【比較】各パソコンメーカーのゲーミングノート売れ筋ランキングはどんな感じ?「ドスパラメモリ16GB無料アップグレード!!パソコン工房16.1型初登場♪」(¥101520~¥228938)10H/10P,Core i5 8300H・Core i7 8750H/8700,メモリ8G/16G,SSD256G-NVMe/480G/500G(NVMe)/512G-NVMe,HDD1T,GTX1050/GTX1050 Ti/GTX1060/RTX2070,15.6型フルHD/16.1型フルHD/17.3型フルHD


 不定期に各メーカーのランキング上位モデルを取り上げます。 当コンテンツはゲーミングノート限定です。 複数ある場合は状況に応じて2~3モデル取り上げる場合もあります。


【性能比較】
・CPU:Core i7 8700>Core i7 8750H>Core i5 8300H
・グラフィック:RTX2070>>GTX1060>GTX1050 Ti>GTX1050
PASSMARKGeekbench Browser・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPC
G-Tune NEXTGEAR-NOTE
ドスパラGALLERIA(ノート)
パソコン工房LEVEL∞(ゲーミングPC)


【2019/5/19更新】

 3ヶ月ぶり4度目の更新です。 今回も合計4メーカー8モデルとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラ 液晶 価格(税・送込)
HP Pavilion Gaming 15-cx0000 必要かつ十分な性能!最高のコスパを誇るゲーミングPC!キャンペーン 10H Core i5 8300H 8G 1T GTX1050 15.6F ¥101,520
OMEN by HP 17-an132TX ゲームを極めたい!そんな上昇志向を応援します!キャンペーン 10P Core i7 8750H 16G 512G-NVMe GTX1060 17.3F ¥197,640
G-Tune
NEXTGEAR-NOTE i5330GA2-C
10H GTX1050 15.6F ¥159,624
G-Tune
NEXTGEAR-NOTE i7920GA1
GTX1060 17.3F ¥197,424
ドスパラGALLERIA GCF1050TGF-E Core i5 8300H 500G GTX1050 Ti 15.6F ¥120,938
ドスパラGALLERIA GCF2070GF-E Core i7 8750H 256G-NVMe 1T RTX2070 ¥228,938
工房LEVEL-15FX090-i7-LXSX-D Core i7 8700 500G-NVMe GTX1050 Ti ¥131,738
工房LEVEL-16FR100-i7-TOSS Core i7 8750H 480G RTX2070 16.1F ¥218,138

今回はほとんどのモデルで16GBメモリが搭載されていて、より高性能化が図られている模様です。 また、パソコン工房に16.1型モデルが登場しました。 16.1型なんて初めて見ましたが、15.6型より大きくて17.3型より小さいサイズを求める方が多いのでしょうかね? ゲームをやらないので分かりませんが、ゲーミングノートの売れ筋ランキング3位にランクインしていたので取り上げてみました。 もしかしたらすぐ消えるかもしれませんので、お求めの方はお早めに。

ちなみにドスパラの2モデルは前回と同価格でメモリが倍増されているのでお買い得です♪


【2019/3/29更新】

 3ヶ月ぶり3度目の更新です。 今回はHPが1モデル無くなったもののドスパラとパソコン工房が1モデルずつ追加されて、合計4メーカー8モデルとなっております。


まずHPですが17.3型が初めて登場しました。 性能も高く、価格もこれまでで最高値となっております。 G-Tuneの15.6型は前回と変わりませんが、17.3型はメモリが最高の32GB、グラフィックが最新のRTX2070とより高性能になっています。 価格も他と比べてダントツの高さです。

ドスパラは唯一Core i5を搭載したモデルが登場し最安値を実現。 17.3型はランキングから消え、上位3位までを15.6型が独占しています。 パソコン工房は高性能なプロセッサCore i7 8700を搭載したモデルがランクインしました。 全体的には若干ですがスペックアップの傾向が見られます。


【2019/2/5更新】

 3ヶ月ぶり2度目の更新です。 今回はHPのゲーミングブランド「OMEN」が追加されて、合計4メーカー7モデルとなっております。


今回は全体的にハイスペック化がなされている模様です。 まずプロセッサですが、Core i7 8750Hが定番となっていて、メモリは8Gより16Gを採用するモデルが多くなりました。 そして最も大きな違いはSSDでして、今までのSATAもしくはM.2からNVMeへと更に高速化されました。 一般のノートでもSSDが定番となってきましたが、より性能を求められるゲーミングノートではNVMeが定番となってきた様です。 また、グラフィックには新世代のRTXシリーズグラフィック「RTX2070」を搭載するモデルも登場しました。


【2018/11/7更新】

 各パソコンメーカーの売れ筋ランキングをチェック、比較していきます。 対象はゲーミングノート限定でして、メーカーは3~4メーカーになる予定です。 これからPCゲームにチャレンジしようとしている方、何を買ったら良いか分からない人は是非参考にして頂ければと思います。


まずG-Tuneについてですが、1位のモデルが完売となっていた為、2位・3位のモデルを取り上げてあります。 1位は旧プロセッサ搭載モデルですし、2位と価格帯もさほど変わらないので、こちらの方が参考になるのではないでしょうか。

またパソコン工房はゲーミングPC売れ筋ランキングトップ10に唯一ランクインしたモデルになります。 やはりPCゲームはデスクトップの方が主流みたいですね。

全体的なスペックとしては、第8世代Core i5/Core i7、メモリ8GB、SSD&HDD、GTX1050/GTX1060、15.6型フルHDが定番みたいです。 メモリは意外と少なめでしたし、SSDも高速なNVMeは一つも見当たりませんでした。 飛び抜けて高性能なパーツは無いかもしれませんが、トータルで高性能な構成だなという印象です。 また、通常モデルと同様に光学ドライブは非搭載が標準となっています。

【比較】AMD Ryzen 5 2400Gを搭載したモデルでお買い得なのは?「初夏のビッグセールのフロンティアが最安!!」(¥61538~)10H,AMD Ryzen 5 2400G,メモリ8GB,SSD240G/320G,HDD1T/2T,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ8GB・SSD&HDDを基本構成とします。
※2018/5/14よりRyzen 5 1600&GTX1060をRyzen 5 2400Gに変更しました。
※2017/10/15よりSSD&HDDを基本構成とします。


【性能比較】
・CPU:Ryzen 5 1600X>Ryzen 5 1600≧Core i7 7700K>Core i5 8400>Core i7 7700≧Ryzen 5 1500X>Ryzen 5 2400G>Ryzen 5 1400
・グラフィック:GTX1060>GTX1050>>>RX Vega 11>Graphics 630
PASSMARKGeekbench Browser・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
マウスコンピュータLUV MACHINES
ドスパラMagnate・Knight・Lightning・Regulus(ミニタワー)Monarch・ThunderStorm(タワーパソコン)
ドスパラGALLERIA(ミドルタワー)
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアGA・GX・GZシリーズ(ミドルタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み
フロンティアFRGXA320/M GXシリーズ 初夏のビッグセール
 10H,Ryzen 5 2400G,8G,SSD320G,HDD1T,600W-B,¥61344,2019/6/13-15:00迄


