【比較】各メーカーのCore i5/Core i7等を搭載した14型ノートはどんな感じ?「在庫処分!?Let’snote LVシリーズの春モデルが26510円の超大幅値下げ!!」(¥91080~)10H/10P,Core i5 8365U/10210U・Core i7 10510U・Ryzen 5 3500U,メモリ8G/16G,SSD256G(NVMe)/512G-NVMe,DVD,14型フルHD

⇒ Core i3/Ryzen 3等搭載14型      ⇒ Core i5/Core i7等搭載14型


【メーカー別価格推移グラフ】


【性能比較】
・CPU:Core i7 8565U>Core i5 10210U>Core i7 7700HQ>Core i7 8550U>Core i5 8350U>Core i5 8365U>Core i5 8265U>Ryzen 5 3500U>Ryzen 3 3200G>Core i5 8250U>Core i5 8130U>Corei3 8145U>Core i5 7200U
・グラフィック:GTX1660 Ti>MX250
PASSMARKGeekbench Browser・その他で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
マウスコンピュータm-BookG-Tune NEXTGEAR-NOTE
ドスパラCritea・Altair(ノート)
パソコン工房STYLE∞(ノートブックPC)
フロンティア(ノートPC)
Let’s note LXシリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2020年7月6日更新】

 2ヶ月ぶり54度目の更新です。 今回はマウスコンピュータのUシリーズとパソコン工房が無くなったものの、フロンティアが追加されて合計3メーカー4モデルとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD ドライブ 液晶 価格(税・送込)
マウスmouse X4-B 10H Ryzen 5 3500U 8G 256G 14F ¥91,080
フロンティアFRNS510(NSシリーズ) Core i5 10210U 256G-NVMe ¥108,680
フロンティアFRNSM711/D(NSMシリーズ) Core i7 10510U 16G 512G-NVMe ¥122,980
Let’snote LV8・CF-LV8VR6QP 10P Core i5 8365U 8G 256G DVD ¥238,590

最も安いのは今回もマウスコンピュータです。 注目は価格の高いLet’snoteでして、前回と同構成で26510円も値下げされています! Let’snoteでこれだけ値下げされるのでは珍しいのではないでしょうか? と思ったら、こちらは旧モデル(春モデル)ですね。 在庫処分値下げと思われますので、少しでも安く手に入れたい方はこの機会をお見逃しなく。


【2020年5月4日更新】

 2ヶ月ぶり53度目の更新です。 今回はドスパラが無くなったもののマウスコンピュータが1モデル追加されて、合計4メーカー5モデルとなっております。


マウスコンピュータのUシリーズは約半年ぶりに復活の高性能な2in1モバイルPCです。 マウスコンピュータでは珍しい高級感のあるノートですが、人気のコンバーチブルは薄くて15時間ものバッテリ駆動を実現します。 2in1はたいていミニPCが対象となっていますが、このサイズのものは珍しいのではないでしょうか。


【2020年3月6日更新】

 2ヶ月ぶり52度目の更新です。 今回から14型をCore i3以下を搭載した低スペックとCore i5以上を搭載した高スペックに分けたいと思います。 こちらは高スペック向けのコンテンツです。


あまり価格に変化は見られませんでしたが、フロンティアが若干値上げされています。 最も安いのはマウスコンピュータで、唯一Ryzenを採用しているのが特徴です。 内容的にはNVMe SSDと専用グラフィックを搭載したドスパラが充実しています。 新たに登場したプロセッサの性能については下記の通りです。

Intel Core i5-10210U @ 1.60GHz(4コア)・・・8,990
Intel Core i5-8365U @ 1.60GHz(4コア)・・・8,177
Intel Core i5-8265U @ 1.60GHz(4コア)・・・8,135
プロセッサベンチマーク


【メーカー別価格推移グラフ】


【性能比較】
・CPU:Core i7 8650U=Core i7 7700HQ>Core i7 8550U>Core i5 8250U>Celeron N4100>Celeron 3865U>Celerno N3450>Celeron N3160=Celeron N3150>Celeron 3855U>Celeron N3050
PASSMARKGeekbench BrowserGPUBoss4Gamer.netCOMPAREドスパラ・その他で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPC
マウスコンピュータLuvBookG-Tune NEXTGEAR-NOTE
ドスパラCritea・Altair(ノート)
パソコン工房ノートPC
フロンティア(ノートPC)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2019年1月26更新】

 2ヶ月ぶり45度目の更新です。 今回も全4メーカーとなっております。


今回も最も高性能だったのはG-Tuneとなりました。 パソコン工房の方が内容は良いですが、グラフィックが外付けな為、この点は比較対象から除外してあります。 外付けでも良いのでより高性能なノートを・・・と言うのであればパソコン工房もありなのではないでしょうか。

比較対象が少なく順位もほぼ不動なので、今回をもって当コンテンツの更新は終了したいと思います。 せっかく再始動したのですが、やはり14型で性能を追求するのは難しいですね。


【2018年12月1更新】

 2ヶ月ぶり44度目の更新です。 今回からロースペックなモデルや高品質モバイルなどは比較から除外したいと思います。 全4メーカーです。


今回も最も高性能だったのはG-Tuneとなりました。 唯一のゲーミングノートですし、唯一の専用グラフィック搭載なので、他メーカーは太刀打ちできませんね。 ただプロセッサが旧タイプなのが気になりますが・・。

次いでパソコン工房、フロンティアの順になりますが、パソコン工房はプロセッサ・メモリ容量・高性能SSDと万遍なくハイスペックです。 最下位はHPですが、ストレージの性能ではフロンティアより上です。 ただ容量が少ないのが玉に瑕ですが、持ち運び向けの2in1なのでやむを得ないところでしょうか。


【2018年10月11更新】

 2ヶ月ぶり43度目の更新です。 ちょっと他のコンテンツと内容がかぶるので、本日から「最も高性能な14型」を探していきたいと思います。 全7メーカーです。


Celeron搭載は省いた方が良かったかな・・。 次回更新時は外すかもしれません。

最も高性能だったのはG-Tuneでして、メモリ容量とSSD容量、そしてなんと言ってもグラフィック性能で大きく勝ります。 次いでLet’snote、パソコン工房の順になりますが、SSDは高速なNVMeより容量を重視しました。 ちなみにプロセッサの性能差については下記の通りです。

Intel Core i7-8650U @ 1.90GHz(4コア)・・・8,901
Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz(4コア)・・・8,844
Intel Core i7-8550U @ 1.80GHz(4コア)・・・8,327
Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz(4コア)・・・7,666
Intel Celeron 3865U @ 1.80GHz(2コア)・・・1,913
Intel Celeron N3450 @ 1.10GHz(4コア)・・・1,835
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8650U+%40+1.90GHz&id=3070https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8550U+%40+1.80GHz&id=3064https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8250U+%40+1.60GHz&id=3042https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+3865U+%40+1.80GHz&id=3034https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+N3450+%40+1.10GHz&id=2907

Core i7 8650Uは初めて見ましたが、Core i7-7700HQとの性能差はほぼ無い感じです。 次回更新時は逆転してるかもしれません。


【2018年7月19更新】

 2ヶ月ぶり42度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなって合計2メーカーとなっております。


構成・価格共に前回と全く変わりませんでした。 最も安いのはドスパラで税・送料込みで3万円台を実現しています。

昔からよく2メーカーになることはあるのですが、あまり人気も無い様ですので、本日をもって当コンテンツは終了したいと思います。 有り難う御座いました。


本日久々の比較コンテンツ更新となります。 と言いますのも、先週の金曜日に管理人のミスによってブログが滅茶苦茶になってしまったからですw たまにやらかすんですが、今回は復帰に4日くらいかかってしまいました。 また、SSLへの対応もあってサイト内のアドレス変更作業もあり、こちらのコンテンツはなかなか更新できませんでした。 今後は慎重に作業していきたいと思います。

また、この機会に比較コンテンツの人気のないものは整理しました。 今後は人気の高い「PC前評判」コンテンツで比較を増やしていきたいと思っております。 よろしくお願いします。


