【比較】Core i5にGTX1060搭載のデスクトップで安いのは?「パソコン工房とフロンティアが互角の勝負!!」(¥106488~)10H,Core i5 8400/8500,メモリ8G,HDD1T,GTX1060,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ8GBを基本構成とします。
※2017/2/15よりGTX700/900シリーズからGTX1060へと変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i5 8400>Core i3 8100≧Core i5 7500>Core i5 7400
・グラフィック:GTX1070>GTX1060≧GTX970>GTX960>GTX950>GTX1050>GTX750 Ti>GTX750
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
マウスコンピューターLUV MACHINES
G-Tune NEXTGEAR-MICRO
ドスパラ・ミニタワーパソコン
パソコン工房デスクトップPC


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込
フロンティアFRGAH370/WS5 GAシリーズ 台数限定セール
 10H,Core i5 8400,8G,SSD480G,HDD2T,GTX1060,600W-B,¥111024,在庫:17,2018/7/3-15:00迄


【2018年6月30日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。

メーカー別比較表 OS Core i5 メモリ HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
マウスLUV MACHINES iG700SN 10H 8400 8G 1T GTX1060 DVD 500W-B ¥115,992
ドスパラMagnate MJ 8500 450W-B ¥114,458
工房STYLE-M1B6-i5-RNJ 8400 500W-S ¥106,898
フロンティアFRMXH310/A MXシリーズ 600W-B ¥106,488

最も安いのはパソコン工房とフロンティアがほぼ同額で並んでいます。 ただ、パソコン工房の方が電源の質が高く、フロンティアの方が電源の容量が大きいので、希望や用途に合わせて選んだら良いのではないでしょうか。

また、これらより5千円ほど高いのですが、フロンティアの台数限定セールモデル「FRGAH370/WS5 GAシリーズ」がなかなかお買い得です。 最近はSSDを選択されるのが常識となってきましたが、なんと480GBも積んでおり、さらにHDDも2TBあるという非常に大容量となっています。 スピードだけでなく容量も重視される方に向いていそうです。

フロンティアFRGAH370/WS5 GAシリーズ 台数限定セール
 10H,Core i5 8400,8G,SSD480G,HDD2T,GTX1060,600W-B,¥111024,在庫:17,2018/7/3-15:00迄


【2018年5月12日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回はフロンティアがギューンと値下げされて、最安となりました。 こちらはいつものキャンペーンモデルではなく通常モデルでして、これよりお買い得そうなSSD搭載のキャンペーンモデルもありましたが、価格重視でこちらを取り上げてあります。 興味のある方はキャンペーンもチェックしてみて下さい。

ただ、スペック的にはドスパラ・パソコン工房にプロセッサ性能で劣りますね。 これらは新プロセッサへの移行が進んでいますが、マウスとフロンティアはまだまだ購入できるので、価格重視の方にお勧めのメーカーです。 ちなみにプロセッサの性能差については下記の通りで、結構な差が付いております。

Core i5 8500 6コア・・・1081
Core i5 8400 6コア・・・1046
Core i5 7400 4コア・・・688
ドスパラ調べ:https://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_intel_cpu?waad=hX0TUucV


【2018年3月22日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回最も安かったのはパソコン工房となりました。 コンシューマ向けのSTYLEでは既に新プロセッサへ移行してしまい高価だったのですが、ゲーミングPCのLEVELではまだ現プロセッサが購入可能です。 ただし、Core i5 7400ではなく7500ですが、性能が高いのに最安を実現しているのでコストパフォーマンスは良いと思います。 電源性能も高いですし、文句無しの内容です。

一方フロンティアは手頃なスペックのモデルがなく、やむなくハイスペック構成なモデルを取り上げています。 特にプロセッサとメモリが高性能ですが、その分価格もかなり高めです。


【2018年1月31日更新】

 2ヶ月ぶり24度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回は値上げされたメーカーが目立ちました。 特に第8世代インテルプロセッサ搭載のパソコン工房は、これまでの最安から安値3位へと順位を落としております。 それでも最安ドスパラとの価格差は千円程ですしHDD容量・電源性能も上、そして何よりプロセッサの性能差を考えるとパソコン工房のコストパフォーマンスが一番良いのではないでしょうか。 プロセッサの性能差については前回の更新を参考にして下さい。 なかなかの高性能です。