【2019年4月5日更新】

 2ヶ月ぶり15度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS AMD メモリ SSD HDD ドライブ 電源 価格(税・送込)
HP Desktop 190-0204jp 長期安心セット!3年保証&1年間なんでも相談デラックスサポート付きキャンペーン 10H Ryzen 5 2400G 8G 2T DVD 180W-G ¥67,824
マウスLUV MACHINES AR410SN 240G 1T 500W-B ¥85,968
ドスパラRegulus AR5-Q DVD 400W-St ¥71,258
工房STYLE-S0B3-R5G-VH 300W-B ¥74,476
フロンティアFRGXA320/M GXシリーズ 新生活応援セール 320G 600W-B ¥66,744

前回初登場で最安を実現したHPですが、今回はフロンティアのキャンペーンモデルに抜かされております。 価格差はわずかに千円程度ですが内容が結構異なり、HPは大容量2TB HDDに加えてDVDドライブや高性能電源を搭載している点が魅力です。 一方のフロンティアはHDDに加えてSSDを搭載しており、また電源の容量が多いのも特徴的。 どちらも一長一短あるので、好みや用途に合わせて選んだら良いと思います。


 昨日、宣言通り新液晶ディスプレイの「iiyama E2083HSD-B2」を購入しました。 本日到着予定です。 あれからも散々悩んだのですが、やはり小さい画面には解像度の小さいものの方が相応しいと判断しました。 また、デュアルディスプレイのもう一つは23型の大画面になりますが、こちらも現在あまり調子が良くありません。 もしかしたら近々買い替えるかもしれませんが、こちらは以前24型から23型にした際、狭苦しさを感じたので、再び24型かそれ以上の大きさの液晶にするつもりです。

やはり小さい文字というのは見ていて疲れますので、その液晶サイズにあったベストな解像度を選択した方が良いと思います。 ただ、24型以上だとどの辺までがフルHDとして丁度良いのかは、実際に見てみないと分かりません。 また、管理人としてはこちらも品質の高いiiyama製にしたいと思っていたのですが、希望する接続端子の備わっていないものばかりです(HDMI x2や音声出力等)。 やむなく他メーカーのものを検討中ですが、BenQやI-O DATA、Dellなどこれまで試したことの無い液晶に挑戦してみるのも面白そうですね。


【2019年2月12日更新】

 2ヶ月ぶり14度目の更新です。 今回はHPが追加されて、合計5メーカーとなっております。


まず今回追加されたHPですが、一番安いもののSSDは選択できませんでした。 SSD不要で価格を抑えたい方にオススメです。

SSD搭載構成で最も安いのはパソコン工房ですが、ドスパラとフロンティアもほぼ同価格帯で並びました。 フロンティアのみDVDドライブ非搭載ですが、SSDと電源の容量が大きいので、好みに合わせて選んだら良いと思います。


【2018年12月18日更新】

 2ヶ月ぶり13度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は珍しく、全てのメーカーが値下げされました。 最も安かったのはフロンティアでして、SSDと電源の容量も大きく魅力的です。 電源の容量が大きいと電気代を食いそうですが、同じ構成であれば容量の違いで使用電力にほとんど違いは無いのだそうです(参考サイト)。 なら大きい方が将来的なことを考えるとお得ですね。


【2018年10月20日更新】

 2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は79000円台に3メーカーが犇めく大接戦となっております。 価格はパソコン工房が最も安いですが、その差はわずか数百円程度。 気になる内容ではSSDと電源の容量が大きいフロンティアが一つ頭が抜きんでている感じでしょうか。 電源の容量が大きいと購入後の増設にも対応できるので、フロンティアがお勧めです。

ちなみに電源の容量が大きいと電気代かかると思っていましたが、構成(スペック)が変わらなければ使う電力もさほど変わらないのだそうです。 ただ、変換効率はやや悪くなるので、その分は電気代が余計にかかるかもしれませんが、微々たるものと思われます。


【2018年8月27日更新】

 1ヶ月ぶり11度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが追加されて合計4メーカーとなっております。


今回最も安かったのは、前回と同構成で5594円も値下げされたドスパラです。 全体の中で唯一7万円台を実現していますが、電源の性能が一段低いのが欠点になります。 オプションには+8,900円(+税)の「オウルテック 400W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-400)」がありますが、これを選ぶと税・送料込みで86270円となってしまい安値3位です。 その代わり電源の性能は他に比べて2段上になりますが、中間が無いのが残念なところ・・・。


【2018年7月2日更新】

 1ヶ月ぶり10度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが入荷待ちとなっている為選択出来ず、全3メーカーとなっております。


今回は唯一フロンティアが値下げされて最安となりました。 前回から電源の容量が倍加していますが、価格は6264円もダウンしています。 僅か388円差で2位につけるドスパラとも電源に差がありまして、フロンティアの方が質・量共に上です。 ただし、ドスパラには「マカフィー・リブセーフ 12ヶ月 製品版(仕様書より)」が付属している点も見逃せません。


【2018年5月14日更新】

 1ヶ月ぶり9度目の更新です。 新プロセッサの登場で「Ryzen 5 1600」の取り扱いが激減した為、今回から「Ryzen 5 1600&GTX1060」の構成を「Ryzen 5 2400G」に変更したいと思います。 全4メーカーです。


まず「Ryzen 5 2400G」についてですが、「Ryzen 5 1600」よりプロセッサ性能は劣りそうです。

AMD Ryzen 5 1600 6コア・・・12,384
Core i5 8400 6コア・・・11,790
AMD Ryzen 5 2400G 4コア・・・9,402
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare/AMD-Ryzen-5-2400G-vs-AMD-Ryzen-5-1600/3183vs2984https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8400+%40+2.80GHz&id=3097

グラフィック性能についても同様です。

GeForce GTX 1060・・・8,945
Intel UHD Graphics 630・・・1,184
Radeon RX Vega 11・・・2,392
PassMark:https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=Radeon+RX+Vega+11&id=3893https://technewswith.me/intel-uhd-graphics-630

ライバルと言われるCore i5 8400と比べてプロセッサ性能では劣りますが、グラフィック性能では勝っております。 ちなみに最安のドスパラでほぼ同じ構成にしてみたところ、「Ryzen 5 2400G」搭載モデルの方が5千円程安かったです。 価格を抑えつつグラフィック性能を重視される方にお勧めかと思います。

ドスパラMagnate IM
 10H,Core i5 8400,メモリ8G,SSD240G,HDD1T,DVD,400W-St,¥84412


【2018年3月24日更新】

 1ヶ月ぶり8度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


パソコン工房のプロセッサは0円アップグレードによるものですが、なんとそのパソコン工房が最安になっていました! プロセッサの性能差については下記をご覧下さい。

AMD Ryzen 5 1600X 6コア・・・13,242
AMD Ryzen 5 1600 6コア・・・12,391
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+Ryzen+5+1600&id=2984https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+Ryzen+5+1600X&id=3000

