【比較】AMDプロセッサ搭載でもっとも高性能なデスクトップは?「G-TuneにRyzen 2 2700X搭載モデル登場!!グラフィックもパワーアップ♪」(~¥769975)10H,AMD Ryzen 7 1700/2700X/Threadripper 1950X,メモリ16G/64G/128G,SSD256G-NVMe/512G-NVMe/1T(NVMe),HDD1T/2T/3T,GTX1080/GTX1080 Ti(x2 SLI)・RX580,DVD

【メーカー別順位推移グラフ】

※ほぼ同レベルな性能の場合はコストパフォーマンスの高い方を上位とします。
※とにかく情報の少ないスペックですのでかなり恣意的な順位となっています。 それを踏まえた上で一つの参考としてご覧下さい。


【性能比較】
・CPU:Ryzen Threadripper 1950X>Ryzen Threadripper 1920X>AMD Ryzen 7 2700X>Ryzen Threadripper 1900X≧Ryzen 7 1800X>Ryzen 7 1700X>Ryzen 7 1700>>FX-9590>FX-8370≧FX-8350>FX-8370E>A10-7890K>A10-7870K≧A12-9800>A10-9700>A10-7850K>A10-7800>A10-7700K>A10-6700
・グラフィックカード:GTX1070 SLI>GTX1080 Ti>GTX1080>GTX1070>GTX980 Ti>GTX1060=GTX980>GTX780 Ti≧GTX970≧RX480≧R9 290>R9 280X>GTX960>R9 285>GTX760>R9 260>R7 250≧R7 240
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPAREその他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスLUV MACHINESG-Tune NEXTGEAR-MICRO
ドスパラGalleria
パソコン工房LEVEL∞シリーズ
フロンティアGA・GX・GZシリーズ(ミドルタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年6月12日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。

メーカー別比較表 OS AMD メモリ SSD HDD グラボ SLI ドライブ 電源 価格(税・送込)
HP Pavilion Power 580 アドバンスモデル 売り切れ御免!キャンペーンB 10H Ryzen 7 1700 16G 256G-NVMe 2T RX580 DVD 300W-B ¥203,040
G-Tune
NEXTGEAR-MICRO am540PA2
Ryzen 7 2700X 64G 512G-NVMe+2T 1T GTX1080 700W-B ¥338,040
ドスパラGALLERIA AXZ Ryzen Threadripper 1950X 128G 2T GTX1080 Ti 850W-P ¥645,558
工房LEVEL-FA39-LCRT5X-XNDVI 64G 1T-NVMex2 2T x2 1350W-P ¥769,975
フロンティアFRGBX399/B GBシリーズ 128G 1T-NVMe+1T 3T 850W-P ¥638,280

今回はG-Tuneのプロセッサとグラフィックがパワーアップされていますが、プロセッサの「AMD Ryzen 7 2700X」は下記の様になりました。 なかなかの高性能です。

AMD Ryzen Threadripper 1950X 16コア・・・22,095
AMD Ryzen Threadripper 1920X 12コア・・・18,095
AMD Ryzen 7 2700X 8コア・・・17,037
AMD Ryzen Threadripper 1900X 8コア・・・15,701
AMD Ryzen 7 1800X 8コア・・・15,376
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3058&cmp[]=3062https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3086&cmp[]=3062https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+Ryzen+7+2700X&id=3238

また、フロンティアもグラフィックがワンランクアップしています。 最も高性能だったのは前回同様パソコン工房でして、メモリ容量こそ少ないものの唯一SLI仕様のグラフィックを採用し、SSDもNVMeの1TBを2つも搭載して文句無しの最高峰です。


【2018年4月23日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回はパソコン工房が「Ryzen Threadripper 1950X」に対応し、ドスパラ・フロンティアとの三つ巴となっています。 内容的にはメモリ容量の少ないパソコン工房ですが、SSD性能とグラフィック性能の高さから総合的に考えて1位としてあります。 ドスパラとフロンティアはSSDとグラフィックの戦いですが、独断と偏見で高性能SSD搭載のフロンティアを上位としました。


【2018年3月3日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


まずCPUの性能差についてですが、下記の様になります。

AMD Ryzen Threadripper 1950X 16コア・・・22,095
AMD Ryzen Threadripper 1920X 12コア・・・18,095
AMD Ryzen Threadripper 1900X 8コア・・・15,701
AMD Ryzen 7 1800X 8コア・・・15,376
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3058&cmp[]=3062https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3086&cmp[]=3062

最も気になるのは1TBのNVMe SSDを2基も搭載したパソコン工房とドスパラ&フロンティアなのですが、前者はプロセッサの性能で大きく劣る上にメモリ容量が半分しか無いので、総合的に考えて3位と判断しました。 登場して間もないフロンティアですが初の首位となります。

HPはついに「Ryzen 7」登場などして頑張っているのですが、上位陣とはまだまだレベルが違い最下位です。


【2018年1月12日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


今回も前回と全く順位は変わりませんでした。 ThreadripperにSLI仕様のパソコン工房が文句無しの最高峰ですが、メモリ128GB搭載のドスパラも良い勝負をしています。 G-Tuneとフロンティアはほぼ同スペックですが、コスパが高くSSD2TBも選択可能なG-Tuneを上位としました。 正月疲れの為かどこも若干価格は上がっている印象です。


【2017年11月20日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


最も高性能だったのはパソコン工房となりました。 メモリ容量は2位ドスパラの方が多いですが、SSDの内容とSLI仕様のグラフィックカードを含めた総合的な性能で判断しております。 3位はメモリ容量とグラフィック性能でフロンティアに勝るG-Tuneとし、最下位はHPでした。 でもHPはついにRyzen対応となりましたし、全体的にスペックは上がっていますので今後に期待です。


【2017年9月25日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は新しいCPUが登場したこともあって、珍しく比較が楽でしたw 最も高性能だったのは「Ryzen Threadripper 1950X」に「GTX1080 Ti」のSLI仕様を搭載したパソコン工房です。 CPUもスゴいですけど、決め手となったのはグラフィックですね。 AMD搭載モデルでSLI仕様は非常に珍しい構成です。

次いでドスパラが文句無しの2位ですが、NVMe SSDを採用しているところが少ないのが気になります。 この点もパソコン工房が秀でているところですが、その他はG-Tuneにちょこっと載ってるだけでした。 久々登場のHPはRyzen非対応でダントツの最下位です。


【2017年7月21日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


なんか非常に比較するのが難しかったです。 プロセッサはみな同じなのですが、メモリ容量が半々でグラボも一部異なり、SSDはノーマルタイプと高速タイプの2種類に分かれて、なおかつ容量も異なります。 もうほんとんど独断と偏見で順位付けしましたのでご理解下さい。

最も高性能だったのは今回もドスパラでして、メモリが少なくSSDは普通のタイプですが、グラフィック性能の高さとSSD容量の大きさを重視しました。 次いで高性能だったのはeX.computerで、今回パソコン工房を抜きました。 どの辺が抜いたのかと言われると困るのですが・・・w G-Tuneは前回唯一Ryzen非対応でしたが、さすがに対応してきましね。 このRyzenというAMD製のプロセッサは割と普及しそうな雰囲気です。


【2017年5月22日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回の注目はなんと言ってもSLI仕様のパソコン工房です。 AMD搭載モデルでSLI仕様なんていつ以来でしょうか? 少なくともここ2年間ではお目にかかったことがありません。 それだけAMD搭載モデルというのは性能に制限があったわけですが、今回はその壁をぶち破ってきました。

しかし、ドスパラのGTX1080 Tiとのグラフィック性能差はさほど大きなものではなく、またSSD容量の小ささも踏まえてドスパラを上位とさせて頂きました。 パソコン工房は高速SSDのNVMeを500Gだけ採用しているのが惜しいですね。 まぁ、見方によっては工房の方が高性能かも知れません。

次いでeX.computerが3位になりましたが、唯一メモリ64GBを搭載するなど魅力的な部分もあります。 マウスコンピュータはいまだにRyzenを採用しないなど、出遅れている感じです。


【2017年3月23日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は新プロセッサRyzen 7の登場で、これまでより大幅に性能の上がったメーカーが多かったです。 また、どこもかなり性能差が接近しており、比較は非常に難しくなっていました。 まず最も高性能だったのはeX.computerとしましたが、プロセッサの性能・メモリ容量・グラフィック性能でトップなものの、SSDがノーマルタイプでNVMe搭載に劣ります。 価格的にも他の方が高いなど非常に悩みましたが、トータルでの性能ということを重視して1位にしてあります。

2位のドスパラと3位のパソコン工房も難しく、ドスパラはグラフィック性能で勝り、パソコン工房はプロセッサ性能で勝ります。 やむなくそれぞれのパーツの価格で比較しましたが、その差も5千円程度とかなり接近していました。 それでも順位付けしなくてはいけないので、僅差ですがドスパラを上位としてあります。 マウスコンピュータ以外は横並び一線と考えて良いかもしれません。 ちなみにマウスコンピュータではRyzenをいまだに取り扱っていないので、最下位となりました。


【2017年1月24日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回はずっと1位だったドスパラが遂に首位陥落となりました。 高性能なモデルが沢山ラインナップされているのですが、そのほとんどが現在在庫切れ状態でして、購入することができません。 変わって最高峰となったのはeX.computerです。 唯一グラフィックカードを搭載し、人気の最新プロセッサに大容量SSD&HDDを搭載して、満遍なくハイスペックとなっています。 ただ、ドスパラのSSD1TBx2も魅力的ですが・・・。


【2016年11月23日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は順位に全く変動がありませんでしたが、内容は結構変わっています。 まず、新プロセッサの「A12-9800」が採用されました。 eX.computerはグラフィックの性能が最も高いので、最高峰になるかと思いきや、プロセッサの性能とストレージの内容でドスパラに劣ります。 eX.computerはグラフィック性能を重視される方にお勧めです。 そして、パソコン工房とeX.computerはかなり実力が接近していて、新プロセッサの「A12-9800」は「A10-7870K」と五分の勝負になります(参考サイト)。 いや、むしろ若干「A10-7870K」の方が上かもしれませんが、さらにグラフィックカードを搭載したパソコン工房を上位としました。


