【レビュー】東芝dynabook Xシリーズ

東芝ダイレクト
 Officeやタイピングソフト等を収録した教育市場向けの15.6型ノートPCです。 キーボードは文字が太くて見やすくなっており、また様々なテストをクリアするなど堅牢性も高いのが特徴です。

  ⇒ 東芝ダイレクト dynabook Xシリーズ


 dynabook GZシリーズキャンペーン・・・抽選で200名にモバイルスーツプレゼント! 2019/11/28-17:00迄

 タイムセールキャンペーン・・・期間限定で最新モデルから旧モデルまでお買い得♪

 東芝トップページ・会員限定クーポン・・・通常より安く手に入れることが可能です。 登録無料


掲載日:2019/4/21
投稿者:カズヤ
機種:東芝dynabook X4 P1X4JPEG (2019年1月24日発売)
構成:10H,Celeron 3865U,メモリ4G,SSD256G,DVD,15.6型,Office H&B,¥86800,2019/4/21時点
評価:★★★★★


私は従来、レッド色の他社製ノートパソコンを使用しておりました。
しかしOSが古くて毎日のように更新作業が行われ、遂にはノートPCが起動しなくなるような症状が発生したことから、東芝ダイナブックの購入に至っております。

私が東芝ダイナブックを選定した理由としましては、タイピングの作業を毎日やっているのですが、やはりキーボードの打ちやすさを重視して購入しました。
このモデルは非常に薄型で計量設計でありながらキーボードが非常に静音仕様で、なおかつタイピングをしてる感が非常に実感できます。
その為、私としましては個人的にタイピング音とタイピングのしやすさを重視して、このモデルを購入させて頂くことにしました。

また、10年前のスペックでは実現できない程のスムーズなノートPCの立ち上がりです。
画像も非常に鮮明で鮮やかでありましたので、このノートPC以外は考えられないなと思いました。


東芝トップページ


 

コメントする