【比較】Core i7 8700を搭載したデスクトップPCはどこがお買い得?「台数限定セールのフロンティアが最安!!」(¥88344~)10H,Core i7 7700/8700,メモリ8G,SSD160G/320G,HDD1T/2T,DVD/Blu-ray

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ8GB・DVDドライブ搭載を基本構成とします。
※2018/7/3よりCore i7 7700からCore i7 8700へと変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i7 8700>Core i7 7700K>Core i7 6700K>Core i7 7700>Core i7 6700
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスコンピュータLUV MACHINES
ドスパラGALLERIAドスパラMagnate・Knight・Lightning・Regulus(ミニタワーパソコン)
パソコン工房デスクトップPC
フロンティアGXシリーズ(マイクロタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み
フロンティアFRMX310/WS3 MXシリーズ 台数限定セール
 10H,Core i7 8700,8G,SSD320G,HDD1T,DVD,600W-B,¥86184,在庫:29,2018/8/17-15:00迄


【2018年7月3日更新】

 2ヶ月ぶり18度目の更新です。 Core i7 7700の取り扱いが少なくなってきたので、Core i7 8700へと移行したいと思います。 全5メーカーです。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD ドライブ 電源 価格(税・送込)
HP Pavilion 570-p070jp パフォーマンスモデル ボーナスキャンペーン 10H 7700 8G 2T Blu-ray 180W ¥89,424
マウスLUV MACHINES iH700XN 8700 1T DVD 450W-St ¥104,328
ドスパラMagnate GE 320G 400W-St ¥104,738
工房STYLE-M1B6-i7-UH-D 350W-B ¥93,938
フロンティアFRMX310/WS3 MXシリーズ 台数限定セール 160G 600W-B ¥88,344

今回はHP・パソコン工房・フロンティアの3メーカーが値下げされて最安値を競い合っていますが、その中でもHPとフロンティアの値下げ幅が大きくて価格も安いです。 HPは前回と同構成で10476円もダウンしていますが、フロンティアはプロセッサアップグレードにSSDまで付いた上に6264円もダウンしています。 価格はフロンティアが約千円のリードです。

HPは旧プロセッサ搭載というマイナスがあるもののHDD容量は最も大きいですし、光学ドライブにBlu-rayドライブを標準装備している点も魅力です。 フロンティアは最新プロセッサとSSD搭載という点が特徴ですが、電源の量と質も高いですね。 マシンパフォーマンスはこちらの方がずっと良さそうですが、用途によってはHPもありかと思います。


【2018年5月15日更新】

 2ヶ月ぶり17度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


今回は前回最安だったフロンティアが値上げされて、代わりにドスパラが最安となりました。 価格差はさほどありませんが、ドスパラはHDDに加えてSSDも搭載しているので、非常にコストパフォーマンスが良いです。 現在実施中のSSD&HDD無料アップグレードによるものなので、この機会をお見逃しなく。

また、それらよりやや割高でCore i7 8700を搭載したパソコン工房も見逃せません。 やはりなんと言ってもパソコンの性能はプロセッサに影響されますから、大幅にパワーアップした最新プロセッサに興味のある方はそちらも要チェックです。

Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz 6コア・・・15,501
Intel Core i7-7700 @ 3.60GHz 4コア・・・10,809
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3099&cmp[]=2874https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2905&cmp[]=2874

HDD容量が大きくてBlu-rayドライブを搭載したHPも良いですね。 どれも個性的な特徴を備えていて、選ぶのが大変そうです。

ちなみに前回に引き続いてパソコン工房は8700搭載モデルを取り上げていますが、ドスパラでも7700搭載モデルは激減していました。 上記のモデルはミドルタワーになります。 今後も徐々に取り扱いは減っていくと思われますので、7700希望の方はご注意下さい。


【2018年3月26日更新】

 2ヶ月ぶり16度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


今回は久々に値下げが目立っています。 最も安かったのはフロンティアでして、なんとメモリが16GBもあるのに唯一8万円台を実現します。 ただ、電源の性能は他に比べてやや劣るでしょうか。

また、パソコン工房では既に8700への移行が完了していました。 性能が高い分価格も高いですが、コスパ的にはさほど悪く無いと思います。


【2018年2月3日更新】

 2ヶ月ぶり15度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


値上げが多いですが、唯一値下げされたフロンティアが最安となっています。 2位パソコン工房とほぼ同額ですが、パソコン工房は無償アップグレードによってCore i7 7700Kを標準装備しつつ電源の性能が高いです。 一方フロンティアはメモリ容量が唯一倍の16GBもあるところが魅力ですので、希望や用途に合わせて選んだら良いと思います。


【2017年12月14日更新】

 2ヶ月ぶり14度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


今回も最安はパソコン工房となりました。 しかし注目したいのはHPでして、前回と同構成ながら価格が16092円もダウンしています! パソコン工房との価格差は6394円ですが、HDDは倍の2TBありますし、光学ドライブもBlu-rayドライブを採用するなど内容充実でコストパフォーマンスが非常に良いです。

ちなみに第8世代インテルプロセッサ搭載モデルも既に販売されていますが、性能差は下記の様な感じになります。

Intel Core i7-8700K @ 3.70GHz 6コア・・・16,300
Intel Core i7-8700 @ 3.20GHz 6コア・・・15,501
Intel Core i7-7700K @ 4.20GHz 4コア・・・12,097
Intel Core i7-7700 @ 3.60GHz 4コア・・・10,809
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3098&cmp[]=2874https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3099&cmp[]=2874https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=2905&cmp[]=2874

スコアの違いもさることながらコア数の違いも気になりますね。 複数タスクで同時作業を行う方にとってもより快適な動作が期待できるのではないでしょうか。 ただし、7700搭載モデルと比べて価格は1万円くらい高いです。


【2017年10月17日更新】

 2ヶ月ぶり13度目の更新です。 今回は全6メーカーになります。


最も安いのは今回もパソコン工房となりました。 他メーカーが9万円台、10万円台の中、唯一8万円台を実現しています。 また、電源も性能の高い80PLUSを採用して魅力的です。 2位にはeX.computerがつけていますが価格差は4126円あり、電源の性能はワンランク上となっています。


【2017年8月22日更新】

 2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回はHPが復活して合計9メーカーとなっております。


今回最も安かったのはパソコン工房となりました。 同メーカーとしてもこれだけ安いのは久しぶりでして、約8ヶ月ぶりの水準です。 前回と比べて1万円ほど安くなっていますが、その代わり標準装備だったSSDは無くなっています。 他メーカーと比べて最低でも4千円くらい差がついていますし、スペックも標準的で文句無しと言ったところです。 唯一の8万円台を実現しています。 ちなみにこちらは現在実施中のキャンペーン「夏の大感謝祭」モデルですので、期間終了(期間不明)にご注意下さい。


【2017年6月18日更新】

 2ヶ月ぶり11度目の更新です。 今回はHPのサイトがメンテナンス中のため、1つ減って全8メーカーとなっております。


今回は若干値上げが目立ちますね。 一方でSSDを標準搭載するモデルも増えており、性能も上がっている模様です。

最も安かったのはフロンティアですが、eX.computerがほぼ同額で2位につけています。 フロンティアはSSD容量が倍ありeX.computerは電源容量で勝るなど、それぞれ特徴があるので、好みに合わせて選んだら良いのではないでしょうか。

