【評判】パソコン工房SENSE∞「RAW現像・写真編集向けパソコンSENSE∞」


iconicon
 RAW現像を快適に行う為、特にCPU性能とストレージ速度を重視したモデルを取り揃えています。 非常に安価なビギナーズモデルからたっぷり性能を詰め込んだハイスペックモデルまで幅広く選択可能。 ミニタワー・ミドルタワーのデスクトップだけでなく、15.6型・17.3型のノートブックもあります。

  ⇒ RAW現像・写真編集向けパソコンSENSE∞icon


 総合評価:★3.7(とても良い:0、良い:4、普通:2、悪い:0、とても悪い:0)


・評価:★★★★☆ 投稿者:カナダで撮ろう!
 photoshopを使用してRAW現像作業をしていますが、処理に時間がかかったり、モニターに表示される色合いとプリントとのギャップに悩まされ続けて来ました。 RAW現像処理に特化したPCを探しましたが、店舗やサイトによってお薦めがまちまちなので、結局無難に処理速度の速いPCに買い換えましたが、今でも納得のいく結果を得ていません。 通販PCは自分で試してみることが出来ないので、解説に実例を挙げたり他製品と比較するなどして製品の特性を見たかったと思います。

・評価:★★★★☆ 投稿者:バビーズ
 5000万画素に対応できるスペックのものが、10万円を切る価格でも購入できるというのはすごい。 RAM現像では大容量データになるので、CPUもメモリーもストレージ速度も高性能なものが必要なのは当然ですが、個人的にもっとも重要だと思うのはモニターです。 結局、アウトプットされるものが正確でないと、どんな性能も生かせません。 そもそもiiyamaはモニターに定評があった会社だし、色調の再現性についてのノウハウは高いものがあった筈だから、安心して選べるように思います。

・評価:★★★★☆ 投稿者:みなみさん
 趣味で写真を撮ったり、それをアルバムにしたりしていますが、その際に色調や明るさで「もう少しこうだったらいいのに」と思うことも多いです。 それをスムーズに、より思い通りにできるパソコンということで、とても良い製品だなと思いました。 今はSNSなどが多くあふれ、写真で魅せる機会も多くなってきているので、こういったパソコンによる編集で、淡い感じだったりビビットな感じだったりを瞬時に反映できそうなのが魅力的だと感じました。

・評価:★★★★☆ 投稿者:ワールドトラベラー
 RAW現像・写真編集向けパソコンというものがあることを初めて知ってので、とても興味深いと思いました。 国内、海外を問わず旅行に行った際には、デジタルカメラで写真をたくさん撮ります。 最近のデジタルカメラのスペックは高画素になっており、撮った写真もとても綺麗ですが、RAWデータ形式で撮ることがことができればもっと綺麗な写真を保存できるのが魅力的です。 そのような写真データは容量が大きくなると思うので、それらを編集するための専用パソコンはとても有用だと思います。


・評価:★★★☆☆ 投稿者:かきすた(写真家・カメラマン)
 デスクトップ型に光学ドライブはオプションでいいのではないか? 納品はUSBメモリかデータ便またはクラウドがほとんど。 外す分安くできると思う。 写真に関してはDVDやBD納品はほとんどないのではないか?

起動ドライブがすべてSSDなのはありがたい。 これは標準にするべきといってもいいくらい速度に差が出る。 個人的には選べる方がいいのでミニタワーでインテル版、ミドルタワーでRyzen版があってもいいのではと思った。

デスクトップで思うのが写真編集用としてあるので、是非カードリーダーを上部に持ってこれるようにしてほしい。 内臓のいいものを上部に取り付けるか、USB3.0を取付しやすい位置に増設してあると取り込みがしやすくなる。 必ず行うと言ってもいい取り込みの動作が考えられていない。 パソコンを机下に置くとかがんでメディアを入れないといけない。 写真編集用と銘打つのであれば、ソフト動作の効率化だけでなくハード面の効率化も考えてほしい。 まだまだ改善できる余地はあると思う。

最後に、ノーマルなPCなどと一緒にライトルーム現像やフォトショップでの作業時間などの比較で、どれだけ速く動くなどの情報も入ってると、より分かりやすく判断できるだろう。

