【2013】コンバーチブル型パソコンへの意識調査【アンケート】



調査日:2013/10/23
調査内容:コンバーチブル型PC所有の有無と興味について
調査方法:インターネット上でのアンケート
サンプル数:100人(男性58人、女性42人)

 2013年はかつてないほど各社からコンバーチブル型PCが登場しましたが、実際使われているのかどうか、興味はあるのかどうかについて調べてみました。


■所有者

 まず人気の程はどうなのか?どのくらいの人が所有しているのか?という点についてチェックしましたが、想像以上に持っている人は少ないみたいです。 日々新しいモデルが次々登場していますが、いったいどの辺の層が購入されているのか気になりますね・・・。

たったの5%という僅かな所有率ですが、一応男女比を調べてみるとこちらも驚きの結果が出ました。 なんと5人中4人が女性です。 てっきりこういった遊び心のあるモデルは男性の方が興味を持つものだとばかり思っていましたが、意外にも女性に人気がある模様。 またタイプはよりコンパクトな一体型が好まれている様です。


■未所有者

 じゃあ、持っていない方々の興味はどうなのだろう?と食い下がってみましたが、興味そのものはかなり多くの方が持っているみたいです。 それでも購入される方が少ないというのは不況の影響なのでしょうかね? ある意味「遊び」的な存在でもありますから、経済的な余裕が生まれないと購入には至らないのかもしれません。

そして更に欲しいタイプのモデルを聞いたところ、意外とより大画面のモデルが人気みたいです。 所有されている方がよりコンパクトタイプを望んでいるのとは対照的ですが、かつて10型のネットブックから11.6型のCULVノートへ人気が移り、更に14型のホームモバイルへと移行したのち13型/14型のウルトラブックが最盛期を迎えたことを考えると、現在はこの辺りの液晶サイズがモバイル用途として好まれるのかもしれません。 と言いますか、このサイズが最終的な答えになるのではないでしょうか? しかし、タイプ的には一体型・分離型共に人気があるので、この辺の今後の動向を予想するにはまだまだ時間がかかりそうです。

最後はコンバーチブル型に対して興味すらわかない方(全体の16%)にその理由を聞いてみました。 最も大きな理由は、単純に「魅力を感じない」人が多い模様です。


以上、ここ一年の間ずっと気になっていたコンバーチブル型について色々と知ることが出来ました。 しかしほとんどの方が持っていないのですね・・・。 あれだけ各メーカーから発売された数々の機種はいったいどこへ行っているのやら・・・。 コンバーチブル型が勢いを増してきたのは丁度今から一年前ですが、この間販売を終了したメーカーがある反面、新たに発売を開始したメーカーもあるので、まだまだ人気は衰えていないみたいです。 いまだに10近いメーカーから販売されていますが、浮き沈みの激しいのがこの世界。 来年はまた違った風が吹いてくるかもしれません。