 4G eMMC64G 10.1WUXGA-T マカフィー、ペン 12時間-2 0.585kg ¥76,118

前回登場したばかりのドスパラD09IW2SLは早くも品切れとなった模様です。 と言いますかコレ、昨年にも販売されてましたね・・・。 てっきり新モデルかと思いましたが、販売されては消えて、消えては販売される製品みたいですw と言うわけで、次回はまた復活してるかもしれません。 代わりに今回はCLIP STUDIO PAINT動作確認済みのraytrektabを取り上げました。

富士通は前回と同構成で3576円ダウンしていますが、これは主にMy Cloud優待クーポンによるものです。


【2018年3月17日更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回はドスパラが1モデル減って、合計5メーカー6モデルとなっております。


今回は旧モデルとの入れ替えでドスパラに新モデル「D09IW2SL」が登場しました。 と言っても内容はあまり変わらないのですが、ストレージが倍増されて価格も少々上がっています。 相変わらずマカフィー標準装備で便利です。 全体の中で価格は安いですがモビリティもまぁまぁと言ったところでしょうか。 駆動時間は短めですが、サイズが小さいのもあって軽いのが魅力です。


【2018年1月26日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回は少々機種の増減があり2モデル減って、合計5メーカー7モデルとなっております。


まずドスパラですが、WN1003以外すべて入れ替わりました。 あまり内容は変わっていない感じですが・・。 また、ついに富士通のRHシリーズが無くなった模様です。 製品ページそのものが見当たらないので、今後再販されるかどうかは微妙かもしれません。

同じく富士通のQHシリーズはスペックダウンで価格が大幅にダウンしました。 他メーカーと比べて価格は高めですがそれでも安い部類に入りますし、富士通の高品質なタブレットを希望される方は手に入れるチャンスです。

そして今回注目したいのは高価なHPのタブレットでして、前回と同構成ながらキャンペーンによってなんと21492円も値下げされています! 昨年夏に登場してからずっと価格は動きませんでしたが、ついに待望の大幅価格ダウンです。 非常に高価なタブレットですし、キーボード付きの2in1ですが、取り扱いの少ない高性能なタブレットを求める方はこの機会を是非お見逃しなく。


【2017年11月17日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 10.1型未満のWindows搭載タブレットが激減した為、本日より全てのWindows搭載タブレットをこちらで取り上げていきたいと思います。 ドスパラが2モデル追加され、5メーカー9モデルとなっております。 全体的にも若干減ってきましたでしょうか?


今回の注目は追加した10.1型未満のドスパラ2モデルです。 DG-D09IW2SLは5千円近くダウンしていますし、DG-D08IW2Lもわずかながら値下げされて最安値を更新しました。 サイズは小さいですが価格は安いですし、コンパクトなWindows搭載タブレットを希望される方にもお勧めです。 また、毎度同じみのフロンティアのキャンペン限定モデル「FRT102」も1500円ほど値下げされて過去最安値となっています。 Officeとキーボードまで搭載されて様々な用途に対応できそうです。 と言うわけで、できるだけ安いWindowsタブレットを手に入れたい方は、今が買い時なのではないでしょうか?


【2017年9月22日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回はドスパラが1モデル追加されて合計5メーカー9モデルとなっております。


今回はドスパラにて変化が見られました。 まず「DG-D11IWVL」ですが3月以来の復活でして、価格が5206円ダウンしています。 ちなみにバッテリ駆動時間も判明しました。 そして12.2型の「DGM-S12Y」はメモリとSSDが倍増され更にハイスペックとなり、価格も21600円アップと大幅に上昇しています。

フロンティアの「FRT103(D)」は今回もキャンペーン「秋の大感謝祭」で販売されていますが、既に通常販売はされていないものの無くなりそうで無くなりません。 前回と同構成で3240円ダウンと更に安くなり、ドスパラを引き離して単独の最安となりました。


