【レビュー】Let’s note SZシリーズ

 ビジネスに必要な性能・機能を備え、光学式ドライブも内蔵する12.1型のオールインワンモバイルPCです。 世界最軽量の929gを実現しています。

  ⇒ Let’s note SZシリーズ


 夏モデル最終処分・・・全品10%OFF!!台数限定、在庫がなくなり次第終了。

 キャンペーン一覧・・・シリーズ・商品別の特別キャンペーンや、買取・設定・分割購入等の定番キャンペーン。


 SXシリーズ


掲載日:2017/10/4
投稿者:たかひろ
機種:Let’s note SZ6 CF-SZ6 (2017年4月購入)
基本構成:Windows 10 Pro,Core i5 7300U,メモリ8G,SSD128G,HDD1T,DVD,12.1型WUXGA,¥226800,2017/10/5時点
評価:★★★★☆


とても使いやすいのですが、アプリによっては動作が遅くなります。
また、起動している時はファンがほぼついているので少しうるさいです。
処理時間が早く大容量保存ができるSSD+HDD搭載なので、パソコンが素早く起動し、多くのデータを保存できます。

画質や音質はとても良いです。
動画再生が趣味の方でも十分お使いいただけると思います。
DVDドライブがついているのでDVDデータをその場で読み込め高画質映像を楽しめます。
オリジナルDVDを作成することもできます。
キーボードの並びがほかのパソコンと違うことから使いにくいと評判ですが、実際は指が引っ掛かりにくいリーフ型キーボードなのでとても使いやすいです。

また、写真以上に実物を見るととてもかっこいいです。
1㎏以下でとても軽くて薄いので持ち運びにも困りません。
頑丈なボディで少しの衝撃では壊れませんが、落としてしまってボディが歪んでしまったら元に戻りません。

作業効率がいい上に省電力性はキープされているので屋外での作業にも向いています。
着脱式のバッテリーパックなので劣化しても交換することで長い年月使用することができます。
セキュリティとプライバシー保護が強化されているので安心してパソコンを使えます。

以上のことからいい点も多くあり、今まで使ったノートパソコンの中ではかなり使いやすいです。
学生から社会人まで幅広い年代で使える素晴らしいパソコンだと思います。
しかし、このパソコンより性能が良いものがあることも事実です。


掲載日:2017/4/24
投稿者:そむりえ
機種:Let’s note SZ6 CF-SZ6F21VC (2017年4月購入)
基本構成:Windows 10 Pro,Core i7 7500U,メモリ8G,SSD256G,DVD,12.1型WUXGA,Office Pro+365,¥193800
評価:★★★★★


シンプルなデザインで非常に軽く、持ち運びしやすいです。
私は日中よく移動するのでこの点はとても便利です。
かばんにノートや書類と一緒に入れても大丈夫なほど、耐久性もあります。

読み込むときの音も他機種と比べて小さく、全然気になりません。
CDを読み込むときの音も比較的小さめだと思います。
サウンドの性能は普通で、可もなく不可もなくといったふうに感じました。
写真は結構な高画質で撮れ、操作がしやすい印象です。

私の大学ではかなりの数のユーザーがこの機種を使用していますが、皆性能に満足しているようです。
授業ではプログラミングも扱うのですが、全く問題なく使用できます。
また、ストアで簡単にアプリを購入できるので、あらゆる機能を存分に活用可能です。
私はよくゲームをするのですが、カクついたりすることは一切なく、かなり快適にプレイすることができます。
それはオンラインで対戦したりするゲームでも同様です。

以上のように、このPCはかなり高機能であり、使い勝手のよい機種です。


掲載日:2017/1/29
投稿者:ガンバリオ
機種:Let’s note SZ6 CF-SZ6EDLQR シルバー (2017年1月購入)
基本構成:Windows 10 Pro,Core i5 7200U,メモリ8G,SSD128G,DVD,12.1型WUXGA,Office H&B,¥167781,2017/1/29時点
評価:★★★★★


今回で2代目となるレッツノートだが、やはり、このサイズ感は電車の中で膝の上に置いて作業をするときに、とてもしっくりくる。
また、多少雑に扱っても壊れる心配が無いということが、普段手に触れている中で感じとることができる。

重量についてもビックリするぐらい軽く、毎日バッグに入れて持ち運ぶのが、全く苦にならない。
バッテリーの持ちも非常に良く、Sサイズのバッテリーでも朝から夕方頃までは、連続して作業することができる。

キーボードも最近の薄型PCとは違い、キーストロークがキチンと確保されており、気持ちよくタイピングすることができる。
光学ドライブが搭載されている点も嬉しい。

目新しさこそ無いが、頑丈さやバッテリーの持ちなどの安心感から、いつでも作業に集中することができるのが最大の魅力なのではないかと感じている。
個人的には、ビジネスの場での利用頻度は以前より減ったものの、長距離の移動時にDVDを鑑賞するなど、ちょっとした息抜きにも使っている。
未来的な奇抜さや薄さなどは無いが、レッツノートには、変わらないカッコよさがある。


