パソコンでデータ入力のお仕事


数円から数百円程度稼ぐアンケートやウェブライターと違って、データ入力は最低でも数千円前後から稼ぐことができるお仕事です。
主に原稿を見ながらパソコンに打ち込む作業になり、スピードと正確性が求められます。
ミスだらけでも困るので、クライアントによってはデータをプリントアウトして、赤ペンで校正したものを提出させるところもあります。
家で気軽にできるお仕事ですが依頼は不定期なことが多く、納期もそれほど余裕があるわけではありません。
慣れてくると急ぎの仕事を頼まれることもありますし、沢山稼げる反面、時間はある程度拘束されます。

入力にはWordやExcelを指定されることが多いので、Microsoft Officeが必要になるかもしれません。
原稿は宅配で送られてきますが、画像データ化されてネット経由で送られる場合もあります。
宅配運賃の負担は半々にするケースが一般的ですが、その他にも校正用のプリント用紙代、インク代と結構経費がかかるので注意が必要です。

必要となるパソコンの性能は、仕事で使う可能性の高いMicrosoft Officeが快適に動作するものが良いでしょう。
また、とにかく文字を打ちまくりますので、デスクトップの様に消耗したらすぐ取り替えられる外付けのキーボードが望ましいです。
液晶もデュアルモニタにして、原稿となる画像データを右に置き、入力するソフトを左に置くなどすると非常に効率的かと思います。
以上のことから、できればノートブックよりデスクトップの方が何かと便利ですが、安いノートや液晶を購入して使い倒すというのもありかもしれません。

ちなみに、企業や公的機関の書類などを扱うため守秘義務が生じますので、最初に契約書を交わすことになります。
普段は目にしないような興味深い内容のものもあるので、入力作業をしていて楽しめることもあるのではないでしょうか。

色々とハードルは高いですが、これでも一昔前に比べるとかなりやりやすい環境になってきています。
なんと言っても一番の問題であった、悪徳業者に遭遇する可能性が低くなったからです。
その理由はクラウドソーシングと呼ばれる仕事依頼サイトの登場によるものですが、本人確認や報酬の前払いなどシステムがしっかりしているので、より安心して仕事に打ち込むことができるようになりました。
とは言ってもゼロになったわけではないので、今後も業者を見極める力は必要かと思います。


【お勧めサイト】

 実はデータ入力の作業者を募集しているところは沢山あります。 しかし応募が多い為、募集を一時停止しているところがほとんどなのではないでしょうか。 それだけ需要が多いということですが、それを良いことにかなり低い単価で仕事を提供する業者もいますので、飛びつかないよう注意が必要です。

現在のところ、下記の様なお仕事総合サイトで募集を行っているクライアントに応募するのが現実的かと思います。 日々たくさんの案件が並べられているので、募集要項や仕様書等をよく読んでから、自分のレベルにあったものを選んで下さい。


ランサーズ・・・クラウドソーシングサイト。常に複数のデータ入力案件を募集。

クラウドワークス・・・クラウドソーシングサイト。常に複数のデータ入力案件を募集。


【お勧め関連記事】

【管理人レビュー】データ入力のお仕事



 

コメントする