【比較】各パソコンメーカーのゲーミングデスク売れ筋ランキングはどんな感じ?「Core i7やRTXシリーズを採用したモデルが人気♪」(¥124178~¥269892)10H/10P,Core i5 8500/9600K・Core i7 8700/8700K/9700K,メモリ8G/16G/32G,SSD240G/256G-NVMe/500G/512G-NVMe,HDD1T/2T,GTX1050/GTX1060/RTX2060/RTX2070/RTX2080,DVD


 不定期に各メーカーのランキング上位モデルを取り上げます。 当コンテンツはゲーミングデスクトップ限定です。 複数ある場合は状況に応じて2~3モデル取り上げる場合もあります。


【性能比較】
・CPU:Core i7 9700K>Core i7 8700K>Core i7 8700>Core i5 9600K>Core i5 8500>Ryzen 5 2400G
・グラフィック:RTX2080>RTX2070>RTX2060>GTX1070 Ti>GTX1070>GTX1060>GTX1050 Ti>GTX1050
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
OMEN by HP Desktop
G-Tune NEXTGEAR-MICRO
ドスパラGALLERIA(ミドルタワー)
パソコン工房LEVEL∞(ゲーミングPC)


【2019年1月23日更新】

 2ヶ月ぶり2度目の更新です。 今回も全4メーカー7モデルとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
OMEN by HP Desktop 880-196jp 年末年始おすすめキャンペーン 10P Core i7 8700K 32G 512G-NVMe 2T RTX2080 DVD 750W-P ¥269,892
G-Tune
NEXTGEAR i690GA4
10H Core i7 9700K 16G 256G-NVMe 1T RTX2070 700W-B ¥219,024
G-Tune
NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C
Core i5 8500 8G 240G GTX1060 500W-B ¥127,224
ドスパラGALLERIA XF Core i7 9700K 500G 2T RTX2070 DVD 700W-G ¥196,538
ドスパラGALLERIA XV Core i7 8700 RTX2060 650W-B ¥164,138
工房LEVEL-R039-i5K-LNVI Core i5 9600K 512G-NVMe 1T GTX1050 500W-B ¥124,178
工房LEVEL-M0B6-i7-RNR-IeC Core i7 8700 16G 240G GTX1060 ¥150,098

多くのモデルでプロセッサとグラフィックのハイスペック化がなされています。 特にグラフィックカードは新型のRTXシリーズを採用しているところが多く、GTXシリーズは比較的低価格なモデルにて採用されていました。 今後のゲーミングPCはRTXが定番となっていきそうです。

またプロセッサはCore i7が人気で、SSDもより高速なNVMeが好まれています。 価格的には12万円以上から20万円までと結構幅は広いです。


【2018/11/6更新】

 本日より各メーカーのゲーミングPCの売れ筋をチェックしていきたいと思います。 対象は主に安価なBTOパソコンメーカーですが、その他のメーカーではあまりランキングを公開していませんでした。


各メーカーの売れ筋ランキング1位~2位を並べてみました。 当然のことながらグラフィックカードは標準搭載されており、ストレージもほとんどSSD&HDD構成となっています。 しかし性能の高さについてはかなりバラつきがある印象です。 HP・ドスパラが高めで、G-Tuneとパソコン工房は低め設定でしょうか。

特にパソコン工房は3位~4位もCore i5搭載モデルが並んでおり、このレベルのゲーミングPCが人気みたいです。 試しに通常デスクのCore i5xGTX1060構成のデスクトップの比較を調べてみたところ、ダントツで安くなっていました。 性能より価格を重視される方や、ゲーミングデスクの入門用として最適なのではないでしょうか。

その他メーカーではCore i7にGTX1070搭載モデルが多いので、ベテランゲーマーやワンランク上のレベルを求める方にはそちらがお勧めです。 そんな中、唯一異色の存在だったのがドスパラのGALLERIA ZGでして、i7 8086KにRTX2080搭載でよりパフォーマンスを重視される方に向いています。 価格も一番高いですね・・。

メモリについてはバラつきはありますが、16GBなら問題無さそうです。 ストレージはSSDが必須ですが、高速なNVMeではなくSATAを採用しているものがほとんどでした。 しかし容量は最低でも240GBは必要かと思われます。

【比較】各パソコンメーカーのデスクトップ売れ筋ランキングはどんな感じ?「プロセッサとSSDを重要視!?ややスペックアップ傾向。」(¥66938~¥138024)10H,Core i5 8400・Core i7 8700/9700K,メモリ8G/16G,SSD240G/256G-NVMe/512G-NVMe,HDD1T/2T,GTX1050/RX550,DVD

 不定期に各メーカーのランキング上位モデルを取り上げます。 当コンテンツはデスクトップ限定です。 複数ある場合は状況に応じて2~3モデル取り上げる場合もあります。


【性能比較】
・CPU:Core i7 9700K>Core i7 8700K>Core i7 8700>Core i5 9600K>Core i5 8500>Core i5 8400
・グラフィック:GTX1060>GTX1050 Ti>GTX1050>RX550
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスコンピュータLUV MACHINES
ドスパラMagnate・Knight・Lightning・Regulus(ミニタワー)
パソコン工房STYLE∞(デスクトップPC)


【2019/1/22更新】

 2ヶ月ぶり2度目の更新です。 今回も全4メーカーですが、一部メーカーでは筐体毎の人気No.1モデルを取り上げています。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
HP Pavilion Desktop 595-p0000jp (スタンダードプラス) 万能型!ミニタワーPCキャンペーン 10H Core i5 8400 8G 256G-NVMe 2T RX550 DVD 310W-G ¥99,900
マウスLUV MACHINES iG810HN Core i7 9700K 1T GTX1050 500W-B ¥138,024
ドスパラMagnate IM Core i5 8400 240G DVD 400W-St ¥66,938
ドスパラMonarch GE 8700 Core i7 8700 1T 650W-B ¥99,338
工房STYLE-R039-i7K-UHVI Core i7 9700K 16G 512G-NVMe 450W-St ¥131,738
工房STYLE-M1B6-i5-UH Core i5 8400 8G 350W-B ¥66,938