ちなみにフロンティアは旧プロセッサ(6700)搭載の「夏のボーナスセール」モデルもあるのですが、こちらはさらに安くて、なんと8万円台ジャストです! 先日さらに千円ほど値下げされたので、価格を重視される方はそちらもチェックしてみて下さい。


【2017年4月16日更新】

 2ヶ月ぶり10度目の更新です。 今回は全9メーカーになります。


今回の注目はなんと言ってもHPです! 現在実施中の「限界に挑戦!限定キャンペーン」は非常にお買い得でして、ここ最近のHPでは見られなかった様な安いモデルが多々取り揃えられています。 当スペックでもダントツで最安を実現しており、いつも最安だったフロンティアは値上げされて7千円近くも差が付きました。 でもHPも決して常に高いモデルではなく、前回こそ大幅値上げされていましたが、それ以前は上位に食い込んでました。 しかしここまで安いのは1年ぶりくらいになりそうです。

「HP Pavilion 510-p100jp」はまず見た目が良く、そんじょそこらの激安メーカーとはひと味違うこったデザインをしています。 また標準で2画面出力に対応し、簡単なPCの操作方法を電話でサポートする「使い方サポート」「チャットサポート」も標準で付属です(1年間)。 さらに現在実施中のキャンペーンによってマイクロソフトOfficeが特別価格となっているので、Office希望の方にとっても見逃せません。


【2017年2月17日更新】

 2ヶ月ぶり9度目の更新です。 今回も前回と同様の全10メーカーになります。


今回は多数のメーカーが値上げされてしまいました。 原因は正月キャンペーンの終了による揺り戻しと、新プロセッサKabylake搭載モデルの登場による値上げと思われます。 そんな中値上げされたのはNECとASUSがわずかに千円前後下がっただけした。

最も安かったのはフロンティアでして、最新プロセッサに大容量ストレージ・大容量電源を搭載しつつ、唯一8万円台を実現するなど圧倒的な低価格とハイコストパフォーマンスを実現しています。 こちらは現在実施中のキャンペーンモデルでして、残り22台となっているのでご注意下さい。


【2016年12月17日更新】

 2ヶ月ぶり8度目の更新です。 今回も前回と同様の全10メーカーになります・


今回最も安かったのはフロンティアの「冬のボーナスセール」モデルになりました。 標準ではDVDドライブ非搭載なのでオプションで選択しましたが、それでも最安ですし、しかもメモリが16GBもあってコストパフォーマンスも高いです。 光学ドライブが不要な場合は更に安く7万円台から購入することもできます。 また、同じキャンペーンのGXシリーズはSSD&HDD搭載でも8万円台から購入できるのでそちらも要チェックです。

また今回はNECが21816円ダウン、Endeavorが13392円ダウンと超大幅値下げされています。 NECは前回と同構成で非常にお買い得になりましたが、それでも一番高価なモデルです。 一方、Endeavorは対象モデルをスリムタワーに変更した為、電源容量は減っていますが、その他スペックは同じになります。


【2016年10月18日更新】

 2ヶ月ぶり8度目の更新です。 前回はフロンティアが追加されて、合計10メーカーとなっております。


今回最も安かったのはパソコン工房となりました。 HDDも2TBと多く、電源も80PLUS Standardと性能が高いです。 しかし、640円差で2位につけるフロンティアのキャンペーンモデル「週替わりセール」モデルでは、パソコン工房と同スペックに加えてメモリが倍の16GBもあります! よって、こちらの方がお買い得なのは間違いありません。 またフロンティアでは、同じキャンペーンモデルにSSD&HDD搭載モデルもあるので、そちらも要チェックです。

フロンティアのGXシリーズはSSD1基・HDD2基を同時搭載可能な拡張性の高いミニタワーでして、カスタマイズでも様々なタイプのストレージに加えて高性能なグラフィックカードも選択できます。 USBポートも全8個を装備し、その他オンボードVGAでも3つの外部接続端子を備えて便利です。 また、安くても品質・信頼性の高い「日本製コンデンサ」を採用しているので耐久性が高く、購入後も末永く使っていけるのではないでしょうか。


最近、富士通がレノボとパソコン事業の統合を交渉しているというニュースを聞きました。 正直「またか・・」と言ったところですが、富士通はまだ否定しており選択肢の一つと言っています。 IBM(ThinkPad)・NECに続いてですが、NECって安くなってませんねw まぁ、パソコン事業の継続が目的なのかもしれませんが、消費者としてはイマイチ統合のメリットが見えてきません。 むしろ品質や信頼性に対して不安を覚える声の方が多いような気がします。 ちなみに日本だけで無く海外でも中国資本に飲み込まれているメーカーが多いらしいですが、そう言う意味では仕方の無い側面もありそうです。

肝心の日本市場で不振が続いているのが根本的な原因かと思われますが、日本がデフレを脱却して景気を回復しない限りはこういった事は今後も続いていくのではないでしょうか? また、一方で中国はもうバブル崩壊が始まっているので、いずれ分裂して日本に戻ってきてくれることにも期待したいです。


【2016年8月20日更新】

 2ヶ月ぶり7度目の更新です。 前回と同様の全9メーカーになります。


今回は数多くのメーカーが値下げされました。 特に値下げ幅が大きかったのはマウスコンピュータでして、12000円ダウンしましたが、ストレージはSSD240GからHDD1Tへと変更されています。 コストパフォーマンス的には少し下がってるでしょうか? また、NECが前回と同構成で7000円値下げされました。

最も安かったのはパソコン工房ですが、パソコン工房はここのところずっと価格を下げ続けています。 また、注目したいのがドスパラでして、価格こそパソコン工房より1万円ほど高いものの、SSD250GBが無料プレゼントとなってお買い得です。


 

【比較】AMDプロセッサ搭載でもっとも高性能なデスクトップは?「唯一SLI仕様のパソコン工房が最高峰!近々第2世代Threadripper 登場か!!?一番人気は2950X!!」(~¥769975)10H,AMD Ryzen 7 2700/2700X/Threadripper 1950X,メモリ16G/64G/128G,SSD512G-NVMe/1T(NVMe)/2T,HDD1T/2T/3T,GTX1080/GTX1080 Ti(x2 SLI)・RX580,DVD

【メーカー別順位推移グラフ】

※ほぼ同レベルな性能の場合はコストパフォーマンスの高い方を上位とします。
※とにかく情報の少ないスペックですのでかなり恣意的な順位となっています。 それを踏まえた上で一つの参考としてご覧下さい。


【性能比較】
・CPU:Ryzen Threadripper 1950X>Ryzen Threadripper 1920X>AMD Ryzen 7 2700X>Ryzen Threadripper 1900X≧Ryzen 7 1800X>Ryzen 7 1700X>Ryzen 7 1700>>FX-9590>FX-8370≧FX-8350>FX-8370E>A10-7890K>A10-7870K≧A12-9800>A10-9700>A10-7850K>A10-7800>A10-7700K>A10-6700
・グラフィックカード:GTX1070 SLI>GTX1080 Ti>GTX1080>GTX1070>GTX980 Ti>GTX1060=GTX980>GTX780 Ti≧GTX970≧RX480≧R9 290>R9 280X>GTX960>R9 285>GTX760>R9 260>R7 250≧R7 240
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPAREその他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
HPデスクトップPC
マウスLUV MACHINESG-Tune NEXTGEAR-MICRO
ドスパラGALLERIA
パソコン工房LEVEL∞シリーズ
フロンティアGA・GX・GZシリーズ(ミドルタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年8月9日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。