電源の性能も高いですしコストパフォーマンス的にも非常に良いですね。 プロセッサのアップグレードは期間限定キャンペーンですのでお早めに。


【2018年2月2日更新】

 1ヶ月ぶり7度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回はフロンティアがキャンペーンの対象外となって価格を上昇させている以外、特に大きな変化は見られませんでした。 最も安いのはパソコン工房で、唯一12万円台を実現しています。 また、電源の性能が高いところも魅力の一つです。


【2017年12月13日更新】

 1ヶ月ぶり6度目の更新です。 今回は全4メーカーになります。


今回最も安かったのは、3240円値下げされたフロンティアです。 2位パソコン工房との価格差は2743円ですので、電源の性能がワンランク上のパソコン工房も一考の価値はあると思います。


【2017年10月15日更新】

 1ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回からSSD&HDD搭載を基本構成とします。 前回と同様の全5メーカーです。


やはり全てSSD搭載にしたので価格がかなり上昇し、なおかつ接近してきました。 最も安かったのはeX.computerでパソコン工房が2851円差で2位につけています。 パソコン工房は電源の性能がワンランク上なので、その点を踏まえるとコスパはeX.computerと五分になりそうです。 その他としてはフロンティアも安いですが、SSDと電源の容量が若干多くなっています。


【2017年8月21日更新】

 1ヶ月ぶり4度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回は値下げされた機種、値上げされた機種があり、両極端な結果となりました。 ドスパラはスペックアップされたので値上がりするのは分かりますが、フロンティアは前回と同構成にもかかわらず5千円以上もアップしています。 一方値下がりしたのはパソコン工房とeX.computerでして、パソコン工房は約3千円ダウン、eX.computerは電源の容量が100W減りしつつ6千円もダウンしました。

最も安いのはパソコン工房でして、2位のeX.computerと比べて電源の性能が高いにもかかわらず6千円以上も安いです。 こちらは現在開催中の「AMDまつり」対象モデルで特別価格となっているので、この機会をお見逃しなく(9/1-13:59迄)。 パソコン工房は今絶好調ですね。


【2017年7月24日更新】

 1ヶ月ぶり3度目の更新です。 今回はマウスコンピュータとフロンティアが追加されて、合計5メーカーとなっております。 ただし、ドスパラのみGTX1060が選択出来なかったので、ワンランク下のGTX1050 Tiを掲載しました。


最も安いのはパソコン工房となりました。 マウスコンピュータとドスパラはSSDが固定スペックなので割高になってしまうのですが、それを踏まえてもパソコン工房はダントツの安さだと思います。 しかも電源の性能も高いので、コストパフォーマンス的にも良いのではないでしょうか?


【2017年5月24日更新】

 1ヶ月ぶり2度目の更新です。 今回も前回と同様の全3メーカーになります。


グラフィックカードはGTX1060が多いのでこちらで統一しました。 最も安いのは前回価格が分からなかったパソコン工房で、SSD非搭載となっております。 仮にSSD240GBを選択すると+7980円で税・送料込み124156円となり、やはり最安です。 2千円差のeX.computerと比べても電源の性能がワンランク高いなどコストパフォーマンスも良いと思います。 ドスパラはHDD容量が大きいというのもあって一段と高価ですね。


 

【比較】RAW現像/写真編集向けのノートブックPCはどれがお勧め?「ドスパラ2モデル減!マウスコンピュータはいまだ入荷待ち状態・・。」(¥110138~)10H,Core i5 8400・Core i7 8550U/8750H,メモリ8G/16G,SSD240G(M.2)/250G-M.2/480G,HDD1T,MX150/GTX1050 Ti,15.6型フルHD/17.3型フルHD

【メーカー別価格推移グラフ(最安)】


【性能比較】
・CPU:Core i7 8700K>Core i7 8700>Core i7 8750H>Core i5 8500>Core i5 8400>Corei 5 8300H>Core i7 8550U
・グラフィックカード:GTX1080>GTX1060>GTX1050 Ti>GTX1050>MX150
PASSMARKGeekbench Browser・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー&評判】
マウスコンピュータDAIV「RAW現像向けモデル」
ドスパラraytrek「RAW現像(写真編集)用パソコン」
パソコン工房SENSE∞「RAW現像・写真編集向けパソコンSENSE∞」


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2019年5月17日更新】

 2ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回はドスパラが2モデル無くなって、合計2メーカー5モデルとなっています。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラ 液晶 価格(税・送込)
ドスパラraytrek VF-HEKS 10H Core i7 8550U 8G 250G-M.2 1T MX150 15.6F ¥120,938
工房SENSE-17FH054-i7-UHSS-DevelopRAW Core i7 8750H 240G 17.3F ¥110,138
工房SENSE-15FH039-i5-UHSP-DevelopRAW Core i5 8400 16G 240G-M.2+480G 15.6F ¥115,538
工房SENSE-17FH054-i7-UHSV-DevelopRAW Core i7 8750H 8G 240G-M.2 1T 17.3F ¥117,698
工房SENSE-15FX090-i5-LXSP-DevelopRAW Core i5 8400 16G 250G-M.2+480G GTX1050 Ti 15.6F ¥139,298

まずドスパラですが、13.3型と17.3型が一気に無くなってしまい、間の15.6型のみとなってしまいました。 前回入荷待ちだったマウスコンピュータもいまだに入荷待ち状態となっており、今後再販されるかどうかについては微妙です。 マウスコンピュータはマンガ制作向けのノートも無くなっていたので、こちらも消えるかもしれません。

唯一元気なのはパソコン工房ですが、スペック・価格共に全く変化は見られませんでした。 ですが、手頃な価格で15.6型と17.3型が選べますし、ハイスペックモデルも用意されているので選択肢は豊富です。


【2019年3月27日更新】

 2ヶ月ぶり4度目の更新です。 今回はマウスコンピュータが「入荷待ち」状態となっているので比較からは除外しました。 またパソコン工房の4Kノートが無くなり、合計2メーカー7モデルとなっています。


今回の注目は初登場のドスパラ13.3型ノートでして、専用グラフィック非搭載ですが、初の10万円を切る安さも魅力です。 ただやはり性能の低さは気になるところでして、質量は1.19kgと軽いですがバッテリ駆動時間の記載が無いのでモビリティも不安です。 「撮影先に持ち出せるハイスペック13インチクリエイティブノート」と書かれていますが、モバイルとして駆動時間が不明なのはどうなのでしょう・・・。

パソコン工房の既存モデルは価格・スペック共に全く変化ありませんでした。


【2019年2月3日更新】

 2ヶ月ぶり3度目の更新です。 今回も全て取り上げましたが、マウスコンピュータのハイエンドモデルが無くなり、パソコン工房はCore i5搭載モデルが2つ追加されました。 合計3メーカー9モデルです。


