【前評判】HP Pavilion Power 15-cb000シリーズ(15-cb001TX・15-cb002TX・15-cb071TX・15-cb072TX・15-cb003TX・15-cb004TX)【比較】唯一4K液晶搭載のHPが安くてお買い得♪

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
 高性能と高機能、優れたデザインを併せ持った15.6型ノートPCです。 見やすくて目に優しい非光沢のIPS液晶ディスプレイを採用し、4K液晶にも対応しています。 2017/7/13発売

  ⇒ HP Pavilion Power 15-cb000シリーズ(15-cb001TX・15-cb002TX・15-cb071TX・15-cb072TX・15-cb003TX・15-cb004TX)icon


 秋のプレミアムパソコンセールicon・・・最新ノートがいきなり最大52900円オフ!2018/9/21迄

 【ノート限定】最終売りつくしセール!icon・・・旧モデルが最大88000円オフ!期間未定(おそらく売り切れ次第終了)

 【ノート】週末限定セール!icon・・・通常より最大33080円お得!送料無料&特価オプション♪ ※不定期に週末開催

 【デスク】96時間限定タイムセール!icon・・・最大53200円お得!最新モデルから旧モデルまで♪ 2018/10/15迄

 アウトレットパソコン特集icon・・・通常より最大94,000円オフ!夏の在庫一掃!旧製品が台数限定で特別価格♪


 総合評価:★4.16(とても良い:1、良い:5、普通:0、悪い:0、とても悪い:0)


・評価:★★★★★ 投稿者:カササギ
 値段の割にスペックが高く、コスパが大変良い。 また、このサイズで4Kなのは有り難い。 その上、オーディオにもこだわっているのだから、このPCは抜かりない。 本体のデザインはシックな印象で、仕事とプライベートの両方で使用しても違和感はなさそうだ。


・評価:★★★★☆ 投稿者:たまも
 3年前に購入したノートPCを使っている身としては「3年で随分ハイスペックになったなぁ」という印象です。 これだけの機能やスペックがあればノートとしては十分だと思います。 デザインも良いし、アルミニウム素材でテカテカしていないブラックというのが素敵です。

・評価:★★★★☆ 投稿者:veeeen
 ハイスペックモデル(15-cb071TX・15-cb072TX・15-cb003TX・15-cb004TX)ではcore i7にSSDとハードディスク搭載、16GBメモリと不満のない高性能で、スタイルも見栄えのするものです。 思いつく欠点としては光学ドライブが搭載されないことと、その割に2.29kgと割と重いところです。

・評価:★★★★☆ 投稿者:いしかわ
 まずはスペックについてです。 CPUはi7を選択でき、グラフィックボードも積んでいます。 また、ディスプレイは4Kで高精細なので動画などキレイに見られそうです。 値段を考えると「HP Pavilion Power 15-cb000」は良いパソコンだと思います。 デザインも洗練されていてスタイリッシュです。

・評価:★★★★☆ 投稿者:アジャキング
 15インチ画面は私としては一番好きな大きさなのでいいと思う。 それにしても、アーバンスタイルノートパソコンってどんな意味なのでしょう。 アーバンデザインとか、クールスタイリッシュなどと謳っているので、シックなブラックを前面に押し出しているということなのかな。 たしかにカッコいい。 それにバックライトキーボードなのもいいよね。 これが、アーバンスタイルということなのか。 欲しい。

・評価:★★★★☆ 投稿者:でこ介
 ハッキリ言って、性能的には文句無しです。 特にスタンダードモデル(15-cb071TX・15-cb072TX)は価格もお手頃ですので、非常に魅力を感じますね。 格別4Kにこだわりが無ければこちらでも良いのではないでしょうか。 あと、真っ黒を前面に出したノートというのも最近はあまり見てない様な気がします。 アルミ素材で指紋が付きにくそうですし、バックライトキーボードも使いやすさと共に見た目もアップです。 据え置きタイプですが、10時間ものバッテリ駆動時間もありがたいですし、優れたサウンド機能などアチコチに魅力が散りばめられています。


【管理人まとめ】

 まずそのデザインが高く評価されていました。 黒一色なのでどうかと思いましたが、アルミニウム素材やダイアモンドカットなど素材や加工にこだわりがあって、スゴく質感が良さそうです。 また、仕事用としても使えますし指紋も付きにくく、バックライトキーボードも装備するなど見た目と共に実用性が高いところも好評理由に挙げられています。