【2018年5月28更新】

 2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回も全3メーカーとなっております。


今回はパソコン工房が大幅に値下げされて、最安となりました。 ここ半年間での最安値となりますが、こちらはビジネス向けの即納PCですのでカスタマイズはできません。 また、ストレージはHDDなため容量は大きいもののスピードは遅いので、その点を踏まえてご検討下さい。

また、マウスコンピュータにて新プロセッサのCeleron N4100が登場しました。 性能については下記の通りです。

Celeron N4100Celeron N3450


【2018年4月8更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回は全3メーカーとなっております。


今回はパソコン工房が値上げされたことによって、前回と同価格のドスパラが単独で最安となりました。 内容的にはストレージがeMMCでスピードは期待できるものの、容量の少なさが不安なところです。 それでも唯一セキュリティソフトの「マカフィー」を搭載しているなど魅力的な部分もあるので、十分検討の価値はあるのではないでしょうか。


【2018年2月16更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回は全3メーカーとなっております。


最も安かったのは奇しくも全くの同価格となったドスパラとパソコン工房です。 マウスコンピュータだけそこから6千円ほど高くなっていますが、最も高速なSSDを採用しています。 ドスパラはスピードの劣るeMMCを同容量搭載しており、さらにスピードの劣るパソコン工房は大容量HDD搭載です。 三者三様なので、用途に合わせて選んだら良いのではないでしょうか。 また、ドスパラのみセキュリティソフトのマカフィー(12ヶ月)を搭載している点も見逃せません。


【2017年12月27更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回は全3メーカーとなっております。


今回、約5ヶ月ぶりにパソコン工房が復活しましたが、価格的には平凡で、ストレージに大容量のHDDを搭載している点が特徴です。 最も安いのは今回もドスパラでして、他メーカーを大きく引き離して3万円台半ばを実現しています。 それでいてセキュリティソフトの「マカフィー・リブセーフ 12ヶ月(定価7600円)」も搭載しているわけですから、コストパフォーマンス的には更に差を広げそうです。 もしかしてドスパラは全てのモデルにマカフィーを搭載しているのでしょうかね? セキュリティソフトを買う手間や予算が省けるのは非常に有り難いのではないでしょうか。


【2017年11月2更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回も全2メーカーとなっております。


今回はマウスコンピュータがかなり値下げされています。 ここ2年間での最安値でして、過去の最安から4千円近く下がっているのではないでしょうか? ただ、前回と比べてプロセッサは変更されストレージはHDDからSSDへと変わりました。 プロセッサは性能がアップされていますが、ストレージはスピードがアップしたものの容量は大幅にダウンしています。 ここは用途によっては難しい判断を迫られそうです。 また、ほぼ固定スペックなのでカスタマイズが難しくなっていますが、これによって価格を抑えているものと思われます。

最安はドスパラでして、マウスコンピュータと比べて11686円も安いです。 ただしストレージはマウスコンピュータと同容量で、さらにeMMCというSSDより遅くHDDより速いタイプになります。 ちなみに最も消費電力が低いというメリットもありますので、7.9時間駆動・1.6kgということを考えると持ち歩きに向いているかもしれません。 製品ページのレビューを見ると実際そのような用途で使っている人もいるみたいです。 こちらもカスタマイズはほぼ不可となっています。


【2017年9月5更新】

 1ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなって合計2メーカーとなっております。


価格・スペック共に全く変動ありませんでした。 もっと安いのはドスパラで、3万円台という低価格を実現しているもののストレージ容量の少ない点がマイナスポイントです。 しかも固定スペックなのでカスタマイズできません。 その点マウスコンピュータはさらに大容量な2TB HDDも選択出来ますし、光学ドライブの選択ではDVDの他にBlu-rayも選べるなどカスタマイズの幅は広いです。


昨日またまたブログのテンプレートを変更しました。 これまでは不具合?によってブログの下に大きなスペースができてしまい、ENDキーを押してもブログの最下部に止まれないという不便な状況でしたが、これでやっとまともな状態に戻りましたw デザインはシンプルですが綺麗ですし欲しい機能も備わっていて気に入っています。 やっとスッキリしましたので、心機一転これからも頑張りたいと思います。


 

【比較】最も安いCeleron(またはPentium)搭載の15.6型ノートは?「安くて充実構成のパソコン工房がおすすめ♪」(¥44880~)10H,Celeron 4205U/N4100,メモリ4G/8G,SSD120G/240G,HDD500G,DVD,15.6型(フルHD)

【メーカー別価格推移グラフ】

※2018/7/20よりCeleron搭載モデルが無いところはPentium搭載モデルを取り上げていきます。


【性能比較】
・CPU:Celeron G4900>Pentium 4415U>Celeron N4100>Celeron 3867U>Celeron 4205U>Celeron N3450>Celeron 3865U≧Celeron 3215U≧Celeron 3855U>Celeron N4000>Celeron 3205U>Celeron N3060
PASSMARKGeekbench BrowserGPUBoss4Gamer.netドスパラ・その他で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
HP 14・HP 15
マウスLuvBookシリーズm-Bookシリーズ
ドスパラCritea(ノートパソコン)
パソコン工房ノートPC
フロンティア(ノートPC)
東芝dynabook AZシリーズ東芝dynabook T45
VAIO C15


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2020年7月4日更新】

 2ヶ月ぶり60度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS Celeron メモリ SSD HDD ドライブ 液晶 価格(税・送込)
マウスmouse F5-celeron-E 10H 4205U 8G 120G DVD 15.6F ¥61,380
工房STYLE-15FH043-C-UCES N4100 4G 240G ¥46,178
東芝dynabook EZ15/P・会員価格 4205U 500G DVD 15.6 ¥44,880

今回最も安かったのは東芝となりました。 前回と比べてプロセッサの性能はやや下がりましたが、さほど大きな違いではありませんし、それでいて価格は3300円ダウンしています。 2位パソコン工房との価格差はわずか1298円ですが、SSDにフルHDを搭載したパソコン工房の方がお得度は高そうです。


【2020年5月1日更新】

 2ヶ月ぶり59度目の更新です。 今回はフロンティアが無くなったものの、パソコン工房が復活して合計3メーカーとなっております。


今回マウスコンピュータがスペックアップによって大幅に価格が上昇してしまいました。 名称も少し変更されて一部モデルに「mouse」が付く様になりましたね。 「マウスコンピュータmouse F5-celeron」ってなると少しおかしいかな・・?

最も安いのは今回もパソコン工房でして、約2千円差で東芝が続いております。 東芝はHD液晶ですがDVDドライブを標準装備しているところが魅力です。 ただしSSDは選べません。


【2020年3月4日更新】

 2ヶ月ぶり58度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなっております。


今回最も安かったのはパソコン工房となりました。 プロセッサとSSDの内容が若干変更されています。 プロセッサの性能については下記の通りです。

Intel Pentium 4415U @ 2.30GHz(2コア)・・・3,148
Intel Celeron N4100 @ 1.10GHz(4コア)・・・2,322
Intel Celeron 3867U @ 1.80GHz(2コア)・・・2,010
Intel Celeron N4000 @ 1.10GHz(2コア)・・・1,447
プロセッサベンチマーク

次いで安いのは東芝になりますが、HDD500GB搭載モデルが在庫切れのため、HDD1TB搭載モデルを取り上げてあります。 パソコン工房と比べてストレージ容量の大きさとDVDドライブ搭載という点が魅力ですが、HD液晶という点がマイナスポイントです。


【2020年1月8日更新】

 2ヶ月ぶり57度目の更新です。 今回はHPが無くなって合計4メーカーとなっております。


今回は残念ながら値上げされているところしかありませんでした。 最も安かったのは前回と価格の変わらなかった東芝ですが、唯一HDD搭載という点は残念なところ。 少しお金を出してフロンティアにした方が、Pentiumも搭載していますし快適な動作が期待できそうです。

ちなみに東芝はサイトがリニューアルされ、それに伴い今までの東芝会員登録では会員価格で購入できなくなってしまいました。 新たに「COCORO ID」というものを作成しなくてはなりませんのでご注意ください。

