【比較】とにかく高性能な17.3型ノートPCは?「安定のパソコン工房が首位!!」(~¥512512)10H/10P,Core i7 10750H,Core i9 10885H/11900K,メモリ32G/64G,NVMe SSD512G x2 RAID0/1T/2T,HDD1T/2T,GTX1650/RTX2080 SUPER/RTX3080,17.3型フルHD

【メーカー別順位推移グラフ】

※性能が同レベルな場合はコストパフォーマンスの高い方を上位とします。


【性能比較】
・CPU:Core i9 11900K(25745)>Core i9 10900K(24108)>Core i9 9900K(18864)>Core i9 10885H(16044)>Core i7 9700K(14579)>Core i9 9880H(14126)>Core i7 10750H(12668)>Core i7 9750H(11342)
・グラフィックカード:RTX3080(23753)>RTX2080 SUPER(19334)>RTX2080(18619)>RTX2070 SUPER(14686)>RTX2070(14437)>GTX1650 SUPER(9647)>GTX1650(7431)
※()内の数値はPASSMARKのスコアです。常に変動するので最新の情報はPASSMARKにてご確認ください。その他、Geekbench Browser等で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPCOMEN by HP(ノートブック)
G-Tune NEXTGEAR-NOTE
ドスパラGALLERIA(ノートパソコン)
パソコン工房LEVEL∞シリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2021年6月9日更新】

 2ヶ月ぶり61回目の更新です。 今回はパソコン工房が復活して、合計3メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラボ 液晶 価格(税・送込)
OMEN by HP 17-cb1002TX エクストリームモデル 大画面でゲームも作業も効率アップ!キャンペーン 10P Core i9 10885H 32G 512G-NVMex2 RAID0 2T RTX2080 SUPER 17.3F(144Hz) ¥298,000
マウスmouse K7-H 10H Core i7 10750H 64G 1T-NVMex2 1T GTX1650 17.3F ¥244,750
工房LEVEL-17FG104-119K-VAZX Core i9 11900K 32G 2T-NVMex2 RTX3080 17.3F(144Hz) ¥512,512

今回もパソコン工房が首位となりました。 内容も結構ダントツでして、メモリ容量こそマウスコンピュータに劣りますが、プロセッサとグラフィックは最高峰になります。 2位にはマウスコンピュータと良い勝負だったHPとなっており、マウスコンピュータはいつものゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC「DAIV」ではないので、性能をガクッと下げています。

Intel Core i9-11900K @ 3.50GHz(8コア)・・・25,745
Intel Core i9-10900K @ 3.70GHz(10コア)・・・24,108
Intel Core i9-10885H @ 2.40GHz(8コア)・・・16,044
Intel Core i7-10750H @ 2.60GHz(6コア)・・・12,668
プロセッサベンチマーク

GeForce RTX3080・・・23,753
GeForce RTX2080 SUPER・・・19,334
GeForce GTX1650・・・7,431
グラフィックベンチマーク


【2021年4月2日更新】

 2ヶ月ぶり60回目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなったもののマウスコンピュータが追加されて、合計2メーカーとなっております。 パソコン工房は17.3型が全滅していました。


最も高性能だったのはマウスコンピュータとなりました。 プロセッサ・メモリ・ストレージとダントツな内容ですね。 ストレージはさらに増量することも可能です。 ただ、液晶のリフレッシュレートが不明だったのが残念なところ。

マウスコンピュータは最近サイトをリニューアルして、今までより少し製品が検索しやすくなりました。 まぁ、それでも個人的にはイマイチなのですが・・管理人と相性悪いのかもしれません。


【2021年2月3日更新】

 2ヶ月ぶり59回目の更新です。 今回はマウスコンピュータが無くなって合計2メーカーとなっております。 マウスコンピュータはG-Tuneから17.3型が無くなり、通常モデルの17.3型も現在入荷待ちとなっていて購入することはできませんでした。


最も高性能だったのはパソコン工房でして、前回と同構成で16500円値下げされています。 ストレージのNVMe SSD2TBを3基も搭載可能なところが凄いですが、リフレッシュレート300GHzというのも他ではあまり見かけません。 HPのRAID仕様も珍しいですね。


【2020年11月24日更新】

 2ヶ月ぶり58回目の更新です。 今回は全3メーカーになります。


最も高性能だったのは今回もパソコン工房となりました。 前回とほぼ同じ構成ですが、高速大容量なNVMe SSD2TBがなんと3基も搭載できるようになっています! プロセッサ性能も一番高くてメモリ容量も一番多いなど、文句無しの最高峰です。