【2017年12月10日更新】

 2ヶ月ぶり23度目の更新です。 今回は全4メーカーになります。


パソコン工房はSSD非搭載になったにもかかわらず価格が上昇して首位陥落です。 変わって1位になったのはマウスコンピュータでして、パソコン工房との価格差はわずか194円になります。 スペックも全く同じなのでどちらを選んでも良いのではないでしょうか。

そろそろ第8世代インテルプロセッサを採用するモデルが登場し始めました。 なかなか性能の高いプロセッサでして、Core i3でもCore i5に匹敵する様な実力みたいです。

Intel Core i5-8400 @ 2.80GHz(6コア)・・・11,685
Intel Core i3-8100 @ 3.60GHz(4コア)・・・8,235
Intel Core i5-7500 @ 3.40GHz(4コア)・・・8,090
Intel Core i5-7400 @ 3.00GHz(4コア)・・・7,406
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2910&cmp[]=3103https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2910&cmp[]=3097https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2910&cmp[]=2929


【2017年10月13日更新】

 2ヶ月ぶり22度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回最も安かったのはパソコン工房となりました。 前回最安だったeX.computerは若干値下げされて2位に転落しています(HDD容量を他に合わせた為)。 またパソコン工房は現在実施中のオータムセールによってSSD120GBが0円でプレゼントされているので非常にお買い得です。 最安な上にSSD&HDD構成ということで他メーカーは全く敵わなそうですが、さらに電源の性能も高いなど至れり尽くせりな内容となっています。


【2017年8月19日更新】

 2ヶ月ぶり21度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回割と値下げされた機種が多かったです。 ただし、前回最安だったパソコン工房のみ値上げされてしまい、2位に転落しましたが・・。 代わって最安となったのはeX.computerでして、前回より電源の容量が50W増量されつつ1080円値下げされました。 パソコン工房との価格差は1274円程度ですが、工房の方がHDD容量が倍の1TBあり、さらに電源の性能がワンランク高いので、コストパフォーマンスはこちらの方が良さそうです。


【2017年6月17日更新】

 2ヶ月ぶり20度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回も最も安いのはパソコン工房となりました。 ただ、プロセッサが旧世代のものから新世代のものに変わったので、やや価格は上昇しています。 次いで安いのは約千円差でeX.computerです。 しかし、パソコン工房と比べてHDD容量と電源性能で劣るので、お買い得度はさらに落ちると思います。 全体的に見てもドスパラのプロセッサ以外は特に秀でた部分を持つモデルは無いので、パソコン工房の一択となるのではないでしょうか?


【2017年4月15日更新】

 2ヶ月ぶり19度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回は前回非常に高価だったマウスコンピュータとドスパラが値下げされました。 ただ、SSDやHDDが無くなったりしてスペックダウンしています。

最も安かったのは唯一10万円を切るパソコン工房です。 ただしプロセッサは旧世代のものなので、価格のみを重視される方にお勧めかと思います。 それでも電源の性能は高いですし、コストパフォーマンスは良さそうです。 Kabylake搭載での最安はeX.computerですが、こちらはHDD容量が一番少なくなっています。 安いには安いなりの理由がありそうですね・・・。


【2017年2月15日更新】

 2ヶ月ぶり18度目の更新です。 GTX750およびGTX750 Tiの取り扱いはほぼ無くなったので、今回からGTX1060を搭載したモデルを比較していきたいと思います。 GTX1050との組み合わせはこちらです。


最も安かったのはパソコン工房となりました。 HDD容量も多く、電源の性能も高いなど内容も良いです。 マウスコンピュータとドスパラはSSD標準装備で価格を押し上げていますが、仮にパソコン工房にSSD240Gを追加しても112276円で、それらよりかなり安いです。 まぁ、プロセッサが旧世代のものになりますが、価格を重視される方にはパソコン工房がお薦めかと思います。


【2016年12月14日更新】

 2ヶ月ぶり17度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


GTX1050を搭載したモデルが出てきたので、そちらに移行しようかと考えましたが、性能は劣るものの価格が安いGTX750 Ti搭載モデルがまだまだ現在ですので、現状維持でいきたいと思います。 ただし、中にはGTX750 Ti搭載モデルより安いGTX1050搭載モデルもありました。 次回更新時は移行するかもしれません。