Intel Celeron G4900 @ 3.10GHz(2コア)・・・3,270
Intel Pentium 4415U @ 2.30GHz(2コア)・・・3,148
Intel Celeron 3867U @ 1.80GHz(2コア)・・・2,010
Intel Celeron 4205U @ 1.80GHz(2コア)・・・1,953
Intel Celeron N3450 @ 1.10GHz(4コア)・・・1,844
プロセッサベンチマーク


【2019年11月12日更新】

 2ヶ月ぶり56度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。


今回最も安かったのはパソコン工房となりました。 最近のパソコン工房は何気に安い傾向にあって注目したいメーカーのひとつです。 今年のお正月キャンペーンは期待できるかもしれませんね。 しかも唯一メモリは8GBもあって、ストレージは高速なNVMe SSDを採用しています! 液晶こそHDですが、パフォーマンスを重視される方にはもちろん、価格を重視される方にもおすすめなモデルです。 なんだか久々に超お買い得なモデルを見たような気がします。

Intel Pentium 4415U @ 2.30GHz(2コア)・・・3,148
Intel Celeron 3867U @ 1.80GHz(2コア)・・・2,010
Intel Celeron N3450 @ 1.10GHz(4コア)・・・1,844
プロセッサベンチマーク


【2019年9月19日更新】

 2ヶ月ぶり55度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。


HPは一時販売停止中なためか、価格が大幅に上昇しています。 またパソコン工房もスペック変更で価格が上がっていますが、スペック以上の価格上昇と言った感じでコスパは落ちている印象です。

最も安いのは今回も東芝でして、唯一4万円台を実現するなど圧倒的な低価格を実現しています。 ただし、ストレージはHDDですし液晶もHD液晶と他より劣る部分はあります。 トータルで見てお得そうなのはマウスコンピュータあたりでしょうかね?

新たに登場したプロセッサの性能については下記の通りです。

Intel Core i3-8145U @ 2.10GHz(2コア)・・・4,819
Intel Celeron G4900 @ 3.10GHz(2コア)・・・3,270
Intel Pentium 4415U @ 2.30GHz(2コア)・・・3,135
Intel Celeron 3867U @ 1.80GHz(2コア)・・・2,010
Intel Celeron N4000 @ 1.10GHz(2コア)・・・1,447
プロセッサベンチマーク


【2019年7月28日更新】

 2ヶ月ぶり54度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。


今回久々に価格の変動がありました。 まずフロンティアですが、残念ながら4320円の値上げです。 一方パソコン工房はプロセッサがアップグレードされつつ価格が4320円値下げされて最安となりました。 奇しくも同額の変化がありましたが、パソコン工房はほぼ10ヶ月ぶりの最安です。

約千円差の2位東芝と比べるとSSDとHDDの違いがありますので、スピードを求める方はSSD(パソコン工房)、容量を求める方はHDD(東芝)を選択したら良いのではないでしょうか。 また、東芝はDVDドライブを搭載している点も魅力です。 プロセッサの性能差については下記の通りです。

Intel Pentium 4415U @ 2.30GHz(2コア)・・・3,135
Intel Celeron 3867U @ 1.80GHz(2コア)・・・2,010
Intel Celeron 3865U @ 1.80GHz(2コア)・・・1,911
Intel Celeron N4000 @ 1.10GHz(2コア)・・・1,447
プロセッサベンチマーク


【2019年6月6日更新】

 2ヶ月ぶり53度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。


今回は価格・スペック共に全く変化ありませんでした。 最も安いのは東芝で、フルHDではHPがお安くなっています。 HPはDVDドライブも搭載していますし、唯一のホワイトカラーを採用するなどコストパフォーマンスの高さと魅力的な見た目を備えていてオススメです。 ただし、現在「一時取り扱い停止」状態となっているので、いつから購入できるのかは分かりません。 しばらく時間がかかりそうですので、お急ぎの方は残念ですね。


 最近読書に挑戦していますが、色々と体の調子が悪いので毎日30分ほどエアロバイクも行っています。 エアロバイクの長所はいつでも気軽に運動ができるという点ですが、外を走るのと違って非常に退屈な点が短所です。 しかし読書をしながらエアロバイクをすることで、割と早く時間が過ぎてくれることに気がつきました。 ただし、紙の本だと汗で濡れてしまうので、タブレットでニュースなどを見ながら漕ぐのがオススメです。 走行距離や走行時間が表示されるパネルが前面にあるのですが、そこにカバー付きのタブレットを引っかける様にして使っています。 お陰で毎日汗びっしょりかいて清々しい気持ちになれています。


【2019年4月16日更新】

 2ヶ月ぶり52度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが復活して、合計5メーカーとなっております。


今回、フロンティアが若干値下げされた以外、ほとんど変化は見られませんでした。 フロンティアは唯一のPentium搭載モデルですが、前回と同構成で1080円ダウンしています。 しかし最も安いのは東芝でして、45144円とダントツの低価格を実現しています。 フロンティアとの価格差は8640円ありますが、プロセッサの性能差を踏まえて価値ありと判断すれば、そちらもありかと思います。

Intel Pentium 4415U @ 2.30GHz(2コア)・・・3,144
Intel Celeron 3865U @ 1.80GHz(2コア)・・・1,941
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Pentium+4415U+%40+2.30GHz&id=2977https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+3865U+%40+1.80GHz&id=3034


【2019年2月23日更新】

 2ヶ月ぶり51度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが無くなって、合計4メーカーとなっております。


今回はパソコン工房が値下げされた以外、あまり大きな変化は見られませんでした。 最も安いのは東芝で、DVDドライブも搭載してコストパフォーマンスは高いです。 黒一色のシンプルなノートですが、指紋の付きにくい加工が施されていたり、バッテリ駆動時間が8時間もあったりと使い勝手は良いと思います。 安くても品質や耐久性が高く、画像・動画編集など様々なソフトも入っていて便利そうですね。


【2019年1月1日更新】

 明けまして御目出度うございます。 本年もよろしくお願いします。 管理人

昨年は今年こそ飛躍の年にすると息巻いていましたがダメでしたね・・。 有言不実行に終わりましたw 今年は身の程を知って、現状維持で頑張りたいと思います。

 2ヶ月ぶり50度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。


パソコン工房からCeleron搭載15.6型ノートがほぼ無くなってしまった為、やむなくOffice搭載の即納ビジネスPCを取り上げました。 当然のことながら一番高くなってしまいましたが、Office搭載と考えたら安い方ではないでしょうか?

その他に価格の変動は見られませんでしたが、フロンティアはキャンペーンモデルなので、前回と比べてメモリ倍増にHDDはSSDとなりました。 最安は東芝ですがプロセッサもPentiumですし、内容を考えたらフロンティアもありかもしれません。


【2018年11月4日更新】

 2ヶ月ぶり49度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが復活して合計5メーカーとなりました。


スペックも価格も2ヶ月前と全く変化ありませんでした。 4ヶ月ぶりに復活したマウスコンピュータも同じですねw と言うわけで最も安いのは今回もパソコン工房の3万円台となっています。


 最近、新たなコンテンツを立て続けに作成していますが、一応一区切りつきました。 まずはネット関連ですが、光ファイバやモバイルWi-Fiのレビュー集が充実してきたので、興味のある方は参考にして下さい。

【お薦め】光回線/光ファイバ&プロバイダ(フレッツ光・光コラボ・ドコモ光・auひかり・NURO 光)
【お薦め】モバイルWi-Fi/ポケットWi-Fi・無線&プロバイダ(UQ QiMAX・docomo・Y!mobile・SoftBank)+レンタル

固定の光回線はスマホと併用すると凄くお得みたいです。 またモバイルWi-Fiは地域によっては光回線と変わらないスピードが得られるのだとか・・。 その上で持ち歩きもできるので、凄く使い勝手は良さそうですが、やはり場所によるので試してみないと分からなさそうですね。