【2016年10月20日追記】

 ドスパラとパソコン工房にて、第7世代のAPU「Bristol Ridge」を搭載したデスクトップPCが発売されました。 旧世代に比べて動作クロックあたりの演算性能が17%向上し、さらにTDPも95Wから65Wへと大幅に低減されています。  特に新たに追加された「A12」は性能が高く、ベースクロックで3.8GHz、Turbo CORE動作時には最大4.2GHzに達するなど、負荷の高い様々な作業をより快適に処理することが可能です。 また、グラフィック性能も優れており、内臓タイプとは思えないほどの3D性能を発揮します。 4K動画も滑らかに再生可能ですし、TrueAudio機能によってCPUやグラボにはあまり負荷をかけずに臨場感のあるサウンドを再生可能です。

やはり最も気になるのは最高峰の「A12-9800」ですが、現在のところドスパラでは1モデルのみ、パソコン工房では3モデル取り扱っています。

ドスパラGALLERIA-A BS
 10H,AMD A12-9800,8G,SSD250G,DVD,¥65980

工房Stl-M03A-A12-FZ
 10H,AMD A12-9800,4G,HDD1T,DVD,¥59980
工房Stl-M03A-A12-FZS
 10H,AMD A12-9800,4G,SSD240G,DVD,¥62980
工房Stl-M03A-A12-FZR
 10H,AMD A12-9800,8G,SSD240G,HDD1T,DVD,¥67980


【2016年9月25日更新】

 2ヶ月ぶり24度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は順位に全く変動が見られませんでした。 最も高性能だったのはドスパラでして、2位eX.computerとの差は主にプロセッサの性能とメモリの大きさになります。 グラフィックは新たにRX480が登場しましたが、ドスパラの「グラフィックカード性能比較ベンチマークテスト」で調べたところ、ほぼ同程度の性能を備えている模様です。 3位のパソコン工房と4位のマウスは微妙でして、正直どっちが上とも言えません。 プロセッサではパソコン工房が勝り、SSD容量ではマウスが倍近くあります。 ストレージは容量の大きい方がスピードは速いと聞きますが、それとプロセッサの性能差はどちらが上か?となるとハッキリ分かりませんw と言うわけで、性能差のハッキリしているプロセッサを重視してパソコン工房を上位としました。

ちなみに今回、パソコン工房とeX.computerが大きく性能を落としております。 パソコン工房はグラフィックカード搭載モデルが見当たらず、eX.computerはCPU・メモリ容量がダウンしました。 ただ、eX.computerはストレージ容量とグラフィック性能がアップしています。 共に価格は25000~50000円もダウンしました。 何だか、全体的に性能が落ちてきている様な気がするのが気になりますね・・・。


【2016年7月28日更新】

 2ヶ月ぶり23度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は順位に変動がありませんでした。 最も高性能だったのはドスパラでして、2位eX.computerと比べてプロセッサ性能でわずかに上回り、更にストレージは大容量SSDのみとなっています。 3位パソコン工房より4位マウスコンピュータの方がSSD容量は上ですが、プロセッサとグラフィックの性能で勝るパソコン工房を上位にしました。 どこも、割とハッキリとした性能差がついております。

【比較】CoffeeLake搭載でとにかく高性能なセパレート型デスクトップは?「新プロセッサCore i7 8086K搭載モデル登場!!しかし1位は・・。」(~¥641000)10H,Core i7 8700K/8086K,メモリ32G/64G,SSD500G/512G-NVMe/960G/1T(NVMe),HDD1T/2T,GTX1080 Ti(x2 SLI),DVD

 各メーカーのハイスペックモデルをさらにハイスペックへとカスタマイズしたものを比較しています。 メモリ容量を最大まで積み、さらにSSD+HDDを選択、グラフィックカードも最高峰のものを搭載しているので、その性能の高さを見比べてみてください。 ストレージ容量や光学ドライブなどはパフォーマンスに影響を与えない範囲で変更し価格はできるだけ抑えます。

【メーカー別順位推移グラフ】

※スペックがほぼ同じな場合はコストパフォーマンスの高い方を上位とします。
※2017/11/19よりKabylakeからCoffeeLakeへと変更しました。
※2017/1/23よりSkylakeからKabylakeへと変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i7 8700K>Core i7 8700>Core i7 7700K>Core i7 6700K>Core i7 4790K≧Core i7 7700>Core i7 6700
・グラフィックカード:GTX1080 Ti x2 SLI=TITAN X x2 SLI>GTX1080 x2 SLI>>GTX1070 x2 SLI≧GTX TITAN X x2 SLI>GTX980 Ti x2 SLI>GTX1080 Ti>GTX980 x2 SLI>GTX1080>GTX780 Ti x2 SLI>GTX970 x2 SLI>R9 290X x2 CF>GTX1070>GTX TITAN X>GTX980 Ti>GTX980>GTX1060
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
G-Tune NEXTGEAR
ドスパラGalleria(フルタワー)ドスパラGalleria(ミドルタワー)
パソコン工房LEVEL∞シリーズ
フロンティアGBシリーズ(フルタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年6月11日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD グラボ SLI ドライブ 電源 価格(税・送込)
OMEN by HP 880-100jp ハイパフォーマンスモデル 売り切れ御免!キャンペーンA 10H 8700K 32G 512G-NVMe 2T GTX1080 Ti DVD 750W-P ¥279,828
G-Tune
MASTERPIECE i1630PA3-SP2
8086K 64G 1T-NVMe+1T 700W-B ¥491,616
ドスパラGALLERIA ZZ-SLI 8700K 512G-NVMe+1T+1T x2 750W-P ¥641,000
工房LEVEL-R03A-LCi7K-XNVI-40TH 8086K 1T-NVMe+500G-NVMe+960G 700W-B ¥469,713
フロンティアFRGB8086/D GBシリーズ 1T-NVMe+1T 1T 850W-G ¥401,760

今回は新プロセッサの「Core i7 8086K」搭載モデルが登場しました。 旧プロセッサの「Core i7 8700K」より順当に性能アップがなされており、今後はCoffeeLake世代の最高峰となりそうです。 オーバークロックではなんと5GHzを実現するみたいですが、現時点ではまだその潜在力を発揮させるのは難しいと言われています(参考サイト)。

最も高性能だったのは唯一SLI仕様のドスパラとなりました。 プロセッサこそ旧タイプですが、やはりグラフィック性能の差は大きいです。 次いで高性能なのはG-Tune・パソコン工房・フロンティアの三つ巴となりましたが、ほぼ内容は同じなのでSSDの質と量で順位付けしています。 その結果、高速なNVMe SSDの容量が最も大きいパソコン工房を2位とし、G-Tuneとフロンティアは内容が同じなので価格の安いフロンティアを上位としました。


【2018年4月22日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。


最も高性能だったのは唯一SLI仕様のドスパラとなりました。 SSDがノーマルタイプなのが残念ですが、その他のスペックはほぼ全て最高峰です。 次いで高性能なのはG-Tuneとパソコン工房ですが、ほぼ同じスペックなので、HDD3TB搭載なのに価格が4万円以上も安いG-Tuneを上位としてあります。


【2018年3月2日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回はHPが追加されて合計5メーカーとなっております。


最も高性能だったのは今回もドスパラとなりました。 SSDがNVMeでないのが残念ですが、唯一SLI仕様のグラフィックを搭載しています。 次いで高性能だったのはフロンティアとパソコン工房でほぼ同レベルです。 久々登場のHPはSSD容量の少なさが響いて最下位となっています。


【2018年1月11日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


最も高性能だったのは今回もドスパラとなりました。 唯一SLI仕様なのでダントツでハイスペックですが、NVMe SSDの容量が少ないのは残念なところ。 他メーカーはストレージ以外ほぼ同スペックなので、価格の安い順番にしてあります。 フロンティアは安いですが、電源の性能が高いところも魅力的ですね。 ちなみにG-Tuneでは珍しいSSD2TBも選択できます。


【2017年11月19日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回より第7世代Kabylakeから第8世代CoffeeLakeへと変更したいと思います。 世代間で過去最大の性能向上と言われているので、これからパソコンを購入される方は是非新プロセッサの導入を検討してみて下さい。 全4メーカーです。


最も高性能だったのは、唯一SLI仕様を採用したドスパラです。 その他メーカーは違いがストレージのみですが、SSDが1TBのみのG-Tuneは最下位とし、パソコン工房とフロンティアはほぼ同スペックなので価格の安いパソコン工房を上位としてあります。 ちなみにパソコン工房も+4980円で700W-G電源を選択可能です。 新旧プロセッサの性能差は下記の通りです。

Intel Core i7-8700K @ 3.70GHz(6コア)・・・16,309
Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz(6コア)・・・15,530
Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz(4コア)・・・12,106
Intel Core i7-7700 @ 3.60GHz(4コア)・・・10,821
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2874&cmp[]=3098https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2874&cmp[]=3099https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2874&cmp[]=2905

下記ではシングル・マルチ共にスコアは勝っていました。

Core i7 8700K:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=8700K&sort=score
Core i7 7700K:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=7700K&sort=score
Geekbench 4 CPU Search ※要並び替え


【2017年9月24日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 今回も前回と同様の全6メーカーになります。


今回は過去二年間で初のパソコン工房が1位となりました。 前回の最下位から急上昇ですが、SLI仕様でドスパラ・eX.computerと並び、さらにNVMe SSD搭載でeX.computerと一騎打ちになり、最終的には価格の安さ(コスパの高さ)で勝利しました。 一方でドスパラは唯一のノーマルSSDなのが残念なところです。

また、HP以下の順位である4~6位は自信ありませんw 唯一SLI仕様のHPを上位としましたが、SSDもメモリも他2メーカーの半分しかないので・・。 まぁ、グラフィックの性能に重きを置いた順位付けにしました。


【2017年7月20日更新】

 2ヶ月ぶり24度目の更新です。 今回も前回と同様の全6メーカーになります。 新プロセッサのKabyLake-X「Core i7 7740X」が登場しましたが、まだ取り扱いがeX.computerのみなので、現時点では今まで通りKabyLakeの最高峰を取り上げていきたいと思います。


最も高性能だったのは今回もドスパラとなりました。 ただ、SSDはノーマルタイプですのでNVMe搭載で大容量なG-Tuneやフロンティアなどの方が単純なマシンスピードは速いかもしれません。 あくまで総合的なスペックを踏まえた順位です。

次いで高性能だったのはeX.computerで、ドスパラと同じくSLI仕様のグラフィック性能で高い能力を発揮します。 次はHP、G-Tuneと続き、最後はパソコン工房とフロンティアの順位が入れ替わりました。 グラフィックは工房の方が上ですが、フロンティアはメモリ容量とSSD容量で勝るので、独断と偏見で順位を入れ替えております。


