【比較】最近の10.1型/11.6型ノートはどんな感じ?「HP Stream 11と東芝dynabook KZ11が値下げで過去最安!!」(¥29700~)10H/10P,Celeron N4020/N4100・Core i5 8200Y,メモリ4G/8G,SSD128G/256G,eMMC64G,10.1型(WUXGA)タッチ/11.6型,質量0.775kg~1.2kg,バッテリ7.5時間~16時間駆動

【メーカー別価格推移グラフ】

【メーカー別駆動時間&質量グラフ】

※()内の数字はJEITAバッテリ動作時間測定法のバージョンです。 (?)はその他になります。


【性能比較】
・CPU:Core i7 8550U>Core i5 8250U>Core i5 8200Y>Celeron 3865U>Celeron N4100>Celeron N4020>Celeron N3160>Celeron N4000>Celeron N3060
PASSMARKGeekbench BrowserGPUBoss4Gamer.netドスパラ・その他で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPC
マウスコンピュータm-Book
パソコン工房ノートPC
NEC LAVIE Direct NMシリーズ
VAIO S11
Let’snote RZシリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※送料込み


【2021年1月13日更新】

 2ヶ月ぶり57度目の更新です。 今回はNECが無くなって、合計4メーカーとなっております。 NECの子供向けモデルはまだ発売されてから間もないですが、まさかこのまま無くなるのではないでしょうかね? だとしたら残念です・・。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD 液晶 バッテリ 質量 価格(税・送込)
HP Stream 11-ak0009TU エントリーモデルG2 2台目やサブマシンとしても最適の1台!キャンペーン 10H Celeron N4020 4G eMMC64G 11.6 13.5時間-? 1kg ¥29,700
マウスmouse C1-E Celeron N4100 128G 7.5時間-2 1.2kg ¥41,580
東芝dynabook KZ11/P・Office付き・会員価格 10P Celeron N4020 8G 10.1-T 16時間-2 1.18kg ¥65,780
Let’snote RZ8・CF-RZ8ARAQP Core i5 8200Y 256G 10.1WUXGA-T 11時間-2 0.775kg ¥245,300

今回はHPが3300円値下げされて、過去最安となりました。 旧モデルで同価格になったことはありますが、新モデルでは最安値になります。 おそらくコレが底値になるのかなと思いますので、ご希望の方は是非この機会に。

また、東芝も5500円値下げされました。 東芝は出たばかりの新モデルですが、当初と比べて1万円近く値下がりしています。 他メーカーと比べてやや価格は高いですが、SSDやタッチパネルを搭載しつつサイズはワンサイズ小さく、それでいてバッテリ駆動時間は最長と使いやすそうです。 また、Officeを搭載していますが、コレ無しで価格を下げたモデルも欲しいですね。 量販店モデルで無いかな・・と探してみましたが、量販店モデル自体が見つかりませんでした。


【2020年11月7日更新】

 2ヶ月ぶり56度目の更新です。 今回はHPが追加されて、合計5メーカーとなっております。


久々復活のHP Stream 11ですが、早くも一時取扱停止となり購入できなくなってしまいましたw 一応、年内お届け予定らしいですが・・。 内容はプロセッサが変更された以外、あまり変化は見られません。 相変わらず激安で、スタイリッシュなボディのモバイルノートPCとなっています。 ライトな使用のセカンドPCとして最適なのではないでしょうか。


【2020年9月5日更新】

2ヶ月ぶり55度目の更新です。 今回は東芝とNECが追加されて合計4メーカーとなっております。


まず最安のマウスコンピュータですが、前回と同構成で5500円値下げされています。 もう少しで3万円台にいきそうですが、スペックもなかなかですし、魅力的なモバイルです。

そして新たに追加された「東芝dynabook KZ11/P」は分離型の2in1モバイルになります。 しかもコレ、キッズ用パソコンとして位置づけられており、プログラミング教育必修化に向けて先生の声から生まれた学習用PCなのだそうです。 他メーカーの子供向けは可愛らしいものが多いですが、こちらはシンプルな外観となっています。

8GBメモリやSSDを搭載していますが、プロセッサの性能はさほど高くありません。 しかし16時間駆動というのは素晴らしいですね。 時間を忘れて使い続けることができそうです。

Intel Celeron N4100 @ 1.10GHz(4コア)・・・2,322
Intel Celeron N4020 @ 1.10GHz(2コア)・・・1,719
Intel Celeron N4000 @ 1.10GHz(2コア)・・・1,447
プロセッサベンチマーク

もう一つの新モデル「NEC LAVIE Direct FM」ですが、こちらも子供向けの2in1モバイルPCになります。 プロセッサの性能は高いですが、メモリ・ストレージが低性能なのが気になりますね。 まぁ、用途を考えると十分なのかなとは思いますが。 デザインはとても可愛らしくて、子供が安心してプログラミングやPCを楽しめるアプリが満載です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ASUS、Core i5+GeForce搭載で6画面出力をサポートしたコンパクトデスクトップPC
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2009/04/news097.html

こんなに小さいのに6画面出力とは凄いですね。
上段と下段に分かれますが、足してもさほど大きくなりません。
縦置きも出来ますし、液晶裏に貼り付けることも可能です。

下段のグラフィックスモジュールにはGTX1650を搭載し、上段のベースユニットと合わせてDisplayPort x3、HDMI x2、DVIを備えています。
こういうのってどれだけの解像度の液晶を快適に見ることができるのでしょうかね?
さすがに4K6枚とか無理でしょうし・・。

しかし小さくて高性能なPCは魅力的でして、管理人も次のPCはこういったコンパクトなものが欲しいと思っていました。
でもUSBは7個とやや少なめですし、静音性も気になるところです。
また、Core i7や16GBメモリ、SSD1TBといったよりハイスペック構成を希望したいので、さらにハイスペックなモデルが欲しいですね。
価格が分からないのが残念、9/11発売予定です。


【2020年7月14日更新】

2ヶ月ぶり54度目の更新です。 今回はHPが無くなったもののLet’snoteが復活して、合計2メーカーとなっております。


マウスコンピュータがスペックダウンで価格も下がり、購入し易くなりました。 Let’snoteは変わらずですね。 相変わらず高価です。 最近取り扱いが激減していますが、コロナの影響と思われますので、コンテンツの継続可否については、もうしばらく様子を見ようと思います。


【2020年5月12日更新】

2ヶ月ぶり53度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが復活して合計2メーカーとなっております。


復活したマウスコンピュータですが、メモリ倍増にストレージがSSDになり、尚且つ容量が4倍増となりました。 価格は5500円アップですが、バッテリ駆動時間もやや延びていますし、コストパフォーマンスは上がったのではないでしょうか。 価格はHPの倍ありますが、より性能を求める方にはオススメです。


【2020年3月13日更新】

2ヶ月ぶり52度目の更新です。 今回はVAIOが無くなりLet’snoteも在庫切れとなって、ついにHPのみとなってしまいました。 HPも出たばかりの新モデルですし、11.6型はもはや絶滅の危機に瀕している模様です。


「HP Stream 11-ak0000」ですが、まずOSがWindows 10のSモードになります。 これはOSの機能が限定されたものでして、それにより動作スピードのアップやセキュリティの強化、また不具合リスクの軽減などのメリットがあります。 その代わりMicrosoft Storeのアプリしか使えないというデメリットがあるので、購入前にはよく検討した方が良さそうです。


【2020年1月16日更新】

2ヶ月ぶり51度目の更新です。 今回はHPとパソコン工房が無くなったもののLet’snoteが追加されて合計3メーカーとなっております。 ただし、VAIOは低スペックなオプションが「入荷終了」となっているので、記載のスペック以上のものしか購入できません。


残念ながら値上げされたところしかありませんでした。 取り扱いも徐々に減ってきていますし、11.6型以下のノートPCはなんとも寂しい現状です。 でも10万円以下、10万円台、20万円台と各レベルのモデルが取り揃えられているのは有り難いですね。


【2019年11月19日更新】

2ヶ月ぶり50度目の更新です。 今回はパソコン工房が約10ヶ月ぶりに復活したものの、Let’snoteが全モデル「在庫切れ」となってしまったので、合計4メーカーとなっております。 また、HPも相変わらず下記モデル以外は「完売御礼」となっていて、下記モデルも「一時取扱い停止」状態です。 さらにVAIOもCore i7以外は「入荷終了」となっており、繁忙期の年末にもかかわらず、どこもかしこも品薄または品切れとなっています。


最も安いのは今回もマウスコンピュータですが、パソコン工房の復活によって良きライバルと最安を競っています。 パソコン工房はマウスコンピュータより4598円高いですが、SSD容量が4倍の240GBもあるのでスピードだけでなく容量もある程度はまかなえます。

