【前評判】G-Tune NEXTGEAR-SLIM is100シリーズ

iconicon
 ノート向けの高性能なプロセッサやグラフィックを搭載した、超薄型のゲーミング・デスクトップPCです。 メモリやストレージの選択肢が多く、豊富なインターフェイスも備えています。

  ⇒ G-Tune NEXTGEAR-SLIM is100シリーズicon


 特別価格パソコンicon・・・ゲームに最適な高性能グラフィックス搭載の特価パソコン、台数限定

 セール・キャンペーンicon・・・特価モデル等


 総合評価:★3.8 (とても良い:3、良い:4、普通:1、悪い:2、とても悪い:0)


・評価:★★★★★ 投稿者:yctcty
 ゲーミングデスクトップPCはとにかく巨大なイメージが付きまとっていましたが、G-Tune NEXTGEAR-SLIMは驚異的なスリムさで新しいジャンルのスタイルだと思います。 Core i7-6700HQや上位機種は32GBのメモリ搭載など性能面でもなかなかだと思いますが、光学ディスクが装備できないのがやや惜しいです。

・評価:★★★★★ 投稿者:焼きいも
 これまでのゲーミングPCと言うと、デスクトップパソコンは大きくなりがちでありノートパソコンは高額です。 しかし、『G-Tune NEXTGEAR-SLIM』なら省スペースな本体かつバッテリー内臓ともなれば、外出先に持ち出して液晶テレビに接続するだけでパソコンになります。 むしろ、高額なゲーミングパソコンの場合は液晶モニタが割れる心配がありますが、モニタ無しの持ち運びパソコンと考えれば運搬時の不安はある程度解消できそうです。

・評価:★★★★★ 投稿者:ゴールデンハンマー
 こういう製品が欲しかった! 何故今までこういう製品が出なかったのか? スペックを見るとノートPC用CPUとGPUなのだが性能面では問題ない。 むしろ下手なBTOのPCより高性能ではないか。 それに1番の魅力はそのスタイルでノートPCをそのままデスクトップにしたような感じだが、付属の専用スタンドで立てて使うことによって今までのデスクトップPCからは考えられない位の省スペース化が図れる。 インターフェイス類も充実してて正直私は欲しいと思ってます。


・評価:★★★★☆ 投稿者:yamyam
 ここまで薄型のデスクトップというのは見たことがなかったので驚きました。 スペック的にも満足でデザインもスタイリッシュなので、省スペースを理由にゲーミングノートPCを検討していたとすれば、こちらの薄型デスクトップを選ぶと思います。

・評価:★★★★☆ 投稿者:2Fから目薬
 デスクトップパソコン本体が、ノートパソコンぐらいのサイズになっていて本当にびっくりしました! ゲームパソコンと言えば大きくてゴツくて、性能は高いけど場所を取るというイメージだったので、時代が進んでいると感じます。 実際使用しないと何とも言えませんがゲームをやると熱くなるので、そこがどうなるかが気になるところです。

・評価:★★★★☆ 投稿者:あー
 フラットでスリムなので置き場所に困らなそうな所と、掃除をするときにも邪魔にならなそうなところがいいですね。 デザインもシンプルなので、どの部屋においても違和感がなさそう。 値段もそんなに高くないのでそこも良いです。

・評価:★★★★☆ 投稿者:なおなお
 G-Tune NEXTGEAR-SLIM is100シリーズは一般のゲーム用PCに比べてとてもスリムなので、小さな机にも置けそうです。 メモリはRPGをするなら16GB以上は欲しいですが、そちらもクリアしているので問題無いと思います。 内蔵バッテリーは3時間と短めですが、自宅メインで使用するのであれば特に支障はありません。


・評価:★★★☆☆ 投稿者:n3312
 縦置き用ということで狭い机の上などは良い感じですね。 性能は言うまでも無くゲーム向きの高性能なので、言うことはほとんど無いと思う。 見た感じではPCモニターの左側に立てるか、うまくいけば液晶モニターの後ろに立てられればかなりすっきりしそうな感じです。


・評価:★★☆☆☆ 投稿者:KAZU
 CPU・グラフィック・メモリーはほぼ標準的なスペックで問題ないと思います。 ただ、この機種の売りはノートサイズで持ち運べる手軽さですが、その分拡張性や廃熱処理において不便さを強いられる結果になっているのではないでしょうか? また、ノートのようにモニターが無い為、どこでも使えるという事が出来ないのも不便な感じがします。

・評価:★★☆☆☆ 投稿者:まるん
 まず廃熱がどうなるのか気になりましたし、次は駆動音がどうなのかなと・・・。 省スペースなのは当然評価点ですが、PCゲーマーならスペースを大きく取っている人が多いでしょうから、あまり重要ではないのかなと思いました。 自分もやりたいゲームにあわせて色々パーツを組み合わせるのが好きなので、この機体でその楽しみ方が出来るのか甚だ疑問に感じます。 逆にその辺にはこだわりのない、持ち運びや見た目、ミニマムなサイズにこだわりのあるユーザーであれば支持を得られるのではないかと。