今回、スペック・価格共に変化はあまり見られませんでした。 追加されたパソコン工房のCore i5モデルですが、他メーカーでもCore i5を採用しているので、コレもありなのかなと思います。

ただし、メモリも多くSSDも搭載しているものの、HDD非搭載なところは気をつけた方が良さそうです。 RAWデータは非常に大きいので、なぜ大容量ストレージが非搭載なのか分かりませんが、なんとHDDはオプションにもありませんww SSDは最大1T+960Gも用意されているので、お金を掛ければそれなりの容量は確保できますが・・・。 他メーカーがHDD1T標準装備なのとは対照的な構成です。


【2018年12月10日更新】

 2ヶ月ぶり2度目の更新です。 今回は全モデル取り上げて、RAW現像モデルの傾向をチェックしてみたいと思います。 3メーカー8モデルです。


まず価格については高めです。 最低でも11万円台ですが、10万円を切るものは今後も出なさそうですね。 しかし20万円を超えるものも少なく、その多くが10万円台前半から半ばに集中しています。

プロセッサはCore i7 8750Hが人気でして、Core i7 8550UはCore i7でも他のCore i5に劣りそうなので注意が必要です。 メモリは8GBが多く、SSDもさほど容量を求められないみたいですが、大容量HDDとの組み合わせは必須になります。 そして意外だったのが専用グラフィック無しモデルがあることですが、大丈夫なのでしょうかね? 液晶サイズは大画面が多く、4K液晶もラインナップされています。

トータルで最もバランスが良いのは、「マウスコンピュータDAIV-NG5500M1-SH5-C」「ドスパラraytrek GCF1050TGF-E」「ドスパラraytrek GCF1050TNF」の3モデル辺りになりそうです。 やはり専用グラフィック無しは不安ですし、価格的にもこれら3モデルは15万円前後とお手頃で良いと思います。


【2018年9月25日更新】

 本日より「RAW現像/写真編集向け」のノートブックPCを調べてみたいと思います。 RAW現像の編集にはハイスペックPCが必要となりますが、人気のためかどのメーカーもデスク・ノート共に品揃えは充実しているところが多いです。 RAW現像の詳しい内容については下記を参照して下さい。

RAW現像って何?RAWとJPEGのメリットデメリットとRAW現像による写真の違い
https://camera10.me/blog/tips/camera-basic-technique/photo-developed


まず最も安かったのはドスパラとなりました。 ドスパラはデスクトップの方でも安かったですし、価格を重視するのであれば一番最初にチェックしたいメーカーですね。 ちなみにパソコン工房にはもっと安い9万円台からあるのですが、残念ながら完売となっていました。 今後再販されるかどうかについては不明です。

性能的には少々ばらつきはありますが、ハイスペックを求めることだけは共通しています。 特にパソコン工房の4K液晶には驚きましたが、マウスコンピュータとドスパラにもラインナップされていました。 ドスパラノートが12万円台から購入できるのも驚きですね。 これは他の4Kノートと比べても滅茶苦茶安いと思いますが、プロセッサは7700HQと旧タイプになります。 高精細なRAW現像ですので、液晶も高解像度な方が作業し易いのではないでしょうか?

【比較】4K/クアッドフルHD搭載ノートPCでお買い得なメーカーは?「Ultra HD BDにも対応!VAIO S15がフルモデルチェンジで初登場!!」(¥138024~)10H/10P,Core i5 8265U/8350U・Core i7 8550U/8565U/8750H,メモリ8G/16G,SSD128G/240G/256G(M.2/NVMe)/512G-NVMe/1T-NVMe,HDD500G,GTX1050 Ti/RTX2060/Quadro P500/Quadro P600/Quadro P1000,DVD,クアッドフルHD(4K):13.3型(タッチ)/14型/15.6型(タッチ)/17.3型

【メーカー別価格推移グラフ】

【メーカー別価格推移グラフ(安値拡大版)】


【性能比較】
・CPU:Core i7 8700>Core i7 8750H>Core i7 7700K>Core i7 7700>Core i7 8705G>Core i7 8565U>Core i7 7700HQ>Core i7 8550U>Core i5 8350U
・グラフィック:RTX2060>GTX1080>GTX1060>GTX1050 Ti>GTX980M>Quadro P1000=GTX970M>GTX960M>Quadro P600>GTX950M>Quadro P500
PASSMARKGeekbench Browser・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HP Pavilion(ノートブック)HP Spectre
G-Tune NEXTGEAR-NOTE
ドスパラGALLERIA(ノート)Critea・Altair(ノート)
パソコン工房ノートPC
ThinkPad P70
東芝dynabook AZシリーズ(15.6型ワイド)
富士通FMV-LIFEBOOK AHシリーズ(ハイスペック)
NEC LAVIE Direct NS(H)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2019年5月11日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回はパソコン工房が復活し、さらにVAIO S15が追加されて合計5メーカー9モデルとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラ&ドラ 液晶 価格(税・送込)
HP Spectre x360 13-ap0000 パフォーマンスモデル 10P Core i7 8565U 16G 1T-NVMe 13.3QF-T ¥208,224
HP Spectre x360 15-df0000 美しいデザインと妥協しない性能はまさに永遠の輝き!キャンペーン Core i7 8750H 512G-NVMe GTX1050 Ti 15.6QF-T ¥192,240
マウスm-Book J371SN-M2S2 10H Core i7 8550U 8G 256G-M.2 13.3QF ¥138,024
工房STYLE-15QX095-i7-ROSS Core i7 8750H 240G RTX2060 15.6QF ¥207,338
ThinkPad P52s:写真/製版向けエントリー 10P Core i5 8350U 500G Quadro P500 ¥168,739
ThinkPad P72:スタンダード Core i7 8750H Quadro P600 17.3QF ¥261,446
ThinkPad P1:スタンダード 256G-NVMe Quadro P1000 15.6QF ¥258,746
VAIO SX14 10H Core i5 8265U 128G 14QF ¥196,344
VAIO S15 Core i7 8750H 500G DVD 15.6QF ¥196,344

まず今回注目の新モデル「VAIO S15」ですが、既存のモデルからフルモデルチェンジされ、4K対応となりました。 色々と改善や変更がなされていますが、Ultra HD BDに対応した点も大きな魅力の一つです。 他メーカーではあまり見かけないのではないでしょうか? ちなみに奇しくも「VAIO SX14」と全くの同価格です。

「HP Spectre x360 15」は大幅値下げされ、過去最安となっております。 しかし常に価格が上下していて落ち着きがないですね。 高値の時に買わないようにご注意を。


【2019年3月21日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなって合計4メーカー7モデルとなっております。


今回の注目は値下げされたHPとThinkPadです。 まずHPですが、13.3型の「HP Spectre x360 13-ap0000」が前回と同構成で16200円も値下げされました! またThinkPadは15.6型の「ThinkPad P52s」が26784円値下げ、17.3型の「ThinkPad P72」が19224円値下げされ、共に構成は前回と同じです。 価格を重視される方はこの機会をお見逃しなく!