VAIOはCore i5からCore i7に変わりましたが、価格は2296円しか上がっていないので、コストパフォーマンスは向上しているのかもしれません。


【2019年9月26日更新】

2ヶ月ぶり49度目の更新です。 今回はマウスコンピュータとVAIOが復活して合計4メーカーとなっております。


マウスコンピュータは約1年ぶりの復活ですが、相変わらず安くて最安値を実現しています。 若干安くなっていますが、1年ぶりなのにスペックが全く変わっていないというのが凄いですねw 価格を抑えたい方にオススメです。

HPに関しては完売続出で上記オフィスモデルしか残っていませんでした。 しかも一時販売停止中です。 VAIOもCore i5搭載モデルは入荷待ち状態でして、さらに安いCeleron搭載モデルなどに関しては再販されるかどうかは不明です。

Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz(4コア)・・・7,685
AMD Ryzen 3 3300U @ 2.10GHz(4コア)・・・5,103
Intel Core i5-8200Y @ 1.30GHz(2コア)・・・4,206
Intel Core i3-6100U @ 2.30GHz(2コア)・・・3,603
プロセッサベンチマーク


【2019年8月4日更新】

2ヶ月ぶり48度目の更新です。 今回はVAIOが無くなって合計2メーカーとなっております。


今回もほとんど変化は見られませんでした。 取り扱いはドンドン減っていくし、不況なんだなというのを身に染みて実感しています。 自分の努力不足もありますが、ブログへのアクセスもかなり減ってきましたね。 10月の消費増税でどうなることやら・・。


【2019年6月13日更新】

2ヶ月ぶり47度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーとなっております。


今回はVAIOが値上げされた以外、ほとんど変化はありませんでした。 最も安いのは今回もHPですが、残念ながら現在「一時取り扱い停止」中となっていて、全モデルが購入できない状態です。


【2019年4月23日更新】

2ヶ月ぶり46度目の更新です。 11.6型の取り扱いが減ってきたので、今回から10.1型も比較に加えたいと思います。 Let’snoteが追加されて、合計3メーカーとなっております。


まず既存の2メーカーですが、前回大幅に上げた価格を戻してきました。 むしろ更に値を下げていますが、買いやすくなってホッと一安心です。 HPは前々回と比べて約千円ダウンし、VAIOは1万円ダウンしていますね。 共にスペックは変わっておりません(前々回比)。

そして新たに追加されたLet’snoteですが、こちらはビジネス向けのハイスペックモバイルということで、非常に高価となっております。 まぁ、いつものLet’snoteと言った感じなので驚きませんが、質量は軽いもののバッテリ駆動時間がやや少なめなのが残念なところです。 しかし2in1なので様々な使い方が出来ますし、豊富なインターフェイスや高い堅牢性も備えるなど、至れり尽くせりな内容となっています。 無骨なデザインが多いLet’snoteの中では見た目もなかなかお洒落なのではないでしょうか。


【2019年3月2日更新】

2ヶ月ぶり45度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなって、合計2メーカーとなっております。


11.6型はどんどん取り扱いが減っていますが、残る2メーカーも購入可能なモデルやスペックが少なくなってきています。 よって価格が上昇してしまいましたが、次回更新時にはこれらも残っているかどうか・・・。 11.6型をご希望の方はお急ぎ下さい。

ちなみにVAIO S11は高性能モデルということで、バッテリ駆動時間と質量が微妙に変化しております。


 

【比較】各メーカーのAndroidタブレットってどんな感じ?「性能アップも価格はダウン?」(¥25704~)Android6.0/7.1/8.1,APQ8017/8053・Snapdragon450,メモリ2G/3G,ストレージ:16G,タッチパネル:8型(WUXGA)/10.1型WUXGA,質量:0.321kg~0.48kg,バッテリ駆動:7時間~8時間


⇒ Windowsタブレット     ⇒ Androidタブレット


【メーカー別価格推移グラフ】

【メーカー別駆動時間&質量グラフ】

※()内の数字はJEITAバッテリ動作時間測定法のバージョンです。 (?)はその他になります。


【お薦めパソコンレビュー】
ドスパラDiginnos DG(タブレット)
NEC LAVIE Tab E ※管理人レビュー


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2020年12月9日更新】

 2年ぶり23度目の更新です。 特に新しいモデルが出たというような話は聞いたことが無いので、おそらく前回同様NECだけでしょうが、とりあえず久々にチェックしたいと思います。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ ストレージ 液晶 バッテリ 質量 価格(税・送込)
NEC LAVIE Tab E・7型 A9.0 MediaTek MT8321 2G 32G 7-T 9.7時間-? 0.236kg ¥19,580
NEC LAVIE Tab E・8型 MediaTek Helio A22 16G 8-T 14時間-? 0.305kg ¥21,780
NEC LAVIE Tab E・10.3型 MediaTek Helio P22T 4G 64G 10.1WUXGA-T 11時間-? 0.46kg ¥37,180

主なラインナップはさほど変わらず、7型も出たり消えたりしてたので、格別新しいものではありません。 主な変更点としてはストレージ容量が大幅にアップしたことと、バッテリ駆動時間がかなり長くなったことでしょうか。 上記は各シリーズの最安モデルを取り上げていますが、それでも結構な性能アップが感じられました。 あと質量も若干下がってますね。

気になるプロセッサの性能については、Antutuベンチマークで旧モデル(8型)のAPQ8017が36131、新モデルのMediaTek MT8321が47125(軽量版で測定)とそこそこ上がって?います。 ちなみに管理人が使用している「LAVIE Tab E TE508/BAW PC-TE508BAW」のMT8161が27605なので、個人的には性能大幅アップで快適なのかなと思います。 ただ、MT8321は2020年モデルとしてはかなり遅いらしいです。 ちなみに8型最上位のMediaTek Helio P22TはAntutu総合で96000くらい出ているらしいので、こちらの方が安心かもしれません。

MediaTek Helio P22T・・・96000
MediaTek Helio A22・・・62313
APQ8053・・・61565
APQ8017・・・36131
MediaTek MT8321・・・47125 ※軽量版で測定
MT8161・・・27605

現在管理人は一番性能の低いプロセッサを搭載したNECタブレットを使用していますが、日々動作の遅さに苦労しています。 ただ、毎回使い道はAmazonプライムの動画のみと決めているので、さほど困ることはありません。 色んなサイトにアクセスしたり、色んなアプリを立ち上げたりすると、一気に動作は重くなり、普段の使用に耐えうるレベルではなさそうです。 プロセッサ性能は重要です。

ちなみに各モデル性能はアップしていますが、価格はさほど上がっていませんね。 と言いますか、8型なんて下がってるし・・。 ただ、ストレージ容量は少ない方なので、この点はよく考えた方が良さそうです。


【2018年12月11日更新】

 7ヶ月ぶり22度目の更新です。 今回も前回と同様の全1メーカー3モデルとなっています。


Tab Eの7型と10.1型に新モデルが出ていました。 しかし7型の方は現在品切れ中ですので、直販店では購入できません。 量販店で買うことはできるのではないでしょうか。

Tab Eの10.1型ですが、まずプロセッサが話題のSnapdragonを採用していました。 メモリが1GB減った為か、価格は4千円ほど下がっています。 メモリ容量を重視される場合は、まだ旧モデルも販売中ですのでそちらがオススメです。 ちなみに旧モデルのバッテリ駆動時間はWeb閲覧時が8.8時間でビデオ再生時が9.3時間と、ビデオ再生時の方が長いのですが、これはどういうことなのでしょうかね・・・?

他メーカーでは全くAndroidタブレット復活の兆しはありません。 何故かフロンティアで他社製のタブレットを扱っていましたが・・。 lenovoにもありますが、色々と不安なので取り上げるのはやめておきます。


【2018年5月7日更新】

 2ヶ月半ぶり21度目の更新です。 今回も前回と同様の全1メーカー3モデルとなっています。


メーカー・モデル・スペック・価格、全てまったく変化ありませんでしたw やはり更新する意味は無いのかもしれません。 今後他メーカーが復活する可能性も薄そうですし、あってもNECの新モデルくらいですかね? と言うわけで、新モデルが出るまで当コンテンツの更新は一時休止したいと思います。 有り難う御座いました。


【2018年3月16日更新】

 2ヶ月半ぶり20度目の更新です。 今回はドスパラが無くなって、ついにNECのみとなってしまいました。 タブレットとしてのAndroidはもはや完全に廃れていく方向に入ったと思われます。 今後はスマホ専用OSとして生き残っていくのではないでしょうか。

管理人が初めて買って今も愛用しているタブレットがNECのAndroid搭載モデルなのですが、なんだか色々と複雑な気分ですw でもAndroidが触れたのは良かったかな・・。 残念ですが当コンテンツは本日をもって更新を終了したいと思います。 ※人気があるので、やはりもうしばらく更新を続けたいと思います。