 さらに格安SIM/格安スマホのレビュー集も作りました。 いよいよ携帯料金の大幅値下げが現実的になってきましたが、これによって格安スマホの人気がどうなっていくのかに注目しています。 レビューを見ても月単位で「数千円も安くなった!」という驚きの声が聞かれますが、大手の値下げ額によっては、この流れに歯止めがかかるかもしれません。

【お薦め】格安SIM/格安スマホ(楽天モバイル・mineo・OCN モバイル ONE・UQ mobile・BIGLOBEモバイル・DMM mobile・LINEモバイル・Y!mobile)

 さらにさらに、トレーディンパソコン繋がりで株やFX等のレビューも作成しましたし、パソコンの分割払い繋がりでクレジットカードも取り上げましたが、こちらは今後も続けるかどうか微妙です・・。 でも高価なパソコンの分割払いというのは、割と現実的な様な気もしました。


【2018年9月8日更新】

 2ヶ月ぶり48度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが無くなって合計4メーカーとなっております。


パソコン工房がビックリするくらい値下げされました! 前回と同構成で5400円ダウンしましたが、これにより久々の3万円台突入です。 パソコン工房と言えばかつて2万円台のノートを長期間販売し続けて、低価格ノートカテゴリーを暴れ回っていた時期がありましたが、その再来を予感させるような勢いですね。 このまま3万円台が続くことを願いますが、一時的な可能性も十分ありますので、ご希望の方は是非この機会をお見逃しなく!

また、HPにて新プロセッサ「Celeron N4000」搭載モデルが登場です。 性能は下記の通りになります。

Intel Celeron N3450 @ 1.10GHz(4コア)・・・1,805
Intel Celeron 3865U @ 1.80GHz(2コア)・・・1,679
Intel Celeron N4000 @ 1.10GHz(2コア)・・・1,426
Intel Celeron N3060 @ 1.60GHz(2コア)・・・988
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+N4000+%40+1.10GHz&id=3239、https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2907&cmp[]=3034、https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+N3060+%40+1.60GHz&id=2762

あんまり性能は高く無さそうですが、唯一ホワイトカラーを採用していますし、フルHD対応液晶搭載という点にも魅力を感じます。

【比較】Celeron搭載のデスクトップで最安はどれ?「過去最安!?ドスパラが8GBメモリ搭載で3万円台!!!」(¥40678~)10H,Celeron J4005/G4900/G4930,メモリ4G/8G,SSD240G,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※筐体はスリムタワー以上が対象です。それ以下のモデルについてはネットトップ・小型デスクトップを参照して下さい。


【性能比較】
・CPU:Celeron G4930>Celeron G4900>Celeron G3900>Celeron G3930>Celeron G1840>Celeron J4005>Celeron N3050
PASSMARKGeekbench Browser・その他で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスLUV MACHINES
ドスパラミニタワーパソコンスリムタワーパソコン
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアSシリーズ(スリムタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2020年6月12日更新】

 2ヶ月ぶり52度目の更新です。 今回はHPの新モデルが追加されて、合計4メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS Celeron メモリ SSD HDD ドライブ 電源 価格(税・送込)
HP Slim Desktop S01-aF0103jp ベーシックモデル 10H J4005 8G 1T DVD ACアダプタ ¥58,080
ドスパラSlim Knight AS HDDモデル G4930 300W-B ¥40,678
工房STYLE-S0B7-C-UHS 4G 240G DVD ¥49,478
フロンティアFRCSH310 CSシリーズ G4900 ¥52,580

HPはなんと約1年ぶりの復活です! 今回デスクトップがデザイン刷新されましたが、黒一色はそのままにフロントパネルにお洒落な模様が施されています。 使いやすい様、前面に多くのインターフェイスが装備されているのも特徴でして、USBはなんと4つもあります。 もちろんヘッドフォン出力やメディアカードリーダも備わっていますが、個人的には非常に使い勝手が良さそうに感じました。 普段多くのUSBにケーブルを挿して、そのケーブルを使いやすいよう前の方に寄せているので・・。 VGAとHDMIで2画面モニタにも対応して便利です♪

また、もう一つの注目がドスパラでして、スリムタワーになるのですが、なんと8GBメモリ搭載で4万円ジャスト(税・送料込み)を実現しています! これはここ2年間でも圧倒的な低価格でして、しかも8GBメモリ搭載というのが素晴らしいですね。 ストレージは標準でHDD1TBですが、+2200円でSSD240GBに変更することも可能ですし、+5500円でSSD500GBを選択すれば容量もカバーできます。 ただ、ドスパラは割と機種の入れ替えが行われるので、このモデルもいつ無くなるか分かりません。 その点にはご注意ください。


【2020年4月10日更新】

 2ヶ月ぶり51度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーになります。 パソコン工房はミニタワーですが、同内容のスリムタワーもあります。 ちなみにドスパラはミニタワー、フロンティアはスリムタワーです。


今回ドスパラのスリムタワーが無くなりミニタワーになったのですが、内容が結構変更されました。 標準構成のHDDがSSDに代わりDVDドライブを搭載、さらに電源は増量されているもののランクは落ちております。 価格は2200円のアップですが、総合的に考えるとコストパフォーマンスはトントンでしょうか? オプションの種類が豊富なので、これを元にアレコレカスタマイズすることができます。

ドスパラは最安ですが2位のパソコン工房とも良い勝負ですね。 スリムタワーもあるので、そちらも一考の価値ありです。


【2020年2月13日更新】

 2ヶ月ぶり50度目の更新です。 今回はパソコン工房の1モデルが無くなって合計3メーカーとなっております。 パソコン工房はHDD搭載モデルが無くなりSSD搭載モデルのみとなりました。 カスタマイズでもSSDを外すことはできません。


今回も最も安いのはドスパラとなりました。 ただし唯一DVDドライブ非搭載ですし、HDD標準装備となっております。 仮にSSD240Gを選択すると+2200円となり、安値2位のパソコン工房に880円差まで近づきますが、DVDドライブ不要で少しでも価格を抑えたいのであれば、こちらも有りかなと思います。 さらに価格が上昇しますが、SSDとHDDのデュアルディスプレイにすることも可能です。

ちなみにドスパラでは標準構成で「キャッシュレス還元(5.0%)2,198円相当」「ドスパラポイント還元(5.5%)2,419 ポイント」が付いてきます。


【2019年12月19日更新】

 2ヶ月ぶり49度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカー4モデルとなっております。


今回は最も高価なフロンティアが値下げされた以外、価格に変化は見られませんでした。 ただ、最安の「ドスパラSlim Knight AS」にて新プロセッサが採用されています。 性能については下記の通りです。

Intel Celeron G4930 @ 3.20GHz(2コア)・・・3,503
Intel Celeron G4900 @ 3.10GHz(2コア)・・・3,270
プロセッサベンチマーク

そこそこ性能差が付いていますが、ストレージがHDDな点は残念なところ。 +2200円でSSD240GBに変更可能で、+5500円でSSD500GBにすることもできます。 SSD240GB構成ではパソコン工房とほぼ同価格ですが、パソコン工房もSSD480GBで51656円(税・送料込み)になるので、ほんとに互角な内容ですね。 ドスパラはプロセッサの性能で勝っていますが、パソコン工房はDVDドライブ搭載という魅力もありますし、電源容量もやや大きいです。


【2019年10月24日更新】

 2ヶ月ぶり48度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが無くなって合計3メーカーとなっております。


HPに続いてマウスコンピュータも無くなってしまいましたが、ここ数年はCeleronの取り扱いが減る傾向を感じます。 いずれ無くならないか少し心配です。

増税によって全メーカー値上げとなりました。 最も安いのはドスパラで、次いでパソコン工房となっております。 パソコン工房は同価格でSSDとHDDのどちらかを選択可能です。


【2019年9月1日更新】

 2ヶ月ぶり47度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなっております。


今回も最も安いのはドスパラとなりました。 前回と比べて電源の内容が異なりますが、千円ダウンで更に安くなっています。 また、ミニタワーにCeleron搭載モデルが無かったので今回はスリムタワーを取り上げました。

