【比較】最近のCore i搭載ネットトップ&小型デスクトップってどう?「ThinkCentre TinyにAMDプロセッサ搭載モデル登場!」(¥61538~¥84024)10H/10P,Celeron G4900/G4900T・Core i5 7200U/7500T・AMD A9-7420e,メモリ4G/8G,SSD128G-NVMe/240G/256G,HDD500G,サイズ365.5~427mm,質量0.67~2.1kg


 できるだけ筐体の小さなデスクトップを取り上げています。 縦・横・高さの合計が500mm以下のもの限定です。 質量の記載が無いところは不明となっております。


【メーカー・モデル別価格推移グラフ】

【メーカー・モデル別サイズ&質量グラフ】


【性能比較】
・CPU:Core i7 7700HQ>Core i7 6770HQ>Core i5 7500>Core i5 7500T>Core i5 7260U>Core i3 7100U>Celeron G4900>Celeron G4900T
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
マウスコンピュータLUV MACHINES mini
富士通FMV-ESPRIMO DHシリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2019年1月17日更新】

 2ヶ月ぶり46度目の更新です。 ミニPCの取り扱いが減ってきたので、今回からロースペックとハイスペックに分けず、全てのミニPCを当コンテンツで取り上げていきたいと思います。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ ストレージ 本体サイズ(mm) 本体質量 価格(税・送込)
HP Elite Slice プレミアムデザインPCキャンペーン2 10P Core i5 7500T 8G SSD256G 165x165x35.5=365.5 1.05kg ¥99,900
マウスLUV MACHINES mini 91B-S2 10H Core i5 7200U SSD240G 26x151x195=372 0.67kg ¥84,024
ドスパラmini Knight AS Celeron G4900 4G HDD500G 80x155x155=390 1.35kg ¥61,538
ThinkCentre M625q Tiny:スタンダード AMD A9-7420e 8G SSD128G-NVMe 34.5x182x179=395.5 1.32kg ¥62,748
FMV-ESPRIMO WD1/C2(DHシリーズ)・My Cloud優待クーポン Celeron G4900T 4G HDD500G 54x188x185=427 2.1kg ¥65,610

全部集めても5メーカーしかありませんでした。 しかもHPとThinkCentreはビジネス向けですので、コンシューマ向けとしては3メーカーしかないことになります。 今回の注目は唯一値下げされたThinkCentreでして、CeleronからAMDになるなどスペックが大幅に変更されました。


【2018年11月24日更新】

 2ヶ月ぶり45度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが追加されて、合計3メーカーとなっております。 マウスコンピュータはこれまでロースペックコンテンツで取り上げてきましたが、今回Core i5搭載モデルからしかないので、こちらで取り上げたいと思います。 ややこしいですし全体の数も少ないので、次回は二つのコンテンツを統合する予定です。


スペック・価格共に全く変化ありませんでした。 追加されたマウスコンピュータは丁度真ん中の価格となっており、大きいものの軽く、性能も中程と言った感じです。

次回更新時は当コンテンツで全てのネットトップ&小型デスクトップを取り上げていきたいと思います。


【2018年10月2日更新】

 1ヶ月半ぶり44度目の更新です。 今回はドスパラがサイトにアクセスできない為比較からは除外し、またパソコン工房は全て完売となっていました。 パソコン工房は新たなコンパクトモデルも登場していましたが、当コンテンツの条件である大きさの合計500mmをかなり超えていたので、残念ながら比較には加えられません。


さほど変化は見られませんね。 フロンティアが若干値上げされた程度です。 ただ、HPのSSDがNVMeからSATAに変更されていました。 これは大きなマイナスとなりそうです。

それにしても取り扱いがかなり減ってしまいました。 これまで取り上げてきたパソコン工房のSTYLE-IL11は、新モデルが出たことでもう販売されないかもしれません。 丁度昨日、このモデルのレビューでもしようかなと考えていた矢先の出来事に少しショックです。 やらなくて良かった・・・w


【2018年8月15日更新】

 2ヶ月ぶり43度目の更新です。 今回はHPが追加されたもののG-TuneのNEXTGER-Cが無くなり、さらにドスパラの2モデルが在庫切れとなって、合計4メーカーになっております。

やはり前回の「NEXTGER-C」の2万円値下げは在庫処分だった模様です。 また、パソコン工房も最安モデルなど完売となっていたので、前回より少し価格もスペックも上のものを取り上げています。


まず新たに追加された「HP Elite Slice」ですが、こちらは法人向けモデルを個人向けで販売しているものと思われます。 OSはProでストレージにNVMe SSDを標準装備するなど、他に比べて性能は高め設定です。 見た目もなんかお洒落ですね。 サイズ・質量も申し分無いのではないでしょうか。

オーディオ・光学ドライブ・VESAマウントなど様々なモジュールを追加することで、機能を充実させることも可能です。 重ねる弁当箱みたいですが・・。 価格もそれほど高くないですし、現在40%OFFセール実施中ですので、是非そちらもチェックしてみて下さい。

また、「Core i5 7500T」が久々に追加されたのでベンチのスコアを記載しておきます。 少し下がってますね。

Intel Core i5-7500T @ 2.70GHz(4コア)・・・7,061
Intel Core i5-7260U @ 2.20GHz(2コア)・・・5,762
Intel Core i3-7100U @ 2.40GHz(2コア)・・・3,782
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-7500T+%40+2.70GHz&id=2917https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2993&cmp[]=2917


【2018年6月16日更新】

 2ヶ月ぶり42度目の更新です。 今回はパソコン工房が追加されて、合計4メーカー6モデルとなっております。


今回の注目は、前回と同構成で21600円も値下げされたG-Tuneです。 まぁ、元々飛び抜けて高価な機種でしたが、半年前は17万円もしたのでだいぶ下がってきました。 唯一専用グラフィックを搭載する高性能モデルですので、特に描画性能を重視される方にお勧めです。


【2018年4月27日更新】

 2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回も全3メーカー5モデルとなっております。


今回は、価格・スペック共に前回と全く変化ありませんでした。 ただし、先日からお知らせしているように、ドスパラからマカフィーが消えております。 あるときは正直邪魔だなと思っていましたが、8千円近くするセキュリティソフト(マカフィーリゼセーフ1年版)が無料で付いていたのは非常にお買い得だったと思います。 もう復活しないんでしょうね・・。


【2018年3月7日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなったもののドスパラが1モデル追加されて、合計3メーカー5モデルとなっております。


今回追加した「ドスパラDiginnos Mini NUC K3H」は以前から存在しているモデルですが、「Mini NUC K3」と同シリーズなので取り上げてきませんでした。 しかし、サイズもスペックも異なるので今回から取り上げていきたいと思います。 どちらも質量は非公開ですw

今回注目したいのはG-Tuneでして、大容量SSD搭載からHDD搭載へと変更された為、価格が43200円もダウンしました! SSD(240GB)搭載モデルも+1万円から購入可能ですし、上記のモデルにSSDをプラスすることも可能です。 選択肢が増えて希望や予算に合わせて選ぶことができるようになっています。

Core i7 7700HQとCore i7 6770HQを比較したのですが、PassMarkでは6770HQが上回っています。 しかしGeekbenchでは7700HQが優勢でした。 悩んだのですが、より情報の多いGeekbenchを参考にしたいと思います。

Intel Core i7-6770HQ @ 2.60GHz・・・9,714
Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz・・・8,880
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2759&cmp[]=2906

Core i7 6770HQ:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=6770HQ&sort=score
Core i7 7700HQ:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=7700HQ&sort=score
Geekbench 4 CPU Search


【2018年1月16日更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回はG-Tuneが追加されて合計4メーカー5モデルになります。