 昨日やっと新PC「ドスパラMS」が届き、1日かけて色々とセッティングを完了しました。 これからじっくりレビューしますが、静音パックによる静音性の高さには驚かされました! 久々のグラボの性能にも満足していますが、SSDは起動・シャットダウン以外はもう一つ性能の伸びを感じなかったです。

また、パソコンのグラフィック機能が異常をきたしたと思っていましたが、壊れたのは液晶の方でしたw 異常の発見というのは意外と難しい・・・。 やむなくTV用として使っていた23型液晶をパソコン用として使い、現在やや広めの23型x2のデュアルディスプレイ環境となっています。 まぁ、そのうち慣れるでしょう。

やはりWindows 10は色々と使いにくいですね。 こちらも慣れると思いますが、何はともあれ無事新環境が整い一安心です。


【2019年1月28日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回はG-Tuneが無くなったもののマウスコンピュータが追加され、さらにVAIOに新モデルが登場しました。 合計5メーカー8モデルです。


まずマウスコンピュータについてですが、販売終了したHPやドスパラ以来の最安モデルになります。 13.3型になりますがCore i7搭載で性能は高いですが、モビリティはイマイチで低めです。 またSSD容量も少ないですが、カスタマイズにて最大2TBx2=4TBまで搭載することが可能です。

そして新登場のVAIO SX14ですが、こちらは唯一の14型の4Kモデルになります。 14型自体の取り扱いが最近減ってきているので、希少な存在になりそうです。 内容的にはまずデザインがキレイでして、VAIOらしい外観にこだわったつくりとなっています。 性能はそこそこ高性能ですがモビリティは高めで、特に約1kgの重さは14型にしてはかなり魅力的なのではないでしょうか。


【2018年12月4日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 今回はまずHPのゲーミングPCが無くなり、その他も新モデルに変わりました。 また、ドスパラが無くなってパソコン工房も17.3型が無くなくなるなど、全体的に取り扱い数は減少傾向です。 合計4メーカー7モデルとなっております。


まず新しくなったHPですが、主にプロセッサが変更されております。 性能差については下記の通りです。

Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz(6コア)・・・15,135
Intel Core i7-8750H @ 2.20GHz(6コア)・・・12,459
Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz(4コア)・・・12,040
Intel Core i7-7700 @ 3.60GHz(4コア)・・・10,749
Intel Core i7-8705G @ 3.10GHz(4コア)・・・10,090
Intel Core i7-8565U @ 1.80GHz(4コア)・・・9,066
Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz(4コア)・・・8,839
Intel Core i7-8550U @ 1.80GHz(4コア)・・・8,327
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8700+%40+3.20GHz&id=3099https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-7700K+%40+4.20GHz&id=2874https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8750H+%40+2.20GHz&id=3237https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8705G+%40+3.10GHz&id=3201https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-7700+%40+3.60GHz&id=2905https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8565U+%40+1.80GHz&id=3308https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-7700HQ+%40+2.80GHz&id=2906https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-8550U+%40+1.80GHz&id=3064

ただ現在通常モデルしかないので価格が非常に高いですね。 キャンペーンモデルが出てから購入した方が良いですが、現在旧モデルがキャンペーンにラインナップされているので、価格重視の方はそちらを選んだら良いのではないでしょうか。

その他は特に変化無し。 「ThinkPad P1:スタンダード」が値上げされているのが残念です。 ちなみにグラフィックの性能差もチェックしてみましたが、対象のGTXシリーズが古いので特にここには書きません。 結果は上部の【性能比較】をご覧下さい。 今回Quadroも調べてみましたが、用途が異なるので単純には比較できません。


【2018年10月8日更新】

 2ヶ月ぶり24度目の更新です。 今回は「HP Pavilion Power 15」が販売終了しパソコン工房の17.3型も無くなりましたが、「ThinkPad P1」を新たに追加して合計5メーカー9モデルとなっております。 パソコン工房の17.3型は前回半年ぶりに復活したばかりだったのですが、もう無くなってしまいましたね・・・。 17.3型は人気ランキングでも上位に食い込んでいますが、大画面ノートは最近割と人気があるみたいです。


まず新たに追加された「ThinkPad P1」ですが、ハイスペックな15.6型ノートになります。 Xeon・Quadro・4Kと高い性能を持ちながら15時間もの長時間駆動を実現するなどバッテリもなかなかです。 質量に関しては1.71kgなので微妙なところですが、この内容と大きさを考えるとやむを得ないところでしょうか。

そして今回注目したいのが「HP Spectre x360 15」でして、前回と同構成ながら価格が27000円も下がりました!! TVチューナセットの1TB SSD搭載モデルが既に完売するなど、人気を集めている様です。 ちなみに上記「ThinkPad P1」と比べると構成は違うのですが11時間駆動に2.13kgとモビリティは劣ります。 それでいて性能は更に高いのですから「ThinkPad P1」は高価なだけのことはありますね。

また、「ThinkPad P52s」も前回と同構成で29463円も値下げされました!


【2018年8月6日更新】

 1ヶ月半ぶり23度目の更新です。 今回は前回に続いてまたHPが1モデル追加され、さらにパソコン工房の17.3型が復活して、合計5メーカー9モデルとなっております。


まず久々復活のパソコン工房17.3型ですが、販売を終了した昨年末をピークに価格が大幅に下がりました。 スペックはSSD1Tが無くなりメモリ半減されているので値下げも当たり前なのですが、プロセッサなどアップグレードされているのでコスパ的には上がっている様にも感じます。 まぁ、どちらにしろ50万円近くもする高価なモデルですが・・。

そして新たに追加された「HP Pavilion Gaming 15」ですが、こちらは既存の「HP Pavilion Power 15-cb000」と内容がかぶっているので、もしかしたら近々無くなるかもしれません。 プロセッサとグラフィックがアップグレードされていますが、筐体もスリムで見た目も格好良いです。 「HP Pavilion Power 15」より薄くなっている点をアピールしているので、やはり無くなりそうですね・・。 今なら送料無料に加えてマカフィー3年版が付いてくるのでお買い得です。


【2018年6月23日更新】

 2ヶ月ぶり22度目の更新です。 今回はHPが1モデル追加されて、合計5メーカー8モデルとなっております。


まず新たに追加された「HP Spectre x360 15-ch000」ですが、全体の中ではやや高価な部類に入ります。 しかし性能は高く、高性能なグラフィック機能を内蔵したプロセッサを搭載している点が特徴です。 また、4Kでありながら2in1というところも魅力的でして、13.3型の「HP Spectre x360 13-ae000」と共に他にはない貴重な選択肢の一つとなります。 趣味や仕事のほか、クリエイティブな用途にも向いているのではないでしょうか。

また今回ThinkPadの旧モデルが結構選択出来たので、スペックと共に価格が若干下がりました。 その他の上位モデルも販売中です。


【2018年5月4日更新】

 2ヶ月ぶり21度目の更新です。 今回なんとドスパラが追加されました! しかもおそらく初登場でして、最近の減少傾向にある中、唯一人その流れに逆行するドスパラに驚かされます。 全5メーカー7モデルです。


