【レビュー】HP Pavilion(液晶一体型PC・オールインワンPC)

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
 比較的大画面で高性能なモデルがラインアップされています。 機能面も充実しており、個性的な特徴を備えたモデルもあります。

  ⇒ HP Pavilion(液晶一体型PC・オールインワンPC)icon


 HP Directplus Flash! for Personal メールニュースicon・・・不定期にメルマガ会員限定のクーポンを発行します。 登録無料


掲載日:2017/1/29
投稿者:ハヤト
機種:HP Pavilion 23-q181jp (2016年3月購入)
基本構成(在庫処分モデル):Windows 10 Home,Core i5 6400T,メモリ8G,HDD1T,Blu-ray,23型フルHD,¥89800
評価:★★★★☆


一体型デスクトップパソコンが欲しくて購入しましたが、画面が大きくとても使用しやすいです。
具体的には、画面サイズが大きいため、映画を見るにしても動画サイト等を見るにしてもテレビ代わりに使用できます。
また、デスクトップタイプではありますがモニターしかないため、持ち運びも比較的しやすく置き場所にも困りません。
見た目もスタイリッシュであるのに加え、mac等と比べて値段も安く、サービス面も充実しているため、いい買い物をしたと思っています。

動作に関してもCORE i5のため、通常の作業で遅いと感じることはほとんどないです。
加えて起動時間も短く、使いたいときにすぐ起動することができ、家で使うには重宝しています。

ただ、常に持ち運びして使用したい方や、仕事用として使いたい方には若干中途半端なスペックとサイズのためあまりお勧めできません。
家で趣味やプライベートでの使用であれば、これほど便利なパソコンはないと感じています。
今後も使い続けたいです。


掲載日:2016/11/25
投稿者:猫帽子
機種:HP Pavilion 27-a170jp Y0P44AA-AAAv (2016年10月購入)
構成:Windows 10 Home,Core i7 6700T,メモリ8G,HDD2T,930MX,Blu-ray,27型フルHD・タッチパネル,¥129800,2016/11/25時点
評価:★★★★★


本体もキーボードもマウスも清潔感ある白で気に入っています。
あまりパソコンには詳しくないのですが、購入前に色々ネットで調べて納得して買ったので、スペックやディスプレイなど全体的にとても満足です。

まず27インチの大画面なので動画や写真も迫力があります。
待ち受け画面を見入ってしまうほど色もくっきりと凄くきれいで感動しました。
画面が大きいため広めの机の奥に置いて使えるので、手前のスペースが広く使えてキーボードやマウスが邪魔になるということがありません。
タッチスクリーン搭載なのでタブレットのようにアプリを並べ替えたり、感覚的に触れるので女性や子供でも使いやすいと思います。

今まで古いパソコンを使っていたので比較にはなりませんが、今はこんななのかとビックリするぐらい音がクリアです。
静音性も高く、一日連続5時間くらい立ち上げていても全くの無音だと思います。
とにかくまだ全然使いこなせていませんが、メモリやその他の機能を考えても長く使っていけるとても良いパソコンだと思います。


掲載日:2017/3/26
投稿者:いかりや
機種:HP Pavilion 23-q080jp M1034AA#ABJ (2015年9月購入)
構成:Windows 8.1,Core i5 4460T,メモリ8G,HDD1T,Blu-ray,23型フルHD,¥92800,2015/12/18時点
評価:★★★★☆


旧パソコンがDellのタワー型でosがWindowsVISTAでしたが、使用年数が10年近くなり動作も鈍いので買い代えることにしました。
当時いろいろオプションを付けて35万程でしたが、今回はそこまでお金を掛けたくなかったのでしばらくPCの新商品を調べておりました。
特にこのメーカーが好きというのもなく、求めるスペックについてはcpuも特にこだわりはありません。
メモリは16GB以上、HDは1TB以上、BRドライブ付でモニター一体型のオールインワンモデルを基準に比較検討していきました。
で今回のモデルに決めましたが、値段が10万で他のメーカーやモデルと比較し一番コスパが良いと感じこのモデルに決定。
買った当時はWindows8.1でしたが、丁度Windows10に無償アップデートできる状態でそれが保証されてたのも決め手のひとつです。

実際に使用した感じは感覚になりますが、普通にPC使う分には全く申し分ありません。
前PCがクソ重たかったので当然と言えば当然ですが。
私の場合、仕事柄、会社のMACでAdobeのillustratorやPhotoshopを使うのですが、それの補助程度に自宅でも使用できればいいと思っており、その点も問題なくクリアできました。
ただ、Aftereffectのような動画編集作業においては、cpuが全然足りないのか落ちることがよくあり使用できないレベルです。
特に動画編集が必須なわけではないので問題ありませんが…。

それと自宅録音や打ち込みが趣味で作曲ソフトも使用していますが、こちらも特に問題なく使えます。
ただし、このソフトでプラグインの音源をたくさん使いながらレコーディングすると音飛びしたりも実際ありました。
それぞれ重いプラグインを同時に使えば動作が重くなるので当たり前ですが。

そういったわけで、ある程度ここら辺までの負荷なら大丈夫という感覚で普通に使用してればストレスはありません。
音楽聞きながらイラレ、フォトショ使用していてもそれなりに動いてくれますが、その辺が限界とも言えます。
なので動画編集レベルの仕事などは、やはりそれなりのスペックを選ばないとダメだという感じでしょうか。


HP Directplus オンラインストア

コメントする