【レビュー】SONY VAIO Fit 14A/15A

iconicon  大画面・高画質ながらタブレットスタイルでも使用できるホームノートパソコンです。 薄型でお洒落な外観は、お部屋のインテリアの一つとしても映えるのではないでしょうか。 モビリティも割と高めなので、屋内での持ち歩きなどにも余裕で対応できます。 性能もなかなか高く、高性能プロセッサや大容量メモリ、SSDや専用グラフィックなどを選択すれば、快適なパフォーマンスを実現可能です。

  ⇒ VAIO Fit 14A/15Aicon


 OUTLETicon・・・旧型モデルを特別価格で購入可能です。


掲載日:2013/12/6
投稿者:tk_aki
機種:2013年秋冬モデル(Fit 15A)
標準構成:Windows 8,Pentium 3556U,Mem4G,HDD500G,15.5型フルHD,¥89800,2013/12/6時点
評価:★★★★☆


■ デザイン

 表面の素材はアルミニウムを使用しています。 ヘアライン加工でシャープなイメージは実際に画像で見た時よりも仕上げ方が理想に近いです。 どのシリーズもそうですが全体的にスタイリッシュなデザインはやはりブランド「VAIO」のイメージを崩さず、また今回のモデルはギミック有りで先進的なところも魅力的でした。

■ 処理速度

 ハイブリッドHDDということで期待していましたが、出荷直後はとても快適で従来のHDDタイプより3倍は早かったと実感しています。 しかし、アプリケーションをどんどん注ぎ込むとモッタリとしてくることは否めません。 また、スリープ中もネットワークへの常時接続がされていますので、高速にパソコンを起動することができる機能は常に重宝しています。

■ グラフィック性能・液晶

 NVIDIAのアクセラレーターやディスプレイを2880×1620ドットの高解像度液晶にスペックアップも可能でしたが、ノートですからデフォルトのままに決定しました。 タブレットタイプにもなり、その場合は画像加工やデザインなどもスムーズにできる感じです。 綺麗な表示だと思います。

■ 拡張性

 周辺機器は特に使用していませんが拡張性も豊かです。 メモリは16ギガまで、またハイブリッドドライブは1TBまで拡張できます。 自宅ではNASを導入していますので、とにかく高速に動作してほしいことから現状のままでいてくれれば問題ありません。

■ 使いやすさ

 タブレットタイプにした場合にとてもスムーズに使用できることがまず一番の魅力です。 またウイルス対策ソフトを入れるときはシステムが遅延しないか心配でしたが、まだ大丈夫です。 キーボードもストレスはありません。

■ 静音性・サウンド性能

 SSD部分で起動するとほとんどノイズもなく快適です。 また書き込みが多くなるとどうしてもアクセス音は大きくなりますが、メモリ増設とHDDのクリーンアップで難なく解消できます。 サウンドはあまり試していませんが、ハイスペックなスマホより音は掴みやすいと思います。

■ 携帯性

 15型ノートパソコンということで大きめですが、モバイルで持ち歩いても本体重量は約2.2kgと軽量ですから重宝させてもらっています。

■ ソフトウェア

 写真やちょっとしたビデオムービーを楽しめるアルバムアプリと、チャレンジしてみたかった「Adobe Photoshop Elements 11」が入っています。 合成写真なども楽しめて、子供にもお絵かき気分で扱えると喜んでいます。

■ 総評

 これまではデスクトップ派でしたが、軽量な「vaio」を購入できて幸せな気分です。 また巷では「vaio」は「macbook」といい勝負だとよく言われますが、自分もその通りだと思います。 デザインもシンプルで好みのタイプです。 私が選んだ理由はやはりそのギミックですね。 変形してタブレットになることですが、やはりちょっとおざなりかもしれませんので、もう1つだけでもソニーらしいギミックが欲しかったような気がするかもしれません。


ソニーストア

コメントする