【2017年5月21日更新】

 2ヶ月ぶり23度目の更新です。 今回も前回と同様の全6メーカーになります。


最も高性能だったのはドスパラとなりました。 SSDがノーマルタイプなのが惜しいですが、最高峰のグラフィックカードを2枚組で搭載して、圧倒的な描画性能を発揮してくれそうです。 同じくGTX1080 Ti x2 SLI仕様のeX.computerですが、SSD容量の差で2位としました。

次いで高性能なのはGTX1080のSLI仕様を採用するHPです。 メモリやSSDの容量が少なめなのが気になりますが、ここはやはりSLIを重視してあります。 上位は以上ですが、下位に高速SSDのNVMeが大容量で搭載されているのが気になりますね。 基本的なマシン動作では下位の方が速そうな気もします。 グラフィックもマシンスピードも・・・と言うのはなかなか無さそうです。


【2017年3月22日更新】

 2ヶ月ぶり22度目の更新です。 今回はHPが追加されて合計6メーカーとなっております。


最も高性能なのはドスパラとなりました。 人気の最新グラフィックGTX1080 Tiを早くもSLI仕様で販売しています。 次いで2位だったのはHPですが、eX.computerとかなり悩みました。 eX.computerの方がメモリ容量は多いですが、やはりNVMe SSDの方を重要視しました。 ちなみにeX.computerでもNVMeは選択出来ますが、256Gと少ないのでより容量の多いノーマルタイプを選択しています。

5位のパソコン工房と6位のフロンティアも難しくて、メモリとSSD容量でフロンティアが勝るものの、グラフィックの性能を重視しパソコン工房を上位としました。 それにしてもフロンティアは安いですね・・・w


【2017年1月23日更新】

 2ヶ月ぶり21度目の更新です。 今回より、プロセッサを第6世代Skylakeから第7世代Kabylakeへと変更します。 プロセッサはCore i7 7700Kです。 HPがなくなって、合計5メーカーとなります。


最も高性能だったのは、TITAN XのSLI仕様を採用するドスパラとなりました。 ただ、SSDはNVMeではないので、この点は他メーカーの方が秀でています。 2位にはGTX1080のSLI仕様を採用したeX.computerが入りましたが、やはりこちらもNVMeではないですね・・・。 3位のG-Tuneの方が高性能な気もしますが、グラフィックも含めたトータルでの性能重視ということで、管理人の独断と偏見でeX.computerを上位とさせて頂きます。

4位のフロンティアもNVMe SSD搭載ですが価格も安くて魅力的です。 ここへきてやっとデスクトップでもNVMeが普及してきたでしょうか。 高価なSSDですが、スピードを求めるのであればコレに限ります。


【2016年11月22日更新】

 2ヶ月ぶり20度目の更新です。 今回も前回と同様の全6メーカーになります。


今回は大幅に順位が変動しました。 まず、前回も言及したHPの新たなハイエンド・ゲーミングPC「OMEN X by HP」ですが予想通り順位を上げており、2位に食い込んでおります。 構成的にはeX.computerと悩みましたが、メモリ64GBを搭載するeX.computerに対して話題の高速SSD「NVMe」を搭載するHPを上位としました。 同様にメモリ64GBを搭載するフロンティアに対してNVMe SSDを搭載するパソコン工房を上位としてあります。

最も高性能だったのはドスパラでして、最新のグラフィクカード「TITAN X」が早くもSLI仕様で登場です。 ちなみに4位のG-Tuneですが、1TBのNVMe SSDというのも珍しいかもしれません。 フロンティアは更にSSD500Gを搭載することが可能です。


【2016年10月21日追記】

 HPのハイエンド・ゲーミングPC「OMEN X by HP 900」が販売開始されました! 独特の個性的な筐体ですが、HPにしては珍しく性能を追求したデスクトップパソコンになります。 そのレベルは他メーカーをも凌ぐ程でして、特に上位モデルの「OMEN X by HP 900-070jp GTX1080デュアルグラフィックスモデル」は最新・最高峰のパーツを惜しげも無く採用し、性能を重視される方必見のマシンです。

OMEN X by HP 900-070jp GTX1080デュアルグラフィックスモデル
 10H,Core i7 6700K(水冷),32G,SSD512G-NVMe,HDD3T,GTX1080 x2 SLI,Blu-ray,¥487080


【2016年10月7日追記】

 ドスパラにて「TITAN X」搭載モデルが登場しました。 TAITAN X??と思われる方もいるかもしれませんが、これは従来品のリニューアルモデルになります。 ちなみに名称は「NVIDIA GeForce GTX TITAN X」から「NVIDIA TITAN X」へとすっきりシンプルになりました。 旧タイプより60%ほど高速になったと言われていますが、まだベンチマークなどは見当たらないので真の性能の程は未知数です。 ドスパラでは「GTX1080」より高性能なグラボとして取り扱っていますが、CUDAコア数やメモリ容量・インターフェイスなどのスペックはGTX1080を上回っています。 ベンチマークが待ち遠しいですね。 現在のところ、ドスパラ以外での搭載モデル販売は確認できませんでした。 メモリ・SSD・HDDの無料アップグレード実施中です。

ドスパラGALLERIA ZK
 10H,Core i7 6700K,32G(無料UP),SSD256G-M.2 NVMe(無料UP),HDD3T(無料UP),TITAN X,DVD,800W-G,¥329980


【2016年9月24日更新】

 2ヶ月ぶり19度目の更新です。 今回はフロンティアが追加されて、合計6メーカーになっております。


ドスパラがSLI仕様となってeX.computerと競いましたが、ストレージの分だけ勝って1位となりました。 3位にはフロンティアが入りましたが、ストレージに高速のVNMe SSDを採用しており、マシンスピードのみであればダントツの1位になりそうです。 ただ、グラフィック性能は他に劣るので、3位に甘んじております。 今後、GTX1080のSLI仕様に対応すれば圧倒的な高性能モデルとなりそうですが、他メーカーがNVMe SSDに対応することも、もしかしたらあるかもしれません。

4位以降はスペックがハッキリ分かれているので妥当な順位です。 最下位のHPには更に高性能な「OMEN X by HP Desktop 900」というモデルもあるのですが、残念ながら販売開始前でカスタマイズもできませんでした。 実はこちらが現在唯一のGTX1080 SLI仕様&M.2 SSD(NVMe)搭載モデルでして、もし現在販売されていたら、HPが初の性能1位ということになりそうです。 HPは昔からさほど性能を追求したモデルは無かったのですが、今期からはこれまでとはひと味もふた味も違います。 筐体も菱形という超個性的な形をしていますし、ゲーマー注目のハイエンド・ゲーミングタワーです。 ただ、メモリは最大32GBと惜しいところもあるのですが、それを踏まえても最も高性能と言って良いのではないでしょうか? 10月初旬販売開始予定となっております。

ちなみに今回【性能比較】のグラフィックカードを大幅に刷新しました。 SLI仕様も含めて、新グラフィックGTX1080/GTX1070/GTX1060を加えましたが、やはりその性能はダントツの高さです。 特にGTX1080はシングルでもGTX980の2枚組と良い勝負をしていますが、それに次ぐ性能を持つGTX1070もR9 290Xの2枚組に次ぐレベルとなっています。 今回調べたのは主にドスパラの「グラフィックボード別性能比較 – ベンチマークテスト」です。 かなり取り扱い製品も多く、数字で細かくスコアが表示されているので、とても参考になります。


【2016年7月27日更新】

 2ヶ月ぶり18度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回は順位に全く変動がありませんでした。 最も高性能だったのは唯一SLI仕様のeX.computerでして、最新のGTX1080搭載モデルも敵いそうにありません。 GTX1080のSLI仕様が出てくれば、また順位は変わってくるのではないでしょうか? 2位~4位まではメモリ容量とSSD容量で順位付けしました。 最下位はHPですが、8月中旬販売開始予定のゲーミングPC「OMEN by HP Desktop 870」がどこまで食い込んでくるか楽しみです。

【比較】Skylake-X(Core X)搭載でとにかく高性能なセパレート型デスクトップは?「Core i9 7980XE搭載モデル多数登場!ドスパラGALLERIAが文句無しの最高峰!!」(~¥979818)10H,Core i9 7900X/7980XE,メモリ64G/128G,SSD512G-NVMe/1T(NVMe),HDD1T/3T,GTX1080 Ti(x2 SLI),DVD

 各メーカーのハイスペックモデルをさらに高性能へとカスタマイズしたものを比較しています。 メモリ容量を最大まで積み込み、さらにSSDを選択、グラフィックカードも最高峰のものを搭載しているので、その性能の高さを見比べてみてください。 ストレージ容量や光学ドライブなどはパフォーマンスに影響を与えない範囲で変更し、できるだけ価格は抑えます。

【メーカー別順位推移グラフ】

※スペックがほぼ同じな場合はコストパフォーマンスの高い方を上位とします。
※2017年7月19日よりBroadwell-EからSkylake-Xへと変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i9 7980XE>Core i9 7960X≧Core i9 7940X>Core i9 7920X>Core i9 7900X>Core i7 6950X>Core i7 7820X>Core i7 6900K>Core i7 7800X>Core i7 6850K>Core i7 7700K
・グラフィック:TITAN X SLI>GTX1080 SLI>TITAN V>TITAN X=GTX1080 Ti>GTX1080>GTX980 SLI>GTX1070>GTX TITAN X>GTX980>GTX780 Ti>GTX970>GTX780
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
G-Tune NEXTGEAR
ドスパラGalleria(フルタワー)ドスパラGalleria(ミドルタワー)
パソコン工房LEVEL∞(ゲームPC)
フロンティアGBシリーズ(フルタワー)


【2018年6月10日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回はHPが復活して合計5メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS Core i9 メモリ SSD HDD グラボ SLI ドライブ 電源 価格(税・送込)
OMEN X by HP 900-290jp エクストリーム 売り切れ御免!キャンペーンA 10H 7900X 64G 512G-NVMe 3T GTX1080 Ti x2 1300W-G ¥540,000
G-Tune
MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL
128G 512G-NVMe+1T DVD 1200W-G ¥763,992
ドスパラGALLERIA VZ-X SLI 7980XE 512G-NVMe+1T+1T 850W-P ¥979,818
工房LEVEL-G029-LCi9XE-XNVI 1T-NVMex2 1T 700W-G ¥791,553
フロンティアFRGBX990 GBシリーズ 512G-NVMe+1T-NVMe+1T 3T 850W-G ¥724,680