掲載日:2017/9/21
投稿者:シサク
機種:Let’s note SZ5 CF-SZ5PDQ6S シルバー (2016年11月発売)
構成:Windows 7 Professional,Core i5 6300U,メモリ8G,SSD256G,DVD,12.1型WUXGA,¥179800,2017/9/21時点
評価:★★★★★


一番の特徴はとにかく軽い。
頻繁に持ち運ぶ際は重量がかなり身体の負担になるが、このモデルは今まで使用したノートパソコンの中で一番身体に負担が少ない。
リュックに入れていれば一日中歩いても肩に掛かる負担は少なかった。

次点で頑丈さが上げられる。
特に新幹線の中での作業で効果を実感できる。
並のノートパソコンでは新幹線の振動で動作が遅くなる事が多々あるが、このモデルにしてからは新幹線の振動による動作が遅くなる感覚が感じられない。
かなりストレスフリーで使用できるといえる。

次にバッテリーの持ちが良い。
開いてオフィス程度の作業であれば6時間はも持っている。
バッテリーの持ちが悪いノートパソコンでは3時間程であったので、倍の時間充電無しで使用できるのは非常に助かる。

後は小型である事が利点と感じる。
鞄からノートパソコンの出し入れは意外とストレスになる事があるが、最小限の配置をしている為、鞄に入れる際にスムーズに入れる事ができる。


掲載日:2017/6/25
投稿者:NHA
機種:Let’s note SZ6 CF-SZ6EDKPR シルバー (2016年10月14日発売)
構成:10H,Core i5 7200U,メモリ8G,HDD1T,DVD,12.1型WUXGA,Office H&B,¥196774,2017/6/25時点
評価:★★★★★


とてもシンプルなデザインで、気に入っています。
キーボードの軽さも私にとってはとても叩きやすくて、1代目のレッツノートから重宝しています。
大きさに関しても大きからず小さからずで、使いやすさ抜群です。
タッチパネル式ではありませんが、特に不自由することはなく日々楽しくパソコンを使用しています。

音楽を聴きながら作業することもありますが、音もきれいに聞こえるし途中で途切れたりすることもありません。
CDプレーヤーで聞いているような感覚で聞くことができますが、これには十分満足で仕事の作業効率も抜群です。
以前からタフで有名なレッツノートですが、ちょっとぶつけても傷が付きません。
落としたことはありませんが、丈夫であるというのはとても頼り甲斐のある満足度の高いノートパソコンです。

この機種を購入して使用できるというのは、私にとってとても幸せなことだと思っています。


掲載日:2017/5/29
投稿者:ユズ
機種:Let’s note SZ6 CF-SZ6EDLQR シルバー (2016年10月14日発売)
構成:Windows 10 Pro,Core i5 7200U,メモリ8G,SSD128G,DVD,12.1型WUXGA,Office H&B,¥181130,2017/5/29時点
評価:★★★★☆


見た感じは、ややダサいとも言えます。
Panasonicのノートパソコンは、ビジュアルの美しさよりも強度や耐久性、軽量を追求しているのが売りなので仕方がないです。
外でパソコンを使っている人を見ても、レッツノートシリーズはすぐにそれとわかりますね。
とにかくハードの作りが丈夫なので、自分の場合はPC専用ケースに入れずに、そのままカバンに入れてガンガン持ち歩いていますが、約半年使って今のところ問題ありません。

私は反射光が気になる人間なのですが、本機はアンチグレア液晶を採用していて目の疲れが減った気がします。
電源スイッチが一般的なキー面にあるボタン式ではなく、本体側面にあるスライドスイッチ式であるところには、今だに慣れず電源を入れづらいです。

起動は数秒以内ととても早く、起動時に(チュゥン)というような音がします。
全体的に作動音は静かです。
文書の打ち込みなどをしていると、ひと操作ごとに(シン、シン)というちいさなノイズがします。

本体のサウンドシステムはモノラルなので音は悪いです。
音声ファイルはイヤホンをつないで聞きましょう。

個人的な満足ポイントは、キーボードのタッチの良さにつきます。
打ち心地が良いので、サクサク文章が書ける気がしてきますし、そこはお勧めです。


掲載日:2017/9/22
投稿者:cwmenbou
機種:Let’s note SZ5 CF-SZ5WDKPR シルバー (2016年6月10日発売)
構成:10H,Core i5 6200U,メモリ8G,HDD1T,DVD,12.1型WUXGA,Office H&B,¥229800,2017/9/22時点
評価:★★★★☆


