【比較】各メーカーのCore i5/Core i7等を搭載した14型ノートはどんな感じ?「mouse X4-Bが11000円の大幅値下げ!!」(¥80080~)10H/10P,Core i5 1035G1/10210U・Core i7 10810U・Ryzen 5 3500U,メモリ8G/16G,SSD256G(NVMe)/2T,14型フルHD(タッチ)

⇒ Core i3/Ryzen 3等搭載14型      ⇒ Core i5/Core i7等搭載14型


【メーカー別価格推移グラフ】


【性能比較】
・CPU:Core i7-10810U(9068)>Core i5 1035G1(7999)>Ryzen 3 3200G(7239)>Ryzen 5 3500U(7179)>Core i5 10310U(6989)>Core i5 10210U(6543)>Core i7 8565U(6416)=Core i5 8365U(6414)>Core i5 8350U(6390)>Core i5 8250U(6025)>Core i7 8550U(5992)>Core i3 8130U(3631)>Core i3 8145U(3783)
・グラフィック:GTX1660 Ti>MX250
※()内の数値はPASSMARKのスコアです。常に変動するので最新の情報はPASSMARKにてご確認ください。その他、Geekbench Browser等で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
マウスコンピュータm-BookG-Tune NEXTGEAR-NOTE
ドスパラCritea・Altair(ノート)
パソコン工房STYLE∞(ノートブックPC)
フロンティア(ノートPC)
Let’s note LXシリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2021年1月8日更新】

 2ヶ月ぶり57度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD 液晶 価格(税・送込)
HP Pavilion x360 14-dw0000 スタンダードWWANモデル SIMフリーでいつでもどこでもネットが使えるパソコン!キャンペーン 10H Core i5 1035G1 8G 256G-NVMe 14F-T ¥84,700
マウスmouse X4-B Ryzen 5 3500U 256G 14F ¥80,080
フロンティアFRNS510・NSシリーズ(第10世代) Core i5 10210U 256G-NVMe ¥104,280
Let’snote LV9・CF-LV9WTYQP 10P Core i7 10810U 16G 2T ¥398,200

今回は、マウスコンピュータが前回と同構成で11000円の大幅値下げとなりました! 前回最安のHPに約5千円差をつけて最安となっています。 また、Let’snoteは最高峰プアレミアムエディションのドライブレスモデル兼デュアルSIM対応モデル以外、すべて在庫切れです。 そのためCore i7を搭載していますが、性能については下記をご覧下さい。

Intel Core i7-10810U @ 1.10GHz(6コア)・・・9,068
Intel Core i5-1035G1 @ 1.00GHz(4コア)・・・7,999
AMD Ryzen 5 3500U @ 2.10GHz(4コア)・・・7,179
Intel Core i5-10210U @ 1.60GHz(4コア)・・・6,543
プロセッサベンチマーク

久々にベンチマークをチェックしてみたら、スコアがだいぶ変わっていましたw これじゃ参考にならんね・・。

価格はマウスコンピュータの方が安くプロセッサの性能も高いですが、SSD性能とタッチパネルという点でHPは勝っています。 性能差はあまり高くは無さそうなので、価格かタッチパネルの要不要で決めたら良いのではないでしょうか。


【2020年10月30日更新】

 2ヶ月ぶり56度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなっております。


フロンティアがやや値下げされた以外、変化は見られませんでした。 最も安いのはHPで、マウスコンピュータ、フロンティアがそれに続きます。 HPは性能も高いですし、タッチパネルも付いた2in1なので、とてもお得度は高いのではないでしょうか?