最も安いのはそのGTX1050搭載モデルであるeX.computerですが、ストレージはHDD500G、電源はノーマルタイプと、他に比べてこれらの点が抑えられています。 一番コストパフォーマンスが高そうなのは、SSDにHDDを組み合わせたパソコン工房でしょうか? ただ、仮にeX.computerでSSD128Gを追加しても+2千円、SSD250Gを追加しても+3500円なので、こちらの方が魅力的かもしれません。


【2016年10月16日更新】

 2ヶ月ぶり16度目の更新です。 今回はHPが無くなったもののフロンティアが追加されて、合計5メーカーとなっております。


最も安かったのはフロンティアのキャンペーンモデル「オータムセール」モデルになりました。 とは言うのもの他メーカーとの価格差は最大でも3000円程度でして、全メーカーが僅差で激しいバトルを繰り広げております。 フロンティアは価格こそ最安なものの光学ドライブは非搭載でして、カスタマイズでも選択することはできませんでした。 この点は非常に残念ですが、唯一のスリムタワーでもありますので、省スペースタイプを希望される方にお勧めです。

奇しくも今回は全メーカーでGTX750 Tiを搭載しているので非常に比較しやすいですが、これらの中で最も内容が良いのはパソコン工房です。 なんとSSDとHDDのダブルストレージになっており、スピードと容量の両立を実現しています。 また、電源の性能も高く、80PLUS SILVERを採用。 ストレージの容量も多めですし、この価格帯でこの充実ぶりは非常にお買い得ではないでしょうか。 フロンティアとの価格差は3000円弱ですが、それを余裕で補うコストパフォーマンスの高さだと思います。 ちなみにパソコン工房は前回と比べてスペック変更により1万円も安くなっており、更にSSDはキャンペーンによるプレゼントです。


【2016年8月18日更新】

 2ヶ月ぶり15度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回の注目は、約5000円値下げされたマウスコンピュータとドスパラです。 共に前回最安だったeX.computerを抜いており、安値1~2位へと躍り出ています。 マウスコンピュータはSSDが固定スペックで外せませんが、HDDも増設することが可能です。 また、電源の性能の高い点が特徴となっています。 一方ドスパラは高性能なプロセッサにSSD&HDD構成、更にグラフィックカードも性能が高いなどてんこ盛りな内容です。 どちらかと言うとドスパラの方が魅力的に感じました。

ちなみにマウスコンピュータは前回と比べて大幅にスペックアップされており、ドスパラはSSDが無料プレゼントHDDが無料アップグレードとなっています。


 

【比較】Core i5にGTX1050搭載のデスクトップでお買い得は?「4メーカーが価格差3千円内でひしめき合う!」(¥94608~)10H,Core i5 8400/8500,8G,HDD1T,GTX1050,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ8GB・DVDドライブを基本構成とします。
※2016/12/16より、GTX900シリーズからGTX1050へ変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i5 8500≧Core i5 8400>Core i7 7700>Core i7 6700>>Core i5 7500>Core i5 7400>Core i5 6500>Core i5 6400>Core i3 6100
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
マウスコンピューターLUV MACHINES
ドスパラGALLERIAドスパラMagnate・Knight・Lightning・Regulus(ミニタワーパソコン)
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアGA・GX・GZシリーズ(ミドルタワー)フロンティアGXシリーズ(マイクロタワー)


【最新特価パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年6月29日更新】

 2ヶ月ぶり15度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。

メーカー別比較表 OS Core i5 メモリ HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
マウスLUV MACHINES iG700SN 10H 8400 8G 1T GTX1050 DVD 500W-B ¥94,824
ドスパラMagnate MS 8500 400W-St ¥97,178
工房STYLE-M1B6-i5-LN-D 8400 500W-S ¥96,098
フロンティアFRMXH310/A MXシリーズ 600W-B ¥95,688

今回は全メーカーの価格が急接近しています。 94000円から97178円の間で4メーカーがひしめいておりますが、その中で最も安いのはマウスコンピュータとなりました。 ただ、一番高いドスパラはCore i5 8500を搭載していますし、3番目に安いパソコン工房はSLIVER電源を搭載しているなど、それぞれ特徴があってコスパも五分かと思います。 ただプロセッサはあまり性能差が大きくないので、気にしなくて良いのかもしれません。