まず、新登場のドスパラですが、最安レベルのモデルになります。 これまではHPのみ15万円台という圧倒的な安さを実現してきましたが、ここにライバル登場と言った感じです。 内容的にはHPはSSD、ドスパラはグラフィックとそれぞれ秀でている部分があり、コスパ的にはあまり変わらないでしょうか? ちなみにドスパラでもHDD1TBの代わりにSSD1TB(+28000円)を選択することもできます。

また今回はThinkPadの15型に最新モデル「P52s」を取り上げました。 まだ販売中の旧モデル「P51s」と比べてプロセッサとグラフィックの性能で勝りつつ価格は若干安いので、こちらを選んだ方が良いと思います。 プロセッサの性能については下記の通りです。

Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz 4コア・・・8,866
Intel Core i5-8350U @ 1.70GHz 4コア・・・8,527
Intel Core i7-6700HQ @ 2.60GHz 4コア・・・8,143
Intel Core i7-4710HQ @ 2.50GHz 4コア・・・7,747
Intel Core i7-7500U @ 2.70GHz 2コア・・・5,201
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-7500U+%40+2.70GHz&id=2863https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i7-4710HQ+%40+2.50GHz&id=2243https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=Intel+Core+i5-8350U+%40+1.70GHz&id=3150

グラフィック「Quadro P500」については情報が少ないのですが、こちらのサイトによると「MX150」と五分くらいになるのだとか。 そこで、「MX150」と旧モデルの「Quadro M520」を比較してみたところ、「MX150」が勝りましたので、「Quadro P500」も上と考えて良いのではないでしょうか。

GeForce MX150・・・2,049
Quadro M520・・・1,400
PassMark:https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+MX150&id=3789https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=Quadro+M520&id=3754


【2018年3月14日更新】

 2ヶ月ぶり20度目の更新です。 今回は富士通が無くなって合計4メーカー6モデルとなっております。


どんどん取り扱いが減っていきますね。 今度は富士通が無くなりましたが、ビジネス向けのThinkPadを除くと一般向けは3メーカーのごく一部となってしまいました。 テレビはより大画面へとシフトしていますし、ノートPCの大きさではフルHDで十分なのかもしれません。


【2018年1月23日更新】

 2ヶ月ぶり19度目の更新です。 今回は対象モデルが大幅に減り、5メーカー7モデルとなっております。


今回はまずHPのゲーミングPC「OMEN」が無くなり、G-Tuneの15.6型が無くなり、パソコン工房は17.3型が無くなりましたが15.6型の通常モデルとゲーミングモデルはスペックが同じなので片方のみ取り上げました。 さらにThinkPad P51はs付きに4Kモデルが安く登場したのでそちらを取り上げ、17.3型はP71が復活したものの最新モデルなので価格が凄く上昇しています。

逆に富士通FMVは前回と同スペックで74184円も値下げされていますが、これは過去最安値になるのでご希望の方は大チャンスです! ちなみにMy Cloud優待クーポンを適用させています。 そしてNECは販売終了となり、全体的に前回と比べてモデル数が半減してしまいました。


【2017年12月2日更新】

 2ヶ月ぶり18度目の更新です。 今回は富士通とNECが復活して6メーカー12モデルとなっております。


まずHPですが、相変わらずバラエティに富んだ内容ですし価格も安くて魅力的です。 「OMEN by HP 15」は前回と同スペックで1万円も安くなりました。

パソコン工房は通常モデルの17.3型が無くなったのでゲーミングノートを取り上げてあります。 スペックアップによって価格は大幅アップです。

ThinkPadは17.3型の最新モデル(P71)でなぜか4K液晶が選択出来ませんでした。 やむなくまだ販売中の旧モデル(P70)を取り上げてあります。 プロセッサとグラフィックが旧タイプになりますが、価格が少し下がりました。

久々登場のNECは前々回と同スペックで価格が12204円ダウンしております。

ここらで一旦プロセッサの性能をチェックしてみたいと思います。

Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz(4コア)・・・12,098
Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz(4コア)・・・8,915
Intel Core i7-6700HQ @ 2.60GHz(4コア)・・・8,144
Intel Core i7-7567U @ 3.50GHz(2コア)・・・6,535
Intel Core i7-7500U @ 2.70GHz(2コア)・・・5,216
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2874&cmp[]=2906https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2586&cmp[]=2906https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2586&cmp[]=2990https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2863&cmp[]=2990

7700Kと7700HQはもっと凄い性能差があると思っていましたが、それほどでもなかったです。 そろそろ第8世代インテルプロセッサを搭載したモデルも出てくるかもしれませんね。


【2017年10月7日更新】

 2ヶ月ぶり17度目の更新です。 今回は4メーカー9モデルとなっております。 富士通とNECが無くなったものの、HPが大幅に増えました。


今回登場したHPの2モデルのお陰で、価格の壁をひとつぶち壊した感じです。 まぁ、以前もHP EliteBook Folioという15万円台の機種はあったのですが12.5型ですし、それに続く4Kノートとして15.6型が2つも出てきたのは嬉しいですね。 どちらも性能は上々でして、他メーカーと比べて最低でも2万円以上もの大きな価格差がついています。

そしてもう一つの注目はThinkPadです。 共に前回とほぼ同構成で15.6型は27648円、17.3型は37044円も値下げされました! こちらもこれまでの価格帯を大きく越えてきましたが、17.3型はDVDドライブ非搭載の構成となっています(選択可能)。 価格を理由に今まで4Kノートを躊躇ってきた方はそろそろ買い時なのではないでしょうか?


【2017年8月11日更新】

 2ヶ月ぶり16度目の更新です。 今回はASUS Zenbookが無くなったもののG-TuneとNECが追加されて、合計7メーカー11モデルとなっております。 また、HPは対象モデルが変更されました。


まず「HP Spectre x360 13-ac000」ですが、初の13.3型になります。 これまでは唯一の12.5型でしたが、コンパクトな4Kノートを希望するのであればHPがお薦めです。 内容的にも素晴らしく、特に1TBのNVMe SSDは圧巻でして、プロセッサの性能こそ頼りないもののストレージのパフォーマンスで他を引き離しています。 価格もお手頃な10万円台です。

そしてG-TuneにはSLI仕様が復活し、NECは半年ぶりの復活になります。 NECもメルマガ会員限定クーポン適用で安いですが、数少ない光学ドライブ搭載モデルです。 ちなみにThinkPadもDVDドライブと記載してありますが、カスタマイズにて「無し」も選択可能となっています。


