【比較】最もストレージ容量の大きいデスクトップは?「フロンティアが圧倒的大容量を実現!!」(~¥479952)10H,Core i7 8700/7740X,/9700K・Ryzen Threadripper 2950X,メモリ8G/16G/32G/64G,SSD512G-NVMe/1T(NVMe)/2T,HDD3T/4T/6T/8T,GTX1060/GTX1070 Ti/GTX1080 Ti,DVD


【メーカー別容量推移グラフ】

【メーカー別SSD&HDD容量】


【お薦めパソコンレビュー】
OMEN by HP DesktopHPデスクトップPC
ドスパラGALLERIA
パソコン工房LEVEL∞シリーズ
フロンティアGBシリーズ(フルタワー)


【お薦めパソコンレビュー】


【2018年11月20日更新】

 2ヶ月ぶり2度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
OMEN X by HP 900-270jp ハイパフォーマンス 必殺!Gaming祭! 10H Core i7 7740X 64G 512G-NVMe 3T GTX1080 Ti 1300W-G ¥379,080
G-Tune
MASTERPIECE i1640SA1
Core i7 8700 16G 1T-NVMe+2T 8T GTX1060 DVD 700W-B ¥308,016
ドスパラGALLERIA TRV Ryzen Threadripper 2950X 1T 4Tx3 GTX1070 Ti 850W-P ¥478,892
工房LEVEL-F039-LCRT29-TXR 32G 1T-NVMex2 4Tx2 850W-G ¥479,952
フロンティアFRGBZ390 GBシリーズ Core i7 9700K 8G 1T-NVMe+1T 6Tx3 DVD ¥279,504

あまり変化はありませんでしたが、前回・今回共に最も大容量だったフロンティアが、HDDを少し減らし、SSDを少し増やしています。 その他は全く変動ありませんね。 やはり2ヶ月くらいではあまり変化は出てこないのかもしれません。 少し更新間隔を延ばすかもしれません(検討します)。


 本日またブログを壊してしまいました。 朝寝ぼけ眼でいじっていたところ、操作を間違ってしまい、ブログにアクセスできない状況が半日くらい続いてしまいました。 今はもう回復していますが、また業者さんにお願いしました。 つまらないミスでお金がどんどん無くなっていく・・・。 反省です。


【2018年9月28日更新】

 本日より最もストレージ容量の大きいデスクトップをチェックしてみたいと思います。 対象は基本的にハイタワーなどできるだけ大きな筐体を採用したモデルで、できるだけ安いものを取り上げます。 SSDとHDD共に最大容量にして、どれだけになるかをチェックする予定です。


最も容量が大きかったのはフロンティアとなりました。 特にHDD容量が大きく、2位のドスパラ12TBを7TBも上回っています。 一方SSD容量ではG-Tuneが最も大きく、単品で2TBを選択できるのはここだけです。 また、スピードを重視するのであればNVMe SSDを2TBも搭載可能なパソコン工房になります。 どのメーカーも特色があって、面白い結果となりました。

【比較】AMDプロセッサ搭載でもっとも高性能なデスクトップは?「RTX2080 Ti搭載のドスパラGALLEIRA TRZが最高峰!!」(~¥853264)10H/10P,AMD Ryzen 7 2700/2700X/Threadripper 2990WX,メモリ16G/64G/128G,SSD250G/512G-NVMe/1T(NVMe)/2T,HDD1T/2T/3T,GTX1060/GTX1070 Ti/GTX1080/GTX1080 Ti/RTX2080 Ti,DVD

【メーカー別順位推移グラフ】

※ほぼ同レベルな性能の場合はコストパフォーマンスの高い方を上位とします。
※とにかく情報の少ないスペックですのでかなり恣意的な順位となっています。 それを踏まえた上で一つの参考としてご覧下さい。


【性能比較】
・CPU:Ryzen Threadripper 2950X>Ryzen Threadripper 2990WX>Ryzen Threadripper 1950X>Ryzen Threadripper 1920X>AMD Ryzen 7 2700X>Ryzen Threadripper 1900X≧Ryzen 7 1800X>Ryzen 7 1700X>Ryzen 7 1700>>FX-9590>FX-8370≧FX-8350>FX-8370E
・グラフィックカード:GTX1070 SLI>RTX2080 Ti>GTX1080 Ti>RTX2080>GTX1080>GTX1070>GTX980 Ti>GTX1060
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPAREその他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
OMEN by HP DesktopHPデスクトップPC
マウスLUV MACHINESG-Tune NEXTGEAR-MICRO
ドスパラGALLERIA
パソコン工房LEVEL∞シリーズ
フロンティアGBシリーズ(フルタワー)GA・GX・GZシリーズ(ミドルタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年11月19日更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。

メーカー別比較表 OS AMD メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
OMEN Obelisk Desktop 875 10P Ryzen 7 2700 16G 512G-NVMe 2T GTX1060 500W-B ¥206,280
G-Tune
NEXTGEAR-MICRO am550PA1
10H Ryzen 7 2700X 64G 1T-NVMe+2T 1T GTX1080 700W-B ¥364,176
ドスパラGALLERIA TRZ 10P Ryzen Threadripper 2990WX 128G 512G-NVMe+1T RTX2080 Ti DVD 850W-P ¥853,264
工房SOLUTION-TM39-LCRT2W-RNJR 10H 1T-NVMex2 2T GTX1070 Ti 850W-G ¥688,953
フロンティアFRGBX399WX GBシリーズ 250G-NVMe+1T 3T RTX2080 Ti DVD 1050W-P ¥762,480

今回から新グラフィックスのRTX2080 Tiが登場しましたが、それを搭載したドスパラが最高峰となりました。 前回1位のパソコン工房は非搭載と出遅れている為、3位に転落しています。 しかし、高速なNVMe SSD1TBを2基も搭載するなど、優れている部分もあります。 ただそれでもGTX1070 Ti搭載というのは物足りないですね。 結構構成やモデルは入れ替わるので、次回更新時はまた盛り返してくるかもしれません。


【2018年9月26日更新】

 1ヶ月半ぶり37度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回の注目は第2世代Ryzen Threadripperの2990WXと2950Xです。 末尾に付く英字で用途が異なっており、WXはクリエイター向け、Xはゲーマー向けとなっています。 性能については下記の通りです。

AMD Ryzen Threadripper 2950X @ 3.5GHz(16コア)・・・26,550
AMD Ryzen Threadripper 2990WX @ 3.0GHz(32コア)・・・24,707

AMD Ryzen Threadripper 1950X @ 3.4GHz(16コア)・・・22,168
AMD Ryzen Threadripper 1920X @ 3.5GHz(12コア)・・・18,249
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+Ryzen+Threadripper+2950X&id=3316https://www.cpubenchmark.net/compare/AMD+Ryzen+Threadripper+1950XvsAMD+Ryzen+Threadripper+1920X/3058vs3062