今回の注目は、Core i9 7980XEが採用されたドスパラとパソコン工房です。 これで7980XE搭載モデルはフロンティアも加えて3メーカーになったわけですが、一方でHPとG-TuneはGTX1080 TiのSLI仕様に対応しているなど、どちらも優れている部分があります。

そんな中、両方の特徴を兼ね備えたドスパラが文句無しの1位でしょうか。 価格も100万円に届きそうなほど高いですが。 そして気になるプロセッサとグラフィックの性能についてですが、7900Xから7980XEへは20%増、GTX1080からGTX1080 Tiへは30%増と言った感じなので、グラフィックの性能を重視しようと思いました。

と言うわけでG-Tuneが2位となりましたが、NVMe SSDの容量が少ないのが欠点です。 次いでパソコン工房、フロンティアとなりますが、この2メーカーは見方によってはG-Tuneより上位になるかもしれません。


【2018年4月21日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回はHPが無くなって合計4メーカーとなっております。


まず新グラフィックカードの「NVIDIA TITAN V」ですが、ベンチマークでのスコアは下記の様になります。

TITAN V・・・14,466
GeForce GTX 1080 Ti・・・13,953
NVIDIA TITAN X・・・13,162
GeForce GTX 1080・・・12,242
PassMark:https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=TITAN+V&id=3859https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=NVIDIA+TITAN+X&id=3554https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+GTX+1080+Ti&id=3699

単品での性能は最も高くなりますが、SLI仕様のGTX1080には劣る模様です(参考サイト)。 ただ気になるのが、パソコン工房のTITAN Vは2枚あるということ、でもSLIではない?ということ。 どこにもSLIとは書いてないんですよね・・・。 SLIじゃない2枚挿しパソコンなんて初めて見ましたが、SLIの様に性能は上がらず、それぞれ別個に働くみたいです。 今話題のマイニングに使う場合はこのようになります(参考サイト)。 ですので、パフォーマンスという観点から考えると、あまり意味は無いのかもしれません。 というわけで1枚のみ搭載のモデルで比較し直したいと思います。 ちなみにCore i9搭載でSLI仕様はありませんでした。


もう一つ難題が出てきました。 パソコン工房はフロンティアにプロセッサで劣るもののグラフィックで勝りますが、これはどちらを上にすべきなのか・・・w 価格は圧倒的にパソコン工房が上ですが、TITAN Vは価格の高さが問題視されているグラフィックカードです。 でもさすがに30万円も高いパソコン工房を下位にするのは忍びないので、管理人の独断と偏見で上位にしておきたいと思います。

というわけで、最高峰はSLI仕様のドスパラ、2位にはプロセッサ性能で劣るG-Tuneが入りましたが、SSD容量は多いのでその点は魅力です。


【2018年3月1日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


最も高性能なのはパソコン工房となりました。 プロセッサの性能は落ちてしまったのですがグラフィックがSLI仕様になり、全体のバランスが良いですね。 2位ドスパラと3位G-Tuneはグラフィック性能を重視し、4位フロンティアはプロセッサが最高レベルにもかかわらず総合的に見てこの順位としました。 OMENはメモリやSSDも他の半分以下なので最下位かなと思います。


【2018年1月10日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回は全5メーカーになっております。


今回は非常に難しかったです。 グラフィックのSLI仕様とプロセッサの7980XE搭載モデルに分かれているのですが、どちらが上なのか・・・w まず性能についてはプロセッサは7900Xから7980XEへと約20%増しと言ったところでしょうか? そしてグラフィックのGTX1080 TiはSLI仕様になると50%くらい増すので、こっちの方が体感性能は良さそうかなと判断しました。 ただ、プロセッサは10コアと16コアの違いもあるんだよなぁ・・。 価格はプロセッサの方が単品で1万円くらい高かったです。 もう完全に管理人の独断と偏見で決めております。

ちなみにHPはSLI仕様ですがメモリとSSDの容量が少ないので最下位としました。 また、G-Tuneにて珍しいSSD2TBが選択可能です。


【2017年11月18日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回は全5メーカーになっております。


ついにCore i9 7980XEが登場しましたが、今回最も高性能だったのはそれを搭載したドスパラとなりました。 同じく7980XE搭載のパソコン工房はSLI仕様ではありませんが、NVMe SSDを2基(2TB)も搭載していますので、独断と偏見で2位にしてあります。 これとG-Tuneの順位は物議を醸しそうです・・w ちなみにCPUの性能差は下記の通りです。

Intel Core i9-7980XE @ 2.60GHz・・・27,559
Intel Core i9-7960X @ 2.80GHz・・・26,183
Intel Core i9-7940X @ 3.10GHz・・・25,853
Intel Core i9-7920X @ 2.90GHz・・・23,556
Intel Core i9-7900X @ 3.30GHz・・・22,603
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3092&cmp[]=3035https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3092&cmp[]=3096https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3094&cmp[]=3096https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3094&cmp[]=3082


【2017年9月23日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回はHPとG-Tuneが追加されて、合計6メーカーとなっております。 「OMEN X by HP 900-290jp」は11月販売開始予定ですが、一足先に取り上げました。


今回はSLI仕様のグラフィックがズラッと登場して順位が全て入れ替わりましたw G-Tune・ドスパラ・パソコン工房はほぼ横一線ですが、ストレージ容量や電源の性能で順位付けしております。 最も高性能だったのはパソコン工房で、G-Tuneは電源が80PLUS GOLDしか選択出来なかった為、2位としてあります。 HPはかなり安い様な気がするのですが気のせいでしょうか・・。

ちなみにドスパラにて「Core i9 7900X」の上位版「Core i9 7920X」が選択可能でした。 しかし、コア数では勝るもののクロック周波数で劣りますし、ベンチマークでもスコアは低かったです。 登場後あまり話題になっていないみたいですし、さらに高性能な「Corei 9 7940X」の方が評判が良いみたいな話も聞きますので、取り上げるのは見合わせようと思います。

Intel Core i9-7900X @ 3.30GHz・・・22,974
Intel Core i9-7920X @ 2.90GHz・・・21,172
PassMark-CPU Benchmarks
https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3035&cmp[]=3082

Intel Core i9-7900X・・・single:6332、Multi:43814
Intel Core i9-7920X・・・single:5878、Multi:38921
Geekbench Browser
https://browser.geekbench.com/
※最高値のみピックアップ


【2017年7月19日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回からBroadwell-EからSkylake-Xへと移行したいと思います。 ただ、どのメーカーも最高のものでもCore i9 7900X搭載ですので、それ以上のものが今後販売されるかどうかについては不明です。


どこもプロセッサとグラフィックが同じなので、メモリとストレージの内容で順位付けしました。 その結果、最も高性能だったのはまさかのフロンティアとなりましたw と言いますか、フロンティアがこんなに早く新プロセッサに対応してきたことに驚きです。 一方でG-Tuneは相変わらずまだ対応していないみたいですが・・・。

フロンティアはSSDをたっぷり搭載しつつHDDも標準で装備しています。 他メーカーでも選択出来ますが、構成から外せないというのはちと不便ですね。 次いで高性能だったのはパソコン工房ですが、eX.computerとほとんど変わりません。 ドスパラはメモリ容量が圧倒的に少ないので最下位としました。 次回更新時には改善されていると思います。

一般向けの販売では7900Xが最上位になるのでしょうかね? Skylake-Xにはこれより更に上のプロセッサが4つもあるみたいですが・・・。 また、グラフィックも現在はまだSLI仕様が見当たりませんし、今後の成り行きに注目です。


【2017年5月20日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回は順位が大きく入れ替わりましたが、かなり主観が入ります。 まず1位はG-Tuneで文句無しだと思うのですが、2位と3位はストレージ容量で勝るドスパラとグラフィック性能で勝るeX.computerでかなり悩みました。 体感的なものはもしかしてドスパラの方が良いかもしれませんが、eX.computerはグラフィックの性能に加えてSSDもNVMeという点が気になります。 と言うわけで管理人の独断と偏見でeX.computerを譲位としました。

また、4位と5位もなかなか難しく、グラフィック性能で勝るパソコン工房に対して、フロンティアはストレージ容量が倍あります。 こちらは逆に体感的なものを重視した順位付けと言った感じでしょうか。 コストパフォーマンスはフロンティアの方が良さそうですが、より快適なパフォーマンスという点ではパソコン工房の方が上だと判断しました。

ちなみに今回、GTX1080 TiのSLI仕様が初登場です。 逆にTITAN Xは完全に取り扱いが無くなったかもしれません。


【2017年3月21日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回はついにドスパラを除いた全てのモデルが128GBメモリ搭載となりました(ドスパラもGTX1080搭載モデルでは搭載可能)。 この後はどうなるのでしょうね? 倍々で増えてるから次は256GB? てゆーか、用途あるのかな・・w また、SSDのNVMe仕様もさらに増えました(少しですが)。 そして安くて高性能なGTX1080 Tiが登場し、TITAN Xは今後取り扱いが減るかもしれませんね・・・。 ちなみに今のところはまだBroadwell-EでのSLI仕様は出てないみたいです。

最も高性能だったのはドスパラですが、グラフィック性能でG-Tuneに勝るもののメモリ容量やSSDの質では劣っています。 次いでeX.computerが続き、下位のフロンティアとパソコン工房は順位が入れ替わりました。


【2017年1月21日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回はパソコン工房が追加されて合計5メーカーになります。


今回はSSDに待望のNVMeが採用されているモデルが多々ありました。 ノートパソコンでは比較的早めに導入されてた印象ですが、デスクトップでも普及してきたのでしょうか?