Core i5 8500 6コア・・・1081
Core i5 8400 6コア・・・1046
ドスパラ調べ:https://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_intel_cpu?waad=hX0TUucV


【2018年5月11日更新】

 2ヶ月ぶり14度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回も最も安いのはフロンティアとなりました。 しかし、2位ドスパラとの価格差は2500円くらいまで縮まってきており、さらにドスパラはプロセッサがより高性能な最新タイプなので、コストパフォーマンスはこちらの方が高いのではないでしょうか? 詳しい性能差については下記の通りです。

Core i5 8500 6コア・・・1081
Core i5 8400 6コア・・・1046
Core i5 7400 4コア・・・688
ドスパラ調べ:https://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_intel_cpu?waad=hX0TUucV

数値はドスパラ独自の参考値となります。 倍とは言わないまでも約30%は性能アップしているのではないでしょうか。


【2018年3月21日更新】

 2ヶ月ぶり13度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回は前回最下位だったフロンティアが一気に価格を急降下させて最安となりました。 フロンティアは久々の最安ですが、キャンペーンによって非常にお買い得な内容となっています。 まず価格は他メーカーと比べて最低でも5千円以上は安いですし、さらに驚きなのが唯一SSDを搭載しているという点です! しかもよく見かける120GBではなく240GBと余裕があるので非常に魅力的なのではないでしょうか。 在庫もたっぷり30台ありますので、是非じっくり検討してみて下さい。


【2018年1月30日更新】

 2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回の注目は大幅値下げされた最安のドスパラです。 ここ半年以上、価格は微動だにしませんでしたが、ここへきて5400円ガクッと下がりました。 しかもHDD1TBが無料でプレゼントされ、コストパフォーマンスは非常に良いです。 唯一難点を上げるとしたら電源がノーマルタイプということくらいでしょうか。 浮いた予算でここを性能アップさせるのも良いですが、オプションにはPLATINUMやGOLDなどの高性能なタイプしかなく、11000円以上もするのが残念なところです。

また、パソコン工房では第8世代インテルプロセッサ搭載モデルしか見当たりませんでした。 価格的には他とあまり離れていないので、こちらも検討する価値はあるのではないでしょうか。 性能差は下記の通りです。

Intel Core i5-8400 @ 2.80GHz 6コア・・・11,740
Intel Core i7-7700 @ 3.60GHz 4コア・・・10,798
Intel Core i5-7400 @ 3.00GHz 4コア・・・7,414
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2929&cmp[]=3097

驚いたことにCore i7 7700を上回るスコアを叩き出しました。 ただ、シングルコアではCore i7 7700が勝っており、マルチコアではCore i5 8400が勝っていて、総合的にCore i5 8400が上と言った感じです。 第8世代インテルプロセッサ恐るべしですが、こういった点を考えると非常にお買い得なような気がいたします。

Core i7 7700:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=7700&sort=score
Core i5 8400:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=8400&sort=score
Geekbench 4 CPU Search


【2017年12月9日更新】

 2ヶ月ぶり11度目の更新です。 今回は全4メーカーになります。


ちょっと値上げが目立ちますね。 これまで安かった2メーカーが揃って価格上昇させてしまいました。 おそらくキャンペーンにたまたま入らなかったものと思われますが、今後復活するかどうかは不透明です。 その結果、最も安かったのはマウスコンピュータでして、ドスパラが僅差で続いております。


【2017年10月12日更新】

 2ヶ月ぶり10度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


前回最安だったパソコン工房が値上げされてしまった為、代わりにeX.computerが最安となりました。 唯一8万円台を実現していますが、スペック的にはあまり高くない印象です。 5594円差で2位につけるパソコン工房は性能が高く、コストパフォーマンス的にはこちらの方が上になりそうです。


【2017年8月18日更新】

 2ヶ月ぶり9度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回は少し価格が上下しました。 前回最安だったフロンティアが大幅な値上げとなってしまい、変わって最安になったのは前回と同構成で5400円値下げされたパソコン工房です。 千円差で首位を競うeX.computerと良い勝負をしていますが、パソコン工房の方が電源の性能が上なのでその点も含めて一歩リードしています。 ちなみにこちらは現在実施中の「夏の大感謝祭」モデルで期間限定ですのでご注意下さい。