【2017年7月18日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回はHP・マウスコンピュータ・フロンティア、さらにドスパラも1モデル追加されて、合計5メーカー8モデルとなっております。 キーボード付きもありますが、質量はタブレット部のみの数値を掲載してあります。


まずHPですが、いきなり超豪華なタブレットが登場しました。 ハイスペックなのはもちろんですが、ここまで見た目がゴージャスなタブレットというのはあまり見たことがないかもしれません。 価格は非常に高価ですが、それでも評判はかなり良かったです。

マウスコンピュータは久々の復活でして、標準的な内容ですがOffice等が付属して値段もお手頃になっています。 ドスパラとフロンティアは旧モデルが復活した模様です。


【2017年5月19日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回は全2メーカー4モデルとなります。


今回はドスパラDiginnos DG-D10IW3SLが新たに追加されました。 旧モデルに比べてストレージ容量が倍増し、さらにバッテリ駆動時間が1時間アップしております。 価格は千円程上がった程度です。

そして既存のドスパラDiginnos DGM-S12Yはスペックそのままに5206円も値下げされました。 こちらはプロセッサ・ストレージ共により高性能で、液晶も大画面になっています。 ただその為かバッテリ駆動時間はかなり短めです。 キーボードが付属します。


【2017年3月20日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回はHPとEndeavorが1モデル無くなって、合計3メーカー7モデルとなっております。


今回の注目はドスパラでして、最安の「DG-D10IW3S」以外、揃って値下げされました。 しかも値下げ幅が結構大きくて、DG-D11IWVが8640円ダウン、DG-D11IWVLが10800円ダウン、DGM-S12Yが8640円ダウンとなっています。 かなり購入し易い価格帯になってきましたが、全てマカフィーやキーボードが付属するなど内容も魅力的です。 ちなみに前回不明だった12.2型「DGM-S12Y」のバッテリ駆動時間が4.7時間と判明しました。 測定方法は不明ですが、4.7時間と短めなのは気になりますね・・・。 やはり大画面&高画質だからでしょうか?


【2017年1月20日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回はHPが1モデルにドスパラが3モデル追加されたものの、NECとVAIOが無くなって、合計4メーカー9モデルとなっております。 前回のVAIOの大幅値下げは、やはり販売終了直前の大盤振る舞いだったみたいですね。


まず今回追加されたドスパラの3モデルですが、3モデルとも駆動時間が分かりませんでした。 タブレットを使う上で駆動時間というのは非常に重要なポイントだと思うんですけどね・・・。 その点が不明ではなかなか購入に踏み切れないのではないでしょうか。 また、全てマカフィーとキーボードがセットになっている点が特徴です。

富士通のQHシリーズとRHシリーズは新モデルになって内容が変わりました。 QHシリーズはマイナーチェンジといった感じですが、RHシリーズはSSD128Gがfm256Gに変わりOfficeとキーボードが付いて、価格がなんと倍近くに跳ね上がっておりますw なんでこんなに上がるのでしょう・・・。


【2016年11月20日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回はHPがメンテナンス中、マウスと東芝が完売で、合計5メーカーとなっております。


今回の注目は富士通の2モデルでして、共に値下げとなっております。 QHシリーズは4786円ダウン、RHシリーズは7102円ダウンです。 また、「VAIO Z Canvas」は一瞬目を疑いましたが54000円の超超大幅値下げとなっておりますww これはメモリ16GBが5万円OFFとなっているのですが、この国内メーカーがここまで大幅に値下げするのは珍しいです。 2017年1月16日(月)9:00までの期間限定ですので、モンスタータブレットを必要とされるプロの方はこの機会をお見逃しなく。


【2016年9月26日追記】

 ドスパラにて新モデルが登場しました。 10.1型未満では3モデルも出ましたが、10.1型以上ではたったの1モデル追加となっております。 プロセッサがスペックアップされ、メモリ倍増に液晶もフルHDからWUXGAになるなど、全体的にパワーアップしています。 ただし、価格もアップしており、モビリティは全く同じでした。

