【比較】AMD Ryzen 7にRTX3080搭載でお買い得なデスクトップは?「アーリーサマーセールのフロンティアがRyzen 7 5700X搭載で圧倒的最安!!!」(¥330180~)10H/11H,AMD Ryzen 7 5800X,メモリ16G/32G,NVMe SSD500G/1T,HDD4T,RTX3080/RTX3080 Ti,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※基本構成はメモリ16GB・SSD&HDD・光学ドライブ搭載とします。
※2021/5/7よりグラフィックのRTX3090をRTX3080に変更しました。無い場合は近いグラボで代替します。
※2021/1/2よりグラフィックのRTX2080 TiをRTX3090に変更しました。


【性能比較】
・CPU:Ryzen 7 5800X(28712)>Ryzen 7 3800XT(23911)>Ryzen 7 3800X(23359)>Ryzen 7 3700X(22821)>Core i9 9700K(18864)>Core i7 9700K(14579)
・グラフィック:RTX3080 Ti(26525)>RTX3090(25566)>RTX3080(23753)>RTX3070 Ti(22426)>RTX2080 Ti(21537)>RTX3070(21442)>RTX2080 SUPER(19334)>RTX2080(18619)>RTX2070(14437)

※()内の数値はPASSMARKのスコアです。常に変動するので最新の情報はPASSMARKにてご確認ください。その他、Geekbench Browser等で調査。 プロセッサベンチマークグラフィックベンチマーク


【お薦めパソコンレビュー】
マウスコンピュータLUV MACHINESG-Tune NEXTGEAR-MICRO
ドスパラMonarch・ThunderStorm(タワーパソコン)GALLERIA(ミドルタワー)
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアGA・GX・GZシリーズ(ミドルタワー)


【最新特価パソコン情報】 ※税・送料込み
フロンティアFRGHB550/WS80・アーリーサマーセール
 10H,Ryzen 7 5700X,32G,SSD1T-NVMe,RTX3080,1000W-G,¥263100,2022/4/29時点


【2022年4月13日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回はSEVENを追加して、合計4メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS Ryzen 7 メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
G-Tune EP-A 11H 5800X 32G 1T-NVMe 4T RTX3080 DVD 850W-G ¥344,080
工房LEVEL-R7X6-LCR58X-VAX 10H 16G 800W-G ¥330,180
フロンティアFRGHB550/A・GHシリーズ(B550) 1000W-G ¥343,100
SEVEN ZEFT R30SU 11H 500G-NVMe DVD 850W-G ¥359,480

今回、かなり価格が各メーカー近づいてきました。 だいたい34万円前後となっております。 新たに追加されたSEVENは最も高いですが、SSD容量が少ないのでお得度が低く感じます。

最も安いのは今回もパソコン工房でして、前回と比べて電源性能が落ちたにもかかわらず価格が24000円も上がってしまいました。 G-Tuneはパソコン工房より14000円ほど高いですが、メモリが倍あり、大容量HDD4TBも搭載するなど、なかなか内容は良さそうです。 でも、やはりパソコン工房が無難な選択肢になるでしょうか?


 何を血迷ったのか、作曲を始めましたw Cakewalkというソフトを使って勉強しているのですが、その流れで初めてMIDIキーボードというものを購入しました。 KORGというメーカーの「microKEY-25」という製品なのですが、品薄でなかなか手に入らない中、ヤフオクで良さそうな中古を見つけました。

もちろんピアノは弾けませんが、ソフト上のキーボードは非常に使いづらいので、やむなく物理キーボードを購入したというわけです。 もしかしたらレビューするかもしれません(弾けないのに)。 て言うか、MIDIキーボードって高いんですね。 ほとんど~万円しますし、ものも25鍵盤というミニサイズは少なくて、探すのに苦労しました。 ちなみにUSB接続&USBバスパワー駆動です。


【2022年2月16日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーとなっております。


今回も最も安いのはパソコン工房となりました。 G-Tuneと同様に、前回と全くの同構成・同価格でして、他メーカーより圧倒的な低価格で購入することが可能です。 一方、フロンティアはグラボがワンランク上になったため、価格が35000円も上がっています。 性能差については下記の通りです。

GeForce RTX3080 Ti・・・26,525
GeForce RTX3090・・・25,771
GeForce RTX3080・・・23,753
グラフィックベンチマーク