前回に比べて、明らかに全体的なスペックが上がりました。 まずプロセッサですがCore i7が半数近く見えますし、Core i7 9700Kというより高性能なタイプが好まれている模様です。 SSDを採用されているところも多いですね。 一方でグラフィックカードの搭載については消極的な模様です。

管理人も今年はパソコンの買い換えを行う予定ですが、グラフィックカードは必須にしようと思っています。 GTX1050辺りにするつもりですが、その理由は、やはり内蔵GPUだと色々と限界を感じるからです。 以前からグラフィック性能に物足りなさを感じていましたし、最近では残像が残るなどかなり不便になってきました。 一時は液晶のせいかと思っていましたが、別の液晶にしても不具合は変わりませんでした。

OSはWindows 10ですが、プロセッサはCore i5、メモリは8GBで十分かなと思っています。 ストレージについてはSSD&HDDではなく、やや高価ですが500GのSSDオンリーを検討中です。 また静音性も重視したいので、ドスパラの静音パックを選択するつもりです。

ちなみに用途はPCゲームもやらないし、そんなにヘビーではないのですが、長期間使うとパフォーマンスも低下しますし、この程度が良いのかなと思っています。 動画再生やOffice・Adobeの定番ソフトを使う程度ですが、一般的な用途にはピッタリだと思うので、参考にして下さい。 価格はOffice Personal込みで13万円少々になりそうです。


【2018/11/5更新】

 本日より各パソコンメーカーの売れ筋ランキングをチェックしていきたいと思います。 当コンテンツではデスクトップを取り上げますが、通常モデルとハイスペックなゲーミングモデルは分けて取り上げます。 ランキングはPC選びの際にとても参考になるので、是非活用して下さい。

別に激安BTOメーカーを集めたわけでは無いのですが、上記以外に売れ筋ランキング公開しているメーカーはありませんでした。

やはり管理人も好きなCore i5搭載モデルが人気ありますね。 高性能ながら値段も手頃なんですよ。 またメモリは8GB、HDD1TBという点も最近の定番でしょうか。 ただ、人気のSSDが非搭載なところは気になりますが、おそらくこの基本構成を元にしてカスタマイズ(SSDオプション追加)するのだと思います。 価格も10万円以下が多かったです。

特徴としてはHPは標準構成なのでCore i3を搭載していますが、おそらくこれもCore i5搭載モデルが人気なのでしょう。 SSDの代わりにOptaneメモリを採用している点が目を引きます。 SSDほど高速ではありませんが、HDDのみよりは早いらしいです。 価格も安いので、こういった選択肢もアリなのではないでしょうか? たしかDellでも採用しているモデルを多々見かけましたので、気になる方はそちらもチェックしてみて下さい。 アメリカで流行っているのでしょうかね・・。

また、マウスコンピュータでは唯一グラフィックカードを採用しています。 グラフィック性能を求める場合にお勧めです。

パソコン工房では早くも最新プロセッサの第9世代インテルプロセッサを採用しています! 新しいものを手に入れたい方や、将来的なことを考えて少し高性能なものにしておきたい方にお勧めです。 しかし価格が跳ね上がりますね・・・w 性能差については下記の通りです。

Intel Core i5-9600K @ 3.70GHz(6コア)・・・13,840
Intel Core i5-8400 @ 2.80GHz(6コア)・・・11,682
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-9600K+%40+3.70GHz&id=3337https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8400+%40+2.80GHz&id=3097


 

【比較】タッチパネル採用の液晶一体型PCはどこがお薦め?「HP新モデル続々登場!」(¥121932~)10H/10P,Core i5 8400/8400T・Core i7 8700T,メモリ8G/16G,SSD128G-NVMe/256G-NVMe,HDD1T/2T,GTX1050,DVD,タッチパネル:23.8型フルHD/27型(フルHD/クアッドフルHD)

【メーカー別価格推移グラフ】

コンバーチブル型等(ノート)はこちら


【お薦めパソコンレビュー】
HPオールインワンPC
富士通FMV-ESPRIMO FHシリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2019年1月18日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回も前回と同様の全2メーカー4モデルとなっております。 HPの下位2モデルは新機種になりました。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラ&ドラ 液晶 価格(税・送込)
HP Pavilion All-in-One 24-xa0150jp 安心の3年保証付き!発売開始記念キャンペーン 10H Core i5 8400T 8G 128G-NVMe 1T 23.8F-T ¥121,932
HP Pavilion All-in-One 27-xa0170jp パフォーマンスモデル Core i7 8700T 256G-NVMe 2T 27F-T ¥186,624
HP ENVY All-in-One 27-b273jp 発売記念キャンペーン! 10P 16G 1T GTX1050 27QF-T ¥211,896
ThinkCentre M920z:パフォーマンス 10H Core i5 8400 8G DVD 23.8F-T ¥186,840

スペックアップもあって価格が上昇したところが目立ちます。 新機種となった「HP Pavilion All-in-One 24」ですが、プロセッサがアップグレードされた反面、グラフィック機能は低下している模様です。 しかしその分、価格は1万円以上も安くなりました。

「HP Pavilion All-in-One 27」はOptaneメモリがNVMe SSDに代わり、こちらも専用グラフィックは非搭載となっております。 しかし価格は3万円以上も上がっているのですが、これはTVチューナを搭載しているのが影響していそうです。 それにしても高いですが・・・。


【2018年11月25日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回も前回と同様の全2メーカー4モデルとなっております。


今回は値下げされた機種が多かったです。 まず最安のThinkCentreですが、こちらはプロセッサ・メモリ・ストレージ・光学ドライブと全てダウンさせて4万円近く下がりました。 しかし「HP ENVY All-in-One 27」は前回と同構成で55944円の大幅値下げです!! 前回出たばかりというのもありますが、早くも大幅な価格ダウンとなりましたね。 モデル名がやたら長いのが気になりますが、凄く推してるのが伝わってきますw


【2018年10月3日更新】

 1年ぶり35度目の更新です。 HPが更に1モデル増えて3モデルとなりました! タッチパネル搭載のオールインワンは、もはやHPの独壇場ですね。 また、今回よりThinkCentreも取り上げます。