2位はHPですが、そこからグッと性能が下がって3位のマウスコンピュータとなっています。 マウスコンピュータは現在「入荷待ち」状態のため購入できませんし、カスタマイズも不可です。 カスタマイズできればもう少し高性能な構成にできたかもしれません。 新たに追加されたパーツの性能については下記をご覧下さい。

Intel Core i7-9750H @ 2.60GHz(6コア)・・・13,562
Intel Core i7-10750H @ 2.60GHz(6コア)・・・12,668
Intel Core i7-8750H @ 2.20GHz(6コア)・・・12,479
プロセッサベンチマーク

GeForce GTX1070・・・11,346
GeForce GTX1650・・・7,431
グラフィックベンチマーク


【2020年9月20日更新】

 2ヶ月ぶり57回目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーになります。


まずパソコン工房にて第10世代の新たなプロセッサが登場したので、そちらの性能をご覧下さい。

Intel Core i9-10900K @ 3.70GHz(10コア)・・・24,108
Intel Core i9-9900K @ 3.60GHz(8コア)・・・20,170
Intel Core i9-10885H @ 2.40GHz(8コア)・・・17,473
Intel Core i7-9750H @ 2.60GHz(6コア)・・・13,562
プロセッサベンチマーク

同じCore i9の10885Hと比べてもかなり大きな性能差が開いてました。 これまでの最高峰だった「Core i9 9900K」にもベンチマークスコアが4千も開いています。 コア数10個というのも凄いですね。 しかもパソコン工房は唯一メモリが64GBもありストレージは高速&超大容量なNVMe SSD2TBを2基も搭載する凄まじさ! グラフィックも最高レベルのRTX2080を搭載して文句無しの最高峰です。

次に高性能なのはHPとなりそうです。 ドスパラと比べてプロセッサとグラフィックの性能で勝り、SSDは容量で劣りますが高速な読み書きを実現するRAID0仕様なので、やはりパフォーマンスとしてはこちらの方が期待できるのではないでしょうか。


【2020年7月28日更新】

2ヶ月ぶり56回目の更新です。 今回はG-Tuneが無くなって合計3メーカーとなっております。 G-Tuneのみならずマウスコンピュータの方でもありませんね。 また、パソコン工房でも高性能なゲーミングノートは即納に1モデルあるだけでした。 全体的にかなり取り扱いが減ってきている模様です。


パソコン工房の品揃えが激減してしまったため、順位も大幅に変動しました。 ここ1年近くトップに君臨し続けてきたパソコン工房は最下位に転落し、変わって1位になったのはHPです。 HPは半年くらいかけて徐々に順位を上げてきており、遂にトップの座を掴みました。 この2年間で初の1位になります。

今回HPは新モデルでして、第10世代インテルプロセッサの採用などスペックが大幅に変更されています。 特に驚かされたのがストレージのSSDでして、なんと512GBのNVMe SSDを2基搭載しており、さらにRAID0仕様となっております! ノートのSSD(しかもNVMe)でRAID仕様なんて見るのはいつぶりでしょうか・・。 それもコロナ渦で大変なときに、HPは攻めてるなぁと思います。 ちなみにRAID0は読み書きスピードがアップされます。

さらにグラフィックは最高レベルのRTX2080 SUPERを採用していますが、この点も旧機種(RTX2080)よりアップしています。 価格も内容の割に安いのではないでしょうか? プロセッサおよびグラフィックの性能については下記の通りです。

Intel Core i9-9900K @ 3.60GHz(8コア)・・・20,170
Intel Core i9-10885H @ 2.40GHz(8コア)・・・17,473
Intel Core i7-9700K @ 3.60GHz(8コア)・・・17,239
Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz(6コア)・・・15,152
Intel Core i7-9750H @ 2.60GHz(6コア)・・・13,562
プロセッサベンチマーク

GeForce RTX2080 SUPER・・・15,809
GeForce RTX2080・・・15,717
GeForce RTX2070・・・14,437
GeForce GTX1080・・・12,446
グラフィックベンチマーク

2位のドスパラはプロセッサやグラフィックの性能でHPに劣りますが、液晶のリフレッシュレートは240Hzもあります(HPは144Hz)。 リフレッシュレートとは数値が高いほど映像の動きをなめらかに表現でき、特に激しい動きをするゲームを快適に楽しむことが可能です。 まさに一瞬の判断が勝敗を分けるゲーマー向けの液晶ですが、スペックの方もそれなりに高いものでないと、その性能を発揮できません。 あまり確かなことは分かりませんが、GTX1080やRTX2080と言った最高位のグラフィックが望ましい様です。