【2017年6月16日更新】

 2ヶ月ぶり8度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回の注目は、キャンペーンモデルとなって大幅値下げされた最安のフロンティアです。 と言っても前回も同じキャンペーンのモデルでしたが、HDDが無くなりSSDのみとなって20304円も値下げされています。 仮にHDD1TBのオプションを追加しても+7800円なので、非常にお買い得となりました。

他メーカーはeX.computerが4千円差で安いですがこちらはHDDのみです。 SSDは信頼性の高い「WD GREEN SSD」の120GBが5500円から用意されているので、こちらもなかなか魅力的ではないでしょうか。


【2017年4月14日更新】

 2ヶ月ぶり7度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回最も安かったのはeX.computerとなりました。 ただ、HDD容量で電源容量は少なめなので、この点は留意する必要がありそうです。 2位にはパソコン工房が約千円差でつけていますが、こちらはHDD容量が多く電源の性能も高いなど、総合的に見た場合eX.computerよりもコストパフォーマンスが高くてお買い得だと思います。 ちなみにいつも激安なフロンティアはSSD付属になったこともあって、最も高価になってしまいました。 まぁ、こういう時もありますよね・・。


【2017年2月16日更新】

 2ヶ月ぶり6度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


最近、各モデルで値上げが続いておりますが、こちらも例外では無く、パソコン工房とフロンティア以外は7千円程度も上昇しています。 パソコン工房は前回と変わらず、フロンティアはSSDが無くなったもののプロセッサが最新のKabylakeとなって価格が6千円以上上がりました。 しかし最安はパソコン工房でして、eX.computerとフロンティアより2千円ほど安いです。 最新プロセッサを希望される場合はフロンティアがお薦めかと思います。


【2016年12月16日更新】

 2ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。 また本日より、GTX900シリーズからGTX1050へと変更したいと思います。


今回最も安いのは、久々にeX.computerとなりました。 価格差も割と大きく、2位のパソコン工房を5千円近くも引き離しています。 ただしHDD容量は少なめで電源の性能も低く、この2つをHDD1TB・400W-B電源にすると+2300円で税・送料込み83268円となります。 それでも最安ですが、さらに電源の性能を高めようとすると80PLUS SILVERがなくGOLDしかないので、性能は上がるものの価格もかなり上昇してしまいます。


【2016年10月17日更新】

 2ヶ月ぶり4度目の更新です。 今回はフロンティアが追加されて、合計5メーカーになっております。 最近、GTX1000シリーズの登場によって、GTX900シリーズも取り扱いが少なくなってきました。 ただ、GTX700シリーズに比べるとまだ多い方ですが、特定のタイプ(GTX950/GTX960等)を揃えるのは難しくなっています。 今回もかなりバラつきました。


今回の注目は、最安のeX.computerです。 唯一GTX950を搭載しているので、900シリーズで価格を抑えたいのであればコレに限りますが、前回と同構成で価格が4千円値下がりし、ここ約半年での最安となりました。 また、ドスパラはSSDが無くなったものグラボがワンランクアップして、価格は2千円下がっています。 G-Tuneもグラボアップに加えてプロセッサも旧世代のものからアップし、さらに価格が7千円以上もダウンしました。

コスパ的にはドスパラとパソコン工房が高いでしょうか? プロセッサ・グラフィック共に性能が高く、価格も税・送料込みで9万円台に抑えています。 ただし、パソコン工房は即納モデルのためカスタマイズは一切できませんのでご注意下さい。 ちなみにこちらは『ファイナルファンタジーXIV』 推奨パソコンでして、ゲーミングPCになります。 今なら価格.comレビュー投稿で2000ポイントプレゼントだそうです。 詳細はメーカーサイトにてご確認下さい。


【2016年8月19日更新】

 2ヶ月ぶり3度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回最も安かったのは、3240円値下げされたeX.computerとなりました。 しかし2位のパソコン工房はグラフィック無償アップグレードによってGTX960を搭載し、なおかつHDD1TBに80PLUS SILVER電源を搭載するなど内容が良くコストパフォーマンスが非常に高いです。 一方ドスパラはSSD無料プレゼントによってSSD120GBを搭載し、更に価格が前回と比べてこちらも3240円値下げされました。 また、プロセッサの性能が最も高い点も魅力ですが、どれも一長一短あって選択するのは難しそうです。