最も安いのは「HP Pavilion 24」ですが、それでも13万円台ですから相変わらず高価なものが多いです。

新たに追加された「HP ENVY All-in-One 27」ですが、初の湾曲型ディスプレイ採用モデルになります(34型もありますが、そちらはタッチ非対応)。 かなりのハイスペック構成ですが、ハイクオリティなサウンドシステムやオーディオダイヤルも搭載するなど音楽も楽しめます。 また液晶はなんと4K対応! 最近4K液晶を買おうかどうか悩んだ挙げ句、作業効率が落ちそうなのでやめましたが、この様な製品が出てくるとまた悩んでしまいそうです。

「ThinkCentre M920z」はビジネス向けになります。 見た目は無骨でまさにお仕事用と言った感じですが、カスタマイズの自由度が高く、スペックを下げて更に安く購入することも可能です。

ちなみに上記2モデルは共にWebカメラのON/OFFを物理的に切り替えることができます。 今後はこれが主流になっていきそうですね。


【2017年11月21日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回はHPが1モデル追加されて、1メーカー2モデルとなっております。 やはり取り扱いが一向に増えないので、当コンテンツは本日をもって終了したいと思います。 有り難う御座いました。


他メーカーが次々取り扱いをやめていますが、HPだけ果敢に新モデルを発売していますw しかも今回は新たに24型を追加するなど、このモデルを希望される方にとっては有り難いメーカーですね。 スペックも頑張っており、新テクノロジーのOptaneメモリはSSD並の読み込み速度を発揮しますし、より高精細なQHD液晶搭載モデルも今後発売される予定です。 ただ残念なのは、光学ドライブにBlu-rayが選択出来ないところでしょうか。 デザインも一新され、よりスマートかつファッショナブルに生まれ変わったHPオールインワンを是非チェックしてみて下さい。 前評判はこちらです ⇒ 24型/27型


【2017年9月26日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 相変わらず取り扱いは少なく今回もHPのみでしたので、しばらく更新を休止したいと思います。 また増えてきたら再開します。


【2017年7月26日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回はASUSが無くなって、ついにHPの1モデルのみとなってしまいました。


価格もスペックも全く変わっていませんね。 キャンペーンも同じですが、現在オフィスやマカフィー、液晶など様々なオプションを特別価格で選択することができます。 液晶一体型にしては珍しく標準で2画面対応しているので、普段デュアルディスプレイの方は是非液晶を検討してみて下さい。

それにしてもタッチパネルの取り扱いがかなり減ってきてしまいました。 ノートブックでは逆に増えている印象ですが、デスクトップ(液晶一体型)の大画面では何故か歓迎されていない模様です。


【2017年5月25日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回も前回と同様の全2メーカーになります。


ASUSは全く変化ありませんでしたが、HPは前回と同構成で38880円も安くなりました!! 内容もかなり充実していて、スペックは最新プロセッサにM.2 SSD搭載で処理速度が速そうですね。 液晶はなんと27型もの大画面なので、搭載のBlu-rayの高画質をたっぷり満喫できます。 オプションのOfficeや液晶ディスプレイも特価となっていますが、このモデルは一体型ながら標準で二画面出力が可能となっているので便利です。

さらに今なら話題の動画配信サイト「NETFLIX」の視聴6ヶ月分(8700円分)プレゼントキャンペーンを実施中でして、先着1000名まで対象(残りわずか)となっています。 タッチパネル搭載が特徴ですが、タッチパネルが無くても非常に魅力を感じるモデルです。


【2017年3月24日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回はEndeavorとASUSの1モデルが無くなって、合計2メーカーとなっております。


ついに2モデルのみとなってしまいましたが、特に高価なモデルが残ったので全体の価格帯が大幅に上昇してしまいましたw なんだかタッチパネル搭載液晶一体型は希少な存在になってしまいましたね・・・。 また、HPは前回と比べてSSD搭載となったものの、それ以上に値上げされている印象です。 ASUSもクアッドフルHDで高価ですし、今まで以上に手に入れるのが難しいモデルとなってしまいました。


【2017年1月25日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回はついに富士通のWHシリーズが無くなってしまいました。 品切れとかではなく製品ページが丸々無くなってしまいましたが、今後再販されるのかどうかは不明です。 タッチパネル搭載デスクトップは一時取り扱いが増加傾向にあるなと思っていたのですが、ここへ来てまた減り始めてきてしまいましたね・・・。 合計3メーカー4モデルになります。


今回は価格の上下したところがいくつかありました。 まずEndeavorですが、前回と同構成でなぜか29160円の大幅値下げとなっています。 特にキャンペーンでは無さそうですが、【在庫限り】と書かれているので在庫処分の大盤振る舞いと思われます。 普段は非常に高価なビジネス向けのメーカーですので、ご希望の方はこの機会をお見逃しなく! 液晶一体型には珍しいトリプルディスプレイに対応し、画面を回転させることが可能なピボット機能付き、コンパクトで作りのしっかりしていそうなワイヤレスマウス・キーボードが安価で選択でき、停電時でも安心のバッテリー内蔵など、色んな魅力ある機能・特徴が備わっています。

一方ASUSですが、こちらはまだ会員を対象としたクーポンを発行中です。 最安の「ASUS All-in-One PC A4110」を更に14784円も安く購入できますが、ハイエンドな「ASUS Zen AiO Z240ICGT」は残念ながらクーポン対象外となってしまいました。 5万円も安く購入できたので、前回購入した方はラッキーですね・・・。 他モデルもいつまでクーポンが利用できるか分からないので、ご注意下さい。


【2016年11月24日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回はHPが追加されて、合計4メーカー5モデルとなっております。


今回の注目は、会員になることによって値引きクーポンが貰えるキャンペーンを実施中のASUSです。 値引き幅はかなり大きく、今回取り上げた2モデルも「ASUS All-in-One PC A4110-10HBLK」は14784円OFF、「ASUS Zen AiO Z240ICGT-128SSD」は50784円OFFとなっています! 対象モデルも結構ありまして、デスク・ノート様々なモデルを大幅値引きで購入することが可能です。 キャンペーンと書かれているので一時的なものかもしれませんが、期間などは書かれていません。 いずれ終了する可能性もありますので、ASUSを希望される方はこの大チャンスをお見逃しなく! ちなみに登録は無料です。