一番高価で一番大画面な「NEC Tab E」の10.1型が3240円値下げされました。 なかなか値下げされないシリーズなので購入希望の方はチャンスです。 やや重いですが大画面と高画質を求める方にお勧め。


【2018年1月25日更新】

 2ヶ月半ぶり19度目の更新です。 今回はNECが1モデル品切れとなって合計2メーカー4デルとなっております。


今回の注目は前回新登場したばかりの「ドスパラDiginnos Tablet DG-A97QT」です。 なんと前回に比べて9820円も値下げされました! 元から価格の安いタブレットでここまで大幅値下げされるのは珍しいですし、ドスパラとしてもあまり無いような気がします。 ただ、これまで2万円ジャストの価格帯が多かったので、それに近づいた感じですかね。 これにより全体の中でも最安値となりました。


【2017年11月16日更新】

 2ヶ月半ぶり18度目の更新です。 今回はドスパラが新たに追加されて、合計2メーカー5モデルとなっております。


NECはまったく変化ありませんでしたが、新たに登場したドスパラは性能が高く、液晶も9.7型QXGAを採用するなどひときわ目立つ内容です。 QXGA(Quad-XGA)なんてあまり耳にしませんが、かなり解像度は高く、2048×1536ドットはWQHD(2560×1440)に匹敵するレベルでしょうか? メモリ容量やストレージ容量も最も大きいですが、質量の最も重いのが難点です。


【2017年9月20日更新】

 2ヶ月半ぶり17度目の更新です。 本日からAndroidタブレットは10型以上も含めて全てこちらで取り上げていきたいと思います。


上位2モデルは新モデルになった為か値上げが目立ちますが、スペックアップもなされている模様です。 最も安いのは7型のEシリーズでして、相変わらず2万円台を切る安さを実現しています。

管理人はEシリーズの8型を10ヶ月ほど使用していますが、とても便利でもう手放せません。 夜はベッドの中で動画を見たりアマゾンのプライムミュージック(聞き放題)でジャズを聞きながら寝たりしています。 また、エアロバイクで運動をする時は前のパネルにタブレットを引っかけて、音楽やミュージックビデオを見たり映画を見たりしながらするのであっと言う間に時間が過ぎて楽です。

困ったことと言えばボリュームボタンが押す場所によって反応しないことぐらいですかね。 不具合ではないみたいですが、真ん中寄りではなく端っこの方を押さないとダメです。 買って良かったですが、より安全かつ使いやすくする為にはカバーは必須だなと思いました。 ちなみに管理人が買ったのはコレの色違い。 ちと堅いですがその分丈夫です。


【2017年7月15日更新】

 2ヶ月半ぶり16度目の更新です。 今回は「NEC LAVIE Direct Tab E」の2モデルが復活して、合計2メーカー10モデルとなっております。 また、ASUSは若干モデルの入れ替えがあった模様です。


今回は珍しく値上げされた機種が多かったです。 一方値下げされたものもいくつかありまして、例えば復活した「NEC LAVIE Direct Tab E」の7型は約2千円ダウンで、ついに2万円を切りました。 最も軽くてモビリティもなかなかの魅力的なモデルです。 同じ機種の8型を持っていますが、初心者に最適で日々なんの不満もなく使いこなしています。


【2017年5月16日更新】

 2ヶ月半ぶり15度目の更新です。 今回はNEC LAVIE Direct Tab Eが2モデルとも無くなり、ASUS ZenPad 7.0 Z370Cが追加されて、合計2メーカー8モデルとなっております。


今回の注目は、新たに会員クーポンが摘要されたASUSの3モデルです。 ASUS ZenPad 8 Z380KLが2千円ダウン、ASUS ZenPad S 8.0 Z580CAが4384円ダウン、ASUS ZenPad3S 10 Z500Mが5184円ダウンとなっております。 さほど大きな値下げではありませんが、価格が安いのでこれだけでも非常にお得感が出てきますね。 会員クーポンはASUS Shopに会員登録してログインすることで、すぐに使うことが可能です。


【2017年3月17日更新】

 2ヶ月半ぶり14度目の更新です。 今回は「ASUS ZenPad 7.0」が無くなったものの「ASUS ZenPad3 8.0」と「ASUS ZenPad3S 10」が追加された為、前回より1モデル多い全2メーカー9モデルとなっております。 「ASUS ZenPad3S 10」は10型と思いきや9.7型でして、ギリギリこちらに入りました。


まず今回の注目は最安の「ASUS ZenPad C7.0」でして、前回と比べて3240円も値下げされました。 2万円を切る低価格モデルなので、3千円ダウンでもかなりお得度が上がった印象です。 また、高性能な「ASUS ZenPad S 8.0」も5400円値下げしました。 こちらは最安の倍高いですが、メモリ容量は4倍、ストレージは倍あり、液晶もより高精細など価格なりの性能を備えています。 プロセッサの性能差は分かりませんが・・・。

そして新たに追加された「ASUS ZenPad3S 10」ですが、やはり画面の大きさが目立ちますね。 質量も唯一0.4kg台と重いですが、その分性能は高いです。


 つい先日、iPhoneを購入しました。 初めてのスマホですが、VRというのをどうしてもやってみたくて、でも専用ゴーグルは高いのでスマホ向けのVRゴーグルを購入することに・・・。 色々試してみてましたが、正直言ってまだ早すぎたかなぁというのが率直な感想です。 確かにこれまでにないリアリティというか立体感が感じられるものの、いまいちコンテンツの出来や品揃えに不満を感じます。 画質の低いものが多いですし、今のところ「コレッ!」といった作品にはまだ出会ってないのが現状です。 専用ゴーグルならまた違ったのかなぁ・・。 安物買いの銭失いをしちゃったのかもしれませんw

でもこれを切っ掛けに光ファイバの導入へ踏み切れましたし(3D動画重いw)、4K動画だと2Dでもすごく臨場感が味わえました。 環境は色々と整ってきたので、今後「4K3D」とか出たら買って良かったと思える日が来る様な気がします。 まぁ、4K動画自体まだまだ少ないので、どちらにしろ時間がかかりそうですが・・・。


【2017年1月17日更新】

 2ヶ月半ぶり13度目の更新です。 今回はASUSの最新モデル「ASUS ZenPad3 8.0」が在庫切れとなったものの、旧モデル「ASUS ZenPad 8」が復活して、前回同様の全2メーカー8モデルとなっております。


今回は全く変動が見られませんでした。 最も安いのは「ASUS ZenPad C7.0」でして、税・送料込みで唯一の1万円台を実現しています。 しかし、全体的にはNEC・ASUS共にほぼ同レベルの価格帯です。 性能やモビリティなどでもそんなに大きな違いは無いのでしょうか?

管理人は「NEC LAVIE Tab E・8型」を使っていますが、さすがにここへきて動作の鈍さを感じます。 使い始めこそキビキビ動いていましたが、最近はちょっと遅いなという感じです。 でも、プロセッサを見てもどれが秀でているのかイマイチ分かりませんね。 ベンチマークなども見当たりませんし・・・。 ただ、ASUSのAtomは少し速そうな気もします(なんとなくw)。


【2016年11月17日更新】

 2ヶ月半ぶり12度目の更新です。 今回はドスパラが無くなったものの、NECとASUSが1モデルずつ追加されて、合計2メーカー8モデルとなっております。


まず今回追加されたNEC LAVIE Tab Eの7型モデルですが、8型よりサイズが小さい以外はハイスペックな感じです。 プロセッサの性能差については分かりかねますが、メモリが倍の2GBもあります。 また、液晶サイズが小さい為か駆動時間も1時間長く、当然のことながら質量も軽いです。 この質量の軽さは8型と比べて約0.1kgの差が開くのですが、これはちょっと羨ましいかも・・・。 管理人はつい最近同機種の8型を購入しましたが、手に持って利用することが多いので、重さが30%ほど軽くなるのは魅力的です。 でも液晶サイズがこれ以上小さくなるのはちと不便かもw 結局、どれを捨てどれを得るかという選択の問題になりそうです。

【管理人レビュー】NEC LAVIE Tab E TE508/BAW PC-TE508BAW
https://pasogohikaken.com/?page_id=29491

ちなみにASUSの方は結構機種の出入りが激しく、新機種も出ましたが、一時無くなったものがまた再登場するなどしています。 管理人も迷いましたが、やはりこのタイプはNECとASUSの独壇場ですね。 管理人は品質を重視してNECを選びましたが、ASUSも品揃えが豊富で魅力的です。 スペックも価格もそんなに変わらないですかね? あとNECのサウンド性能にも惹かれましたが、実際良い音出していると思いました。 しかし、液晶はWXGAでも満足してしまったのですが、WUXGAとかQXGAとかそんな高解像度が必要なのでしょうかね? まぁ、見てみたい気もしますがw