【2020年8月31日更新】

2ヶ月ぶり55度目の更新です。 今回はフロンティアのNSMシリーズが完売して無くなり、一方でHPの新モデルが追加されて、合計4メーカーとなっております。 「Let’snote LV9」も同シリーズの新モデルです。


まずHPですが、半年前に旧モデルが販売されていたシリーズでして、プロセッサが第10世代になったものの価格が11万円から8万円台半ばへと大幅にダウンしています。 その他の基本スペックはあまり変化ありませんが、スタイリッシュなボディは1.65kgと軽く、11.5時間ものバッテリ駆動時間も実現するなど、相変わらず使い勝手の良い大画面2in1モバイルです。 便利な4G LTEにも対応しています。

もう一つの新モデル「Let’snote LV9」はこちらも6コアの高性能プロセッサを採用し、無線LANがWi-Fi 6に対応して最大データレートがよりスピーディーになりました。 旧モデルの「LV8」と比べて約1.38倍高速化されている模様です。 PCもネットもより快適に使いこなせるのではないでしょうか。

AMD Ryzen 5 3500U @ 2.10GHz(4コア)・・・8,001
Intel Core i5-1035G1 @ 1.00GHz(4コア)・・・7,776
Intel Core i5-10210U @ 1.60GHz(4コア)・・・6,966

Intel Core i5-10310U @ 1.70GHz(4コア)・・・6,709
プロセッサベンチマーク


【2020年7月6日更新】

2ヶ月ぶり54度目の更新です。 今回はマウスコンピュータのUシリーズとパソコン工房が無くなったものの、フロンティアが追加されて合計3メーカー4モデルとなっております。


最も安いのは今回もマウスコンピュータです。 注目は価格の高いLet’snoteでして、前回と同構成で
26510円も値下げされています! Let’snoteでこれだけ値下げされるのでは珍しいのではないでしょうか? と思ったら、こちらは旧モデル(春モデル)ですね。 在庫処分値下げと思われますので、少しでも安く手に入れたい方はこの機会をお見逃しなく。


【2020年5月4日更新】

2ヶ月ぶり53度目の更新です。 今回はドスパラが無くなったもののマウスコンピュータが1モデル追加されて、合計4メーカー5モデルとなっております。


マウスコンピュータのUシリーズは約半年ぶりに復活の高性能な2in1モバイルPCです。 マウスコンピュータでは珍しい高級感のあるノートですが、人気のコンバーチブルは薄くて15時間ものバッテリ駆動を実現します。 2in1はたいていミニPCが対象となっていますが、このサイズのものは珍しいのではないでしょうか。


【2020年3月6日更新】

2ヶ月ぶり52度目の更新です。 今回から14型をCore i3以下を搭載した低スペックとCore i5以上を搭載した高スペックに分けたいと思います。 こちらは高スペック向けのコンテンツです。


あまり価格に変化は見られませんでしたが、フロンティアが若干値上げされています。 最も安いのはマウスコンピュータで、唯一Ryzenを採用しているのが特徴です。 内容的にはNVMe SSDと専用グラフィックを搭載したドスパラが充実しています。 新たに登場したプロセッサの性能については下記の通りです。

Intel Core i5-10210U @ 1.60GHz(4コア)・・・8,990
Intel Core i5-8365U @ 1.60GHz(4コア)・・・8,177
Intel Core i5-8265U @ 1.60GHz(4コア)・・・8,135
プロセッサベンチマーク


【メーカー別価格推移グラフ】


【性能比較】
・CPU:Core i7 8650U=Core i7 7700HQ>Core i7 8550U>Core i5 8250U>Celeron N4100>Celeron 3865U>Celerno N3450>Celeron N3160=Celeron N3150>Celeron 3855U>Celeron N3050
PASSMARKGeekbench BrowserGPUBoss4Gamer.netCOMPAREドスパラ・その他で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPC
マウスコンピュータLuvBookG-Tune NEXTGEAR-NOTE
ドスパラCritea・Altair(ノート)
パソコン工房ノートPC
フロンティア(ノートPC)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2019年1月26更新】

2ヶ月ぶり45度目の更新です。 今回も全4メーカーとなっております。


今回も最も高性能だったのはG-Tuneとなりました。 パソコン工房の方が内容は良いですが、グラフィックが外付けな為、この点は比較対象から除外してあります。 外付けでも良いのでより高性能なノートを・・・と言うのであればパソコン工房もありなのではないでしょうか。

比較対象が少なく順位もほぼ不動なので、今回をもって当コンテンツの更新は終了したいと思います。 せっかく再始動したのですが、やはり14型で性能を追求するのは難しいですね。