【比較】Core i5搭載のデスクトップでお買い得なのは?「1年ずっと同価格!ドスパラが唯一6万円台を実現して最安!!」(¥66938~)10H,Core i5 7400/8400,メモリ8G,HDD1T,DVD/Blu-ray

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ8GB・DVDドライブを基本構成とします。
※2017/10/11よりメモリ8GBを基本構成としました。


【性能比較】
・CPU:Core i5 8400>Core i5 7500>Core i5 7400>Core i5 6500≧Core i5 4590>Core i5 6400>Core i5 4460
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスLUV MACHINES
ドスパラ・ミニタワーパソコン
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアGXシリーズ(マイクロタワー)フロンティアSシリーズ(スリムタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年6月28日更新】

 2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。

メーカー別比較表 OS Core i5 メモリ HDD ドライブ 電源 ケース 価格(税・送込)
HP Slimline 270-p015jp売り切れ御免!キャンペーンA 10H 7400 8G 1T Blu-ray 180W-B スリムタワー ¥84,888
マウスLUV MACHINES iH700SN 8400 DVD 350W-B ミニタワー ¥82,728
ドスパラMagnate IM 400W-St ¥66,938
工房STYLE-M1B6-i5-UH 350W-B ¥72,338
フロンティアFRBSH310/B BSHシリーズ 300W-B スリムタワー ¥73,224

今回も最も安いのはドスパラとなりました。 もう1年間ずっと同じ価格ですが、他メーカーが価格を上下させている中、頑固なまでに低価格を守り続けています。 スペックは他とほぼ同じですが、唯一電源の性能はやや低めなので、気になる方は浮いた予算でアップグレードするのも良さそうです。 ただし、最安で+8900円の400W-GOLD電源ですが・・。 そうすると電源の性能は一番高くなりますが、価格はパソコン工房とフロンティアに負けてしまいます。 もう少しお手頃な電源があれば良いのですが、なんとも悩ましいところです。


【2018年5月10日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回もドスパラが最安となりました。 前回ほぼ同額だったパソコン工房とフロンティアは大幅な値上げとなってしまいましたが、ドスパラはここ1年近く価格が微動だにしません。 しかも今回、プロセッサが最新の高性能タイプへと変更されています! 安くて性能も高いハイコストパフォーマンスなドスパラを是非検討してみて下さい。 ちなみに管理人の愛機と同機種ですw

Intel Core i5-8400 @ 2.80GHz 6コア・・・11,791
Intel Core i5-7500 @ 3.40GHz 4コア・・・8,079
Intel Core i5-7400 @ 3.00GHz 4コア・・・7,392
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8400+%40+2.80GHz&id=3097https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-7500+%40+3.40GHz&id=2910https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-7400+%40+3.00GHz&id=2929

コア数も増えて、これまでより一段と性能アップされているのが分かりますね。 それでいて価格据え置きなのは非常に有り難いところです。


【2018年3月20日更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回はドスパラ、パソコン工房、フロンティアがほぼ同額で三つ巴の戦いとなりました。 わずかにリードしているのはフロンティアですが、電源の性能が高いパソコン工房も見逃せません。 ただ電源の容量は少ないので、この点は考慮する必要がありそうです。 また、ドスパラはマカフィーを搭載しているところがアドバンテージになります。

これらとは別に安くてSSD320GBを搭載した「フロンティアFRMXH760/WS3 MXシリーズ 月末祭」もパフォーマンスを重視される方に良さそうですね。 残り27台となっているのでじっくり検討できます。


【2018年1月29日更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


今回はこれまで比較的安かったパソコン工房が急上昇してしまい最下位へ、そして昨年上がり続けていたフロンティアはガクッと急落して3位となりました。 最安は前回同様のHPでして、今年も好調をキープしています。 2位ドスパラとの価格差はわずか千円ですが、DVDドライブの代わりにBlu-rayドライブを搭載するコストパフォーマンスの高さです。 価格も内容も魅力的なHPは今後も目が離せません。


