【比較】Core i7 6800KにGTX900シリーズを搭載したデスクトップはどこがお買い得?「最安はパソコン工房!eX.computer G-GEARもコスパ高し♪」(¥166298~)10H,Core i7 6800K,16G,SSD240G,HDD1T,GTX960,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ16GBを基本構成とします。
※2016/8/25よりGTX960からGTX900シリーズ(最安)へと変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i7 6950X>Core i7 6900K>Core i7 6800K
CPUBossGPUBoss4Gamer.netドスパラ・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
ドスパラGalleriaドスパラMonarch・ThunderStorm(タワーパソコン)
パソコン工房ゲーミングデスク
eX.computer G-GEAR
【PC前評判】
G-Tune NEXTGEARシリーズ
ドスパラGalleriaシリーズドスパラMonarch・Thunderstormシリーズ
eX.computer G-GEARシリーズ

【最新特価・激安パソコン情報】 ※送料込み


【2016年8月25日更新】

 2ヶ月ぶり3度目の更新です。 一部メーカーにて対象のグラフィックカードがGTX950のみとなってしまったので、今回からGTX900シリーズ全てを対象とし、最も安いものを取り上げていきたいと思います。 今回も全4メーカーです。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
G-Tune
NEXTGEAR i850SA6
10H 6800K 16G 240G GTX960 DVD 700W-B ¥181,224
ドスパラMonarch MH-E 1T GTX950 800W-G ¥174,938
工房Stl-Q009-i7BK-LM 700W-G ¥166,298
eX.computer
G-GEAR GA7J-H81/XT2
GTX960 500W-B ¥172,584

今回、グラフィックをダウンしたドスパラとパソコン工房以外、あまり価格やスペックに変化は見られませんでした。 最も安いのはパソコン工房でして、2位にはなんとGTX960を搭載したeX.computerが入っております。 また、ドスパラとパソコン工房が80PLUS GOLDを搭載するなど、電源の性能の高いのが特徴です。 ちなみにeX.computerでも+¥5500でGOLD電源を選択出来ます。


【2016年6月29日更新】

 1ヶ月ぶり2度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回の注目は前回と同構成で26460円もダウンしたeX.computerです。 最安のパソコン工房に886円差まで迫ってきておりますが、スペックもほぼ同じとなっています。 パソコン工房は電源の容量が若干大きいですが、eX.computerはWindows 8.1を選択出来るところが魅力です。


【2016年6月1日更新】

 Haswell-Eの後継モデルである第5世代「Broadwell-E」Core i7プロセッサが登場しました。 物理コアを増やしつつ更なる省電力化を実現しているのが特徴で、特に同時並行処理能力を重視している方にお薦めです。 旧モデルは「Core i7-5960X・Core i7-5930K・Core i7-5820K」の様に下二桁の数字がずっと変わりませんでしたが、新モデルからは「Core i7-6950X・Core i7-6900K・Core i7-6800K」と一部「E」無しモデル様な型番になっております。

各メーカーの対応をざっと見たところ、まだ品揃えは少ない様です。 主に「Core i7-6800K」と「GTX960」を組み合わせたモデルが多かったので、当コンテンツではそちらの比較をしたいと思います。


最も安かったのはパソコン工房でして、ここ最近の好調ぶりが目立ちます。 他メーカーと比べてSSD無しのスッキリ構成ですが、2位のG-Tuneと比べても9千円近くも安いです。 特にキャンペーンの対象ではないのですが、非常にお買い得となっています。


【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ16GB・HDD1TB・電源600W以上を基本構成とします。
※2013/8/22より「GTX680」から「GTX780」へと変更しました。
※2013/6/16より第四世代インテルプロセッサHaswellに移行いたします。
※2013年4月7日より電源を600W以上としました。


【性能比較】
・CPU:Core i7 4790K>Core i7 4790≧Core i7 4770K>Core i7 4770
CPUBossGPUBoss4Gamer.netドスパラ・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
マウスコンピュータMDV
ドスパラGalleria
パソコン工房デスクトップPC
eX.computer AeroStream
【PC評判】
G-Tune MASTERPIECE i1460

【最新特価・激安パソコン情報】 ※送料込み


【2015年1月14日更新】

 2ヶ月ぶり19度目の更新です。 今回はついに対象機種がゼロとなってしまいました。 「GTX770」も取り扱いがHPのみとなっていましたが、それ以上ですねw ここまで潔く消え去るというのも珍しいかも知れません。 それだけ新グラフィックの「GTX970」が優れていると言うことでしょうか?