そして、新たに登場した「HP Pavilion 27-a170jp」ですが、価格的には中程度に位置し、性能はかなり高めとなっています。 27インチもの大画面や専用グラフィックを搭載するのはHPだけなので、そういった点を重視される方にお勧めです。 意外にもHPはここ約2年間で初登場になります。 昔は結構タッチ対応PCがあったんですけどね・・・。


【2016年10月7日追記】

 HPにて大画面27インチのタッチパネル搭載液晶一体型PC「HP Pavilion 27-a170jp」が登場しました。 タッチパネル搭載ではもちろんのこと、通常の液晶一体型でもこれだけの大画面タイプはここ最近あまり見られないので、貴重な存在になるのではないでしょうか? フルHDでBlu-rayドライブも標準装備しているので、高精細な映像を楽しみたい方にも向いていると思います。 あまり綺麗な画面をタッチしたくはないのですが、意外にもこのタッチ機能というのはしぶとく生き残っており、PCユーザにも求められている模様です。 おそらくタブレットやスマートフォンの普及による影響と思われますが、今後また更に取り扱いも増えていくのでは無いでしょうか?

スペックは標準でCore i7に専用グラフィック搭載と割と高めです。 ただし、メモリは最大8GBでストレージもHDDのみの固定スペックになっているので惜しいと思う部分もあります。 それでも大抵のことはこのPCでできそうですね。 見た目は柔らかいフォルムとホワイトカラーが相まって優しい雰囲気となっています。 液晶の下にはキーボードの収納スペースがあり、使わない時はスッと移動させることで机上をスッキリさせることも可能です。 また、最近のHPは二画面対応という点にこだわっております。 最新のプロセッサであれば標準で二画面対応ができると思うのですが、メーカーとして推奨している様なところが好印象です(特に液晶一体型で)。 デュアルディスプレイは非常に利便性が高まるので、未体験の方には是非試して欲しいと思います。  また、HPならではのBang & Olufsenサウンドシステムも搭載するなど、音楽を楽しむ事もでき、これ一台で色々満喫できそうです。

HP Pavilion 27-a170jp
 10H,Core i7 6700T,8G,2T,930MX,Blu-ray,27型フルHDタッチ,¥129800


【2016年9月26日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカー4モデルとなっております。


今回は富士通FMV-ESPRIMOが3842円値下げされ、Endeavor PT110Eが9720円も値上げされていました。 富士通は前回と同構成なので純粋な値下げですが、EndeavorはプロセッサがCeleronからCore i3に変わったので、その分の価格アップになります。 ちなみにCeleronは選択出来なくなっていました。

最も安いのはASUS All-in-One PC A4110で液晶サイズが小さい分、圧倒的な低価格を実現しています。 いまだに同タイプのモデルは出ていませんが、NEC LAVIE Direct HFというフリースタイルPCがかなり近い存在です。 ただし現在は販売終了してしますが、結構人気があったのを覚えています。 でも秋冬モデルで再販されませんでしたね・・・。

最も高価なASUS Zen AiO Z240ICGTは、Core i7に13GBメモリ、SSD&HDD構成に専用グラフィック搭載と最も性能が高く、液晶も大画面23.8型の4K液晶(タッチ機能搭載)なので仕方ない価格でしょうか? ちょっと高すぎる様な気もしますが、やはり4Kというところが大きいのかもしれません。 しかし綺麗な4K画質の液晶を指でタッチするのは気が引けそうですw 確か最近出たNECの秋冬モデル、プレミアムノートのLAVIE Note Direct NS(H)もフルHD対応液晶ながら揃って標準でタッチパネルとなっていましたが、タブレット以外でもまだまだ健在の機能みたいです。 デスクトップの方にももっと普及したら良いと思うのですが、今のところその兆しは見えません。 そんな中、面白い製品を見つけました。

アイ・オー・データ機器「てれたっち」
大画面TVや液晶がタッチパネル化できる「てれたっち」
http://ascii.jp/elem/000/001/225/1225960/
アイ・オー・データ機器から、大画面テレビに取り付けるとタッチパネルディスプレーになる取り付け型タッチモジュール「てれたっち」(型番:DA-TOUCH)が登場。ツクモパソコン本店で販売中だ。

テレビや液晶ディスプレイの上部に取り付けるとタッチ式になるという凄い商品です。 光学式センサー搭載の専用ペンを使う必要があり、なおかつ付属USBケーブルでPCと繋いで専用ソフトをインストールしなければなりません。 しかし電源は他に接続する必要は有りませんし、気軽にタッチパネル環境を作れるという点が非常に魅力的です。 どーゆー原理でこのようなことが可能になるのかイマイチ分かりませんが、非常に画期的なものなのではないでしょうか? ただ、価格はとても高くて10万円近くもしますw あと+2~3万円でタッチパネル搭載のパソコンが購入できそうですが、試しに買ってみるにはちと値の張る商品だなという印象です。 ちなみにツクモのサイトではまだ見当たりませんでした。


【2016年7月29日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回はNECが品切れとなって購入できない状態ですが、代わりにASUSが更に1モデル追加されて合計3メーカー4モデルとなっております。 ASUSの追加モデルは奇しくもNECと同じ15.6型です。 このサイズの液晶一体型は非常に珍しいですが、NECとは異なりキーボードは本体と分離しています。


今回最も安かったのは新たに追加された「All-in-One PC A4110-10HBLK」となりました。 これまでの最安はNECでしたが、それをはるかに上回る圧倒的な低価格を実現しています。 ちょっとタブレットとも似ていますが15.6型はちょっと大きいですし、重さも2kgあるのでやはり据え置きタイプになるのではないでしょうか? てゆーか、そもそもバッテリは内蔵されていませんねw ホントに珍しいタイプのパソコンですが、使い方をアレコレ悩みそうです。


【2016年5月29日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 今回はASUSが追加されて合計4メーカーになっております。