【2017年12月8日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


今回の注目は、キャンペーンの大幅値下げによって最安に躍り出たHPです! 前回と同構成で34236円もダウンしましたが、なんとBlu-rayドライブも搭載するという素晴らしさ。 コストパフォーマンス的にも良いと思います。 ただ電源の容量は少なめですしスリムタワーなので、購入後の増設などには向いていなさそうです。 カスタマイズもほぼできない固定スペックですので、この構成が求めるものであれば最高のお買い物になるのではないでしょうか。 デザインがお洒落なのも良いですし、東京生産という質の高さも魅力です。


【2017年10月11日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 8GBメモリ搭載が多いので、比較しやすいよう今回から基本構成にしたいと思います。 また、価格の高いNECなどは比較から除外します。 全6メーカーです。


今回は残念ながら値上げが目立っています。 そんな中前回と同価格のドスパラが最安となりました。 ただ、3046円差で2位のeX.computerは電源の性能がワンランク上ですし、3218円差で3位のパソコン工房は電源の性能に加えてHDD容量も倍あります。 よって、パソコン工房が一番お買い得なのではないでしょうか。


【2017年8月16日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も前回と同様の全9メーカーになります。


今回の注目は、ここ4ヶ月の間に立て続けて値下げされたパソコン工房です。 前回は奇しくもドスパラと全く同じ価格という状態でしたが、今回さらに3千円ダウンで頭一つ抜き出ました。 ただ、メモリが4GBへと半減されてしまったので、この点は非常に痛いですね・・。 8GBオプションは+5980円するので、コストパフォーマンスは下がってしまった模様です。 ただ、それでもドスパラよりHDD容量が倍あるので、非常に難しい選択になるのではないでしょうか。

と思ったら、パソコン工房に8GBメモリ搭載で3千円ほど高いモデルがありましたw スリムタワーとミニタワーの2種類がありますが、これなら文句無しにドスパラを一歩リードしそうです。 ちなみにこちらは「夏の大感謝祭」モデルということですので、期間にご注意下さい。


【2017年6月14日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回も前回と同様の全9メーカーになります。


今回の注目は、同価格で最安となったドスパラとパソコン工房です。 しかし、内容は若干異なり、HDD容量と電源の性能で勝るパソコン工房が一歩リードしています。 パソコン工房は現在開催中の「夏のボーナスセール」対象モデルで特価となっているので、是非この機会をお見逃しなく!

また、旧プロセッサ搭載ですが、フロンティアの「夏のボーナスセール」も安いです。 こちらも電源の性能が高いなど内容はさらに良いですし、プロセッサが気にならないのであれば十分検討する価値はあると思います。


【2017年4月12日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回は全9メーカーになります。


今回はマウスコンピュータ・パソコン工房・フロンティアと激安メーカーが揃って値上げされてしまいました。 ただ、マウスコンピュータ以外は一部スペックアップされているところもあるので、コスパはあまり変わっていないかもしれません。 また、NECは昨日のCore i3搭載モデル同様に価格が3万円も下がっています!! 最も高価なモデルではありますが、品質や機能など重視される方にお勧めです。

最も安いのはドスパラIMになりました。 と言ってもほぼ同価格でフロンティアが並び、パソコン工房やeX.computerも価格差千円前後の僅差です。 よってスペックでお得度をチェックしてみたところ、フロンティアが最も魅力的だと思います。 まずプロセッサが最新のKabylake採用で、HDDもたっぷり1TB。 さらに電源の性能は最も高いなど、万遍なくハイスペックでした。


【2017年2月13日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回も前回と同様の全10メーカーになります。


今回は残念ながら全メーカーが値上げとなってしまいました。 「全メーカー」というのも珍しいですね・・・。 値上げ幅も結構大きくて、最低でも2160円アップと丁度送料分くらいは上がっています。 ただ一部メーカーでは最新のKabylakeプロセッサを採用するなど、スペックの上がったところもあるみたいです。

最も安かったのはフロンティアでして、内容的にも良く、コストパフォーマンスは高いと思います。 その他として気になるのはCore i5 7400搭載のマウスコンピュータくらいでしょうか。 電源の容量もフロンティアより若干多いです。


【2016年12月12日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回も前回と同様の全10メーカーになります。