ベンチマークスコアでは「RTX3090」より「RTX3080 Ti」の方が上ですが、ほぼ同等の性能とみて良さそうです。 ただ、「RTX3080」搭載モデルより3万円以上高く、性能差もそこそこと考えると、微妙な構成変更・価格かもしれません。 ちなみにフロンティアはお馴染みのキャンペーンモデルではなく通常モデルなので、キャンペーン内に該当モデルが登場するのを待った方が無難です。


【2021年12月26日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーとなっております。


スペックアップもあって、全メーカー価格上昇しております。 その中で最も安かったのはパソコン工房となりました。 前回から6千円ほど値上げされていますが、プロセッサとSSDがパワーアップされており、コストパフォーマンスは上がっています。 他メーカーと比べても圧倒的に安いですが、グラボの性能はワンランク下がりますのでご注意ください。 ちなみに会員登録して購入することで、5千ポイント還元されます!

GeForce RTX 3080 Ti・・・26,525
GeForce RTX3090・・・25,771
GeForce RTX3080・・・23,753
グラフィックベンチマーク


【2021年11月1日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーとなっております。


今回も最も安いのはG-Tuneとなりました。 ストレージ容量も多く、電源性能も高く、ゲーミングならではの筐体も格好いいなど、非常にコスパは良さそうです。 今回それにパソコン工房のクリエイター向けが少し迫ってきましたが、まだ一歩及ばない感じでしょうか。 フロンティアはキャンペーンモデルがお買い得だったのですが、現在は品切れで、割高な通常モデルを取り上げています。 次期キャンペーンモデルに期待です。


 現在、DAC/ヘッドホンアンプとヘッドホンのレビューを同時に行っていますが、音の世界という新しい世界へのチャレンジなので、色々と四苦八苦しています。 パソコン側とヘッドホン側でそれぞれ音質アップを試みていますが、手間もお金もかかりますね・・。 また、最終的には自分の耳で判断しなくてはならないのも、結構たいへんでして、能力と経験と知識の無さを実感していますw それでも一生懸命レビューしていますので、11月中にはなんとか公開できると思います。 今暫くお待ちください。


【2021年9月8日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーとなっております。


全体的にやや価格上昇しています。 最も安かったのはG-Tuneですが、プロセッサの性能はかなり劣ります。 高性能なプロセッサを搭載したモデルも並べてみましたが、そちらのグラフィック性能は下記の様になりました。 そんなに性能差は無い模様です。

GeForce RTX3080・・・23,753
GeForce RTX3070 Ti・・・22,426
グラフィックベンチマーク

価格を抑えるのであれば「G-Tune XN-A」の一択ですが、安くて高性能なものをというのであればフロンティアがオススメです。 高性能なプロセッサに加えてメモリとSSD容量が大きく、それでいて価格は抑えられているなど、非常にコストパフォーマンスは良いと思います。 強いて不満点を上げるとすれば、電源性能が他よりやや低いところくらいでしょうか。


【2021年7月7日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーとなっております。


スペックは前回と変わりませんが、残念ながらパソコン工房とフロンティアが値上げされています。 また、G-Tuneは前回に引き続き入荷待ち状態ということですが、これはずっとこのままなんでしょうかね? 一番安いのですが購入できないという・・。 また、2番目に安いフロンティアもグラボ性能が低いので、何とも言えない状況になっております。 今は購入を控えた方が良さそうです。


【2021年5月7日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回から「RTX3090」から「RTX3080」へと変更し、無い場合は近いグラボで代替します。


最も安いのはG-Tuneとなりましたが、プロセッサの性能が他2メーカーと比べて劣ります。 ただ、フロンティアもグラボの性能が劣り、パソコン工房はSSD容量が少ないです。 どれも一長一短ありますが、好みに合わせて選んだら良いのではないでしょうか。

GeForce RTX3090・・・25,566
GeForce RTX3080・・・23,753
GeForce RTX3070・・・21,442
グラフィックベンチマーク


【2021年3月7日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 どこも品切れ続出中でして、ついにG-Tuneの1メーカーのみとなってしまいました。 あとRyzen 9に組み合わせているところが多いですかね? いずれにしても品不足が解消されないと購入できませんが・・。


