【比較】もっとも安いデスクトップPCは?「Dell Inspironが安くて高性能♪」(¥61485~)10H/11H,Ryzen 3 4300G・Celeron G5905/G6900・Core i3 10105/12100・Core i5 10400,メモリ4G/8G,SSD240G/256G-NVMe/500G-NVMe,HDD500G/1T,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※2022/6/23よりAMD Rnzenプロセッサから全プロセッサに対象を変更しました。
ミニPCやネットトップ、液晶一体型などは対象外です。


【性能比較】
・CPU:Ryzen 5 5600X(22,207)>Ryzen 5 5600G(19986)>Ryzen 5 PRO 4650G(16779)>Ryzen 5 4600G(15725)>Core i3 12100(14649)>Ryzen 3 5300G(13139)>Core i5 10400(13002)>Ryzen 3 PRO 4350G(10850)>Ryzen 3 4300G(10756)>Ryzen 5 3400G(9974)>Core i3 10105(8737)>Ryzen 3 3200G(7239)>Athlon 240GE(4630)>Athlon 3000G(4480)>Athlon 200GE(4165)>Celeron G6900(3829)>Celeron G5905(2824)
※()内の数値はPASSMARKのスコアです。常に変動するので最新の情報はPASSMARKにてご確認ください。その他、Geekbench Browser等で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスコンピューターLUV MACHINES
ドスパラミニタワーパソコン
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアSシリーズ(スリムタワー)GXシリーズ(マイクロタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2022年6月23日更新】

 2ヶ月ぶり59度目の更新です。 今回から対象をAMDだけでなくIntelも含めた全モデルとします。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD ドライブ 電源 価格(税・送込)
Dell Inspiron コンパクトデスクトップ 【即納】スタンダード(標準価格¥89980) 11H Core i3 12100 8G 256G-NVMe 180W-B ¥61,485
HP Desktop M01-F2030jp エレメンタルモデルG2 Ryzen 3 4300G DVD 180W-G ¥85,800
マウスmouse SL3 Core i3 12100 300W-B ¥93,100
工房STYLE-M05M-101-UHS-L Core i3 10105 240G DVD 350W-B ¥66,980
フロンティアFRBSH510/A(BSシリーズ) 10H Core i5 10400 300W-St ¥77,000
SEVEN SR-icl-3060J/S3/W11 11H Celeron G6900 300W-B ¥78,380
富士通FMV-ESPRIMO WD2/F3(DHシリーズ) Celeron G5905 4G 500G AC100V ¥68,556
NEC LAVIE Direct DT・クーポン 1T ¥88,880

物価高で価格が高くなってしまったので、今まで高くて比較から除外してきた富士通とNECも加えてみました。 スペックは低いですが、価格的にはなかなかお手頃です。

AMD Ryzen 5 5600G @ 3.90GHz(6コア)・・・19,986
Intel Core i3-12100 @ 3.30GHz(4コア)・・・14,649
AMD Ryzen 3 5300G @ 4.00GHz(4コア)・・・13,139
Intel Core i5-10400 @ 2.90GHz(6コア)・・・13,002
AMD Ryzen 3 4300G @ 3.80GHz(4コア)・・・10,756
Intel Core i3-10105 @ 3.70GHz(4コア)・・・8,737
Intel Celeron G6900 @ 3.40GHz(2コア)・・・3,829
Intel Celeron G5905 @ 3.50GHz(2コア)・・・2,824
プロセッサベンチマーク

今回からIntel搭載モデルも加えてみましたが、これまで取り上げてきたAMDプロセッサと比べて性能が低いものの、一方でラインナップが非常に豊富です。 その分、価格もぐっと購入しやすくなっています。

最も安いのは、DellのInspironとなりました! Core i3ですが第12世代で性能が高く、過去のAMDプロセッサと比べても引けを取りませんね。 それでいて価格はかなり安いので、とても魅力を感じます。 次いで安いのはパソコン工房や富士通ですが、これらはスペックが低いので、やはりDellのコスパの良さが際立つ結果となりました。


