【コラム】NEC LAVIE Direct PM(NEC LAVIE Pro Mobile)「世界最軽量の代わりに追求したハイレベルなトータルバランス!!」


 2019年夏に「NEC LAVIE Direct HZ(NEC LAVIE Hybrid ZERO)」の後継機種として「NEC LAVIE Direct PM(NEC LAVIE Pro Mobile)」が登場しました。 それまでこだわってきた「世界最軽量」の追求をやめ、軽さ重視で犠牲にしてきた部分を見直そうというコンセプトで取り組んでおり、また人気の2in1とも決別しています。 代わって重視するのは「バッテリ駆動時間」「堅牢性」「デザイン」「キーボード」「スピーカ」等で、トータルでバランスの取れたハイクオリティなモバイルPCを目指した模様です。

当ブログでこれまで取り上げてきた「NEC LAVIE Direct HZ」の評判は、主に質量・バッテリ・サイズ等の『モビリティの高さ』に評価が集中していましたが、「NEC LAVIE Direct PM」ではキーボード等の機能面やデザインも評価されているのが確認できます。 どこか一部分と言うより多岐にわたって魅力を感じさせているつくりとなっていて、NECの目指すところを実現させていました。

  ⇒ 【前評判】NEC LAVIE Direct PM、LAVIE Pro Mobile PM750/NA・PM550/NA(2019年夏モデル)

それでも強いて特徴を取り上げるなら、「バッテリ駆動時間」「軽さ」「高速起動」「指紋認証」の4つが挙げられますので、それらをより詳しくチェックしてみたいと思います。 「NEC LAVIE Direct PM(NEC LAVIE Pro Mobile)」に興味のある方、ハイレベルなモバイルPCを求めている方にとって、何かしらの参考になれば幸いです。


■ 「バッテリ駆動時間」と「軽さ」

 「世界最軽量の追求」をやめたものの1kg未満の軽さを維持しつつ、最長で20時間もの長時間駆動を実現しています! バッテリには大容量なLサイズを採用していますが、評価の厳しい「JEITAバッテリ動作時間測定法Ver2.0」基準でもこれだけの駆動時間です。 もはや持ち歩く際にバッテリ残量を気にする必要はありませんし、使い方によっては数日もたすこともできるのではないでしょうか。 時には充電を忘れてしまうこともあるので、この点は非常に心強いですね。

ちなみにアンケートによると900g以下の重さで20時間以上のバッテリ駆動という組み合わせはユーザの80%が満足するレベルなのだそうです(参考サイト)。 毎年のように各PCメーカーがしのぎを削って質量の軽さや駆動時間の長さを更新し続けてきましたが、どうやらここらで一旦落ち着くのかも知れません。

 ※バッテリ駆動時間と質量については、カタログモデルとカスタマイズモデルで若干異なりますのでご注意下さい。


■ 「高速起動」

 これはNECの特徴と言うよりSSDの性能の高さによるものです。 当機種でも標準で装備されており、HDDに比べて倍近い高速起動を実現します。 ただし、SSDの宿命として価格が高いが為に容量が少ないというデメリットも存在します。 現に搭載されているSSDはカスタマイズモデルで128GBしかないので、もう少し容量が必要な場合はオプションの256GB/512GB/1TBを選択しなければなりません。

管理人も今年買い替えたパソコンで人生初のSSDを体験しましたが、パソコンの起動と終了が飛躍的に速くなりました! 「パソコンのON/OFFなんて頻繁にしないから、大してメリットを感じないだろう」と思っていましたが、その精神的負担は自分が思っていた以上に大きかった様で、日々快適な気分を味わっています。 また、ちょっと席を離れる時や、ちょっとPCで調べ物をしたい時にサッと電源のON/OFFができるのは思っていた以上に便利です。 PCの使い方・接し方が少し変わってきたと言っても過言ではありません。 SSDには更に高速なNVMeというものも存在しているので、次回のパソコン購入時にはそちらの選択も視野に入れています。


■ 「指紋認証」

 私は家でパソコンを使用しているので、あまりこの機能に必要性を感じません。 しかしモバイルPCは主に外で使うことを目的とされていますし、これだけ高いモビリティを備えた当機種はきっと日々持ち歩きたくなるはずです。 そもそも持ち歩き用途で購入される方がほとんどだと思うので、そうなるとこの「指紋認証」という機能はセキュリティ上、必要不可欠なものとなること間違いありません。

パソコンは個人情報の宝庫ですので、無くしたり他人に見られたりした場合、その精神的・経済的ダメージは計り知れないものがあります。 ビジネスで使うなら尚更のことですが、その為にWindowsにはパスワードを設定して他人がPCへアクセスできなくなるようにすることも可能です。 しかしその場合はパソコンから離れる度にいちいちパスワードを入力する必要が出てきますし、セキュリティは高められても余計な手間がかかってしまいます。

指紋認証はそう言った手間を省きつつセキュリティも高めてくれる一石二鳥の機能です。 最近は多くのノートPCで採用されつつありますが、安価な機種では非搭載なものもありますし、感度の低い場合もあります。 その点、NECの品質の高さは日本シェアNo.1の折り紙付きですし、電源キーと併設されているのでボタンを押すだけで起動とログインを同時に行えるという優れものです。 こういった使いやすさに配慮されている点もNEC LAVIEの魅力の一つですね。


 以上、特に評判の良かった点をいくつか取り上げましたが、上記以外にも様々な特徴を備えているので、仕事でも趣味でも使える「プロシューマー向けモバイル(LAVIE Pro Mobile)」として定義されています。 ただ人気絶頂の2in1をあえて外してきたところは冒険かなとも思いますし、それだけNECの決意を感じる機種とも言えそうです。 最大のネックは価格の高さですが、それについてもさほど否定的な意見は聞かれません。 しかし上記にも書いた様に、より大容量なSSDを選択しようとすると価格は跳ね上がりますので、今後は更にこの点も改善されていくことを期待したいです。



 

コメントする