初めて自分用に購入したのですが店頭で他の機種とよく比べてみると、ウィンドウズのノートパソコンとしては一番軽量コンパクトで、しかも容量も1テラバイトだったのでレッツノートを選びました。
ただ、コンパクトなぶん液晶画面が小さいため、そろそろ老眼が進みだした私には文字が小さくて、裸眼で読むのがつらい時もあります。
私の場合、記事によってはルーペを使って読むこともあります。

もともと職場で支給されて使い始めた最初のノートパソコンがレッツノートで、その次に支給されたのがダイナブックだったのですが、ダイナブックはレッツノートに比べるとキーボードのタッチがやや重く、入力スピードが遅くなったと感じていました。
ですから自分用のパソコンとしてレッツノートを使ってみると、なじみのあるキーボードの配置や叩いた時の触感が戻ってきて、とても使いやすいです。

また、購入した8月にクーラーのない部屋で使っていた時に、キーボード手前の金属部分がとても暑くなり故障したのではないかと思いました。
ネットの口コミを見てレッツノートは熱くなりやすいということを知って一安心しましたが、それ以降、夏は冷房の効いていない場所では使わないようにしています。


掲載日:2017/2/1
投稿者:gugla
機種:Let’s note SZ5 CF-SZ5XDMQR ブラック (2016年6月発売)
構成:Windows 10 Pro,Core i7 6500U,メモリ8G,SSD256G,DVD,12.1型WUXGA,Office H&B,¥249800,2017/2/1時点
評価:★★★★☆


ソニーのバイオから昨年に変えたものです。
昔使っていたモデルは今から9年前に購入したモデルだったため、これまでよりも使い勝手がすごくよくなっていました。
例えば、パソコンの重さが以前の半分ぐらいになっていて、出張などで持ち運ぶ際も便利になっています。
また、以前はハードディスクを読み込んでいるときの「カリカリ」という音が気になってしょうがなかったのですが、ファイルを読み込んでもほとんど音が出ず静かなので、新幹線などに持ち込んで作業しても人目を気にすることが無くなりました。
画面サイズも丁度良い感じで使いやすいと思います。

ただ、CDやDVDを入れる位置が正面側になっていたり、電源を押す位置が下側に変わってしまったりしている為、今でもたまにDVDを入れる際に右横側のボタンを押してしまうなど、少し混乱しています。
それからバッテリーの駆動時間が仕様よりも少し短い17時間程度で、いつも切れてしまう点も気になっています。


掲載日:2016/11/22
投稿者:なんとか
機種:Let’s note SZ5 CF-SZ5ZDLVC (2016年4月購入)
評価:★★★★☆


たしかに軽いのですが、体積が大きいのでカバンの中でかさばります。
ただ、体積的にはかさばりますが、軽いので持ち運びがある程度は容易です。
サウンドの質はなかなか良いと思います。
少なくとも依然使用していたパソコンよりは良いです。

このタイプのパソコンの性能で特筆すべき点は特に無いのではないかと思いますが、あえて挙げられるとすれば感度の良さかもしれません。
内蔵ポインティングデバイスの感度が良いため、マウスを使用しなくても動作が遅いなどといった不快感はあまりないです。
ポインティングデバイスが丸くなっていて、その縁に指をあててデバイスの上で指先を軽く回すだけで上下にスクロールすることが可能なのは、便利な点ではないかと思います。
また、キーボードのタッチは軽いのですが、しっかりキーを押さないと反応しない仕様になっているため、タイプミスが依然より減少したように感じられました。


掲載日:2017/9/22
投稿者:たも
機種:Let’s note SZ5 CF-SZ5 (2016年3月購入)
評価:★★★★☆


写真で見た時よりも無骨な感じがしましたが、何よりもその軽さは持ち運びに便利です。
ノートパソコンを持って移動して移動先での使用することが多く、そんな時には大きすぎず重たくないこの製品はとても便利に感じます。
CDドライブも付いてこの軽さですので、CDやDVDを使った作業にも便利です。

マウスを使わずにパソコン操作を行うことも多いのですが、そんな時にホイールパッドで指だけでの操作もちょっとしたやり方などを覚えるとその方法は癖になりますし、ほかのノートパソコンでは満足出来なくなります。
特にページをスライドさせていく時の操作はそれだけで少し快感でもあり、これを使っていないほかのノートパソコンを使用している人に自慢したくなるほどでした。

また、USBの差し込み口が右側に全てあることで両方に差し込むことがなくノートパソコンで机の上で作業面積をとる場所も少なくなっていることが作業の効率化にも繋がります。
作業中はタスクが多ければ熱を持つこともありますが、それは管理次第で起きないのでそこも使いやすさに繋がっている感じです。


コメントする