【レビュー】フロンティア(ノートPC)

 低価格ながらそれなりの性能も備えたコストパフォーマンスの高いモデルです。 あまりハイエンドなタイプは取り揃えていませんが、専用グラフィックを搭載したものも希に存在します。 価格重視、もしくはバランスを重視したラインナップとなっているのが特徴です。 シンプルな外観に必要最低限の機能やインターフェイスが備わっているスタンダードノートブックになります。

  ⇒ フロンティア(ノートPC)


 バーゲン・キャンペーン・・・通常よりお得な期間・台数限定の特価モデルです。 内容は常時更新されます。


掲載日:2017/9/21
投稿者:ava
機種:フロンティアNZシリーズ FRNZHM175/B (2017年1月購入)
基本構成:10H,Core i7 7700HQ,メモリ4G,HDD500G,GTX1050,15.6型フルHD,¥94800,2017/9/21時点
評価:★★★★☆


使用感は問題ナシ。
少し大きいので持ち運びは少し不便だが、マシンパワーを考えると妥当かと思う。
M.2 SSDにカスタマイズもしているので、以前使用していたwindows7のデスクトップと同等かそれ以上の性能がある。
仕事柄adobe製品を多用するが、3つ以上adobeソフトを同時起動しても問題なく動作している。

基本的な使用法が外付けキーボードなのであまり気にならないが、エンターキーが少し小さめなのでノートPCのキーボードだとたまにタイプミスをする。
モニタ出力が2つあるため、ノートのモニターと合わせて3画面出力が可能(普段使いでは3画面で使用している。)。
3画面出力でも前述の通り動作に問題はない。
現在までにブラックアウトしたことはナシ。

スピーカーの音は悪い。
DVDなどを見るには不向き。
ドライブがそもそもないので、外付けの別途購入が必要。
静音性は問題ナシ。
ノートのキーボードでタイプする時は少し手が熱くなる。


掲載日:2017/1/30
投稿者:takak
機種:フロンティアNXシリーズ (2015年4月購入)
基本構成(おすすめ構成C):Windows 10 Home,Core i7 4710MQ,メモリ8G,SSD120,HDD500G,DVD,15.6型,¥79800,2017/1/30時点
評価:★★★★☆


CPUの性能が高く動作が非常に軽いので、ソフトの稼動やインターネットの閲覧などが快適に行える。
業務用のパソコンで高速処理に使用しているが、サーバーの質がよくないのに快適に動く。
負荷がかかりにくいのでファンが動作すること自体が少ない。

ハードが258GのSSDのため、起動がボタンを押してから10秒程度しかかからない。
時たまSSDを読み込まずに立ち上がることがありブラック画面になるが、強制終了をして再起動する。
途中終了というわけではないので再チェックなどにはならないし、次は普通に起動する。

LANケーブルの端子が左側面前方にあるのは、いささか使いにくい。
ケーブルが邪魔に感じる。

購入後、メモリーの世代の進歩が目覚しく、CPUがi7でなくても快適に動くようになってきたと感じる。
マザーボードの関係から高性能のメモリーが使えないのが少し残念ではあるが、仕方がないのだろう。
シンプルな外見ではあるが十分満足のいく製品である。


掲載日:2015/10/21
投稿者:あっくん
機種:フロンティアNXシリーズ(FRNXW617)Windows7モデル
Windows 7,Core i5,Mem8G,HDD500G,DVD,15.6型フルHD
評価:★★★★☆


■ デザイン

 ブラックに統一されていて且つ横線が入っていて、ちょっとした高級感を感じるデザインは好感が持てます。 良くも悪くも非常にシンプルなデザインなので、シンプルイズベストとお考えの方にはお勧めです。 他にホワイトもありますが、汚れの目立たないこの色が自分の好みです。

■ 処理速度

 まだ購入して間もないので参考にならないかもしれませんが、起動はとても早く、またCPUがCore-i5なのもあり、処理時間もとてもスムーズです。 起動時間に関しては、1分~2分のあいだくらいです。 また、複数のブラウザを開いていても気になりません。