プロセッサはフロンティアが最も高性能ですが、NVMe SSDの容量が少ないのでパソコン工房に次ぐ2位としてあります。

またHPにて来月新モデルが登場するのでそちらを取り上げましたが、性能的にはあまり変わりませんでした。 グラフィックカードがRadeon RX580からGTX1060へと変更されましたが、その差もさほど大きくはありません。 ただ、筐体は硝子張りになって凄く格好良いですw


【2018年8月9日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回順位に変動はありませんでした。 最も高性能だったのはパソコン工房で、メモリ容量こそドスパラとフロンティアに負けているものの、ストレージ容量が大きく、なんと言ってもグラフィックは唯一のSLI仕様です。

ちなみに現在最高峰のThreadripperですが、近々第2世代が出る模様です。 その内容は素晴らしく、Core i9最上位モデルの「Core i9-7980XE」を上回るスペックでありながら、価格はかなり安いのだとか・・。 もちろん日本に来たらいくらになるか分かりませんが。 ちなみに一番人気は最上位の2990WXではなく2950Xみたいです。 毎回凝っている箱にも注目♪

Ryzen Threadripper 2990WX:
32C64T,定格3.0GHz,最大4.2GHz,L3キャッシュ容量64MB,TDP 250W,1799ドル(税別),北米時間8月13日発売予定
Ryzen Threadripper 2970WX:
24C48T,定格3.0GHz,最大4.2GHz,L3キャッシュ容量64MB,TDP 250W,1299ドル(税別),10月発売予定
Ryzen Threadripper 2950X:
16C32T,定格3.5GHz,最大4.4GHz,L3キャッシュ容量32MB,TDP 180W,899ドル(税別),北米時間8月31日発売予定

Ryzen Threadripper 2920X:
12C24T,定格3.5GHz,最大4.3GHz,L3キャッシュ容量32MB,TDP 180W,649ドル(税別),10月発売予定


【2018年6月12日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回はG-Tuneのプロセッサとグラフィックがパワーアップされていますが、プロセッサの「AMD Ryzen 7 2700X」は下記の様になりました。 なかなかの高性能です。

AMD Ryzen Threadripper 1950X 16コア・・・22,095
AMD Ryzen Threadripper 1920X 12コア・・・18,095
AMD Ryzen 7 2700X 8コア・・・17,037
AMD Ryzen Threadripper 1900X 8コア・・・15,701
AMD Ryzen 7 1800X 8コア・・・15,376
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3058&cmp[]=3062https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3086&cmp[]=3062https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+Ryzen+7+2700X&id=3238

また、フロンティアもグラフィックがワンランクアップしています。 最も高性能だったのは前回同様パソコン工房でして、メモリ容量こそ少ないものの唯一SLI仕様のグラフィックを採用し、SSDもNVMeの1TBを2つも搭載して文句無しの最高峰です。


【2018年4月23日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回はパソコン工房が「Ryzen Threadripper 1950X」に対応し、ドスパラ・フロンティアとの三つ巴となっています。 内容的にはメモリ容量の少ないパソコン工房ですが、SSD性能とグラフィック性能の高さから総合的に考えて1位としてあります。 ドスパラとフロンティアはSSDとグラフィックの戦いですが、独断と偏見で高性能SSD搭載のフロンティアを上位としました。


【2018年3月3日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


まずCPUの性能差についてですが、下記の様になります。

AMD Ryzen Threadripper 1950X 16コア・・・22,095
AMD Ryzen Threadripper 1920X 12コア・・・18,095
AMD Ryzen Threadripper 1900X 8コア・・・15,701
AMD Ryzen 7 1800X 8コア・・・15,376
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3058&cmp[]=3062https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3086&cmp[]=3062

最も気になるのは1TBのNVMe SSDを2基も搭載したパソコン工房とドスパラ&フロンティアなのですが、前者はプロセッサの性能で大きく劣る上にメモリ容量が半分しか無いので、総合的に考えて3位と判断しました。 登場して間もないフロンティアですが初の首位となります。

HPはついに「Ryzen 7」登場などして頑張っているのですが、上位陣とはまだまだレベルが違い最下位です。


【2018年1月12日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


今回も前回と全く順位は変わりませんでした。 ThreadripperにSLI仕様のパソコン工房が文句無しの最高峰ですが、メモリ128GB搭載のドスパラも良い勝負をしています。 G-Tuneとフロンティアはほぼ同スペックですが、コスパが高くSSD2TBも選択可能なG-Tuneを上位としました。 正月疲れの為かどこも若干価格は上がっている印象です。


【2017年11月20日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


最も高性能だったのはパソコン工房となりました。 メモリ容量は2位ドスパラの方が多いですが、SSDの内容とSLI仕様のグラフィックカードを含めた総合的な性能で判断しております。 3位はメモリ容量とグラフィック性能でフロンティアに勝るG-Tuneとし、最下位はHPでした。 でもHPはついにRyzen対応となりましたし、全体的にスペックは上がっていますので今後に期待です。


【2017年9月25日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は新しいCPUが登場したこともあって、珍しく比較が楽でしたw 最も高性能だったのは「Ryzen Threadripper 1950X」に「GTX1080 Ti」のSLI仕様を搭載したパソコン工房です。 CPUもスゴいですけど、決め手となったのはグラフィックですね。 AMD搭載モデルでSLI仕様は非常に珍しい構成です。

次いでドスパラが文句無しの2位ですが、NVMe SSDを採用しているところが少ないのが気になります。 この点もパソコン工房が秀でているところですが、その他はG-Tuneにちょこっと載ってるだけでした。 久々登場のHPはRyzen非対応でダントツの最下位です。


【2017年7月21日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


なんか非常に比較するのが難しかったです。 プロセッサはみな同じなのですが、メモリ容量が半々でグラボも一部異なり、SSDはノーマルタイプと高速タイプの2種類に分かれて、なおかつ容量も異なります。 もうほんとんど独断と偏見で順位付けしましたのでご理解下さい。

最も高性能だったのは今回もドスパラでして、メモリが少なくSSDは普通のタイプですが、グラフィック性能の高さとSSD容量の大きさを重視しました。 次いで高性能だったのはeX.computerで、今回パソコン工房を抜きました。 どの辺が抜いたのかと言われると困るのですが・・・w G-Tuneは前回唯一Ryzen非対応でしたが、さすがに対応してきましね。 このRyzenというAMD製のプロセッサは割と普及しそうな雰囲気です。


【2017年5月22日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回の注目はなんと言ってもSLI仕様のパソコン工房です。 AMD搭載モデルでSLI仕様なんていつ以来でしょうか? 少なくともここ2年間ではお目にかかったことがありません。 それだけAMD搭載モデルというのは性能に制限があったわけですが、今回はその壁をぶち破ってきました。

しかし、ドスパラのGTX1080 Tiとのグラフィック性能差はさほど大きなものではなく、またSSD容量の小ささも踏まえてドスパラを上位とさせて頂きました。 パソコン工房は高速SSDのNVMeを500Gだけ採用しているのが惜しいですね。 まぁ、見方によっては工房の方が高性能かも知れません。