G-Tuneもスペックアップでだいぶ価格が上がってしまいました。 しかしコレ以外無いという・・。 品不足が落ち着く夏頃まで待った方が無難です。

ちなみに管理人が購入予定のNECタブレットも発売が遅れております。 なんだかなぁ~。 ますます景気が冷え切りそうですw


【2021年1月2日更新】

 2ヶ月ぶり24度目の更新です。 今回からグラフィックを「RTX3090」で統一したいと思います。 「RTX3080」にしようと思ったのですが、そちらは取り扱いが少ないみたいです。 プロセッサもできるだけ比較しやすい様に揃えます。 G-Tuneが無くなって全2メーカーです。


グラフィックに加えてプロセッサもアップしたため、価格がかなり上昇してしまいました。 しかし、この構成が現在のトレンドみたいです。

通常モデルかつストレージ容量が大きいこともあってフロンティアは価格が上昇してしまいました。 それと比べてパソコン工房が3万円近く安くなっています。 各プロセッサおよびグラフィックの性能については下記をご覧下さい。

AMD Ryzen 7 5800X @ 3.80GHz(8コア)・・・28,712
AMD Ryzen 7 3700X @ 3.60GHz(8コア)・・・23,984
AMD Ryzen 7 3800XT @ 3.90GHz(8コア)・・・23,911
AMD Ryzen 7 3700X @ 3.60GHz(8コア)・・・22,821
プロセッサベンチマーク

GeForce RTX3090・・・25,566
GeForce RTX3080・・・23,753
GeForce RTX2080 Ti・・・21,537
グラフィックベンチマーク

※ベンチマークのスコアは新しいものほど結構変動するので、最新のスコアについてはリンク先にてご確認ください。


【2020年10月23日更新】

 2ヶ月ぶり23度目の更新です。 今回も全3メーカーとなっております。 「RTX2080」の無いところは「RTX3080」で代替してあります。 グラフィック性能については下記の通りです。

GeForce RTX 3080・・・23,753
GeForce RTX2080 Ti・・・16,984
GeForce RTX2080 SUPER・・・15,809
プロセッサベンチマーク


ややスペックがバラついていますが、価格はそれ以上にバラバラですねw 最も安いのはパソコン工房ですが、前回と同構成で25300円も値下げされています。 これは「RTX2070 SUPER」からの0円アップグレードが効いているものと思われますが、「RTX3080」の登場によって旧タイプを搭載したモデルは大幅な値下げが行われている模様です。 価格を重視される方は今がチャンスです。

一方、最新の「RTX3080」を搭載したモデルはフロンティアにて連日キャンペーン対象となっています。 ごらんの通りかなりお安くなっていますし、Intelと組み合わせたモデルも多々ありますので、是非そちらもチェックしてみてください。


【2020年8月27日更新】

 2ヶ月ぶり22度目の更新です。 G-Tuneが無くなりドスパラが追加されて、合計3メーカーとなっております。


今回も最安値をパソコン工房とフロンティアが競い合っております。 パソコン工房は標準でSATA SSDを搭載していますが、+2178円程度でNVMe SSDを選択できるので、そちらがオススメです。 フロンティアとの価格差はSATA SSDでも4026円ありますが、さらにフロンティアはHDD容量が倍あり、尚且つ電源性能もツーランク高いなど内容が良いです。 総合的に考えてフロンティアの方がお買い得なのではないでしょうか。

ちなみにどちらも似たような外観ですが、フロントパネルに大きな違いがあります。 パソコン工房はシンプルですがフロントのサイドにインターフェイスが備わっていて外観を損ねません。 一方フロンティアはフロントの上部にインターフェイスが多々装備されているので、頻繁にUSB等を抜き差しされる方にオススメです。


【2020年7月2日更新】

2ヶ月ぶり21度目の更新です。 「RTX2080 Ti」の取り扱いが少ないので、今回から「RTX2080 SUPER」を優先して取り上げたいと思います。 ドスパラが在庫切れとなってG-Tuneが復活し、合計3メーカーです。


今回最も安いのはパソコン工房でした。 ここ1年近くずっと最高値を記録してきましたが、ここへ来て過去最安レベルを実現しています。 ただし、他メーカーと比べるとSSDはSATAですしHDD容量も半分、電源性能も低めなど、やはり劣る部分が多々あります。 これらの内容を考えると、2位のフロンティアの方がお買い得になるのではないでしょうか。

コメントする