今回の注目は復活した「ASUS ZenPad S 8.0」でして、前々回と比べて5400円も値下げされています。 それでも3万円台と高価なタブレットですが、より性能を重視される方にお勧めです。 ちなみに激安の箱破損品アウトレットには対象モデルが一つもありませんでした。 最近品薄な感じがします。

【比較】マンガ・イラスト制作向けノートブックPC/タブレットPCはどんな感じ?「パソコン工房SENSEが3300円値下げ♪」(¥63778~)10H,Celeron 4205U/Core i7 10510U,メモリ8G/16G,SSD240G/256G-NVMe,MX250,DVD,14型フルHD/17.3型フルHD

【メーカー別価格推移グラフ】


【性能比較】
・CPU:Core i7 9750H>Core i7 8750H>Core i7 10510U>Core i7 8565U>Core i7 7700HQ≧Core i7 8550U>Core i5 8565U>Core i5 8265U>Core i3 7100U>Pentium Silver N5000>Celeron N4100>Celeron 3867U>Celeron 4205U>Atom x5-Z8350
※()内の数値はPASSMARKのスコアです。常に変動するので最新の情報はPASSMARKにてご確認ください。その他、Geekbench Browser等で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー&評判】
マウスコンピュータDAIV「イラスト/マンガ制作向けパソコン」
ドスパラraytrek「マンガ・イラスト制作用パソコン」
パソコン工房SENSE∞「マンガ・イラスト制作向け|CLIP STUDIO PAINT向けパソコン」
フロンティア「CLIP STUDIO PAINT推奨パソコン」


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2020年12月7日更新】

 2ヶ月ぶり15度目の更新です。 今回は2メーカー3モデルとなっています。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD グラ&ドラ 液晶 価格(税・送込)
マウスDAIV 4N 10H Core i7 10510U 16G 256G-NVMe MX250 14F ¥135,080
マウスDAIV 4N-ILST(ペンタブ付き) ¥179,080
工房SENSE-17FH045-C-UCSS-CSP Celeron 4205U 8G 240G DVD 17.3F ¥63,778

マウスコンピュータはペンタブ付きしか対象モデルは無かったので、前回取り上げたペンタブ無しモデルも取り上げました。 前回はマンガ制作向けとしてラインナップされていたので、性能的には問題無いはずです。 て言うか十分すぎるほどの性能ではないでしょうか? ただ、残念ながら価格は大幅に上昇しています。

付属のペンタブは「Wacom One」と呼ばれるこれからマンガ制作などを始めたいと思っている方にオススメのエントリー向けの製品です。 13.3型とそこそこの大きさで描きやすく、自然な描き味で紙とペンのように直感的に書き込めるのが特長です。

パソコン工房は前回と同構成で3300円値下げされました。


【2020年9月29日更新】

 2ヶ月ぶり14度目の更新です。 今回はパソコン工房の14型が無くなったものの、ドスパラに15.6型ノートが登場して、合計3メーカー4モデルとなっております。


今回は全メーカー値下げされました! しかも割と大きな値下げ幅でして、マウスコンピュータは前回と同構成で16500円ダウン、ドスパラのタブレットは18533円ダウン、パソコン工房の17.3型は11000円ダウンとなっています。 全て1万円以上の値下げとなっていますが、いよいよ年末商戦に向けて各社動き出したということでしょうか? マウスコンピュータは過去最安値を記録していますし、ドスパラもこの1年間で最も安くなっています。

ちなみにドスパラの「raytrek G5」は新モデルでして、最新の第10世代Core i5を装備しています。 また、高性能なグラフィックを搭載している点も特徴ですが、「GTX1650 Ti」は過去一番の高性能グラフィックではないでしょうか?(これまではGTX1650が最高) マンガ制作にこれほどの性能が必要なのかどうかは微妙なところですが、Photoshopのフィルタ処理やイラスト背景の3DCGなど、できることの幅が広がりそうです。


【2020年8月6日更新】

2ヶ月ぶり13度目の更新です。 今回はドスパラのノートブックが無くなりフロンティアも完売、パソコン工房の17.3型は「全部入り」のスターターパックのみとなりました。 合計3メーカー4モデルです。


まずパソコン工房の17.3型ですが、パソコン本体の他にWACOM製のペンタブレットが付属します。 ペンタブにはCLIP STUDIO PAINT PRO(2年ライセンス)が付いていて、ダウンロードによって使用できるのだそうです。 届いてすぐマンガ・イラスト制作を始めたい方、初心者の方にオススメですが、既にペンタブなどを持っている経験者の方には不要なオプションになります。

マウスコンピュータは前回と同構成で22000円の大幅値下げとなりました! パソコン工房の14型と内容が似ていますが、こちらはSSDの性能が高く、専用グラフィックもついています。 その分価格は16302円高いですが、よりパフォーマンスを重視される方にオススメです。

……………………………………………………………………………………….

ちなみにペンタブと言えばワコム製が定番みたいですが、実際、シェアNo.1で8割近いユーザが使用しています。 他メーカーのは無いのか探してみたところ、なんとその多くが中国製でした。 Huion・XP-PENなどがありますが、やはり安さが特徴となっています。

価格.comで人気ランキングを調べると上位はほとんどワコムですが、XP-PENが割とランクに食い込んでいました。 一方、AmazonではXP-PENやHuionがかなり人気で、ペンタブで検索するとHUIONがズラッと上位表示されています。 この辺は提携とかしているのでしょうかね? 人気自体はやはりワコムが一番ですので、初心者の方はこちらで良いのではないでしょうか。


【2020年6月8日更新】

2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカー5モデルとなっております。


最安価格は余り変わりませんが、ラインナップは割と変わりました。 まずドスパラですが、前回のCore i5搭載ゲーミングノートが無くなり、Core i7搭載のクリエイター向けになっております。 スペックはグンと上がりました。

また、パソコン工房に14型が復活していますが、こちらもCore i7に大容量メモリを搭載するなど、なかなかハイスペックな構成です。 全体的には相変わらずバラバラですので、予算や希望に合わせて選んだら良いと思います。


【2020年4月6日更新】

2ヶ月ぶり11度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカー5モデルとなっております。


今回、取り扱いメーカーやその数は変わらないのですが、内容についてはかなり変更がありました。 新たに登場したプロセッサの性能については下記の通りです。

Intel Core i7-9750H @ 2.60GHz(6コア)・・・13,562
Intel Core i7-8750H @ 2.20GHz(6コア)・・・12,479
Intel Core i7-10510U @ 1.80GHz(4コア)・・・9,638
Intel Core i7-8565U @ 1.80GHz(4コア)・・・9,063
Intel Core i5-8265U @ 1.60GHz(4コア)・・・8,135
Intel Pentium Silver N5000 @ 1.10GHz(4コア)・・・2,433
Intel Celeron 4205U @ 1.80GHz(2コア)・・・1,953
プロセッサベンチマーク

まずマウスコンピュータですが、最新のCore i7プロセッサ搭載ながらグラフィックの性能を落として過去最安となっています。 パソコン工房の17.3型は今までHD液晶でしたが、今回ついにフルHDとなりました。 価格も下がって購入し易いです。 フロンティアは前回と同構成ながら3300円の値下げです。 全体的には相変わらずバラツキのあるラインナップですが、強いて言うならSSDは必須と言ったところでしょうか(一般向けでもそうですが・・)。


【2020年2月9日更新】

2ヶ月ぶり10度目の更新です。 今回はマウスコンピュータとパソコン工房が1モデルずつ減ってしまい、合計4メーカー5モデルとなっております。


マウスコンピュータとパソコン工房の安いモデルが無くなってしまったので、全体的に価格が押し上がっております。 最も安いのはドスパラですがタブレットなので、ノートで一番安いとなると11万円台のパソコン工房になります。

マンガ制作向けパソコンもかなりハイスペック化が進んできてしまいましたね。 プロセッサはほぼCore i7のみですし、メモリも相変わらず多いです。 ストレージもSATA SSDではなく、より高速なNVMe SSD(しかも大容量!)を採用するところが増えてきましたし、専用グラフィック搭載も多くなりました。 液晶画面も大画面がほとんどですし、より快適さを求めるモデルばかりとなっております。


【2019年12月15日更新】

2ヶ月ぶり9度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカー7モデルとなっております。


今回はほとんど内容に変化が見られませんでした。 最も安いのはパソコン工房の14型でして、次いでドスパラのタブレットとなっています。 その他は全て10万円以上で、14型・15.6型・17.3型など各種取り揃えられています。

プロセッサの性能はCore i7かCeleron/Pentiumかと極端で、ミドルレンジのCore i5がひとつもありません。 メモリは8GBもしくは16GBが多く、SSDは必須となっています。 グラフィックについては比較的低性能なものが採用されている模様です。