まず今回登場した「G-Tune NEXTGEAR-C」ですが、まさかこれだけ小さいとは思いませんでした。 重さこそ最重量になるものの、大きさはパソコン工房よりやや小さいですね。 それでいて専用グラフィックを搭載する凄まじさでして、SSD容量も大きいですし、小さくても性能を諦めることのない内容となっています。 最大なんと1TBのNVMe SDDも選択可能です。 最大のネックは価格の高さですが、LANパーティ等でその性能と手軽さを多いに発揮してくれるのではないでしょうか。

また今回、パソコン工房のCore i3搭載モデルが復活しました。 6万円台という手ごろな価格で購入可能となっています。 そしてフロンティアの質量が0.735kgということが公表されましたが、これは「ドスパラDiginnos Mini NUC-S7」に次ぐ2番目の軽さです。


【2017年11月25日更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回は全3メーカー4モデルになります。


今回追加された2モデルですが、共に質量が不明でした。 Diginnos Mini NUC K3はわざわざ「非公開」と書いてあるので今後も不明なままかもしれません。 フロンティアは珍しいプロセッサを採用していますが、気になったので調べてみたところ、下記の様になりました。

Intel Core i7-6770HQ @ 2.60GHz(4コア)・・・9,704
Intel Core i5-7500T @ 2.70GHz(4コア)・・・7,180
Intel Core i5-7260U @ 2.20GHz(2コア)・・・5,762
Intel Core i3-7100U @ 2.40GHz(2コア)・・・3,782
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2993&cmp[]=2917

コア数も少ないですし、同じCore i5の7500Tと比べて一段劣る印象です。

また、前回までずっと最安だったパソコン工房ですが、今回はスペックアップによって価格を上げ首位陥落となっております。 変わって最安となったのはドスパラDiginnos Mini NUC K3とフロンティアがほぼ同額で並びました。 ドスパラはSSD搭載、フロンティアはCore i5搭載と性能的には一長一短ありますので、どちらが良いか決めかねますが、筐体のタイプが大きく異なるので好みで選べそうです。


【2017年9月29日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回は全2メーカーとなります。


ドスパラは前回と同構成で値上げされてしまいましたね・・。 最も安いのは今回もパソコン工房となります。 かなり対象モデルが減ってきてしまったので、次回からはロースペックモデルと合わせて取り上げるかもしれません。


【2017年7月29日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回は全2メーカー3モデルとなります。


今回はドスパラとASUSでこれまでと少し違うタイプも取り上げました。 まずドスパラDiginnos Mini NUC-S5ですが、中程度の性能を備えつつ3モデルの中で最も軽いです。 約半分近くになりますが大きさも最小となっています。

ASUS VivoMini VC66-B060ZはVivoMiniシリーズの中で最も高性能になり、形状も他とはやや異なります。 模様が付いているなど、ちょっと凝っていてお洒落ですね。 性能が高く唯一DVDドライブを搭載するなど使い勝手は良さそうですが、全モデルの中で最も重く、最も大きいです。 また、見た感じ横置き限定なのかもしれません。

ちなみに最安のパソコン工房が前回と同構成で3240円値下げされました。 価格を重視される方にお勧めです。


【2017年5月29日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回は全2メーカー3モデルとなります。


今回の注目は新登場のパソコン工房ブックサイズパソコン「STYLE∞ I-Class」です。 まさにブックサイズなパソコンですが性能が高く、Core i3からCore i7までラインナップされています。 また、SSDとHDDのダブルストレージにも対応し、SSDを2基搭載することも可能。 付属のVESAマウントを使ってモニターの背面に設置すれば一体型PCのようにもできますし、標準で2画面出力に対応している点も便利ですね。 意外と見た目がお洒落なところも魅力的だと思います。 価格もお手頃ですので、3Dゲーム等をバリバリやりたいとかで無ければ、十分一考の価値あるモデルではないでしょうか。


【2017年3月28日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回はASUSが無くなって、合計2メーカー3モデルとなっております。 前回取り上げた「ASUS VivoMini」はCeleron搭載モデルがあるので、そちらのコンテンツで取り上げています。


今回特に大きな変動などはありませんでした。 ドスパラは送料無料が終わって若干価格が上がってますね・・。 また、ドスパラDiginnos Mini NUC-S7の質量が判明(参考サイト)しましたが、大きさの割に最も軽かったです。 価格は高いですが非常に高性能ですので、このサイズでも画像編集など快適に行うことができるのではないでしょうか。

【比較】Core i5に専用グラフィック搭載の15.6型ノートでお買い得は?「パソコン工房が高性能でハイコストパフォーマンス!!」(¥104544~)10H,Core i5 8300H/8400,メモリ8G,SSD250G-M.2/512G-NVMe,HDD500G/1T,GTX1050/GTX1050 Ti,DVD,15.6型フルHD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ8GB以上を基本構成とします。


【性能比較】
・CPU:Core i5 8400>Core i5 8300H>Core i5 8250U>Core i5 7400>Core i5 6500>Core i5 7300HQ>Core i5 6400>Core i5 6300HQ>Core i5 7200U>Core i5 4210M>Core i5 6200U≧Core i5 5200U
・グラフィック:GTX1070>GTX1050 Ti>GTX1050>GTX970M>RX550>GTX950M=940MX>GTX850M>>940M
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPC
マウスコンピュータLuvBookマウスコンピュータm-BookG-Tune NEXTGEAR-NOTE
ドスパラCritea(ノートパソコン)GALLERIA(ノート)
パソコン工房ノートPC
ThinkPad Eシリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2019年1月4日更新】

 2ヶ月ぶり44度目の更新です。 全4メーカーになります。

メーカー別比較表 OS Core i5 メモリ SSD HDD グラ ドライブ 液晶 価格(税・送込)
HP Pavilion Gaming 15-cx0000 安心の3年版マカフィーソフトセットキャンペーン 10H 8300H 8G 1T GTX1050 DVD 15.6F ¥104,544
G-Tune
NEXTGEAR-NOTE i5340BA1
8400 500G ¥116,424
ドスパラGALLERIA GCF1050TGF-E 8300H 250G-M.2 1T GTX1050 Ti ¥131,738
工房LEVEL-15FX080-i5-LNSX 8400 512G-NVMe GTX1050 ¥109,058

最も安いのはHPとなりました。 唯一光学ドライブも搭載して使い勝手も良さそうです。 ゲーミングPCにしてはシンプルなデザインなのも格好良くて好印象ですし、ノートながら標準で3画面出力にも対応しています。

次いで安かったのは久々に復活したパソコン工房ですが、以前と違って手ごろな価格を実現しています。 しかも、プロセッサの性能が高く、ストレージにはなんと512GのNVMe SSDを採用しています! これでこの価格というのは素晴らしいのではないでしょうか? 性能を考えると非常にコストパフォーマンスは高いと思います。


【2018年11月9日更新】

 2ヶ月ぶり43度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回はHPとドスパラが値下げされております。 HPは前回と同構成で5400円値下げされ、ドスパラも同じく2160円値下げされました。 ドスパラは現在実施中の送料無料キャンペーンによるものですが、11/12-10:00迄ですのでご注意下さい。


【2018年9月12日更新】

 2ヶ月ぶり42度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は対象モデル変更によるスペックアップもあって、価格が上昇してしまいました。 まずHPですが、これまでのPavilion PowerではなくPavilion Gamingという新モデルを取り上げています。 主な構成上の変更点はプロセッサのみで、性能差は下記の通りです。

Intel Core i5-8300H @ 2.30GHz(4コア)・・・9,377
Intel Core i5-7300HQ @ 2.50GHz(4コア)・・・6,875
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2922&cmp[]=2929https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8300H+%40+2.30GHz&id=3254

価格を抑えたい方はPavilion Powerもまだ販売中ですので、そちらをチェックしてみて下さい。 ちなみに価格差は2千円程度になります。 また、ThinkPadもプロセッサを旧世代の7200Uにダウンして5400円値下げさせることが可能です。 下記が性能差になりますが、結構開いていますね。 やはり第8世代は素晴らしいです。

Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz(4コア)・・・7,678
Intel Core i5-7200U @ 2.50GHz(2コア)・・・4,637
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8250U+%40+1.60GHz&id=3042https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-7200U+%40+2.50GHz&id=2865

最も安いのは今回もThinkPadですが、ThinkPad・G-Tune・HPの3メーカーが約7千円の間で犇めいております。 今まで不明だったRX550の性能は下記の様な感じになりましたので、トータルでの性能的にはG-Tuneがトップになりそうです。 ただG-TuneはSSD非搭載なのでカスタマイズしたいところですが、HDDが固定なのでSSDオンリーにはできません。

GeForce GTX 1050・・・4,596
GeForce GTX 970M・・・4,074
Radeon RX 550・・・3,441
PassMark:https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=Radeon+RX+550&id=3761https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+GTX+970M&id=2981、https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+GTX+1050&id=3596


【2018年7月24日更新】

 2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回はマウスコンピュータからG-Tuneになり、さらにドスパラが追加されて合計4メーカーとなっております。 ドスパラは1年以上ぶりの復活です。


今回は値下げされたところが多かったです。 まずHPですが、前回と同構成で4320円ダウン、ThinkPadも同じく前回と同構成で2430円ダウンしています。 マウスコンピュータはゲーミングPCのG-Tuneに変更してスペックも大幅に変わりましたが、16200円もダウンして購入し易い価格帯になりました。 マウスコンピュータ及びG-Tuneはここ最近高かったですが、やっと以前の最安レベルまで下がっています。

また今回新たなプロセッサが2つ追加されましたが、その性能については下記の通りです。

Intel Core i5-8400 @ 2.80GHz(6コア)・・・11,756
Intel Core i5-8300H @ 2.30GHz(4コア)・・・9,377
Intel Core i5-7400 @ 3.00GHz(4コア)・・・7,383
Intel Core i5-7200U @ 2.50GHz(2コア)・・・4,637
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare/Intel-i5-8400-vs-AMD-Ryzen-5-1600/3097vs2984https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8300H+%40+2.30GHz&id=3254https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-7200U+%40+2.50GHz&id=2865


【2018年6月2日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなって合計3メーカーとなっております。


今回も最も安かったのはThinkPadとなりました。 前回と同構成で2千円くらい安くなって、更にお買い得になっています。 容量は少ないですがM.2 SSDを標準で搭載してマシンパフォーマンスも良さそうです。


【2018年4月13日更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなっております。


今回も最も安かったのはThinkPadとなりました。 前回と同構成で6075円値下げされて、コストパフォーマンスも高くなっています。 ちなみにHPも3千円ほど値下げされていますが、マウスコンピュータはスペックアップによって価格が大幅に上昇してしまいました。


【2018年2月21日更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回はパソコン工房が追加されて合計4メーカーになっております。


まず久々登場のパソコン工房ですが、相変わらずハイスペックなので価格が非常に高いです。 そして最安のThinkPadも最新モデルを取り上げたので価格は上昇してしまいました。 もう少し価格を抑えたいという場合は安価な旧モデル(E570)もまだ販売中ですので、そちらがお勧めです。 ちなみにそちらなら唯一DVDドライブが搭載されています。


【2018年1月1日更新】

 開けまして御目出度うございます。 いつも当ブログにアクセスして頂き有り難う御座います。 今年こそはさらなる飛躍の年にしたいと思っておりますので、今後ともよろしくお願いします。
 管理人 m(_ _)m

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回はHPが追加されて合計3メーカーになっております。


驚いたことにHPはここ2年間で初登場です(見逃してたかもしれませんが・・)。 HPは現在も正月キャンペーンが大好評でして、非常にノッているメーカーの一つになります。 是非チェックしてみて下さい。

最も安いのは今回もThinkPadですが、プロセッサ・グラフィック共に性能は最も低くなりそうです。

Intel Core i5-7400 @ 3.00GHz・・・7,410
Intel Core i5-7300HQ @ 2.50GHz・・・6,875
Intel Core i5-7200U @ 2.50GHz・・・4,667
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2922&cmp[]=2929https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2865&cmp[]=2929

GeForce GTX 1050・・・4,410
GeForce 940MX・・・1,260
PassMark:https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+GTX+1050&id=3596https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+940MX&id=3453

と言うわけでHPとマウスコンピュータも性能通りの価格差と言った感じでしょうかね? ただ、HPの方がHDD容量も多いですし、トータルでコストパフォーマンスは高い様な気もします。


【2017年11月7日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回は全2メーカーになっております。


大分対象がなくなってきましたが、このタイプは取り扱いが少ないですね・・。 最も安いのは今回もThinkPadですが、メモリを半減したり液晶をHDにすることでもっと安く購入することもできます。 ちなみに購入する際はクーポンの入力を忘れずに。 マウスコンピュータはプロセッサ・グラフィック共により高性能なタイプのものを採用しているので高価です。 PCゲームなど快適に楽しみたい方はそちらが良いと思います。


【2017年9月11日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回はマウスコンピュータとASUSが追加されて合計5メーカーとなっております。


今回2メーカー追加されたわけですが、ちょっと性能も価格も高いですねw 特にASUSは17万円もしますが、Core i5にGTX1000シリーズというのはなんか似合わないと言うか、だったらCore i7搭載モデルで良いんじゃないか?とか思ってしまいます。 でも取り扱いが増えているってことは需要があるのでしょうね・・。 CPU性能よりグラフィック性能を、ってことなんでしょうか?

最も安いのは今回もThinkPadですが、このメーカーだけ異次元の安さを発揮しているので、価格を抑えたいのであればコレに限ります。 前回と同構成ながら8456円値下げされていますが、上記は標準構成なのでスペックを下げてさらに価格をダウンすることも可能です。

またeX.computerも長い年月をかけて徐々に徐々に値を下げています。 こちらも前回と同構成で5400円ダウンですが、ThinkPadよりCPUの性能が高いところが特徴です。

ただ気になったのは新登場のマウスコンピュータm-Book P500B1でして、Core i5 7400にGTX1050というデスクトップ向け等の高性能なパーツを搭載している割に11万円台というのはとてもお買い得に感じました。 前評判はこちらです。


【2017年7月6日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーになります。


今回は前回と比べて価格・構成共にまったく変化が見られませんでした。 最も安いのはThinkPadで、最新プロセッサに8GBメモリ、さらにはフルHD対応液晶まで搭載して内容も良いです。 次いで安いのはeX.computerですが、プロセッサの性能はThinkPadよりやや高いもののメモリは半分なので、価格差を考えるとThinkPadの方がお買い得かなと思います。 また、ThinkPadには独自の機構や高い品質なども備わったビジネスノートなので、その点も魅力的です。


【2017年5月7日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回は全3メーカーになります。


最も安いのは今回もThinkPad E570となりました。 ThinkPadは標準構成を掲載しましたが4GBメモリや光学ドライブ無しも選択出来るので、カスタマイズによってはさらに安くすることもできます。 パソコン工房はプロセッサが変更され更に価格が上がってしまいました。 eX.computerも前回と同構成ながら価格が2千円ほど上昇しています。


 

【比較】安くてコストパフォーマンスの高いCore i5搭載15.6型ノートは?「パフォーマンスのパソコン工房か?価格の東芝dynabookか?」(¥76464~)10H,Core i5 8250U/8400,メモリ8G,SSD240G(M.2),HDD1T,DVD,15.6型(フルHD)