次いでeX.computerが3位になりましたが、唯一メモリ64GBを搭載するなど魅力的な部分もあります。 マウスコンピュータはいまだにRyzenを採用しないなど、出遅れている感じです。


【2017年3月23日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は新プロセッサRyzen 7の登場で、これまでより大幅に性能の上がったメーカーが多かったです。 また、どこもかなり性能差が接近しており、比較は非常に難しくなっていました。 まず最も高性能だったのはeX.computerとしましたが、プロセッサの性能・メモリ容量・グラフィック性能でトップなものの、SSDがノーマルタイプでNVMe搭載に劣ります。 価格的にも他の方が高いなど非常に悩みましたが、トータルでの性能ということを重視して1位にしてあります。

2位のドスパラと3位のパソコン工房も難しく、ドスパラはグラフィック性能で勝り、パソコン工房はプロセッサ性能で勝ります。 やむなくそれぞれのパーツの価格で比較しましたが、その差も5千円程度とかなり接近していました。 それでも順位付けしなくてはいけないので、僅差ですがドスパラを上位としてあります。 マウスコンピュータ以外は横並び一線と考えて良いかもしれません。 ちなみにマウスコンピュータではRyzenをいまだに取り扱っていないので、最下位となりました。


【2017年1月24日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回はずっと1位だったドスパラが遂に首位陥落となりました。 高性能なモデルが沢山ラインナップされているのですが、そのほとんどが現在在庫切れ状態でして、購入することができません。 変わって最高峰となったのはeX.computerです。 唯一グラフィックカードを搭載し、人気の最新プロセッサに大容量SSD&HDDを搭載して、満遍なくハイスペックとなっています。 ただ、ドスパラのSSD1TBx2も魅力的ですが・・・。


 

【比較】Skylake搭載で最も高性能なデスクトップPCは?「GTX1080 Tiの2枚組にNVMe SSD1TBを2基搭載したパソコン工房が最高峰!!」(~¥793800)10H,Core i9 7900X/7980XE,メモリ64G/128G,SSD500G-NVMe/512G-NVMe/1T(NVMe)/2T,HDD1T/3T,GTX1070 Ti x2 SLI/GTX1080 Ti x2 SLI/RTX2080 Ti,DVD

 各メーカーのハイスペックモデルをさらに高性能へとカスタマイズしたものを比較しています。 メモリ容量を最大まで積み込み、さらにSSDを選択、グラフィックカードも最高峰のものを搭載しているので、その性能の高さを見比べてみてください。 ストレージ容量や光学ドライブなどはパフォーマンスに影響を与えない範囲で変更し、できるだけ価格は抑えます。

【メーカー別順位推移グラフ】

※スペックがほぼ同じな場合はコストパフォーマンスの高い方を上位とします。
※2017年7月19日よりBroadwell-EからSkylake-Xへと変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i9 7980XE>Core i9 7960X≧Core i9 7940X>Core i9 7920X>Core i9 7900X>Core i7 7820X>Core i7 7800X>Core i7 7700K
・グラフィック:GTX1080 Ti SLI>GTX1080 SLI>GTX1070 Ti SLI>RTX2080 Ti>RTX2080=GTX1080 Ti>GTX1080=GTX1070 Ti>GTX1070
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
OMEN by HP DesktopHPデスクトップPC
G-Tune NEXTGEAR
ドスパラGALLERIA(フルタワー)ドスパラGALLERIA(ミドルタワー)
パソコン工房LEVEL∞(ゲームPC)
フロンティアGBシリーズ(フルタワー)


【2018年11月17日更新】

 1ヶ月半ぶり40度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。

メーカー別比較表 OS Core i9 メモリ SSD HDD グラボ SLI ドライブ 電源 価格(税・送込)
OMEN X by HP 900-290jp エクストリーム 必殺!Gaming祭! 10H 7900X 64G 512G-NVMe 3T GTX1080 Ti x2 1300W-G ¥541,080
G-Tune
MASTERPIECE i1720PA1-SP-DL
128G 512G-NVMe+2T DVD 1200W-G ¥792,072
ドスパラGALLERIA VV-X SLI 7980XE 500G-NVMe+1T GTX1070 Ti 800W-G ¥769,024
工房LEVEL-FA29-LCi9SX-XNDVI 7900X 1T-NVMex2 1T GTX1080 Ti 1350W-P ¥765,633
フロンティアFRGBX990 GBシリーズ 7980XE 1T-NVMe+1T 3T RTX2080 Ti 850W-G ¥793,800

今回は大幅に順位の変動がありました。 まずプロセッサの性能ではドスパラとフロンティアが勝り、グラフィックの性能ではHP・G-Tune・パソコン工房が勝ります。 それぞれ秀でている部分があるのでSSDの内容で順位付けしましたが、高速なNVMe SSDを1TBx2基も搭載するパソコン工房を1位としてあります。 2位にはNVMe SSD 1TBにSATA SSD 1TBを搭載するフロンティアとし、3位と4位はSSD容量の大きいG-Tuneを上位としました。 HPはメモリとSSDの容量の少なさが響いて最下位となっています。


【2018年9月19日更新】

 1ヶ月半ぶり39度目の更新です。 やっぱりややこしいのでSkylakeに戻したいと思います。 今回も前回と同様の全5メーカーです。


今回は難しかったです。 まずG-Tuneとドスパラですが、G-Tuneはグラフィック性能で勝りドスパラはプロセッサ性能で勝ります。 この性能差が判断付かないので、SSD容量の差でG-Tuneを上位としました。 次のパソコン工房とフロンティアですが、ほぼ同じ内容なので価格の安いパソコン工房を上位としてあります。 HPはメモリ容量とSSD容量の少なさが最後まで尾を引いて最下位としました。 まぁ、価格的にもそんなもんでしょ。

ちなみに最高峰のG-Tuneですが、標準で60万円近くもするのに購入確認済みのレビューが3つもありましたww いいなぁ~・・・。


 最近やっと当ブログのアクセス数が回復してきました。 7月に常時SSL化(https化)してからアクセスが急落していましたが、2ヶ月近く経ってやっと目に見える形でアクセスが上昇してきています。 しかしまだ以前の水準には戻っていないので、完全に戻るにはもうしばらくかかりそうです。 その上でGoogle先生が言う様にアクセスが上がれば御の字なのですが・・・。 SSL化時に色々トラブルがあって出費もしているので、以前以上のレベルに上がってほしいものです。


【2018年8月7日更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。 今回からSkylakeやCoffeeLakeに縛られず、全てのデスクトップの中で最も高性能なモデルをピックアップしていきたいと思います。


前回と比べて全く順位は変わりませんでした。 最も高性能なのはドスパラで、プロセッサ・グラフィック共に最高峰を実現しています。 ただし、NVMe SSDが500GBしかないのは残念なところ。 その他としては前回と同様にプロセッサ性能よりグラフィック性能を重視した順位付けとなっています。 価格についてはさほど大きな変化は見られません。


