株式投資とは?


株を購入し、高値で売ることで「値上がり益」を得ることができます。
購入する金額が高いほどリターンとリスクは高くなり、逆に金額が低ければリターンとリスクも低いです。
また、株の売買には手数料が掛かるので、その分を差し引いて計算しなくてはなりません。
例えば5万円までは50円、10万円までは100円の手数料がかかる・・と言った感じで、取引額が上がれば上がるほど手数料も高いです。

その他にもある条件に沿って株を購入・保有することで「株主優待」の権利を得ることができます。
株主優待では食料品や金券、旅行やカタログギフトなど魅力溢れる品々をタダで貰うことができるので、株を売らずに持ち続けるのも一つの手です。
また、保有する株の企業業績が上がった際に、その利益を出資額に見合った分だけお金で還元してくれる「配当金」を貰えることもあります。
以上の「値上がり益」「株主優待」「配当金」の3つが株式投資の主な魅力です。

株を買うにはある程度まとまった資金が必要ですが、最近はその最低額もかなり下がってきており、5万円台でも有名企業の株主になることができます。
その代わり、購入できる銘柄は限定されてしまうので、できれば20~50万円くらいの資金があった方が、銘柄の選択肢が増えて良いかもしれません。
ちなみに投資に充てる資金は生活資金ではなく余剰資金、つまり使う予定の無いお金、無くなっても生活に困らないお金を使うべきだと言われています。

株を売買するには証券会社に口座を作る必要があります。
申し込みから開設、売買開始までほぼインターネット上で完結できるので簡単です。
証券口座には銀行口座などから資金を振り込む形になりますが、銀行によって入金にかかる時間や手数料の有無が異なるので、場合によっては取引に有利な銀行口座を開いた方が良いかもしれません。
また、利益を確定した際には当然のことながら税金がかかりますが、「特定口座(源泉徴収あり)」を選択すれば面倒な確定申告をせずに済み、納税の手間も省けて便利です。


株式投資の体験談を集めてみました。
また管理人の体験談も初心者向けに良いと思うので、良かったらそちらもご覧下さい。

株式投資体験談

初心者が10万円で株のデイトレードに挑戦!基本と注意点は?

久々の株式投資(単元未満株・IPO)に挑戦!

【続】初めてのIPO(新規公開株)チャレンジ!落選後の行方もチェック(天国と地獄)

初めてのNISA!!投資信託って!?


 

コメントする