【管理人まとめ】

 やはり、その圧倒的な薄さとスタイリッシュなデザインへの評価が最も高かったです。 ありそうで無かった新タイプの筐体ということで魅力を感じる方は多かったみたいですが、それでいて快適にゲームが楽しめるだけの性能がキチンと備わっているところも高評価を得ています。

使い方についてはバッテリ内蔵の為か、据え置き以外に持ち運びを想定されている方も何人かいました。 ノートパソコンの様にどこでも使えるというわけには行きませんが、高性能ながら1.75kgという軽さなので用途や工夫次第で使い道はあるのではないでしょうか? 「持ち運べるデスクトップ」というのも新しいですねw

一方、もっとも不安視されていたのが「熱」の問題ですが、ノートと違って立てることで空気の通りは良さそうに感じます。 ちなみに横置きは非対応です。 また、光学ドライブは非搭載ですし騒音も気になるところですね。 それでも同スペックのノートより安いという価格面での利点もありますし、色々とゲーマーの購買意欲を刺激する製品であることに違いは無さそうです。


iconicon
 CPUとGPUを共に水冷化した「ダブル水冷」のゲーミングPCです。 他メーカーではあまり見かけず、自作ユーザにとっても敷居が高い構成ですが、保証付きで安心して使っていきたい方にお薦めです。

  ⇒ G-Tune NEXTGEAR i650GA7 SP-DL・SP3-DL ダブル水冷パソコンicon
  ※GTX1070/GTX1080対応


 特別価格パソコンicon・・・ゲームに最適な高性能グラフィックス搭載の特価パソコン、台数限定

 セール・キャンペーンicon・・・特価モデル等


 総合評価:★4.2 (とても良い:3、良い:6、普通:1、悪い:0、とても悪い:0)


・評価:★★★★★ 投稿者:VOOT6800
 CPUの水冷式パソコンは聞いたことはあるが、グラフィックカードの水冷ができるとは物凄いパソコンだと正直思う。 水冷式のGeForce GTX1070かGTX1080が選べて、core i7、16GBメモリ搭載にしては極端な価格にはならないあたりも見事。

・評価:★★★★★ 投稿者:しんじ
 ダブル水冷なので、電源以外をファンレスすることができる点がとても魅力的だと思う。 また、一つのラジエーターでCPUとGPUの両方を冷却するので、本体の大きさが抑えられる。 これまで本体の大きさで水冷をあきらめていた人にとってもチャンスかも!

・評価:★★★★★ 投稿者:ユメウサギ
 痒い所に手が届くような、満足のいく構成のハイエンドゲーミングPCになっていると思います。 特にCPU&GPUのダブル水冷というのは素晴らしい。 マザーボードはZ170チップセットなのでオーバクロックが可能ですし、グラフィックボードもGTX1070やGTX1080を積んでいるので、ハイスペックを要求するゲームでもぬるぬる動きそうです。 お値段も良心的になっていて、特にGTX1080を積んだモデルはかなりお買い得だと思います。 G-Tune NEXTGEARのカッコ良いケースを使ってる点もポイント高いです!


・評価:★★★★☆ 投稿者:des1999
 パソコンを長時間使うゲームユーザーや、動作が重くなりがちな画像を使用する仕事をする人間からして、とても素晴らしいものだと思います。 気になる点は、冷却の際の音と安全性です。 音がどれほどか、または気にさわる音量かは個人差があると思いますが、ゲームをするユーザーなら小さい音も気になるかもしれません。 でも、仕事に使う人なら大丈夫かと。 あと、万が一冷却水が漏れたりした場合がやはり心配です。 パソコン自体に影響がなくても、パソコンの近くに置いた物や書類などがどうなるかとか…。

でもコンパクトにできた点は画期的だと思います。 将来もっとコンパクトになってノートパソコンにもつけられるようになったら良いな、と思います。 それが不可能なら、外部に取付けられるような仕組みを作るとか。 あと、この冷却システムを他に応用して何かに使えないかな〜なんて思いました。

・評価:★★★★☆ 投稿者:けぃ
 以前自作のPCを何度も熱暴走で壊したことがあり、水冷のクーラーには非常に興味を持っています。 ただ、何度か聞いた話では水が漏れたら全てのパーツがダメになるとのことなので、今まで踏み切れずにいました。 こちらの製品はもうすでに組み上がった物ということもあり、ゲーム等もサクサク動くようなハイスペックマシンですが、CPU・GPUの温度も上がり過ぎて壊れるような事もないのではないかと思います。