次いで安いのはパソコン工房ですが、ドスパラと比べて2160円高いです。 その代わりDVDドライブを搭載している点が魅力で、またSSD搭載モデルとHDD搭載モデルが同価格で取り揃えられています。 電源容量もちょっと多いですね。 こちらも一考の価値ありかと思います。


【2019年7月11日更新】

 2ヶ月ぶり46度目の更新です。 今回はついに安くて魅力的だった「HP Slim Desktop 290」が無くなって、合計4メーカーとなっております。


順位に変動は有りませんが、最安だったドスパラが若干値を上げて、2~3位のパソコン工房とフロンティアが逆に値を下げています。 よって価格差は縮まりましたが、それでも他メーカーに2千円以上の差をつけてドスパラが最も安くなっています。 ただし、電源の性能はワンランク低いので、コスパ的にはパソコン工房と同等かもしれません。


【2019年5月20日更新】

 2ヶ月ぶり45度目の更新です。 今回は全5メーカーとなっております。


今回も最も安いのはドスパラとなりました。 しかも前回と同構成で1080円安くなって、更にお買い得となっています♪ 2位のパソコン工房と比べて4千円も安いですが、電源の性能は向こうの方がワンランク上です。 まぁ、さほど差があるとも思えませんが、電源効率が気になる方はそちらも一考の価値ありです。 共にHDDがたっぷり1TBもあって、DVDドライブ搭載という点も魅力的ですね。


【2019年3月30日更新】

 2ヶ月ぶり44度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回の注目は、前回と同構成で2160円値下げされたドスパラです。 一方で前回最安だったパソコン工房が値上げされた為、入れ替わる形でドスパラが最安となりました。 2位パソコン工房との価格差は三千円弱ありますが、電源の性能はパソコン工房の方が高いので、コスパはそれほど離れていない印象です。 また、パソコン工房は同額でスリムタワーを選択できる点も魅力かと思います。

ちなみにドスパラでは通常のデスクトップカテゴリからミドルタワーのページが無くなりました。 MonarchやThunderStormなどが無くなりましたが、検索してもアウトレットが数件ヒットするだけです。 完全に取り扱いをやめたみたいですが、より大きなケースを希望される場合はゲーミングPCのGALLERIAを選ぶことになります。


【2019年2月6日更新】

 2ヶ月ぶり43度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回も最も安かったのはパソコン工房となりました。 前回と同構成ですが、さらに千円ほど安くなっています。 また、ドスパラも前回と同構成で7560円も値下げしており、パソコン工房より千円高い2位につけております。 内容的にはパソコン工房の電源の性能がワンランク高いなど、こちらも上回っています。

その他としてはメモリ8GB搭載のHPも検討する価値はありそうです。 電源には珍しいAC電源を採用しているので、消費電力が少なく静音性が高いというメリットがあります。 価格的にもお手頃ですし、ライトな用途であれば面白い選択肢の一つになりそうです。


【2018年12月12日更新】

 2ヶ月ぶり42度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


最も安かったのはフロンティアです。 パソコン工房とほぼ同額ですが、フロンティアはメモリが倍の8GBもあり、非常にお買い得となっています。 現在開催中の「冬のビッグボーナスSALE」モデルですので、この機会をお見逃しなく。

あとHPもなかなか良さそうですね。 気になるのがACアダプタの電源ですが、Celeron搭載モデルのみこのタイプになっています。 一般のPC電源よりも変換効率がよくて消費電力が少なく、また、PCの外にあることで熱がこもらないので、静音化にも繋がるのだそうです。 一度試してみたいですね。


【2018年10月14日更新】

 2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが無くなって、合計4メーカーとなっております。


最も安いのは前回と同構成で5400円も値下げされたパソコン工房となりました。 約半年ぶりの首位返り咲きです。 逆にフロンティアとドスパラが5千円ほど値上げされており、HPも加えた3メーカーが55000円付近でほぼ同額となっております。 ただ内容を考えると8GBメモリ搭載のフロンティアもなかなか良いのではないでしょうか。 スリムタワーで場所を取らないのも魅力的です。


【2018年8月21日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回はパソコン工房が追加されて合計5メーカーとなっております。


今回は残念ながら値上げされたところが目立ちました。 最も安いのはドスパラでして、前回ほぼ同額だったフロンティアは値上げによって一歩後退しています。 ドスパラは電源の性能こそ低めなもののHDD容量が大きく、価格は唯一4万円台を実現するなどコストパフォーマンスも良さそうです。 2位のフロンティアも電源の性能は高いですし、スリムタワーという省スペース性も魅力になるのではないでしょうか。 マウスコンピュータとパソコン工房は電源の容量が若干多いところも特徴的です。

昨日「HP Slim Desktop 290」ページにて、このCeleron搭載モデルを8GBメモリ搭載構成で比較しましたが、そちらでもドスパラが最安でした。 注目したいのは内容も良いと言うことでして、そちらでは電源の性能も高く、メモリはデュアルチャネルと文句無しでした。 是非そちらもチェックしてみて下さい。

【比較】各メーカーの最安17.3型ノートはどんな感じ?「珍しく大幅値下げ!!HP 17がハイスペック化の上に15000円ダウン!!富士通FMV-LIFEBOOK NHシリーズも15000円ダウン!!」(¥59378~)10H,Celeron 4205U/Core i3 8145U/Core i5 10210U/Core i7 9750H,メモリ4G/8G/16G,SSD240G/256G(M.2/NVMe)/512G-NVMe,HDD500G/1T,GTX1650/RTX2070,DVD,17.3型フルHD

【メーカー別価格推移グラフ】


【性能比較】
・CPU:Core i7 9750H>Core i7 8750H>Core i5 10210U>Core i7 7700HQ>Core i5 8250U>Core i3 8145U>Celeron 3867U>Celeron 3865U>Celeron N3160>Celeron N3050
・グラフィック:RTX2070>GTX1660 Ti>GTX1660>GTX1060>GTX1650>GTX980M>GTX1050 Ti>GTX1050
PASSMARKGeekbench Browser・その他で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPC
マウスコンピュータm-Bookシリーズ
ドスパラCritea・Altair(ノート)
パソコン工房ノートPC
東芝dynabook Tシリーズ


【最新特価パソコン情報】 ※税・送料込み


【2020年6月5日更新】

 2ヶ月ぶり53度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラ ドライブ 液晶 価格(税・送込)
HP 17-by2004TU スタンダードモデルG2 大きい画面で作業効率アップ!キャンペーン 10H Core i5 10210U 8G 256G-NVMe DVD 17.3F ¥79,200
マウスm-Book W890BN-M2S2 Core i7 9750H 256G-M.2 GTX1650 ¥151,580
ドスパラGALLERIA GCR2070RNF-E 16G 512G-NVMe RTX2070 ¥234,278
工房STYLE-17FH045-C-UCSS Celeron 4205U 4G 240G DVD ¥59,378
FMV-LIFEBOOK WN1/D2(NHシリーズ)・My Cloud優待クーポン Core i3 8145U 500G ¥96,200

今回の注目は大幅値下げされたHPと富士通FMVです。 まずHPですが、第10世代インテルプロセッサを初めとして、メモリ倍増、高速NVMe SSD搭載とハイスペック化されたにもかかわらず、価格が15730円もダウンしました!! また、オプションのMicrosoft Officeが半額となっており、非常に魅力的な内容です。 安いだけでなく内容も充実しています。

そして富士通FMVのNHシリーズは前回と同構成で15010円もダウンしました! 国内大手メーカーでこれだけ大幅に値下がりするのも珍しいのではないでしょうか? 富士通の品質や機能などに魅力を感じる方は、この機会をお見逃しなく。

Intel Core i7-9750H @ 2.60GHz(6コア)・・・13,562
Intel Core i7-8750H @ 2.20GHz(6コア)・・・12,479
Intel Core i5-10210U @ 1.60GHz(4コア)・・・8,990
Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz(4コア)・・・8,808
プロセッサベンチマーク