DG-D10IW3S
 10H,Atom x5-Z8350,4G,eMMC32G,10.1WUXGAタッチ,7.5時間駆動,0.59kg,マカフィー12ヶ月間,¥33264(税・送料込み)

現在旧モデルが限定特価中ですので、いずれ無くなると思います。 価格重視の方はお急ぎ下さい。


【2016年9月22日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回も前回と同様の全8メーカー10モデルですが、EndeavorのTN20EがTN21Eへと新モデルに変更されました。


今回は最安のドスパラが4320円ダウンして更に圧倒的な安さになりました。 現在、限定特価2000円引きを実施中ですが、過去に価格改定が行われたみたいですね。 性能もモビリティも悪くないですし、しかもフルHD搭載でマカフィー付きですから言うことなしではないでしょうか。 価格を抑えたい方にはもちろんのこと、初めてタブレットを使う方の入門用としても良さそうですね。

また、富士通arrows Tab WR1/X(RHシリーズ)も5219円の値下げです。 特に構成は変わってないので、お得度が一段上がりました。 全体としては高価な部類に入りますが性能が高く、モビリティもなかなかで非常に高いレベルのタブレットと言った感じです。 HP Elite x2 1012 G1では人気のマンガ・イラストソフト「CLIP STUDIO PAINT Pro(5000円)」を先着50台に無償プレゼントを実施しています。 各メーカーのマンガ/イラスト用PCを見ると、ほぼ全てのメーカーに動作確認済みモデルがラインナップされています。 不思議とインストールされているものはあまり見当たらなかったのですが、その業界では定番中の定番ソフトみたいですね。 興味のある方はこの機会をお見逃し無く。 ちなみにVAIO Z Canvasは2万円もの大幅値上げとなってしまいましたw 何があったのでしょう・・・。

そして今回新モデルとなったEndeavor TN21Eですが、プロセッサがCeleronからAtomに変更されております。 その代わりにストレージのeMMCが64GBから倍増の128GBとなり、さらにバッテリ駆動時間が4.6時間から8.2時間へと倍近く伸びました! 確かASUSの10.1型Androidタブレットでもプロセッサをダウンして駆動時間をアップさせていましたが、パフォーマンスより長時間駆動重視が今の流行でしょうか?

Endeavor TN21Eは全体では中程度の価格とモビリティを備えたバランスの良いモデルです。 今回改善されたのは給電用のコネクターとして電源コネクターを搭載した為、今までの様にUSBコネクタを塞ぐことがなくなりました。 つまりUSB3.0を使いながら給電が可能になったということらしいです。 管理人にはよく分からないのですが、ビジネス用途にはこの方が便利みたいですね。 また先ほど言及したバッテリ駆動時間アップも改善点の一つですが、JEITAバッテリ動作測定法Ver.2.0で8.2時間駆動ですからなかなかなのではないでしょうか。 それにしても、POSレジとして、飲食店のオーダー端末として、工場の管理端末として、様々なシーンで活躍していますが、まさかタブレットがここまで普及するとは思いませんでしたね・・・。


【2016年7月25日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回は東芝が1モデル無くなって、合計8メーカー10モデルとなっております。


今回の注目は6480円値下げされた「東芝dynabook SZ80/T」です。 控えめな性能ながらOfficeやデジタイザーペンまで付いて5万円台という破格の値段を実現しています。 モビリティもなかなかですし、マウスコンピュータと良い勝負になるのではないでしょうか? 東芝はもう一つのモデルが販売終了しているので、もしかしたらこちらも近々無くなるかもしれません。 一応、ご注意下さい。

また、「ドスパラDG-D10IW3」が1944円値下げ、「富士通arrows Tab RH」が2609円値下げと価格が微減しています。 富士通は高価なモデルなのであまり変わりませんが、ドスパラは最安モデルですので、よりお得感が出てきました。

コメントする