【2018年6月10日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回はHPが復活して合計5メーカーとなっております。


今回の注目は、Core i9 7980XEが採用されたドスパラとパソコン工房です。 これで7980XE搭載モデルはフロンティアも加えて3メーカーになったわけですが、一方でHPとG-TuneはGTX1080 TiのSLI仕様に対応しているなど、どちらも優れている部分があります。

そんな中、両方の特徴を兼ね備えたドスパラが文句無しの1位でしょうか。 価格も100万円に届きそうなほど高いですが。 そして気になるプロセッサとグラフィックの性能についてですが、7900Xから7980XEへは20%増、GTX1080からGTX1080 Tiへは30%増と言った感じなので、グラフィックの性能を重視しようと思いました。

と言うわけでG-Tuneが2位となりましたが、NVMe SSDの容量が少ないのが欠点です。 次いでパソコン工房、フロンティアとなりますが、この2メーカーは見方によってはG-Tuneより上位になるかもしれません。


【2018年4月21日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回はHPが無くなって合計4メーカーとなっております。


まず新グラフィックカードの「NVIDIA TITAN V」ですが、ベンチマークでのスコアは下記の様になります。

TITAN V・・・14,466
GeForce GTX 1080 Ti・・・13,953
NVIDIA TITAN X・・・13,162
GeForce GTX 1080・・・12,242
PassMark:https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=TITAN+V&id=3859https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=NVIDIA+TITAN+X&id=3554https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+GTX+1080+Ti&id=3699

単品での性能は最も高くなりますが、SLI仕様のGTX1080には劣る模様です(参考サイト)。 ただ気になるのが、パソコン工房のTITAN Vは2枚あるということ、でもSLIではない?ということ。 どこにもSLIとは書いてないんですよね・・・。 SLIじゃない2枚挿しパソコンなんて初めて見ましたが、SLIの様に性能は上がらず、それぞれ別個に働くみたいです。 今話題のマイニングに使う場合はこのようになります(参考サイト)。 ですので、パフォーマンスという観点から考えると、あまり意味は無いのかもしれません。 というわけで1枚のみ搭載のモデルで比較し直したいと思います。 ちなみにCore i9搭載でSLI仕様はありませんでした。


もう一つ難題が出てきました。 パソコン工房はフロンティアにプロセッサで劣るもののグラフィックで勝りますが、これはどちらを上にすべきなのか・・・w 価格は圧倒的にパソコン工房が上ですが、TITAN Vは価格の高さが問題視されているグラフィックカードです。 でもさすがに30万円も高いパソコン工房を下位にするのは忍びないので、管理人の独断と偏見で上位にしておきたいと思います。

というわけで、最高峰はSLI仕様のドスパラ、2位にはプロセッサ性能で劣るG-Tuneが入りましたが、SSD容量は多いのでその点は魅力です。


【2018年3月1日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


最も高性能なのはパソコン工房となりました。 プロセッサの性能は落ちてしまったのですがグラフィックがSLI仕様になり、全体のバランスが良いですね。 2位ドスパラと3位G-Tuneはグラフィック性能を重視し、4位フロンティアはプロセッサが最高レベルにもかかわらず総合的に見てこの順位としました。 OMENはメモリやSSDも他の半分以下なので最下位かなと思います。


【2018年1月10日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回は全5メーカーになっております。


今回は非常に難しかったです。 グラフィックのSLI仕様とプロセッサの7980XE搭載モデルに分かれているのですが、どちらが上なのか・・・w まず性能についてはプロセッサは7900Xから7980XEへと約20%増しと言ったところでしょうか? そしてグラフィックのGTX1080 TiはSLI仕様になると50%くらい増すので、こっちの方が体感性能は良さそうかなと判断しました。 ただ、プロセッサは10コアと16コアの違いもあるんだよなぁ・・。 価格はプロセッサの方が単品で1万円くらい高かったです。 もう完全に管理人の独断と偏見で決めております。

ちなみにHPはSLI仕様ですがメモリとSSDの容量が少ないので最下位としました。 また、G-Tuneにて珍しいSSD2TBが選択可能です。


【2017年11月18日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回は全5メーカーになっております。


ついにCore i9 7980XEが登場しましたが、今回最も高性能だったのはそれを搭載したドスパラとなりました。 同じく7980XE搭載のパソコン工房はSLI仕様ではありませんが、NVMe SSDを2基(2TB)も搭載していますので、独断と偏見で2位にしてあります。 これとG-Tuneの順位は物議を醸しそうです・・w ちなみにCPUの性能差は下記の通りです。

Intel Core i9-7980XE @ 2.60GHz・・・27,559
Intel Core i9-7960X @ 2.80GHz・・・26,183
Intel Core i9-7940X @ 3.10GHz・・・25,853
Intel Core i9-7920X @ 2.90GHz・・・23,556
Intel Core i9-7900X @ 3.30GHz・・・22,603
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3092&cmp[]=3035https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3092&cmp[]=3096https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3094&cmp[]=3096https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3094&cmp[]=3082


【2017年9月23日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回はHPとG-Tuneが追加されて、合計6メーカーとなっております。 「OMEN X by HP 900-290jp」は11月販売開始予定ですが、一足先に取り上げました。


今回はSLI仕様のグラフィックがズラッと登場して順位が全て入れ替わりましたw G-Tune・ドスパラ・パソコン工房はほぼ横一線ですが、ストレージ容量や電源の性能で順位付けしております。 最も高性能だったのはパソコン工房で、G-Tuneは電源が80PLUS GOLDしか選択出来なかった為、2位としてあります。 HPはかなり安い様な気がするのですが気のせいでしょうか・・。

ちなみにドスパラにて「Core i9 7900X」の上位版「Core i9 7920X」が選択可能でした。 しかし、コア数では勝るもののクロック周波数で劣りますし、ベンチマークでもスコアは低かったです。 登場後あまり話題になっていないみたいですし、さらに高性能な「Corei 9 7940X」の方が評判が良いみたいな話も聞きますので、取り上げるのは見合わせようと思います。

Intel Core i9-7900X @ 3.30GHz・・・22,974
Intel Core i9-7920X @ 2.90GHz・・・21,172
PassMark-CPU Benchmarks
https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3035&cmp[]=3082

Intel Core i9-7900X・・・single:6332、Multi:43814
Intel Core i9-7920X・・・single:5878、Multi:38921
Geekbench Browser
https://browser.geekbench.com/
※最高値のみピックアップ


【2017年7月19日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回からBroadwell-EからSkylake-Xへと移行したいと思います。 ただ、どのメーカーも最高のものでもCore i9 7900X搭載ですので、それ以上のものが今後販売されるかどうかについては不明です。


どこもプロセッサとグラフィックが同じなので、メモリとストレージの内容で順位付けしました。 その結果、最も高性能だったのはまさかのフロンティアとなりましたw と言いますか、フロンティアがこんなに早く新プロセッサに対応してきたことに驚きです。 一方でG-Tuneは相変わらずまだ対応していないみたいですが・・・。