■ グラフィック性能・液晶

 動画に関しても処理落ちは今のところ感じられません。 ゲームに関しては種類によっては多少重く感じることもありますが、これはゲームを運営している側のサーバーの負荷の問題かと思われますので問題ないかと思います。 グラフィック性能は特に綺麗というわけでも無いですが、ごく普通です。

■ 拡張性

 こちらは私は試したことがないので何ともいえませんが、将来的に必要があればメモリを16GBに拡張しようと思っています。 他のフロンティアのPCで試したことはありますが、問題なくできますし、実際に処理速度もあがります。

■ 使いやすさ

 ノートなので、デスクトップに慣れている方は、どうしてもキーボードに違和感を感じるかもしれませんが、無駄なボタンもなく、また、文字からテンキーまでの配置(面積)が自分にとっては絶妙でストレス無く操作することができます。

■ 静音性・サウンド性能

 今のノートパソコンは全てそうかもしれませんが、とても静かです。 耳をすませば聞こえますが全く気になりません。 ドライブにDVD等入れるとさすがに気になりますが、どのパソコンもそうだと思います。 サウンドも綺麗に聞こえます。

■ 携帯性

 ごく標準的なサイズなので可もなく不可もなくです。 ただ、以前よりは大分軽量化されているので、重さはそんなに気になりません。

■ 総評

 現在、不満は何もないです。 よく、買った時点でデスクトップに色々なお試し版がインストールされているものがありますが、フロンティア製品は余計なものがなくありがたいです。 また、PCの重要部品は日本製なのも安心ですし価格も良心的です。 これからもお世話になると思います!


掲載日:2013/11/8
投稿者:小春日和
機種:2013年7月購入モデル(フロンティアFRNZ715/D)
Windows 7,Core i7 3630QM,Mem8G,HDD1T,GT650M,DVD,15.6型フルHD
評価:★★★★☆


■ デザイン

 購入したのは天板色がシルバー、それ以外が黒色のノートパソコンで、いたって普通。 天板にロゴはなく、シルバー一色です。 液晶画面の下フレームに「FRONTIER」のロゴがありますが、これはロゴが印字されているプラスチック板が貼ってあるだけなので、気に入らなければ取ることも出来ます。 良く言えば無難、悪く言えば地味。 外見にこだわりがある方ならば不満があるかもしれません。 天板にブランドロゴがなかったのは、デザイン的に良かったと思います。

■ 処理速度

 ノートPCではありますが、「Core i7-3630QM」にメモリ8G搭載ですので、起動・終了ともに速いです。 文書作成や画像処理でもたつくこともなく、スリープからの復帰もスムーズでした。

■ グラフィック性能・液晶

 GPU搭載モデル(GeForce GT 650M)でしたので、軽めの3Dゲームは楽に処理できますが、高いスペックが必要になる3Dゲームでは解像度を落とす必要があります。 「YouTube」の最高画質は楽に再生できます。 このノートPCの液晶は光沢タイプでしたが、反射するという程でもありませんでした。 ただ、液晶画面の角度によっては画面が見えにくくなりますので、その際は角度調整すれば問題ありません。

■ 拡張性

 メモリが8GB搭載モデルで、16GBまで増設できます。 増設には底部をプラスドライバーで開ける必要があり、メモリの規格は「DDR3 PC3-10600」です。 外部向けには、USB2.0とUSB3.0が各2箇所ずつあり、HDMI端子・Bluetooth・Webカメラ・SDカードスロットが付いています。

■ 使いやすさ

 ノートPCとしての使い心地はとても良いです。 独自のボタンでwi-fiやカメラのオンオフもできます。 ただし、右側に物を置いていると、光学ドライブの操作がしづらいです。

■ 静音性・サウンド性能

 駆動音はそれなりにします。 高負荷をかけるとHDD音がはっきり分かりますし光学ドライブの音も結構しますので、CDを入れて音楽を聴きながら何かをするとドライブの回転音がかなり気になります。 スピーカーの質は良い方です。

■ 携帯性

 2.6kgありますので、携帯性は期待しないでください。 毎日持ち歩くには向いていません。 屋内でもしょっちゅう移動させるのは億劫な重さで、更に電源コードも重量があるので、据え置き型ノートと思ったほうが良いです。 液晶が15.8インチのB4サイズノートなので、置き場所もそれなりに必要で、ひざの上で作業するのも考えものです。

