<>全コンテンツ更新情報
2018年8月21日
NEW! 【比較】Celeron搭載のデスクトップで最安はどれ?「安くてもコスパも良いドスパラがお勧め!」(¥48578~)10H,Celeron J4005/G4900,メモリ4G/8G,HDD500G/1T,DVD,スリムタワー/ミニタワー

2018年8月21日
NEW! スペック・用途・目的別ノートブック

2018年8月20日
【前評判】HP Slim Desktop 290(a0013jp・p0030jp・p0050jp)「スリムで場所を取らずシンプルデザインが格好良い省スペースPC!2画面出力にも対応♪」【比較】安くて高性能なドスパラがお勧め!、HP Slimline 270(p011jp・p014jp・p013jp・p015jp)「安くてスタイリッシュなビギナー向けスリムデスク♪」

2018年8月20日
【前評判】激安外資系PC「HP」

2018年8月20日
【前評判】HP Pavilion Wave 600-000jp(a031jp・a051jp・a052jp・a072jp)「デザインとサウンドの相乗効果!」【比較】意外と安くて高性能なHP!その上で個性的な特徴満載♪

2018年8月20日
【比較】各メーカーの最安17.3型ノートはどんな感じ?「安価なHP 17販売終了・・。最安はSSD半減で6480円ダウンしたパソコン工房!」(¥63698~)10H,Celeron N4100・Corei 5 8250U・Core i7 7700HQ/8750H,メモリ4G/8G/16G,SSD120G,HDD500G/1T,GTX1050/GTX1060,DVD,17.3型(フルHD)

2018年8月19日
【比較】各メーカーのWindowsタブレットってどんな感じ?「マウスコンピュータより8型の低価格タブレットWN803登場!」(¥20952~)10H/10P,Atom x5-Z8300/x5-Z8350/x5-Z8550・Core i5 7Y54/7260U,メモリ2G/4G/8G,ストレージ:SSD256G-NVMe/512G-NVMe・eMMC32G/64G,タッチパネル:8型/10.1型(WUXGA)/12.3型(WUXGA/3K2K),質量0.315kg~0.778kg,バッテリ駆動4時間~17時間

2018年8月18日
【比較】12.5型以下のコンバーチブル型PC(2 in 1)はどこがお薦め?「HP x360 11が性能アップで新モデル登場!」(¥20952~¥294624)10H/10P,Atom Z8300・Celeron N4000・Core i5 7300U/7Y57/8250U,メモリ2G/4G/8G,eMMC32G,SSD128G-M.2/256G,タッチパネル:10.1型(WUXGA)/11.6型/12型QHD/12.5型フルHD,バッテリ4時間~18.5時間駆動,質量0.775kg~1.4kg

2018年8月17日
【比較】13.3型以上のコンバーチブル型PC(2 in 1)はどこがお薦め?「HP Spectre x360 15が27000円の超大幅値下げ!!お手頃価格なHP ENVY x360シリーズ登場♪」(¥87156~¥213624)10H,Celeron 3865U/Core i5 8250U/Core i7 8705G/AMD Ryzen 3 2300U,メモリ4G/8G/16G,SSD128G/256G(M.2/NVMe)/512G-NVMe,HDD1T,タッチパネル:13.3型フルHD/14型フルHD/15.6型(フルHD/クアッドフルHD),バッテリ6.5時間~16.45時間駆動,質量0.769kg~2.13kg

2018年8月16日
【比較】最も安い液晶一体型デスクトップは?「デザイン一新でセキュリティにも優れたThinkCentre!NEC LAVIEが12312円ダウン!!富士通FMVがOffice搭載でお買い得♪」(¥81864~)10H,Pentium J5005/Celeron 3865U/Core i3 8100U,メモリ4G/8G,HDD500G/1T,DVD,21.5型フルHD/23.8型フルHD

【比較】Celeron搭載のデスクトップで最安はどれ?「安くてもコスパも良いドスパラがお勧め!」(¥48578~)10H,Celeron J4005/G4900,メモリ4G/8G,HDD500G/1T,DVD,スリムタワー/ミニタワー

