初心者が10万円で株のデイトレードに挑戦!基本と注意点は?


かなり前ですが、デイトレーダーに憧れて10万円という少ない資金で株式投資に挑戦したことがあります。
当然のことながら購入できる銘柄はかなり限定されるのですが、それでもそれなりに売買を体験することができました。
しかも約1~2ヶ月という短期間ながら最終的に1万円ほどのプラスで利益確定しています。


【売買の基本「株価チャート」】

売買を始めてまず注目したのは株価チャートです。
株価がどのような値動きをしているかで購入する銘柄を決めていたのですが、短期・中期・長期と全て見て上昇傾向にあるものを選びました。
特に重視したのが長期の値動きでして、例え短期的に値下がりしたとしても、しばらくすれば戻るのでは?と期待できます。
もちろん下がり続ける可能性も十分あり得ますが確率の問題でして、実際これで結構勝てたものです。


【出来高の少ない銘柄に注意】

しかし失敗したのが、値動きの少ない銘柄を購入してしまった時です。
買ってすぐ値下がりしたのですが、その後全く動かず、売ることができずに数日間の塩漬け状態となってしまいました。
なんとか粘って買値で売り払うことができたのですが、待っている間は気が気じゃありません・・・。
こちらも株価チャートで確認できますが、特にデイトレードを行いたい方は1日の取引量(出来高)を必ずチェックして下さい。
取引の活発なところが狙い目です。


【投資は余剰資金で】

また、上にも書きましたが株の売買は想像以上に依存性があり、1日中株価が気になって仕方がなくなったこともあります。
そんなに大きく儲けたり損したりしたわけではないのですが、管理人が投資していたのが「生活資金」だったことが影響していそうです。
今思えば無謀でしたが、当時は株の「か」の時も知らなかったので、良い勉強になったと思っています。
たったの10万円ですらそんな状態になるのですから、これが100万円を超えてきたら、管理人的には正気を保てそうにありませんw
今はもうやっていませんが、いつか余剰資金が貯まったら遊びでチャレンジしてみたいと思っています。


 

コメントする