フロンティアはSSDをたっぷり搭載しつつHDDも標準で装備しています。 他メーカーでも選択出来ますが、構成から外せないというのはちと不便ですね。 次いで高性能だったのはパソコン工房ですが、eX.computerとほとんど変わりません。 ドスパラはメモリ容量が圧倒的に少ないので最下位としました。 次回更新時には改善されていると思います。

一般向けの販売では7900Xが最上位になるのでしょうかね? Skylake-Xにはこれより更に上のプロセッサが4つもあるみたいですが・・・。 また、グラフィックも現在はまだSLI仕様が見当たりませんし、今後の成り行きに注目です。


【2017年5月20日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回は順位が大きく入れ替わりましたが、かなり主観が入ります。 まず1位はG-Tuneで文句無しだと思うのですが、2位と3位はストレージ容量で勝るドスパラとグラフィック性能で勝るeX.computerでかなり悩みました。 体感的なものはもしかしてドスパラの方が良いかもしれませんが、eX.computerはグラフィックの性能に加えてSSDもNVMeという点が気になります。 と言うわけで管理人の独断と偏見でeX.computerを譲位としました。

また、4位と5位もなかなか難しく、グラフィック性能で勝るパソコン工房に対して、フロンティアはストレージ容量が倍あります。 こちらは逆に体感的なものを重視した順位付けと言った感じでしょうか。 コストパフォーマンスはフロンティアの方が良さそうですが、より快適なパフォーマンスという点ではパソコン工房の方が上だと判断しました。

ちなみに今回、GTX1080 TiのSLI仕様が初登場です。 逆にTITAN Xは完全に取り扱いが無くなったかもしれません。


【2017年3月21日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回はついにドスパラを除いた全てのモデルが128GBメモリ搭載となりました(ドスパラもGTX1080搭載モデルでは搭載可能)。 この後はどうなるのでしょうね? 倍々で増えてるから次は256GB? てゆーか、用途あるのかな・・w また、SSDのNVMe仕様もさらに増えました(少しですが)。 そして安くて高性能なGTX1080 Tiが登場し、TITAN Xは今後取り扱いが減るかもしれませんね・・・。 ちなみに今のところはまだBroadwell-EでのSLI仕様は出てないみたいです。

最も高性能だったのはドスパラですが、グラフィック性能でG-Tuneに勝るもののメモリ容量やSSDの質では劣っています。 次いでeX.computerが続き、下位のフロンティアとパソコン工房は順位が入れ替わりました。


【2017年1月21日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回はパソコン工房が追加されて合計5メーカーになります。


今回はSSDに待望のNVMeが採用されているモデルが多々ありました。 ノートパソコンでは比較的早めに導入されてた印象ですが、デスクトップでも普及してきたのでしょうか?

今回の注目は約半年ぶりにSLI仕様となって最高峰に躍り出たG-Tuneです。 しかもハイエンドなTITAN Xを採用し、メモリは最大の128GBを搭載! SSDには1TBもの大容量でNVMeを採用するなど、隙の無い構成に仕上がっています。 G-Tuneではこの他にもGTX1080のSLI仕様モデルがMASTERPIECEに加えてNEXTGEARでもラインナップされていて、かなり充実した品揃えです。 MASTERPIECEもフルモデルチェンジされて、今注目のゲーミングブランドだと思います。

その他の順位は前回と変わりませんが、3位eX.computerと4位・5位のフロンティア・パソコン工房は順位付けに悩みました。 eX.computerはSLI仕様なのですが、他2メーカーではNVMe SSDを採用しているからです。 特にフロンティアはメモリも128GB搭載していてeX.computerと良い勝負なのですが、管理人の独断と偏見でGTX1080 SLI仕様を上位と判断しました。


【2016年11月21日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回はパソコン工房のサイトがメンテナンス中の為、1つ減って合計4メーカーとなっております。


今回はまたまた順位が大幅に変動しました。 注目は登場したばかりのハイエンドグラフィックカード「TITAN X」が、ドスパラにてSLI仕様で登場です。 ただ、唯一メモリが最大64GBという点は残念なところですが、トータルで文句無しの最高峰だと思います。 次いで高性能だったのはeX.computerですが、こちらはGTX1080のSLI仕様です。 TITAN Xにパフォーマンスでは劣りますが消費電力は低いですし、何より価格がずっと安いので現実的な選択肢という気がします。 ちなみにほぼ同額でG-Tuneが3位につけているのですが、こちらはTITAN Xのシングル搭載です。 やはりお高いみたいですね・・・。

最下位はフロンティアですが、唯一NVMe SSDを選択出来る点が魅力です。 なぜ他メーカーは選べないのでしょうかね? M.2 SSDもあまり見当たりませんでした。


【2016年10月18日追記】

 マウスにて新グラフィックカードの「GTX TITAN X」搭載モデルが登場しました。 Broadwell-E搭載モデルではクリエイター向けのDAIVブランドに投入され、その他にもG-TuneのHaswell-E搭載モデルにラインナップされています。 このグラボは「NVIDIA GeForce GTX TITAN X」の新モデルでして、名称が「NVIDIA TITAN X」へと省略されました。 気になる性能は、今人気絶頂の「GTX1080」を20~30%ほど引き離し、旧タイプの「NVIDIA GeForce GTX TITAN X」に50~60%程度の差をつけます。 しかし消費電力は高く、「GTX1080」に大きく劣り、「NVIDIA GeForce GTX TITAN X」よりも若干高いです。 さらに価格も高いのですが、なんと現時点で「GTX1080」を2枚購入できてしまうという現状は厳しすぎますw そこまでして3D性能だけを追求される方は・・・いるんだろうなぁ(羨望) ベンチマークなど詳しい情報は下記サイトにてご確認下さい。 もう少し搭載モデルが出てきたら専用コンテンツも作りたいと思っています。

ITmedia PC USER
「GP102コアのフラグシップGPU,その圧倒的な性能に迫る」NVIDIA TITAN X(サードウェーブデジノス GALLERIA ZK)
http://www.4gamer.net/games/204/G020420/20161013136/