【2019年10月20日更新】

2ヶ月ぶり8度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカー7モデルとなっております。


まずドスパラですが、タブレットが一つ無くなって、代わりに15.6型ノートブックが追加されました。 程良く高い性能で価格もお手頃となっています。 外出先でもそれなりの性能を求める方におすすめです。 重量も1.83kgと、このサイズのノートにしては軽いのではないでしょうか。

また増税によって若干値上げされているところが多いですが、フロンティアのみ2864円値下げされています。


【2019年8月28日更新】

2ヶ月ぶり7度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが1モデル追加されて更にフロンティアも復活し、合計4メーカー7モデルとなっております。


まずマウスコンピュータの14型ですが、旧プロセッサ搭載なものの新モデルみたいですね。 グラフィックには安価なMX250を採用していて、価格が上位モデルより2万円ほど安いです。 それでも16万円もしますが、これはCore i7やNVMe SSD搭載なのでやむを得ないところでしょうか。 グラフィックの性能については下記の通りです。

GeForce GTX1650・・・7,431
GeForce GTX1050 Ti・・・6,019
GeForce GTX1050・・・4,690
GeForce MX250・・・2,640
GeForce GT1030・・・2,221
グラフィックベンチマーク

GT1030よりしっかり高性能ですので、ローエンドにしてはなかなかだと思います。

そして復活したフロンティアですが、最新パーツを盛り込んだ新モデルになります。 似た内容のマウスコンピュータと比べても価格が圧倒的に安いですね♪ この辺はさすがと言ったところです。 質量は同じですが、バッテリ駆動時間について書かれていないので、短いと思った方が良いでしょう。

パソコン工房は17.3型が6480円値下げ、14型が14040円の大幅値下げとなっています!!


【2019年7月7日更新】

2ヶ月ぶり6度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが復活したもののフロンティアが無くなって、前回同様の合計3メーカー5モデルとなっております。


まず新たに登場したプロセッサの性能についてですが、下記の様になります。

Intel Core i7-9750H @ 2.60GHz(6コア)・・・13,562
Intel Core i7-8750H @ 2.20GHz(6コア)・・・12,479
Intel Core i7-8565U @ 1.80GHz(4コア)・・・9,063
Intel Pentium Silver N5000 @ 1.10GHz(4コア)・・・2,433
Intel Celeron N4100 @ 1.10GHz(4コア)・・・2,322
Intel Celeron 3867U @ 1.80GHz(2コア)・・・2,010
プロセッサベンチマーク

最新のPentiumは「Silver」と入ってますが、「Gold」が付く製品もあるのだとか。 また、このレベルのプロセッサにしては4コアというのもやや珍しいです。

復活のマウスコンピュータは価格は変わらないもののスペックはかなり変わりました。 メモリは半減したもののその他は全て性能アップしていますし、液晶サイズも大画面化しております。

ドスパラではWindowsタブレットがHomeからProへと変更されて価格が大幅にアップしていましたが、こちらは変わっていないのでお買い得です。 でも何故Proに統一したのか・・・。 また、8型が無くなって10.1型のみとなっており、性能もややアップしています。

パソコン工房は前回とほぼ変わらず、14型がやや価格上昇しただけです。 価格を抑えるならパソコン工房、性能を求めるならマウスコンピュータがオススメです。 相変わらず各メーカーのスペックはバラバラですねw


【2019年5月16日更新】

2ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが無くなって、合計3メーカー5モデルとなっております。


今回はダントツで高性能だったマウスコンピュータが無くなりました。 今後再販されるかどうかについては不明です。 その他はスペック・価格共にほとんど変化ありませんでしたが、唯一パソコン工房の14型が前回と同構成で3240円値下げされています。 「令和元年!スタートダッシュキャンペーン」ということで、50台限定のセール対象パソコンですので、ご希望の方はキャンペーン期間の5/28(火)14:00までにお買い求めください。


【2019年3月26日更新】

2ヶ月ぶり4度目の更新です。 今回はパソコン工房の17.3型が復活して、合計4メーカー6モデルとなっております。


あまり変化の少ないカテゴリですが、パソコン工房は17.3型が復活して価格を大幅に押し下げております。 それにしてもそれぞれのメーカーが取り扱う液晶サイズはバラバラですね・・。 かろうじて14型が2モデルありますが、8型から17.3型まで各種取り揃えられています。 あとは自分の好みで決めるしか無さそうですが、スペックも大きな差があるので、どれが妥当なモデルなのか決めるのは至難の業です。


【2019年2月2日更新】

2ヶ月ぶり3度目の更新です。 今回はパソコン工房の17.3型が無くなって、合計4メーカー5モデルとなっております。


今回の注目は、ドスパラにて新たに登場した10.1型タブレットです。 液晶は最も高精細なWUXGAを採用しており、付属のWACOM製デジタイザーペンで快適に創作活動が行えます。 指紋認証センサー搭載という点も嬉しいですね。 価格はお手頃ですし、利用者の感想も上々のようです。

【比較】各メーカーのWindowsタブレットってどんな感じ?「富士通-arrows Tabが3~4千円値下げ♪」(¥73800~)10P,Celeron N4000/N4020,メモリ4G,eMMC64G/128G,タッチパネル:10.1型WUXGA,質量0.59kg~0.61kg,バッテリ駆動11.5時間~13時間


⇒ Windowsタブレット    ⇒ Androidタブレット


【メーカー別価格推移グラフ】

【メーカー別駆動時間&質量グラフ】

※()内の数字はJEITAバッテリ動作時間測定法のバージョンです。 (?)はその他になります。
※キーボード付属のものは本体のみの数値を掲載しています。


【性能比較】
・CPU:Core i5 8250U>Core i5 7260U>Core i5 8200Y>Core i5-7Y54>Core m3-7Y30>Celeron N4100>Celeron N4020>Celeron 3965Y>Celeron N4000
※()内の数値はPASSMARKのスコアです。常に変動するので最新の情報はPASSMARKにてご確認ください。その他、Geekbench Browser等で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
HP SpectreHP ENVY
マウスコンピュータ・タブレットPC
ドスパラDiginnos DG(タブレット)
iiyama 10P1000-C-VGM(パソコン工房)
Thinkpadタブレット
富士通arrows Tab QHシリーズ
VAIO A12


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2020年12月4日更新】

 2ヶ月ぶり56度目の更新です。 今回は全1メーカー2モデルになります。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ ストレージ 液晶 その他 バッテリ 質量 価格(税・送込)
FMV-arrows Tab EH(EHシリーズ)・My Cloud優待クーポン 10P Celeron N4000 4G eMMC128G 10.1WUXGA-T Office H&B、キーボード、ペン 11.5時間-2 0.59kg ¥73,800
FMV-arrows Tab WQ2/E2(QHシリーズ)・My Cloud優待クーポン Celeron N4020 eMMC64G マカフィー、ペン 13時間-2 0.61kg ¥75,240

今回は富士通の2モデルともに若干値下げされました。 新モデルのEHシリーズは2980円ダウンし、QHシリーズは4378円ダウンです。 一応、ともに過去最安値となります。 すっかり廃れて取扱の少なくなったタブレットですが、管理人のようにWindows搭載のタブレットを使いたい!という方は、是非この機会に。


【2020年9月28日更新】

 2ヶ月ぶり55度目の更新です。 今回はマウスコンピュータとドスパラの1モデルが無くなったものの富士通に新モデルが追加されて、合計2メーカー3モデルとなっております。


まずドスパラですが、長い間販売されていたクリエイター向けタブレット「raytrektab」のCeleron搭載モデルが無くなってしまいました。 残すはPentium搭載モデルのみですが、こちらは1年間ほとんど変わらなかった価格が18553円の大幅値下げとなっています! おそらくこちらも近々販売終了するものと思われますので、ご希望の方は最後のチャンスをお見逃しなく。

そして新たに追加された富士通のEHシリーズですが、全体を見ても新モデルが出るのは久しぶりですね。 今注目の子供向けタブレットみたいですが、子供が雑に扱っても大丈夫なようにタフに作られている模様です。 それでいて使いやすさにもこだわっており、Officeも標準装備されていて将来的にも役立つスキルを身に付けることができます。


【2020年8月5日更新】

2ヶ月ぶり54度目の更新です。 これまで取り上げてきた「VAIO A12」ですが、今後は2in1コンテンツの方で取り上げていきたいと思います。 合計3メーカー4モデルです。


ほとんど変化ありませんでしたが、富士通のプロセッサが変わりました。 性能については下記の通りです。

Intel Pentium Silver N5000 @ 1.10GHz(4コア)・・・2,433
Intel Celeron N4100 @ 1.10GHz(4コア)・・・2,322
Intel Celeron N4020 @ 1.10GHz(2コア)・・・1,719
Intel Celeron N4000 @ 1.10GHz(2コア)・・・1,447
プロセッサベンチマーク