【2017年6月9日更新】

 2ヶ月ぶり15度目の更新です。 今回はASUSが1モデル追加されて、合計6メーカー10モデルとなっております。


今回は結構変化がありました。 まず「HP EliteBook Folio G1/CT 」ですが、前回よりSSD容量が倍増したにもかかわらず価格が1万円も下がっています。 そしてパソコン工房は通常のSTYLE∞シリーズに17.3型が登場。 ゲーミングPCのLEVEL∞シリーズにも15.6型と17.3型があるのですが、スペック・価格共にSTYLE∞シリーズと変わらなかったので比較からは除外しました。 また、こちらも前回と同スペックで15.6型は1万円値下げされ、17.3型はスペックと価格がダウンして購入し易くなっております。

今回最大の注目はThinkPadでして、新モデルのP51とP71が登場しました。 内容は主にプロセッサとグラフィックの変更がなされていますが、なにより価格が大幅にダウンしています!! まずP51ですが、P50に比べてOSはProからHomeになったものの96660円のダウン、P71はDVDドライブが標準で付属して58752円のダウンです。 スペックは上がっていると思うので、コストパフォーマンスがかなり上昇したのではないでしょうか? ちなみに旧モデルもまだ販売中ですが、P50はクアッドフルHDが選択できず、P70はP71よりずっと価格が高かったので、今後は新モデルを優先して取り上げていきたいと思っています。

最後はASUSの新モデル「ROG GX800VH」ですが、液怜ドックが付属したかなり特殊なノートパソコンです。 とても持ち歩けなさそうですが、ご丁寧にゲーミングスーツケースとゲーミングバックパックが付属していますw それはともかく、18.4型のクアッドフルHDは初めてですので、より大画面を希望される方はチェックしてみて下さい。

【比較】とにかく高性能な15.6型ノートPCは?「Core i9搭載のフロンティアが最高峰!!」(~¥370656)10H/10P,Core i7 8750H/8700・Core i9 8950HK,メモリ16G/32G,SSD256G-NVMe/512G-NVMe/960G/1T(NVMe),HDD2T,GTX1050/GTX1070/RTX2060/RTX2070,15.6型フルHD/クアッドフルHD

【メーカー別順位推移グラフ】

※同レベルな性能の場合はコストパフォーマンスの高い方を上位とします。


【性能比較】
・CPU:Core i7 8700K>Core i7 8700>Core i7 7700K>Core i7 6700K>Core i7 7700>Core i7 6700>Core i7 8750H>Core i7 7700HQ>Core i7 6700HQ>Core i7 6500U
・グラフィック:RTX2070≧GTX1080 Ti>RTX2060>GTX1080≧GTX1070 Ti>GTX1070>GTX1060>GTX980M>GTX1050 Ti>GTX970M>GTX965M>GTX960M>GTX950M
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARECOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPノートPCOMEN by HP(ノートブック)
G-Tune NEXTGEAR-NOTE
ドスパラGALLERIA(ノート)
パソコン工房LEVEL∞シリーズ
フロンティア(ノートPC)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2019年5月9日更新】

 2ヶ月ぶり47度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS CPU メモリ SSD HDD グラボ 液晶 価格(税・送込)
OMEN by HP 15-dc0077TX ゲームを極めたい!そんな上昇志向を応援します!キャンペーン 10P Core i7 8750H 16G 256G-NVMe 2T GTX1070 15.6F ¥205,200
G-Tune
NEXTGEAR-NOTE i5340PA2
10H Core i7 8700 32G 1T-NVMe GTX1050 ¥222,912
ドスパラGALLERIA GCF2070GF-E Core i7 8750H 512G-NVMe+1T RTX2070 ¥309,614
工房LEVEL-15QX095-i7-ROSX 1T-NVMe+960G RTX2060 15.6QF ¥307,713
フロンティアFRZN910/B ZNシリーズ Core i9 8950HK 1T-NVMex2 RTX2070 15.6F ¥370,656

今回の注目はパソコン工房とフロンティアです。 まずパソコン工房ですが、前回と同価格でグラフィックがGTX1070からRTX2060へとパワーアップされ、液晶もフルHDから4Kへとグレードアップされています!

GeForce RTX2060・・・13,131
GeForce GTX1070・・・11,346
グラフィックベンチマーク

そしてフロンティアですが、遂にCore i9搭載モデルが登場! グラフィック性能も高く、SSDも唯一NVMeを2基搭載するなど隙の無い構成で、最も高性能なモデルとなっています。 フロンティアはここのところかなり順位が上下していますね。

2位以下で難しかったのはG-Tuneでして、プロセッサ性能は高いもののグラフィック性能の低さが目立ち、総合的に判断した結果4位となりました。 この中でGTX1050というのはかなり見劣りしますね。 その他のスペックは悪くないのですが・・。


【2019年3月19日更新】

 2ヶ月ぶり46度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


今回はついに15.6型にもRTXを採用したドスパラが最高峰となりました! SSD容量は若干質・量共に低めですが、グラフィック性能の高さを重視しております。 次いで高性能だったのはGTX1070採用のパソコン工房です。 次は2TBという超大容量なNVMe SSDを採用したG-Tuneですが、これだけの容量を備えるモデルは過去に無かったかもしれません。

HPはグラフィック性能が高いものの、メモリは他の半分しか無く、さらにSSD容量が極端に少ない為、最下位継続中です。


【2019年1月25日更新】

 2ヶ月ぶり45度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


今回も最も高性能だったのはフロンティアとなりました。 ドスパラ・パソコン工房・フロンティアの3メーカーがほぼ同スペックで並んでいるのですが、SSDの内容で順位付けしてあります。 最も容量が大きいのがフロンティアですが、価格の安さも魅力です。 次いでパソコン工房が多く、ドスパラはNVMe SSDの容量が他の半分ということで3位という結果になりました。

G-TuneとHPはグラフィックの性能がワンランク落ちるので、それ以下の順位となっております。 また、HPはメモリ容量も他の半分な上にSSD容量も少なく、文句無しの最下位です。


【2018年11月30日更新】

 2ヶ月ぶり44度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


まず最も高性能だったのはパソコン工房とフロンティアの2強対決となりました。 スペックはほぼ同じなのですが、価格の安いフロンティアを上位としてあります。 次いで高性能だったのはG-Tuneとドスパラですが、G-TuneはSSDの性能で勝り、ドスパラはグラフィックの性能で勝ります。 と言うわけでこちらも価格の安いG-Tuneを上位にしました。 最下位はHPですが、メモリ・SSD容量の少なさが響いています。

ドスパラは前回と同構成で28080円も値下げされました。 また、パソコン工房はHDDが無くなったもののSSD容量が増え、更にグラフィックがワンランクアップして価格が28350円安くなっています。 トータルでコストパフォーマンスをググッと上げてきたのではないでしょうか。


【2018年10月6日更新】

 2ヶ月ぶり43度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


前回首位のパソコン工房はグラフィックの性能が落ちた為、総合的にG-Tuneの方が上回ると判断しました。 G-Tuneはプロセッサさえ第8世代なら文句無しなのですが・・・。

また、最下位争いのフロンティアとHPの比較も難しく、メモリ容量とSSD容量で勝るフロンティアに対してHPはグラフィック性能が2段も上です。 やはりストレージが全てSSD(しかも合計2TB)のフロンティアの方が性能的なインパクトは強いかなと思い上位としました。 得意の特価キャンペーンモデルなので価格もかなり安いんじゃないかと・・・。


【2018年8月5日更新】

 1ヶ月半ぶり42度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


今回はパソコン工房が前回4位から一気にトップへと躍り出ました。 2位G-Tuneとの比較では、G-Tuneがメモリ容量で勝る一方で、パソコン工房がプロセッサとSSD容量の2箇所で勝る点を考慮しています。

3位以下はさらに比較が難しく、ドスパラはM.2 SSDなのが残念ですが、フロンティアのGTX1050 Tiよりかは上かなと・・。 HPはグラフィック性能は高いものの、やはりメモリとSSDの容量の少なさが響いて最下位としました。

ちなみにドスパラはHDD1TBが無くなったものの、57844円の超大幅値下げとなっております!!