一応、最後のオマケと言うことで、パソコン工房で販売されているフェイスの「GTX780 Ti」搭載モデル(アウトレット)を取り上げてみました。 ご参考までに。

以上で当コンテンツの更新は終了したいと思います。 今後、近い性能を備えたモデルが登場した際には、また更新を再開するつもりです。 有り難う御座いました。 m(_ _)m


【2014年11月6日更新】

 2ヶ月ぶり18度目の更新です。 今回はドスパラとフロンティアから対象機種が無くなり、合計たったの2メーカーになってしまいましたw やはりGTX770同様に、新グラフィックのGTX970に取って代われる模様です。 これも良いグラフィックカードだと思うんですがね・・・。 ご希望の方は次回更新時無くなっているかも知れませんのでお早めにゲットして下さい。


マウスコンピュータは前回より5000円ほど値上げしてしまいましたね。 代わりに最安となったのは前回より¥28080の超大幅値下げとなったパソコン工房でして、マウスコンピュータより6000円くらい安くなっています♪ ここのところパソコン工房は大人しかったので、久々のお買い得モデルと言った感じです。 現在開催中の「秋の大感謝祭」ということで、11/18(火) 14:00まで12,000円(税別)OFFとなっています。 もしかしたらお得度の高いキャンペーンかもしれません。


【2014年8月27日更新】

 2ヶ月ぶり17度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。 Haswell refreshへの移行が進んでいますが、フロンティアのみワンランク下のプロセッサになります。


最も安かったのは今回もフロンティアになりました。 フロンティアは月末セールモデルの為、スペックが若干固定されています。 例えばプロセッサはCore i7 4790のみですし、残念ながら人気のOS「Windows 7」搭載モデルは売り切れとなった模様です。 その代わりHDD容量は大きく、電源の性能が高いなど優れた面もあります。 そして何より価格がダントツで安い! 最低でも¥14000くらい離れていますが、プロセッサの価格差が¥5000くらいになると思うので、その分を差し引いてもかなりの安さになるのではないでしょうか。

また、ドスパラも前回と比べて¥16000近く値を下げていますね。 HDD容量は半減しましたが、プロセッサはアップグレードされているので、トータルでかなりお買い得になっております。 また、Windows 7搭載モデルではマウスコンピュータが最安ですが、実はフロンティアの通常モデル(GXモデル)の方が¥2000ほど安いです。 残念ながらそちらでもCore i7 4790Kが選択できなかったのですが電源の性能は高いので、コストパフォーマンス的にマウスコンピュータと良い勝負になるかと思います。 ご参考までに。


【2014年6月26日更新】

 2ヶ月ぶり16度目の更新です。 今回は比較からSEVENを除外し、代わりにフロンティアが復活して、前回同様の合計4メーカーとなっております。 また、プロセッサにHaswell refreshが続々登場しました。 性能差はCore i7 4790K>Core i7 4790=Core i7 4770K>Core i7 4770といった感じになりそうです。


全メーカーにて値下げを確認しました。 ここのところ値下げが続いていますが、メーカーやスペックによっては値下げ幅も大きく、今が狙い目かも知れません。

最も安いのはフロンティアですが、プロセッサは最も低性能なCore i7 4770を採用。 その代わりにHDD容量が多く、電源の性能も最も高いなど、良い点もあります。

2位はマウスコンピュータですが、値下げ幅は最も大きいです。 プロセッサに最新のHaswell refreshを採用していますが、Core i7 4770Kとほぼ同等の性能を備えているので、パフォーマンスを重視される方はこちらがお薦め。 1位フロンティアとの価格差は¥7000ほどあるので、コストパフォーマンス的にはやはりフロンティアの方が上かもしれません。


・2014年8月6日追記
 G-Tuneの新モデル「MASTERPIECE i1460」の評判を追加しました。 CPU・GPUをワンタッチでオーバークロック可能なボタンが装備されているのが最大の特徴です。 OCに興味のある方は是非チェックを!


【2014年4月25日更新】

 2ヶ月ぶり15度目の更新です。 今回はフロンティアから該当機種が無くなり、合計4メーカーとなりました。 また、StormとSEVENを置き換えてあります。


最も安かったのはSEVENでして、もう少しで17万円台になるレベルです。 しかし、それと約¥2000差のマウスコンピュータは電源により高性能なタイプを採用しているので、コストパフォーマンス的にはそちらの方が上になると思います。 また、HDD容量も倍の2TBあるので、マウスコンピュータが最もお買い得になるのではないでしょうか。


【¥54800】ASUSより18.5型の大画面タブレット「P1801-T」登場!!

 たまにこのような大画面タブレットを見かけるのですが、これはタブレットと呼べるのかどうか・・・。 ちなみにタブレットの定義は曖昧でして、「板状のPCの総称としてタブレット」と呼ばれることもあるらしいです。 割と以前からこのようなPCはチラホラ見かけるのですが、一定の需要はあるということでしょうか?

【フリーソフト】Windows上で起動可能なAndroid OS「Windroy」!!