GeForce RTX2070・・・14,437
GeForce GTX1650・・・7,431
グラフィックベンチマーク


【2020年4月4日更新】

 2ヶ月ぶり52度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回の注目は復活したパソコン工房の最安モデルですね。 前回は一時的に品切れだった模様ですが、やはり5万円台という圧倒的な安さは心強い存在です。 ただし、Celeronや4GBメモリは心許ないのでライトな使用向けですし、そうでなければカスタマイズで少し性能アップされることをおすすめします。

ちなみにNECはまた在庫切れでした。 コロナが関係しているのでしょうかね? ただ、こちらもずっと購入できなかった「LAVIE VEGA」も今見たら販売されていたので、時間が解決してくれるのかもしれません。 取り上げるタイミングが悪いのかな・・w


【2020年2月7日更新】

 2ヶ月ぶり51度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。 NECは今回も在庫切れとなっていました。 まったく購入できませんね・・・。


今回はこれまでダントツで最安だったパソコン工房の価格が急上昇していまい、安値2位へと転落してしまいました。 代わって最安となったのはHPですが、これまでの最安である6万円台から9万円台へと一気に価格が上昇しています。

ちなみに「ドスパラGALLERIA GCR1650NF」は前回と同構成で11000円の大幅値下げとなりました。 全体の中では丁度真ん中に位置する安さですが、非常に性能が高くコストパフォーマンスの良さそうなモデルです。


【2019年12月13日更新】

 2ヶ月ぶり50度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回の注目はドスパラでして、前回よりメモリが倍増されているにもかかわらず、価格が11000円もダウンしました! 非常にコストパフォーマンスを上げてきましたが、全体的にも程良く高い性能でして、大画面でPCゲームを満喫したい方におすすめです。

また、富士通FMVも3187円安くなりました。 NECはいまだに在庫切れ状態となっていて購入できません。


【2019年10月18日更新】

 2ヶ月ぶり49度目の更新です。 今回はNECが品切れとなったため除外し、合計5メーカーとなっております。


まず今回新たに追加されたプロセッサがいくつかあるので、性能をチェックしたいと思います。

Intel Core i7-9750H @ 2.60GHz(6コア)・・・13,562
Intel Core i7-8750H @ 2.20GHz(6コア)・・・12,479
Intel Core i5-9300H @ 2.40GHz(4コア)・・・9,721
Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz(4コア)・・・7,685
Intel Core i3-8145U @ 2.10GHz(2コア)・・・4,819
Intel Celeron 3867U @ 1.80GHz(2コア)・・・2,010
プロセッサベンチマーク

最も安かったのは今回もパソコン工房ですが、増税の影響で全体的に価格が上昇していますね。 ただ、ドスパラはスペックダウンによって久々にやや安いモデルが登場して購入し易くなっております。

ちなみにパソコン工房は現在開催中の「総額3億円分早い者勝ち!最大20%還元」対象モデルなのですが、パソコン15万円以上の購入で最大15000ポイントが還元されます! 10万円以上~15万円未満で10%還元ですから、買い物で使える1万円分以上のポイントが貰えるということです。 ただ上記モデルで適用させようと思うと、Officeを追加してメモリを増量して、さらにSSD・HDDも増量してやっと10万円を超えます。 ご参考までに。


【2019年8月26日更新】

 2ヶ月ぶり48度目の更新です。 今回は富士通とNECが追加されて、合計6メーカーとなっております。


最安モデルを探すので高品質で高価な富士通やNECは比較から除外してきました。 しかし、既に高性能なマウスコンピュータやドスパラが価格で上回っているのが現状ですので、もはや外す理由はありません。 今後もしばらくは取り上げていきたいと思います。

最も安かったのは今回もパソコン工房でして、安定して安いモデルを提供し続けています。 ただ残念ながら上記以外はほとんど20万円を超える超高価なモデルばかりです。 HPも性能・価格共にバランスが取れていてなかなかお手頃。

新たに追加された富士通FMVのNHシリーズですが、性能の割に価格の高さが際立っています。 Core i3を10万円以上となるとさすがに考えてしまいますね・・。 優れたデザインや狭額縁液晶、高音質スピーカーにこだわりのキーボードなど、機能や品質の面に魅力を感じる方にオススメです。

NECは高性能プロセッサを搭載していますが、価格を考えると妥当なところでしょうか? こちらも富士通と似たような特徴を備えていますが、富士通・NECと揃って17.3型を発売するあたり、大画面ノートへの需要の高まりを感じさせます。


【2019年7月5日更新】

 2ヶ月ぶり47度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回はスペックアップによって値上げされているところが目立ちました。 マウスコンピュータとドスパラはプロセッサとグラフィックの他、メモリやストレージまでハイスペック化されており、価格が万単位で上がっております。 価格重視の方より性能重視の方にオススメのメーカーです。

一方、相変わらず安いのはHPとパソコン工房でして、こちらはスペック・価格共に前回と比べて全く変化は見られませんでした。 大まかに違いを言うと、プロセッサの性能が段違いでしょうか。


【2019年5月14日更新】

 2ヶ月ぶり46度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回ドスパラの通常モデルから17.3型が消えてしまった為、高価なゲーミングノートを取り上げてあります。 その為、価格が急上昇していますが、今後通常モデルが復活するかどうかは不明です。 最も安いのは今回もパソコン工房でして、スペックは低いものの価格もダントツの安さとなっています。 また、唯一のHD液晶という点も要注意です。


【2019年3月24日更新】

 2ヶ月ぶり45度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回の注目は、唯一変化のあったパソコン工房です。 Celeronを搭載しているので非常に価格が安いですが、時期によっては購入できないこともあるのでご注意下さい。 他メーカーを万単位で引き離す圧倒的な低価格を実現していますし、SSDを標準装備している点も魅力的です。 ただし、液晶はHDになるので、この点も考慮する必要があります。 何より価格を重視される方にオススメですね。

そしてプロセッサのCeleron 3867Uも新登場です。 従来のCeleron 3865Uとほぼ変わらない性能みたいですが、「PCI Express Revision」「Max No of PCI Express Lanes」という点だけが異なります(参考サイト)。 ただ、Geekbench 4ではCeleron 3865Uの方が性能は上回っています。 まぁ、まだ3867Uは取り扱いが少ないというのも影響していそうですが・・・。 一応現時点では3865U>3867Uということにしておきたいと思います。


【2019年1月31日更新】

 2ヶ月ぶり44度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


パソコン工房がスペックアップで大幅に値を上げてしまいました。 パソコン工房は最近結構価格が上下しますね。 変わって最安となったのはHPでして、8万円台という低価格を実現しています。

「HP 17-by0000」はデザインも格好良く、男性にも女性にも向いていると思います。 IPS液晶は斜めからでも見やすく、ノングレア(非光沢)は目が疲れにくいのが特徴です。 大画面なので見やすいですが、キーボードもテンキー付きでゆったり広いので、快適にタイピングすることができるのではないでしょうか。

スペックはメモリ4GBが物足りないので、ここは8GBにしておきたいところ。 また、SSD搭載モデルや専用グラフィック搭載モデルも用意されているので、安くても少し性能を重視したい方にも向いています。


【2018年12月7日更新】

2ヶ月ぶり43度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回の注目はパソコン工房です。 Celeron搭載モデルが復活して、再び最安に戻りました。 17.3型は高性能なモデルが多いのでどうしても価格が高くなってしまいますが、Celeronを採用することで価格を抑えることができます。 できるだけ安い17.3型を希望されるのであればパソコン工房がオススメです。

ちなみにSSD搭載なのでスピードはありますが、容量を求める場合はカスタマイズオプションに最大500GBまで用意されています。 ただしHDDは無いので価格は高めです。 その点は少し残念かもしれません。


本日Wordpressのアップデートが行われましたが、エディタが大幅に変更されました。 一瞬、ガクッときてイラッとしながらも頑張って記事更新しました。 なんでアメリカさんはOSと良い、インターフェイスをコロコロ変えるのでしょう・・・。 すっごい迷惑です。 日本産のOSやWordpressみたいなソフトが欲しい・・・。


