【レビュー】ThinkPad Pシリーズ(P70・P51)


 Intel初のノートPC向けXeonプロセッサ「E3-1500M v5」を搭載したノートPCです。 15.6インチの「P50」と17インチの「P70」があり、フルHDに加えて4K表示にも対応。 メモリは最大64GBを搭載可能となっています。 2015年11月18日販売開始予定

  ⇒ ThinkPad Pシリーズ


 CYBER MONDAY!・・・4日間限定セールで最大58%OFF&ポータブルHDDプレゼント♪ 2018/12/10迄

 メルマガ会員登録・・・限定クーポンで PCや周辺機器が特別価格!YOGA BOOKプレゼント中♪2018/11/30迄

 JACCSショッピングクレジット・・・今なら分割払い手数料0%!2018/12/20迄 ※カード不要


掲載日:2016/9/2
投稿者:Dolphinium
機種:ThinkPad P70 (2016年6月購入)
基本構成:7P,Core i7 6700HQ,メモリ8G,HDD500G,Quadro M600M,17.3型フルHD,¥285000
評価:★★★★★


ThinkPad に Xeon 搭載モデルが出たという情報があり、50万円に乗ろうかというかなりの高価格ゆえ迷っていたが遂に購入した。
CPU にワークステーション向け Xeon を据え、GPU に映像編集向けハイエンドの nVIDIA Quadro を搭載しているということもあって、 Adobe AfterEffect や Premiere を用いた映像編集や Autodesk 系の 3D CAD も大変滑らかに動いている(以前使っていた T440p では、高負荷のタスクをかけるとすぐに動作が重くなってしまい、使い物にならなかった)。
また、4K 液晶を搭載しているために映像も大変鮮明に確認することが出来るため、モバイルワークステーションとしてはやはり髄一の性能を持っているのだと感激したものである。

唯一の難点はバッテリの持ち時間の短さだが、最近では電源を常設している作業スペースやカフェ等が増えたために全く問題にならずに使えている。


掲載日:2018/11/11
投稿者:もも
機種:ThinkPad P51 (2016年1月購入)
基本構成:10H,Core i7 7820HQ,メモリ8G,HDD500G,Quadro M2200,15.6型フルHD,¥206863,2018/11/11時点
評価:★★★★☆


実物を見た感じは、まさに一目惚れでした。
ブラックのシックでシンプルなボディのスタイリッシュなところ、またThinkPadがそもそも憧れの存在であったので、実際に手にすることになった時ものすごくテンションが上がったのを覚えています。

静音性は問題なく、サウンドの質はむしろ大満足することができました。
赤ボタンが付いているところも特徴的で、3年保証がついていたところも嬉しいポイントです。
さらに充実したアップグレードサービスが可能であるとのことで至れり尽くせりで、お値段以上の価値を得られたような気がします。

特に良かったと感じたところは、動作が軽くて、キーボードのタイピングは指先でしっかりとボタンを捉えることができ、作業効率がアップしたところです。
インテリアとしても部屋に置いてあって自慢できるところも魅力的ですし、できれば持ち歩きたいくらい人に見られたいようなフォルムの可愛らしさがあると思っています。



 

コメントする