【比較】AMD Ryzen 5 2400Gを搭載したモデルでお買い得なのは?「ほぼ同額で3メーカーが競い合う!」(¥79315~)10H,AMD Ryzen 5 2400G,メモリ8GB,SSD240G/320G,HDD1T,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ8GB・SSD&HDD・光学ドライブ搭載を基本構成とします。
※2018/5/14よりRyzen 5 1600&GTX1060をRyzen 5 2400Gに変更しました。
※2017/10/15よりSSD&HDDを基本構成とします。


【性能比較】
・CPU:Ryzen 5 1600X>Ryzen 5 1600≧Core i7 7700K>Core i5 8400>Core i7 7700≧Ryzen 5 1500X>Ryzen 5 2400G>Ryzen 5 1400
・グラフィック:GTX1060>GTX1050>>>RX Vega 11>Graphics 630
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
マウスコンピュータLUV MACHINES
ドスパラGALLERIA(ミドルタワー)ドスパラMonarch・ThunderStorm(タワーパソコン)
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアGA・GX・GZシリーズ(ミドルタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年10月20日更新】

 2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。

メーカー別比較表 OS AMD メモリ SSD HDD ドライブ 電源 価格(税・送込)
マウスLUV MACHINES AR410SN 10H Ryzen 5 2400G 8G 240G 1T DVD 500W-B ¥86,832
ドスパラRegulus AR5-Q 400W-St ¥79,898
工房STYLE-M1B3-R5G-VHS 350W-B ¥79,315
フロンティアFRGXR240G GXシリーズ 320G 600W-B ¥79,704

今回は79000円台に3メーカーが犇めく大接戦となっております。 価格はパソコン工房が最も安いですが、その差はわずか数百円程度。 気になる内容ではSSDと電源の容量が大きいフロンティアが一つ頭が抜きんでている感じでしょうか。 電源の容量が大きいと購入後の増設にも対応できるので、フロンティアがお勧めです。

ちなみに電源の容量が大きいと電気代かかると思っていましたが、構成(スペック)が変わらなければ使う電力もさほど変わらないのだそうです。 ただ、変換効率はやや悪くなるので、その分は電気代が余計にかかるかもしれませんが、微々たるものと思われます。


【2018年8月27日更新】

 1ヶ月ぶり11度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが追加されて合計4メーカーとなっております。


今回最も安かったのは、前回と同構成で5594円も値下げされたドスパラです。 全体の中で唯一7万円台を実現していますが、電源の性能が一段低いのが欠点になります。 オプションには+8,900円(+税)の「オウルテック 400W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-400)」がありますが、これを選ぶと税・送料込みで86270円となってしまい安値3位です。 その代わり電源の性能は他に比べて2段上になりますが、中間が無いのが残念なところ・・・。


【2018年7月2日更新】

 1ヶ月ぶり10度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが入荷待ちとなっている為選択出来ず、全3メーカーとなっております。


今回は唯一フロンティアが値下げされて最安となりました。 前回から電源の容量が倍加していますが、価格は6264円もダウンしています。 僅か388円差で2位につけるドスパラとも電源に差がありまして、フロンティアの方が質・量共に上です。 ただし、ドスパラには「マカフィー・リブセーフ 12ヶ月 製品版(仕様書より)」が付属している点も見逃せません。


【2018年5月14日更新】

 1ヶ月ぶり9度目の更新です。 新プロセッサの登場で「Ryzen 5 1600」の取り扱いが激減した為、今回から「Ryzen 5 1600&GTX1060」の構成を「Ryzen 5 2400G」に変更したいと思います。 全4メーカーです。


まず「Ryzen 5 2400G」についてですが、「Ryzen 5 1600」よりプロセッサ性能は劣りそうです。

AMD Ryzen 5 1600 6コア・・・12,384
Core i5 8400 6コア・・・11,790
AMD Ryzen 5 2400G 4コア・・・9,402
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare/AMD-Ryzen-5-2400G-vs-AMD-Ryzen-5-1600/3183vs2984https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8400+%40+2.80GHz&id=3097

グラフィック性能についても同様です。

GeForce GTX 1060・・・8,945
Intel UHD Graphics 630・・・1,184
Radeon RX Vega 11・・・2,392
PassMark:https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=Radeon+RX+Vega+11&id=3893https://technewswith.me/intel-uhd-graphics-630

ライバルと言われるCore i5 8400と比べてプロセッサ性能では劣りますが、グラフィック性能では勝っております。 ちなみに最安のドスパラでほぼ同じ構成にしてみたところ、「Ryzen 5 2400G」搭載モデルの方が5千円程安かったです。 価格を抑えつつグラフィック性能を重視される方にお勧めかと思います。

ドスパラMagnate IM
 10H,Core i5 8400,メモリ8G,SSD240G,HDD1T,DVD,400W-St,¥84412


【2018年3月24日更新】

 1ヶ月ぶり8度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


パソコン工房のプロセッサは0円アップグレードによるものですが、なんとそのパソコン工房が最安になっていました! プロセッサの性能差については下記をご覧下さい。

AMD Ryzen 5 1600X 6コア・・・13,242
AMD Ryzen 5 1600 6コア・・・12,391
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+Ryzen+5+1600&id=2984https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+Ryzen+5+1600X&id=3000

