【レビュー】東芝dynabook UZシリーズ


東芝ダイレクト
 13.3型の高性能なモバイルノートPCです。 モビリティやセキュリティが高く、使う場所を選びません。 また便利な機能も沢山備えているので、外出先でも快適なPCライフが送れます。

  ⇒ 東芝ダイレクト dynabook UZシリーズ


 タイムセールキャンペーン・・・期間限定で最新モデルから旧モデルまでお買い得♪

 東芝トップページ・プレゼント・・・対象モデル購入で日経PC Digitalアクセス権1年分等が貰える♪ 7/30-17時迄

 東芝トップページ・会員限定クーポン・・・通常より安く手に入れることが可能です。 登録無料


掲載日:2018/7/29
投稿者:マルコメ
機種:東芝dynabook dynabook UZ63/F PUZ63FL-NED (2017年6月23日発売)
構成:10H,Core i5 8250U,メモリ8G,SSD256G,13.3型フルHD,Office H&B,会員価格¥121800,2018/7/29時点
評価:★★★☆☆


見た目のデザインはブルーっぽくクールで格好良いし、背面にdynabookというロゴもしっかり刻印されていてお洒落。
質量は約1kgと軽くモバイルとしては使いやすい。
バッテリーは100%で大体10時間近くもち、カフェなどで長時間使っても問題ない。

起動がとても速くてスムーズに作業が進められる。
ハードディスクはSSDだが、とても静かで快適に使える。
音質も大変よく、音楽を聴くのに向いていると思う。

キーボードについてはまあまあ打ちやすいが、スペースキーが小さく感じ、右手でスペースキーをスムーズに押せないのが残念。
指紋認証機能がついているが、たまに認識せずあまり便利な機能とは言えない。

インターフェイスについてはUSB2.0が一つしか付いていないので、マウスはbleutooth対応のものを使った方がよい。
また、SDカードはmicroしか使えないので、持っていない人にとっては不便と感じると思う。

総合的にはビジネスマンが気軽に使えるラップトップだと感じる。


東芝トップページ