その他としてはやはり性能の割に価格が安いところが評判良かったです。 HPのPCというのは他の激安メーカーと比べると割高感が拭えませんが、こうやって内容をよく見てみるとそのお買い得度の高さが実感できる様な気がします。 NECや富士通などの国内大手ほど高機能ではないかもしれませんが安いですし、一方で激安メーカーより充実した内容を持つなど、良い意味でバランスの取れているところが魅力的です。


【2017/12/27更新】

 1ヶ月ぶり2度目の更新です。 現在HPでは「おかげさまで、またまた世界シェア ナンバーワン!icon」ということで値引きキャンペーンが行われています。 「HP Pavilion Power 15」も通常より33500円もお得になっており、高性能なスペックに加えて4K液晶まで搭載したモデルがかなり安いです。 是非チェックしてみて下さい。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD グラ ドライブ 液晶 価格(税・送込)
HP Pavilion Power 15-cb000 OSアップグレード半額!ハッピーギフトキャンペーンAicon 10H 7700HQ 16G 256G 1T GTX1050 DVD 15.6QF ¥143,424
マウスコンピュータm-Book P500S1-M2S5icon 7700 512G-M.2 15.6F ¥164,592
ドスパラGALLERIA GKF1050TGF 7700HQ 250G-M.2 GTX1050 Ti DVD ¥161,934
パソコン工房STYLE-15FX088-i7-LXSSicon 240G ¥141,436
フロンティアFRNZ175/WS2 NZシリーズ 年末年始セール GTX1050 ¥143,424

残念ながら4K搭載モデルは見当たりませんでした。 価格的にはパソコン工房とフロンティアがHPに近いですが、DVDドライブを搭載できるのもHPのみ。 パソコン工房はグラフィックの性能がワンランク上なのが魅力的です。 安くても色々付いているHPが最もお買い得になるのではないでしょうか?


【2017/11/25更新】

 年に一度の「BLACK FRIDAY SALE」が開催です。 値引きされたお得なセットモデルが多数ラインナップされていますが、「HP Pavilion Power 15」は3つのモデルが販売されています。 その中でも最も値引率の高い「HP Pavilion Power 15-cb000 スタンダードモデル」を取り上げたいと思います。


まず、初めて見るマウスコンピュータのグラフィック「GeForce MX150」ですが、メーカーサイトの説明によると「GTX950M」がややアップされたくらいの性能なのだそうです。 と言うわけでGTX950Mとして他のグラフィックと比べてみます。

GeForce GTX 1050 Ti・・・5,751
GeForce GTX 1050・・・4,393
GeForce GTX 950M・・・1,733
PassMark:https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+GTX+950M&id=3171https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+GTX+1050&id=3596https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+GTX+1050+Ti&id=3595

やはり大きな性能差がついていますね。 それを踏まえて見ていきますが、価格が圧倒的に安いフロンティアが目立ちます。 HPとの価格差は25000円ほどありますが、仮にフロンティアで3年オンサイトサービスを適用すると+14000円となりますので、残り11000円分をBlu-rayドライブ・マウス・引っ越しソフトと考えると、HPもなかなかお買い得なのではないでしょうか。 重要なポイントは3年間の訪問修理とBlu-rayドライブを必要とするかどうかにかかっていそうです。


HP Directplus -HP公式オンラインストア-
 最新のプロセッサやグラフィック、SSDやフルHD対応液晶など、高性能モジュールを恐縮した15.6型ゲーミングノートです。 廃熱のためにエアフローが強化されている点が特徴で、またブラックを基調としたボディにはグリーンがアクセントカラーとして配色されるなど、没入感を高めるデザインになっています。 2015年10月20日発売

  ⇒ HP Pavilion Gaming 15icon


 アウトレットパソコン特集icon・・・通常より最大94,000円オフ!夏の在庫一掃!旧製品が台数限定で特別価格♪


 総合評価:★4.1(とても良い:3、良い:5、普通:2、悪い:0、とても悪い:0)


・評価:★★★★★ 投稿者:じょん
 SSDとHDDの組み合わせは今や必須ですが、十分な容量のあるものは少ないんです。 これは使いやすさ重視でメモリも大盛りですから、動きカクカクでイライラということもないと思います。 唯一の心配はOSがWin10なことですが、使っていくうちになれるでしょう。

・評価:★★★★★ 投稿者:ゆう
 値段が高くて率直に手が出せないノートPCでありますが、ブラックを基調としていてシンプルにデザイン性がカッコ良くていいなと感じました。 また、アクセントカラーにグリーンも使われていてオシャレなPCで良いと思います。

・評価:★★★★★ 投稿者:麺好き
 まず驚いたのが、ゲーミングPC、つまり高性能なのに10万円台という安さですね。 非光沢ディスプレイなので、光の反射もなく見やすそうです。 緑に光るキーボードは使用したことがないのですが、本体カラーとも相まって良さそうですね。 発売が楽しみです。