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ8GB以上を基本構成としています。
※2018/11/8より光学ドライブを基本構成から外しました。
※2018/7/23よりメモリ4GBを8GBに変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i5 8400>Core i5 8250U>Core i5 6300HQ>Core i5 7200U>Core i5 6200U
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HP 15Pavilionシリーズ
マウスコンピュータLuvBookマウスコンピュータm-Book
ドスパラCritea(ノートパソコン)
パソコン工房ノートPC
フロンティア(ノートPC)
東芝dynabook AZシリーズ


【最新特価パソコン情報】 ※税・送料込み


【2019年1月3更新】

 2ヶ月ぶり46日目の更新です。 今回はフロンティアが無くなって合計4メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS Core i5 メモリ SSD HDD ドライブ 液晶 価格(税・送込)
HP 15-da0000 スタンダードモデル 10H 8250U 8G 1T DVD 15.6F ¥100,224
マウスm-Book F556BN-S2 240G ¥103,464
工房STYLE-15FH039-i5-UHSX 8400 240G-M.2 ¥93,938
東芝dynabook AZ35/G・会員価格 8250U 1T DVD 15.6 ¥76,464

今回は値上げされたところが多かったです。 最も安かったのは東芝で、2位パソコン工房との価格差は17474円もあります。 光学ドライブも搭載していますが液晶がHDなのが唯一の欠点です。 一応カスタマイズでフルHDも選べますが、その場合は90504円と一気に14040円も上がり、なおかつストレージはSSD256Gとなります。

そうなるとパソコン工房とどちらが良いか悩みますが、一番気になるのはプロセッサのCore i5 8400です。 8250Uとの性能差は下記の様になります。

Intel Core i5-8400 @ 2.80GHz(6コア)・・・11,645
Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz(4コア)・・・7,676
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8400+%40+2.80GHz&id=3097https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8250U+%40+1.60GHz&id=3042

結構な性能差がある上にSSDもM.2ですので、東芝との価格差3434円を埋めるには十分な内容です。 性能を求めるならパソコン工房、価格を重視するなら東芝と言ったところでしょうか。 ちなみにストレージ容量も気になるところですが、パソコン工房はSSD固定でHDDを追加することも可能です(+6480円~500G)。


【2018年11月8更新】

 2ヶ月ぶり45度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。 光学ドライブ非搭載のモデルが増えてきた為、今回から基本構成より外して標準構成のままにしたいと思います。


最も安かったのは今回も東芝となりました。 ただし、液晶は唯一HDになります。 フルHD対応液晶搭載モデルに「AZ45/F」というものもありますが、税・送料込みで81864円とこちらも安くてお勧めです。

東芝より3千円近く高いフロンティアはフルHDですが、メモリは4GBです。 フロンティアは現在購入できないのでメモリを8GBにカスタマイズすることもできませんが、2018/11/19より製品保証が1年から2年に無料で延長されるキャンペーンが行われる模様ですので、その時に購入できるのかなと思います。


 現在、「クリエイター向けPC」を更新中です。 約1年ぶりの更新ですが、各メーカーのページも趣が異なってきているので、再チェックしています。 また経験者によるPCへの評判も集めていますので、興味のある方は参考にしてみて下さい。 対象は、マンガ・イラスト、動画編集・CG制作、RAW現像/写真編集の3種類になります。

最近は一般の方でも家でこれらの作業をする方が増えてきたので、こういったパソコンを購入するのも良いのではないでしょうか。 一時はロースペックなタブレットの普及によってハイスペックパソコンは廃れるのでは?と心配しましたが、世間では逆に高性能を求める層も増えてきているみたいです。 ただ、高負荷な用途に対応するため、ゲーミングPCを購入する方が多いるらしいので、是非クリエイター向けのPCも知ってもらえればと思います。


【2018年9月11更新】

 2ヶ月ぶり44度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


今回はあまり価格に変動は見られませんでしたが、新モデルとなったHPのみ上昇しています。 HPもCore i5 8250Uを採用することで全てのプロセッサが揃いました。 またHPはOptaneメモリを採用しているので、容量だけでなくパフォーマンスも期待できそうです。 このOptaneメモリというのは最近チラホラ見かけますが、ラインナップを見るとSSDよりは劣る位置づけとなっています。

最も安いのは今回も東芝ですが、唯一HD液晶なところがマイナスポイントです。 一方で約千円差のフロンティアはフルHD搭載なので、こちらの方がコストパフォーマンスは良いのではないでしょうか。 ただしストレージはSSDで容量が少ない点は考慮する必要があります。 カスタマイズでSSDを増量することは可能ですが、HDDは選択出来ません。


【2018年7月23更新】

 2ヶ月ぶり43度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


メモリ倍増の影響もありますが、それ以外も含めて全メーカーが値上げされてしまいました。 最も安いのは東芝ですが、唯一液晶はHDを採用しています。 一方1080円差で2位につけるフロンティアはフルHDですし、ストレージもSSDを採用しているので、こちらの方が魅力的です。 SSDは高価なため容量が少ないという欠点がありますが、フロンティアは320GBとまぁまぁですし、今なら「期間限定SSD/HDDカスタマイズキャンペーン」ということで+3800円で525GBにすることもできます。 ちなみにHDDの選択肢はありませんでした。


【2018年6月1更新】

 2ヶ月ぶり42度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


今回の注目は対象モデルを変更して大幅に価格ダウンしたマウスコンピュータです。 プロセッサこそ旧タイプなもののメモリ容量は大きいですし、SSDにフルHDも搭載して、性能・機能共に充実しています。

最も安かったのはフロンティアですが、そのマウスコンピュータより2千円ほど安く、それでいて最新プロセッサとより大容量なSSDを搭載するなど、非常にコストパフォーマンスが高いです。 特にプロセッサの性能の違いは大きいのではないでしょうか? 詳しくは下記を参考にして下さい。

Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz(4コア)・・・7,650
Intel Core i5-7200U @ 2.50GHz(2コア)・・・4,643
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare/Intel-i5-8250U-vs-Intel-i5-7200U/3042vs2865


【2018年4月12更新】

 2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


今回は旧プロセッサ搭載モデルを取り上げたこともあって、価格の下がったモデルがいくつかありました。 最も安いのはそのフロンティアでして、プロセッサこそ旧タイプなもののメモリは8GBあり、ストレージも高速なSSDを搭載、さらにフルHD対応液晶搭載と内容は充実しています。

その他メーカーは7万円台以上ですし、その7万円台の2メーカーはメモリ4GBにHD液晶なので、フロンティアの一拓となるのではないでしょうか。 どうしても上のプロセッサが良いとなると価格はかなり上がるので、ここは妥協した方が良さそうです。


【2018年2月20更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが復活して、合計5メーカーとなっています。


今回は残念ながら値上げされたところが多かったです。 最安の東芝も同様ですが注目したいのは安値2位のフロンティアでして、東芝より千円ほど高いもののメモリは倍ありますし、なんとSSD640GBを搭載しています!! HDDの代わりにSSDを採用するモデルは多いですが、これだけの大容量でこの価格というのは他に無いのではないでしょうか? HDDよりスピーディーでありながら弱点である容量の少なさもカバーして、文句無しのハイスペック構成となっています。 しかもフルHDですから言うことありません。 残り5台ですのでお早めに!