今回の注目は約半年ぶりにSLI仕様となって最高峰に躍り出たG-Tuneです。 しかもハイエンドなTITAN Xを採用し、メモリは最大の128GBを搭載! SSDには1TBもの大容量でNVMeを採用するなど、隙の無い構成に仕上がっています。 G-Tuneではこの他にもGTX1080のSLI仕様モデルがMASTERPIECEに加えてNEXTGEARでもラインナップされていて、かなり充実した品揃えです。 MASTERPIECEもフルモデルチェンジされて、今注目のゲーミングブランドだと思います。

その他の順位は前回と変わりませんが、3位eX.computerと4位・5位のフロンティア・パソコン工房は順位付けに悩みました。 eX.computerはSLI仕様なのですが、他2メーカーではNVMe SSDを採用しているからです。 特にフロンティアはメモリも128GB搭載していてeX.computerと良い勝負なのですが、管理人の独断と偏見でGTX1080 SLI仕様を上位と判断しました。


【2016年11月21日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回はパソコン工房のサイトがメンテナンス中の為、1つ減って合計4メーカーとなっております。


今回はまたまた順位が大幅に変動しました。 注目は登場したばかりのハイエンドグラフィックカード「TITAN X」が、ドスパラにてSLI仕様で登場です。 ただ、唯一メモリが最大64GBという点は残念なところですが、トータルで文句無しの最高峰だと思います。 次いで高性能だったのはeX.computerですが、こちらはGTX1080のSLI仕様です。 TITAN Xにパフォーマンスでは劣りますが消費電力は低いですし、何より価格がずっと安いので現実的な選択肢という気がします。 ちなみにほぼ同額でG-Tuneが3位につけているのですが、こちらはTITAN Xのシングル搭載です。 やはりお高いみたいですね・・・。

最下位はフロンティアですが、唯一NVMe SSDを選択出来る点が魅力です。 なぜ他メーカーは選べないのでしょうかね? M.2 SSDもあまり見当たりませんでした。


【2016年10月18日追記】

 マウスにて新グラフィックカードの「GTX TITAN X」搭載モデルが登場しました。 Broadwell-E搭載モデルではクリエイター向けのDAIVブランドに投入され、その他にもG-TuneのHaswell-E搭載モデルにラインナップされています。 このグラボは「NVIDIA GeForce GTX TITAN X」の新モデルでして、名称が「NVIDIA TITAN X」へと省略されました。 気になる性能は、今人気絶頂の「GTX1080」を20~30%ほど引き離し、旧タイプの「NVIDIA GeForce GTX TITAN X」に50~60%程度の差をつけます。 しかし消費電力は高く、「GTX1080」に大きく劣り、「NVIDIA GeForce GTX TITAN X」よりも若干高いです。 さらに価格も高いのですが、なんと現時点で「GTX1080」を2枚購入できてしまうという現状は厳しすぎますw そこまでして3D性能だけを追求される方は・・・いるんだろうなぁ(羨望) ベンチマークなど詳しい情報は下記サイトにてご確認下さい。 もう少し搭載モデルが出てきたら専用コンテンツも作りたいと思っています。

ITmedia PC USER
「GP102コアのフラグシップGPU,その圧倒的な性能に迫る」NVIDIA TITAN X(サードウェーブデジノス GALLERIA ZK)
http://www.4gamer.net/games/204/G020420/20161013136/

マウスDAIV-DGX700U4-SP2
 10H,Core i7 6950X,64G,SSD480G,HDD3T,NVIDIA TITAN X,700W-B,¥519800

G-Tune NEXTGEAR i650PA7-SP5
 10H,Core i7 6700K,32G,SSD480G,HDD3T,NVIDIA TITAN X,DVD,700W-B,¥329800


【2016年9月23日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回はパソコン工房とフロンティアが追加されて、合計5メーカーとなっております。


まず、GTX1080のSLI仕様を探したのですが、eX.computerしか見当たりませんでした。 確かドスパラも搭載モデルを発売したという記事を見たと思うのですが、現在はSkylake(Core i7 6700K)搭載モデルのみラインナップされている模様です。 ただ、Haswell-E搭載モデルにGTX TITAN XのSLI仕様がまだ販売中でして、3枚組とかもあるのでHaswell-Eで良ければより性能の高いモデルも購入可能です。

と言うわけで今回もっとも高性能だったのはeX.computerとなりました。 前回に引き続いてのトップですが、高性能電源も搭載してコストパフォーマンス的にもなかなか良いのではないでしょうか? ただ、今回このeX.computerとどちらを1位にすべきか悩んだメーカーがあります。 それはフロンティアです。

フロンティアはここ2年間での初登場になりますが、最新高性能なモデルも取り揃えつつ価格も安くて魅力的です。 フロンティアは他メーカーとあまり変わらない構成なのですが、唯一違うのがSSDでして、なんとNVMeのM.2 SSDを採用しています! しかも1.2TBという超大容量!! オプション価格が95000円もしましたが、体感可能なスピードアップと容量を兼ね備えています。 SLI仕様のeX.computerと比べてマシンスピードでは明らかに勝りますが、グラフィック性能も合わせたトータルでの性能の優越を判断していることを踏まえて、管理人の独断と偏見でeX.computerを上位としました。 いや、フロンティアが上でも全然良いと思っていますが・・・w

最近やたらSSDを搭載するモデルが増えてきましたが、それもNVMeのような高速M.2 SSDが出てきた影響があるのではないでしょうか。 従来のSSDが値下げされているものと思われます。 通常のM.2も高速ですが、ノーマルなSSDとさほど大きな差は無いという声も聞きますし、より体感速度を高めたいのであればNVMeが断然お勧めです。


【2016年7月26日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 今回より、新プロセッサのBroadwell-E「Core i7 6950X」へと変更したいと思います。


残念ながらGTX1080のSLI仕様は、まだどこにも見当たりませんでした。 そして、ついにドスパラが首位陥落となり、GTX TITAN XのSLI仕様を搭載するeX.computerが最高峰となっております。 ただしメモリは最大64GBです。 それにしてもGTX1080の性能は凄まじいですね。 これまでの主要グラボやSLI仕様を軽く抜き去りましたが、それでいて消費電力は低いというとても魅力的なグラフィックカードとなっています。 次回更新時はSLI仕様も出てくるのではないでしょうか?

【比較】最も大容量なSSDを搭載可能なデスクトップPCは?「Endeavorとドスパラが4TBを超える!!」SSD256G/500G/512G(M.2/NVMe)/960G/1T/1.2T-NVMe・1基/2基/4基/5基

【メーカー別SSD最大容量推移グラフ】

【メーカー別SSD最大容量&基数グラフ】

※各メーカーで最も筐体の大きなモデルをチェックしています。
※RAID仕様やストレージ容量の少ない一部国産メーカーなどは比較から除外しています。


【2016年10月11日更新】

 2年ぶり10度目の更新です。 随分日にちが経ってしまったので、また1からグラフなどを作っていきたいと思います。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 価格(税・送込)
OMEN by HP 870 10H Core i7 6700 8G 256G 2T GTX1070 Blu-ray ¥213,840
G-Tune
MASTERPIECE i1470SA5
Core i7 6700K 16G 960G 3T GTX1060 DVD ¥210,168
ドスパラGALLERIA XS Core i7 6700 8G 1Tx4=4T GTX750 Ti ¥432,754
工房Stl-Q009-i7BK-NX Core i7 6800K 16G 512G+512G-NVMe ¥186,624
eX.computer
AeroStream RA5J-F64/T
W8.1/10H Core i5 6500 8G 960G+1.2T-NVMe=2.16T 1T ¥268,488
フロンティアGBシリーズ(Z170) 7H/10H Core i5 6400 500Gx3+1.2T-NVMe=2.7T ¥264,384
Endeavor Pro5700 10H Core i3 6100 4G 1Tx4+512G-M.2=4.512T DVD-ROM ¥585,900

最も容量が大きいのはEndeavorになりました。 次いでドスパラ、フロンティア、eX.computerの順になっています。 2年前はドスパラのみがダントツで大容量でしたが、それをEndeavorが抜き去り、他メーカーも迫ってきております。 ドスパラの容量は4TBのままで変わっていませんが、Endeavorは1TBから4.512TBへと飛躍的に伸び、フロンティアも500GBから2.7TBへ、eX.computerも960GBから2.16TBへと順調に伸びました。 やっとSSDも手が届く価格帯になり、比較的容易に導入することができるようになってきた様です。

また基数も増えております。 これまではドスパラの4基が最大で、その他は2基以下という状態でしたが、今回は4基が増えた上に5基搭載可能なところも出てきました。 ただ、相変わらず3基は一つも無い模様です。 ちなみにSSDではより高速な「M.2」や「M.2 NVMe」というタイプのものが登場しました。 特にNVMeは非常にスピーディーでして、最大で通常SSDの4倍もの速さを実現すると言われています。 イメージとしては下記の様な感じですが、SSD間のスピード差についてはNVMeがダントツで速く、M.2と通常のSSDではそれほど大きな差は無いと聞きました。 もちろん実際に確かめたわけではありませんが・・・。

種類:SSD(M.2(NVMe)) 速度:NVMe M.2 SSD>>M.2 SSD>SSD

先ほども書きましたが、最近は非常にSSDが普及してきております。 安価なノートであればあまり容量を求めない方が多いので、例えば120GB・240GBと搭載されているものをよく見かけます。 またデスクトップではSSDとHDDを組み合わせたモデルが当たり前になってきましたし、SSDのみの構成も珍しくありません。 だいたい500GB~1TBあれば十分だと思いますが、少し予算をかけるだけで、高速&大容量を実現することが可能となっています。 SSDが関わるキャンペーンも増えてきていますし、これからパソコンを買い替える場合は必須のパーツになってくるのではないでしょうか。 M.2やNVMeの登場も、既存のSSDが安くなってきたことと無関係では無さそうですね。


【メーカー別SSD最大容量推移グラフ】

【メーカー別SSD最大容量&基数グラフ】

※各メーカーのハイエンドモデルをチェックしています。
※RAID仕様やストレージ容量の少ない一部国産メーカーなどは比較から除外しています。


【2014年10月6日更新】

 半年ぶり9度目の更新です。 今回も前回と同様の全7メーカーになります。


今回はあまり変動はなく、残念ながら容量の増えたところは皆無でした。 唯一容量に変化があったのはフロンティアのみでして、前回の1TBから500GBへと半減してしまっております。 HDDの方があれだけ勢いよく伸びているのに対して、SSDの方は完全に停滞状態です。 いまだにかなーり高価なストレージですからね~・・・。 景気が回復しない限り、これ以上の普及や値下げは望めないのかもしれません。 ちなみにG-Tuneは1TBのRAID0仕様なので、使える容量は1TBですが実質2TBに増量されています。

今回も最も大容量だったのは圧倒的な状態でドスパラとなりました。 他メーカーとの差は3TBもありますが、価格もついに百万円を超えております!! まぁ、その他スペックも影響しているのでしょうが、例えば同シリーズの最安モデルでSSD4TB構成にしてみたところ¥628,040になったので、価格を抑えることは可能です。 色々なモデルで試してみてはいかがでしょうか。


最近、当ブログでNECが人気です。 レビューを増やしたのも影響しているのでしょうが、やはり最近お買い得度が増してきたことも関係しているような感じが致します。 激安メーカーに比べれば高価な部類に入りますが機能や品質などは高いと思うので、気になる方はチェックしてみて下さい。