【2018年6月19日更新】

 2ヶ月ぶり41度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


今回は比較がかなり難しかったです。 まず1、2位のG-Tuneとドスパラですが共にGTX1070を搭載しつつ、G-Tuneはメモリ容量とSSDの質で勝り、ドスパラはプロセッサ性能で勝ります。 どちらが上とも言いがたいのですが、2点で勝るG-Tuneを上位としました。

GTX1060を搭載した3、4位のフロンティアとパソコン工房は、プロセッサ性能で勝るパソコン工房とメモリ容量で勝るフロンティアと言った感じです。 ほぼ互角なので価格で圧倒的に勝るフロンティアを上位としてあります。


【2018年4月30日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


今回は前回と全く同じ順位でしたが、比較は結構難しかったです。 まず、G-Tune・ドスパラ・パソコン工房の首位争いですが、それぞれ一長一短あったので、総合的に考えて順位付けしてあります。 しかしドスパラとフロンティアも難しいですね。 ほとんど管理人の独断と偏見で決めましたが自信無いです・・w ちなみに今回新たに登場したプロセッサCore i7 8750Hの性能は下記の通りです。

Core i7 4790>Core i7 8750H>Core i7 7700HQ>Core i7 4910MQ

4790:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=4790&sort=multicore_score
8750H:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=8750H&sort=multicore_score
7700HQ:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=7700HQ&sort=multicore_score
4910MQ:https://browser.geekbench.com/v4/cpu/search?dir=desc&q=4910MQ&sort=multicore_score

ノート向け初の6コアプロセッサということで期待されている模様ですが、実力も備わっています。


【2018年3月10日更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回も全5メーカーとなっております。


今回はパソコン工房が首位に返り咲きました! まぁ、以前までずっと工房が1位だったので不思議は無いのですが、前回1位のドスパラは4位へと転落しておりますw

パソコン工房で注目したいのはプロセッサの性能の高さでして、なんと最新のCore i7 8700Kを採用しています。 7700Kでも7700HQとの性能差は大きかったですが、これで更に差は広がりました。

Intel Core i7-8700K @ 3.70GHz 6コア・・・16,119
Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz 4コア・・・12,075
Intel Core i7-7700HQ @ 2.80GHz 4コア・・・8,880
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2874&cmp[]=3098https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2874&cmp[]=2906

そしてグラフィックはこの中で最高峰のGTX1070を搭載し、ストレージには高速なNVMe SSDをなんと2基、さらに960GBまで付いて容量も全く心配入りません。 メモリ容量こそやや少なめですが、それを補って余りある性能を備えているのではないでしょうか。


【2018年1月19日更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回は全5メーカーとなっております。


最も高性能だったのはドスパラとなりました。 昨年10月からグングンと順位を上げ、最下位からあっと言う間にトップへと上り詰めましたが、メモリ容量で他に劣るもののプロセッサとグラフィックの性能では最高レベルのものを搭載しています。

他メーカーはプロセッサが同じなので、その他のスペックで比較しましたが、メモリ・ストレージ・グラフィックとバランス良く高性能だったG-Tuneが2位、グラフィックのワンランク劣るフロンティアが3位となりました。 前回トップのパソコン工房は大幅に順位を下げ、4位に転落しております。


【2017年11月28日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回は全5メーカーとなっております。


最も高性能だったのはパソコン工房、2位はG-Tuneとなりました。 このワンツーフィニッシュはここ1年近く続いていますね。 今回難しかったのは3位に急上昇したドスパラと4位のフロンティアくらいでしょうか。 ドスパラはNVMe SSD容量で劣るもののグラフィックの性能で勝るので、微妙な差かもしれませんがフロンティアより上位としてあります。 でも性能差は結構ありそうです。

GeForce GTX 1060・・・8,768
GeForce GTX 1050 Ti・・・5,752
PassMark:https://www.videocardbenchmark.net/gpu.php?gpu=GeForce+GTX+1050+Ti&id=3595


【2017年10月2日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回は全6メーカーとなっております。


今回もあまり順位に変動はないですが、下位のHPとドスパラは順位が入れ替わりました。 HPは新モデルになってドスパラと全く同じ構成です。 しかしHPの方がずっと安いので上位としてあります。 HPはデザインも凝っていて格好良いですね。 役立つソフトウェアも搭載されていて、非常に魅力溢れる内容となっています。 しかも格好良いゲーミングマウスとゲーミングパッドが特典で付いてきます。

前評判でも性能とデザインに評価が集中していましたが、価格について批判的な声はあまり聞こえませんでした。 比較もしているので、是非参考の一つにして下さい。


【2017年8月4日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も前回と同様の全7メーカーとなっております。


今回は順位に全く変動が見られませんでした。 スペックもパソコン工房のSSDが容量変更になっただけです。 最も高性能だったのはそのパソコン工房でして、プロセッサの性能ではダントツ、グラフィックも全体の中で最高のものを採用しています。 ただ、メモリ容量ではG-Tuneやフロンティアに劣るもののトータルの性能で一番としました。 特にストレージ容量は大きいですが、最速のNVMeには敵わないもののM.2を1TBx2も搭載しています。

2位になったのはG-Tuneですが、こちらはプロセッサ以外最高のパーツを詰め込んでいます。 メモリ64GBにNVMe SSD搭載なので用途によってはこちらの方がマシンスピードは上になるのではないでしょうか?


【2017年6月2日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回は全7メーカーとなっております。


今回は上位3メーカーに変動はありませんでした。 最も高性能だったのはパソコン工房で、特にプロセッサの性能で他を寄せ付けません。 2位にはG-Tuneが入り、メモリ64GBやGTX1070などが魅力です。 3位はフロンティアですが、4位のeX.computerにグラフィック性能で劣るもののメモリ・SSD容量を重視しました。

そして今回からASUSはゲーミングブランドの「ROGシリーズ」を取り上げたわけですが、これまでと比べて特にグラフィック性能が大きくアップされています。 その結果、HPとドスパラを抜き去りましたがSSDの性能では劣っているので、この点には注意が必要です。