【2017年12月31更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが無くなって、合計4メーカーとなっています。


今回はパソコン工房とフロンティアが値下げされましたが、最安の東芝には一歩及びませんでした。 ただ、東芝はHD液晶なので、フルHD液晶ということを考えるとフロンティアも一考の価値はあるのかなと思います。 HDD容量は半減しますが・・。

また、今回第8世代インテルプロセッサの「Core i5 8250U」を搭載したモデルが登場しましたが、なかなかの性能な模様です。

Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz・・・7,521
Intel Core i5-6300HQ @ 2.30GHz・・・6,057
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3042&cmp[]=2632

「Core i5 8250U」はUシリーズ初のクアッドコアということで、スピードアップはもちろんのこと、複数タスクの同時作業にも力を発揮します。 旧タイプのCore i7にも匹敵する力を秘めているので、どちらにすべきか悩みそうですね。


【2017年11月6更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回は全5メーカーとなっています。


最も安いのは東芝となりました。 前回最安だったフロンティアは値上げされて、逆に東芝が同じ額くらい値下げされたので、順位が入れ替わっております。 他メーカーが7万円台、8万円台な中、唯一6万円台を実現する激安っぷりですが、液晶はHDになりますのでその点は注意が必要です。

また、2位のフロンティアとは7560円差なのですが、8GBメモリにフルHD対応液晶を搭載しているので、この点を踏まえるとコストパフォーマンスはこちらの方が良いかもしれません。 ストレージには高速なSSDを採用していますが、容量よりパフォーマンスを重視される方にも向いています。


【2017年9月10更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回も前回と同様の全10メーカーになります。


今回も最も安かったのはフロンティアとなりました。 2位には約千円差で東芝が入っていますが、こちらはHDD容量が倍ある一方で液晶はHDなので、好みに合わせてどちらでも選べそうです。 また大幅値下げされたASUSですが、プロセッサが旧タイプとなっています。 その他としては、8GBメモリにM.2 SSD、さらにフルHD液晶まで付いたeX.computerも割とお買い得です。

ちなみに旧プロセッサで良ければ8GBメモリ・HDD1TB・フルHDのハイスペック構成で6万円台を実現する、フロンティアの「秋の大感謝祭」モデルもお勧めです。


【2017年7月5更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回も前回と同様の全10メーカーになります。


今回は、あまり価格に変動が見られませんでした。 ここまで動きがないのも珍しいですねw

最も安いのは今回もフロンティアですが、同じ7万円台にHP・パソコン工房・東芝を含めた全4メーカーがひしめき合っております。 ただ今回の特徴としてSSDを搭載するモデルがいくつか増えており、安いモデルでもパソコン工房とフロンティアが該当します。 特にフロンティアはSSDに加えてメモリも8GBを搭載しているなど、非常に内容が良いです。 価格はさほど変わっていませんがコストパフォーマンスはググッと上がりました♪


【2017年5月6更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回は全10メーカーになります。


今回は残念ながら値上げされた機種がやや目立ちます。 値下げされたのはパソコン工房・富士通・NECになりますが、どれも比較的高価なモデルばかりです。

最も安かったのはフロンティアでして、前回までしばらく最安だったHPは値上げによってついに首位陥落となりました。 しかし価格差は千円もなく、HDD1TBを搭載しているHPの方がお買い得かもしれません。

また、フロンティアは実施中のGWセール【第2弾】によって、ハイスペックなモデルがお得となっています。 8GBメモリにSSDはなんと525GBも搭載して8万円台前半と、かなり破格な値段ではないでしょうか。 性能はもちろんのことコストパフォーマンスの高いノートを希望される方にも必見なキャンペーンモデルです。


【2017年3月7更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回はNECが追加されて、全11メーカーとなっております。


今回最も安かったのは東芝となりました。 HDD容量が若干大きい点も魅力の一つですが、2位のHPは約千円差で更にHDD容量が大きく、おまけにフルHD対応液晶搭載なので、こちらの方がお買い得です。 ただ、3位のフロンティアは8GBメモリにSSDを搭載しているので、よりパフォーマンスを重視される方に向いていますし、コストパフォーマンス的にも高いのではないでしょうか。

【比較】各メーカーの14型ノートはどんな感じ?「あまり変わらず・・。」(¥39938~)10H/10P,Celeron 3865U/N3450/N4000・Corei 3 8145U・Core i5 8250U/8350U・Core i7 8550U/7700HQ,メモリ4G/8G,eMMC64G,SSD128G/256G(M.2/NVMe),HDD500G/1T,GTX1050 Ti/GTX1060,DVD,14型(フルHD/タッチパネル)

【メーカー別価格推移グラフ】

※2018/7/21よりCore iのみから全プロセッサへと比較対象を拡大しました。
※2015/12/28よりCore i3のみから全Core iプロセッサへと比較対象を拡大しました。


【性能比較】
・CPU:Core i7 7700HQ>Core i7 8550U>Core i5 8350U>Core i5 8250U>Core i5 7300U>Corei3 8145U>Core i5 7200U>Pentium 4415U>Celeron 3865U>Celeron N3450>Celeron N4000
PASSMARKGeekbench BrowserGPUBoss4Gamer.netCOMPAREドスパラ・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPC
マウスコンピュータm-BookG-Tune NEXTGEAR-NOTE
ドスパラCritea・Altair(ノート)
パソコン工房STYLE∞(ノートブックPC)
フロンティア(ノートPC)
ThinkPad Eシリーズ
東芝dynabook AZシリーズ(15.6型ワイド)
富士通FMV-LIFEBOOK AHシリーズ(ベーシック)
Let’s note LXシリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年12月31日更新】

 2ヶ月ぶり44度目の更新です。 今回はパソコン工房のゲーミングノートを追加して、合計7メーカー10モデルとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラ&ドラ 液晶 価格(税・送込)
HP 14s-cf0039TU エントリーモデル 10H Celeron N4000 4G 1T 14F ¥62,424
HP Pavilion x360 14-cd0000 エントリーモデル Pentium 4415U 256G-NVMe 14F-T ¥86,184
マウスm-Book B400H Core i7 8550U 8G 256G 14F ¥111,024
G-Tune
NEXTGEAR-NOTE i4400BA1
Core i7 7700HQ 500G GTX1050 Ti ¥138,024
ドスパラAltair VH-AD3L Celeron N3450 4G eMMC64G 14 ¥39,938
工房STYLE-14FH055-i3-UHEX Core i3 8145U 240G-M.2 14F ¥88,538
工房LEVEL-14FH054-i7-RNSS(外付けGPU BOX) Core i7 8550U 8G 240G GTX1060 ¥191,138
フロンティアFRNSM511/D NSMシリーズ Core i5 8250U 256G-M.2 ¥105,624
FMV-LIFEBOOK LH35/C2(LHシリーズ)・My Cloud優待クーポン Celeron 3865U 4G 128G 14 ¥68,688
Let’snote LV7・CF-LV77R6QP 10P Core i5 8350U 8G 256G DVD 14F ¥262,224

今回、あまり変化は見られませんでした。 値下げされたところも少なく、むしろスペックアップによって値上げされたところが目立ちますね。 マウスコンピュータはCeleron搭載モデルが無くなりCore i7搭載モデルとなった為、価格が倍以上跳ね上がりました。

新たに追加したパソコン工房のゲーミングノートですが、標準で外付けGPU BOXが付属するので価格が非常に高いです。 外付けが無くてもGTX1060搭載で、グラフィック性能については最も高いと思われます。 ちなみに外付けGPU BOXの付属しないモデルはありません。

今回追加されたプロセッサの性能については下記の通りです。

Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz(4コア)・・・8,833
Intel Core i7-8550U @ 1.80GHz(4コア)・・・8,315
Intel Core i5-8350U @ 1.70GHz(4コア)・・・8,252
Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz(4コア)・・・7,673
Intel Core i3-8145U @ 2.10GHz(2コア)・・・5,610
Intel Core i5-7300U @ 2.60GHz(2コア)・・・5,197
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-7700HQ+%40+2.80GHz&id=2906https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8550U+%40+1.80GHz&id=3064https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8350U+%40+1.70GHz&id=3150https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8250U+%40+1.60GHz&id=3042https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i3-8145U+%40+2.10GHz&id=3349https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-7300U+%40+2.60GHz&id=2955