【2014年3月29日更新】

 半年ぶり8度目の更新です。 今回はStormをSEVENに変更し、さらにEpson Endeavorを追加しました。 合計8メーカーです。


これまでも大容量だったドスパラですが、今回さらに2TBから4TBへと飛躍的に増量され、どこも太刀打ちできない存在になりましたw 基数は最大4基でして、一つ1TBという驚異的な大容量を実現します。 さすがドスパラのカスタマイズの幅広さは素晴らしいですね。

また、G-Tune・eX.computerは倍増されており、新たに追加されたSEVEN・Endeavorもなかなかの大容量です。 今回、容量の減ったメーカーは一つもありませんでした。


【2013年9月30日更新】

 2ヶ月ぶり7度目の更新です。 昨日更新した「最も大容量なHDDを搭載可能なデスクトップPCは?」と同様に、こちらでもSLI仕様を含む最高峰モデルにてチェックしていきたいと思います。 そしてついに出ました「1TB」!! もうHDDと変わらない容量の多さですが、値段はとんでもないことになっております・・・w

▼メーカー別比較表 ※送料込み

最も大容量なのは今回もダントツでStormとなりましたが、ついに1基1TBというオプションが登場しました! 「Samsung SSD 840 EVO Series 1TB(2.5inch MLC SATA-6Gb/s Read:最大540MB/s Write:最大520MB/s) 」という製品なのですが先月8/7に発売。 リード性能・ライト性能共に優れ、価格も安くてコストパフォーマンスの高い買って損無しのSSDです♪ ただし、ライトバッファがフルに利用されて空きが無くなると速度が低下する弱点もある模様。 しかしそれでも前身の840シリーズよりは高速なのでご安心下さい。 ちなみに各メーカーの単独販売価格は下記の通りです。

▼メーカー別比較表 ※送料込み

メーカー/Samsung SSD 840 EVO 120G 250G 500G 750G 1T
ドスパラ ¥9,780 ¥16,770 ¥36,800 ¥54,780 ¥68,800
工房 ¥12,810 ¥54,870 ¥69,330
eX.computer ¥35,800 ¥54,800 ¥68,134

面白いことに容量によって安いメーカーが異なります。 120GBではドスパラがダントツで安いものの、500GBではeX.computerの方が¥1000安く、750GBでは3メーカー横並び、話題の1TBではeXが一歩リードといったところでしょうか? 送料はドスパラが合計金額が5,000円以上(税込)で送料無料というキャンペーンを実施中ですので、通常より¥525安いです。 すでにキャンペーン期間延長されたみたいですが、いつまで続くかは分かりませんのでご注意下さい。


【2013年7月27日更新】

 2ヶ月ぶり6度目の更新です。 前回フロンティアは品切れが相次いだため比較から除外しましたが、今回は販売されているもののSSDオプションが見当たりませんでしたw ハイエンドモデルのみのチェックなのですが、高性能なモデルでSSDが選択できないというのは大きなマイナスポイントになりそうです。 いずれ復活するのでしょうが・・・。


なななんとStormにて1基960Gというとんでもなく大容量なSSDオプションが追加されました!!ww ほぼ1TBですが価格はさほど高くもなく、1基¥15600となっています。 これまでSSD導入の最大のネックとなっていた容量と価格の両方を解決する素晴らしい製品でして、性能も最高ではないものの大きな体感差も無いみたいなのでとても魅力的なのではないでしょうか。 詳しくは下記サイトをご覧下さい。

Micron「Crucial M500」~容量960GB、定番Crucial m4の後継SSD
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hirasawa/20130426_597555.html

3ヶ月前の記事ですが、当時は実売価格で6万円前後もしたんですね~。 と思って価格.comにて現在価格を調べてみたところ¥65580でしたw なんでパソコンと一緒だとこんなに安くなってるんでしょ・・・。 まぁ、だいたいPCパーツとかソフトなんてそんなもんですが、それにしても価格差が凄まじいですね。 なんか違うのかな(汗 ちなみにStormは今回も4基搭載可能でして、合計4TB近い超大容量に達しております。 おまけにHDDも最大4基搭載できる上にRAID仕様にも対応しているわけですから、Stormはホントに多彩なストレージオプションを取り揃えていますね♪

というわけで今回はStormに大注目な更新となりましたが意外にも他メーカーにて多くの増量が確認されており、全体的にもSSD増し増しな結果となりました♪ まぁ、それでもStormに比べれば微々たる違いなのですが・・・w


【2013年5月18日更新】

 2ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回はフロンティアにて完売が続出している為、比較からは除外してあります。 一応、最高峰のGZモデルは緊急追加されているのですが、なぜかSSDが選択できない状況w また既に一部の製品画像が新しくなっているなど、モデルチェンジ直前な模様です。 落ち着くまでしばらく待った方が良いかも・・・。


今回は初めての減量傾向にある模様です。 最高峰のStormから600Gオプションが無くなり、ドスパラと同様の合計512Gx4=2048GBでトップとなっております。 また、TWOTOPでも単品のSSD容量が少なくなっていますね。 その他は現状維持でしたので、容量の上がったところは皆無でした。 この辺が頭打ちとなりそうでしょうか?

「メーカー別SSD最大容量推移グラフ」が1年を経過しました。 この1年間、最もSSD容量の大きかったメーカーはダントツでStormですが、今年に入ってからドスパラが急上昇! 現在は五分の勝負を繰り広げております。 その他は500GB以下に全て集められており格差が非常に大きいですね。 SSDの容量を求めるのであれば選択肢はあまり無さそうです。 ちなみに、SSDのRAID仕様も大容量の2メーカーオンリーかと思いましたが、意外にも500GB以下のメーカーにていくつか対応していました。 こちらはこちらでメーカーによってハッキリ違いが出てきそうです。 ご参考までに。


【2013年1月15日更新】

 2ヶ月ぶり4度目の更新です。 「最も大容量なHDDを搭載するデスクトップ」で分かったのですが、ハイエンドモデルでもSLI仕様はPC内部の多くを占有する為か容量がやや少なくなっていました。 よって、今回からこちらもSLI非仕様モデルをピックアップしていきたいと思います。 ちなみに、G-Tune・ドスパラ・パソコン工房・Stormなどがそれに該当します。


今回から「メーカー別SSD最大容量推移グラフ」の掲載を始めました。 ここ1年近くの各メーカーSSD容量推移が確認できますので参考にしてください。 さっそく見てみると長期的にはやや増量傾向にあるものの500GB以下に限定されていますね。 相変わらずこのコンテンツはStormの独壇場でして、驚異的なSSD容量を実現してくれます。 しかし以前から他とはちょっと抜きんでた容量を備えるドスパラが今回ついに覚醒! これまで1T~1.5TBだった容量(これでも十分大容量ですが)が、ついに2TBの大台に乗ってきました!! 他メーカーが最大とする約500GBのSSDを4基も搭載でき、驚異的な大容量を実現しています。 しかしそれでもStormには一歩及ばず2位に甘んじておりますが、Stormの一択で悩んでいた方にとっては良い選択肢が一つ増えたのではないでしょうか。 そろそろもう一つくらい他メーカーの奮闘が欲しいですね・・・。


【2012年11月21日更新】

 約8ヶ月ぶり3度目の更新です。 大容量HDD同様に今回からもっともハイエンドなモデルのストレージをチェックしたいと思います。 これまでも比較的高性能なPCを取り上げてきましたが、実はケースの大きさが同じでもストレージの大きさは異なることを発見w つまり、よりハイエンドなモデルの方がストレージも大容量だと言うことに気がつきました。 なぜそうなっているのか分かりませんが、そんな訳で本日から各メーカーのフラッグシップ・デスクトップをチェックしていきたいと思います。 その他構成は標準ママです。 また、RAIDオプションは基本的に選択しませんが、標準で装備され固定スペックとなっている場合はそのままとします。


あっれえ・・。 HDDと違ってSSDは最高峰モデルでも過去に取り上げたモデルと比べてさほど大きな差は無いですねw いや、SSDの容量自体が少なめなのであまり大きな差を感じないだけかもしれませんが・・・。 少なくとも複数のメーカーにて容量アップは確認できました。

と言うわけで今回もStormがダントツでもっとも大容量です!! 他メーカーが1TBにも満たない中で2.4TBですからね・・・もはや驚異的ですw 1基に600Gを選択できるのもStormだけですし、その他容量のオプションも沢山あってカスタマイズの幅はとても広いです♪ 2位はドスパラですが前回に比べてやや落ちましたね。 これも違うモデルを選べばまた異なった結果になったんだろうか・・・w 探すのは面倒ですが、少なくともStormやドスパラにて大容量なSSDを搭載できることは間違いなさそうです。 ご参考までに。


【2012年3月8日更新】

 3ヶ月ぶり2度目の更新です。 実は先日「最も大容量なHDDを搭載可能なデスクトップは?」ということでチェックしたのですが、当記事の大容量SSDと同様にStormがダントツで大容量となりました。 どうやらStormというのはStorage(ストレージ)に強いみたいですね。 自由なカスタマイズが魅力なだけのメーカーだと認識していたのですが、思わぬ特徴を見つけてしまいました。 「”Stor”m」という名前と「”Stor”age」はかかっているのでしょうかね?(笑)

と言うわけで本日も最も大容量なSSDを搭載するモデル(インテル搭載)を調べていきたいと思います。 今回はできるだけ低価格・低スペックなものを比較し、ストレージ以外のスペックは標準構成とします。 HDDについては、一応選択可能かどうかだけを調べます。


まず驚いたのがドスパラでして、前回たったの300GBだったのが、4基搭載可能となって1.2TBへと大幅に増量されました! こちらはタワー型なのですが、ゲーミングPCのタワー型などでも同様に選択可能です。 そして注目のStormですが・・・さすが期待を裏切りません。 なななんと、前回600GBを2基搭載可能だったのが4基搭載可能と倍増されて、最大2.4TBものSSDを搭載可能!! ドスパラに並ばれたと思いましたが、一気に引き離しましたねw ストレージ関連でStormに勝るメーカーはまず無いのではないでしょうか? まぁ、ドスパラもHDD・SSD共にストレージ関連は大躍進したと思います。


【2011年12月9日更新】

2012年Q1パソコン出荷がタイ洪水で380万台減少、IHS iSuppli予測
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20111209/376264/

 米国の市場調査会社IHS iSuppliが現地時間2011年12月8日に公表した市場予測によると、2012年第1四半期(1~3月)の世界パソコン出荷台数は8420万台となり、同社従来予測の8800万台から380万台減少する見込み。タイの洪水でハードディスク装置(HDD)が不足することから、パソコンの生産に影響が及ぶとしている。