メーカー別比較表 OS AMD メモリ SSD HDD グラボ SLI ドライブ 電源 価格(税・送込)
HP Pavilion Gaming Desktop 690 10H Ryzen 7 2700 16G 512G-NVMe 2T Radeon RX580 DVD 400W-P ¥179,280
G-Tune
NEXTGEAR-MICRO am550PA1
Ryzen 7 2700X 64G 1T-NVMe+2T 1T GTX1080 700W-B ¥371,520
ドスパラGALLERIA AZ‐P Ryzen Threadripper 1950X 128G 1Tx2 GTX1080 Ti 850W-P ¥635,082
工房LEVEL-FA39-LCRT5X-XNDVI 64G 1T-NVMex2 2T x2 1350W-P ¥769,975
フロンティアFRGBX399/B GBシリーズ 128G 512G-NVMe+1T 3T 850W-P ¥610,200

今回順位に変動はありませんでした。 最も高性能だったのはパソコン工房で、メモリ容量こそドスパラとフロンティアに負けているものの、ストレージ容量が大きく、なんと言ってもグラフィックは唯一のSLI仕様です。

ちなみに現在最高峰のThreadripperですが、近々第2世代が出る模様です。 その内容は素晴らしく、Core i9最上位モデルの「Core i9-7980XE」を上回るスペックでありながら、価格はかなり安いのだとか・・。 もちろん日本に来たらいくらになるか分かりませんが。 ちなみに一番人気は最上位の2990WXではなく2950Xみたいです。 毎回凝っている箱にも注目♪

Ryzen Threadripper 2990WX:
32C64T,定格3.0GHz,最大4.2GHz,L3キャッシュ容量64MB,TDP 250W,1799ドル(税別),北米時間8月13日発売予定
Ryzen Threadripper 2970WX:
24C48T,定格3.0GHz,最大4.2GHz,L3キャッシュ容量64MB,TDP 250W,1299ドル(税別),10月発売予定
Ryzen Threadripper 2950X:
16C32T,定格3.5GHz,最大4.4GHz,L3キャッシュ容量32MB,TDP 180W,899ドル(税別),北米時間8月31日発売予定

Ryzen Threadripper 2920X:
12C24T,定格3.5GHz,最大4.3GHz,L3キャッシュ容量32MB,TDP 180W,649ドル(税別),10月発売予定


【2018年6月12日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回はG-Tuneのプロセッサとグラフィックがパワーアップされていますが、プロセッサの「AMD Ryzen 7 2700X」は下記の様になりました。 なかなかの高性能です。

AMD Ryzen Threadripper 1950X 16コア・・・22,095
AMD Ryzen Threadripper 1920X 12コア・・・18,095
AMD Ryzen 7 2700X 8コア・・・17,037
AMD Ryzen Threadripper 1900X 8コア・・・15,701
AMD Ryzen 7 1800X 8コア・・・15,376
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3058&cmp[]=3062https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3086&cmp[]=3062https://www.cpubenchmark.net/cpu.php?cpu=AMD+Ryzen+7+2700X&id=3238

また、フロンティアもグラフィックがワンランクアップしています。 最も高性能だったのは前回同様パソコン工房でして、メモリ容量こそ少ないものの唯一SLI仕様のグラフィックを採用し、SSDもNVMeの1TBを2つも搭載して文句無しの最高峰です。


【2018年4月23日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


今回はパソコン工房が「Ryzen Threadripper 1950X」に対応し、ドスパラ・フロンティアとの三つ巴となっています。 内容的にはメモリ容量の少ないパソコン工房ですが、SSD性能とグラフィック性能の高さから総合的に考えて1位としてあります。 ドスパラとフロンティアはSSDとグラフィックの戦いですが、独断と偏見で高性能SSD搭載のフロンティアを上位としました。


【2018年3月3日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回も全5メーカーになります。


まずCPUの性能差についてですが、下記の様になります。

AMD Ryzen Threadripper 1950X 16コア・・・22,095
AMD Ryzen Threadripper 1920X 12コア・・・18,095
AMD Ryzen Threadripper 1900X 8コア・・・15,701
AMD Ryzen 7 1800X 8コア・・・15,376
PassMark:https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3058&cmp[]=3062https://www.cpubenchmark.net/compare.php?cmp[]=3086&cmp[]=3062

最も気になるのは1TBのNVMe SSDを2基も搭載したパソコン工房とドスパラ&フロンティアなのですが、前者はプロセッサの性能で大きく劣る上にメモリ容量が半分しか無いので、総合的に考えて3位と判断しました。 登場して間もないフロンティアですが初の首位となります。

HPはついに「Ryzen 7」登場などして頑張っているのですが、上位陣とはまだまだレベルが違い最下位です。


【2018年1月12日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


今回も前回と全く順位は変わりませんでした。 ThreadripperにSLI仕様のパソコン工房が文句無しの最高峰ですが、メモリ128GB搭載のドスパラも良い勝負をしています。 G-Tuneとフロンティアはほぼ同スペックですが、コスパが高くSSD2TBも選択可能なG-Tuneを上位としました。 正月疲れの為かどこも若干価格は上がっている印象です。


【2017年11月20日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回は全5メーカーになります。


最も高性能だったのはパソコン工房となりました。 メモリ容量は2位ドスパラの方が多いですが、SSDの内容とSLI仕様のグラフィックカードを含めた総合的な性能で判断しております。 3位はメモリ容量とグラフィック性能でフロンティアに勝るG-Tuneとし、最下位はHPでした。 でもHPはついにRyzen対応となりましたし、全体的にスペックは上がっていますので今後に期待です。


【2017年9月25日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は新しいCPUが登場したこともあって、珍しく比較が楽でしたw 最も高性能だったのは「Ryzen Threadripper 1950X」に「GTX1080 Ti」のSLI仕様を搭載したパソコン工房です。 CPUもスゴいですけど、決め手となったのはグラフィックですね。 AMD搭載モデルでSLI仕様は非常に珍しい構成です。

次いでドスパラが文句無しの2位ですが、NVMe SSDを採用しているところが少ないのが気になります。 この点もパソコン工房が秀でているところですが、その他はG-Tuneにちょこっと載ってるだけでした。 久々登場のHPはRyzen非対応でダントツの最下位です。


【2017年7月21日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


なんか非常に比較するのが難しかったです。 プロセッサはみな同じなのですが、メモリ容量が半々でグラボも一部異なり、SSDはノーマルタイプと高速タイプの2種類に分かれて、なおかつ容量も異なります。 もうほんとんど独断と偏見で順位付けしましたのでご理解下さい。

最も高性能だったのは今回もドスパラでして、メモリが少なくSSDは普通のタイプですが、グラフィック性能の高さとSSD容量の大きさを重視しました。 次いで高性能だったのはeX.computerで、今回パソコン工房を抜きました。 どの辺が抜いたのかと言われると困るのですが・・・w G-Tuneは前回唯一Ryzen非対応でしたが、さすがに対応してきましね。 このRyzenというAMD製のプロセッサは割と普及しそうな雰囲気です。