【2022年3月9日更新】

 2ヶ月ぶり58度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。


最も安いのはパソコン工房となりました。 しかも大容量で高速なNVMeを採用し、DVDドライブも付いています。 2位のフロンティアはSATA SSDですし容量も少なく、DVDドライブも非搭載で電源性能も低いです。 その他は全て9万円台なので、パソコン工房の一人勝ちと言った感じです。

ちなみにHPにて新しいプロセッサが登場しました。 Ryzen 3にしては性能が高く、なんとクロック数4GHzですw 搭載するHPは大容量HDDや高性能電源を搭載しているところが魅力ですが、パソコン工房と比べると、やhりコスパは落ちるでしょうか?

AMD Ryzen 5 5600G @ 3.90GHz(6コア)・・・19,986
AMD Ryzen 3 5300G @ 4.00GHz(4コア)・・・13,139
プロセッサベンチマーク


【2022年3月9日更新】

 2ヶ月ぶり58度目の更新です。 今回はSEVENを追加して、合計5メーカーとなっております。


今回も最も安いのはHPとなりました。 ただしプロセッサの性能は唯一旧世代のものになるので一段劣ります。 その代わりDVDドライブを搭載していますが、一方で電源の容量は少ないので、購入後の増設などには向いていません。 ちなみに現在「一時取扱停止」中です。

AMD Ryzen 5 5600G @ 3.90GHz(6コア)・・・19,986
AMD Ryzen 5 4600G @ 3.70GHz(6コア)・・・15,725
プロセッサベンチマーク

今回新たに追加したSEVENですが、一番価格が高くなってしまいました。 先日の高性能なデスクトップでも一番高価でしたが、ものによってはかなりコストパフォーマンスが高くなります。 そのうち本領発揮してくれるのではないでしょうか?

一番オススメしたいのは、高性能なプロセッサに大容量SSDを搭載したパソコン工房です。 全体のバランスが良いですし、HPほどではないですが価格もお手頃です。 あと、超感謝際の対象なので、会員登録して購入すれば5千ポイント還元されます♪ けっこうなポイント還元率の高さです。


【2022年1月12日更新】

 2ヶ月ぶり57度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は残念ながら値上げされているところばかりですが、幸い最安のHPは前回と同価格・同構成となっているのでオススメです。 内容的にもRyzen 5搭載で5万円台は破格ですね。 2位のパソコン工房を1万円近く引き離しつつプロセッサはRyzen 3搭載です。 筐体はデザインがお洒落ですし、フロントに多数並べられたUSBポートも使いやすそうなHPを是非チェックしてみてください。


【2021年11月20日更新】

 2ヶ月ぶり56度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回の注目は、前回と同構成で26400円も値下げされて最安となったHPです。 Ryzenn 5やNVMe SSDを搭載しながら、なんと破格の5万円台を実現しています! 2位のRyzen 3を搭載したパソコン工房と比べても1万円近くも安いです。 SSD容量の少ないところが唯一の不満点ですが、カスタマイズで増量することもできないので、購入後に自分で増設するなり対処するしかありません。


【2021年9月23日更新】

 2ヶ月ぶり55度目の更新です。 今回はHPが追加されて、合計4メーカーとなっております。 ただしマウスコンピュータは前回の「入荷待ち」に引き続いて、今回は「品切れ中」となっています。 いつ購入できるのか・・。


残念ながらスペックアップもあって、値上げされているところが多いですね。 最安のマウスコンピュータも購入できませんし、価格を抑えるのであればパソコン工房がオススメになりそうです。 今回新たに登場したプロセッサですが、PassMarkのスコア1万を越えてくるなどなかなかの性能です。 全体的にもバランスが取れていますし、ミニタワーなので購入後のメンテナンスも容易にできます。

AMD Ryzen 5 5600X @ 3.70GHz(6コア)・・・22,207
AMD Ryzen 5 4600G @ 3.70GHz(6コア)・・・15,725
AMD Ryzen 3 PRO 4350G @ 3.80GHz(4コア)・・・10,850
AMD Athlon 200GE @ 3.20GHz(2コア)・・・4,165
プロセッサベンチマーク