・評価:★★★☆☆ 投稿者:四畳半
 実際に何らかのソフトを使用した動きが確認出来る動画、実際にRAW現像でAの写真がBのような感じになりますなどが掲載されていれば、まだ持っていない人や、既にPCを持ってはいるけどもパフォーマンスに不満を持っている人にアプローチが出来るかと思います。 現在5年ほど前のデスクトップPCを使用していてlightroomの動きに若干不満を持ちつつありますので、冬のボーナス時に購入を検討しております。 パソコン工房さんは全国にありますので、このモデルがどこかの店舗で実際に試せる場所なども記載して頂けますと大変助かります。


 総合評価:★3.8(とても良い:1、良い:2、普通:2、悪い:0、とても悪い:0)

2017/8/17更新


・評価:★★★★★ 投稿者:BRBR6654
 インテル系のモデルは16GBメモリ搭載と心強く、どのタイプもSSD二つ、ハードディスクを一つは搭載しているあたり非常に作業性の良いパソコンだと思います。 本体ケースの上の部分にメモリーカードスロットがあり、置き場所を考えればかなりメモリーカードの出し入れがしやすく設計されているのではないでしょうか。 カスタマイズでモニターも高性能なものがオプションで選べるようで、カラーマネージメント液晶が選べるのもRAW現像や写真編集向けのパソコンならではと言ったところです。


・評価:★★★★☆ 投稿者:cockddd(写真家・カメラマン)
 3つあるどのモデルを見てもコストパフォーマンスの高さが良い。 棲み分けとしては上位2モデルはプロ用、エントリーモデルはアマ向けといった感じだろうか。 SSDとHDD併設というのが良い。 ただ、もう少し大きなHDDのモデルも選べるとなお良い。 仕事で使うとなると納品前のカットはSSDに入れて機動性を高めたいし、その逆に納品後のカットは機動性は(永遠に開かれることのないカットもあるので)ある程度どうでもよく、とにかく大容量のストレージに保管したいからだ。

USBポートはやや少ない印象で、常設している周辺機器を考えると最低6ポートは欲しいところ。 USB過渡期の昨今で諸処の事情はあるのだろうが、すべてのポートをUSB3.0以上にしても良かったかもしれない。 メモリに関して、エントリーモデルは8G、上位2モデルは16GBと設定されている。 上位2モデルは良いとして、エントリーモデルは「RAW現像用マシーン」を名乗るには少し物足りない印象がある。 Lightroom、Photoshop、メーラーなどを同時起動した状態でどのようなパフォーマンスになるのか試してみたいところ。

しかしこれらのディフェクトは購入後にカスタマイズしても良いかな・・と思わせられるほどのコストパフォーマンの高さである。

・評価:★★★★☆ 投稿者:でけ太(写真家・カメラマン)
 このPCはRAW形式で保存ができ、作業の効率化がとてもアップすると思われます。 素人からプロまで安心して使えそうですし、価格とスペックのバランスがとても良いですね。 このようなスペックだと作業効率アップは間違い無いでしょう。 Photoshop等の作業でも重い作業でもサクサク動くんではないでしょうか。 経験上メモリ不足で作業が重くなりイライラしたりした経験あるのですが メモリが16GBあるのであればおそらく安心なのではないかと思います。

最近のデジタルカメラは日々高画素数化が進み、EOS 5Dsのように5,000万画素を超えるモデルも登場した。 ですので画像1枚あたりの容量が大きくなる時代がこれから来るのではないかと思います。 でもこのPCですと十分に対応出来そうですし、正直とても欲しいPCです。


・評価:★★★☆☆ 投稿者:bough(写真家・カメラマン)
 基本的に私は昔からマックユーザーなので、マック以外が使えない訳ではありませんが、魅力と言うとそうでもないと言わざるをえません。 ただ、値段的にはリーズナブルで作業するのはOS自体関係有りませんので、大きな問題ではないと思います。 マシーンスペックも十分なようですし、RAWデーターを扱うのにもストレス無く作業が出来るのは重要です。 カラーマネジメントも考慮されているようですし、写真データーを扱うには十分でしょう。

・評価:★★★☆☆ 投稿者:はな(写真家・カメラマン)
 ミニタワーAPU A10モデルですが、マザーのスペックは基本的には問題ないです。 あとはPhotoshopとIllustratorなど他のソフトの動作具合も知りたいところ。 デフォルトで2TBくらいの拡張HDDがないと編集は難しいですね。 あとは無線まわりで、BluetoothとWi-Fiは必要でしょうか。 カラー再現の感じは分かりませんので、macとの比較やいくつかのモニター比較とかが事前に見れればありがたいです。


パソコン工房「RAW現像・写真編集向けPC」


 

コメントする