【メーカー別価格推移グラフ】

※OSと光学ドライブの選択を基本構成とします。
※筐体はスリムタワー以上が対象です。それ以下のモデルについてはネットトップ・小型デスクトップを参照して下さい。


【性能比較】
・CPU:Celeron G4900>Celeron G3930≧Celeron G3900>Celeron G1840>>>Celeron N3050
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスLUV MACHINES
ドスパラミニタワーパソコン
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアSシリーズ(スリムタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年8月21日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回はパソコン工房が追加されて合計5メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS Celeron メモリ HDD ドライブ 電源 ケース 価格(税・送込)
HP Slim Desktop 290-a0013jp 10H J4005 8G 500G DVD 65W スリムタワー ¥62,424
マウスLUV MACHINES iH700E2N G4900 4G 1T 350W-B ミニタワー ¥55,728
ドスパラKnight AS 400W-St ¥48,578
工房STYLE-M1B6-C-UH 350W-B ¥53,978
フロンティアFRBSH310 BSHシリーズ 500G 300W-B スリムタワー ¥50,544

今回は残念ながら値上げされたところが目立ちました。 最も安いのはドスパラでして、前回ほぼ同額だったフロンティアは値上げによって一歩後退しています。 ドスパラは電源の性能こそ低めなもののHDD容量が大きく、価格は唯一4万円台を実現するなどコストパフォーマンスも良さそうです。 2位のフロンティアも電源の性能は高いですし、スリムタワーという省スペース性も魅力になるのではないでしょうか。 マウスコンピュータとパソコン工房は電源の容量が若干多いところも特徴的です。

昨日「HP Slim Desktop 290」ページにて、このCeleron搭載モデルを8GBメモリ搭載構成で比較しましたが、そちらでもドスパラが最安でした。 注目したいのは内容も良いと言うことでして、そちらでは電源の性能も高く、メモリはデュアルチャネルと文句無しでした。 是非そちらもチェックしてみて下さい。


【2018年6月26日更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回はパソコン工房が追加されて合計5メーカーとなっております。


今回の注目は大幅値下げされて最安となったフロンティアです。 こちらは特にキャンペーンモデルではありませんが、前回と比べてプロセッサがアップグレードされたにもかかわらず、価格が7560円もダウンしています。 ただ、2位ドスパラとの価格差はわずか194円でして、しかもドスパラはHDDが1TBも搭載されているので、電源の性能で勝るフロンティアとどちらが良いか悩むところです。


【2018年5月8日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなって合計4メーカーとなっております。


今回も最も安かったのはドスパラとなりました。 前回よりさらに1500円ほど値を下げていますが、スペックも変わっています。 まずSSD120GBがHDD1TBに変更されましたが、気になるのは新プロセッサのG4900でして、性能については下記の通りです。

Intel Celeron G4900 @ 3.10GHz 2コア・・・3,488
Intel Celeron G3930 @ 2.90GHz 2コア・・・3,067
PassMark:https://www.pc-koubou.jp/magazine/2668https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+G3930+%40+2.90GHz&id=2957

プロセッサの性能がアップした上に値下げというのは嬉しいですが、SSD希望の方には残念な内容かも知れません。 仮にHDD1TBの代わりにSSDを選択しようとしても、120GBで+2480円もするのでかなり価格が上昇してしまいます。 まぁ、それでも他メーカーに比べれば安いですし、SSD240GBを選択して+6480円となってもまだ最安はキープできそうです。


【2018年3月18日更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回は残念ながら値上げが目立ちます。 HPとフロンティアが価格を上昇させていますが、前回最安だったパソコン工房はそのままで今回も最安となりました。 HDD容量も多くて魅力的な内容ですね。

また、2位のドスパラは5千円ほど高いですがSSDを標準装備し、なおかつセキュリティソフトの「マカフィー・リブセーフ 12ヶ月 製品版」を搭載していて便利です。 このソフトは単品で5746円(税込)するので、パソコン工房との価格差を考えるとドスパラもコストパフォーマンスは高いと思います。


