【比較】Core i7 8700を搭載したデスクトップPCはどこがお買い得?「台数限定セールのフロンティアがハイスペックでお買い得♪」(¥93938~)10H,Core i7 8700,メモリ8G/16G,SSD240G,HDD1T/2T,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ8GB・SSD&HDDを基本構成とします。
※2018/8/28よりHDDのみからSSD&HDDへと変更しました。
※2018/7/3よりCore i7 7700からCore i7 8700へと変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i7 8700>Core i7 7700K>Core i7 6700K>Core i7 7700>Core i7 6700
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスコンピュータLUV MACHINES
ドスパラGALLERIAドスパラMagnate・Knight・Lightning・Regulus(ミニタワーパソコン)
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアGXシリーズ(マイクロタワー)Sシリーズ(スリムタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2019年4月6日更新】

 2ヶ月ぶり23度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーなりなります。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD ドライブ 電源 価格(税・送込)
マウスLUV MACHINES iH700XN 10H 8700 8G 240G 1T 450W-St ¥115,128
ドスパラMagnate GE DVD 400W-St ¥93,938
工房STYLE-M1B6-i7-UH 350W-B ¥100,396
フロンティアFRGAH370/WS16/NTK GAシリーズ 台数限定セール 16G 2T 600W-B ¥96,984

今回最も安かったのはドスパラとなりました。 前回最安だったフロンティアは大幅に値を上げていて、代わりにドスパラが値を下げて順位が入れ替わっております。 フロンティアはスペックも変わっていますが、トータルでコスパは上がっているかもしれません。

ドスパラとフロンティアの価格差は約三千円程ですが、フロンティアはメモリが倍の16GBあり、さらにHDDも倍の2TBあるなど内容が良いです。 さらに電源の性能と容量も上なので、お買い得度はこちらの方が高そうです。


 昨日19.5型HD+液晶が届いたので早速23型フルHD液晶とのデュアルディスプレイ環境にしましたが、19.5型が予想以上に縦幅の狭いことに驚きました。 以前使っていた20.1型WSXGA+液晶と比べて3cm近くも違うことに愕然としています。 横幅は期待通りの広さで文句無しなのですが・・。

正直使いづらいので、もっと縦幅の大きな液晶を買い直そうかと思いましたが、探せど探せど見つかりません。 まず20.1型というのが無いですし、WSXGA+というのも取り扱いは少ないです。 これ以外となると20.7型が主流みたいですが、ほぼフルHDばかり。 大きさは19.5型HD+より縦が+2cm、横が+3cmくらいなので、縦幅は改善されるものの横幅が広くなってしまいます。 つまり管理人の求める丁度良いのが無いんです!!

また大きい液晶の方もこれ以上幅広にしたくないので、次回も23型で良いかなと思っています。 隣の19.5型との差が激しいのもどうかと思いますし・・。 う~ん、あんまり液晶ディスプレイには詳しくないのですが、これほど選択肢が少ないとは意外でした。 今後もこの形で行くしかないのかなぁ~。

ちなみに縦幅の違いが使いづらかったので、19.5型の下に5kgのバーベルプレートを敷いたら、ほぼ丁度良い高さになりました。 上が揃っているとソフトの移動がし易くて使いやすいです。 液晶間のカーソル移動の縦ズレは「ディスプレイ設定」で簡単に調整できました。 これで何とか仕事とかの使いづらさは改善されましたので、あとは時間をかけて慣れていければと思います。


【2019年2月13日更新】

 2ヶ月ぶり22度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーなりなります。


今回最も安かったのはフロンティアです。 ただし、SSDの容量が大きいのでHDDは非搭載の構成としてあります。 仮にHDD1TBを追加すると+7800円で89208円(税・送料込み)となり、やはり最安です。 2位・3位のドスパラ・パソコン工房と比べても、やはりSSD480GBのインパクトは強いですね。


【2018年12月19日更新】

 2ヶ月ぶり21度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーなりなります。


これまで最安だったフロンティアがキャンペーンから外れて価格を大幅に上昇させてしまいました。 代わって最安となったのはドスパラでして、前回と同構成で5千円程値下げされています。 2位のパソコン工房と比べると価格差は3千円程度ですが、電源の性能はパソコン工房の方が一つ上なので、こちらも検討の余地はあるかもしれません。 ちなみにドスパラはミニタワーでパソコン工房はスリムタワーになりますが、パソコン工房には同価格で電源容量の大きいミニタワーや短納期モデルもあります。