まず今回追加されたASUSですが、かなりのハイスペック構成となっている為、価格が非常に高価です。 液晶もクアッドフルHDですし、専用グラフィックにSSD搭載と隙がありません。 ただし、唯一光学ドライブを搭載していない点はちょっと残念ですね。

他メーカーでの注目は8000円ほど値下げされた富士通FMVでして、大画面液晶を希望される方にお薦めです。


【2016年3月22日更新】

 2ヶ月ぶり24度目の更新です。 今回も全3メーカーになります。


今回は、WHシリーズが約5000円値さげされ、NECも約2000円値下げされました。 NECは旧モデルになる為、近々無くなると思いますのでご注意下さい。

最も安いのはNECで、次いでEndeavor、FMVになります。 大画面液晶ではEndeavorが安いですが、スペックを考えるとかなり割高な印象です。 タッチパネル採用の液晶一体型は取り扱い数も少なくなってきましたし、ちょっと特異な存在になってきております。

【比較】最も安い液晶一体型デスクトップは?「HP All-in-One 22が5千円ダウン&何でも聞ける電話/LINEサポート付き♪」(¥67824~)10H,Pentium J5005/Celeron 3865U/Core i3 8100U/Core i5 8250U,メモリ4G/8G,HDD500G/1T/3T,DVD,21.5型フルHD/23.8型フルHD

【メーカー別価格推移グラフ】


【お薦めパソコンレビュー】
HPオールインワンPC
フロンティアACシリーズ(液晶一体型)
富士通FMV-ESPRIMO FHシリーズ
NEC LAVIE Direct DA(S)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2019年1月16日更新】

 2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ HDD ドライブ 液晶 価格(税・送込)
HP All-in-One 22-c0016jp 30日間なんでも聞いてね!安心セットキャンペーン 10H Pentium J5005 8G 500G DVD 21.5F ¥67,824
ThinkCentre M920z:スタンダード Core i3 8100 4G 23.8F ¥112,471
FMV-ESPRIMO WF1/C2(FHシリーズ)・My Cloud優待クーポン Celeron 3865U 1T DVD ¥102,334
NEC LAVIE Direct DA(H)フルHD液晶モデル・メルマガ会員限定クーポン Core i5 8250U 8G 3T ¥139,644

今回NECの下位モデルが全て完売していた為、上位モデルを取り上げています。 近々新モデルが登場する模様です。

最も安かったのは今回もHPですが、更に値を下げ、ここ一年間での最安値を記録しています。 前回と同構成ながら5千円近くも値下がりし、尚且つ特典として「ホントに!パソコンなんでも相談デラックス 30日用」が付いています。 小さなお子さんでも安心できるサポートですので、ご年配の方や初めての方などにも向いているのではないでしょうか。


【2018年11月22日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回も最も安いのはHPとなりました。 価格・スペック共に全く変動はありません。 その他もあまり変化は見られませんが、富士通FMVが前回と同構成で7050円値下げされています。 これでライバルのNECに約2千円差まで近づきましたが、富士通はHDD容量が倍あるので、コスパ的にはほぼ同レベルかと思います。


【2018年9月30日更新】

 1ヶ月半ぶり39度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回も最も安いのはHPとなりました。 しかも久々の値下げで前回と同構成ながら8964円も安くなっています! また、高価なNECの23.8型も3996円ダウンしています。

ちなみに富士通にてWindows 7を搭載したユーザを対象に「早割キャンペーン」というものが行われていました。 通常より5千円安くするクーポンが付いてきます。 試しに上記モデル「WF1/C2」で適用してみたところ、通常のクーポンに加えてさらに5千円引きにすることができました。 ただし、上記の様にMy Cloud優待クーポンを利用していると使うことはできず、更にMy Cloud優待クーポンより少し高かったですw と言うわけでお勧めできません。


【2018年8月16日更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 取り扱い数が少ないので、今回から久々にThinkCentreも取り上げたいと思います。 ビジネス向けですが安いですし、ものもしっかりしているのでお勧めです。 全4メーカーになります。


まず新たに追加したThinkCentreですが、プロセッサは最も高性能で、DVDドライブは選択で搭載できるようになっています。 価格的にはまぁまぁと言ったところですが、内容を考えると、やはりやや高めな印象でしょうか?

久々にThinkCentreの液晶一体型を見たのですが、面白いデザインをしていますね。 まず目を引いたのが液晶から飛び出た形で搭載されているWebカメラでして、なんと角度を調節可能! また、カメラを物理的にON/OFFできるのも便利ですが、最近このタイプは増えてきました。

また、アームの後ろに付いた赤い輪っかは何に使うのだろう・・・。 もしかして盗難防止のワイヤーを付けるところでしょうか? 他にもセキュリティ機能はしっかりしていますし、この辺はさすがビジネス向けと言った感じです。

最も安かったのは今回もHPですが、スペックはダウンしたものの価格は上昇しています。 逆にNECは前回と同構成で12312円も値下げされました! ただし、HDD容量が大きくてOfficeも付く富士通FMVの方がずっとお買い得ですね。 ちなみに富士通はMy Cloud優待クーポンを適用しているものの、適用前と価格は変わりませんでしたw


 現在、次のパソコンをどのような構成で買うか迷っています。 購入から5年近く経つWindows 7搭載パソコンなので、嫌でも来年いっぱいでWindows 10搭載パソコンに移行しなくてはならないのですが、このOSの変更によるパソコン買い換えって無駄に思えて仕方ありません。 まぁ、性能を新しくすることで快適になるというメリットもあるのですが、もう少し伸ばしてくれたら有り難い・・。 ストレージ変更とマザボの電池交換で済まそうかなとかも考え中ですw

希望構成としてはCore i5 8400,メモリ8GB or 16GB,SSD512GB,DVDってとこですかね。 OSはCore i5で十分ですし最新版は高性能なので文句無しです。 メモリは8GBで良いかなとも思うのですが、Win10は重いと聞きますしよく沢山のタブを開くので16GBと迷っています。 そしてなんと言ってもSSD搭載! いまだにSSD未経験ですのでここは外せません。 ただ、あまりPCゲームとかはしないのでグラボは我慢しました(うるさいし)。 とまぁ、こんな感じですが10万円を少し超える程度になりそうです。