タブレットを販売するメーカーが少なくなってきていますが、普及率の方は上がっているのだそうです。 てっきり廃れていくものかと思っていましたが、2014年に世帯単位で16.8%だったのが2020年には22.9%まで上昇しています。 おそらく学校や会社などで活用されるシーンが増えてきたのかなと思われますが、個人的に購入する方は減少傾向にあるのかもしれません。

ちなみにスマホは現在77.6%の世帯で使われているので、それに比べるとまだ約2割と言ったところ。 パソコンも普及率77%と高いですが、保有台数は1家に1.5台程度に留まっている模様です。 スマホとパソコンは必須で余裕があればタブレットも・・と言った感じでしょうか。

スマートフォンとタブレット型端末の普及率の推移をさぐる(2020年公開版)
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20200602-00180337/

パソコンの普及率の長期推移をさぐる(2020年公開版)
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20200525-00179026/


【2020年6月6日更新】

2ヶ月ぶり53度目の更新です。 今回はHPとドスパラの1モデルが無くなり、合計4メーカー5モデルとなっております。


ドスパラはクリエイター向けの2モデルのみとなってしまいましたが、結構機種の入れ替えが激しいので、次回にはまた何か販売されているかもしれません。 このご時世なので難しいかもしれませんが・・・。

その他、特に大きな変化は無く、富士通FMVが2750円値下げされました。 表示価格はMy Cloud優待クーポン適用価格です。


【2020年4月5日更新】

2ヶ月ぶり52度目の更新です。 今回は約10ヶ月ぶりにマウスコンピュータが復活して、合計5メーカー7モデルとなっております。


今回新たにマウスコンピュータが追加されたことによって、最安のドスパラに良きライバルができました。 性能はプロセッサで勝るマウスコンピュータに分がありますが、液晶の解像度ではドスパラの方が高精細です。 バッテリ駆動時間はマウスコンピュータが長く、質量ではドスパラのが軽くなっています。 キーボード付属の分マウスコンピュータが一歩リードと思いきや、価格はドスパラの方が安いですねw ざっくり言うと、「性能で勝りキーボードも付いたマウスコンピュータ」と、「解像度が高くて価格が安いドスパラ」と言ったところでしょうか。 あとは用途と好みでお選びください。


【2020年2月8日更新】

2ヶ月ぶり51度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカー6モデルですが、一部新モデルに変更されているところもあります。


「富士通FMV-arrows Tab WQ2/E1」が新モデルになりました。 スペックは変わっていませんが、モビリティが若干ですが上がっています。 その代わり価格も少々上昇していますが。 しかし、このQHシリーズというのは息の長いシリーズですね。 価格は高めですが、その分モビリティも高くて実用的なところが魅力です。


【2019年12月14日更新】

2ヶ月ぶり50度目の更新です。 今回はドスパラのコンシューマ向けモデルが激減して1モデルのみとなりましたので、クリエイター向けのプロセッサが異なる同機種2モデルをともに取り上げます。 合計4メーカー6モデルです。


価格やスペックに大きな変動は見られませんでしたが、ドスパラの低価格モデルがこぞって無くなった為、全体の価格帯が上昇してしまっています。 また、10型未満のモデルも消えたので、より大型化している模様です。 Androidタブレットも大分前から取り扱いが激減していますが、タブレット界は大きな転換期を迎えています。

「HP Chromebook x2」は1100円ダウン、「富士通FMV-arrows Tab」は1018円ダウン、「VAIO A12」は11000円の大幅値下げとなっています。


【2019年10月19日更新】

2ヶ月ぶり49度目の更新です。 今回は「HP ENVY x2 12」と「ThinkPad X1 Tablet」が無くなり、ドスパラも「raytrektab DG-D10IWP」が在庫切れとなりましたが、同シリーズの上位モデルを取り上げてあります。 合計4メーカー7モデルです。 やはり前回の「HP ENVY x2 12」の大幅値下げは在庫処分だった模様です。


増税によって値上げばかりかと思いきや、ドスパラが思い切った大幅値下げを敢行しています!! 2~3万円という安価なタブレットの中において、3千円から最大1万円の価格ダウンは凄いのではないでしょうか? こちらも在庫処分でしょうかね? 軒並み増税前より安くなっていますが期間限定値引き(期間不明)ですので、できるだけ安いWindowsタブレットをご希望の方は是非この機会に!

ちなみにVAIOはハイスペック構成が固定となっており、価格が大幅に上昇してしまいました。


【2019年8月27日更新】

2ヶ月ぶり48度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが1モデル入荷待ち、1モデル販売終了となってひとつも取り上げられませんでした。 その代わりHPが1モデル追加されて、合計5メーカー9モデルとなっております。


まず新たに追加された「HP Chromebook x2」についてですが、こちらはクロームブックになります。 Chrome OSを搭載していますが、分離タイプでタブレットのみの使用も可能です。 価格もモビリティも中程度と言ったところでしょうか。 ストレージ容量の少なさが目立ちますので、クラウド利用を前提とした使い方になりそうです。 液晶の解像度は「2400×1600」と記載があるものの、これがなんと言う名称なのか分かりませんでしたw

また、「HP ENVY x2 12」は前回と同構成で11880円の大幅値下げとなりました!


【2019年7月6日更新】

2ヶ月ぶり47度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが1モデル追加されて、合計6メーカー10モデルとなっております。


今回は残念ながら値上げされたところが多かったです。 特にドスパラはOSが全て「Windows 10 Pro」に変わり、価格が大幅に上昇してしまいました。 また、クリエイター向けのraytrektabも一新され、より高性能で高価なモデルになっています。 上記以外にもPentium搭載モデルがラインナップされているので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

新登場の「マウスコンピュータMT-WN1004」はより高性能で大画面のモデルです。 キーボードとカバーが一体となった着脱式キーボードが標準で付属し、価格も3万円台とお手頃になっています。


【2019年5月15日更新】

2ヶ月ぶり46度目の更新です。 「HP Spectre Folio 13」はモバイルPCだったので比較からは除外しました。 また、マウスコンピュータが1モデル無くなったものの、ドスパラが1モデル追加されて、合計6メーカー9モデルとなっております。


まず新たに追加したドスパラのクリエイター向けタブレット「raytrektab DG-D08IWP Siro」ですが、白というボディカラーが目を惹きますね。 スペックは標準的ですが、ペンが付いているのが便利です。 ただ、バッテリ駆動時間の短めなのと価格の高いのが残念なところでしょうか。 価格の高さは付属のペンとソフト(CLIP STUDIO PAINT DEBUT)が影響していそうです。

高価な「ThinkPad X1 Tablet」ですが、前回と同構成で9千円ほどダウンしています。 またVAIOにいたっては、16200円の大幅値下げとなりました!


【2019年3月25日更新】

2ヶ月ぶり45度目の更新です。 今回は「HP Spectre x2 12」が無くなったものの、マウスコンピュータが1モデル、ドスパラが3モデル、VAIOが1モデル追加されて、合計6メーカー10モデルとなっております。


前回大幅値下げされた「HP Spectre x2 12」ですが、予想通り販売終了しましたね。 そして今回は「HP ENVY x2 12」が前回と同構成で43200円の超大幅値下げとなっております!! と言うことはこちらも在庫処分と考えるべきかと思われますので、お求めの方はお早めに。 また、「HP Spectre Folio 13」も10800円の値下げとなりました。

そして今回追加されたドスパラの3モデルですが、揃って低価格帯を占有しております。 Atom搭載ですが、メモリ4GBにeMMC64GB搭載とスペックはそこそこで、8型から10.1型まで各サイズが取り揃えられているのが有り難いです。 モビリティもそこそこ良いですし、全モデルにマカフィーが標準装備されている点も見逃せません。 価格を抑えたい方必見の内容です。

そしてVAIOはスペックの割に価格が高めな印象がします。 ただ、拡張クレードルが標準装備されるので、これを品質の高さを考えると妥当なのかもしれません。 デザインはVAIOにしては地味な黒一色となります。

新たなプロセッサなど沢山出たので、ここらで性能をチェックしたいと思います。

Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz(4コア)・・・7,676
Intel Core i5-8200Y @ 1.30GHz(2コア)・・・4,206
Intel Core m3-7Y30 @ 1.00GHz(2コア)・・・3,550
Intel Celeron 3965Y @ 1.50GHz(2コア)・・・1,630
Intel Celeron N4000 @ 1.10GHz(2コア)・・・1,470
Intel Atom x5-Z8350 @ 1.44GHz(4コア)・・・1,267
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare/Intel-i5-8250U-vs-Intel-i7-7500U/3042vs2863https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8200Y+%40+1.30GHz&id=3372https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+m3-7Y30+%40+1.00GHz&id=2864https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+3965Y+%40+1.50GHz&id=3234https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+N4000+%40+1.10GHz&id=3239https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Atom+x5-Z8350+%40+1.44GHz&id=2774


【2019年2月1日更新】

2ヶ月ぶり44度目の更新です。 今回はThinkPadが追加されて、合計4メーカー6モデルとなっております。


まず新たに追加されたThinkPadですが、かなり高価なモデルになります。 スペックも高いですが、それ以上に価格の高さを感じますね。 13.3型でより高精細なQHDを搭載している点が特徴です。

そして今回最大の注目はHPでして、なんと万単位で値下げされている機種がありました。 「HP Spectre x2 12-c033TU」は前回と同構成で41580円の超大幅値下げ!! また、「HP ENVY x2 12-g007TU」はスペックダウンによって21600円値下げされています。 「HP Spectre x2 」をこれだけ下げるということは在庫処分でしょうか? 近々販売終了するかもしれませんので、お求めはお早めに!