【2018年1月27日更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


前回最安だったドスパラは特価モデルが完売してしまった為、価格を大幅に上昇させています。 変わって最安となったのはパソコン工房でして、こちらは前回と同構成で3240円値下げされました。 他メーカーと比べて4千円以上の価格差がついていますが、HDD容量も大きく電源の性能も高いなど内容も良くて魅力的です。

ミニタワーなので購入後の増設にもある程度は対応できそうですね。 しかもこちらは二日後出荷可能な短納期パソコンなので、すぐ手に入れたい方にもお勧めです。 また、初心者やセカンドPCとして使い方など、比較的ライトな使用を想定している方に向いています。


【2017年12月6日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


最も安いのは今回もドスパラとなりました。 もう半年近く最安値を維持し続けていますね。 ただしプロセッサの性能では他に劣りますが、さほど大きな差では無さそうです。 共にデュアルコアになります。

Intel Celeron G3930 @ 2.90GHz・・・3,072
Intel Celeron G1840 @ 2.80GHz・・・2,883
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2957&cmp[]=2268

そしてもう一つ気になるのが今回キャンペーンによって大幅値下げされたHPです。 前回と同構成で17928円もダウンし、安値3位に躍り出ました。 価格的にはさほど大したことはありませんが、お洒落なデザインや東京生産による故障率の低さなど、一つ上の『質』を求める方にお勧めです。


【2017年10月9日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回から価格の高い富士通とNECを比較から除外したいと思います。 他とは太刀打ちできませんので、今後はレビューや前評判を中心に更新していく予定です。 ちなみに最近写真を増やし始めたので、見た目も少し参考になります。


今回値下げされたメーカーは皆無でした。 最も安いのは今回もドスパラでして、他メーカーが最低でも5万円前後する中、ただ一つ3万円台を実現するという凄まじい安さを実現しています。 気になるCPUの性能差ですが、下記の様になりました。

Intel Celeron G3900 @ 2.80GHz・・・3,056
Intel Celeron G3930 @ 2.90GHz・・・3,038
Intel Celeron G1840 @ 2.80GHz・・・2,885
CPU Benchmarks
https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2957&cmp[]=2706

あまり大差ないですね。 全てデュアルコアプロセッサになります。 ただ、フロンティアはメモリが8GB、HDDが1TB、電源の80PLUS BRONZEと性能が高いので、コスパ的にはドスパラと良い勝負かもしれません。 ちなみにドスパラではメモリ8GB以上が選択できません。


【2017年8月13日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も前回と同様の全9メーカーになります。


今回も最も安かったのはドスパラとなりました。 税・送料込みで唯一3万円台を実現し、相変わらず圧倒的な低価格を実現しています。 2位にはASUSが入っていますが、HDDが1TBと多めなのが魅力です。 ただし、プロセッサはモバイル向けらしいので、性能的にはアレかもしれませんが。

また、夏の大感謝祭で特別価格となったパソコン工房は電源の性能もアップされて非常にコストパフォーマンスが良くなりました。 1位ドスパラとの価格差は5千円ほどありますが、長く使うのであればこちらも一考の価値ありです。 また、スリムタワーなので場所を取らないというところも魅力になります。 フロント部分の開閉式カバーによってインターフェイスが隠されているのも見た目を損なわないし、使い勝手も良さそうですね。


【2017年6月11日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回も前回と同様の全9メーカーになります。


今回の注目は前回と同構成で7560円も値下げされ、最安値に躍り出たドスパラKnightです。 唯一の3万円台を実現する特価モデルですが、今まで圧倒的な低価格を実現してきたASUSをついに追い抜き、3586円の価格差をつけています。 内容的にはHDD容量で劣るので、その辺は少し考える必要があるかもしれませんが、ドスパラも+2180円で1TBを選択できるので、やはりこちらの方がお買い得です。


【2017年4月9日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回も前回と同様の全9メーカーになります。


今回は、前回大幅に値上げされたHPとeX.computerが逆に大幅値下げされて元の水準に戻りました。 また、マウスやパソコン工房も小幅な値動きながら同様の形を見せております。 特にパソコン工房は過去最安値になったので要チェックです。