【2018年11月3日更新】

 2ヶ月ぶり43度目の更新です。 今回はHPが2モデル追加されて、合計7メーカー9モデルとなっております。


まず今回新登場の「HP 14s」ですが、「HP 14」はこれまでもありました。 昔のモデルなので情報も少なく、正直どこが変わったのかよく分かりませんが、おそらくベゼルが狭くなって液晶もフルHDに変わった模様です。 あと液晶が最近では珍しい「光沢」です! この様に液晶周りが特に特徴的なのかなと思います。 また、8時間半という長時間駆動も嬉しいですし、価格もお手頃です。

そして、フロンティアの14型は今回キャンペーンに初登場しました! まだ出たばかりの新モデルですが、前回と同構成で1万円も安くなっています。 高性能な第8世代インテルCore i5プロセッサにM.2 SSDを搭載し、液晶はフルHD対応です。 気になるストレージ容量ですが、オプションに唯一SSD512GB-M.2も用意されています。 価格も+8000円とお手頃です。


【2018年9月9日更新】

 4ヶ月ぶり42度目の更新です。 今回はHPが無くなったもののフロンティアが追加されて、合計7メーカーとなっております。


まず新たに追加されたフロンティアですが、本当に久しぶりの14型になります。 特徴はCore i5 8250UにSSD搭載で非常に性能が高いことですが、残念ながら今のところフロンティアらしい価格の安さは発揮されておりません。 さすがに発売直後の激安は無理でしょうか? ご希望の方はしばらく様子を見た方が良さそうです。

一方でお勧めしたいのがほぼ同スペックのパソコン工房でして、フロンティアより2万円も安いです! ただストレージのHDDは固定スペックなので変更できないところが残念ですが、M.2やNVMeのSSDを1万円前後で追加できるので、価格が安いままでパフォーマンスと容量を両立させることもできます。

また、富士通FMV-LIFEBOOK LH35/C2が9158円も値下げされました! 発売間もない子ども向けの「じぶんパソコン」ですが、早くも大幅値下げに踏み切りましたね。 売れ行き厳しいのかな?と勘ぐってしまいますが、気になる方はこの機会に検討されてみてはいかがでしょうか。


【2018年7月21日更新】

 4ヶ月ぶり41度目の更新です。 前回飛ばしてしまいましたw 今回から全14型をこちらで取り上げていきます(安さ優先)。 全6メーカー7モデルです。


今回は久々に富士通FMVが追加されました。 ただ通常のモデルではなく、子ども向けの「自分パソコン」というものらしいです。 小学生向けオンライン学習支援サービス「FMVまなびナビ」が2018年7月26日にサービス開始予定されているなど、これから子どもにパソコンを使わせたい、学ばせたい方にお薦めかと思います。

今後は小学校でもプログラミング教育が必修化されるなど、子どももパソコンを使えることが重要なスキルになってくる時代です。 しかし、全ての大人がパソコンに詳しいわけではありませんので、どんなパソコンを与えたら良いか分からない方も多いのではないでしょうか。 そのようなご家庭の入門用として富士通FMVは最適かと思います。

スペック的にはCeleronに4GBメモリと低めですが、SSDを搭載している点は評価できます。 また、ノートとしてもタブレットとしても使える2in1タイプというのは子どもの遊び心を刺激しそうですね。 ただ、色が白しか無いのは非常に残念です。

価格はやや高め設定ですが、子どもが安全に楽しく遊び学べる為の技術や工夫が施されているので、納得できると思います。 より詳しい内容については富士通サイトでご確認下さい。


【2018年5月30日更新】

 1ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなっています。


今回は最安のThinkPadがCore i5からCore i3にスペックダウンされて、2万円以上も値下げされました。 ただ、過去にはずっとCore i3を採用してきたので、元に戻っただけですね。 価格を抑えるのであればThinkPadに限ります。


【2018年4月10日更新】

 1ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになっております。


今回はスペックアップもあって値上げされた機種が多かったです。 最も安いのはThinkPadで、唯一10万円を切るなど圧倒的な低価格を実現しています。 今なら同時購入で「ThinkPlus USB オプティカル ホイールマウス」や「ThinkPad エッセンシャル・トップロードケース」が割引されてお買い得です。 また、HPはCPUが最新タイプのもの変わりました。

Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz 4コア・・・7,593
Intel Core i5-7200U @ 2.50GHz 2コア・・・4,656
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare/Intel-i5-8250U-vs-Intel-i5-7200U/3042vs2865

ベンチマークにてシングルコア・マルチコア共に8250Uが勝っておりますが、シングルでは大差ないもののマルチで大きな差がついております。

8250U:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=8250U&sort=multicore_score
7200U:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=7200U&sort=multicore_score
Geekbench 4 CPU Search


【2018年2月18日更新】

 1ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになっております。


価格に大きな変化は見られませんでした。 今回からThinkPadは新モデルのE480にしてあります。 プロセッサがパワーアップしており、Core i5 6200Uと同等の性能があるのではないでしょうか。 その為価格は1万円以上アップしていますが、価格を重視するのであればまだ旧モデル(E470:¥47520~)も販売中ですので、そちらがお勧めです。

Intel Core i5-7200U @ 2.50GHz 2コア・・・4,664
Intel Core i3-7130U @ 2.70GHz 2コア・・・4,145
Intel Core i5-6200U @ 2.30GHz 2コア・・・4,010
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3120&cmp[]=2556https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3120&cmp[]=2865


【2017年12月29日更新】

 1ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになっております。


今回も特に順位に変動は無く、最も安いのはThinkPadとなりました。 値下げや値上げなども小幅な動きにとどまっております。 スペックも全く変わりませんでした。


【2017年11月4日更新】

 1ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになっております。


今回も順位に全く変動は見られず、最安はThinkPadとなりました。 それぞれ各レベルのプロセッサを搭載しているので綺麗に分かれていますね・・。 HPはコンシューマ向けの2in1、G-Tuneはゲーミングノート、ThinkPadとLet’snoteはビジネスPCとそれぞれ用途が異なるので選ぶのは簡単だと思います。 ただ、ThinkPadは非常に安いので一般の方が買っても良いと思います。 以前使ったことがありますが、無骨な外観ながら非常につくりがしっかりしていて信頼の置けそうなPCでした。 またいつか使ってみたいと思っています。


【2017年9月7日更新】

 1ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになっております。


今回は最安のThinkPadと新登場の「HP Pavilion x360 14」が値下げされました。 特に「HP Pavilion x360 14」の値下げ幅は大きく、前回と同構成にもかかわらず18144円もダウンしています! ただし短納期モデルということでカスタマイズは一切できませんし、限定200台残り161台です。 他のモデルは見当たらないので、売り切り終了って事になるかもしれません。


【2017年8月2日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回はHPが追加されて合計4メーカーとなっております。


今回の注目は久々に登場したHPです。 こちらは4つのスタイルで使えるユーティリティPCでして、液晶を360度折り曲げてタブレットの様にしたり、立ててテントモード、裏返してスタンドモードと色々使えます。 質量は1.68kgで駆動時間は9時間とモビリティもなかなか高くて使い勝手は良さそうです。 性能も高めですが、ストレージ容量の少ない点が玉に瑕。 見た目はシンプルですがカラーは上品なシルバーを採用しているので、女性が持っても違和感無いのではないでしょうか。


【2017年7月2日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーになります。


今回ほとんど内容に変化はありませんでしたが、Let’snoteは最安モデルが在庫切れの為、その次に安いモデルを取り上げてあります。 スペックアップされているので価格もかなり上昇してしまいました。 また、G-Tuneは前回と同構成で5400円値下げされています。 特にキャンペーンの対象ではないみたいなので、価格改定の模様です。


【2017年5月3日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回は全3メーカーになります。


今回はさほど変化が見られませんでした。 順位も前回と同様で、もっと安いのはThinkPadです。 価格を重視されるのであればコレに限ります。 一方、他2メーカーはかなりのハイスペックとなっており、ゲームをするならグラフィックなども含めて万遍なくハイスペックなG-Tuneがお勧め。 また、堅牢性やモビリティなど持ち歩き用途に長けているのがLet’snoteでして、多彩な機能や使いやすさ、高い信頼性を備えてビジネス用途に最適です。