・評価:★★★★☆ 投稿者:かい
 見た目がすごくかっこいいと思いました。 ブラックとグリーンがきれいです。 ゲームを楽しむためにはPCのデザインも重要ですね。 B & O Playデュアルスピーカー搭載で、サウンドにこだわる人にもぴったりです。

・評価:★★★★☆ 投稿者:ぽまと
 スペックはゲーミングパソコンのミドルスペックに近いものみたいですが、この小ささにGTX950を積んでいるのはなかなか優秀。 メモリは8GBしかないが、これは自分でのちのち増設すれば解決しそう。 廃熱なども独自のヒートシンクを採用しており、高負荷なゲームでも持ちこたえてくれると思う。 値段も10万前後なら妥当。 SSD搭載のものとの価格差は2万あるが、違いといえばそれだけというのもなんだかもったいない気もする。

・評価:★★★★☆ 投稿者:ざんどぅ
 最新のCore i7-6700HQが搭載されていることで、これまでのゲームノートPCよりもかなり高スペックとなっている。 SSDモデルとHDDモデルの両方があり、好みに合わせて選べるのがよい。 デザインもかっこよくバッテリ駆動時間も長めでかなりおすすめ。

・評価:★★★★☆ 投稿者:ぱに
 デザインがすっきりとしていて良いと思います。 ゲーミングPCはデスクトップがセオリーでノートPCだと暴走熱が気になりますが、排気口や通気口の位置・大きさ・数を調整しているところや、ヒートシンク/パイプで熱を持ちやすいモジュールをしっかりと冷却していることから、ノートもありかな?と思いました。

・評価:★★★★☆ 投稿者:シューマイ
 大抵長時間プレイをするので熱がこもりプレイ環境が悪くなって効率も落ちていたので、排熱性能が高い、排熱場所もプレイの邪魔にならないのは嬉しいです。 また、私は音楽を楽しむタイプなので良いスピーカーを購入していたのですが、元々良いサウンドシステムが搭載されているのは魅力的です。


・評価:★★★☆☆ 投稿者:tak001
 ゲーミングノートと言う事ですが、Corei7、128SSD+1TBHDD、8GBメモリ、NVIDIA® GeForce4MBビデオボードの高スペック版ならば、MMOも軽くいなせるでしょう。 安価版はHDDのみでちょっともたつく部分があるような気がします。 キーボード周りはバックライト+グラデーションを緑にしていますが、これは趣味が割れる部分かと。 個人的には青ベースなら惹かれますが...。 外観はちょっと残念な感じで、見た目普通のノートPC感であることが否めず、DellのALIENWAREシリーズのような割り切り感が欲しかったです。

・評価:★★★☆☆ 投稿者:ゼン
 ゲーミングパソコンとして、CPUやメモリなどは高性能・大容量は良いと思います。 ただ、ゲームに一番重要なGPU(グラフィック面)が中程度なので気になるところですが、価格面で考えるとコストパフォーマンスは高いといえると思います。 最新のゲームというより、オンラインゲームなどに向いています。


【2016/7/11更新】


ストレージの内容がかなり異なりました。 特にSSDを組み合わせたところが多く、その全てが無償アップグレードとなっていて、各メーカーイチオシな構成となっている模様です。 また、グラフィックもバラついているので、この2点と価格をよくチェックする必要がありそうです。 ちなみにSSDはカスタマイズで外せませんでしたw

まず最も安かったのはHPでして、性能も最も低くシンプル構成となっています。 ほぼ同価格帯にパソコン工房がありますが、こちらはHDDの代わりにSSDを搭載している点が特徴です。 グラフィックもより高性能となっていますが、その差は結構大きいのかもしれません(参考URL)。 また、パソコン工房はHDDが選択できないので、更にストレージ容量を・・・と考えると「M.2 SSD(¥29980~)」となってしまい、大幅に価格が上昇してしまいます。

その他気になる点は、ドスパラがUSB3.1にも対応しているもののバッテリ駆動時間が2.2時間しかない点、HPが7時間駆動(MobileMark 2014にて計測)という点、パソコン工房のインターフェイスが「ヘッドフォン/スピーカ出力×1 ,マイク入力×1 ,S/PDIFアウト(ミニプラグ型)×1 ,USB 3.0ポート×4 ,ディスプレイ出力(miniD-sub15Pin×1/HDMI×1/miniDisplayPort 1.2×1)」と多彩な点などが挙げられます。


HP Directplus オンラインストア


 

コメントする