 Android OSをWindowsで体験できるということでとても魅力的ですね。 スマートフォンなど持っていない方は試しに使ってみるのも面白いかもしれません。 ただコレ、中国製なんですよね~・・・。 キングソフトも中国製だったので導入を諦めたことがあるのですが、個人的にはこちらもちょっと二の足を踏んでしまいますw


【2014年2月19日更新】

 2ヶ月ぶり14度目の更新です。 対象からeX.computerが無くなりましたが、代わりにフロンティアが復活しました(Core i7 4770ですが)。 今回も合計5メーカーとなります。


復活のフロンティアは「決算セール」のキャンペーンモデルで、プロセッサこそ劣るもののHDD容量も多くコストパフォーマンスは高いです。 それと競うのが今好調のマウスコンピュータでして、フロンティアより¥7200高いもののプロセッサは「Core i7 4700K」を搭載し、なおかつ電源も最も高性能な「80PLUS GOLD」を採用しています。 この2メーカーが特にお薦めです。

全体的には価格がかなり上下していますね。 前回最安だったマウスコンピュータが同構成で1万円近くも値上げしてしまったのは残念ですが、それとパソコン工房以外の3メーカーは全て値下げされております。


【2013年12月22日更新】

 2ヶ月ぶり13度目の更新です。 フロンティアから該当機種が無くなり、計5メーカーとなっております。


珍しくStorm以外は全て値下げとなっています。 特にマウスコンピュータの値下げ幅は大きく、HDDこそ半減されたものの¥15000近い大幅値下げとなりました。 最安もマウスコンピュータでして、他メーカーを¥25000~¥40000近く引き離すダントツの安さを実現しています。 マウスコンピュータが久々に激安王を取り戻しました!

ただし、最近の為替はまた円安へと動きつつあるので、今後の値上げには要注意です。


現在、HPのデスクトップを対象としたクリスマス限定キャンペーン「メリー!オトクニナリスマス」開催中です。 てかコレ、「トリプルフリーアップグレードキャンペーン」じゃね?と思ったら、それを対象にした新たなキャンペーンということな模様。 つまりお得なモデルが更にお得になっているわけですので、とりあえずチェックだけでもしてみて下さい。 プロセッサやメモリが無料でアップグレードされ、そこへ更に液晶の無料アップグレードが追加! オマケにオフィスやチューナの格安アップグレードも選択できます♪


レビューを3件追加しましたが、2件はVAIOの旧モデルですw もう1件は人気のフロンティアノートでして、5万円を切る安さでありながらそれなりのスペックを備えるなど、そのコストパフォーマンスの高さが評価されています。


【2013年10月27日更新】

 2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回eX.computerが4ヶ月ぶりに復活して合計6メーカーとなりました。


やはりこちらでも価格の上昇に一定の歯止めがかかっていますが、eX.computerやドスパラなど一部のメーカーでは大幅な値上げも記録しています。 そんな中特に安かったのはマウスコンピュータとフロンティアでして、共に価格は前回同様かやや値下がりとなっております。 ちなみにフロンティアはIvyBridgeからHaswellへと変更されていて、更に電源の容量と質も変わりました。 それにしてもこの2メーカーの安さは凄まじいですね。 他メーカーと2万円近い大きな差が開いております。


レビューにASUSが新登場! また、ThinkPadのLシリーズも新たに追加されました。 ASUSはスタンダードノートでして、その潜在力はなかなか高いものがあります。 ThinkPadのレビューは過去に5台も同メーカーのモデルを使用した自称「Thinkpad」信者の方によるものなので、使い込んだ人にしか書けない貴重な経験が聞けそうですね。 機種の「Lシリーズ」は中程度なレベルのノートになります。


【2013年8月22日更新】

 2ヶ月ぶり11度目の更新です。 本日から「GTX680」から「GTX780」へと変更したいと思います。 「GTX680」はまだ取り扱うとこがあるのですが、昨日「GTX670」コンテンツを「GTX680」とほぼ同レベルの「GTX770」コンテンツへと変更したので、こちらも「GTX700シリーズ」へとレベルアップしたいと思います。


為替安定でパソコン価格の上昇を抑えたいところですが、今回のグラフィックカード変更によって価格が更に上昇していますw これはもう仕方ないですね・・・。 しかしこんな中驚いた結果が出ておりまして、「Core i7 3770」を搭載したフロンティアを「Core i7 4770K」を搭載したマウスコンピュータが価格で勝っております!! しかもマウスコンピュータは電源に高性能な80PLUS GOLDを採用しており、そのコストパフォーマンスは更に開きができそう。 メモリとHDDがそれぞれ無償アップグレードされていて、今最も脂の乗ったお得度の高いメーカーです♪

Posted in eX.computer, G-Tune, デスクトップPC, ドスパラ, パソコン工房, 高性能 | Tagged , | Leave a comment