ちなみにOfficeはMicrosoftではなくWPS(キングソフト)で我慢しようかなと思っています。 だって高いんだもん・・。 またメーカーはこれまで使ってきたドスパラにしたいのですが、ミドルタワー ⇒ ミニタワーときて、次はスリムタワーにする予定です。 段々省スペースになっていますが、やりたいことが明確になって無駄なものは省けるようになりました。 ドスパラははっきり言って安いですし、静音パッケージも魅力的。 なんだかんだで、気付いたらドスパラリピーターになっています。


【2018年6月13日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回も全3メーカーになります。


今回はHPの最安モデルが販売一時停止となっているため、価格が上昇してしまっています。 それでも他メーカーと比べてかなり安く、それでいてスペックは高いなどコストパフォーマンスの良さを発揮しています。

また、富士通は前回と同構成で8936円も値下げされました。 昨日新モデルが発売されたため、こちらは旧モデルとなりますが、内容はそんなに変わっていません。 ちなみに新モデルは一部モデルのキーボードとマウスが変更され、また音声アシスタント機能が強化されています。


【2018年4月24日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回も全3メーカーになります。


今回も最も安いのはHPとなりました。 しかし今回注目したいのは富士通でして、Officeが無くなりマカフィー搭載。 さらに通常クーポンより値引率の高いMy Cloud優待クーポンを使用したことによって、前回より7647円ダウンとなっております。 これはここ2年間での最安値となりますので、富士通FMVのパソコンをできるだけ安く手に入れたい方はチャンスです。

ESPRIMO WF1/B3はFHシリーズの中でも最安のモデルとなりますが、4辺狭額フレーム採用で省スペースな上に環境に溶け込みます。 ワンタッチボタンの付いたワイヤレスキーボードやワイヤレスマウスも標準で付属していますし、セキュリティソフトのマカフィーはたっぷり3年版です。 カスタマイズでCore i7やSSD搭載で高性能にすることもでき、Blu-rayドライブや3波チューナを内蔵して多機能にすることもできるなど、自分のしたいことの幅を広げることができます。


【2018年3月4日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も全3メーカーになります。


今回も最も安いのはHPとなりました。 ただ、前回と同構成ながら価格が6千円程上がってしまいましたね・・。 それでも他メーカーと比べて別次元の安さを実現しているので、価格を抑えるのであればコレに限ります。 ただし、液晶サイズは唯一21.5型となっているので、その点はご注意を。

その他メーカーとして注目したいのは2千円ほど値下げされた富士通でして、マカフィーは無くなったもののOfficeが付いて、コストパフォーマンスは上がってきております。 HDD容量も大きいですし、なにかと重宝しそうなスペックです。


【2018年1月13日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回は全3メーカーになります。


フロンティアはついに液晶一体型が見当たらなくなってしまいました。 今回の注目はHPでして、前回の様にTVチューナは付かないものの、その分10476円も安くなっています。 当モデルになってからの最安値になりますので、価格を抑えたい方に朗報です。 また、チューナ搭載モデルもお手頃価格で健在ですので、TVを見たい方はそちらも要チェック!


【2017年11月22日更新】

 4ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回の注目は、前回と同スペックで22032円も安くなったNECです。 9万円台半ばというのはこの2年間でも最安値でして、高品質なNECパソコンを安く手に入れる大チャンスとなっています。 しかもコレ、旧モデルではなく最新モデルというのが嬉しいですね。 ただ、そろそろ時期的に秋冬モデルが出てくるかもしれませんが、それを考えると在庫処分になるのかもしれません。 品切れなどにご注意下さい。


【2017年9月26日更新】

 4ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回は全4メーカーになります。


最も安いのはHPとなりました。 前回と同構成で3240円安くなっていますが、今回さらにキャンペーンモデルということでTVチューナが付いてきます! チューナはピクセラの「PIX-DT295W」でして、現時点で16000円ほどする高価な製品です。 評判もなかなか良いのですが、PCの性能が低いのでどれだけ快適に動くのかが少し心配なところ。

また、富士通も前回と同構成で11548円も値下げされていました! 前回更新し忘れたので4ヶ月ぶりになりましたが、それだけ空けばこれだけ下がるのも当然でしょうか?


【2017年5月26日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


最も安いのはASUSとなりました。 ASUSはこれまでの15.6型オールインワンではなく、ポピュラーな21.5型の液晶一体型になります。 価格は全く同じですが液晶画面が大きく解像度も高い分、お得になった感じです。

次いで安いHPはさらに高性能なプロセッサになり、フロンティアは更に更にハイスペックでコストパフォーマンスは一番高いと思います。 ちなみにフロンティアはキャンペーンモデル限定で一般販売はされていないみたいなので、この機会をお見逃しなく。 残り13台で、期間も5/31-15:00迄です。


【2017年3月25日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回は富士通が追加されて、合計5メーカーとなっております。


今回は低価格モデルのHPとASUSが揃って値を上げてしまいました。 しかもスペックがそのままなので、コストパフォーマンスは悪くなってしまいましたね・・・。 高価なEndeavorや富士通も上がってしまうなど総値上げと言った感じですが、そんな中で唯一値下げされたのがNECです。 と言っても過去の最安値には及びませんが、約3千円ダウンでライバルの富士通より1万円近く安く、さらに便利グッズが4点も付いてお買い得となっています。

【比較】AMD Ryzen搭載でもっとも安いデスクトップは?「安くて内容充実のHP Desktop 190新登場!」(¥55944~)10H,AMD Ryzen 3 2200G,メモリ8G,HDD500G/1T/2T,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※2018/9/29よりAMDプロセッサからAMD Rnzenプロセッサ、メモリ4GBから8GBへと変更しました。
ミニPCやネットトップ等は対象外です。