【2018年10月12日更新】

 2ヶ月ぶり42度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。

前回終了したHP 17が早くも復活しましたw ただし、新モデルなので当然のことながら価格は上がっていますが、一応最安です。 プロセッサに第8世代インテルプロセッサが採用されていますが、パソコン工房も同様で、これにて全メーカーが第8世代となりました。

HP 17は相変わらずシンプルなボディですが、スタイリッシュで格好いいです。 上位モデルではSSD&HDD構成や最大16GBメモリも搭載できるなど、なかなかのハイスペック。 ただ、せっかくの大画面フルHD液晶なのにBlu-rayドライブが選択できないのは残念ですね。

USBには2.0x1の他、3.1 Gen1x2も採用し、バッテリ駆動時間は9~10時間と長めです(ただしMobileMark 2014にて計測)。 質量は2.47kgなので家の中で持ち運べる据え置きタイプと言った感じでしょうか。 ちなみに製品ページ内のQ&Aが充実しているので、購入前に色々なポイントをチェックできそうです。


【2018年8月20日更新】

 2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


HPは安い「HP 17」が無くなってしまった為、非常に高価なゲーミングPC「OMEN by HP 17」になってしまいました。 いつも最高額のマウスコンピュータを大きく飛び越えて20万円を超える価格となっております。 それだけ性能は高いですが、プロセッサ性能ではマウスコンピュータに負けてしまいました。 詳しい内容については下記の通りです。

Intel Core i7-8750H @ 2.20GHz(6コア)・・・12,560
Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz(4コア)・・・8,857

Intel Core i7-6700HQ @ 2.60GHz(4コア)・・・8,136
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-7700HQ+%40+2.80GHz&id=2906https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8750H+%40+2.20GHz&id=3237

また、パソコン工房はSSD容量が半減して価格も6480円ダウンしています。


最近書籍を無料で読めるなどと謳いクレジットカード情報等を搾取するフィッシングサイトが現れたそうです。 非常に大がかりな作りで世界14カ国の言語に対応しているのだとか。 いつもの中華圏ではなく英語圏の人間が関わっている可能性があり、手口も巧妙なので気をつけた方が良さそうです。

本当に最近この手のインターネット詐欺が増えたというかレベルアップしているのを感じます。 詐欺メールでもネットに慣れ親しんだ管理人が思わずクリックしそうになることもしばしば・・。 インターネットは非常に便利で自由な世界ですが、それだけに自分の身は自分で守るという心構えや知識が必要かと思います。 「ただより高いものはない」


【2018年6月24日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回は新モデルの登場と言うことで値上げされたところしかありませんでした。 しかしスペックも上がっていて、マウスコンピュータはプロセッサのCore i7 7700HQが8750Hへ、パソコン工房はCeleron N3450がN4100へと変更されています。 性能については下記の通りです。

Intel Core i7-8750H @ 2.20GHz(6コア)・・・12,398
Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz(4コア)・・・8,881
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8750H+%40+2.20GHz&id=3237

Intel Celeron N4100 @ 1.10GHz(4コア)・・・2,554
Intel Celeron N3450 @ 1.10GHz(4コア)・・・1,829
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+N4100+%40+1.10GHz&id=3270https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+N3450+%40+1.10GHz&id=2907

【比較】最近の10.1型/11.6型ノートはどんな感じ?「マウスコンピュータが高性能になって再登場♪」(¥29700~)10H,Celeron N4000/N4100,メモリ4G/8G,eMMC64G,SSD240G,11.6型,質量1kg~1.2kg,バッテリ7.5時間~13.5時間駆動

【メーカー別価格推移グラフ】

【メーカー別駆動時間&質量グラフ】

※()内の数字はJEITAバッテリ動作時間測定法のバージョンです。 (?)はその他になります。


【性能比較】
・CPU:Core i7 8550U>Core i5 8250U>Core i5 8200Y>Core i3 6100U>Core m5-6Y54>Core M-5Y10c≧Core i3 4030U>Celeron 3865U>Celeron N4100>Pentium 4410Y>Pentium N3540>Celeron N3160>Atom x5-Z8300>Celeron N3060>Celeron N3050
PASSMARKGeekbench BrowserGPUBoss4Gamer.netドスパラ・その他で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPC
マウスコンピュータm-Book
パソコン工房ノートPC
NEC LAVIE Direct NMシリーズ
VAIO S11
Let’snote RZシリーズ


【最新特価・激安パソコン情報】 ※送料込み


【2020年5月12日更新】

 2ヶ月ぶり53度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが復活して合計2メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD 液晶 バッテリ 質量 価格(税・送込)
HP Stream 11-ak0006TU エントリーモデル シンプル代表!2台目にも最適!キャンペーン 10H Celeron N4000 4G eMMC64G 11.6 13.5時間-? 1kg ¥29,700
マウスmouse C1 Celeron N4100 8G 240G 7.5時間-2 1.2kg ¥54,780

復活したマウスコンピュータですが、メモリ倍増にストレージがSSDになり、尚且つ容量が4倍増となりました。 価格は5500円アップですが、バッテリ駆動時間もやや延びていますし、コストパフォーマンスは上がったのではないでしょうか。 価格はHPの倍ありますが、より性能を求める方にはオススメです。


【2020年3月13日更新】

 2ヶ月ぶり52度目の更新です。 今回はVAIOが無くなりLet’snoteも在庫切れとなって、ついにHPのみとなってしまいました。 HPも出たばかりの新モデルですし、11.6型はもはや絶滅の危機に瀕している模様です。


「HP Stream 11-ak0000」ですが、まずOSがWindows 10のSモードになります。 これはOSの機能が限定されたものでして、それにより動作スピードのアップやセキュリティの強化、また不具合リスクの軽減などのメリットがあります。 その代わりMicrosoft Storeのアプリしか使えないというデメリットがあるので、購入前にはよく検討した方が良さそうです。


【2020年1月16日更新】

 2ヶ月ぶり51度目の更新です。 今回はHPとパソコン工房が無くなったもののLet’snoteが追加されて合計3メーカーとなっております。 ただし、VAIOは低スペックなオプションが「入荷終了」となっているので、記載のスペック以上のものしか購入できません。


残念ながら値上げされたところしかありませんでした。 取り扱いも徐々に減ってきていますし、11.6型以下のノートPCはなんとも寂しい現状です。 でも10万円以下、10万円台、20万円台と各レベルのモデルが取り揃えられているのは有り難いですね。


【2019年11月19日更新】

 2ヶ月ぶり50度目の更新です。 今回はパソコン工房が約10ヶ月ぶりに復活したものの、Let’snoteが全モデル「在庫切れ」となってしまったので、合計4メーカーとなっております。 また、HPも相変わらず下記モデル以外は「完売御礼」となっていて、下記モデルも「一時取扱い停止」状態です。 さらにVAIOもCore i7以外は「入荷終了」となっており、繁忙期の年末にもかかわらず、どこもかしこも品薄または品切れとなっています。


最も安いのは今回もマウスコンピュータですが、パソコン工房の復活によって良きライバルと最安を競っています。 パソコン工房はマウスコンピュータより4598円高いですが、SSD容量が4倍の240GBもあるのでスピードだけでなく容量もある程度はまかなえます。

VAIOはCore i5からCore i7に変わりましたが、価格は2296円しか上がっていないので、コストパフォーマンスは向上しているのかもしれません。


【2019年9月26日更新】

 2ヶ月ぶり49度目の更新です。 今回はマウスコンピュータとVAIOが復活して合計4メーカーとなっております。


マウスコンピュータは約1年ぶりの復活ですが、相変わらず安くて最安値を実現しています。 若干安くなっていますが、1年ぶりなのにスペックが全く変わっていないというのが凄いですねw 価格を抑えたい方にオススメです。

HPに関しては完売続出で上記オフィスモデルしか残っていませんでした。 しかも一時販売停止中です。 VAIOもCore i5搭載モデルは入荷待ち状態でして、さらに安いCeleron搭載モデルなどに関しては再販されるかどうかは不明です。