・評価:★★★★☆ 投稿者:豪快さん
 PCで最新のゲームをプレイすると、どうしてもPC自体に大きな負荷が掛かってしまうために熱の問題に悩まされますが、このPCはCPUとグラフィックボードが水冷式になっているため、熱による不安を感じることはないと思います。 また、グラフィックボードも最高峰のGTX1080が搭載されているので、どんなゲームでも最高設定で楽しむことが出来るでしょう。

・評価:★★★★☆ 投稿者:ken_ichi
 ただでさえ高いゲーミングPCの中でも、高級な部類に入ると思う。 個人的にPCに高負荷がかかるゲームはあまりしないので、自分にとってはオーバースペックです。 しかし、GTX1070やGTX1080といった今話題の高性能グラフィックボードを用いており、3Dグラフィックを楽しむには最適だろう。 水冷クーラーによる本体の保護もばっちり。 この製品を買うか否かは、購入者のグラフィックに対するこだわりが左右しそうだ。

・評価:★★★★☆ 投稿者:メン手袋
 私は最初、水冷式に良いイメージを持ちませんでした。 CPUを冷やす役目ならファンでも良いのでは?と。 しかしファンでは長時間パソコンを使っていると、どうしても熱を持ってしまいます。 一方、水冷式だとしっかりと冷やしてくれますので、今では水冷式のパソコンを利用しています。 製品のスペックもとても高くてゲームをする際も楽しめるのではないでしょうか。

・評価:★★★★☆ 投稿者:RC3
 G-tuneはマウスコンピューターのゲーム専用のPCですが、このモデルはグラボがGTX1080となっているので、どの3Dゲームでも圧倒的に快適でしょう。 小型なケースながらダブル水冷を採用するメーカー、他に類を見ません。 ダブル冷却によって、ハイスペックモデルに付きものの熱問題も上手く解消されると思います。


・評価:★★★☆☆ 投稿者:kazu
 水冷と聞けば温度上昇を軽減出来そうなイメージですが、結局は熱を吸収した水をファンで冷却するシステムなので、直接空気で冷却するのに比べるとどこまで効果が出るのか疑問です。 一応水の沸点の100℃以上は上がらないでしょうが、一度暖まった水を冷やすにもかなりの冷却性能が必要だと思うので、その分消費電力も必要になる事が予想できます。 はたしてそこまでして冷却効率があるのか、また空冷でもファン性能を上げて排熱効率を上げるだけでも十分な気もします。


【管理人まとめ】

 まず、このダブル水冷ということを成し遂げている点と、GTX1080を初めとした性能の高さが注目を浴びています。 他に例が無いですからね(自分の知る限り)。 G-Tuneでは結構前からこのダブル水冷モデルを販売していますが、そのことは安全性や信頼性を実証しているとも言えそうです。 特に水冷式は水漏れなどの事故を起こした際、他のパーツやパソコン周りの書類などを巻き添えにするので、非常に心配される方もおられます。 しかし、安心のメーカー製PCですし、マウスも自信と誇りを持って勧めているのが伺えます。

また、これだけのマシンな割に価格が良心的という点も大きな魅力です。 特にGTX1080は大人気なので希望される方も多いでしょうが、それでもこのお手頃価格を実現する辺りは、さすがハイコストパフォーマンスのマウスと言ったところでしょうか? その他にも、一つのラジエーターでCPU・GPUを冷却するので、コンパクトさを実現させているところも評価されていました。

実際の静音性というのはどの程度なのか分かりませんが、中には水冷のコポコポ言う音が気になる方もいるらしいです。 ちょっと聞いてみたい気もしますが・・・。


【2016/9/6更新】

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
G-Tune
NEXTGEAR i650PA7-SP3-DL
10H 6700K-水 16G 240G 2T GTX1080-水 DVD 700W-B ¥224,424
OMEN by HP 870-000jp GTX 1080 モデル 8G 512G 2Tx2 GTX1080 Blu-ray ¥280,584
ドスパラGALLERIA XG 6700-水 16G 480G 2T DVD 700W-B ¥228,398
工房Lev-R017-i7-VNR 6700K-水 240G ¥220,730
フロンティアGRシリーズ 7H/10H 250G 1000W-P ¥238,248

各メーカーの水冷CPUクーラー搭載モデルを集めてみました。 さすがにグラボ水冷まで選択できるところは他に見当たりません。

最も安いのはパソコン工房ですが、驚いたのはそこからたったの4千円差となっているG-Tuneです。 もちろんG-Tuneはダブル水冷なわけですが、他の構成が全く同じなので、「G-Tune NEXTGEAR・ダブル水冷パソコン」のお得度の高さが際だっています。 最近の価格の安さはフロンティアやパソコン工房が秀でているので、そんな中でG-Tuneがこれだけのコストパフォーマンスの高さを発揮するのは意外でした。


マウスコンピューター/G-Tune

コメントする