【2018年10月21日更新】

 2ヶ月ぶり20度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーなりなります。


今回も最も安いのはフロンティアとなりました。 こちらのモデルは「秋の大感謝祭」で販売されていますが、標準ではCore i5を搭載しています。 また、唯一のスリムタワーですので、省スペースタイプを希望の方にもお勧めです。 ただ電源の容量は一番少ないので、筐体の小ささもあり購入後の増設には向いていないかもしれません。


 早くも正月キャンペーンが注目を浴びていますが、キャンペーンが登場するのは例年通り11月末頃になると思われます。 皆さん気が早いですね・・。


【2018年8月28日更新】

 2ヶ月ぶり19度目の更新です。 今回からSSD&HDD構成にしたいと思います。 また、HPが無くなって合計5メーカーです。


HPは新モデルになって該当の構成ができなくなってしまいました。 Core i5搭載モデルかCore i7+グラボ搭載モデルのみです。

最も安いのはフロンティアでして、他メーカーが10~11万円台な中、唯一9万円台前半という圧倒的な低価格を実現しています。 また、電源の容量が大きいのも特徴ですので、購入後の増設等にも対応できるのではないでしょうか。


【2018年7月3日更新】

 2ヶ月ぶり18度目の更新です。 Core i7 7700の取り扱いが少なくなってきたので、Core i7 8700へと移行したいと思います。 全5メーカーです。


今回はHP・パソコン工房・フロンティアの3メーカーが値下げされて最安値を競い合っていますが、その中でもHPとフロンティアの値下げ幅が大きくて価格も安いです。 HPは前回と同構成で10476円もダウンしていますが、フロンティアはプロセッサアップグレードにSSDまで付いた上に6264円もダウンしています。 価格はフロンティアが約千円のリードです。

HPは旧プロセッサ搭載というマイナスがあるもののHDD容量は最も大きいですし、光学ドライブにBlu-rayドライブを標準装備している点も魅力です。 フロンティアは最新プロセッサとSSD搭載という点が特徴ですが、電源の量と質も高いですね。 マシンパフォーマンスはこちらの方がずっと良さそうですが、用途によってはHPもありかと思います。


【2018年5月15日更新】

 2ヶ月ぶり17度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


今回は前回最安だったフロンティアが値上げされて、代わりにドスパラが最安となりました。 価格差はさほどありませんが、ドスパラはHDDに加えてSSDも搭載しているので、非常にコストパフォーマンスが良いです。 現在実施中のSSD&HDD無料アップグレードによるものなので、この機会をお見逃しなく。

また、それらよりやや割高でCore i7 8700を搭載したパソコン工房も見逃せません。 やはりなんと言ってもパソコンの性能はプロセッサに影響されますから、大幅にパワーアップした最新プロセッサに興味のある方はそちらも要チェックです。

Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz 6コア・・・15,501
Intel Core i7-7700 @ 3.60GHz 4コア・・・10,809
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3099&cmp[]=2874https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2905&cmp[]=2874

HDD容量が大きくてBlu-rayドライブを搭載したHPも良いですね。 どれも個性的な特徴を備えていて、選ぶのが大変そうです。

ちなみに前回に引き続いてパソコン工房は8700搭載モデルを取り上げていますが、ドスパラでも7700搭載モデルは激減していました。 上記のモデルはミドルタワーになります。 今後も徐々に取り扱いは減っていくと思われますので、7700希望の方はご注意下さい。


【2018年3月26日更新】

 2ヶ月ぶり16度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


今回は久々に値下げが目立っています。 最も安かったのはフロンティアでして、なんとメモリが16GBもあるのに唯一8万円台を実現します。 ただ、電源の性能は他に比べてやや劣るでしょうか。

また、パソコン工房では既に8700への移行が完了していました。 性能が高い分価格も高いですが、コスパ的にはさほど悪く無いと思います。


【2018年2月3日更新】

 2ヶ月ぶり15度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


値上げが多いですが、唯一値下げされたフロンティアが最安となっています。 2位パソコン工房とほぼ同額ですが、パソコン工房は無償アップグレードによってCore i7 7700Kを標準装備しつつ電源の性能が高いです。 一方フロンティアはメモリ容量が唯一倍の16GBもあるところが魅力ですので、希望や用途に合わせて選んだら良いと思います。