【性能比較】
・CPU:Core i5 7400=Ryzen 3 2200G>A12-9800>A10-9700>A8-7600≧A10-7800≧A8-9600>A10-6700>A8-6500>A6-9500>A6-7400K>A4-6320≧A4-7300>>E1-2500
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPAREパソコンの選び方と買い方・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスコンピューターLUV MACHINES
ドスパラミニタワーパソコン
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアSシリーズ(スリムタワー)GXシリーズ(マイクロタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2019年1月15日更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS AMD メモリ HDD ドライブ 電源 価格(税・送込)
HP Desktop 190 上位CPUへ!アップグレード50%OFFキャンペーン 10H Ryzen 3 2200G 8G 2T DVD 180W-G ¥57,132
マウスLUV MACHINES AR410BN 1T 500W-B ¥64,584
ドスパラRegulus AR3 DVD 400W-St ¥63,698
工房STYLE-M1B3-R3G-VH 350W-B ¥56,138
フロンティアFRBSR220G BSRシリーズ 500G 300W-B ¥55,944

今回HPに新モデルが追加されましたが、価格的にこれまでと違ってかなり他メーカーと近いレベルになっています。 最も安いのはフロンティアですが、HPとの価格差はわずか千円少々です。 それでいてHPはHDD容量が2TBもありDVDドライブも搭載しているので、コストパフォーマンスは最も高いと言って良いのではないでしょうか。 また電源は容量こそ少なめなものの80PLUS GOLDを採用しているなどトータルで魅力溢れる内容となっています。

デザインも黒一色で落ち着いた雰囲気が良いですね。 角に丸みを帯びているところも可愛いですが、フロントパネルにはUSBが4つも装備されているので、色々と重宝しそうです。 例えばキーボードやマウスのレシーバをここに設置すれば、電波がよく届くのではないでしょうか。 標準で2画面出力にも対応していますし、安くても使い勝手は良さそうです。

ちなみに現在実施中のキャンペーンによって、ワンランク上の「AMD Ryzen 5 2400Gプロセッサ」にわずか5千円でアップグレードできる点も魅力です。 パソコン工房では+9千円ほどかかりますので。


【2018年11月21日更新】

 1ヶ月半ぶり38度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。


最近は光学ドライブ非搭載のモデルも増えてきたので、基本構成に必須とするのはやめにしたいと思います。 その結果、若干価格や順位に変動が見られる模様です。

最も安かったのはフロンティアでして、光学ドライブ非搭載にした為か価格が6千円以上も下がり、同メーカー過去最安の5万円台に突入しています。 次いで安かったのはパソコン工房でして、こちらも千円近く安くなりましたがメモリは半減してコスパは落ちてる感じです。 今時4GBメモリは厳しいかもしれませんので、カスタマイズで増量することをお勧めします。

その他として気になるモデルは特に無いでしょうか。 HPは相変わらずハイスペックなので、他メーカーと比べて価格が倍以上します。


【2018年9月29日更新】

 1ヶ月半ぶり37度目の更新です。 今回からAMD Ryzen搭載で最も安いモデルを調べます。 またメモリは8GBを基本構成とします。 全5メーカーです。


スペックをアップしたので価格が上昇したのは分かりますが、それにしても全体的に上がりすぎている感じがしますね・・。 全メーカー価格アップですw

最も安かったのはパソコン工房でして、ドスパラとフロンティアが僅か2~3千円差で並んでいます。 でもHDD容量は大きく電源の性能も高いですし、その上この価格帯で2~3千円の差は割と大きいので、コストパフォーマンスはなかなか良いです。 と言うわけでパソコン工房がお薦め!


【2018年8月13日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。


今回も最も安いのはドスパラとなりました。 対象モデルの変更でプロセッサがA4-7300からA6-9500へとパワーアップされていますが、価格は僅か540円のアップですので、コスパは上がっていると思います。

2位にはマウスコンピュータとパソコン工房がほぼ同価格で並んでいますが、構成も全く同じです。 ドスパラと比べて電源の性能では勝りますがメモリ容量が半分しかないので、やはりドスパラの方がお買い得なのではないでしょうか。

一方、HPは低価格モデルの販売終了によって対象モデルがより高性能なものへと変更されてしまったため、価格を大幅に上昇させています。 今後また低価格モデルがラインナップされるのを待つしか無さそうですね。


 ここじゃないけど、他サイトを運営しているレンタルサーバがDDoS攻撃受けてて全然アクセスできないw DDoS攻撃って言うと、よく2ちゃんねるがどっかから嫌がらせみたいな感じでやられてるのを目にしますが、最近はお金目的で金融機関が狙われることも多いのだとか。 また、個人でもできるため、些細なイザコザで報復的なDDoS攻撃をする人もいる模様です。 でも結局は逮捕されるんだけどね・・・。

必ず足がつくのがインターネットなのだそうです。 でも代行サービスは世界中にありますし、国を挟んだらさすがに分からなくなるのではないでしょうか(分かりませんが)。 なんにせよ、リアルに仕事に差し支えるのは洒落にならない。


【2018年6月17日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。


今回も最も安いのはドスパラとなりました。 値下げされたところが多かったですが、それでもドスパラには一歩及びませんね。 メモリ容量も多くて内容的にも良さそうですが、プロセッサの性能は一番低そうなので、その点は考慮する必要がありそうです。 ちなみに2位のパソコン工房には高性能なAMD Ryzen 3 2200Gが採用されています。 それぞれの性能については下記の通りです。

AMD Ryzen 3 2200G(4コア)・・・7,359
AMD A12-9800(4コア)・・・5,558
AMD A10-9700(4コア)・・・5,512
AMD A6-9500(2コア)・・・2,974
AMD A4-7300 APU(2コア)・・・2,280
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2900&cmp[]=2357https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+Ryzen+3+2200G&id=3186https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+A12-9800&id=2861https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+A6-9500&id=2903


【2018年4月28日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回はフロンティアが追加されて、合計5メーカーとなっております。


最も安いのは今回もドスパラとなりました。 その代わりプロセッサの性能もダントツで低いですが、価格を抑えたい方にはお勧めです。

プロセッサと言えば今回、新タイプの「AMD Ryzen 3 2200G」搭載モデルが登場しています。 初登場のフロンティアもこちらを搭載していますが、その性能は下記の通りです。

Intel Core i5-7400 @ 3.00GHz 4コア・・・7,392
AMD Ryzen 3 2200G 4コア・・・7,359
AMD A12-9800 4コア・・・5,558
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+Ryzen+3+2200G&id=3186https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+A12-9800&id=2861