【2017年5月22日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回の注目はなんと言ってもSLI仕様のパソコン工房です。 AMD搭載モデルでSLI仕様なんていつ以来でしょうか? 少なくともここ2年間ではお目にかかったことがありません。 それだけAMD搭載モデルというのは性能に制限があったわけですが、今回はその壁をぶち破ってきました。

しかし、ドスパラのGTX1080 Tiとのグラフィック性能差はさほど大きなものではなく、またSSD容量の小ささも踏まえてドスパラを上位とさせて頂きました。 パソコン工房は高速SSDのNVMeを500Gだけ採用しているのが惜しいですね。 まぁ、見方によっては工房の方が高性能かも知れません。

次いでeX.computerが3位になりましたが、唯一メモリ64GBを搭載するなど魅力的な部分もあります。 マウスコンピュータはいまだにRyzenを採用しないなど、出遅れている感じです。


【2017年3月23日更新】

 2ヶ月ぶり27度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は新プロセッサRyzen 7の登場で、これまでより大幅に性能の上がったメーカーが多かったです。 また、どこもかなり性能差が接近しており、比較は非常に難しくなっていました。 まず最も高性能だったのはeX.computerとしましたが、プロセッサの性能・メモリ容量・グラフィック性能でトップなものの、SSDがノーマルタイプでNVMe搭載に劣ります。 価格的にも他の方が高いなど非常に悩みましたが、トータルでの性能ということを重視して1位にしてあります。

2位のドスパラと3位のパソコン工房も難しく、ドスパラはグラフィック性能で勝り、パソコン工房はプロセッサ性能で勝ります。 やむなくそれぞれのパーツの価格で比較しましたが、その差も5千円程度とかなり接近していました。 それでも順位付けしなくてはいけないので、僅差ですがドスパラを上位としてあります。 マウスコンピュータ以外は横並び一線と考えて良いかもしれません。 ちなみにマウスコンピュータではRyzenをいまだに取り扱っていないので、最下位となりました。


【2017年1月24日更新】

 2ヶ月ぶり26度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回はずっと1位だったドスパラが遂に首位陥落となりました。 高性能なモデルが沢山ラインナップされているのですが、そのほとんどが現在在庫切れ状態でして、購入することができません。 変わって最高峰となったのはeX.computerです。 唯一グラフィックカードを搭載し、人気の最新プロセッサに大容量SSD&HDDを搭載して、満遍なくハイスペックとなっています。 ただ、ドスパラのSSD1TBx2も魅力的ですが・・・。


【2016年11月23日更新】

 2ヶ月ぶり25度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は順位に全く変動がありませんでしたが、内容は結構変わっています。 まず、新プロセッサの「A12-9800」が採用されました。 eX.computerはグラフィックの性能が最も高いので、最高峰になるかと思いきや、プロセッサの性能とストレージの内容でドスパラに劣ります。 eX.computerはグラフィック性能を重視される方にお勧めです。 そして、パソコン工房とeX.computerはかなり実力が接近していて、新プロセッサの「A12-9800」は「A10-7870K」と五分の勝負になります(参考サイト)。 いや、むしろ若干「A10-7870K」の方が上かもしれませんが、さらにグラフィックカードを搭載したパソコン工房を上位としました。


【2016年10月20日追記】

 ドスパラとパソコン工房にて、第7世代のAPU「Bristol Ridge」を搭載したデスクトップPCが発売されました。 旧世代に比べて動作クロックあたりの演算性能が17%向上し、さらにTDPも95Wから65Wへと大幅に低減されています。  特に新たに追加された「A12」は性能が高く、ベースクロックで3.8GHz、Turbo CORE動作時には最大4.2GHzに達するなど、負荷の高い様々な作業をより快適に処理することが可能です。 また、グラフィック性能も優れており、内臓タイプとは思えないほどの3D性能を発揮します。 4K動画も滑らかに再生可能ですし、TrueAudio機能によってCPUやグラボにはあまり負荷をかけずに臨場感のあるサウンドを再生可能です。

やはり最も気になるのは最高峰の「A12-9800」ですが、現在のところドスパラでは1モデルのみ、パソコン工房では3モデル取り扱っています。

ドスパラGALLERIA-A BS
 10H,AMD A12-9800,8G,SSD250G,DVD,¥65980

工房Stl-M03A-A12-FZ
 10H,AMD A12-9800,4G,HDD1T,DVD,¥59980
工房Stl-M03A-A12-FZS
 10H,AMD A12-9800,4G,SSD240G,DVD,¥62980
工房Stl-M03A-A12-FZR
 10H,AMD A12-9800,8G,SSD240G,HDD1T,DVD,¥67980


【2016年9月25日更新】

 2ヶ月ぶり24度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は順位に全く変動が見られませんでした。 最も高性能だったのはドスパラでして、2位eX.computerとの差は主にプロセッサの性能とメモリの大きさになります。 グラフィックは新たにRX480が登場しましたが、ドスパラの「グラフィックカード性能比較ベンチマークテスト」で調べたところ、ほぼ同程度の性能を備えている模様です。 3位のパソコン工房と4位のマウスは微妙でして、正直どっちが上とも言えません。 プロセッサではパソコン工房が勝り、SSD容量ではマウスが倍近くあります。 ストレージは容量の大きい方がスピードは速いと聞きますが、それとプロセッサの性能差はどちらが上か?となるとハッキリ分かりませんw と言うわけで、性能差のハッキリしているプロセッサを重視してパソコン工房を上位としました。

ちなみに今回、パソコン工房とeX.computerが大きく性能を落としております。 パソコン工房はグラフィックカード搭載モデルが見当たらず、eX.computerはCPU・メモリ容量がダウンしました。 ただ、eX.computerはストレージ容量とグラフィック性能がアップしています。 共に価格は25000~50000円もダウンしました。 何だか、全体的に性能が落ちてきている様な気がするのが気になりますね・・・。

【比較】Core i7 7820XにGTX1070搭載のモデルはどんな感じ?「最安はフロンティア!!2位のパソコン工房もFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONが付いてお得♪」(¥268272~)10H,Core i7 7820X,メモリ16G/32G,SSD480G/500G-NVMe,HDD1T/2T/3T,GTX1070/GTX1070 Ti,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ16GB・SSD500GB&HDD1TB・DVDドライブを基本構成とします。
※2017/10/29よりSSD容量を500GBに統一しました。
※2017/9/1よりCore i7 6900K(Broadwell-E)からCore i7 7820X(Skylake-X)に変更しました。
※2017/2/27よりCore i7 6950XからCorei7 6900K、メモリ32GBから16GBへと変更しました。
※2016/12/22よりGTX900シリーズからGTX1070へと変更しました。
※2016/11/1よりHDDからSSD&HDDへと変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i9 7900X>Core i7 7820X>Core i7 7800X>Core i7 7700K
・グラフィックカード:GTX1080=GTX1070 Ti>GTX1070>GTX980 Ti>GTX1060=GTX980>GTX970>GTX960>GTX750 Ti
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
G-Tune NEXTGEAR
ドスパラGALLERIAドスパラMonarch・ThunderStorm(タワーパソコン)
パソコン工房LEVEL∞(ゲームPC)
フロンティアGBシリーズ(フルタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年7月12日更新】