マウスDAIV-DGX700U4-SP2
 10H,Core i7 6950X,64G,SSD480G,HDD3T,NVIDIA TITAN X,700W-B,¥519800

G-Tune NEXTGEAR i650PA7-SP5
 10H,Core i7 6700K,32G,SSD480G,HDD3T,NVIDIA TITAN X,DVD,700W-B,¥329800

【比較】Core i7 8700にGTX1060を組み合わせたモデルはどこがお薦め?「クリスマスセールのフロンティアが激安!!」(¥134956~)10H,Core i7 8700,メモリ16G,SSD240G/320G,HDD1T,GTX1060,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ16GB・SSD&HDD・GTX1060 3GB(無い場合は6GB)を基本構成とします。
※2018/7/5よりCore i7 7700から8700に変更しました。
※2017/10/24よりメモリ8GBから16GBに変更しました。
※2017/2/22よりCore i7 6700から7700に変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i7 8700>Core i7 7700K>Core i7 7700
・グラフィック:TITAN X>GTX1080>>GTX1070≧GTX TITAN X>GTX980 Ti>GTX980=GTX1060>GTX TITAN Black>GTX TITAN
PASSMARKGeekbench BrowserGPUBoss4Gamer.netドスパラ・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスLUV MACHINES
ドスパラGALLERIAドスパラMagnate・Knight・Lightning・Regulus(ミニタワーパソコン)
パソコン工房デスクトップPCパソコン工房LEVEL∞シリーズ
フロンティアGXシリーズ(マイクロタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み
フロンティアFRGAH370/WS9 GAシリーズ クリスマスセール
 10H,Core i7 8700,メモリ16G,SSD240G,HDD1T,GTX1060,600W-B,¥132624,2018/11/20-15:00迄


【2018年10月23日更新】

 2ヶ月ぶり16度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
マウスLUV MACHINES iG700X3N-SH2 10H 8700 16G 240G 1T GTX1060 DVD 500W-B ¥160,272
ドスパラMagnate XJ ¥161,654
工房STYLE-M1B6-i7-RNJ ¥148,975
フロンティアFRGAH370/WS8 GAシリーズ 台数限定セール 320G 600W-B ¥140,184

最も安いのはフロンティアとなりました。 唯一勝負できそうなのはパソコン工房くらいですが、それでも8千円以上の価格差がついていますし、SSD容量や電源容量が多くてコストパフォーマンスも高いです。 こちらは台数限定セールの特価モデルになりますが、残り3台ですのでお求めはお早めに。 ちなみに標準ではDVDドライブ非搭載なので、不要な方は更に安く手に入れることもできます。


 最近新たなコンテンツを立て続けに作成していますが、昨日はさらに「外為PC」を取り上げました。 パソコン工房で取り扱っているモデルでして、これから外国為替に挑戦しようと思われている方にお勧めです。 標準で必要な性能が整っていますし、FXに便利なマルチディスプレイ環境を整えることもできます。 FXでなくてもマルチディスプレイは便利なので、そちらに興味のある方にも向いています。 ちなみにFX業者のレビューも現在集めておりますので、そちらも良かったら参考にしてください。 新コンテンツの作成はこれにて一旦終了しようと思います。


【2018年8月30日更新】

 2ヶ月ぶり15度目の更新です。 今回はHPが無くなって合計4メーカーとなっております。 HPは新モデルになって構成が変わったので、しばらくこちらには出てきそうにありません。


今回最も安かったのはフロンティアとなりました。 その安さはまさに圧倒的でして、他メーカーを13000円以上も引き離しています。 スペックはほぼ同じでフロンティアのみ電源の容量がやや大きいですが、もうコレ一択でしょう。 キャンペーンの特価モデルなので期間限定・台数限定となっています。


 オリンピックへの参加が取りざたされるなど話題のeスポーツですが、八百長の存在がその成長を阻害する可能性があるのだそうです。 どんなスポーツにも八百長はありますが、特にeスポーツはその特殊性から八百長しやすい素地があるとかないとか・・。 まぁ、新しいものですし、現時点では穴だらけなのは疑いようがありません。 既に氾濫していると聞きますし、これから更なる普及・成長を考えるなら、ルール作りやゲーマーの意識改革が求められそうです。

漫画でもありましたけど、運営側が操作しやすいというのはeスポーツならではかもしれません。 もちろん他スポーツにも買収審判問題がありますが、それよりも遥かに容易かつ正確に八百長が行われかねないです。 さらにゲームに負けて暴力事件を犯すなんて話も聞きますし、ゲーム脳の問題も気になります。 凄く可能性を感じる世界ではありますが、その分課題も多そうですね。


【2018年7月5日更新】

 2ヶ月ぶり14度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。


今回よりプロセッサをCore i7 7700からCore i7 8700へと変更したいと思います。 ただHPはまだ対応していないので7700で代替しました。

最も安いのはそのHPですが、2位のフロンティアと約千円差です。 フロンティアはSSD・HDD・電源の容量が大きく、プロセッサも最新タイプなので、こちらの方が断然お買い得だと思います。 現在実施中のキャンペーンモデルでして、在庫は13台となっているのでお早めに。


【2018年5月17日更新】

 2ヶ月ぶり13度目の更新です。 今回はフロンティアが復活して、合計5メーカーとなっております。


復活したフロンティアですが、大幅に値上げされて、2位のドスパラとたったの千円差まで迫っております。 ただ、内容としてはSSDと電源の容量が多いので、まだフロンティアが一歩リードと言ったところでしょうか。

最近ドスパラは調子良さそうですが、既にこの組み合わせのモデルはラインナップから消えており、上記モデルは検索で探したミドルタワーになります。 結構大きいのでご注意下さい(メンテはし易いです)。


【2018年3月28日更新】

 2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回はフロンティアが無くなって合計4メーカーとなっております。


今回は低価格モデルが揃って若干値上げされました。 最も安いのは今回もHPでして、HDD容量も大きくて魅力的な内容となっています。 ただし、電源の容量は少なめですので、購入後の増設などを考えている方は注意が必要です。 次いで安いのはドスパラですが、こちらも電源がノーマルタイプなところは知っておいた方が良いと思います。


【2018年2月5日更新】

 2ヶ月ぶり11度目の更新です。 今回も全5メーカーなっております。


今回の注目はキャンペーンモデルで大幅値下げとなったフロンティアです。 他メーカーと比べて非常に価格差が大きく、ダントツの安さを実現しています。 電源の容量がやや大きいところも特徴です。 残り15台となっているのでお早めに。


【2017年12月18日更新】

 2ヶ月ぶり10度目の更新です。 今回は全5メーカーなっております。


なんだか価格の上昇が目立ちますが、Core i7 7700の取り扱いが減ってきており、Core i7 8700への移行が進み始めた模様です。 価格的にも良さそうなので、次回更新時は当コンテンツも対象プロセッサを変更するかもしれません。

最も安いのはHPでして、激安のフロンティアを2376円ほど上回る安さです。 あと意外にもドスパラが安いですね。 この3メーカーが特にお買い得となっています。

気になるので試しに8700もチェックしてみました。


まだこの構成が選択出来ないところもありますし、価格の高いところも目立ちますが、唯一パソコン工房だけは非常に魅力的な価格帯となっています。 それでも7700搭載モデルの最安と比べて高いのですが、性能差を考えると十分検討の余地はあるのではないでしょうか? 下記、ご参考までに。

Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz 6コア・・・15,444
Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz 4コア・・・12,097
Intel Core i7-7700 @ 3.60GHz 4コア・・・10,806
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3099&cmp[]=2905https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3099&cmp[]=2874


【2017年10月24日更新】

 2ヶ月ぶり9度目の更新です。 今回は全5メーカーなっております。 また、メモリ16GB搭載が多いので、今回より16GBを基本構成にしました。


最も安かったのはフロンティアとなりました。 スペックを合わせたところ、ドスパラがかなり上昇してしまいましたね・・。 でもこの方が比較しやすいですし、正しいお得度が理解できると思います。