た、高いですね・・。 これまで当コンテンツで最高だった「AMD A12-9800」を軽く吹っ飛ばし、Core i5 7400とほぼ互角になっています。 と言いますか、やはりRyzenが優秀なんですね。 価格もまぁまぁですし、各メーカーがこぞって採用するのも分かる様な気がします。

と言うわけで、「AMD Ryzen 3 2200G」搭載で価格も安いパソコン工房をお勧めしたいです。 メモリ容量こそ少なめですが、カスタマイズにて+5980円で8GBにすることができます。 すると税・送料込みで64756円となり、マウスコンピュータやフロンティアよりお買い得となるのではないでしょうか。 ちなみにこちらは「AMDフェスティバル STAGE2」ということで大幅価格改定がなされている模様です。


【2018年3月8日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回も最安はドスパラとなりました。 前回と比べてメモリとHDDが半減しましたが、その分値下げされており4320円安くなっています。 コストパフォーマンスは落ちたでしょうか?

そして今回初登場のプロセッサ「A12-9800」ですが、これまで最高峰だったA10-9700を僅かに上回って最も高性能となっています。

AMD A12-9800 2コア・・・5,608
AMD A10-9700 4コア・・・5,515
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2861&cmp[]=2900

コア数は「A10-9700」の方が多いですが、「A12-9800」はシングルだけでなくマルチでもベンチマークのスコアが上回っている様です。

A12-9800:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=A12-9800&sort=multicore_score
A10-9700:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=A10-9700&sort=multicore_score
Geekbench 4 CPU Search

ただ、「A10-9700」を搭載したHPと比較すると、価格はほぼ同レベルなのに対して内容が非常に充実しているので、コストパフォーマンスはHPの方が上となりそうです。


【2018年1月17日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は値上げされたところしかなく、前回最安だったパソコン工房も大幅に値を上げてしまいました。 最も安かったのはドスパラでして、性能は低いもののマカフィーが付属されていてお買い得です。 また、DVDドライブは「無し」にしてもう少し価格を下げることもできます。 マウスコンピュータはそこからさらに5千円ほど高いですが、電源の性能が少し高いのが特徴です。


【2017年11月26日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回は全4メーカーになります。


今回の注目は珍しく大幅ダウンしたいつも割高なHPです。 驚いたことにスペックは前回と同じでして、価格が19764円も値下げされました! それでも他メーカーと比べてまだ1段、2段と高いですが、高性能なプロセッサや大容量メモリ、SSD&HDD構成にBlu-rayドライブ搭載と内容は充実しています。 ちなみにプロセッサの性能差は下記の通りです。

AMD A10-9700(4コア)・・・5,512
AMD A4-7300 APU(2コア)・・・2,280
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2900&cmp[]=2357

軽く倍は違いますね。 またコア数も倍あるので、複数タスクの同時作業などされる方は快適にこなせそうです。


【2017年9月30日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


今回はパソコン工房が一気に値を下げ、最安に躍り出ました。 2位のドスパラとの価格差は3千円程度で、メモリは半分しかありませんがHDDは倍あり、電源の性能も良さそうです。 ただ、ドスパラはマカフィーも搭載しているので、コスパ的には五分の勝負と言ったところでしょうか?

もう一つ気になるのが「AMD A6-9500」搭載のeX.computerですが、「A4-7300」と同じデュアルコアでクロック周波数は劣るみたいですが、ベンチマークでは割と差が開いていました。

AMD A6-9500・・・3,212
AMD A4-7300 APU・・・2,272
PassMark Software
https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2903&cmp[]=2357


【2017年7月30日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回はHPが追加されて、合計6メーカーとなっております。 てゆーか、HPはいつからあったのか・・・(汗) ここで取り上げるのは1年半以上ぶりになります。


残念ながら値上げされたメーカーは多いものの、値下げされたところは皆無でした。 最も安かったのは今回もASUSでして、前回ほぼ同価格だったドスパラとパソコン工房が揃って値上げされた為、単独首位となっております。 2位以下を8千円以上も引き離すダントツの最安値ですが、プロセッサの性能も高くてHDD容量も多いなど内容的にも魅力的です。

一方、久々登場のHPですが、性能の高さもあって残念ながら最高値を記録しています。 SSDやBlu-rayドライブまで搭載していますからね。 価格が高くなるのは仕方の無いところですが、仮にマウスコンピュータをカスタマイズでAMD A10-7870K・メモリ8G・SSD120G,HDD1T・Blu-rayドライブにしても税・送料込み87480円となってHPより7344円も安いです。 まぁ、HPはスタイリッシュなデザインや東京生産など品質にも配慮しているので高くなってしまうのは仕方がありませんが。


【2017年5月30日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回価格はあまり変化ありませんでしたが、内容は少し変わっております。 まず唯一値下げされたマウスコンピュータですが、値下げ以上にスペックダウンされた感じです。 そしてeX.computerは新プロセッサ「AMD A6-9500」が採用されています。 新プロセッサと言っても1年前に発表されたものですが、性能より消費電力重視と言った感じでしょうか? 「Core2 Quad Q8400 2.66GHz」とほぼ同等の性能なのだそうです。 そう考えるとそんなに悪く無い様な気もしますが、最近ではもう低性能ですかね。

そして最も安いのはドスパラ・パソコン工房・ASUSが同額またはほぼ同価格で並びました。 性能が高いのはなんと言ってもA10-7800とHDD1TBを搭載したASUSになると思います。 プロセッサの性能では他2メーカーを圧倒していますが、電源の詳細が不明な点はやや不安材料。 ドスパラはマカフィーが付いている点が魅力的ですね。


【2017年3月29日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


最も安いのは同価格でドスパラとパソコン工房が並びました。 また、わずか2円差でASUSが続いておりますw つまり3メーカーが横並びとなっているわけですが、その分比較はし易そうです。 なんと言っても一番目立つのはASUSのプロセッサでして、頭一つ抜きんでています。 さらにHDD容量も多めなので文句無しと言いたいところですが、電源の内容が不明なのはやや不安材料ですね。 「【消費電力】最大約117.8W」とかなり低くなっていました。