 以前記事にしたタイ洪水によるHDD不足の続報ですが、現在は在庫で持っているものの、来年初めに不足となってパソコン出荷台数が減少するのでは?とのこと。
そして、既にタイから他国へと製造拠点を移しているメーカーもあるため、対象問題は緩和されるかもしれませんが、今度はタイの回復によって2012年末には供給過剰が予想されます。

いや~、グローバルすなぁ~w
あっちがダメならこっちで。
こっちで良くなったらあっちも良くなった・・・等々、様々な要因がパソコン市場を騒がせそうです。
来年末はHDDセール開催でしょうか。

実はつい先日からHPの搭載HDDが500GBから1TBへと一斉に増量されました。
1TBの方が在庫が豊富なのでしょうかね?
価格も上がるのでできるだけ安く抑えたいと思っていた方にとっては残念ですが、多少安くなってコストパフォーマンス的にはお得です♪
ただ、今はできるだけ安いパソコンが売れていると思うので、HPとしては苦渋の選択といったところでしょうか・・・。

というわけで本日は、HDD不足を緩和するためにSSD搭載モデルを取りあげたいと思います(笑)
SSDとHDDのハイブリット構成ではなくSSDのみです。
容量はできるだけ大きくし、スペックは人気のCore i7としておきましょうか。

▼メーカー別比較表

大容量SSD搭載ということで、タワー型やミドルタワーなどを中心に集めてみました。

その結果、最も大容量なのは単独でも600GBという圧倒的な容量を誇り、それをさらに2基搭載可能なStormとなりました!! これはStormの意外な一面を発見してしまいましたね。 そう言えばStormは普段からSSDキャンペーンを頻繁に行っているのですが、得意分野にしている模様です。 それにしてももの凄い容量です。 他がせいぜい300~500GBなのに対して、Stormは単独で600GBですからね・・・。 値段も凄いですがw

※2011/12/13追記
eX.computerでも600GBものSSDオプションを確認しました!

G-GEAR GA7J-C35/S
Windows 7 Home Premium,Core i7 2600,8G,SSD600G,GTX560 1G,DVD,¥165,979

1基しか搭載できないのでStormには及びませんが、単品では最大ですし、なによりコストパフォーマンスが高くて魅力的です。
SSD搭載のみを選ぶとしたら、とてもお手頃なモデルかと思います。

【比較】最も大容量なHDDを搭載可能なデスクトップPCは?「2年ぶりの更新!フロンティアとEndeavorが大幅増量!!最大32TB!!」HDD2T/4T/6T/8T・2基/3基/4基

【メーカー別HDD最大容量推移グラフ】

【メーカー別HDD最大容量&基数グラフ】

※各メーカーで最も筐体の大きなモデルをチェックしています。
※HDD容量の少ない一部の国産メーカーなどは比較から除外しています。


【2016年10月11日更新】

 2年ぶり10度目の更新です。 2年ぶりて・・・ちょっと放置し過ぎましたねw もう少し更新していこうと思います。 また、グラフもまた1から作り直します。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 価格(税・送込)
HP ENVY 750-180jp/CT 10H Core i7 6700 8G 2Tx3=6T GTX960 DVD ¥186,624
G-Tune
MASTERPIECE i1470SA5
Core i7 6700K 16G 480G 8T+6T=14T GTX1060 ¥237,060
ドスパラGALLERIA XS Core i7 6700 8G 120G 6Tx3=18T GTX750 Ti ¥221,312
工房Stl-Q009-i7BK-ND Core i7 6800K 16G 2T+4Tx3=14T GT730 ¥215,352
eX.computer
AeroStream RA5J-F64/T
W8.1/10H Core i5 6500 8G 4Tx2=8T ¥116,424
フロンティアGBシリーズ(Z170) 7H/10H Core i5 6400 6Tx4=24T ¥270,864
Endeavor Pro5700 10H Core i3 6100 4G 128G 8Tx4=32T DVD-ROM ¥387,180

最も大容量だったのは、Endeavorになりました! まぁ、割と常に大容量という印象なので、それほど意外ではありませんでしたが、やはりビジネス用・プロフェッショナル用としてはこれくらいの性能の幅が必要になってくるのでしょうか? 容量も大幅に伸びていまして、2年前の14TBから32TBへと倍以上になりました。

そして2位には意外や意外、フロンティアが入っております。 フロンティアは前回まで5~6TBをずっと推移していたのですが、今回はなんと24TBです! フロンティアというのは常に変化を続けるメーカーでして、今でこそ激安メーカーの代名詞の様な存在ですが、元々はそんなに安くもありませんでした。 性能的にもハイエンドというイメージは無く、価格重視・コストパフォーマンス重視なメーカーでしたが、いつの間にか安いだけでなく性能の高いパソコンも取り扱う様になったみたいですね。 今後も更に進化を見せていくのではないでしょうか。

そしてドスパラ・G-Tuneと言った性能重視のゲーミングPCは3位以下へと順位を落としております。 別に容量を減らしたわけではなく他メーカーが増量しすぎた為です。 ただ、HPだけは前回8TBから6TBへと落としていますね。 最近はスペックも固定なものが多く、かつての自由度はなりを潜めています。 まぁ、容量そのものはずっと変わらなかったのですが、昔はRAID仕様も選べましたしTVチューナも選択出来るなど、もっと色々できたものですが・・・。

そして基数の多さも増大しています。 前回はEndeavorだけが4基搭載可能でしたが、今回はパソコン工房とフロンティアが同数になりました。 今後はSSDが普及してHDDに取って代わるものと思われますが、そうなると小さなSSDはより多く搭載可能になり、容量も更に増えていくと思われます(高価ですが・・・)。 また、4K・8K動画など画質の高精細化が止まりませんので、データの大容量化もますます進むことは間違いありません。 今後もパソコンに保存可能な容量は、パソコン選びの際に気になるポイントとなっていきそうです。

そしてもう一つ気になるのが、一部メーカーのHDDに書かれている「Red」とか「Blue」とかいう文字です。 これは「Western Digital」が販売しているHDDでして、それぞれ色別に特徴が異なります。 RedはRAID向けで耐久性・信頼性があり、Blueは様々な用途に向いている万能タイプで要は従来のものでしょうか?(わかりません) 今回の比較でもG-TuneはBlueを採用しており、フロンティアはRedを採用しています。 別に「Western Digital」だから選択したわけでは無く、最も容量が多いのでそれらを選んだわけですが、興味のある方は色々あるのでチェックしてみて下さい。

【WD】Blue, Green, Black, Red, Purple, Goldの違いと選び方
http://pssection9.com/archives/21402849.html


【メーカー別HDD最大容量推移グラフ】

【メーカー別HDD最大容量&基数グラフ】

※各メーカーで最も筐体の大きなモデルをチェックしています。
※HDD容量の少ない一部の国産メーカーなどは比較から除外しています。


【2014年10月5日更新】

 半年ぶり9度目の更新です。 今回は全7メーカーとなります。


今回は多くのメーカーが増量されていました。 特に目立つのが最も容量の大きかったドスパラでして、なんと最大で18TBにもなります。 1基6TBというこれまで見たこともないようなオプションが3つも選べる状態になっていました。 容量を重視されるのであればドスパラ、もしくは2位のEndeavor(14T)がお薦めです。

その他メーカーも順調に伸びていまして、G-Tune・パソコン工房・eX.computerが2T~4Tほど増量されています。 今後もこのHDD増量傾向はまだまだ止まりそうにありません。


レビューを4件追加しました。 lenovo Flex 10って人気高いんですね。 ここ数日で3件も追加されましたw また、Endeavor STシリーズのレビューが初登場です。 管理人も以前から気になっていたモデルですが、予想通り高い評価を得ている模様です。


【2014年3月28日更新】

 半年ぶり8度目の更新です。 今回も前回と同様の全8メーカーとなりますが、StormをSEVENへと変更してあります。


約半年ぶりの更新だけあって、割と変化が見られました。 まずなんと言ってもEpson Endeavorの飛躍です。 これまでは6T~8T辺りでずっと推移していたのですが、今回一気に14Tへと大幅に上昇しました。 そしてこれが全メーカーの中での最大容量となります。 まさか性能で勝る他の激安メーカーを上回る結果になるとは思いませんでしたが、こういった意外性や個性もEndeavorデスクトップの特徴です。

そして、パソコン工房とフロンティアも容量をそれぞれ1T~2Tほど増量させております。 新登場のSEVENは8TBでして、さほど大容量な印象は受けませんでした。


レビューにまたまた「NEC LaVie E」を追加しました。 直営店で見たこと無いと思ったら、量販店限定のモデル(カタログモデル)なんですね。 どーりで・・・。 2.5kgにもかかわらず「薄くて軽い」との印象を受けているみたいですが、感じ方はホントに人それぞれです。 それにしてもプリンタ付きで4万円台とか凄いですねw どこで買ったのか気になるところです。


【2013年9月29日更新】

 2ヶ月ぶり7度目の更新です。 これまでSLI仕様は対象外としてきましたが、ノートのSLI仕様にてストレージのより大容量なモデルを見つけましたので、今後は各メーカーの最高峰モデルを取り上げたいと思います。


今回はまっっったく変化有りませんでしたw やはり2ヶ月くらいだとさほど大きな変動は無いみたいですね。 前回は割と動いたのですが・・・。 と言うわけで次回は4ヶ月後以降に更新したいと思います。

3週連続で960GバイトSSDが5万円切り! シーゲイトの2Tバイト&3Tバイトモデルも安い!
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1309/28/news012.html

 2TB/3TBで1万円を切るのだそうです。 ちなみに直営店の増設オプション価格は下記の通り。

HP・・・2T/¥10500・3T/¥13650
G-Tune・・・2T/¥10290・3T/¥14280
ドスパラ・・・2T/¥10780・3T/¥14980
パソコン工房・・・2T/¥10980・3T/¥14980
eX.computer・・・2T/¥9500・3T/¥13000
フロンティア・・・2T/¥90003T/¥12000
Storm・・・2T/¥11088・3T/¥14968
Endeavor・・・2T/¥21000

あら、意外にもフロンティアが一番安い・・・。 その他はほぼ横並びですが、eX.computerも若干安いですね。 ちなみにもっとも高価だったのはEndeavorでしたw

それにしても3TBで1万円を切るのは凄いです。 ソフトなんかはプレインストールの方が安いのでハードも同じかと思ったのですが・・・。 増設や交換用のパーツは直接お店で買った方が安くて良さそうです。