電源の性能も高いですしコストパフォーマンス的にも非常に良いですね。 プロセッサのアップグレードは期間限定キャンペーンですのでお早めに。


【2018年2月2日更新】

 1ヶ月ぶり7度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回はフロンティアがキャンペーンの対象外となって価格を上昇させている以外、特に大きな変化は見られませんでした。 最も安いのはパソコン工房で、唯一12万円台を実現しています。 また、電源の性能が高いところも魅力の一つです。


【2017年12月13日更新】

 1ヶ月ぶり6度目の更新です。 今回は全4メーカーになります。


今回最も安かったのは、3240円値下げされたフロンティアです。 2位パソコン工房との価格差は2743円ですので、電源の性能がワンランク上のパソコン工房も一考の価値はあると思います。


【2017年10月15日更新】

 1ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回からSSD&HDD搭載を基本構成とします。 前回と同様の全5メーカーです。


やはり全てSSD搭載にしたので価格がかなり上昇し、なおかつ接近してきました。 最も安かったのはeX.computerでパソコン工房が2851円差で2位につけています。 パソコン工房は電源の性能がワンランク上なので、その点を踏まえるとコスパはeX.computerと五分になりそうです。 その他としてはフロンティアも安いですが、SSDと電源の容量が若干多くなっています。


【2017年8月21日更新】

 1ヶ月ぶり4度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回は値下げされた機種、値上げされた機種があり、両極端な結果となりました。 ドスパラはスペックアップされたので値上がりするのは分かりますが、フロンティアは前回と同構成にもかかわらず5千円以上もアップしています。 一方値下がりしたのはパソコン工房とeX.computerでして、パソコン工房は約3千円ダウン、eX.computerは電源の容量が100W減りしつつ6千円もダウンしました。

最も安いのはパソコン工房でして、2位のeX.computerと比べて電源の性能が高いにもかかわらず6千円以上も安いです。 こちらは現在開催中の「AMDまつり」対象モデルで特別価格となっているので、この機会をお見逃しなく(9/1-13:59迄)。 パソコン工房は今絶好調ですね。


【2017年7月24日更新】

 1ヶ月ぶり3度目の更新です。 今回はマウスコンピュータとフロンティアが追加されて、合計5メーカーとなっております。 ただし、ドスパラのみGTX1060が選択出来なかったので、ワンランク下のGTX1050 Tiを掲載しました。


最も安いのはパソコン工房となりました。 マウスコンピュータとドスパラはSSDが固定スペックなので割高になってしまうのですが、それを踏まえてもパソコン工房はダントツの安さだと思います。 しかも電源の性能も高いので、コストパフォーマンス的にも良いのではないでしょうか?


【2017年5月24日更新】

 1ヶ月ぶり2度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーになります。


グラフィックカードはGTX1060が多いのでこちらで統一しました。 最も安いのは前回価格が分からなかったパソコン工房で、SSD非搭載となっております。 仮にSSD240GBを選択すると+7980円で税・送料込み124156円となり、やはり最安です。 2千円差のeX.computerと比べても電源の性能がワンランク高いなどコストパフォーマンスも良いと思います。 ドスパラはHDD容量が大きいというのもあって一段と高価ですね。


【2017年4月12日更新】

 本日よりAMDの新プロセッサ「Ryzen 5」を取り上げたいと思います。 今のところ、ドスパラ・パソコン工房・eX.computerで確認できましたが、主に「Ryzen 5 1600」を取り扱っているみたいです。 グラフィックはGTX1050またはGTX1060が標準で組み合わさっているところが多いでしょうか。 「Ryzen 5 1600」の性能はCore i7 7700KやRyzen 7 1700に次ぐレベルになりそうです。 詳しくは下記サイトをご覧下さい。

【本日発売】Ryzen 5 1600のゲーム性能を比較レビュー 【第4回:AMD Ryzenは本当にゲームに不向きなのか?】
http://blog.livedoor.jp/wisteriear/archives/1065287860.html

「Ryzen 5 1600とRyzen 5 1400のレビューが出てきているよう」
http://northwood.blog60.fc2.com/blog-entry-8892.html


残念ながらパソコン工房はまだ価格が不明でした。 ドスパラとeX.computerはHDD容量以外ほぼ同じ構成ですが、eX.computerの方が1万円以上も安くてお買い得です。 どちらもゲーミングPCになります。 またeX.computerはカスタマイズの自由度が高く、プロセッサはRyzen 5 1400からRyzen 7 1800Xまで、グラフィックはGTX1050からGTX1080まで選択可能です。


【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ8GBを基本構成とします。
2016/10/21よりGTX950からGTX900シリーズの最安に変更します。


【性能比較】
・グラフィック:GTX960>GTX950>GTX750 Ti>GTX650
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
マウスコンピュータLUV MACHINES
ドスパラ・ミニタワーパソコン
パソコン工房デスクトップPC
eX.computer AeroStreameX.computer G-GEAR


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2016年12月20日更新】

 2ヶ月ぶり9度目の更新です。 ほぼ取り扱いが無くなったので、本日をもって更新は終了したいと思います。 また新たなグラフィックカードなど出ましたら更新する予定です。 有り難う御座いました。