 2ヶ月ぶり40度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなっております。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
G-Tune
MASTERPIECE i1720BA2
10H 7820X 32G 480G 3T GTX1070 DVD 700W-B ¥310,392
ドスパラGALLERIA VV-X 500G-NVMe 1T GTX1070 Ti 800W-G ¥309,160
工房LEVEL-G029-i7SX-LNR 16G 480G 700W-B ¥278,553
フロンティアFRGBX782 GBシリーズ 2T GTX1070 850W-G ¥268,272

今回も最も安いのはフロンティアとなりました。 前回と同構成で4320円安くなっています。 また2位のパソコン工房も2160円値下げです。 今なら特典として7~8千円はする「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」がプレゼントされます。

パソコン工房とフロンティアは1万円の価格差がありますが、パソコン工房はグラフィックの性能が高く、フロンティアはHDDと電源の量と質に秀でています。 どちらも一考の価値はあるのではないでしょうか。


【2018年5月24日更新】

 2ヶ月ぶり39度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなっております。


今回も最も安いのはフロンティアとなりました。 しかし2位には8121円差でパソコン工房が迫ってきており、グラフィックもワンランク上で侮れません。 ただ、フロンティアはHDD容量と電源性能で勝るので、プラスマイナスで若干上になるのかな?と思います。 ちなみにグラボの価格差は5千円くらいで、性能差については下記の通りです。

GeForce GTX 1070 Ti・・・12,302
GeForce GTX 1070・・・11,078
PassMark:https://www.videocardbenchmark.net/high_end_gpus.html


【2018年4月4日更新】

 2ヶ月ぶり38度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなっております。


値上げされるメーカーが多い中、唯一値下げされたフロンティアが最安となりました。 メモリ容量やグラフィックの内容などスペックの異なる部分はありますが、フロンティアもHDD容量は大きいですし電源の性能も高いなど秀でた部分もあります。 なにより価格を抑えたいのであればコレがお勧めです。 ちなみに前回と同構成で12960円も値下げしています。


【2018年2月12日更新】

 2ヶ月ぶり37度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーとなっております。


今回はドスパラのSSDがNVMeに変更、パソコン工房も電源が80PLUS BRONZEからGOLDに変更されて、共に価格が上昇してしまいました。 最も安いのは今回もパソコン工房となっております。 2位フロンティアとの価格差は7千円程度ですが、パソコン工房はメモリが倍の32GBあり、フロンティアはHDD容量が大きいのが特徴です。

ドスパラはラインナップにGTX1070が無くなっていたので、やむなくワンランク上のGTX1070 Tiを搭載したモデルを取り上げています。 性能差は下記の通りです。

GeForce GTX 1070 Ti・・・12,302
GeForce GTX 1080・・・12,170
GeForce GTX 1070・・・11,078
PassMark – G3D Mark:https://www.videocardbenchmark.net/high_end_gpus.html


【2017年12月23日更新】

 2ヶ月ぶり36度目の更新です。 全4メーカーになります。


最も安いのは今回もパソコン工房となりました。 しかもメモリが32GBもあるのでコストパフォーマンス的にも非常に良いと思います。 それでも強いて他メーカーを取り上げるとするなら電源の性能が良いところでしょうか。 パソコン工房も+¥5000~¥10000でGOLD電源やPLATINUM電源を選択できるので、その場合でも最安をキープできますし、検討するのも良いと思います。


【2017年10月29日更新】

 2ヶ月ぶり35度目の更新です。 今回よりSSD容量を500GB前後で統一します。 全4メーカーです。


今回SSD容量を統一(増量)したこともあって、価格が上昇しているところが多かったです。 また、価格差がかなり縮まってきたので、スペックを吟味する必要がありそうです。

最も安かったのはパソコン工房ですが、2位にはたった3607円差でドスパラがつけており、3位にはさらに5552円差でフロンティアとなっています。  気になるスペックですが、やはりドスパラのNVMe SSDが気になります。 メモリこそ少なめなものの、この高速SSDを搭載してこの価格というのは非常にコストパフォーマンスが良いのではないでしょうか? また、電源も最も性能の高い80PLUS PLATINUMを採用していますし、意外にドスパラのお得度の高さが感じられました。


【2017年9月1日更新】

 2ヶ月ぶり34度目の更新です。 今回からプロセッサはCore i7 6900KからCore i7 7820Xへと変更します。 全4メーカーです。


全体的にかなり価格が下がりまして、購入し易くなりました。 最も安いのはeX.computerでして、2位以下が26万円台にある中、なんと24万円台という破格の値段を実現しています! ただ、電源の性能が低いので試しに他と同じGOLD電源(650W)にしてみたところ、税・送料込みで248184円になりました。 さらに容量の大きい750W GOLDを選択しても252504円ですので、かなりお買い得なのではないでしょうか。


【2017年6月27日更新】

 2ヶ月ぶり33度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回最も安かったのは、前回より性能アップしつつ価格が21600円もダウンしたeX.computerです。 なんとSSD240GBが500GBへと無償アップグレードされています。 値下げによって一気に最安へと躍り出ましたが、わずか1274円差のパソコン工房の方が性能はさらに高いです。 メモリは倍の32GBも搭載し、SSDは240GBと250GBの組み合わせですが、240GBは高速なNVMeを採用しています。 さらにHDDは大容量3TBを搭載するなど、eX.computerと比べて万単位でコストパフォーマンスが高いのではないでしょうか? と言うわけで、パソコン工房激推しです!


【2017年4月27日更新】

 2ヶ月ぶり32度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は若干スペックや価格が変更されていますが、トータルでコストパフォーマンスは下がっている印象を受けました。 最も安いのはパソコン工房でして、こちらはスペックアップで価格も上昇しています。 2位にはドスパラがつけていますが、3位のG-Tuneの方がずっと内容は良いので、こちらの方がお買い得です。 ただ、パソコン工房に比べると劣るので、やはり最安のパソコン工房がお勧めかと思います。 ちなみに「GW SPECIAL SALE」の対象モデルですので、期間限定の特価です。


【2017年2月27日更新】

 2ヶ月ぶり31度目の更新です。 今回よりCore i7 6950XからCore i7 6900Kへとプロセッサを変更し、さらにメモリも32GBから16GBへと減量したいと思います。 なかなかこのレベルのモデルはスペックが定まりませんが、そろそろ落ち着いてきそうです。


Core i7 6950Xから6900Kへと変更したので大幅に価格がダウンしておりますが、その中で最も安かったのはパソコン工房です。 他メーカーが33~34万円台なのに対して、唯一30万円台と圧倒的な低価格を実現しています。 もちろんスペックの違いがあり、特にSSDはG-TuneやeX.computerと比べて半分しかありませんが、仮に500GBを選択しても319831円でやはりダントツの低価格です。 ただ、G-Tuneのようにメモリ32GBにHDD3TBとすると340308円になるので、コストパフォーマンス的にはこちらと五分かなと思います。


【2016年12月22日更新】

 2ヶ月ぶり30度目の更新です。 今回よりGTX900シリーズからGTX1070へと変更したいと思います。 パソコン工房とフロンティアが追加されて、合計5メーカーです。