【2013年7月26日更新】

 2ヶ月ぶり6度目の更新です。 今回も前回と同様の全10メーカーとなります。 ONKYOは相変わらず第二世代インテルプロセッサSandyBridgeを採用していますね。 OSも「Windows 7」だし・・・。 取り扱いも激減しているのでこのまま無くなってしまわないか心配ですw ちなみに現在HPにて「旧モデル在庫処分」を実施中! 第三世代インテルプロセッサIvyBridge搭載のモデルが格安となってお買い得です。 個人的には3波チューナ搭載の液晶一体型が8万円台で魅力的でした。 興味のある方は是非チェックしてみてください。


上位陣に変動はなく、最も大容量なのは今回もStormでして、2位ドスパラ、3位HPという順位も変わっておりません。 変動があったのは下位陣でして、まずG-Tuneが1TBの増量。 G-Tuneはハイスペックな割に一時最大3TBと寂しい内容でしたが、年々容量を増大させてきていて、今回は8TBとまたまた記録を更新してきました。 しかしその反面TWOTOPが2TB減量、更にフロンティアとONKYOも1TB減となっております。 全体的な最大値も変わっていませんし、若干大容量化にブレーキがかかっている印象です。


【2013年5月17日更新】

 2ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回も前回と同様の全10メーカーになります。 フロンティアは一時大型モデルが全て完売となっていましたが、現在「緊急追加」という形で再び販売中です。 それでも「残り僅か」となっていますので、ご希望の方はお急ぎ下さい。


今回は複数のメーカーにて若干容量が増えました。 G-Tune・パソコン工房・フロンティアなどなのですが、比較的容量の少なかったところが増えて全体の底上げがなされている印象です。 上位陣に変動はなく、もっとも大容量だったのはStormの16TBで2位に12TBのドスパラが続いております。

メーカー別のHDD最大容量推移グラフが既に1年を経過いたしました。 この1年ちょっとの間で最もHDD容量が大きかったのはやはりStormでして、12TBから16TBへの増量も成し遂げています。 次いでドスパラ、HPと続くのですが、元々ドスパラよりHPの方が若干容量は上だったんですね~。 今は逆転して3TBの差がついていますが、HPはRAID仕様も選択できるなど、ストレージ関連は割と自由度高いです。 そしてEpson Endeavorも比較的容量の多めな部類に入りますが、こちらもRAIDを得意としており、容量の大きいところは様々な可能性も広がりそうですね。 それ以下のメーカーは6メーカーが入り乱れる団子状態となっておいて、順位も激しく入れ代わっています。 全体的には一年を通してゆっくりと増量の方向に向かっている模様です。 今年もさらに増やされるでしょうか・・・?


【2013年1月14日更新】

 2ヶ月ぶり4度目の更新です。 前回は最もハイエンドなモデルを取り上げましたが、一部メーカーにてSLI仕様より単独グラフィックカードの方がHDD容量をより積める様ですので、今後は最高峰モデルのSLI非仕様のタイプを取り上げたいと思います。 また今回から「メーカー別HDD最大容量推移グラフ」を掲載しました。 メーカー毎の変化が一目瞭然ですので、是非参考にしてください。


やはり今回も、もっとも大容量なHDDを搭載するメーカーはStormとなりました! 2位はドスパラで3位はHPと、こちらも前回同様の順位となっております。 その他のメーカーが最大5T~6Tに集中しているので、HDDをより沢山積みたい場合はこの3メーカーから選ぶと良いと思います。 Epson Endeavorも若干上がってきたでしょうか。

今回から推移グラフを掲載したわけですが、改めて見るとここ1年間に全体的な増量傾向にあるのが分かりますね。 「TB」という単位を初めて見た時は驚愕したものですが、今や標準で1TBを超えるモデルが当たり前という状況に、改めてPC界のスピードの早さを実感させられます。 近い将来、20TBを超える日も来るでしょうか・・・。


【2012年11月20日更新】

 約8ヶ月ぶり3度目の更新です。 今回からもっともハイエンドなモデルのストレージをチェックしたいと思います。 と言いますのも、同じ筐体でSSDや大型のグラフィックカードを搭載していない方がよりHDDを積めると考えていたのですが、どうやらそんなことは関係無い模様w むしろ色々装備したハイエンドモデルの方がHDDも積めるみたいなので、気にせず最高峰モデルを取り上げていきたいと思います。 よって、よりHDDを積み込みつつスペック&価格を抑えたい場合は、最高峰モデルを上から順にチェックしていった方が良いかもしれません。 ご参考までに。


前回もダントツで超大容量だったStormが記録更新! 「3Tx4=12T」から「4Tx4=16T」へと大幅に増量されました♪ まぁ、これもハイエンドモデルを選んだことによるものなんですけどね・・・。 よって、その他メーカーも大幅に容量アップされております。 前回は、今回省いたメーカー(ThinkCentre)を除けば3TB~5TBのものが沢山ありましたが、今回は最低でも5TBが最低ラインですからね・・・。 ただやはり、かなりハイエンドかつ高価なモデルばかりなので、単純にストレージの容量だけを希望される場合はさらにモデルの選別が必要ですし、場合によっては自分で増設した方が良いのかもしれません。 ちなみにStormはローエンドモデルでもかなり大容量なので、やはりこちらをチェックすることをお薦めします。


【2012年3月6日更新】

 約4ヶ月ぶり2度目の更新です。 数あるコンテンツもかなり整理しましたが、当記事はしばらく続けていきたいと思います。

今回は最大容量HDD搭載モデルの中からできるだけ低価格なタイプを取りあげていきます。 ただし、AMD搭載モデル(HPとThinkCentreに有り)は除外し、また富士通とNECはスリムタイプのみなためこちらも比較からは外します。 HDD以外のスペックは標準構成です。


今回驚いたことにかなり変動がありました。 まずHPですが、新登場のフラッグシップが下位モデルと同サイズな筐体にもかかわらず、搭載容量を3TBも増やしております(3Tx1基増)。 また、前回容量が少なくて小首を傾げたマウスコンピュータも増設可能となって倍増! もしかしたらこちらは例のタイ洪水によるHDD不足なだけだったのかもしれませんね。 ただ、G-Tuneが相変わらず少ないのですが・・・w ドスパラも1基増えて大幅増、eX.computerは小幅増。 Stormがなななんと、2基増えて倍増の12TBとなっています!!ww

とまぁ、大方増えているか変わっていないメーカーが多い中、唯一容量を減らしたのがEndeavorでして、4基搭載可能だったモデルの1基当たり容量が2Tから1Tへと半減してしまいました。 その為、ミドルタワーよりミニタワーの方が容量が多くなってしまうという逆転現象まで起こっているわけなのですが、その他のメーカーは上記掲載モデルより上位にあるものはほとんど同じ分だけのHDDを搭載可能です。

というわけで現在最も大容量なHDDを搭載可能なメーカーはStormとなりました! ついに10TBの大台を超えたわけですが、HPやドスパラも惜しいですね。 また、ドスパラとStormは低スペックかつ低価格なモデルからHDDの大容量化が可能という点でも魅力的。 ふだん、動画などの大容量なデータを扱う方にとってお薦めのメーカーです。

【お知らせ】
 トップページの記事数を5から3へと減らしました。 1記事の容量が増えていっぱいいっぱいになってしまうので・・・w ページ別の記事数変更は「Custom Query String Reloaded」というプラグインを使うのですが、WordPress内には用意されておらず。 やむなく作成者のホームページからダウンロードしてZIPのままアップロードして使いました。 日々、WordPressに詳しくなっていきますw


【2011年11月11日更新】

パソコン世界出荷、20%以上減少も タイ洪水で12年1~3月、米調査会社予測
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381959FE3E3E2E0E48DE3E3E3E3E0E2E3E39790E0E2E2E2

 【シリコンバレー=奥平和行】米調査会社のIDCは10日、タイの大規模洪水の影響により2012年1~3月期のパソコン世界出荷台数が同社の当初予測より20%以上落ち込む可能性があると発表した。パソコン販売は景気悪化や多機能携帯端末(タブレット)などとの競争激化により伸び悩んでおり、メーカー各社は一段と苦しい状況に追い込まれそうだ。(後略)


ななんと、タイはHDD世界生産45%を占めているのだそうです!! いつの間に・・・。 こういった自然災害で影響がでるのは世界の工場と言われる中国や高品質な製品を扱う日本だけかと思っていましたが、タイの影響力もかなり大きい模様。 なかなか侮れない存在となっていますが、どちらかというと好感の持てる国なので応援したいです。

というわけでHDDがヤバイw まぁ、既に出荷済みとか在庫があるとか、そもそも不況でパソコン売れてないwということもあって影響は限定的。 まぁ、来年初めには落ち着くでしょう。 というわけで本日は、大容量HDD搭載デスクトップを取りあげたいと思います。 つまり、どれだけ積めるのか?一番大容量なメーカーはどこなのか?という点を追求してみます。 たしか数年前まではHPやEndeavorなどがなかなか大容量だったと思うのですが、現在はどうでしょう。

▼メーカー別比較表

スペックは比較しやすい様にそれとなく近づけてあります。 別にCore i5じゃなくても大容量HDDは選択できますし、Core i3などでも可能です。 また、同メーカー内で異なる筐体のものがいくつか有る場合は、それぞれチェックして特に大容量なタイプを選び、同じ容量の場合は低価格モデルを選択しました。

最も大容量なHDDを搭載可能なのは、やはりEndeavorになりました! 2TBをなんと4基も搭載でき、しかも便利なフロントアクセスを採用。 ツールフリーでPC稼働中でもHDDの取り替えができるという優れものです。 また、ケースにキャスターが付いているなど、動くストレージタンクといった感じでしょうかw

2位はやはりこちらも以前と同様にHPが登場! さらにStormも加わり、共に3TBを2基搭載できます。 ちなみにHPは最高峰のCore i7 900シリーズ搭載モデルなどではなく、中堅のCore i7 2600搭載モデルのみがこの容量を搭載可能となっています。 また、Stormは種類が多いのでさすがに全てはチェックできませんでしたが、大方この容量かと思われます。

その他は、ドスパラやフロンティア、ONKYOなどが2TB+3TBで合計5TBを実現。 意外だったのがマウスコンピュータで、なんと最大2TBでしたw 増設HDDが無いのですが、おそらく長年同じケースを採用しているため、この大容量化時代にやや後れを取っているのかもしれません。 ということはそろそろモデルチェンジ来るかな? でも、比較的新しいケースを採用しているG-Tuneも同じなんですよね。 う~む・・・分からんw