中古PCの注意点


様々な問題を抱える中古パソコンですが、いくつかの注意点を抑えておけば何も恐れることはありません。
安くても良いものを、そしてできるだけ長く使う為のポイントを是非チェックしておいて下さい。


■ 保証

中古パソコンを購入する際に最も注意したいのは、やはりなんと言っても保証についてでしょう。
ほとんどの商品には保証が付いていますが、30日間や90日間など極端に短いことがほとんどです。
メーカー製の新品は通常1年間のところが多いですが、メーカー保証でも中古だとやはり1~3ヶ月程度なので、この辺が妥当なのかもしれません。

しかし、いつ壊れるか分からない代物を購入するわけですから、保証期間はできるだけ長くしたいところ。
もし延長保証サービスがあれば、予算と相談して利用を検討するのも良いと思います。
中には6ヶ月保証や一部パーツの永久保証を謳う良心的な業者もあるみたいです。


■ 経年劣化

中古で販売されているものがどれだけパーツを入れ替えているのかは当事者で無いと分かりません。
もし全く同じものを使用しているのであれば、その年数だけパソコンの劣化は進んでいることになります。
そこで一つの目安となるのが「製品の発売日」です。
当然のことながら新しいものほど値段は高くなるわけですが、それはイコール経年劣化が進んでいないということですので、良いものを購入したいと思った時はこの発売日をチェックするのも良いと思います。

ちなみに最も劣化が進むパーツは可動部品の多いハードディスク(HDD)とファンです。
電源ユニットも長年使用していると調子が悪くなると聞きます。
CPUやメモリは比較的丈夫な印象がありますが、パソコン全体としては4~5年が寿命と考えたら良いのではないでしょうか。
中古パソコンはそれを超えて使用するのが前提ですので不安は尽きませんね。
業者によってはHDDを新品にしたりSSDに交換して販売してくれるところもあるので、心配な方はそういったサービスを活用するのも良いと思います。


中古PC

スペックの選び方

お薦め中古PCショップ

中古PCに関する意識調査(アンケート)