SSDは大容量なところが多かったので、比較的少ないところも周りに合わせております。 例えばeX.computerは240Gも選択可能ですが、価格は3千円しか変わりません。

もっと安いのはパソコン工房となりました。 eX.computerと5千円ほどの価格差しかありませんが、HDD容量が倍あり、なおかつ電源の性能が高いなど、魅力的な内容となっています。 その他メーカーは軒並み40万円近くの価格ですので、これら2メーカーの戦いになるのではないでしょうか。


【2016年10月1日更新】

 2ヶ月ぶり29度目の更新です。  今回からHDDからSSD&HDD構成へと変更します。 フロンティアがなくなって合計3メーカーです。


今回最も安かったのはeX.computerとなりました。 SSD容量も多く、内容的にも良いのではないでしょうか。 2位には約13000円差でドスパラがつけておりますが、eX.computerより電源容量の大きいところが特徴です。 まぁ、価格差を埋めるほどではありませんが。 最下位はドスパラでして、他メーカーより20000~30000円も高くなっています。 その代わり、電源の性能が他よりツーランクほど高いです。

パソコン工房に続いてフロンティアも対象機種が無くなってしまいましたが、共にGTX1000シリーズに移行した模様です。 次回の取り扱いが少なければ、GTX900シリーズからGTX1000シリーズへと対象のグラフィックカードを変更するかもしれません。


【2016年8月31日更新】

 2ヶ月ぶり28度目の更新です。 今回はフロンティアを追加して、合計4メーカーとなっております。 ちなみにマウスはクリエイター向けのDAIVとゲーマー向けのG-Tuneを比較してみたのですが、DAIVの方がわずかに安く、更にスペックもやや上でコストパフォーマンスが高かったです。 もともとDAIVはハイスペックなMDVシリーズの後継的な側面もあるので、今後はこちらを積極的に取り上げていきたいと思います。


今回はグラフィックダウンによって値下げされているところが多かったですが、新たに追加したフロンティアはハイスペックということもあって最高値をつけております。

最も安いのはeX.computerですが、前回とほぼ同構成にも関わらず3万円近くも値下がりしています。 まぁ、対象機種が異なるのも影響していそうですが、価格を抑えるのであればコレに限ります。 2位以下とも3万円近い価格差がついていますね。

【比較】Core i7 7820XにGTX1060を組み合わせたデスクトップはどんな感じ?「フロンティアが最安!32GBメモリ搭載のG-Tuneも17000円値下げでお買い得♪」(¥237600~)10H,Core i7 7820X,メモリ16G/32G,SSD240G,HDD1T/2T,GTX1060,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ16GB・SSD&HDD・光学ドライブ搭載を基本構成とします。
※2017/8/31よりCore i7 6900K(Broadwell-E)からCore i7 7820X(Skylake-X)に変更しました。
※2016/12/21よりGTX900シリーズ(最安)からGTX1060に変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i9 7900X>Core i7 6950X>Core i7 7820X=Core i7 6900K>Core i7 7800X>Core i7 6800K
・グラフィック:GTX1060>GTX1050 Ti=GTX960>GTX1050>GTX950
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】

G-Tune NEXTGEAR
ドスパラGALLERIAドスパラMonarch・ThunderStorm(タワーパソコン)
パソコン工房LEVEL∞シリーズ
フロンティアGBシリーズ(フルタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※税・送料込み


【2018年7月11日更新】

 2ヶ月ぶり14度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
G-Tune
NEXTGEAR i870BA1
10H 7820X 32G 240G 2T GTX1060 DVD 700W-B ¥241,056
ドスパラMonarch XT-X 16G 1T 800W-G ¥247,146
工房LEVEL-G029-i7SX-RNR 32G 700W-B ¥255,916
フロンティアFRGBX780 GBシリーズ 16G 850W-G ¥237,600

最も安かったのはフロンティアとなりました。 前回と比べてHDD容量は減ったものの価格も2808円ダウンしています。 また、3456円差で2位につけるG-Tuneもなかなかお買い得。 メモリが標準で32GBもありますが、電源の性能ではフロンティアに劣ります。 こちらは前回と同構成で17064円も値下げされました!!


【2018年5月23日更新】

 2ヶ月ぶり13度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回は対象モデルを変更したこともあって、全てのメーカーが値下げされました。 値下げ幅も結構大きいですね。 最も安かったのはフロンティアで、前回よりSSD容量が若干増えつつ価格が18360円もダウンしています。

しかし2位パソコン工房との価格差は僅か1965円程度でして、3位ドスパラとの価格差も6738円と、3メーカーが7千円差の中でひしめき合っております。 その中でもSSD・HDD容量が大きくて電源の性能も高いフロンティアがコストパフォーマンスも良さそうです。

ちなみにドスパラのグラフィックだけグラフィックメモリが6GBあります。 価格にして5千円ほどの差がついておりますので、この点も加味する必要がありそうです。 ただ、あまりパフォーマンスに大きな違いは無いかもしれません(参考サイト)。


【2018年4月3日更新】

 2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回は残念ながら全メーカーが値上げされてしまいました。 おまけにスペックもやや下がり気味な感じです。

最も安かったのはパソコン工房でした。 前回取り上げたSENSEシリーズでは対象モデルが見つからなかったので、今回はゲーミングPCのLEVELシリーズを取り上げています。 メモリ容量が32GBと大きいのにこの価格は魅力的なのではないでしょうか。


【2018年2月11日更新】

 2ヶ月ぶり11度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回も最も安いのはフロンティアとなりました。 2位パソコン工房と比べて8千円くらいの価格差をつけていますが、パソコン工房はメモリが倍の32GBも搭載しているので、コストパフォーマンスはそちらの方が高いかもしれません。 ドスパラは一番高いですがSSDと電源の性能が高いのでやむを得ないところです。


【2017年12月22日更新】

 2ヶ月ぶり10度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


最も安いのはフロンティアですが、わずか648円差でG-Tuneが2位につけております。 しかもG-Tuneはメモリが倍の32GBも搭載しているのでコストパフォーマンスは高そうですが、フロンティアも電源の性能がツーランク上とそれぞれ一長一短ある内容です。 希望や用途に合わせて選んだら良いのではないでしょうか。


【2017年10月28日更新】

 2ヶ月ぶり9度目の更新です。 今回も全4メーカーになります。


今回はドスパラやパソコン工房などの値上げが目立ちました。 そんな中最安となったのは初登場のフロンティアでして、スペックは他に比べて劣るものの電源の性能は高めとなっています。 次いで安いのはG-Tuneですが、こちらはメモリがフロンティアの倍の32GBもあるものの電源の性能は低いのでプラマイゼロと言った感じ。 あとは価格差通りのコストパフォーマンスと言ったところでしょうか。


【2017年8月31日更新】

 2ヶ月ぶり8度目の更新です。 今回より「Core i7 6900K」から「Core i7 7820X」へと変更したいと思います。 全4メーカーが対象です。


今回全てのメーカーが大幅に値下げされました。 Skylake-Xは1世代前のBroadwell-Eに比べて半値近く値下がりしているとの噂でしたが、搭載モデルでもその様子が顕著に現れています。 これからハイスペックマシンを購入しようと思われていた方にとっては、非常に有り難い状況なのではないでしょうか。

