【レビュー】東芝dynabook Kシリーズ(KZシリーズ)

PC
 子供がパソコンを学ぶための10.1型2in1モバイルPCです。 液晶は分離タイプなので、タブレットとして使うことも可能。 丈夫で使いやすいので、伸び伸び楽しむ事ができます。

  ⇒ 東芝dynabook Kシリーズ(KZシリーズ)icon


 PCタイムセールicon・・・最新モデルから旧モデルまで特別価格で購入可能!期間限定・随時更新 

 会員価格icon・・・通常価格より大幅に安く購入することが可能です。登録無料(COCORO ID)


掲載日:2022/2/27
投稿者:yumi
機種:東芝dynabook KZ11/P W6KZ11TPGA ゴールド (2020春Webモデル)
構成:10P,Celeron N4020,メモリ8G,SSD128G,10.1型タッチ,Office H&B,会員価格¥58080
評価:★★★★☆


このパソコンを買ってみて、率直に、とてもよかったと思います。
なぜかというと、とても軽いからです。
軽いので、どこの部屋に持ち運んでも、作業ができるところがとても気に入ってます。

また、このパソコンは2in1パソコンですので、画面とキーボードを取り外すことができます。
キーボードを外してタブレットのように使用すれば、またさらに軽くなります。
私は今まで、スマホでの作業にとても慣れているので、指で操作できるこのパソコンは、とてもいいと思っています。

また、入力の際に、私はキーボードでのブラインドタッチ入力がとても苦手です。
ですので、2in1パソコンで指で操作できるパソコンがいいと、買う前から思っていました。
このパソコンを買ってみて、やはり、指でスマホのような感覚で操作できるところが一番使いやすいと思っています。

長い文章を入力する時などに、よく音声入力を使っていますが、2in1でなかったら難しかったかもしれません。
このパソコンだとスマホのような感覚で入力できるので、音声入力がとても簡単にできます。
それもすごく大きな魅力だと思っています。


掲載日:2021/9/18
投稿者:Kumiinf
機種:東芝dynabook K1 P1K1PPTG ゴールド (2020年3月13日発売)
構成:10P,Celeron N4020,メモリ4G,SSD128G,10.1型タッチ,Office H&B,¥56000,2021/9/18時点
評価:★★☆☆☆


サブPCとして購入しましたが性能はそこまで求めてなく、ネットサーフィンやちょっとした処理などできればと思いました。
購入当時はCeleronでありながらそこそこの快適性でしたが、使っていくうちに徐々に速度が遅くなってきています。
OS入れ直し等でしか消せないソフトや、東芝オリジナルのバックアップシステムなどが正直邪魔でしかありません。
ただ、Windows10のProが入っている点は評価できると思います。

見た目は無駄のないデザインで、人によっては「安そう」と思われるかもしれない見た目ですが、私は好きです。
PC内蔵のスピーカーに関しては、まぁ格安PCでよくあるシャカシャカした軽い音なので、外部スピーカーに出力したいところ。
キーボード部分と切り離してタブレットとして扱う場合、軽さを重視しているようですが、正直重いです。
スペック的に厳しい内容も多いので、これならAndroidタブレットやiPadでも良いかも・・と思ってしまいます。

現在では子供用のおもちゃになっていますが、入門PCとしては面白いかもしれません。
購入当時の値段も5万円と格安PCなので、この程度なのかなと思っています。


Dynabook Direct


 

コメントする