Intel Core i5-8250U @ 1.60GHz(4コア)・・・7,685
AMD Ryzen 3 3300U @ 2.10GHz(4コア)・・・5,103
Intel Core i5-8200Y @ 1.30GHz(2コア)・・・4,206
Intel Core i3-6100U @ 2.30GHz(2コア)・・・3,603
プロセッサベンチマーク


【2019年8月4日更新】

 2ヶ月ぶり48度目の更新です。 今回はVAIOが無くなって合計2メーカーとなっております。


今回もほとんど変化は見られませんでした。 取り扱いはドンドン減っていくし、不況なんだなというのを身に染みて実感しています。 自分の努力不足もありますが、ブログへのアクセスもかなり減ってきましたね。 10月の消費増税でどうなることやら・・。


【2019年6月13日更新】

 2ヶ月ぶり47度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーとなっております。


今回はVAIOが値上げされた以外、ほとんど変化はありませんでした。 最も安いのは今回もHPですが、残念ながら現在「一時取り扱い停止」中となっていて、全モデルが購入できない状態です。


【2019年4月23日更新】

 2ヶ月ぶり46度目の更新です。 11.6型の取り扱いが減ってきたので、今回から10.1型も比較に加えたいと思います。 Let’snoteが追加されて、合計3メーカーとなっております。


まず既存の2メーカーですが、前回大幅に上げた価格を戻してきました。 むしろ更に値を下げていますが、買いやすくなってホッと一安心です。 HPは前々回と比べて約千円ダウンし、VAIOは1万円ダウンしていますね。 共にスペックは変わっておりません(前々回比)。

そして新たに追加されたLet’snoteですが、こちらはビジネス向けのハイスペックモバイルということで、非常に高価となっております。 まぁ、いつものLet’snoteと言った感じなので驚きませんが、質量は軽いもののバッテリ駆動時間がやや少なめなのが残念なところです。 しかし2in1なので様々な使い方が出来ますし、豊富なインターフェイスや高い堅牢性も備えるなど、至れり尽くせりな内容となっています。 無骨なデザインが多いLet’snoteの中では見た目もなかなかお洒落なのではないでしょうか。


【2019年3月2日更新】

 2ヶ月ぶり45度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなって、合計2メーカーとなっております。


11.6型はどんどん取り扱いが減っていますが、残る2メーカーも購入可能なモデルやスペックが少なくなってきています。 よって価格が上昇してしまいましたが、次回更新時にはこれらも残っているかどうか・・・。 11.6型をご希望の方はお急ぎ下さい。

ちなみにVAIO S11は高性能モデルということで、バッテリ駆動時間と質量が微妙に変化しております。


【2019年1月8日更新】

 2ヶ月ぶり44度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが無くなって、合計3メーカーとなっております。


また一つ取り扱いが減ってしまいましたが、11.6型は非常に少なくなりましたね・・。 最近、モバイルPCのラインナップがかなり様変わりしてきており、タブレットもAndroidは数えるくらいしか有りません。 スマホが大型化してると聞きますが、そちらはせいぜい6インチ前後です。 モバイルPCで人気なのは12.5~13.3型で、Windowsタブレットは8~13.3型までバラバラ。 コンパクトなスマホか、大画面のモバイルPCかで、二極化している模様です。

今回の注目はメモリ半減で価格が9千円近く下がったパソコン工房でして、最安のHPと比べて千円程の差しかありません。 非常に手ごろな価格になりましたが、内容的には一長一短あってHPと良い勝負になりそうです。


【2018年11月13日更新】

 2ヶ月ぶり43度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなっております。


スペックや価格はほとんど変わっていません。 唯一パソコン工房が2千円程安くなった程度でしょうか。 最も安いのは前回同様のマウスコンピュータですが、ストレージ容量の少なさが目立ちます。

同価格帯のHPと比べると、HPの方がストレージ容量が大きくて速度も速く、タッチパネル搭載でバッテリ駆動時間も長いなど、コストパフォーマンスは非常に良いです。 ちなみにセットのオフィスは当然のことながら「WPS Office」ですが、通常6千円近くするので希望される方にとってはお得かと思います。 あとコレ2in1ですので使い勝手の良さも魅力です。


【2018年9月16日更新】

 2ヶ月ぶり42度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなっております。


今回もさほど価格に変化は見られませんでしたが、唯一マウスコンピュータのみ値下げされていました。 スペックはそのままに2千円ほどダウンしています。 これで最安になっていますが、ここのところずっとHPと最安値を競い合っている模様です。

そのHPですが新モデルになってプロセッサが変更されています。 また、バッテリ駆動時間は4時間も伸びて、モビリティとコストパフォーマンスを上げてきました。 プロセッサの性能差については下記の通りです。

Intel Core i3-4030U @ 1.90GHz(2コア)・・・2,704
Intel Celeron 3865U @ 1.80GHz(2コア)・・・1,913
Intel Celeron N4100 @ 1.10GHz(4コア)・・・1,800
Intel Celeron N3060 @ 1.60GHz(2コア)・・・984
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i3-4030U+%40+1.90GHz&id=2277https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+N4100+%40+1.10GHz&id=3270https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+3865U+%40+1.80GHz&id=3034https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Celeron+N3060+%40+1.60GHz&id=2762

スコアが倍近くにまで跳ね上がっていますね。 しかも4コアですし、非常に使い勝手が良さそうです。 マウスコンピュータと比べると、何よりSSD容量が多いですし、バッテリ駆動時間も倍近くあるなど、非常に魅力的な内容となっています。


週末特価級の激安SSDがデビュー 120GBで2980円!
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1809/15/news020.html

今、めっちゃ安くなってるんですね。 ただ120Gだと少ないので管理人は次に購入するパソコンで500Gを予定していますが、記事を見たところ税込みで7980円でした。 購入予定のドスパラではHDD1TBをSSD500Gに変更すると14480円もかかるので、HDD搭載PCを購入したあとに自分で換装した方が安くなりますね。 考えちゃうな・・・。

SSD500GはAmazonで買っても1万円くらいだし、なぜドスパラはこんなに高いのか? いずれ落ちてくるのかな? それまで待った方が良いのか? まぁ、いずれにしろパソコンの購入はWin7のサポートが切れる来年末まで粘るつもりですので、それまで様子見です。 早くSSDのスピードを体感したい。


【2018年7月29日更新】

 2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回はパソコン工房が復活して合計4メーカーとなっております。


今回復活したパソコン工房以外は価格・スペック共に全く変化ありませんでした。 そしてそのパソコン工房ですが、プロセッサアップグレードにメモリ倍増、HDDの代わりにSSD搭載とかなりのハイスペック化が図られております。 また質量は変わりませんがバッテリ駆動時間は伸びました。 ただ、やはり価格も上昇していまして、旧モデルと比べて11880円アップしています。

他メーカーと比べても性能の高さが目立ちますね。 VAIOは例外として、この価格帯だとHD液晶が多い模様です。 パソコン工房を選ぶメリットとしてはメモリ容量の多さと軽さが挙げられるでしょうか。 一方デメリットは価格の高さに加えてバッテリ駆動時間の短さも念頭に置くべきかと思います。


【2018年6月6日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回パソコン工房が無くなって、合計3メーカーとなっております。 パソコン工房の11.6型は後日新モデル公開とのことです(日時不明)。


まず新プロセッサの性能については下記の様な感じになると思います。 シングルコアではPentium 4410Yがやや勝るかもしれませんが、やはりCeleron N4100は4コアなのでマルチコアの性能で大きく差を広げました。

Core i3 4030UCeleron N4100Pentium 4410Y

そのCeleron N4100を搭載したマウスコンピュータですが、SSD容量が倍増(と言っても64GBですが)、バッテリ駆動時間もやや伸び、質量は若干増えています。 価格は5千円ほどアップしたのですが、トータルでコスパは少し上がったのではないでしょうか? その他2メーカーは前回と同スペックで3千円ほどアップしています。