その中でも最も安かったのはeX.computerです。 2位以下を1万円以上も引き離していますが、安さのひみつはSSDの無償アップグレードと思われます。 500GBを無償というのは太っ腹ですが、搭載の「WD BLUE SSD」は耐久性の高さが魅力なものの、高負荷環境に弱いとのテスト結果もあるみたいです。


【2017年6月26日更新】

 2ヶ月ぶり7度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回の注目は、大幅価格改定によって大幅値下げされ、一気に最安へと躍り出たパソコン工房です。 前回と比べてスペックはかなり落ちていますが、6万円以上ダウンして購入し易い価格帯に落ち着いております。 2位以下との価格差も大きく、なんと最低でも2万円以上安いわけですが、スペックはそれほど変わりないので非常にコストパフォーマンスは高いです。 「スタッフおすすめ」と書かれていますが、ゲーミングPCなため筐体の機能性・拡張性も良さそうなので、本当にお勧めかと思います。


【2017年4月26日更新】

 2ヶ月ぶり6度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回最も安かったのはG-Tuneとなりました。 前回最安のeX.computerはスペックダウンにもかかわらず若干値上げされております。 一方G-Tuneは前回と全く同じなのですが、eX.computerより価格が3千円ほど安く、さらにHDD・電源容量も多いなどコストパフォーマンスは高いです。


【2017年2月26日更新】

 2ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回も前回と同様の全4メーカーになります。


今回は安い3メーカーが揃って値上げされてしまいました。 一方で最も高価なドスパラは値下げされており、価格差が縮まっております。

最も安いのはeX.computerでして、同じeX.computerでもAeroStreamよりG-GEARの方が安かったです。 また他メーカーと比べてもHDD容量が多いなど魅力的な部分もあってコストパフォーマンスは高いと思います。 ちなみに電源は500W 80PLUS BRONZEも選択出来るので、さらに2500円安く購入することも可能です。 このスペックで500Wが相応しいのか分かりませんが、eX.computerでは特に問題無さそうでした。


【2016年12月21日更新】

 2ヶ月ぶり4度目の更新です。 今回からGTX900シリーズ(最安)からGTX1060へと変更したいと思います。


最も安いのはeX.computerとなりました。 しかし2位以下との価格差はごく小さく、G-Tune・パソコン工房はほぼ同価格と考えて良さそうです。 すると気になるのはスペックになりますが、HDD2TB搭載のG-Tuneか、80PLUS GOLD電源搭載のパソコン工房がコストパフォーマンスが高いと思います。 最安のeX.computerはそれらと比べると平凡な内容です。


【2016年10月24日更新】

 2ヶ月ぶり3度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなって、合計3メーカーとなっております。


今回最も安かったのは、SSDが半減されて13000円ほど値下げされたG-Tune(マウス)です。 標準でSSDを搭載していますが固定スペックなので外すことはできません。 ストレージの容量が物足りないですが、カスタマイズでHDDも選択できるので、ハイスピードと大容量を両立することが可能です。

2位のeX.computerはG-Tuneより6000円ほど高いですが、グラフィックの性能がワンランク下なのでコストパフォーマンスはG-Tuneの方が上になるのではないでしょうか。 ドスパラはメモリ容量が倍の32GBもありますが、これは16GBからの無償アップグレードになります。 HDDも他メーカーの倍の2TBもあり、電源の性能は他メーカーよりツーランク高性能な80PLUS GOLDを採用していますが、価格差3万円以上というのはちょっと高いかなという印象です。

仮にG-Tuneをドスパラと似た様な構成(32GBメモリ・SSD240GB・HDD2TB・700W-G選択)にすると290520円となります。 その場合、価格はドスパラとかなり近くなりますが、SSDの分だけG-Tuneの方がお買い得になりそうです。

【比較】Core i7 7800XにGTXシリーズを搭載したデスクトップはどこがお買い得?「最安はパソコン工房LEVEL!フロンティアもお買い得♪」(¥184658~)10H,Core i7 7800X,メモリ16G,SSD240G,HDD1T/2T,GTX1050/GTX1050 Ti,DVD

【メーカー別価格推移グラフ】

※メモリ16GB・SSD&HDD・光学ドライブを基本構成とします。
※2017/8/25よりCore i7 6800K(Broadwell-E)からCore i7 7800X(Skylake-X)へと変更しました。
※2016/12/21よりGTX900シリーズ(最安)からGTX1000シリーズ(最安)へと変更しました。


【性能比較】
・CPU:Core i9 7900X>Core i7 6950X>Core i7 7820X=Core i7 6900K>Core i7 7800X>Core i7 6800K>Core i7 7700K
・グラフィック:GTX1060>GTX1050 Ti=GTX960>GTX1050>GTX950
PASSMARKGeekbench BrowserCOMPARE・その他で調査。


【お薦めパソコンレビュー】
G-Tune NEXTGEAR
ドスパラGALLERIAドスパラMonarch・ThunderStorm(タワーパソコン)
パソコン工房LEVEL∞シリーズ
フロンティアGBシリーズ(フルタワー)


【最新特価・激安パソコン情報】 ※送料込み


【2018年7月6日更新】

 2ヶ月ぶり16度目の更新です。 今回も全4メーカーとなっています。

メーカー別比較表 OS Core i7 メモリ SSD HDD グラボ ドライブ 電源 価格(税・送込)
マウスDAIV-DGX750E2-SH2 10H 7800X 16G 240G 2T GTX1050 DVD 700W-B ¥190,728
ドスパラMonarch XH-X GTX1050 Ti 800W-G ¥203,212
工房LEVEL-G029-i7SX-LNR 1T GTX1050 700W-B ¥184,658
フロンティアFRGBX780 GBシリーズ 850W-G ¥187,056

安いのはパソコン工房とフロンティアですが、高いマウスコンピュータとドスパラはHDD容量が大きいので、価格相応の内容かなとも思います。 それでもできるだけ価格を抑えたい方はパソコン工房がお勧めです。 フロンティアは2千円ほど高いですが電源の性能は良いので、コスパはこちらの方が上かもしれません。


【2018年5月18日更新】

 2ヶ月ぶり15度目の更新です。 今回も全4メーカーとなっています。


これまでずっとパソコン工房の独壇場となってきましたが、今回ついにフロンティアが追いつきました。 最安はパソコン工房ですが、わずか1318円差でフロンティアが2位につけております。 しかも電源の性能はツーランクも上なので、コストパフォーマンスはフロンティアの方が上なのではないでしょうか。 ちなみにこちらはキャンペーンモデルではなく通常モデルになります。


【2018年3月29日更新】

 2ヶ月ぶり14度目の更新です。 今回も全4メーカーとなっています。


今回も順位は変わらずパソコン工房が最安となりました。 ただし、前回と同構成ながら残念ながら価格が6千円ほどアップしております。 内容的にも6千円差で2位につけるフロンティアがより高性能な電源を搭載しているので、コスパ的には良い勝負をしているのではないでしょうか。 そういう意味ではワンランク上のグラボを搭載するドスパラも悪く無さそうです。