【2018年12月1更新】

2ヶ月ぶり44度目の更新です。 今回からロースペックなモデルや高品質モバイルなどは比較から除外したいと思います。 全4メーカーです。


今回も最も高性能だったのはG-Tuneとなりました。 唯一のゲーミングノートですし、唯一の専用グラフィック搭載なので、他メーカーは太刀打ちできませんね。 ただプロセッサが旧タイプなのが気になりますが・・。

次いでパソコン工房、フロンティアの順になりますが、パソコン工房はプロセッサ・メモリ容量・高性能SSDと万遍なくハイスペックです。 最下位はHPですが、ストレージの性能ではフロンティアより上です。 ただ容量が少ないのが玉に瑕ですが、持ち運び向けの2in1なのでやむを得ないところでしょうか。


【2018年10月11更新】

2ヶ月ぶり43度目の更新です。 ちょっと他のコンテンツと内容がかぶるので、本日から「最も高性能な14型」を探していきたいと思います。 全7メーカーです。


Celeron搭載は省いた方が良かったかな・・。 次回更新時は外すかもしれません。

最も高性能だったのはG-Tuneでして、メモリ容量とSSD容量、そしてなんと言ってもグラフィック性能で大きく勝ります。 次いでLet’snote、パソコン工房の順になりますが、SSDは高速なNVMeより容量を重視しました。 ちなみにプロセッサの性能差については下記の通りです。

Intel Core i7-8650U @ 1.90GHz(4コア)・・・8,901
Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz(4コア)・・・8,844
Intel Core i7-8550U @ 1.80GHz(4コア)・・・8,327
Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz(4コア)・・・7,666
Intel Celeron 3865U @ 1.80GHz(2コア)・・・1,913
Intel Celeron N3450 @ 1.10GHz(4コア)・・・1,835
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8650U+%40+1.90GHz&id=3070https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8550U+%40+1.80GHz&id=3064https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8250U+%40+1.60GHz&id=3042https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+3865U+%40+1.80GHz&id=3034https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+N3450+%40+1.10GHz&id=2907

Core i7 8650Uは初めて見ましたが、Core i7-7700HQとの性能差はほぼ無い感じです。 次回更新時は逆転してるかもしれません。


【2018年7月19更新】

2ヶ月ぶり42度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなって合計2メーカーとなっております。


構成・価格共に前回と全く変わりませんでした。 最も安いのはドスパラで税・送料込みで3万円台を実現しています。

昔からよく2メーカーになることはあるのですが、あまり人気も無い様ですので、本日をもって当コンテンツは終了したいと思います。 有り難う御座いました。


本日久々の比較コンテンツ更新となります。 と言いますのも、先週の金曜日に管理人のミスによってブログが滅茶苦茶になってしまったからですw たまにやらかすんですが、今回は復帰に4日くらいかかってしまいました。 また、SSLへの対応もあってサイト内のアドレス変更作業もあり、こちらのコンテンツはなかなか更新できませんでした。 今後は慎重に作業していきたいと思います。

また、この機会に比較コンテンツの人気のないものは整理しました。 今後は人気の高い「PC前評判」コンテンツで比較を増やしていきたいと思っております。 よろしくお願いします。


【2018年5月28更新】

2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回も全3メーカーとなっております。


今回はパソコン工房が大幅に値下げされて、最安となりました。 ここ半年間での最安値となりますが、こちらはビジネス向けの即納PCですのでカスタマイズはできません。 また、ストレージはHDDなため容量は大きいもののスピードは遅いので、その点を踏まえてご検討下さい。

また、マウスコンピュータにて新プロセッサのCeleron N4100が登場しました。 性能については下記の通りです。

Celeron N4100Celeron N3450


【2018年4月8更新】

2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回は全3メーカーとなっております。


今回はパソコン工房が値上げされたことによって、前回と同価格のドスパラが単独で最安となりました。 内容的にはストレージがeMMCでスピードは期待できるものの、容量の少なさが不安なところです。 それでも唯一セキュリティソフトの「マカフィー」を搭載しているなど魅力的な部分もあるので、十分検討の価値はあるのではないでしょうか。

コメントする