■ ソフトウェア

 「CyberLink Media Suite 8 DVD for KOUZIRO R1」「Power2G」「PowerDVD9」「MediaShow」が入っています。 パッケージ版とは少し仕様が違うそうです。 「PowerDVD9」はCPRM対応となっており、TV番組を録画したDVD-Rの再生が出来ました。

「KINGSOFT Office2012 30日体験版」はマイクロソフトオフィスとの互換性があり、仕様も似ているソフトの30日間体験版です。 「Kingsoft AntiVirus2012」はKINGSOFT製のアンチウィルスソフトで、こちらも30日間の体験版です。 30日が過ぎると広告が入りますが、継続して使用できます。

■ 総評

 コストパフォーマンスに優れた良いパソコンだと思いますが、初心者には優しくないと思います。 マニュアルがあまりにも最低限のことしか記載がなく、メモリ増設など手を加える場合は注意が必要です。 もっとも、現状ではそこまでする必要が無いくらいのスペックだと思います。 デザインやソフトなどの付加価値とは無縁だと思いますが、それが価格に表れていると思えば納得です。


掲載日:2013/12/21
投稿者:ジキル415
機種:2013年3月購入モデル(フロンティアFRNX521)
構成:Windows 8,HDD500G,DVD,15.6型,¥50000未満,2013年3月時点
評価:★★★★★


■ デザイン

 シンプルながらも黒で統一されたデザインは、洗練されたスタイリッシュな印象を受けました。

■ 処理速度

 付属のソフトにキングソフトの起動コントロールがついていました。 60秒前後で立ち上がります。 現在ではキングソフトのサービス期間が終わりましたが、それでも1分前後で起動できています。 読み込みも速く、コストパフォーマンスは非常に高いです。

■ グラフィック性能・液晶

 LEDバックライト(15.6型ワイド)は見た目が美しく、動画も高画質で楽しむことが出来ます。 画面焼けや画面ブレ等も少なく、映画なども綺麗に視聴できます。

■ 拡張性

 HDDが500GBあり自由にパーテーションが選択できます。 また、50,000円を切る安さにも関わらず、ほぼすべての付属品用コネクターが内臓されているのはウレシイ所です。 現在ではWIN8.1にバージョンアップしましたが、複数のアプリをインストールして同時に起動させても問題がなく稼働しています。

■ 使いやすさ

 キーボードはテンキーが標準でついています。 またキー間のピッチもバランスよく配置されている為、それまで使用していたパソコンと比べても使いにくさはあまりありませんでした。 タッチパッドもフリックなどスマートホンのような操作が出来、いちいちPCとスマホで操作方法を変える必要がない為重宝しています。

■ 静音性・サウンド性能

 静音性は良好で、DVDの読み込み音も全く不快に感じません。 HDDの回転音も静かで、インストール時やインターネット上のダウンロードの際でも大きな回転音がしないのが特徴です。 サウンドは多少物足りない感じは受けますが、イヤホンや外付けスピーカーである程度の補正は可能です。

■ 携帯性

 全体的に軽量な為、持ち運びにも便利です。 ACアダプターも小さなタイプで携帯性に優れています。 バッテリー駆動時間はバランス調整でおよそ5時間~6時間と大きなバッテリー容量だと思います。

■ ソフトウェア

 OSはWIN8、キングソフトエクセル・ワード・パワーポントなどマイクロソフト社製品と互換性の高いものは標準装備です。 またウイルスソフト、クリーニングソフトもキングソフトから標準で装備されています。 只、無料な為ちょくちょく画面上に広告がダウンロードされます。 嫌な方はアンインストールしてマイクロソフトのものを購入した方が良いでしょう。

■ 総評

 新品で50,000円を切りながらもこのスペックは素晴らしい内容です。 コストパフォーマンスからしたら日本一のメーカーです。 サポートは多少玄人向けですが、個人的にはアリだと思います。 パソコン歴5年以上のユーザーにとっては素晴らしい機種だと思います。


コメントする