【レビュー】東芝dynabook BJシリーズ(法人向け)

PC
 各Core iプロセッサや光学ドライブも搭載可能なスリムボディの15.6型ビジネスノートPCです。 豊富なインターフェイスやセキュリティ機能を備えて、日常業務が快適に行えるなど、テレワークにも向いています。

  ⇒ 東芝dynabook BJシリーズ(Webモデル:BZシリーズ)icon


掲載日:2022/2/13
投稿者:とらねこ
機種:東芝dynabook BJ65/FS(A6BJFSF8L511) (2021年3月20日発売)
構成:10P,Core i5 10210U,メモリ8G,SSD256G,DVD,15.6型,¥68900,2022/2/13時点
評価:★★★☆☆


ノートパソコンにしては軽い方だと思います。
画面は15.6とそれなりにあるため見やすく画質も綺麗ですが、綺麗すぎて目が疲れてくることがあります。

動作においては電源を入れてからの立ち上がり、処理速度も速いため、ストレスを感じることなく使用することができます。
キーボードは押しやすいですが、キーボード特有のかちゃかちゃ音はあり、若干のストレスを感じます。

カメラとマイクが内蔵されているので、外付け機器を購入することなくオンライン会議等をすぐ利用できます。
カメラの画素数も悪くなく、サウンドに関しても高音質ではないですが、人の話し声や動画を見る時でも聞きやすいと思います。

サイドにある端子はUSBをはじめ、LAN、ヘッドホン端子、HDMIがあるので、デバイス機器を接続する時に便利です。
しかし、USBが右側のみにしかなく、左側がtypeCとなっているため、右側にUSBを使用しているとマウス操作時に邪魔になりやすくストレスを感じやすいです。


掲載日:2021/6/6
投稿者:ぴこ
機種:東芝dynabook BJ65/FS(A6BJFSG8LD11) (2021年3月発表モデル)
構成:10P,Core i3 10110U,メモリ8G,SSD256G,DVD,15.6型フルHD
評価:★★★☆☆


結構サイズが大きくて重さも重いので、持ち運びにはあまり向かないと思います。
持ち運ぶよりも家や職場に置いて作業するのに向いています。
在宅ワーク用に購入したので、大画面で操作しやすい点は気に入っています。

サウンドの質や静音性もいい方だと思いますし、画面も明るく綺麗で見やすいです。
ノートパソコンですが右側に数字のキーもついていて、デスクトップのように操作しやすくなっています。
CD-ROMもついているので読み込みも可能です。

デメリットは、大きいので場所を取る点と重たい点かと思います。
小さなデスクに置くとパソコンだけでかなりの場所を取りますし、持ち運ぶには長時間持って移動するのが結構大変です。
なので頻繁に持ち運びたい方は、もっと小型で軽量なモデルの方がいいと思います。

動作も素早くサクサク動きますので不便は感じていません。
USBポートも3つありますので文句なしです。
ノートパソコンですが、デスクトップのように使えるものとしてはオススメです。


Dynabook Direct


 

コメントする