フロンティアは現在実施中の台数限定セールモデルでして、残り5台となっているのでお早めに。 でも他にも似たような構成でお買い得なモデルが多々ありました。 ちなみにHPのOS「Windows 10 Pro」とパソコン工房のCPU「Core i7 7700K」は無償アップグレードです。


【2017年8月27日更新】

 2ヶ月ぶり8度目の更新です。 今回はHPが追加されて、合計6メーカーとなっております。


今回最も安かったのはドスパラとなりました。 しかし、たった約5百円差で2位につけるフロンティアの方がメモリ・SSD・HDD・電源・と全て容量で勝るので、こちらの方がずっとお買い得です。 現在実施中のキャンペーンモデルで残り16台となっているので、お求めの方は在庫切れにご注意下さい。

そして新たに追加された「HP Pavilion Power 580」ですが、今期から登場した新モデルでして、ゲームや動画編集なども可能とするハイパフォーマンス・デスクトップです。 黒一色のボディに緑色のロゴ等が光っているので、一見するとゲーミングPCの様な外観ですが、こちらはスタンダードPCになりゲーミングPCは別に「OMENシリーズ」があります。 USBは3.0も用意されていますが全部で6つと数は少なめです。 最大の特徴はやはりその性能の高さでして、普段使いでワンランク上の性能を求める方に向いていますし、HPならではの信頼性の高さも魅力のひとつかと思います。

・追記
 同じフロンティアの半期決算月末祭にもっと安いモデルがありましたw 性能は比較のものより劣りますが、価格はさらに1万円も安いです。 価格を重視される方はそちらも要チェック! ちなみに同じスペックにしたらこちらの方が2千円ほど安かったです。 こっちを「目玉商品」にすれば良いのにと思いましたが、あちらには先着10名「WPS Officeプリインストールライセンスカード」プレゼントが付いているなどの特典もあります(残り6名)。


【2017年6月22日更新】

 2ヶ月ぶり7度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回は多数のメーカーが値下げされています。 その中で最も安かったのは今回もeX.computerとなりました。 しかし2位フロンティアとの価格差は3千円程度ですし、内容を見るとメモリとSSDが倍あるので、そちらの方がコストパフォーマンスは良さそうです。

またフロンティアは旧プロセッサ(6700K)搭載の「夏のボーナスセール」モデルも非常にお買い得でして、最安の123768円で購入することもできます。 と言うわけでフロンティアのキャンペーンモデルが要チェックです。


【2017年4月21日更新】

 2ヶ月ぶり6度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回はフロンティア以外全て値下げされました。 フロンティアは前回の激安から急激に価格が上昇してしまいましたね。 全体の半ばあたりになっています。

最も安いのは2160円ダウンのeX.computerですがSSDは半減しております。 2位には3千円差でドスパラが入り、3位に5千円差でフロンティアがきました。 フロンティアはメモリとSSD、電源の容量が多いので、コストパフォーマンス的には上位とあまり差は無いかもしれません。

【比較】Core i5にGTX1050搭載のデスクトップでお買い得は?「クリスマスセールのフロンティアが圧倒的最安!!」(¥106876~)10H,Core i5 8400/8500,8G,SSD240G/250G,HDD1T,GTX1050,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ8GB・DVDドライブを基本構成とします。
※2018/8/24より、HDDからSSD&HDDへ変更しました。
※2016/12/16より、GTX900シリーズからGTX1050へ変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i5 8500≧Core i5 8400>Core i7 7700>Core i7 6700>>Core i5 7500>Core i5 7400>Core i5 6500>Core i5 6400>Core i3 6100
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
マウスコンピューターLUV MACHINES
ドスパラGALLERIAドスパラMagnate・Knight・Lightning・Regulus(ミニタワーパソコン)
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアGA・GX・GZシリーズ(ミドルタワー)フロンティアGXシリーズ(マイクロタワー)


【最新特価パソコン情報】 ※税・送料込み
フロンティアFRMX310/WS4 MXシリーズ クリスマスセール
 10H,Core i5 8400,メモリ8G,SSD480G,GTX1050,600W-B,¥82944,2018/11/20-15:00迄


【2018年10月17日更新】

 2ヶ月ぶり17度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。

メーカー別比較表 OS Core i5 メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
マウスLUV MACHINES iG700SN 10H 8400 8G 240G 1T GTX1050 DVD 500W-B ¥113,832
ドスパラMagnate MS 8500 400W-St ¥109,058
工房STYLE-M1B6-i5-LN 8400 500W-B ¥106,876
フロンティアFRMXH310/A MXシリーズ 250G 600W-B ¥111,456

前回最安だったフロンティアがキャンペーン対象外となった為、大幅に値を上げています。 代わって最安となったのは前回と同価格のパソコン工房でして、他メーカーより数千円単位で安いです。


 光ファイバやモバイルWi-Fiを紹介するコンテンツが一応完成しました。 今後も更新を重ねていきますので、興味のある方はチェックしてみて下さい。 また現在は、新たにスマホを紹介するコンテンツも作成中です。 今更感がありますが「持ち歩ける小さなパソコン」とも言われていますし、当ブログのコンテンツとして相応しいのではないでしょうか。

近々大手のスマホ料金が大幅に値下げされると聞きますし、今後更に普及・活性化していく市場と思われます。 特に現在注目を浴びている格安スマホは、大手キャリアに負けないシェアを獲得していくかもしれません。 スマホ・携帯は戦国時代に突入しようとしていますので、当ブログのコンテンツを是非参考にして頂ければと思います。


【2018年8月24日更新】

 2ヶ月ぶり16度目の更新です。 今回からHDDにシステムドライブ用のSSDを追加した構成を比較したいと思います。 全4メーカーです。


SSDの追加によって、だいたいどこも1万円以上高くなっていますが、そんな中フロンティアのみ+5千円程度で済んでいます。 そのお陰か価格上昇幅も小さくて最安となりました。

フロンティアは他メーカーと比べてSSD容量・電源容量がやや多いところも特徴です。 その上で2位のパソコン工房と比較しても6千円安くなっているので、非常にお買い得なのではないでしょうか。 現在実施中の「台数限定セール」モデルをカスタマイズした構成ですが、残り12台となっているのでお早めに。


 ThinkPadにて驚異的な性能を備えたモバイルワークステーションの新モデル「ThinkPad P1」が登場しました。 史上最薄・最軽量を謳うモデルですが、それでいて8世代XeonやCore i9、Quadro P1000またはP2000を搭載しています。 メモリは最大128GBらしいですが、仕事用としても使う人を選びそうですねw 最安でも30万円を超えてきそうですが、公式サイトではまだ販売されておりません。 管理人とは一生縁が無さそうなモデルです・・。