【比較】12.5型以下のコンバーチブル型PC(2 in 1)はどこがお薦め?「さほど変化無し。」(¥58080~¥283800)10H/10P/Chrome,Celeron N4020/N4100,Pentium N5030,Core i5 8200Y/8250U/10310U,メモリ4G/8G,SSD128G/256GNVMe,eMMC64G/128G,タッチパネル:10.1(WUXGA)/12型(WQXGA+)/12.5型フルHD,バッテリ11時間~16.5時間駆動,質量0.775kg~1.35kg


⇒ 12.5型以下2in1      ⇒ 13.3型2in1      ⇒ 14型以上2in1


【メーカー別価格推移グラフ】

【メーカー別駆動時間&質量グラフ】

※()内の数字はJEITAバッテリ動作時間測定法のバージョンです。 (?)はその他になります。


【性能比較】
・CPU:Core i5 8365U>Core i5 8250U>>Core i5 7300U>Core i5 7200U>Core i5 8200Y>Core i3 7100U>Pentium N5030>Pentium N5000>Celeron N4020>Celeron N4000>Celeron N3060
※()内の数値はPASSMARKのスコアです。常に変動するので最新の情報はPASSMARKにてご確認ください。その他、Geekbench Browser等で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPC
フロンティアFRT(2in1)
東芝dynabook VZシリーズVシリーズ
Let’snote XZシリーズRZシリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2020年12月2日更新】

 2ヶ月ぶり56度目の更新です。 今回はVAIOが無くなって合計5メーカー7モデルとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD 液晶 バッテリ 質量 価格(税・送込)
HP Chromebook x360 12b-ca0014TU コンフォートモデル クロームブック初体験のあなたに!キャンペーン Chrome Pentium N5030 8G eMMC64G 12-T(一体) 11時間-? 1.35kg ¥63,800
マウスmouse E10 10H Celeron N4100 4G 10.1-T(分離) 12時間-2 1.28kg ¥58,080
東芝dynabook KZ11/P・会員価格 10P Celeron N4020 8G 128G 16時間-2 1.18kg ¥69,080
東芝dynabook VZ62/J・会員価格 10H Core i5 8250U 256G 12.5F-T(一体) 16.5時間-2 1.099kg ¥120,780
NEC LAVIE Direct FM・クーポン 10P Celeron N4100 4G eMMC128G 10.1WUXGA-T(分離) 12.3時間-2 1.189kg ¥70,290
Let’snote RZ8 Core i5 8200Y 8G 256G 12.5F-T(一体) 11時間-2 0.775kg ¥245,300
Let’snote QV9 Core i5 10310U 12WQXGA+-T(一体) 11.5時間-2 0.969kg ¥283,800

今回、特に大きな変動は見られませんでした。 価格がわずかに増減しているくらいでしょうか。


さほど書くことが無いので管理人のPC購入予定についてお知らせします。 ずっとこのタイプ(2in1)のPC購入を検討してきましたが、現在はタブレットとノートPCの2台にしようかなとも思っています。 元々セカンドノートとごろ寝PCを兼ねたモデルを、ということで12型の2in1に目を付けたのですが、本当はもう少し小さいものが欲しかったです。 色々と希望の合うのが富士通の「arrows Tab QHシリーズ」でして、10万円前後します。 これにNECの安いノートをセカンドPCとして追加しようかな~とか・・。


【2020年9月26日更新】

 2ヶ月ぶり55度目の更新です。 今回はHP・マウスコンピュータ・東芝が追加されて、合計6メーカー8モデルとなっております。


まず、「HP Chromebook」ですが、約半年ぶりの復活になります。 プロセッサが変更されただけで、あとの構成は変化ありませんね。 バッテリ駆動時間と質量も全く同じです。 コンパクトなボディに英字のみ印字されているキーボードがスッキリしていて好印象です。 シルバーのボディも高品質感があって良いのではないでしょうか。

価格も最安レベルですが、CeleronではなくPentiumという点も魅力的です。 ただし、モビリティは全体の中で最も低い部類に入りますが、バッテリ駆動時間も11時間ありますし、実用的には問題無いようにも感じます。 新たに追加されたプロセッサの性能については下記の通りです。

Intel Pentium Silver N5030 @ 1.10GHz(4コア)・・・2,564
Intel Pentium Silver N5000 @ 1.10GHz(4コア)・・・2,433
Intel Celeron N4020 @ 1.10GHz(2コア)・・・1,719
Intel Celeron N4000 @ 1.10GHz(2コア)・・・1,447
プロセッサベンチマーク

続いて「マウスコンピュータmouse E10」は子供向けのスタディパソコンです。 最近この手のモデルが各メーカーから沢山出ていますが、価格が手頃な低スペックの分離型2in1 PCというのが定番みたいです。 「mouse E10」は黒一色にブルーラインが可愛らしく、無骨なボディは堅牢性に優れています。 こちらもモビリティはそこそこですが価格は一番安いです。 子供が雑に使い倒すのに最適なのではないでしょうか。

最後は「東芝dynabook KZ」ですが、こちらはSSDを搭載している点が魅力です。 モビリティも高いですし、Officeも付いて8万円台は妥当な値段と言えそうです。 30分で40%充電可能な「お急ぎ30分チャージ」や前面と背面に装備された高画質カメラなど、機能面も充実しています。 ただし、「学習用」と銘打ちながらビジネスアプリをアピールしている点はちょっと違和感を感じました。 プログラミングの学習用アプリとかは無いのでしょうかね?


【2020年8月3日更新】

2ヶ月ぶり54度目の更新です。 今回はNECとVAIOが追加されて、合計4メーカー5モデルとなっております。 共に分離タイプの2in1ですが、キーボード付きタブレットとの線引きが難しいのでこれまで取り上げてきませんでした。 しかし2モデルとも「2in1モバイルPC」「2in1モバイルノート」と謳っているので、こちらで良いかなと思い今後は取り上げることにします。


既存の3モデルでは特に変化は見られませんでしたが、東芝がOffice付きとなった為か、13200円値上げされています。

まず「NEC LAVIE Direct FM(NEC LAVIE First Mobile)」についてですが、珍しい子供向けのノートパソコンになります。 キーボードに不慣れな子供でもタッチ操作で簡単に使うことができますし、デジタイザーペンも付属するので気軽に落書きを楽しむ事も可能です。 ペンに慣れ親しんでおけば将来、より高性能なペンタブを使う際にも有利ですし、クリエイティブな才能に目覚める切っ掛けにもなるのではないでしょうか。

定番のソフト「Microsoft Office」を選択すれば、自由度が高く性能も奥深いOfficeでより想像力を高められそうですし、大人になってからビジネスの世界で役立つこと間違いありません。 大手らしくインストールされているソフトウェアの種類も豊富で、ゲームや勉強にはもちろんのこと、今話題のプログラミングを学ぶこともできるので、学校での勉強の予習や復習にもなりそうです。

本体は子供が雑に扱っても良いように丈夫にできており、高精細で見やすいIPS液晶には高強度なガラスが採用されています。 また、ストレージにはeMMCが使われているので衝撃などにも強く、指紋センサーで簡単かつ安全にPCへアクセスすることが可能です。 その上、軽くて長時間駆動なので安心して外で持ち歩けますし、その他にも指紋の付きにくい加工や充実の保証サービスなども整って、長期間腰を据えて使い続けることができるのではないでしょうか。

価格も安くてお手頃ですが、ただ一つ難点があるとすれば性能がやや低いことです。 いくら子供向けとは言えCeleronは少々頂けない感じがします。 普段使いには問題無さそうですが、決してスピーディとは言えなさそうですし、長く使えばさらに重さを感じそうです。 メモリも4GBですし、せめて高性能タイプのモデルもあれば良かったかなと思いました。

……………………………………………………………………………………….

