【レビュー】Dell XPS(ノートブック)




 ワンランク上の性能を備えたノートPCです。 高い潜在力を秘めており、性能だけでなく質の面でも様々な付加価値を備えています。 シンプルながらデザインもなかなかシャープな感じで良いのではないでしょうか。

  ⇒ ノートパソコン&タブレット ページ


 今週のおすすめページ・・・期間限定で最新モデルを値引き! クーポン等

 在庫一掃ページ・・・台数限定モデルを通常より更に割引き! クーポン等


 XPS 13


掲載日:2016/9/1
投稿者:yukie2flower
機種:Dell XPS 12 (2012年10月購入)
評価:★★★★☆


一時期存在した、画面が回転してノートPCとタブレットの両方の状態になるコンバーチブルタイプのパソコンです。
画面の見やすさもよく、PCとしての性能も他のタブレットに比べて高めなので、快適に使えています。
現在はWindows10にアップグレードしていますが、Windows8時代からパフォーマンスで不満を感じたことは一切ありません。

コンバーチブルタイプの利点はノートパソコンとしてもきちんと使え、タブレットとしても使えることです。
その点においてこのパソコンはそれぞれのノートパソコン、タブレット専用機に比べると若干劣るところはありますが、両方を使うよりははるかに良いと思っています。
具体的にはノートパソコンに比べると画面部分が若干重くてバランスが悪い、タブレットとしては重量がかさんでいるというところがあります。
でも画面部分が重すぎて後ろに倒れることはありませんし、持って歩くのでなければ多少重くても問題になりません(むしろCPU性能が良いため普通に使えてよいと思っています)。

唯一残念なところはCPU性能が高いために発熱が多く、ファン音が大きい部分です。
ただ、同一性能の他のパソコンでもほぼ状況は変わらないので、トータルでこちらのほうが良いと思っています。


掲載日:2013/12/1
投稿者:yukiguni
機種:Dell XPS 15 L502X (2012年4月購入)
評価:★★★★☆


■ デザイン

 シルバーと黒でデザインされてあり、シンプルで高級感がある。 「DELL」のロゴが浮き彫りでデザインされているのもいい。 キーボード横にスピーカーがあるので、蓋を開いた状態でも普通とはちょっと違うなと思わせるデザインです。

■ 処理速度

 CPUが「Core i7」でありメモリも8GBを搭載しているので、以前使用していた「CoreDuo」に比べ格段に向上している。 「Windows7」を初めて使用したが初期設定の状態でも快適に動作し、旧PCでは起動に1分程度のソフトが半分近くで起動できた。

■ グラフィック性能・液晶

 オプションで専用グラフィックを搭載しているので、オンボードに比べると動画視聴やゲームが快適である。 液晶は光沢モデルを選択したが、映り込みは少なく動画をストレスなく視聴できた。

■ 拡張性

 USBポートが左・右・背面と分かれているので使い勝手は良い。 LANポートと電源も背面にあるのでケーブルの取り回しが楽だった。 USBポートの1つが「USB3.0」に対応しているので、新しい周辺機器にも対応できる。

■ 使いやすさ

 キーボードはテンキーがないタイプなのでキーピッチが大きく、デスクトップ用のキーボードに慣れた自分でもタイピングに不便は感じなかった。 浮石型キーもしっかりとした打鍵感があり、ミスタイピングも少なくて快適である。

■ 静音性・サウンド性能

 スピーカーがキーボード横にあるので、音がこもることがなくクリアに聞き取れる。 JBLスピーカーの2.1chサウンドも良好である。 ただしファンの音が初期から思っていたよりも大きく、高負荷で作業するとかなり耳障りだった。

■ 携帯性

 PCを携帯することはないが、据え置きタイプのノートなので携帯には向かないと思う。

■ ソフトウェア

 海外向けのソフトが多く、付属ソフトは使用することなくアンインストールしている。 国産PCのようにたくさん搭載されているわけではないので、アンインストールが不安な人はスタートアップから外したり、自動起動しないよう設定するなりした方が良い。

■ 総評

 「DELL」のPCは3台目であるが、余計なソフトが少なくて良いものの日本向けモデルについては付属ソフトをしっかりと検討してほしい。 購入時のオプションを細かくカスタマイズできるのは良いのだが、時折限定セールでカスタマイズ不可になる項目がある。 期間限定でメモリアップグレードや割引きがあるので、購入を検討する際はこまめにサイトをチェックしたほうが良い。 国産ハイエンドPCと同程度がかなり安く購入できたので、新しいモデルにも期待がもてる。


掲載日:2016/9/5
投稿者:U-SFX
機種:Dell XPS 17 L702X (2011年8月購入)
評価:★★★★★


すでに5年以上前のモデルとなりますが、現在でも十分以上の性能と拡張性を備えた優れたマシンです。
メモリは最大16GBまで搭載可能で、多数のアプリケーションの同時使用や、VirtualboxやVMware、Hyper-Vなどを用いた仮想マシンの複数稼働にも十分耐えられます。
内蔵ハードディスクは2台搭載可能であり、大容量のデータを収納可能。
OSをインストールするディスクをSSDにしたり、もう一方のディスクを1TB以上の大容量ディスクに換装するなどの構成も良いかもしれません。
17インチのディスプレイと優れたサラウンドスピーカー、NVIDIA製グラフィックボード(GeForce GT 555M)内蔵により、最近の3Dゲームも快適にプレイできます。

DELLのマシンはユーザーによるメンテナンスやカスタマイズが容易であり、交換部品も中古市場で手に入れやすいのが非常な利点です。
こまめに分解して部品交換やクリーニングを行うことで、今後数年は現役稼働させられると思います。


デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。