【2018年6月29日更新】

 2ヶ月ぶり15度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回は全メーカーの価格が急接近しています。 94000円から97178円の間で4メーカーがひしめいておりますが、その中で最も安いのはマウスコンピュータとなりました。 ただ、一番高いドスパラはCore i5 8500を搭載していますし、3番目に安いパソコン工房はSLIVER電源を搭載しているなど、それぞれ特徴があってコスパも五分かと思います。 ただプロセッサはあまり性能差が大きくないので、気にしなくて良いのかもしれません。

Core i5 8500 6コア・・・1081
Core i5 8400 6コア・・・1046
ドスパラ調べ:https://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_intel_cpu?waad=hX0TUucV


【2018年5月11日更新】

 2ヶ月ぶり14度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回も最も安いのはフロンティアとなりました。 しかし、2位ドスパラとの価格差は2500円くらいまで縮まってきており、さらにドスパラはプロセッサがより高性能な最新タイプなので、コストパフォーマンスはこちらの方が高いのではないでしょうか? 詳しい性能差については下記の通りです。

Core i5 8500 6コア・・・1081
Core i5 8400 6コア・・・1046
Core i5 7400 4コア・・・688
ドスパラ調べ:https://www.dospara.co.jp/5info/cts_lp_intel_cpu?waad=hX0TUucV

数値はドスパラ独自の参考値となります。 倍とは言わないまでも約30%は性能アップしているのではないでしょうか。


【2018年3月21日更新】

 2ヶ月ぶり13度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回は前回最下位だったフロンティアが一気に価格を急降下させて最安となりました。 フロンティアは久々の最安ですが、キャンペーンによって非常にお買い得な内容となっています。 まず価格は他メーカーと比べて最低でも5千円以上は安いですし、さらに驚きなのが唯一SSDを搭載しているという点です! しかもよく見かける120GBではなく240GBと余裕があるので非常に魅力的なのではないでしょうか。 在庫もたっぷり30台ありますので、是非じっくり検討してみて下さい。


【2018年1月30日更新】

 2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回の注目は大幅値下げされた最安のドスパラです。 ここ半年以上、価格は微動だにしませんでしたが、ここへきて5400円ガクッと下がりました。 しかもHDD1TBが無料でプレゼントされ、コストパフォーマンスは非常に良いです。 唯一難点を上げるとしたら電源がノーマルタイプということくらいでしょうか。 浮いた予算でここを性能アップさせるのも良いですが、オプションにはPLATINUMやGOLDなどの高性能なタイプしかなく、11000円以上もするのが残念なところです。

また、パソコン工房では第8世代インテルプロセッサ搭載モデルしか見当たりませんでした。 価格的には他とあまり離れていないので、こちらも検討する価値はあるのではないでしょうか。 性能差は下記の通りです。

Intel Core i5-8400 @ 2.80GHz 6コア・・・11,740
Intel Core i7-7700 @ 3.60GHz 4コア・・・10,798
Intel Core i5-7400 @ 3.00GHz 4コア・・・7,414
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2929&cmp[]=3097

驚いたことにCore i7 7700を上回るスコアを叩き出しました。 ただ、シングルコアではCore i7 7700が勝っており、マルチコアではCore i5 8400が勝っていて、総合的にCore i5 8400が上と言った感じです。 第8世代インテルプロセッサ恐るべしですが、こういった点を考えると非常にお買い得なような気がいたします。

Core i7 7700:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=7700&sort=score
Core i5 8400:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=8400&sort=score
Geekbench 4 CPU Search


【2017年12月9日更新】

 2ヶ月ぶり11度目の更新です。 今回は全4メーカーになります。


ちょっと値上げが目立ちますね。 これまで安かった2メーカーが揃って価格上昇させてしまいました。 おそらくキャンペーンにたまたま入らなかったものと思われますが、今後復活するかどうかは不透明です。 その結果、最も安かったのはマウスコンピュータでして、ドスパラが僅差で続いております。


【2017年10月12日更新】

 2ヶ月ぶり10度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


前回最安だったパソコン工房が値上げされてしまった為、代わりにeX.computerが最安となりました。 唯一8万円台を実現していますが、スペック的にはあまり高くない印象です。 5594円差で2位につけるパソコン工房は性能が高く、コストパフォーマンス的にはこちらの方が上になりそうです。


【2017年8月18日更新】

 2ヶ月ぶり9度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回は少し価格が上下しました。 前回最安だったフロンティアが大幅な値上げとなってしまい、変わって最安になったのは前回と同構成で5400円値下げされたパソコン工房です。 千円差で首位を競うeX.computerと良い勝負をしていますが、パソコン工房の方が電源の性能が上なのでその点も含めて一歩リードしています。 ちなみにこちらは現在実施中の「夏の大感謝祭」モデルで期間限定ですのでご注意下さい。


【2017年6月16日更新】

 2ヶ月ぶり8度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回の注目は、キャンペーンモデルとなって大幅値下げされた最安のフロンティアです。 と言っても前回も同じキャンペーンのモデルでしたが、HDDが無くなりSSDのみとなって20304円も値下げされています。 仮にHDD1TBのオプションを追加しても+7800円なので、非常にお買い得となりました。

他メーカーはeX.computerが4千円差で安いですがこちらはHDDのみです。 SSDは信頼性の高い「WD GREEN SSD」の120GBが5500円から用意されているので、こちらもなかなか魅力的ではないでしょうか。


【2017年4月14日更新】

 2ヶ月ぶり7度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回最も安かったのはeX.computerとなりました。 ただ、HDD容量で電源容量は少なめなので、この点は留意する必要がありそうです。 2位にはパソコン工房が約千円差でつけていますが、こちらはHDD容量が多く電源の性能も高いなど、総合的に見た場合eX.computerよりもコストパフォーマンスが高くてお買い得だと思います。 ちなみにいつも激安なフロンティアはSSD付属になったこともあって、最も高価になってしまいました。 まぁ、こういう時もありますよね・・。


【2017年2月16日更新】

 2ヶ月ぶり6度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


最近、各モデルで値上げが続いておりますが、こちらも例外では無く、パソコン工房とフロンティア以外は7千円程度も上昇しています。 パソコン工房は前回と変わらず、フロンティアはSSDが無くなったもののプロセッサが最新のKabylakeとなって価格が6千円以上上がりました。 しかし最安はパソコン工房でして、eX.computerとフロンティアより2千円ほど安いです。 最新プロセッサを希望される場合はフロンティアがお薦めかと思います。


【2016年12月16日更新】

 2ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。 また本日より、GTX900シリーズからGTX1050へと変更したいと思います。


今回最も安いのは、久々にeX.computerとなりました。 価格差も割と大きく、2位のパソコン工房を5千円近くも引き離しています。 ただしHDD容量は少なめで電源の性能も低く、この2つをHDD1TB・400W-B電源にすると+2300円で税・送料込み83268円となります。 それでも最安ですが、さらに電源の性能を高めようとすると80PLUS SILVERがなくGOLDしかないので、性能は上がるものの価格もかなり上昇してしまいます。