【2020年5月28日更新】

2ヶ月ぶり55回目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなります。


今回もダントツでパソコン工房が最高峰となりました。 まずプロセッサの性能が一番高く、メモリも唯一64GBを搭載。 ストレージには高速かつ大容量な2TB NVMe SSDを2基も搭載でき、グラフィックも性能の高いものを採用しています。 唯一難点を上げるとすれば、HDD1TBは余計かもしれません。


【2020年3月28日更新】

2ヶ月ぶり54回目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなります。


今回も最も高性能だったのはパソコン工房となりました。 ストレージこそNVMe非採用で物足りなさを感じますが、その他のプロセッサ・メモリ・グラフィックと全て最高峰で、総合的にトップと言って良さそうです。

次いで高性能だったのは前回までG-Tuneでしたが、G-Tuneは最も高性能なモデルが完売となっているため、最下位に転落しています。 代わって上位に来たのはHPでして、パソコン工房に次ぐ性能を持つプロセッサに「RTX2080」を搭載してバランスが良く、価格が安い点も魅力です。


【2020年1月31日更新】

2ヶ月ぶり53回目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなります。


今回も最も高性能なのはパソコン工房となりました。 しかし驚くのはその価格の安さでして、似た構成のG-Tuneと比べて172128円も安いです! しかもSSDは2TBのNVMeを2基も搭載しています。 なぜここまで安くできるのでしょうかね・・。 しかもストレージはHDDやSSDをまだまだ積むことができます。 安くて高性能なゲーミングノートを求めるならパソコン工房に限りそうです。


【2019年12月6日更新】

2ヶ月ぶり52回目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなります。


まず新モデルとなって新たに追加されたHPのプロセッサ「Core i9 9880H」ですが、下記の様な性能になります。

Intel Core i9-9900K @ 3.60GHz(8コア)・・・20,170
Intel Core i7-9700K @ 3.60GHz(8コア)・・・17,239
Intel Core i9-9880H @ 2.30GHz(8コア)・・・16,754
Intel Core i7-9700 @ 3.00GHz(8コア)・・・15,719
Intel Core i7-9750H @ 2.60GHz(6コア)・・・13,562
Intel Core i7-7820HK @ 2.90GHz(4コア)・・・9,991
プロセッサベンチマーク

旧モデルは「Core i7 7820HK」だったので、かなり性能が向上しました。 またグラフィックも高性能な「RTX2080」を採用していますし、SSDも高速なNVMeを大容量1TBも搭載するなど隙の無い構成となっています。

また全体的にもSSD容量は大きく、なんと全メーカーが約1TB以上もの超大容量搭載です。 2TBも珍しくなくなってきましたが、中でもNVMe SSD 2TBを2基も搭載するパソコン工房は圧巻でして、さらにSATA SSDも搭載できるなど、ノートとは思えない大容量も実現します。 よってこちらが最も高性能なモデルとなりました。

次いでG-Tuneが2位になりますが、パソコン工房との差はSSD容量だけとなるものの、価格の安さもパソコン工房の魅力です。 3位は新モデルとなったHPがついにドスパラが追い越しました。

ちなみに富士通FMVとNEC LAVIEにも17.3型が登場しましたが、共に専用グラフィック非搭載なので当コンテンツには掲載しません。


【2019年10月11日更新】

2ヶ月ぶり51回目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなります。


まず1位ですが、G-Tuneとパソコン工房がほぼ互角なものの、SSDの内容でわずかにパソコン工房が上と判断しました。 また、価格の安い点も魅力ですね。 次いでドスパラ ⇒ HPはしっかりとした性能差がついております。 ちなみにHPは一時販売停止中で、G-Tuneも入荷待ちとなっています。 よってG-Tuneは現在カスタマイズができないのですが、入荷すればSSDをより高性能にカスタマイズして1位に返り咲くかもしれません。


【2019年8月20日更新】

2ヶ月ぶり50回目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなります。


今回も最も高性能だったのはG-Tuneとなりました。 しかし2位パソコン工房との差はさほどなく、価格はずっとパソコン工房の方が安いので、こちらも一考の価値ありかと思います。 ちなみにG-Tuneは前回と同構成で10800円値下げ、ドスパラは11556円値下げされましたが、パソコン工房はストレージの構成変更もあって価格上昇しています。

各プロセッサおよびグラフィックの性能については下記の通りです。

Intel Core i9-9900K @ 3.60GHz(8コア)・・・20,170
Intel Core i7-9750H @ 2.60GHz(6コア)・・・13,562
Intel Core i7-7820HK @ 2.90GHz(4コア)・・・9,991
プロセッサベンチマーク

GeForce RTX2080・・・15,717
GeForce RTX2070・・・14,437
GeForce GTX1080・・・12,446
グラフィックベンチマーク

コメントする