今回はほとんどのモデルにて価格の変動がありました。 最も値下げ幅が大きかったのはNECでして、なんと前回と同構成で16848円も安くなっています!! それでも一番高価なモデルですが、NECの高品質なデスクトップを手に入れたい方はこの機会をお見逃しなく。

そしてフロンティアもキャンペーンによって、前回と比べてメモリ・HDDが倍増されたにもかかわらず、価格が7560円もダウンしました! そしてこちらが唯一の5万円台となり最安です。 電源も80PLUS BRONZEを採用するなど満遍なく性能が良いので、コストパフォーマンスが非常に高いと思います。

その他としては、Endeavorが「売れ筋3モデル!お買い得キャンペーン」で5千円OFFとなっており、マウスコンピュータも前回と同構成で約3千円OFFとなっています。 今年最後の月とあって、どのメーカーもお得度を上げてきているみたいです。


【2016年10月14日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回はフロンティアが追加されて合計10メーカーとなっております。


今回は値下げされた機種が結構ありました。 だいたい1000~4000円ほどダウンしていますが、特に値下げ幅が大きかったのはeX.computerでして4320円のダウンになります。 その他にも、マウス・ドスパラ・パソコン工房と言った激安メーカーが揃って値下げされました。

そんな中、最も価格が安かったのはドスパラMagnate IMです。 価格差数百円の僅差でパソコン工房が続いていますが、ドスパラはプロセッサがワンランク上でパソコン工房は電源がワンランク上となっています。 好みに合わせて選んだら良いのではないでしょうか。 また、旧プロセッサ搭載モデルですが、フロンティアのキャンペーンモデル「オータムセール」モデルも安いです。 価格的にはドスパラ等より更に2000円くらい安く、メモリ・HDD容量が多くて電源の性能も高いなど内容もなかなかとなっています。

CPUの性能は処理スピード的にあまり大差無さそうですが、グラフィックでは割と差が開いているでしょうか? Core i5 6400/6500は「HD530」でCore i5 4460は「HD4600」になりますが、こちらのサイトでベンチマークを見る限り結構な違いが見られました。 内蔵グラフィックでもグラフィック性能を重視される場合は、新プロセッサ搭載モデルの方が良いかもしれません。 ちなみに比較動画を見つけましたので興味のある方はどうぞ。 管理人の目には、やはりHD530の方がやや鮮明に見えました。

最安のドスパラIMは管理人と同じモデルですw 見た目は真っ黒で無骨なデスクトップという感じですが、コンパクトであまり場所を取らず邪魔になりません。 その分、内部は狭いので購入後のカスタマイズにはあまり向いていないと思います。 試しに中を開けて増設しようとしたこともありましたが、まずネジがどこもやたら堅くて開けたり外したりするのに難儀しました。 内部もケーブルが所狭しと束ねられているので、新たなパーツの取り付けには苦労すると思います。 できれば必要なものはカスタマイズで選んでおいた方が無難です。

カスタマイズオプションはなかなか豊富に取り揃えており、特にストレージはHDD・SSDから選べ、複数の種類・メーカーから選ぶこと可能となっています。 さらにハードディスクの追加や静音化、パーティション分割にも対応するなど、希望に合わせて色んなことができて便利です。 また、電源やファンも様々なタイプのものを取り揃えていますし、ここまで選択の幅が広いメーカーもあまり無いのではないでしょうか? ただ、メモリだけは最大8GBのみとなっているのが残念でした。

音に関しては標準で静音タイプの電源となっていましたが、ハッキリ言って普通に音は聞こえますw その音がどこから最も発せられているのかは定かではありませんが、もし静音性を重視したいのであればCPUファンに静音パックが2000円から用意されているので、そちらの活用を検討してみてはいかがでしょうか。


【2016年8月16日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回も全9メーカーになります。


今回最も安かったのは、1080円値下げされたドスパラとなりました。 ドスパラが最安になるのは1年ぶりくらいでしょうか? プロセッサの性能も高くメモリも8GBと内容も良いです。 しかし気になるのはパソコン工房でして、ドスパラとわずか1000円程の価格差にもかかわらず、SSD24GBが付いております! しかもHDDも搭載しているので、スピードと容量の両立を実現しています。 この点はかなりポイントが高いですし、コストパフォーマンスも良さそうです。