【2018年2月6日更新】

 2ヶ月ぶり13度目の更新です。 今回も全4メーカーとなっています。


今回はG-Tuneが値上がりした以外、さほど大きな価格の変動は見られませんでした。 ドスパラは4ヶ月前に戻っただけですね。

最も安いのは今回もパソコン工房でして、他メーカーと比べて1~2万円以上もの大きな価格差をつけております。 ただ、13000円差で2位につけるフロンティアは電源の性能がツーランク上なので、その点を加味するとコストパフォーマンスの差はグッと縮まってきそうです。 またドスパラもグラフィックカードはワンランク上の性能ですし、電源の性能はスリーランクも上となっているので、こちらも見逃せません。


【2017年12月17日更新】

 2ヶ月ぶり12度目の更新です。 今回は全4メーカーとなっています。


今回は順位に変動はありませんでした。 値下げされたところもなく、むしろ若干上がっている模様です。

最も安かったのはパソコン工房でして、構成・価格共に前回と全く変わっていません。 2位フロンティアとの価格差は12118円もあり、電源の性能差を踏まえてもパソコン工房の方がお買い得そうです。 ちなみにパソコン工房では+4980円で700W-GOLD電源が選択出来ます。


【2017年10月22日更新】

 2ヶ月ぶり11度目の更新です。 今回はG-Tuneが追加されて合計5メーカーとなっております。


今回はかなり値上げされたところが目立ちます。 特に低価格モデルが揃って上昇しているのは痛いですね。 最も安かったのはeX.computerですが、パソコン工房が約千円差で続いております。 その他メーカーは1~2万円以上高いので、この2メーカーから選んだら良いのではないでしょうか。


【2017年8月25日更新】

 2ヶ月ぶり10度目の更新です。 本日よりBroadwell-Eの「Core i7 6800K」搭載モデルから、Skylake-Xの「Core i7 7800X」へと対象を変更したいと思います。 既に各メーカー切り替えが始まっており、全4メーカーが対象です。


性能は上がっていますが価格は下がっているところが多いですね。 唯一パソコン工房のみ上昇していますが、それでもeX.computerと並んでほぼ最安値です。 内容もほぼ五分ですが、強いて言うならパソコン工房の方が電源の容量が200W多いです。 購入後にアレコレ増設を考えているのであればこちらの方が良いのではないでしょうか。


【2017年6月21日更新】

 2ヶ月ぶり9度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回は値下げが目立ちました。 特に安いモデルほど値下げ幅も大きくなっていて、より購入し易くなっております。

最も安かったのは前回安値3位のパソコン工房でした。 スペックはそのままに大幅価格改定で22248円も安くなっています。 2位eX.computerとの価格差も約1万円と大きく、さらに80PLUS GOLDという高性能電源も搭載して、価格・性能共に非常に良いです。


【2017年4月20日更新】

 2ヶ月ぶり8度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


前回最安だったeX.computerが今回値上げされてしまった為、G-Tune・パソコン工房・eX.computerの3メーカーが約3千円差で最安を争っています。 最も安いのはeX.computerですが、約2千円高いG-TuneはHDD容量が倍あります。 しかしeX.computerも+500円で2TBを選択出来るので、コストパフォーマンスはこちらの方が良いのではないでしょうか。 3千円高いパソコン工房は電源の性能が他に比べて2ランク高いのが特徴ですが、仮にeX.computerでGOLD電源を選択すると+5500円となるので、工房の方がコストパフォーマンスは良さそうです。 と言うわけで、パソコン工房とeX.computerが特に魅力的かと思います。


【2017年2月21日更新】

 2ヶ月ぶり7度目の更新です。 今回も前回と同様の全5メーカーになります。


今回最も安かったのはeX.computerとなりました。 内容はかなりカスタマイズしておりまして、メモリ32GB ⇒ 16GB、GTX1060 ⇒ GTX1050、HDD2TB ⇒ 1TB、500W-B ⇒ 650W-Bと電源以外はスペックダウンして価格を抑えてあります。 ですので標準構成では税・送料込みで194184円です。 それにしてもカスタマイズの幅が広いですね。

2位G-Tuneとの差は主にHDD容量ですが、価格差もそれなりでコスパは同等でしょうか? その他は電源により高性能な80PLUS PLATINUMを採用しているところが目立ちました。


【2016年12月21日更新】

 2ヶ月ぶり6度目の更新です。 今回からGTX900シリーズからGTX1000シリーズへと変更したいと思います。 できるだけ安くいものを優先して取り上げるので、主にGTX1050かGTX1060が対象です。


最も安いのはeX.computerとなりました。 割と価格差も大きく、2位のG-Tuneを8千円も引き離しています。 しかし、G-TuneはHDDが2TBもあるので、その点を踏まえるとコストパフォーマンスの差は縮まっていきそうです。

GTX1060搭載モデルではパソコン工房が安くなっていました。 こちらは電源の性能が高いですが、eX.computerと比べて約24000円の価格差があります。 単品のGTX1050とGTX1060の価格差が約14000円程度と考えると差し引き1万円の価格差になりますが、仮にeX.computerで650WのGOLD電源を選択しても+5500円なので、eX.computerの方がコストパフォーマンスは高そうです。 ちなみにeX.computerはAeroStreamよりG-GEARの方がずっと安くなっていました。


【2016年10月23日更新】

 2ヶ月ぶり5度目の更新です。 今回はパソコン工房が無くなって、合計3メーカーとなっております。


今回は残念ながら値上げされたところが多かったです。 ドスパラはメモリが倍の32GBになりHDDも倍の2TBとなって価格が2万円以上も上昇しました。 ただ、メモリは16GBからの無料アップグレードであり、HDDは標準の2TBから1TBに変更できるものの1380円しか変わらないのでそのままにしましたが・・・。 一方、eX.computerは前回と同構成で価格が1万円も上がってしまいました。 そんな中唯一値下げされたのがG-Tuneでして、構成はそのままに約5000円ダウンでコストパフォーマンスを上げてきております。

最も安かったのはG-Tuneでして、スペックを見てもコストパフォーマンス的に高いのではないでしょうか。 標準構成ではSSDのみ(固定)を搭載していますが、カスタマイズでHDDも選択可能です。 仮にHDD1TBを追加すると+7800円で175824円となります。 また、ドスパラと同じ様にメモリを32GB(+12800円)、電源を700W-G(+3800円)にすると、193752円でドスパラよりも安いです。 それでいてSSDも搭載しているわけですから、お得度はこちらの方が高いと思います。

最近、GTX1000シリーズがかなり普及してきましたが、それに合わせてGTX900シリーズは取り扱いが激減しています。 近々、GTX1050/GTX1050 Tiが販売され、それで一段落つくらしいですが、こちらのスペックでも次回更新時はGTX1000シリーズのどれかに変更する予定です。


【2016年8月25日更新】

 2ヶ月ぶり3度目の更新です。 一部メーカーにて対象のグラフィックカードがGTX950のみとなってしまったので、今回からGTX900シリーズ全てを対象とし、最も安いものを取り上げていきたいと思います。 今回も全4メーカーです。


今回、グラフィックをダウンしたドスパラとパソコン工房以外、あまり価格やスペックに変化は見られませんでした。 最も安いのはパソコン工房でして、2位にはなんとGTX960を搭載したeX.computerが入っております。 また、ドスパラとパソコン工房が80PLUS GOLDを搭載するなど、電源の性能の高いのが特徴です。 ちなみにeX.computerでも+¥5500でGOLD電源を選択出来ます。