最も安かったのは今回もASUSになりました。 次いでパソコン工房ですが、プロセッサの性能はASUSはノートPC向けらしいので、おそらくパソコン工房の方が上かと思います。 また、電源の性能はASUSは記載が無いのでノーマルタイプとして、パソコン工房は一応80PLUSなので、こちらも上回るのかなと推測。 内容的にはパソコン工房の方が良さそうですが、それが価格差6千円に見合うかどうかが焦点になりそうです。


【2017年2月10日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回も前回と同様の全9メーカーになります。


今回は残念ながらほとんどの機種が値上げされてしまいました。 しかも値上げ幅は結構大きいですね・・・。 正月特価の反動でしょうか? 値下げされたのは、NECの864円ダウンしかありませんでした。

最も安いのは今回もASUSでして、会員クーポンが無くなった為にこちらも5千円程アップしています。 次いでドスパラとパソコン工房になりますが、奇しくも全くの同価格です。 内容的にはどっちが上とも言いがたいですね。 共にASUSより9千円くらい高いですが、こちらも内容的にはさほど大差無いように思えます。


【2016年12月9日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回はeX.computerと富士通が追加されて、合計9メーカーとなっております。


最も安いのは今回もASUSとなりました。 しかも会員限定のクーポン対象になり、価格がさらに4784円も値下げしています。 おそらくプロセッサの性能は低めかもしれませんがHDD容量は大きいですし、十分検討する価値はあるのではないでしょうか。

また、今回珍しくNECのメルマガ会員限定クーポンが使えません。 よって代わりに通常のクーポンを使用したのですが、なんと前回より10692円も安くなりましたw まぁ、それでも全体の中では最も高価なモデルなのですが、NECを希望される方はこの機会をお見逃しなく。 その他HPも「タワー祭りキャンペーン」ということで前回と同構成ながら3240円ダウンしています。


【2016年10月11日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回はeX.computerのサイトがメンテナンス中の為、対象外となって合計7メーカーとなっております。


今回も最も安いのはASUSとなりました。 しかも前回より更に5400円も値下げされて、2位以下に7000円以上もの価格差をつけるダントツの最安値を記録しています。 ここ2年間を通しても破格の値段でして、ASUSだけ異次元に突入したかのような状態です。 ちなみに丁度2年前はパソコン工房が35000円の値をつけていましたが、さすがにそこまでは落ちないと思います(たぶん)。 また、もっと安く購入できないかと思いアウトレット(箱破損品)もチェックしましたが、現在のところはまだありませんでした。

「ASUS K20CE-N3050」はシンプルなブラックボディですが、フロントパネルが木目調にデザインされていて少しお洒落です。 インターフェイスも下部に設置されているので使いやすそうですね。 背面にはUSBポートが3つ備わっていますが、合計で5つと少なめになっているのは残念・・・。 外部ディスプレイ出力端子はD-Sub 15ピンとHDMIが備わっています。 カードリーダーはSDメモリーカード・SDHCメモリーカード・MMC・メモリースティック・メモリースティック Pro・xDカードに対応するなど多彩です。 また、主な主要付属アプリとして「Cyberlink PowerDVD 12」「Cyberlink PhotoDirector 3」「Cyberlink PowerDirector 10」などが備わっており、「PowerDVD」は管理人も昔よく使っていましたがシンプルで使いやすいアプリです。

そして、安値2位のパソコン工房も2160円値下げされています。 丁度送料分安くなっていますが、別に送料無料というわけではありません。 また、奇しくもドスパラと全く同じ値段ですが、パソコン工房の方がHDD容量が多く、更に電源の性能も高いなど魅力的な内容となっています。 ASUSと比べても性能は高いですが、その分価格差を相殺できるか?というと微妙なところです・・・。 ただ、USBポートは1つ多い6個付いていますし、ディスプレイ出力端子も1つ多い3個付いています。 添付ソフトウェアについては「DVD・CDライティングソフトウェア」と書かれているだけで、内容は分かりませんでした。