【2017年12月14日更新】

 2ヶ月ぶり14度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


今回も最安はパソコン工房となりました。 しかし注目したいのはHPでして、前回と同構成ながら価格が16092円もダウンしています! パソコン工房との価格差は6394円ですが、HDDは倍の2TBありますし、光学ドライブもBlu-rayドライブを採用するなど内容充実でコストパフォーマンスが非常に良いです。

ちなみに第8世代インテルプロセッサ搭載モデルも既に販売されていますが、性能差は下記の様な感じになります。

Intel Core i7-8700K @ 3.70GHz 6コア・・・16,300
Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz 6コア・・・15,501
Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz 4コア・・・12,097
Intel Core i7-7700 @ 3.60GHz 4コア・・・10,809
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3098&cmp[]=2874https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3099&cmp[]=2874https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2905&cmp[]=2874

スコアの違いもさることながらコア数の違いも気になりますね。 複数タスクで同時作業を行う方にとってもより快適な動作が期待できるのではないでしょうか。 ただし、7700搭載モデルと比べて価格は1万円くらい高いです。


【2017年10月17日更新】

 2ヶ月ぶり13度目の更新です。 今回は全6メーカーになります。


最も安いのは今回もパソコン工房となりました。 他メーカーが9万円台、10万円台の中、唯一8万円台を実現しています。 また、電源も性能の高い80PLUSを採用して魅力的です。 2位にはeX.computerがつけていますが価格差は4126円あり、電源の性能はワンランク上となっています。


【2017年8月22日更新】

 2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回はHPが復活して合計9メーカーとなっております。


今回最も安かったのはパソコン工房となりました。 同メーカーとしてもこれだけ安いのは久しぶりでして、約8ヶ月ぶりの水準です。 前回と比べて1万円ほど安くなっていますが、その代わり標準装備だったSSDは無くなっています。 他メーカーと比べて最低でも4千円くらい差がついていますし、スペックも標準的で文句無しと言ったところです。 唯一の8万円台を実現しています。 ちなみにこちらは現在実施中のキャンペーン「夏の大感謝祭」モデルですので、期間終了(期間不明)にご注意下さい。


【2017年6月18日更新】

 2ヶ月ぶり11度目の更新です。 今回はHPのサイトがメンテナンス中のため、1つ減って全8メーカーとなっております。


今回は若干値上げが目立ちますね。 一方でSSDを標準搭載するモデルも増えており、性能も上がっている模様です。

最も安かったのはフロンティアですが、eX.computerがほぼ同額で2位につけています。 フロンティアはSSD容量が倍ありeX.computerは電源容量で勝るなど、それぞれ特徴があるので、好みに合わせて選んだら良いのではないでしょうか。

ちなみにフロンティアは旧プロセッサ(6700)搭載の「夏のボーナスセール」モデルもあるのですが、こちらはさらに安くて、なんと8万円台ジャストです! 先日さらに千円ほど値下げされたので、価格を重視される方はそちらもチェックしてみて下さい。


【2017年4月16日更新】

 2ヶ月ぶり10度目の更新です。 今回は全9メーカーになります。


今回の注目はなんと言ってもHPです! 現在実施中の「限界に挑戦!限定キャンペーン」は非常にお買い得でして、ここ最近のHPでは見られなかった様な安いモデルが多々取り揃えられています。 当スペックでもダントツで最安を実現しており、いつも最安だったフロンティアは値上げされて7千円近くも差が付きました。 でもHPも決して常に高いモデルではなく、前回こそ大幅値上げされていましたが、それ以前は上位に食い込んでました。 しかしここまで安いのは1年ぶりくらいになりそうです。

「HP Pavilion 510-p100jp」はまず見た目が良く、そんじょそこらの激安メーカーとはひと味違うこったデザインをしています。 また標準で2画面出力に対応し、簡単なPCの操作方法を電話でサポートする「使い方サポート」「チャットサポート」も標準で付属です(1年間)。 さらに現在実施中のキャンペーンによってマイクロソフトOfficeが特別価格となっているので、Office希望の方にとっても見逃せません。

コメントする