【2021年7月24日更新】

 2ヶ月ぶり54度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーとなっております。


マウスコンピュータとフロンティアは変化ありませんが、パソコン工房は一般向けからビジネス向けに変更し、少々変わりました。 まずDVDドライブが無くなり、電源の容量が50W増量されて、価格が2200円安くなっています。 DVDドライブ希望の方には残念ですが、カスタマイズ画面にて+2980円(税込み3278円)で追加することも可能です。 つまりコスパが少し下がってしまいましたが、価格を抑えたい方には朗報です。

ちなみに、ほぼ同構成のマウスコンピュータの方がさらに2398円安いですが、残念ながら現在は「入荷待ち」状態となっています。


【2021年5月29日更新】

 2ヶ月ぶり53度目の更新です。 今回はHPが無くなって、合計3メーカーとなっております。 HPはAMD搭載モデルがほとんど無くなってしまいましたw


残った3メーカーも価格が上昇してしまいましたね。 しかもマウスコンピュータは入荷待ち状態・・。 高いわ買えないわでパソコン界は最悪です。 まぁ、パソコン界だけじゃないね。 中国のせいで世界経済がボロボロです。

最も安いのは前回と同価格のマウスコンピュータとなりました。 パソコン工房は同スペックで価格が8250円上昇! フロンティアはスペックと価格が大幅にアップして、もはや安いパソコンを比較するには相応しくないレベル。 でも他に取り上げるモデルも無いので仕方ありません。 新たなパーツの性能については下記をご覧ください。

AMD Ryzen 5 5600X @ 3.70GHz(6コア)・・・22,207
AMD Ryzen 5 PRO 4650G @ 3.70GHz(6コア)・・・16,779
AMD Athlon 200GE @ 3.20GHz(2コア)・・・4,165
プロセッサベンチマーク

GeForce GTX1650・・・7,431
グラフィックベンチマーク


 Amazonの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」を買っちゃいました~。 色々訳ありなのですが、3千円Offだった先日のセール期間中に買いたかった・・。 まぁ、管理人は納得しないと買えない人間なのでやむなしです。

今更ですが、こちらもレビューしたいと思います。 他に取り上げたいPCも無いですし、お金も無いですし。 6月中にはアップする予定です。


【2021年3月25日更新】

 2ヶ月ぶり53度目の更新です。 今回も前回同様の全4メーカーとなっております。


今回も最も安いのはパソコン工房となりました。 しかも前回と同構成で2200円値下げされ、さらに安くなってこの2年間での最安値を記録しています! マウスコンピュータと同じ「Athlon 200GE」を採用していますがSSD容量が倍もあるのは嬉しいですね。 プロセッサの性能もCeleronやPentiumuより上と、そこそこ高性能です。


 昨日、高性能Androidタブレット「NEC LAVIE T11 T1195/BAS(PC-T1195BAS)」のレビューを公開しました! ざっくりとした内容ですが、購入予定の方は是非参考にして頂ければと思います。 また、保護フィルムやカバーの付け具合などは後日追記していく予定です。 動画レビューの方も現在製作中ですので、こちらもしばらくお待ちください。 高評価&チャンネル登録ヨロシクです。


【2021年1月22日更新】

 2ヶ月ぶり52度目の更新です。 今回も全4メーカーとなっております。


フロンティア以外、構成と価格に変化は見られませんでした。 フロンティアは安価なモデルが販売されていないため、やむなく「Ryzen 5 PRO 4650G」を搭載したモデルを取り上げています。 他メーカーと比べて一段と性能・価格が高いです。 プロセッサの性能については下記をご覧下さい。

AMD Ryzen 5 PRO 4650G @ 3.70GHz(6コア)・・・16,779
AMD Ryzen 5 3400G @ 3.70GHz(4コア)・・・9,974
AMD Ryzen 3 3200G @ 3.60GHz(4コア)・・・7,239
プロセッサベンチマーク


