【レビュー】lenovo G570

 より高性能なプロセッサを搭載したスタンダードノートブックです。 程良い基本性能で大抵のことはこなせますが、負荷の重い使用にはあまり向いていません。 落ち着いた色合いのカラーはどんな部屋にもマッチしそうです。

  ⇒ lenovo G570



掲載日:2014/1/2
投稿者:Const
機種:2012年3月発売モデル(lenovo G570)(4334D7J)
構成:Windows 7,Core i3 2350M,Mem2G,HDD500G,DVD,15.6型,¥43800,2013/6/17時点
評価:★★★★★


■ デザイン

 キーボードトップは金属のヘアライン仕上げで高級感があります。 画面を閉じた天面は光沢があり少し指紋などの汚れが目立ってしまいます。 ディスプレイの幅が薄く開いたときはスッキリとしたデザインで好感が持てます。

■ 処理速度

 起動時間は短く、電源入から1分程度でデスクトップが表示されます。 CPUがCore i3でメモリも2Gなので、インターネット閲覧・事務処理等には十分なスペックがあります。 内蔵グラフィックですが、3Dゲームもグラフィックス設定を落とせば起動できます。

■ グラフィック性能・液晶

 HD画質の動画再生に支障はありません。 光沢液晶なので発色は非常に良いです。 3Dゲームも最新のものでなければ十分起動します。 10年前に発売のソフトになりますが、「FF11」はグラフィック設定をフルスペックでも起動出来ます。 液晶サイズは15.6インチあり、なかなかの迫力で動画などを楽しめます。 一応液晶面にカメラも搭載されていますので(30万画素)、skypeでビデオチャットぐらいは出来ると思います。

■ 拡張性

 メモリスロットに1つ空きがあるので、現搭載のメモリを無駄にせず拡張可能です。 USBポートも4ポートあるので十分かと思います。 対応する製品は多くないですが、eSATA端子も搭載しています。

■ 使いやすさ

 キーボードはセパレートタイプなので入力しやすいです。 またテンキーを搭載している点もビジネス用途に非常に向いています。

■ 静音性&サウンド性能

 発熱の少ないCPUなので、インターネット閲覧程度ではファンは起動もしません。 3Dゲームや動画再生時はファンが起動しますが、そのゲームや動画の音を妨げるほどの音はしません。

■ 携帯性

 15.6インチサイズなので携帯には向いていません。 ただバッテリーを最適化出来るソフトが標準で付随しているので、バッテリー持ちは良い方かと思います。

■ ソフトウェア

 プリインストール・付属ソフトはありませんでした。 私としては何も付属されていない事に好感が持てます。

■ 総評

 3万円台でこの性能のノートPCが買えるとは驚きです。 チップセットの性能向上で、専用グラフィックチップを搭載していなくても3DゲームやHD動画まで楽しめます。 Lenovoは中国メーカーながらIBMの技術を受け継いでいるので、品質は良いかと思います。 国産メーカーとは圧倒的な価格競争力があります。


掲載日:2013/11/2
投稿者:グッピー
機種:2011年6月発売モデル(lenovo G570)
評価:★★★☆☆(管理人)


■ デザイン

 黒くてシンプルなデザイン。 フタ表面にはピアノの様な光沢仕上げ。

■ 処理速度

 起動スピード:起動ボタン~(ログイン)~デスクトップ画面=20秒弱。
 稼動時処理速度:SKYPEはほとんど止まりません。

■ グラフィック性能・液晶

 YOUTUBEのHD画像等、動画は少し暗め。 細かさはやや荒く見える。

■ 拡張性

 メモリ増設余地(+4G?)。 他よく分かりません。

■ 使いやすさ

 慣れてしまえば普通のパソコンです。(今となっては、タッチパネルのタブレットが欲しいです。)

■ 静音性&サウンド性能

 静音性は静かです。 サウンドの質は小さく、ちゃっちぃです。(いつもヘッドフォンを付けていますが、そちらはそこそこ良い音です)

■ 携帯性

 重いです。 大きいです。 分厚いです。 ブリーフケースに収めるギリギリの大きさ。

■ 総評

 安さと性能をカタログ値で選び買いましたが、欲を言わなければこれで十分です。 中国のメーカーという感じがしないですよ。


コメントする