子供向けのNECに対して「VAIO A12」は高い性能と機能が満載で様々な用途に対応可能な、大人向けのオールラウンドな2in1 PCと言った感じでしょうか。 ノートモードやタブレットモードはもちろんのこと、プレゼンで活躍しそうなビューモードやワイヤレスモードも可能となっています。 インターフェイスも充実しており、USB2.0/3.0のほかHDMIやVGAも装備しています。 このVGAを装備している点は重要でして、訪問先でVGA出力を必要とするシーンは多く、まだまだ需要があるのだそうです。

また、コロナで対面での対応が難しい中、ビデオ会議を行う機会が増えてきましたが、「VAIO A12」には高品位はスピーカーやマイクが装備されているので、見やすく聞こえやすい快適な環境を整えることができます。 アクセサリーも豊富で、デジタイザースタイラスや専用ケースはもちろんのこと、拡張クレードルを使えば更に拡張性が増してデスクトップPCのように使うことも可能です。

気になる性能についても非常に高く、Core i5やCore i7を選択できますしメモリは最大16GBを積むことが出来ます。 ストレージはSSDのみですが高速なNVMeも用意。 質量はキーボードユニット装着時でも1.099kgを実現し、バッテリ駆動時間も最大14.7時間と非常に長く、外出先でも朝から晩まで安心して使い続けることができます。 デザインはVAIOにしては地味ですがビジネス向けとしては妥当なところでしょうか。


【2020年6月4日更新】

2ヶ月ぶり53度目の更新です。 今回は「Let’snote RZシリーズ」が復活し、さらに「Let’snote QVシリーズ」に新モデルの「QV9」が登場しました。 「RZシリーズ」は旧モデル継続販売で、「QVシリーズ」は新モデルと共に旧モデルも販売(おそらく在庫限り)されています。 現在旧モデルを対象に最大15000円OFFクーポンを発行中です。


まず「Let’snote QV9」ですが、新プロセッサを搭載し、バッテリ駆動時間が1.5時間長くなりました。 採用された第10世代インテルプロセッサはLet’snote初の6コア/12スレッドですが、性能についてはまだベンチマークなど出ていないのでしばらくお待ち下さい。


【2020年4月3日更新】

2ヶ月ぶり52度目の更新です。 今回はHPが無くなって合計2メーカーとなっております。


スペック・価格ともに全く変化は見られませんでした。 HPが無くなりましたが、他のスペックでも取り扱いが減っているなど、不況による影響が見られます。 どんどん寂しい状況になってきました。


【2020年2月6日更新】

2ヶ月ぶり51度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーとなっております。


今回はほとんど変化ありませんでした。 せいぜい東芝が2200円値下げされてくらいでしょうか。 Let’snoteの10.1型「RZ8」はいまだ在庫切れ状態となっていますが、このまま販売終了しそうな感じです。 次期モデルに期待。


【2019年12月12日更新】

2ヶ月ぶり50度目の更新です。 今回はLet’snote RZ8が全モデル「在庫切れ」となっていたので除外し、合計3メーカー3モデルとなっております。


今回は「HP Chromebook」が前回と同構成で10480円の大幅値下げ、「東芝dynabook VZ62/J」が3300円の値下げとなっています。 新たに追加されたプロセッサの性能については下記の通りです。

Intel Core i5-7Y57 @ 1.20GHz(2コア)・・・3,810
Intel Pentium Silver N5000 @ 1.10GHz(4コア)・・・2,433
Intel Celeron N4000 @ 1.10GHz(2コア)・・・1,447
プロセッサベンチマーク


【2019年10月17日更新】

2ヶ月ぶり49度目の更新です。 今回はHPとLet’snoteの新モデルが登場して、合計3メーカー4モデルとなっております。


まず「HP Chromebook」ですが、その名の通り「Chrome OS」を搭載している点が最大の特徴です。 またプロセッサもPentiumと性能が低く、メモリも唯一4GBを搭載しています。 ストレージのeMMC64GBも性能・容量が低いですが価格は圧倒的に安いので、初めて2in1を購入される方やChrome OSに興味のある方にオススメです。

一方、「Let’snote QV8」は最も価格が高いものの、性能も高そうです。 気になるプロセッサの性能差については下記をご覧下さい。

Intel Core i5-8365U @ 1.60GHz(4コア)・・・8,177
Intel Core i5-8265U @ 1.60GHz(4コア)・・・8,135
Intel Core i3-8100 @ 3.60GHz(4コア)・・・8,042
Intel Core i3-9100T @ 3.10GHz(4コア)・・・7,689
Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz(4コア)・・・7,685
Intel Core i3-8109U @ 3.00GHz(2コア)・・・6,184
Intel Core i3-8130U @ 2.20GHz(2コア)・・・5,072
AMD Athlon 200GE @ 3.20GHz(4コア)・・・4,919
Intel Core i3-8145U @ 2.10GHz(2コア)・・・4,819
Intel Core i5-8200Y @ 1.30GHz(2コア)・・・4,206
プロセッサベンチマーク

丁度良い具合に性能差が開いていますね。 前評判でもプロセッサが高く評価されていましたが、その他にも解像度やモビリティの高さについても評判は良かったです。 詳しくは下記をご覧下さい。

【前評判】Let’snote QV8「高性能に高解像度!薄くて軽くてタブレットとしても使用可♪」


【2019年8月25日更新】

2ヶ月ぶり48度目の更新です。 今回はHPが完売もしくは一時販売停止中となっていて、合計2メーカー3モデルとなっております。 HPのChromebookやVAIOの12.5型などもあるのですが、分離型で尚且つ「タブレット」と書かれていたので比較からは除外しました。 興味のある方はそちらもチェックしてみて下さい。


特に大きな変化はありませんが、前回に引き続き東芝が更に値下げされて2160円ダウンです。 また最安値更新しました♪ Let’snote XZ6はシルバーダイヤモンドが在庫切れの為、ジェットブラックを取り上げたのですが、若干価格が上がっています。

Let’snote RZシリーズですが、現在最大15000円OFFの割引キャンペーンが行われており注目を集めています。 2019/8/27-13:00迄ですのでご希望の方はご注意ください。


【2019年7月3日更新】

2ヶ月ぶり47度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカー4モデルとなっております。


今回は東芝が2160円値下げされた以外、価格・スペック共に変化はありませんでした。 東芝は2年間あまり価格が変わっていませんが、一応今回は過去最安値となりそうです。 価格の安さではHPには敵いませんが、それなりの性能と高いモビリティ、優れた機能などを搭載して内容は充実しています。


【2019年5月13日更新】

2ヶ月ぶり46度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカー4モデルとなっております。


今回ほとんど変化は見られませんでしたが、唯一東芝が3240円の値下げとなっています。 充実の基本性能にインターフェイスを備え、薄くて軽くて丈夫な上に16.5時間もの長時間駆動を実現し、指紋認証などセキュリティもしっかりして、外出先での頼りになる相棒になりそうです。 これだけ色々付いて11万円台はお買い得なのではないでしょうか。


【2019年3月23日更新】

2ヶ月ぶり45度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカー4モデルとなっております。


今回の注目は値下げされたHPと東芝です。 と言っても元の水準に戻っただけですが・・。 最も安いのはHPでして、過去最安値となっております。 安値2位の東芝も同様に若干値下げされて過去最安となりました。 Let’snoteは2モデルとも相変わらず高止まりしています。


パソコンを買い替えて2日経ちましたが、その静音性の高さは素晴らしいものがあります。 「静音パック」の名は伊達じゃないですね。 次回も「静音パック」を選びたいと思っています。 ただ、ハードの為か、ソフトの為か分かりませんが、パソコンの動作がややぎこちないです。 慣れていないせいもあるかもしれませんが、SSDにした割りにはあまり快適じゃないというかなんと言うか・・・。 NVMe SSDとかだったらまた違うのかもしれませんが。 まぁ、贅沢な悩みです。


【2019年1月30日更新】

2ヶ月ぶり44度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカー4モデルとなっております。


まずHPと東芝ですが、在庫切れなどによって購入できない機種が多く、価格の高いモデルになってしまいました。 HPは一時的なものかもしれませんが、東芝は販売終了もしくはモデルチェンジがなされるかもしれません。 ご希望の方はお急ぎ下さい。

そしてLet’snoteではRZシリーズが新モデルになり、プロセッサと駆動時間が若干変わりました。 プロセッサの性能差については下記の通りです。

Intel Core i5-7200U @ 2.50GHz(2コア)・・・4,612
Intel Core i5-8200Y @ 1.30GHz(2コア)・・・3,952
Intel Core i5-7Y57 @ 1.20GHz(2コア)・・・3,737
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8200Y+%40+1.30GHz&id=3372https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-7Y57+%40+1.20GHz&id=2956https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-7200U+%40+2.50GHz&id=2865


【2018年12月6日更新】

2ヶ月ぶり43度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカー4モデルとなっております。


前回とほぼ変わらない内容となりました。 ただ、最安のHPが2160円値下げされています。 ますます安くなりましたが、2in1の入門用として最適なのではないでしょうか。