【比較】各メーカーのWindowsタブレットってどんな感じ?「革素材採用の大人のタブレットHP Spectre Folio 13登場!」(¥26784~)10H,Atom x5-Z8350/x5-Z8550・Core i5 7Y54/7260U/8200Y,メモリ2G/4G/8G,ストレージ:SSD256G-NVMe・eMMC32G/128G,タッチパネル:8型/10.1型WUXGA/12.3型(WUXGA/3K2K)/13.3型フルHD,質量0.315kg~1.48kg,バッテリ駆動6.1時間~19時間


⇒ Windowsタブレット    ⇒ Androidタブレット


【メーカー別価格推移グラフ】

【メーカー別駆動時間&質量グラフ】

※()内の数字はJEITAバッテリ動作時間測定法のバージョンです。 (?)はその他になります。
※キーボード付属のものは本体のみの数値を掲載しています。


【性能比較】
・CPU:Core i5 7260U>Core i5 7Y54>Atom x5-Z8550>Atom x5-Z8350>Atom Z3735F
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HP SpectreHP ENVY
マウスコンピュータ・タブレットPC
ドスパラDiginnos DG(タブレット)
iiyama 10P1000-C-VGM(パソコン工房)
フロンティアFRT
富士通arrows Tab QHシリーズ
Vaio Z Canvas


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年12月8日更新】

 2ヶ月ぶり43度目の更新です。 今回はHPが1モデル追加されたものの、ドスパラからタブレットコンテンツが完全になくなって、合計3メーカー5モデルとなっております。 HPもキーボードがくっついているのでタブレットと言えるかどうか微妙なところです。 しかしHPがタブレットに分類しているので、タブレットとして取り上げていきたいと思います。 一方で東芝やVAIOには分離型のデタッチャブルPCというものが発売されているのですが、そちらはPCという位置づけみたいです。 もうわけ分からんですw

メーカー別比較表 OS CPU メモリ ストレージ 液晶 その他 バッテリ 質量 価格(税・送込)
HP Spectre x2 12-c033TU ベーシックモデル デザインと使い勝手が両立!キャンペーンA 10H Core i5 7260U 8G SSD256G-NVMe 12.3-3K2K-T マカフィー、キーボード、ペン 8時間-? 0.775kg ¥139,860
HP ENVY x2 12-g000TU Core i5 7Y54 12.3WUXGA-T キーボード、ペン 17時間-? 0.778kg ¥154,224
HP Spectre Folio 13-ak0000 ベーシックモデル Core i5 8200Y 13.3F-T マカフィー、キーボード、ペン 19時間-? 1.48kg ¥186,624
マウスWN803 Atom x5-Z8350 2G eMMC32G 8-T 6.1時間-2 0.315kg ¥26,784
FMV-arrows Tab WQ2/C1(QHシリーズ)・My Cloud優待クーポン Atom x5-Z8550 4G eMMC128G 10.1WUXGA-T マカフィー、ペン 12時間-2 0.585kg ¥82,300

まず新たに追加された「HP Spectre Folio 13」ですが、切り離し不可のキーボードカバーに革素材を使用しているのが最大の特徴です。 パソコンのボディは真っ黒ですので、凄く落ち着いた大人の雰囲気を醸し出しています。 性能やモビリティも非常に高く、どこに持ち歩いても快適に使いこなせそうですが、やはり価格の高さが最大の弱点になりそうです。 付属のマウスも凄くお洒落ですね。

残念ながら値下げされた機種は皆無でして、値上げされたところが目立ちます。 特に「HP Spectre x2 12」は25000円も上がってますねw 絶好調のHPと言えども常時安いというわけでなく、前回はたまたま大チャンスだったみたいです。 ちなみに「HP ENVY」も少し上がりました。


【2018年10月13日更新】

 2ヶ月ぶり42度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが1モデルとフロンティアが無くなったもののドスパラが追加されて、合計4メーカー5モデルとなっております。 ただし、どこも取り扱いが減ってきていて、ドスパラもクリエイター向けから強引に引っ張り出してきましたw Android搭載タブレットが減ってきたのは知っていましたが、ついにWindows搭載タブレットまで減ることになるのでしょうか? タブレットの時代は終わりに向かうのか、今後の成り行きを注視したいと思います。


まず新たに追加したドスパラraytrektabですが、性能的には低いレベルに位置しバッテリ駆動時間も最も短いです。 しかし小さくて軽く価格もそこそこなので、手軽に扱えるタブレットなのではないでしょうか。 ドスパラのサイトにレビューが沢山ありますが、五つ星で4.5とかなりの高評価です。

そして今回の注目は「HP Spectre x2 12」でして、スペックダウンにより過去最安レベルまで価格が落ちています。 前回の最安と比べても4万円も安くなったので、できるだけ価格を抑えたい方は是非この機会にゲットして下さい。 プロセッサが旧タイプなので、もしかしたら近々販売終了かモデルチェンジされるかもしれません。


【2018年8月19日更新】

 2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが1モデル追加されたもののドスパラが2モデル(全部)無くなって、合計4メーカー6モデルとなっております。


新たに追加されたマウスコンピュータWN803ですが、フロンティアに次ぐ安さが魅力です。 内容的にはプロセッサの性能が高く、液晶サイズは小さく、モビリティは高いと言ったところでしょうか。 唯一の8型なので当たり前ですが、特に質量の軽さは圧倒的でして、できるだけ軽いタブレットを希望される方にお勧めかと思います。

ほぼ同じタイプのAndroidタブレットを持っていますが、ストレージ容量は32GBで足りるんですかね? やや不安を感じます。 また、Windows搭載ということもあってか、6.1時間というバッテリ駆動はギリギリの使用時間かもしれません。 8時間のタブレットで3日に1度は充電しているので、1日置きで充電することになりそうですね。 フロンティアは毎日充電が必要になりそうですが。


 私事ですが、昨日から久々に風邪を引いてしまいました。 突然涼しい時期が続きましたが、いつもと同じ様にエアロバイクを漕いで、いつもと同じ様に汗びっしょりのままエアコンの効いた部屋で寛いでたら、体を冷やしすぎてしまったみたいです。 鼻・喉をやられて呼吸困難に陥り、頭痛と熱と寒気で死にそうになっておりますw 天気や季節の変わり目は体調を崩しやすいのでご注意下さい。

あとやっぱりエアコンを効かせすぎかなと反省しております。 以前は23度だったのですが、現在は26度にしました。


【2018年6月25日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回はHPが追加されて、合計5メーカー7モデルとなっております。


今回の注目は新たに追加された「HP ENVY 12 x2-g000」です。 ENVYシリーズは他にも色々充実してきたので、ワンランク上の高品質なPCをお求めの方は是非チェックしてみて下さい。 他には無いHPならではのモデルが目白押しです。

「HP ENVY 12 x2-g000」でまず気になるのはプロセッサの性能についてですが下記の様になります。

Intel Core i5-7260U @ 2.20GHz(2コア)・・・5,709
Intel Core i5-7Y54 @ 1.20GHz(2コア)・・・3,643
Intel Atom x5-Z8550 @ 1.44GHz(4コア)・・・1,835
Intel Atom x5-Z8350 @ 1.44GHz(4コア)・・・1,281
Intel Atom Z3735F @ 1.33GHz(4コア)・・・907
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-7260U+%40+2.20GHz&id=2993https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-7Y54+%40+1.20GHz&id=2873https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Atom+x5-Z8550+%40+1.44GHz&id=2839https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Atom+x5-Z8350+%40+1.44GHz&id=2774https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Atom+Z3735F+%40+1.33GHz&id=2326