【2020年11月14日更新】

 2ヶ月ぶり51度目の更新です。 今回は全4メーカーとなっております。


今回の注目は前回と同構成で3850円値下げされたパソコン工房です。 2位のマウスコンピュータに1452円差をつけて最安となりましたが、SSD容量も多くDVDドライブも搭載するなど内容も良くてコストパフォーマンスも高くなっています。 また、フロンティアも内容を考えると非常にお得度は高そうです。 新プロセッサ「Athlon 3000G」の性能については下記をご覧下さい。

AMD Athlon 200GE @ 3.20GHz(4コア)・・・4,919
AMD Athlon 240GE @ 3.50GHz(2コア)・・・4,630
AMD Athlon 3000G @ 3.50GHz(2コア)・・・4,480
プロセッサベンチマーク


【2020年9月10日更新】

 2ヶ月ぶり50度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。

今回の注目は、前回と同構成で3300円値下げされ、全体でも過去2年間で最安となったフロンティアです! Athlonに4GBメモリという心許ないスペックですがストレージはSSDですし、プロセッサも「AMD Thlon 240GE」という新しいタイプが採用されました。 性能については下記の通りです。

AMD Ryzen 3 2200G @ 3.50GHz(4コア)・・・7,307
AMD Athlon 200GE @ 3.20GHz(4コア)・・・4,919
AMD Athlon 240GE @ 3.50GHz(2コア)・・・4,630

プロセッサベンチマーク

性能落ちちゃいましたねw 数字が多いからアップしたかなと思ったのですが・・。 ただ、ベンチマークの数字というのは結構変わってくることもありますので、気になる方は今後もネットなどでチェックしてみてください。

それはともかく価格を重視するのであればフロンティアがオススメです。 しかもコレ、キャンペーンモデルではない通常モデルですので、突然の販売終了や値上げさえなければじっくり検討できます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PCは便利なものだと感じてほしいから――娘にスタディパソコン「mouse E10」を勧めた結果
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2009/09/news002.html

今度はマウスコンピュータから子供向けの学習パソコンが登場しました!
やはり小学校のプログラミング授業開始に伴って、各社次々と対応モデルを発売してきましたね。
ただコロナの影響もあってか、どこも発売開始時期がまちまちなのが気になりますが、今後も続いていくのではないでしょうか。

「mouse E10」シリーズはまず見た目が無骨で可愛らしいです。
切り離しタイプの2in1 PCですが、子供向けではこのタイプが主流になるでしょうか?
保護のためかインターフェイスにカバーが付いているのが新鮮です。
インターフェイスは埃がたまりやすいので、ここのカバーは管理人も昔から欲しいと思っていました。
スタイラスペンは背面に装備する形ですが、これは磁石ですかね?
写真からはちょっとよく分かりません。

性能は定番の低スペックで、Celeron・4Gメモリ・eMMC64Gなどとなっており、液晶サイズは10.1型です。
質量は1.28kgで、バッテリ駆動時間は12時間の長時間駆動が可能となっています。
筐体は防塵・防滴、落下テストクリアなど強靱なつくりとなっているので、子供が雑に扱っても大丈夫そうです。
価格も52800円とお手頃です。

キーボードのスタンドがそのまま持ち運ぶ際の取っ手になるのは面白いですね。
普段は鞄に入れて持ち運ぶのでしょうが、ちょっとした移動時に重宝しそうです。

ちなみに最近の子供はパソコンを持っているのが当たり前・・と思っていましたが、実際はそうでもないみたいです。
おうちで家族のPCを触ることはあるでしょうが、昨今の経済状況もあって買ってもらえない子の方が多いようです。
たぶん、多くのママ達は5万円以下の中古パソコンとか知らないのかもしれません(5万でも高いか・・)。
あとネットにかかわると危ないとか目が悪くなるといった心配もありそうですね。
でもプログラミング教育の開始でパソコン需要はさらに増えていくような気がします。

コメントする