やはりCore i5ということでなかなかの性能ですが、さらに8GBメモリにNVMe SSD256GBを搭載するなどパフォーマンス面ではかなり充実しています。 また液晶も高精細なWUXGAを採用していますし、そしてなんと言ってもモビリティが非常に高いです! これだけ良いとどうしても価格が高くなってしまいますが、まだ発売されたばかりなので、今後キャンペーンが展開されてから購入した方が良いのではないでしょうか。


【2018年5月6日更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカー6モデルとなっております。


前回登場したばかりのドスパラD09IW2SLは早くも品切れとなった模様です。 と言いますかコレ、昨年にも販売されてましたね・・・。 てっきり新モデルかと思いましたが、販売されては消えて、消えては販売される製品みたいですw と言うわけで、次回はまた復活してるかもしれません。 代わりに今回はCLIP STUDIO PAINT動作確認済みのraytrektabを取り上げました。

富士通は前回と同構成で3576円ダウンしていますが、これは主にMy Cloud優待クーポンによるものです。


【2018年3月17日更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回はドスパラが1モデル減って、合計5メーカー6モデルとなっております。


今回は旧モデルとの入れ替えでドスパラに新モデル「D09IW2SL」が登場しました。 と言っても内容はあまり変わらないのですが、ストレージが倍増されて価格も少々上がっています。 相変わらずマカフィー標準装備で便利です。 全体の中で価格は安いですがモビリティもまぁまぁと言ったところでしょうか。 駆動時間は短めですが、サイズが小さいのもあって軽いのが魅力です。


【2018年1月26日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回は少々機種の増減があり2モデル減って、合計5メーカー7モデルとなっております。


まずドスパラですが、WN1003以外すべて入れ替わりました。 あまり内容は変わっていない感じですが・・。 また、ついに富士通のRHシリーズが無くなった模様です。 製品ページそのものが見当たらないので、今後再販されるかどうかは微妙かもしれません。

同じく富士通のQHシリーズはスペックダウンで価格が大幅にダウンしました。 他メーカーと比べて価格は高めですがそれでも安い部類に入りますし、富士通の高品質なタブレットを希望される方は手に入れるチャンスです。

そして今回注目したいのは高価なHPのタブレットでして、前回と同構成ながらキャンペーンによってなんと21492円も値下げされています! 昨年夏に登場してからずっと価格は動きませんでしたが、ついに待望の大幅価格ダウンです。 非常に高価なタブレットですし、キーボード付きの2in1ですが、取り扱いの少ない高性能なタブレットを求める方はこの機会を是非お見逃しなく。


【2017年11月17日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 10.1型未満のWindows搭載タブレットが激減した為、本日より全てのWindows搭載タブレットをこちらで取り上げていきたいと思います。 ドスパラが2モデル追加され、5メーカー9モデルとなっております。 全体的にも若干減ってきましたでしょうか?


今回の注目は追加した10.1型未満のドスパラ2モデルです。 DG-D09IW2SLは5千円近くダウンしていますし、DG-D08IW2Lもわずかながら値下げされて最安値を更新しました。 サイズは小さいですが価格は安いですし、コンパクトなWindows搭載タブレットを希望される方にもお勧めです。 また、毎度同じみのフロンティアのキャンペン限定モデル「FRT102」も1500円ほど値下げされて過去最安値となっています。 Officeとキーボードまで搭載されて様々な用途に対応できそうです。 と言うわけで、できるだけ安いWindowsタブレットを手に入れたい方は、今が買い時なのではないでしょうか?


【2017年9月22日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回はドスパラが1モデル追加されて合計5メーカー9モデルとなっております。


今回はドスパラにて変化が見られました。 まず「DG-D11IWVL」ですが3月以来の復活でして、価格が5206円ダウンしています。 ちなみにバッテリ駆動時間も判明しました。 そして12.2型の「DGM-S12Y」はメモリとSSDが倍増され更にハイスペックとなり、価格も21600円アップと大幅に上昇しています。

フロンティアの「FRT103(D)」は今回もキャンペーン「秋の大感謝祭」で販売されていますが、既に通常販売はされていないものの無くなりそうで無くなりません。 前回と同構成で3240円ダウンと更に安くなり、ドスパラを引き離して単独の最安となりました。


【2017年7月18日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回はHP・マウスコンピュータ・フロンティア、さらにドスパラも1モデル追加されて、合計5メーカー8モデルとなっております。 キーボード付きもありますが、質量はタブレット部のみの数値を掲載してあります。


まずHPですが、いきなり超豪華なタブレットが登場しました。 ハイスペックなのはもちろんですが、ここまで見た目がゴージャスなタブレットというのはあまり見たことがないかもしれません。 価格は非常に高価ですが、それでも評判はかなり良かったです。

マウスコンピュータは久々の復活でして、標準的な内容ですがOffice等が付属して値段もお手頃になっています。 ドスパラとフロンティアは旧モデルが復活した模様です。


【2017年5月19日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回は全2メーカー4モデルとなります。


今回はドスパラDiginnos DG-D10IW3SLが新たに追加されました。 旧モデルに比べてストレージ容量が倍増し、さらにバッテリ駆動時間が1時間アップしております。 価格は千円程上がった程度です。

そして既存のドスパラDiginnos DGM-S12Yはスペックそのままに5206円も値下げされました。 こちらはプロセッサ・ストレージ共により高性能で、液晶も大画面になっています。 ただその為かバッテリ駆動時間はかなり短めです。 キーボードが付属します。


【2017年3月20日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回はHPとEndeavorが1モデル無くなって、合計3メーカー7モデルとなっております。


今回の注目はドスパラでして、最安の「DG-D10IW3S」以外、揃って値下げされました。 しかも値下げ幅が結構大きくて、DG-D11IWVが8640円ダウン、DG-D11IWVLが10800円ダウン、DGM-S12Yが8640円ダウンとなっています。 かなり購入し易い価格帯になってきましたが、全てマカフィーやキーボードが付属するなど内容も魅力的です。 ちなみに前回不明だった12.2型「DGM-S12Y」のバッテリ駆動時間が4.7時間と判明しました。 測定方法は不明ですが、4.7時間と短めなのは気になりますね・・・。 やはり大画面&高画質だからでしょうか?


【2017年1月20日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回はHPが1モデルにドスパラが3モデル追加されたものの、NECとVAIOが無くなって、合計4メーカー9モデルとなっております。 前回のVAIOの大幅値下げは、やはり販売終了直前の大盤振る舞いだったみたいですね。


まず今回追加されたドスパラの3モデルですが、3モデルとも駆動時間が分かりませんでした。 タブレットを使う上で駆動時間というのは非常に重要なポイントだと思うんですけどね・・・。 その点が不明ではなかなか購入に踏み切れないのではないでしょうか。 また、全てマカフィーとキーボードがセットになっている点が特徴です。

富士通のQHシリーズとRHシリーズは新モデルになって内容が変わりました。 QHシリーズはマイナーチェンジといった感じですが、RHシリーズはSSD128Gがfm256Gに変わりOfficeとキーボードが付いて、価格がなんと倍近くに跳ね上がっておりますw なんでこんなに上がるのでしょう・・・。


【2016年11月20日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回はHPがメンテナンス中、マウスと東芝が完売で、合計5メーカーとなっております。


今回の注目は富士通の2モデルでして、共に値下げとなっております。 QHシリーズは4786円ダウン、RHシリーズは7102円ダウンです。 また、「VAIO Z Canvas」は一瞬目を疑いましたが54000円の超超大幅値下げとなっておりますww これはメモリ16GBが5万円OFFとなっているのですが、この国内メーカーがここまで大幅に値下げするのは珍しいです。 2017年1月16日(月)9:00までの期間限定ですので、モンスタータブレットを必要とされるプロの方はこの機会をお見逃しなく。